Hatena::ブログ(Diary)

エネルギー吸収と発散 このページをアンテナに追加 RSSフィード

11/06(Sun), 2016

僕と河合ゆうなちゃんの6ヶ月の話、あるいはガチ恋オタクの6ヶ月の記録

ミルクセーキのミルキーナンバー2番、にょろこと河合ゆうなさん。

何がどうしてこうなったのか、サッパリ分からないけど出会ってからの6ヶ月をまとめておこうと思う。

2016-03-27 (日) パピ♡ライブ VOL.27 錦戸彩夏生誕祭

タイトルの通り、錦戸彩夏ちゃんの生誕祭。

彩夏ちゃんの生誕祭はものすごく良くて、この時に錦戸彩夏ちゃんを本格的に推していこうと思ったんだよなあ。

その一方で、この日が僕とにょろさんの始まりの日になるとは。

前からミルクセーキの楽曲は面白いという話を聞いてて、興味あるなーと思ってたし、彩夏ちゃんとの物販も一通り終わって時間もあったし、ちょっとCDでも買っていくかと思って物販に行ったのでした。

最初はメンバーの誰が誰だか分からなくて、にょろさんの列めっちゃ並んでるな、やっぱりいいか・・・などと思ってたら実はえみちゃんの列だった。笑

MCの様子から、ちょっと変わった子なのかな?という予感はしてて、物販も正直恐る恐るだったなあ。

ちょっと雰囲気が伊藤ちゃんに似てるんだけど、もう少しゆるい感じもあって、アイドルに対してこんなに砕けた会話をしていいんだろうかってくらいフランクに話していた気がする。

変な話、初対面から失礼な子ってけっこう好きなんだよね・・・。もちろん、ただ失礼なだけなのは嫌だけどね。

程よく失礼で程よく親しみやすい、みたいな絶妙なバランスの子はなかなかいない。もちろんアイドルでは初めてだね・・・。

この日はメンバーも少なくてオタクも少なめで、ステージに関してはあまり覚えてない。衣装がキラキラの奴だった、とか、イジヤゼとShishinを演った、とか、そのくらい。

2016-06-25 (土) LIVEプラス@渋谷Glad 6/25 2部

スケジュールの都合に加えて大雪とか大雨とか地震とか色々な自然災害の影響もあり、何だかんだで次に会えたのが3ヶ月後だった。

さすがに最初の物販では「名前何ていうの?」と聞かれたけど、名前を言ったらすぐに思い出してくれて嬉しかった。

3ヶ月前に1回行ったきりのオタクのtwittetもすごく見ててくれて、2回目行ったら「物販ループとかしないんでしょ?w」とか言ってきたりしてすごいね。

公式サイトのプロフィールで特技が「ふぁぼ爆」と書いてあって、実際現場に行ってからふぁぼをくれるようになって、何だかんだ嬉しいチョロいオタクだった。

とはいえ、内容は大して見ずにふぁぼ付けてるだけなのかなと思ってたから、中身もちゃんと覚えてるのはすごく嬉しかった。

この時のライブはすごく楽しい雰囲気で、あーミルクセーキのライブってこういう感じなんだ、いいなって思った。

CDを聞いて曲はバッチリ覚えてたのも大きかったかな。

この曲でどう湧くんだ?手拍子振りコピ文化なのかな?とか色々考えてたから、ようやくミルクセーキの現場というものに触れられてよかった。

にょろさん自身のステージングについてはまだ曖昧な理解のままであった。

2016-07-31 (日) パピ♡ライブ vol.33 in あるあるCity 泉心和 生誕祭

あまり記憶がないな・・・?と思ったらWOWで宮内彩夏ちゃんの生誕祭だったな。

でも結局ミルクセーキのライブを優先させたんだっけ・・・。

WOWに行って彩夏ちゃんの物販だけ行って、ダッシュであるあるに戻ってにょろさんの前物販にギリギリ間に合ったんだった。

「ライブを見てるときの顔が怖い」とか言われたなあ・・・。ライブ中に真顔になるのはもうどうしようもないのかもしれん。楽しんでない訳では決してないんだけど。

後物販は私服だった。かわいかった。見た目に反して(?)私服はキレイ系だよね。

写真を自撮りでお願いしてみたら、めっちゃバシャバシャ撮られて笑った。

色々やってるけど1枚か2枚くらいしか実際は保存しとらんやろ、と思ってたら、後日携帯に大量に自撮りが入ってるのを発見してギャーってなった。一生大切にします。

2016-08-05 (金) 九州アイドル新宿大集合ライブ

2016-08-06 (土) TOKYO IDOL FESTIVAL2016 2日目

2016-08-07 (日) U.TIF2016#05

TIFシリーズ。

TIF2016とか - エネルギー吸収と発散

実はTIFそのものにエモはそこまで感じてなくて、それは単に過ごした時間によるものなんだけど、でもやっぱり自分の推しがTIFのステージで歌うのを見られたのは幸せだった。

