Hatena::ブログ(Diary)

やるからできるようになる/農学博士の4行日記 RSSフィード

2016年09月25日(日) 10年ぶりのフォトリーディング再受講

[]

◆脳の可能性は無限大。

10年ぶりにフォトリーディングの6時間再受講座を受けてきました。10年間色んな本を読んでいく中で、フォトリーディングへの不信感も出てきて自己流のフォトリーディングになっていたので、昨年あたりから再受講したいと思っていました。色々と得るものがありましたが、早速変えて行くのは次の3つです。

  1. 目的に合わないものは読まない
  2. 自分事として質問を作る
  3. 読書メモマインドマップで作り、それをエバーノートに保存する

1は、買った本の値段より時間の価値の方がはるかに貴重なので、目的にあっていないと感じたら読まないという選択肢を取ります。2は、ただ質問を作ればそれでいい位の気持ちでこれまでやっていました。が、いい質問を作らないと潜在意識から知識を引っ張り出すことができないと、今回改めてわかりました。3は、1度読んだ本について線や印を付けた部分をエバーノートに打ち込んでいましたが、1〜2時間程度かかっていました。これも時間の価値を考慮して、マインドマップでメモ作りしそれを写真撮影して保存(ソフトを利用して作成したらそれをアップ)します。

せっかく学んだフォトリーディングなので、心機一転でこれから読書していきます。

2016年09月18日(日) 久しぶりのアイスはつむつむカップ

[]

◆お菓子も娯楽の一つになる。

久しぶりに31のアイスクリームを食べました。嫁さんが10月から転職するにあたり、その転職先でバイトすることになり、この3連休は子守をすることになりました。今日は娘の日曜日の日課になっているマックのハッピーセットをランチで食べた後、31のアイスを食べたいと言ったので、迷わず食べに行くことにしました。娘は定番ホッピングシャワーとチェコミントダブルを頼み、自分はLINEでクーポンが発行されていたつむつむカップのアイスを頼みました。クーポン利用で1個サービスになるので、計4個のアイスを食べました。1〜2年ぶりに口にする31のアイスは変な甘さが無くどんどんスプーンが進み、あっという間に完食してしまいました。

ランニングするようになって、自然とお菓子は食べなくなりました。お菓子は嗜好品なので、壊れた体を回復させる栄養源にはほとんどなりません。ランニングを続ける限りは、お菓子は今後も進んで口にすることは考えていません。ですが、今回のように食事の代わりというわけではなく、娯楽の一つとしてアイスを食べるのであれば、全然ありかなと思いました。

2016年09月11日(日) 若手の活躍する姿が見たい

[]

◆負けに不思議の負けなし。

久しぶりの阪神ネタです。8月の長期ロードDeNAを3タテした時は、これからAクラスに向けていよいよ巻き返しだと思いました。が・・・、その後甲子園に戻ってヤクルト3タテされ、中日にも連敗し結局7連敗。

今はメッセンジャーが先発の時に勝っておかないと連敗が止まらない。藤波もなんで今年はこんなに勝てないのか。打線給料通りに仕事をしているのは福留くらいで、給料以上は新人の高山のみ。鳥谷藤川新井上本等の中堅・ベテランが精彩を欠いていて全くダメ。こう色々書いていくと、今の順位にいるのも納得です。

広島のように生え抜きの若手が活躍する姿を来シーズンは是非見たいです。江越や中谷ガンガンホームランを打ち、岩貞も前半のようなキレのある球を投げて15勝。抑えも松田が務めて30セーブくらいあげて欲しい。とにかく、今年のような中途半端はオーダーは止めて、若手を先発にするオーダーで1年戦って欲しい。それでBクラスなら将来への投資として納得です。

2016年09月03日(土) 親に向かって言う言葉

[]

子供は色々な言葉を覚えてくる。

今日の午前中は育成室の父母会に参加して来ました。最初の30分で育成室の先生から夏休みの報告がありました。その話で印象に残ったのが最近キモい」という言葉を子供たちがよく口にするということ。それを人に向かって口にした際には即座にその子供のところに行って注意しているとのこと。その話を聞いて思い出したのが、先週テレビのリモコンを探していて自分が違うリモコンを触った時に、娘が自分に対して発した言葉。

それじゃないって言ってんだろー

間髪入れずに、娘の頭を1発叩きました。親に向かって言う言葉じゃないだろうと。嫁さんにも数日前から、親を友達と同じ様に見立てた言葉を発していたので先に手が出ました。叩いた後、娘が真顔になって謝ったのが救いでした。

子供は親の知らないところで色々な言葉を覚えてきます。それに対して適切な言葉で無かった時は、親がきちんとしつけする。甘やかしてはいけない一線だと思います。

2016年08月27日(土) 2016つくばマラソンに向けて

[]

◆後半にペースアップできると満足感が増す。

ここ2〜3週間は絶不調で、土曜日の朝は起きるのもつらい感じです。嫁さんの病院通いもあって、ニッポンランナーズ佐倉の土曜日の練習7月9日最後に行けていません。日曜日の柏の練習会もこれまで難なくこなしていた特Aメニューがフルには付いて行けない状態です。今日もよっぽど1日完全休養にしようかと思いましたが、午後に30分ほど仮眠をしたらけだるい感じが引いたので5キロほど走りました。この時期にしては曇天で気温も低かったので、15時スタートながら淡々と走リ切ることができました。

11月20日つくばマラソンに向けて9月から本格的に練習していくわけですが、正直サブスリー目標に練習していく、というところにはまだ立てていません。ただ、少なくとも言えることは、後半失速してヘロヘロになってゴールするような走りはしたくない、ということです。数々のレースにこれまで参加してきて言えることは、後半(特に30キロ以降)バンバン抜いて行くことができたレースは、自己ベストには及ばずともゴール後の清々しさが違います。そんなレースができるようしっかりと仕上げます。