Hatena::ブログ(Diary)

やるからできるようになる/農学博士の4行日記 RSSフィード

2017年07月16日(日) 3回目の育成室キャンプ

[]

◆懇親会を有効活用することが大事

現役としては最後になる育成室のキャンプに参加してきました。今年は育成室としても初めての青根キャンプ場。昨年のバカンス村と同じで相模湖近郊にあるのですが、有料の温泉施設も併設してあって、キャンプ場に行きながらも汗をサッパリと流して快適に過ごすことができました。ところが、そうは言っても夜になると相変わらずクタクタになり、22時からの大人の懇親会には不参加。最後の年だし参加してもよいかとは思っていましたが、ダラダラと酒を飲んで夜更かしするのが嫌いというか自分健康(体)によくないので、今年も結局寝床に入りそのまま朝を迎えました。

一方で、最近は懇親会の必要性何となくつかめてきました。普段目的を達成するための会話しかできてない中で、懇親会を利用してその人との距離感を縮める。つまりプライベート領域を懇親会でその人に見せたり反対に見せてもらうことで、お互いの距離感も縮まり信頼関係が深まる。自分の健康を害さない程度に、今年の後半は懇親会に顔を出すようにします。

2017年07月02日(日) 肺炎後の初クラスA練習

[]

◆その時のベストを尽くす。

久しぶりのランニングネタです。5月に肺炎を患ってから追い込む練習ができず、6月は辛抱の月でした。そんな中、今日のニッポンランナーズ柏ではAクラスの練習に参加しました。キロ4.5分で5k(3K以降はフリー)を4セット。蒸し暑い中の練習になりましたが、何とか最後まで走り通すことができてほっとしています。最後の1Kは4分5秒までペースアップできたので、次回以降もクラスAで練習していく予定です。

今後は10月29日横浜マラソン当選したので、それに向けて練習はして行くことになるのですが、肺炎を患ってからフルマラソンに対する考え方が少し変わりました。趣味でやっているのだから、楽しむことを最優先に取り組む。ハードな仕事をしている中で、さらにハードな練習を重ねてまた肺炎にでもなったらつまらない。その時までこなした練習に基づいて目標タイムを設定して、30キロ以降ペースアップしてそれを達成する。これが心折れずにその日のフルマラソンを楽しんで完走するコツ(神髄)なのではないか。

サブスリーにはこだわって練習はしますが、あくまでレースで狙うのは、それが出せる位の練習ができていればの話。楽しむを最優先で横浜マラソンを走ります。

2017年06月18日(日)

[]

◆続けるとモノになる。

井戸さんの民王を読み終えました。すべての疲労は脳が原因を読んでから、寝る30分前にはテレビやPCを見ることを止めて読書することにしました。毎晩15〜30分寝床で読んで行ったので、完読するのに2〜3週間かかりました。民王はこの寝る前読書の2冊目ですが、続けて行くうちに寝る前のささやかな楽しみに変わってきて、現在、3冊目に入りました。何事も続けることが大事ですね。

民王自体はこれまでの池井戸本に出てくる企業の不正隠蔽の話はなく、池井戸さんの新しい一面を見た作品面白かったです。

民王

民王

2017年06月11日(日) 統計学 再勉強中

[]

◆基礎があっての応用。

統計学の勉強を一念発起して再開することにしました。会社でminiTabソフトをPCに導入していて、4月からminiTabに詳しい同僚に週一ペースで講義教育訓練)してもらっています。ただ、統計学の基礎的なところ(知識)を忘れてしまっていて講義中の話も腑に落ちないところが多々あります。そこで意を決して、昨日、統計学の入門書を買ってきて知識の再整理をすべく勉強を始めました。

過去に実験計画法を自分研究(有機合成)に実践すべく、通信講座で統計学を学び統計士の資格も取りました。しかしながら、研究の現場から離れると、実験計画法を応用する機会もなく、さび付いた知識になってしまいました。今年5月から正式にグループ長になり、データベースから集計された色んなデータを見てそれを判断材料にしていますが、統計学的に正しく評価できているかというと自信はありません。ならば、この機会でしっかりとマスターしてやれという気構えです。

若いころのように1回の集中時間が続かず、30分くらいで集中力が切れてきます。でも、入門書のデータは最近のもの結構、楽しく学べてます。

流れるようにわかる統計学

流れるようにわかる統計学

2017年05月28日(日) The Chaseから学んだこと

[]

◆規模が大きくなると性悪説は無視できない。

TOEIC受験に向けてのトレーニングも兼ねて以前教材として使用したイングリッシュアドベンチャー(EA)のThe Chaseを読みました。寝る前に20~30分というペースで先週から読み始めましたが、この土日で一気に読み切ってしまいました。シドニー・シェルダン英語勉強する日本人向けに読みやすい文体で書いていることもあってか、以前使用したテキストガイドなしでも読み進めることができました。

TOEIC向けに別の教材でもトレーニングはしていますが、このChaseはトレーニングと言うよりも純粋読書を楽しんだという感じです。終わりを迎えるのが、少し残念な感じも残りました。企業が大きくなりそこで色んな人が働きだすと、性善説で全てを扱えなくなる(悪事を企てる人が必ず出てくる)。そんな人を見抜く目も今後社会人として仕事をしていく上で大切になるのかなと思いました。

それはそれで、シドニー・シェルダンの本は他に原書を買ってトライしたいと思います。