8/5、パピと全力少女の2マンがあったので泣く泣くミルクセーキのライブは見送って、物販だけ行ったっけ。

8/7はTIFからの新宿でミルクセーキを見た。

この日のライブがすごく楽しくて、にょろさんもすごく楽しそうで、この辺りからステージの上で歌って踊るにょろさんに惹かれるようになったのだと思う。

8月〜9月くらいまでの話

8月中にもう一度会いたいなぁと思っていたけどなかなかチャンスがなくて、この時期は生メールとtwitterが唯一の希望だったような。

普段はほとんど参加しない、いわゆるリプ返企画みたいなのもやってみると返信が来て嬉しいものですね。しかもにょろさんはすごい丁寧に返事を書いてくれるから・・・。

こういうの、在宅というか現場に行けない人が参加すればよくて、物販に行けばリプ返どころか普通に話せるんだし自分はいいかな・・・・というスタンスだったんだよね。

でもまあ、全然会えてないんだからリプ返企画に参加しても何の問題もなかろう、と思ってやってみたのだった。

この頃は、僕が生メールに気持ち悪い返信をして、にょろさんは僕のついったーをふぁぼる、という非対称なコミュニケーションが成立してた・・・ような気がする。

明らかに検索で引っかかったやつ以外にもふぁぼがついてるし、リストか何かで見てるでしょって思った。聞いたことはないけど。

全然会えなくても、こういう関係が続いてるのはそれはそれで楽しいな、とも思っていた。

8/27にはダイブッ!の朋夏ちゃんに会った。にょろさんの大好きな朋夏ちゃん、一度お会いしたかったので会えて良かった。

そして9/14に卒業発表があった。覚悟してたこととは言え、やっぱりつらいものがあった。

最初は今ひとつ実感がなかったのだけど、だんだん事態の重さが飲み込めてきて、とにかくショックだった・・・。

結局その日は殆ど眠れずに、翌日は飯を食うことすら忘れてボンヤリしていた。

普段オタクにふぁぼしない(と思われる)朋夏ちゃんが、にょろさんに関するつぶやきにふぁぼをくれたの、すごく嬉しかった。

この話を一番したかったのは朋夏ちゃんだったけど、もう会える機会はないし、自分の卒業も控えてるのに他所のオタクの心配なんてしてる場合かよ・・・って思って泣いた。

そして県民会館での総選挙圏外メンコンサート。

こんな精神状態でライブもクソもあるかよって思ってたのだけど、若くて可能性しかない圏外メンはすごくキラキラしてて、ひたすら眩しくて。

本編ラストの「アリガトウ」は本当に泣けた・・・。アンコールの掛け声中にずっと泣いてた。

こんな精神状態で見たからこそ感じられるものがあったのだと思う。

荻野由佳ちゃんも、アリガトウで泣いたと言ってて、この曲のエモさがわかる子で本当に僕は嬉しい。

2016-09-17 (土) 宮本アヤカ生誕&卒業〜笑顔で送り出そうぜ。泣いたら罰ゲーム〜

2016-09-17 (土) m@koプレゼンツvol.2

卒業発表を聞いて衝動的に決めた遠征。この時はまだ、6週連続で飛ぶことになるとは思っていなかった。笑

どんな顔で会おうと思ってたけど、にょろさんはいつものにょろさんで安心した。

ガチ恋芸ね・・・。

アイドルとオタクの関係性として「ガチ恋」って本当はよくないと個人的には思っている。

アイドルちゃんの中には「ガチで恋するくらい好きでいてくれるなんて嬉しい」と優等生的な回答をする子もたくさんいるけど。

ガチ恋オタクは病むし面倒臭いし何よりキモいからなあ・・・。アイドルを女の子として好きって、パフォーマンスに関してはどうでもいい、の裏返しになりかねないし。

とはいえ、好きだという気持ちは卒業までにちゃんと伝えておきたかったし、まぁ最後は話の流れだ!って感じ。

さすがに少し驚いてたけど、真剣に聞いてくれて本当にありがとう。「ついったー見てたら分かるよw」って言われたけど、やっぱり直接伝えたかったから。

その後、卒業までガチ恋ネタでいじられることになるので、やっぱり告白とかしなきゃよかった!ってなった。笑

もちろんウソ。

そう言えば、翌日のI'S9のイベントで「河合ゆうな大好き人間」にプロフィールを変えたのを早速指摘されて、よく見てるね・・・って思った。

2016-09-24 (土) 裏ミル食べvol15〜with Monecco5!

