Hatena::ブログ(Diary)

β2

2012-05-31

私は役員になれない

私は役員にはなれないのだろうなと思う。ばらばらな知識しかなくて、持論の体系を持っていないからだ。

いろいろな会社の役員の方と関わる機会がよくある。全員がそうだとはいわないけど、彼らは驚くほど似通っている。彼らはなんらかの「持論」を持っている。時間をかけて練りあげられた持論は聞いているだけで面白くて、それをアンソロジーにしたらベストセラーが生まれると思う。この持論は体系立っていて、かつ主観的だというのがポイントだ。その人が世界を見る角度がはっきりと出ている。どの持論も違っていて、偏っていて、面白い。

持論は偏見から生まれる。客観的な持論などというものは存在しない。客観性を目指すと学説になる。そしてビジネスにおいてそれをやろうとすると、情報不足で人生がタイムアップになる。

原発の検証番組では、前の首相は様々な場面において「十分な情報が回って来なかった」ことを強調していた。情報が不十分であった結果として判断が不可能で、それが免責を主張する根拠なのだと。(マニュアルとリファレンス - medtoolzの本館

役員は結論が先にある。「これはこうなんだ」。そう考えてからそうである理由を考える。世にあるひとつひとつの事実は、彼らにとって積み上げるべき要素ではなく、思考のきっかけでしかない。結論を立ててから、それが現実に適用できるかシミュレーションする。面白いことに、彼らは妙に素直である。シミュレーションで間違いがあったりするとその持論を簡単に引っ込める。ともあれ、このテストをパスし続けた結論が彼らの持論となる。

彼らは我々に対してよく問いかける。「よくわかった。もしそうであるならば◯◯になるはずだが、そういうことでいいのか?」彼らは事実から積み上げた理屈の流れに興味がない。理屈をまず先に立てて、じゃあそうだとするとそれで世界を説明できるのか、という考え方の順番をする。とても演繹的なのだ。

なぜこういう考え方をする人が役員によく見られるのだろう。それは彼らが明確だからだと思う。この明確さを作り出しているのが偏見と持論である。人は明確なものが好きだ。上司から見て、はっきりした部下は扱いやすい。部下から見て、はっきりした上司は扱いやすい(好き嫌いはわかれるが)。対応の予測を立てやすいからだ。「あれもある、これもある」という人は、予測が立たないので扱いづらい。誠実だし客観的だとは思うのだけれども。

組織にはビジョンというものがあって、それが行き先を指し示すことが多いのだが、このビジョンにも偏見がつまっていなければいけない。誰もが賛成するようなことは、方向性ではなく、単に常識だ。ビジョンは組織における判断基準になるのだから、それが単なる常識なら、別にビジョンはなくてもいいことになる。ビジョンはトップの偏見で決めなければならない。ボトムアップで多数決を行うとビジョンは常識になってしまう。

今日も私は河原で小石を集めている。河原でおもしろそうな小石を見つけて、なんておもしろいんだろうと楽しんでいる。河原の小石はこうだ!と結論から考えたりはしない。いつまでたっても、系統立った持論が出来上がらない。

残念だが、私は役員にはなれないと思う。

り 2012/06/01 22:04 はてなから来ました。
全く同じことを思い
その思いから
今日、仕事を辞めたところでした

あ 2012/06/02 08:48 かっこつけすぎててよく伝わらない

cdcd 2012/06/02 15:42 まぁ人から与えられてばっかりで自分なりの解釈持たない奴は役員どころか
優秀な社員ですらないよね。

tttt 2012/06/04 19:50 役員は偏見持ちというより統計学や経済学を理解している人という解釈の方が良いのでは?
持論だけなら役員に限った話ではないでしょう。
あと、役職に拘るのではなく、自分の能力に適した仕事をする事の方が大事。

nanasinanasi 2012/06/16 10:11 かっこつけすぎワロタ