Hatena::ブログ(Diary)

やるからできるようになる/農学博士の4行日記 RSSフィード

2016年02月06日(土) タフな週末でした

[]

◆何をするにも、気持ち次第。

先週末にブログをアップできなかった理由を書きます。嫁さんが熱があると土曜日1月30日)の午前中に病院に行ったところ、インフルと診断されました。そこから本格的な娘の子守が始まりました。食事の用意はもちろん、バレエの送迎、遊び相手、寝付けまで嫁さんが寝込んで動けないため自分が全てをせざるを得ない状況。おまけに職場ではやっている風邪をもらい、すこし倦怠感等を感じていて万全ではない体調。でも、ここで自分も寝込むことはできない!と自分を鼓舞しました。

自分が想像するよりも娘は小学生になって自分のことをある程度できるようになっていて、持ち帰りの仕事も少しこなすことができたりと、何とか乗り切ることができました。結局は、嫁さんの熱が下がる月曜日の朝まで全ての家事をこなしました。

嫁さんからインフルと聞いたときはどうなることかと思いましたが、為せば成る。どんなことも気持ち次第なのかな、と思った週末でした。

2016年01月10日(日)

[]

顧客のために仕事をやることが大事

年末年始休みを利用し読んでみたい小説として、池井戸さんのロスジェネの逆襲を選びました。池井戸さんの本は半沢直樹がテレビで放映される前に上司から「空飛ぶタイヤ」を貸してもらいそれを読んでから気に入っていて、年に2〜3冊は必ず読んでいます。あと、小説は文庫本を買って読むと決めているので、ロスジェネの逆襲は文庫本が出るのを待っていました。期待通りのストーリーで、読み終えてとても心地よかったです。一方で、仕事は顧客のためにやるもの、という基本を改めてこの小説を読んで心に刻みました。最近は、溜まった仕事をいかに効率よく片づけるかに焦点が行っていて、顧客の存在を忘れていたように思います。基本に立ち返って仕事に向き合います。

ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

2015年12月27日(日) 何のプロになる

[]

プロとしての自覚を持つことが大事

昨日のニッポンランナーズの練習会で、Sヘッドコーチインターバルの本数カウントのために用意した日めくりカレンダーに出ていた言葉で一番印象に残ったものです。自分は何のプロになりたいかを明確にして、それに対して自覚する。この問いを今の自分にしたときに出てきた言葉は「製薬のプロ」でした。今従事している業務品質保証ですが、そこだけにとらわれず医薬品の開発から販売までをしっかりと理解(把握)し、業界外の人から質問を受けたら、プロとして適切な回答をする。

来年はチームで一緒にやるメンバーにも常にこの問いを投げかけて、メンバーの自覚を促します。

2015年12月06日(日) 2015湘南国際マラソン 気持ちよかったです

[]

◆年齢は言い訳にならない。

湘南国際マラソンに参加してきました。結果はネットで3時間6分8秒。レース日誌を振り返ると、2009年につくばで3時間5分で走って以来、久しぶりの6分台でした。ここ数年は後半失速し、ひどい時には6分/キロまで落ち込むレースもあり、よくて7分台でした。今日はほぼイーブン(20キロまで:88分5秒、20〜40キロ:88分31秒)で走れ、特に30キロ以降は抜きまくりでとても気持ちよかったです。富士山もすごくきれいでさらに気持ちよくなりました。

そんな中、帰りはニッポンランナーズの仲間数名と合流し一緒に帰りランチもしたのですが、ある女性ランナーが49歳にして初のサブスリーを達成したとのこと。年齢を言い訳にしてサブスリーを達成を半ばあきらめようとしていましたが、この目標は少なくとも50歳になるまでは持ち続けようと思いました。

2015年11月29日(日) 小江戸川越マラソン いい大会でした

[]

自己ベスト更新けが全てではない。

小江戸川越マラソンに参加してきました。会社のランニングサークル主催するKさんからお誘いを受けて、とても楽しそうな大会に感じたので申し込みしました。ただ、来週湘南国際のフルが控えているのでハーフではなく10Kにエントリー。しかも10Kはハーフより先の8時30分スタートということで、4時半起き!で家を出ました。道中はすごく眠かったです。ちなみに、来週も4時半起きですが…

一方、走りの方はここ最近では珍しく走る前の変なだるさもなく、アップの時から体が動いていて最初の1Kも4分4秒で入れました。以後は徐々にビルドアップ最後は3分45秒まであげて、結局39分33秒でフィニッシュ。40代では12位の順位でした。10位までが入賞だったので、後から知ってちょっと残念でした。

そして、レース後は参加メンバーランチ。普段のニッポンランナーズの練習会時はともかく、レースの時は終わった後に仲間と食事をする時間は何かいいですね。自己ベスト(=サブスリー)更新を一番のモチベーションにここまでランニングを趣味として続けてきましたが、40半ばにもなり疲労の抜けがさらに遅くなる一方で、仕事責任度が増し連日の残業休日の土日のどちらか半日は仕事)。心身両面で疲労が増している昨今です。そんな状況で自己ベスト更新に固守することにも疲れを感じランニングすること自体が少し億劫にもなっていましたが、それを覆すようなランニングの別の楽しみを教えてくれた一日でした。