初ヒコマだよー。

一度ホームでのイベントに行ってみたかったので、卒業前に参加できて嬉しかった。

イベント前にメールの返信企画があって、近所のオススメスポットを教えてもらったりしたの、完全にド新規ですねって思った。

でも楽しかったなあ。長崎観光しつつ、大好きなアイドルに会って、大好きな子のオススメスポットに寄って、本場のミルクセーキを食べて帰る。オタクの醍醐味ですね。

ところでMonecco5、熊本は天草のアイドルらしく、県外イベントも初めてだったらしい。

そんな規模の割にはすごくレベル高くてびっくりした。機会があればまた会いたいものだ。あと、岡田七美ちゃんかわいかった。

2016-10-01 (土) Idolce#35 1部/2部

B-THREEのイベント。

ミルクセーキの現場に行くようになって気づいたんだけど、自分が今まで行ってるようなグループとの共演が非常に少ないね。

機会があるとしたら、あるあるCityのパピライブで呼ばれたときくらいか。

そんな訳で久しぶりにNEO☆学院見たなーって思ったのだった。

ゆみたんには概ね彩夏ちゃん推しだと認識されていたから、今日は何でいるの?って驚くかと思っていたのだけど、「私知ってるよ、ミルクセーキさんでしよ!」と言われて、ゆみたんは何でも知ってるなあ・・・って思った。

直接にょろさんの話をした訳ではないけど、いつも優しいゆみたんにはとても癒されたし感謝しています。

それにしても、今まで推してきたアイドルちゃんにことごとく「ミルクセーキさんでしょ」「ゆうなちゃん好きだったんだ」と言われまくって、(あーこれ完全にルート確定だわ、フラグ折れまくってるw)とギャルゲー脳の俺は密かに思っていた。

いや、推し変したつもりは全く無いし、むしろ推し増しだと自分では思っているのだけど、にょろさんにリソースの99%を費やしていたら、そりゃ推し変って思われるな。仕方ないんだ。

さてこの日のライブ。オタクの入れ替わりに身を任せているうちに、何故か上手最前みたいな位置になってしまって、ひゃーまぶしい!ってひたすら思ってた。

この辺からにょろさんがどんどん可愛く見えてきて(と言うと今まではそうじゃなかったみたいだけど)、ステージの上で楽しそうにしてるにょろさん、本当に好きだなって思うようになっていった。

2016-10-10 (月) パピ♡ライブ vol.35 in あるあるCity パピマシェ4期生 2周年記念LIVE

思い出のあるあるCity。

メンツがメンツだけに物販は単推しに徹しきれなかったけど、楽しいイベントでした。

入場待ちしてるところにミルクセーキさんが会場入りしてきて、ふああって見てたらにょろさんが手を振ってくれたの泣きそうに嬉しかったなあ。

この日のライブは不思議な感じで、何だかにょろさんの周りだけボンヤリした光が見えたんだよね。オーラとでも言うのか。あの感覚、何だったんだろう。

この発光現象、前に見たのは荻野由佳ちゃんと初めて握手した日だったね。なんかボンヤリ光ってんですよ。その時は照明かな?とも思ったんだけどね。

今回は同じステージなのににょろさんだけ光ってるし。不思議なことだ。

2016-10-15 (土) 平成28年度経済祭 ミルクセーキライブ

この日は最後まで迷った。わーすたの握手会があって券も結構取っていたし、何よりツアー福岡の直前の握手会というエモいタイミングだったし。

そして九州に行くなら、I'S9の4周年イベントもあったし、学園祭のライブかあ・・・と思って躊躇していたのだった。

でも結局会いたい気持ちが勝ったので行ってきたのだった。時間も長めだったし、普段見ないユニット曲も見れてよかった。

このくらいの時期になってくると、本当に神々しいくらいかわいくて、ライブ見ながら何故か泣きそうになってた。

物販のとき、「今日はすごいかわいかった」と言ったら、珍しくビックリしたような泣きそうな顔をされたのが忘れられない。アレは何だったんだろ。

その後、にょろさんの周りにあるオーラを手で表現しようと頑張ってたら「ちょっと、撫で回さんで!」って言われて笑った。

翌日は結局I'S9に行ったのだった。4周年に来てない僕を責めることもなく、いつも通り優しくしてくれるあの子たちに癒やされた・・・。新衣装もかわいかった。

2016-10-22 (土) 裏ミル食べvol16〜泣いても笑っても卒業だってば!

