Hatena::ブログ(Diary)

教えてお星様 RSSフィード

2010-07-25

あんなに広かったwebはどこに行ったのか

四方を壁に囲まれたような狭さ

僕のwebはGoogleはてブTwitterで狭くなった。狭くなった、と書くと否定的な言葉のように感じるけれど、逆に言えば手の届く範囲が広がって、未知の出会いというか、宝石的な何かを拾う機会が少なくなった。つまり、僕の中のwebが凄く型にはまった、金太郎飴的な何かに変っていったということ。

観測範囲という意味では劇的に広がった。そう、見渡せる世界、視野的な観点から見ると確実に広くなった。なのに、僕自身はwebに狭さを感じているんですよ。

Googleは僕の目をさらに見えるようにした

あのサイトのリンクを辿ってこのサイトに……といったある種、原始的なネットサーフィンの形は今の僕の中にはない。なぜなら、僕はGoogleを日常的に使っているから。ワードを入力すれば、大抵、僕の望んでいる情報が手に入る。Googleは確実に僕のリーチを伸ばした。

はてブはどんなwebサイトに価値があるのかを明確にした

タグで分類され、公開されるブックマークがこれほど価値のあるものだなんて、使ってみるまで想像もしなかった。本当に素晴しいものは、時として僕の想像力を遥かに超えた所にある。僕のwebを変えたのは間違いなくSBMで、僕は今でもはてブヘビーユーザーだと自負している。

Twiterはコミュニケーションコストを大幅に下げ、人々の思考を可視化した。

このシンプルで愛らしいツールは、webにおけるコミュニケーションのあり方を劇的に変えた。伊集院光の独り言を気軽に読める時代は、少くとも僕には予測できなかった。有名人に限らず、人々の思考を140文字という絶妙な文字数で切り取ったつぶやきが*1、自分のタイムラインを流れる様はとても未来的だと感じた。

それだけに限らず、Twitterは最小の労力で世界に干渉できるコミュニケーションツールでもある。つまり、blogのように長文を書かなくとも、アルファブロガーのように有名人でなくとも影響力を行使できるのだ。

結論

素晴しいツールのお陰で、僕のweb上での生活は以前よりも遥かに豊かになった。それは、悪く言えばwebを使い始めた当初の、暗くて、何も分からなくて、でも何だかギラギラ、キラキラした宝石が転がっていそうな、あの空気感を僕自身が失なってしまったということなんだろう。もちろん、僕自身の知識量であるとか、そのほかの要因も多いに関係しているとは思う。

僕はきっと、混沌を求めているんだと思う。blogとかTwitterとか、pixiv、ニコニコ動画でもいいけれど、今はそういったサービスの中で個人が表現する時代。純粋な個人サイトは下火になっている。そういった個人サイトの宝石のようなものに出会えないいらだちと、ほんの少しの寂しさが僕にこの記事を書かせたのだと思う。

*1:実際は各個人が入力しているのだけれど、その入力はTwitterの140文字という制限によって操作されている。つまり、Twitter自身が入力者に140文字で思考をまとめることを強いている=Twitterが思考を切り取っている、と表現しました。

あべしあべし 2010/07/27 16:54 http://swinglike.ojaru.jp/

とりあえず、このサイトを隅から隅まで読んでみろ。

kkk6kkk6 2010/07/27 16:59 >>あべし
あんがとね

蛙 2010/07/28 02:17 インターネットも所詮はツールですからね。まぁ、ギラギラした人やサイトっていうのは探しようによっては今でもどこかでちゃんと存在してると思いますけどね。
その他大勢のカスみたいな日記やブログが多すぎて、逆に(悪い意味で)混沌としてるのかもしれませんね。

 2010/07/28 11:56 確かにはてなダイアリーに書かれている言葉は
どこか同じような言語で書かれているような気がする

daiudaiu 2010/07/29 23:14 あなたの知的世界が縮んでいるだけな気がしますが。

kim-sangdkim-sangd 2010/10/10 14:51 mixiとか閉鎖的な場所が増えて仲間だけで固まる傾向が強くなってるのは事実。
ぶっちゃけみんな自分の周囲以外に興味が無いんじゃないかと。
海外の事にしても何処かの誰かが言った定型で満足して、積極的に知ろうとしない。

その昔、韓国には巨大なイントラネットが有るだけでインターネットが無いって大いに馬鹿にしたもんだけど、現在の日本の状況じゃ、韓国を馬鹿に出来ないと思うよ。
インターネットに繋がる仕組みは有っても、使って無いんじゃ、無いのと同じだからね。
まあ、そんなこんなで。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。