Hatena::ブログ(Diary)

やるからできるようになる/農学博士の4行日記 RSSフィード

2015年07月26日(日) 3年ぶりのTOEIC

[]

テストは現状を見直すきっかけになる。

3年ぶりにTOEIC受験しました。隔年で受験することを決めていますが、昨年4月会社で1年間の受講を義務付けられたEラーニング(グローバルイングュリッシュ)の成果を試べく受験を一年延期しました。TOEIC向けの練習問題をやっている最中から自分英語のレベルアップに手応えを感じていたので、自分自身にも期待してテストに臨みました。

そして、終えての一声としては、3年前と結果はあまり変わらないかも…です。リスニングにおいてはパート2の出来がイマイチで、自信も持って解けたのは半分くらい。リーディングは長文読解が前回と同様10問は手つかずで終了しました(もちろん全てマークだけはしました)。そんな感じなので、3年前と同じ770点前後になりそうです。TOEICで高得点を得ることが自分の英語学習目的ではありませんが、今回の出来栄えをしっかりと受け止め、今の学習方法見直して安定して800点以上は取れるレベルを目指します。

2015年07月19日(日) 長瀞キャンプ 広い所でした

[]

◆参加をすれば、何か必ず得られる。

育成室の父母会主催キャンプに参加してきました。場所は埼玉秩父の長瀞オートキャンプ場。とても広いキャンプ場で、昨日は雨にも関わらず多くの人でキャンプ場は埋まっていました。こんなにもキャンプする人がいるんだー、と少し驚きました。一方で、育成室の参加者に聞くと、プライベートでキャンプに来る人はほとんどおらず、このような機会がないとキャンプには行かないとのこと。そのような人にとっては、BBQセットから布団、シャワー、水洗トイレ等、普段の生活と同様のことができる設備が整ったキャンプ場は楽でいいですね。

また、キャンプ中は本当にたくさんの食材を用意してくれていて、肉はもちろん食パンフランスパン、マスの網焼き、焼きそば、スイカ割でわったスイカなど全てがおいしかったです。ビールもふんだんに用意されてましたが、そこは飲まずに0%ビールにして悪酔いしないようにしました。

とにかく、何でもかんでも小学校や育成室の行事に参加する必要は無いと思いますが、参加するれば得られるものは必ずあると再認識しました。娘の友達の親御さんとも何人か面識ができてよかった。一緒に食事などして過ごすと、お互いの距離が縮まりますね。

2015年07月12日(日) 言って聞かせる+α

[]

◆ぶたなくても十分伝わる。

最近、娘は家族の中で1番早く起きることにこだわっています。理由はよくわりませんが…。今日はニッポンランナーズの練習会参加ため5時10分に起き朝食を準備していると、娘が起きてきて「2番じゃだめー」と駄々をこね始めました。あまりにうるさいので、両肩をぐっとつかみ目をしっかりと見つめて「これ以上ギャーギャー言うとぶつよ!」と言い聞かせました。すると「わかった」とうなずき、つかまれた両肩を抱えながら体育座りをして、しばらくだんまり。その後、嫁さんが起きてきたので、あとは任せて練習会に向かいました。練習会から戻ると、いつもの様子で娘が出迎えてくれたのでホッとしました。

娘に対しては、これまで言っても聞かない時は、すぐに手を出していました。が、今回は両肩をつかむという今までにない行為を取り、振り返ると自分でも不思議な感じです。とにかく、次回も口でなかなか聞かない時の対応として、ぶつ前に今日のような方法を試します。

2015年07月05日(日) 何度も感じることですが:雨の中の20キロ走

[]

◆仲間がいるから頑張れる。

雨の中、ニッポンランナーズ柏の練習会で20キロ+2キロ走を実施してきました。昨日マークスで施術を受けたおかげで、本当に!!久しぶりに走れ出す前から体の気だるさもなく、快調に走れました。一方で、雨脚は走行中も衰えず(練習が終わる10時に小降りに変えるましたが…)着ているTシャツも重くなってくる中、予定(4分30秒/k)よりも速いペース(4分20~25秒/k)で20キロを走り切りました。そして、その後は2キロを7分15秒で走り、充実感+疲労感いっぱいで練習を終えました。そんなわけで、これまた久しぶりに帰りの足取りはやたらと重く、やっとの思いで家にたどり着いたといった感じでした。

とにかく、今日みたいな日は個人で練習となると10キロがいいところでしょう。雨の中、一緒に練習してもらったコーチと仲間に感謝です。

2015年06月28日(日) Big ダッフィーと対面

[]

◆待ってでも本物に触れることが大事

嫁さんが以前いた会社の人と川村美術館に朝から行くというので、子守の一日となりました。朝からいい天気だったので、家の中よりとりあえず外に行こうと決めて、娘の好きな妖怪ウォッチで何かイベントが無いかをグーグル検索しました。ところが、特に近場で無かったので、どうしようかということになり、娘に聞くとダッフィーに会いたいとのこと。来月ディズニーランドに行く予定をしているので、あまり真面目モードでなくとりあえず的な気持ちで検索すると、表参道ヒルズに2mのダッフィーが現在展示されているとのこと。それを娘に言うと、すぐに会いに行こうということになり、ヒルズが11時開場ということも調べず、10時半には到着しました。ところが、すでに目当ての客がヒルズ前には数十人近くいて、開場15分前には玄関前に人が溢れていました。そして、開場後転ばないように注意してゆっくりと中に入ったこともあって、結局写真撮影できたのは11時30分を過ぎていました。その後、娘も並び疲れたということで、そのまま帰途に着きランチはいつも利用する自宅近くマックで済ませました。

熱烈なディズニーファンではありませんが、ディズニーグッズを見るたびに思うことは細部までこだわった手抜きのないしっかりとした創作物ということです。今日Bigダッフィーに会い、一緒に写真が取れたことを素直にうれしく思いました。