ラストライブ。泣いて笑って、すごくよいイベントでしたね。

運営とファンに愛されて、最後までアイドルをやりきって卒業していく。こんな理想的な卒業があるのかなってくらい、幸せなイベントでした。

ライブ中は意外と泣かなくて、物販の時も普通に接していられたんだけど、最後の物販が終わった瞬間に涙が止まらなくなって焦った・・・。

トイレに行って落ち着いて戻ってみたら全チェキ撮ってて、ちょっと迷ったけど遠慮しておいた。

4時半から物販終了の9時まで、本当に幸せな4時間半でした。

ラストライブの細かい振り返りはまたの機会にしようかな。今はこのくらいで。

次の日のわーすた福岡、言ってもしょうがないから言うつもりなかったんだけど、何となく奈々聖さんに昨日ミルクセーキの卒業ライブだったという話をしてしまった。

ミルクセーキのこと知ってるみたいで嬉しかったし、わーすたはもっともっと大きくなってね、と伝えられてよかった。

あの子も仲間の卒業をたくさん経験してるから、今自分がわーすたとして活動してることの意味は十分分かってると思うんだけど。。

まあ、オタクの自己満足だよね。ごめんね。ありがとう。

その他

今思い出しても、どうしてこうなったんだろうと不思議なくらいの急展開だったな。

前にリアルギャルゲーみたいだという事を言ったけど、ギャルゲーでいうと着々と正規ルートを進めていたら、急に現れた隠しヒロインにハマって今までのシナリオ全無視の隠しエンディングに向かうような。

説明が難しいんだけど、パフォーマンスとか歌とか物販の対応力とか、そういう部分でのスペックの高さとは別の意味で、完全に自分の好みにハマったという感覚がすごかった。

自分で言うのもアレなんだけど、どうやら俺の女の子の好みというのはやや変わった方みたいで、それをある程度覚悟した上で今まで生きてきたので、まさかこんなハマる子がいるとは思わなかった。

大げさではなく「俺が生まれてきた理由 それはお前に出会うため」くらいの運命を(個人的には)感じていた。

とはいえ出会ってしばらくは性格もよく掴めていないので様子を見ていたのだけど、リプ返の内容はすごい丁寧だし、イベント前後のコメントもしっかりしているし、物販でお話したらtwitterでふぁぼくれたことをちゃんと覚えていてくれるし、あぁすごくいい子だ、そして頭の良い子だって思った。頭のいい子すき。

なにより、純粋にお話しててすごく楽しいしね。

そんなこんなで、TIF終わりくらいにはすっかり夢中になっていた気がする。たぶんもうこの時には、アイドルとしての「好き」を超えた感情を持ってしまっていたのでしょう。

卒業発表したときは正直迷ったね。

推した先には卒業しかないわけだから、バッドエンドと知って応援し続ける覚悟はあるのか?まだ大して現場に行ってないんだから、引くならこのタイミングなのでは?

などなど考えたのだけど、無理をしてたくさんイベントに出てくれるっていうのが嬉しかったし、やっぱり好きだったから、この残り6週間でできるだけたくさん思い出作ろうと思ったのでした。

この辺にも書いたけど、やっぱり好きになってから日が浅いという「説得力の無さ」のが一番コンプレックスで。

向こうからしたら数回来たくらいで好きだの何だの言ってる軽いオタクにしか見えないし、物販たくさんループするのもリプ返で無銭がっつきするのも普通のことだし。

とはいえ。残り少ない時間で自分にできることは全部やろう、それで最後に自分が満足できたらそれで良いじゃないか。と腹をくくったのでした。

「たくさん遠征する」「チェキを撮る」「twitterにリプする」どれもオタクなら普通にやってることだけど、数年前の自分にはできなかったことだから、「できること」の増えた今の自分が嬉しかった。

リプ返のとき、できるだけ軽い感じを装って書いたら「好きになった期間は関係ない」と言ってくれて泣きそうになった。

実際、卒業発表してから卒業までの間にどんどん輝きを増していって、イベントで見るたびに好きになっていった。それだけでも毎週通った意味はあったのだ。

この6ヶ月、特に卒業が決まってからの6週間は、短い時間だったけどすごく濃い時間を過ごしたと思う。たぶん、いやきっと一生忘れられない6ヶ月になる。

アイドルに対する「好き」の範囲を越えてしまった思い。それをガチ恋と呼ぶのならそうなのでしょう。でも名前なんてどうでもいいね。

別に繋がりたいわけじゃない。

ただ、このどうしようもない思いの数%だけでも届いていたらいいな、そう思った。

それを確認することはもうできないんだけど。

たとえ二度と会えなくても、思いが届かなくても、いつだって思っているよ。

11/05(Sat), 2016

川島愛奏ちゃんの卒業1周年によせて

当初は愛奏ちゃんの卒業した9/6に載せようと思って書いていたのだけど、全然間に合わなくて、まあゆっくり思い出に浸りながら書こう・・・と思ってたらそれどころじゃなくなってしまった。

今はだいぶ落ち着いてきたので、この機会にちゃんとまとめておくことにしたい。

まずは時系列で。

1. 2014-04-26 (土) NO Boder Vol.4 第2部@ビブレホール

忘れもしない始まりの日。

LinQとかHR以外の、福岡の地元アイドルイベントに行ったこと自体が初めてだったんだな。

昼にベストホールでLinQを見て、夜の飛行機で帰るまで暇だなあ・・・。時間つぶしに福岡のローカルアイドルでも見て帰るか。くらいのテンションだった気がする。

初めて愛奏ちゃんを見た時の印象は「なんかすごい白くて細い子がいる、ダンスとか大丈夫なのか」という感じだった。顔の印象はそこまでないけど、とにかく白くて儚げな美少女だと思った。

何人か・・・今思えば後の流星群メンバーが一緒に踊っていて、愛奏ちゃんだけが異彩を放っていたのをすごくよく覚えている。

名前を調べようにも5月すぎくらいまでホームページに名前がなくて、これだから地下アイドルは・・・などと思っていた。笑

2014-05-10 - エネルギー吸収と発散

当時は情熱ハーミット(HR9期)と愛奏ちゃんとの関係など知らなかったから何も気にしていなかったけど、今思うとこの共演ってどうなんだろうと思う。

あれからも交流はあったようだし、当人たち同士は特に大きな確執もなかったのかな。

そして、なにげにテンカラを見ていたという。メンバーの印象が全くないのだけどね。気になりつつも、次にテンカラを見るのは新生流星群の1周年コンサートになるのだった。ある意味ではテンカラとの出会いも流星群の縁なのかな。

2. 2014-07-13 (日) SSGリーグ復活祭 第1部@ビブレホール

7/13 SSGリーグ復活祭@ビブレホール - エネルギー吸収と発散

流星群がどういうグループなのか?という予備知識が全く無い状態で見に行ったのは今思うとなかなかチャレンジャーだったな。地下現場に慣れてないオタクがいきなり行けるような所ではなかった。

そもそも人がすごい沢山いて、あんまりよく見えなかったような気がする。

愛奏ちゃん、4月に見た時よりもだいぶ大人びて見えたな。当時の不安定さは無くなってて安定してきた。

ただ、見た目の雰囲気は流星群に合わないよなあ、別のグループにならないかなあ・・・みたいなことを思っていた(ひどい)。

今となっては大好きなグループだけど、地下に慣れてないオタクがいきなり流星群の現場に行くのは少々ハードルが高かったのかもしれない。

このイベント、流星群よりもむしろI'S9が気になったんだよね。ここから僕とI'S9の物語が始まっていくわけだけど、それはまた別の話。

3. 2014-08-29 (金) 閃光ライダー発売記念イベント タワーレコード渋谷店@タワーレコード渋谷店

推し変の夏、推し増しの夏 - エネルギー吸収と発散

当時はけっこうマメに日記をつけていたな。

本当にギリギリまで行くかどうか悩んだイベントだった。

何といっても流星群の現場に対する苦手意識が強くて、やだなあ行きたくないなあ、でも愛奏ちゃんにケーネクのお披露目のときに見て好きになったという話を伝えるならタイミング的にここがラストチャンスだよなあ、などとずっと考えていた。(今思うと、このタイミングでも相当遅い)

ザ・コバヤシ(@kkobayashi)/2014年08月29日 - Twilog

ツイッター読み返して気づいたけど、お見送り会とか握手が強制的に付いてくるイベント以外で、自分から接触イベントに参加すること自体が初めてだったんだな。すごいな。ピュアか。そこの抵抗感もあった気がする。

そう考えると、(積極的な)握手もチェキも愛奏ちゃんが初めてだったのかー・・・。

イベントそのものは、やっぱり人がめっちゃ多くて全然見えなかったのだけど、現場は以前見たときより険しくなくて、安心した記憶がある。

この日行ってなかったら、そして愛奏ちゃんが僕の気持ち悪い告白にも笑顔で対応してくれてなかったら、流星群に通うことはなかっただろうと思うと最初のこの3つのイベントは本当に重要だった。

4. 2014-11-24 (月) 流星群少女LIVE TOUR 2014「帰ってきた流星群少女」 東京公演 1st@渋谷REX

今まで人が多すぎて全然見れていなかったので早めにチケットを取ったら最前列になった、という極端なイベント。

先行予約がローソンに電話とかだったような。

これも、今になって考えたら、みんなそんなに焦ってチケット取らないよね。当時の初々しさだなー。

曲はアルバムを聞いていたので把握していたけど、現場のノリとかも殆ど分からなかったからむしろ最前でよかったのかもしれない。

初めてまともに見た愛奏ちゃんのパフォーマンス、概ね今の印象に近いと思う。背が高くて手足が長くてよく動いて・・・まあ、見とれるよね。

隣の女オタがクソDDみたいに片っ端からメンバーのレス乞食をしてたせいで僕は全然レスがもらえなかった、という苦い思い出があったな。そういえば。

俺の女オタ嫌いはこの辺に端を発している気がする。笑

5. 2015-01-31 (土) SSGリーグ Round2 第2部@ビブレホール

この間の土曜にHKTの公演行ったあとチェキ童貞を捨ててきた話 - エネルギー吸収と発散

何だかんだ流星群のイベントは毎回ちゃんと日記に書いているな。偉いぞ。

今読み返すと、11月末のイベントの感想を翌年1月末に言う気だったのかwとか色々思うところがある。しかしまあ、愛奏ちゃんの対応、天使かよ・・・。

この日は初めてチェキを撮った日と同時に、初めて廣川奈々聖さんに会った日で、廣川姉妹の初共演の日なんだよね。

そして今チェキ見返してみたら、愛奏ちゃんの着てるTシャツ、パピの彩夏ちゃんTシャツじゃんw

自分のオタク人生における最重要イベントのひとつに、まさか彩夏ちゃんも間接的に関わっていたとは。

これもまた運命なのかなー。

6. 2015-02-14 (土) YOKOHAMA IDOL EXPO@Applause

あまり覚えていないし物販も行けなかったのだった。昼の時間帯だったこともあって、3列くらいしか人がいなかったような。

行けなかった2部の方でメリリリやってて、非常に残念な思いをしたのだった。

7. 2015-02-15 (日) FES☆TIVE祝メジャーデビュー 〜対バン〜@代アニLIVEステーション

一方でこの日はよく覚えてるんだよね。

会場が横に長くて上手前方みたいな位置にいたんだけど、ちょうど愛奏ちゃんと目が合ったのよく覚えてる。

当時は「僕が来てることに気づいてくれた!」って思ったけど、今考えると気のせいだったんじゃないかなー?

8. 2015-03-28 (土) 流星群少女ワンマンライブ「Shooting☆トラベラー スーパーライブ」@スカラエスパシオ

3/28 Shooting☆トラベラー SUPRELIVE - エネルギー吸収と発散

いやホント我ながらすごいわ。よく感想書いてるね。

この日のライブはDVDが出ているから有り難い。なぜか愛奏ちゃんの卒業公演で発売されたDVD。おかげでDVDにサインしてもらえたから良かったけどね。

このライブに懸ける愛奏ちゃんの思いがほんとにね・・・。もっとたくさんワンマンの経験させてあげたかったね。

9. 2015-05-03 (日) SSGリーグ特別編〜どんたくシリーズ1日目〜 1部@ビブレホール

10. 2015-05-03 (日) SSGリーグ特別編〜どんたくシリーズ1日目〜 2部@ビブレホール

11. 2015-05-04 (月) SSGリーグ特別編〜どんたくシリーズ2日目〜 1部@ビブレホール

12. 2015-05-04 (月) SSGリーグ特別編〜どんたくシリーズ2日目〜 2部@ビブレホール

13. 2015-05-04 (月) 第54回「博多どんたく港まつり」 5/4 港本舞台 どんたくミナトLIVE

どんたくシリーズ。

2日間ガッツリイベントに参加できるという貴重な機会。今思えばこれ以上ないチャンスだったんだよなあ。

今だったら時間の許す限りループして仲良くなろう!って感じなのだけど、当時はそもそも物販のシステムにも慣れてなかったから今ひとつチャンスを生かせなかったな。流星群の東京イベントはサイン無しのチェキのみだったし。

認知が切れてる、というか、名前を忘れてるなーと言うのが分かって認知切れの辛さを味わったイベントでもある。泣

とはいえ。ライブがたくさん見れたことは純粋に嬉しかったし、ほぼパピとの2マンでパピの曲もたくさん聞けたし、どんたくというイベントそのものはすごく楽しかったので良い思い出です。

むしろパピがこの辺から始まった気がするな・・・。笑

14. 2015-05-16 (土) あるある勉強会 〜A応Pが勝手にあるあるCityを応援スペシャル!〜@あるあるCity

15. 2015-05-17 (日) SSGリーグ Round9 1部@ビブレホール

16. 2015-05-17 (日) SSGリーグ Round9 2部@ビブレホール

えおぴ福岡遠征の週だ。

こないだのどんたく辺りで認知が無くなっていることは分かっていて、あるあるでえおぴの話をした流れから「ほんとにA応Pさん好きなんやねー」みたいなことを言われて、さすがにこれはまずいな・・・と思ったので「そろそろ愛奏ちゃんに名前を覚えてほしいと思うんだけど」みたいな話をしたのだった。

基本的に認知は通った結果でしかないと思っているのだけど、物販の時に名前を全然聞かれないので自分から名乗るしかないじゃないですか?認知厨じゃないんですよ?

結果的にはこの日以降でまともな物販は卒業公演まで無く、名前を覚えてもらうラストチャンスだった。不格好ながらも当時の自分にできるベストを尽くしたと思う。

そう言えば、ケーネクのアイドルは自分から言わないと本当に名前を聞いてこないね。いや、いいんですけどね。文化なのかなあ。

1回で覚えてもらおうなんて思ってないから、分からなかったら何度でも聞いて欲しい。

ま、覚えてほしかったら名乗りましょう。自分の中の認知厨に向き合う勇気。

17. 2015-05-23 (土) アイドル甲子園〜山口活性学園×PiiiiiiiN×PassCode×ひろしまMAPLE★S×流星群少女〜 【第一部】@渋谷WOMB

18. 2015-05-23 (土) アイドル甲子園〜山口活性学園×PiiiiiiiN×PassCode×ひろしまMAPLE★S×流星群少女〜 【第二部】@渋谷WOMB

19. 2015-05-24 (日) 「PassCode×流星群少女」supported by アイドル甲子園@TSUTAYA O-nest

これはPassCodeとのファーストコンタクトかな?客層が客層だけに、めっちゃ盛り上がったなあ。楽しかった。

もしかしたら、湧いたという点では流星群のイベントでいちばん楽しかったかもしれない。

「だって流星群だもん」で愛奏ちゃんパートがあったのも嬉しかったし、メリリリをライブで初めて聞けたのも嬉しかったなあ。メリリリをライブで聞いたの、この時が最初で最後だった。

愛奏ちゃんの大好きなPassCodeとMAPLE★S。今ならもっと話せることがたくさんあったのに。そう思うと本当に口惜しい。

それでも東京でたくさん会えて幸せだった。この月はめっちゃ流星群行ったな。タイミングに恵まれた。

ちなみにPassCodeの第一印象、とにかく怖いという感じだった。メンバーも別にかわいくなくね?くらいに思っていたのだよなあ。それでも、とにかく強い印象が残ったのは覚えてる。

物販が並行じゃなかったの、今思うと運営の計らいだね。両方見ろよと。

20. 2015-07-04 (土) くーたpresents 新生流星群少女を本当に祝うのは俺だっ!俺だっ!俺だっ!「新生流星群少女の1周年を祝って欲しくて、冠に流星群ってワードにしたいけどやっぱり厚かましくて、悩んだ結果、、Fukuoka Idol Fesってありきたりなタイトルにしようと思ったけど、心の奥底では本当に祝うのは俺だっ!俺だっ!俺だっ!ってタイトルにしたいけどいいですか?」@福岡DRUM Be-1

21. 2015-07-05 (日) New Shooting Star Girls 1st Anniversary〜あの私誕生日なんですけど、、、〜 1部@福岡DRUM Be-1

22. 2015-07-05 (日) New Shooting Star Girls 1st Anniversary〜あの私誕生日なんですけど、、、〜 2部@福岡DRUM Be-1

新生流星群の1週年&愛奏ちゃんの生誕祭。

流星群としての最初で最後の生誕祭だった。カバーした激動プログレッシブ、今だったらもっと楽しめた・・・!

などと思っても遅いのだけど。

生誕Tというのを着たのも初めてだし、(広義の)推しTでチェキを撮ったのも初めてだった。そもそも俺は推しTというのを殆ど着ないからな・・・。

完全に認知厨だな、こいつ。

23. 2015-08-01 (土) TOKYO IDOL FESTIVAL2015 1日目

生誕祭から間もなく愛奏ちゃんは学業の都合でほとんどイベントに出れなくなって、TIFは本当に久しぶりのイベントだった。

無料の全握があったり、相変わらずサインは無いけどチェキ会はあったり、短いながらもライブだけじゃなくてお話できる機会があったのはありがたかったな。

そして流星群少女のスカイステージ、本当に最高だった。あれを超えるライブには1年経った今でも出会えていない。

24. 2015-09-06 (日) SSGリーグ Round12 2部(川島愛奏 卒業公演)@福岡INSA(インザ)

セトリ。

  • 1. エナジーフルチャージサーチャージ
  • 2. 放課後!胸キュン☆スター☆
  • 3. 一発逆転!下克上
  • MC(自己紹介)
  • 4. 閃光ライダー
  • 5. だって流星群だもん
  • EN1. たまゆら青春DAYS
  • EN2. 激動プログレッシブ

本人的には卒業公演がワンマンじゃなくて対バンだったのがあまりお気に召していなかったかもしれないけど、自分としては錦戸彩夏ちゃんに愛奏ちゃんの卒業を見守ってもらえたことが嬉しかったし、気持ちを共有できる人がいて本当に救われたのだよな。

むしろ、本編ラストが何で本人の歌唱パートのない「だって流星群だもん」なんだよ、と思っていた。

胸キュンの時に横断幕(?)みたいなのが出てたらしく、彩夏ちゃんは感動したと言ってたっけ。

俺は前の方にいたから直接見てないけど、それって開場前にINSAの外で急ごしらえで作ってたヤツかなあ。

もう少し前から準備しておくモノではないのだろうか・・・と思ったけど、よい演出だったみたいなのでよかった。

本人の性格なのかな?しめっぽい挨拶はなくて、卒業公演を「生誕祭」と言い間違えたりする場面さえあったりして、ライブそのものは純粋に楽しかった。

始まるまでは心臓バクバクしてたし、沸くのか号泣するのか自分のテンションが全く想像つかなかったなあ。なにしろ、推しの卒業公演というのは初めてだったし。

今思えば、その場ではライブを楽しむことに集中できてよかったのだと思う。泣くのは卒業してからいくらでもできるからな。

物販、最初はチェキのみの予定だったのだけど、サイン会もOKということになって本当に感謝。後にも先にも、流星群の運営に感謝したのはこの時だけだわ。

最初の会話が「せっかく名前覚えたのにねー」で、完全に認知厨として認知されてるな・・・って思った。笑

最後の物販なんだから、もっと気の利いた会話をしたいと思っていたのだけど、何しろまともに話す機会が数えるくらいしかなくて、結局ちゃんと話せないままだったなあ・・・・・・。それだけが心残りといえば心残りか。

今くらいのペースで福岡に行けていたなら、今くらいの経験値で接することができていたなら、卒業発表してからもっとイベントがあったなら・・・と考えだすときりがない。

それでも当時の自分ができる範囲で最大限に頑張った結果だと思うので悔いはない。

その後

すでにブログもツイッターも削除されてしまっていて、愛奏ちゃんの存在を確認できるのはCheerzのアカウントだけになってしまった。(これは多分忘れられてるだけ)

自分の記憶している範囲で、愛奏ちゃんがオタクに向けて言っていたのは大きく3つあって

  1. 流星群のことを愛してほしい
  2. オタクかっこいい、オタク続けろ
  3. 嫁(彩夏)をよろしく

何というか、愛奏ちゃんらしいというか・・・。

舞台の上では最高にアイドルだったけど、最後まで掴みどころのない子だったなあ。

いや、それは俺が川島愛奏という子のことを分かっていなかっただけなのだろう。

ことさらそういう意図をもって行動していた訳ではないんだけど、愛奏ちゃんが卒業してからの1年は、川島愛奏の遺したものを巡る旅だったと思う。

まずはMAPLE★S。ひとりで広島に行くくらい好きで仲の良かった川原亜美ちゃん。僕もMAPLE★Sを見て最初にカワイイなって思ったのが川原亜美ちゃんだったから、やっぱり好みは似るものなのだろうかと思った。

楽曲も色々聞いてるうちに好きになって、まだ単独のライブには行ったことがないけど対バンにいたら積極的に見に行く程度には好きになった。

川原亜美ちゃん、卒業する前に一度お話してみたかったけど・・・それもまた運命か。

後はやっぱりPassCodeだなー。これは愛奏ちゃんが好きでなければ関わることがなかったと断言できる。

悪くはないけど現場に行くのはちょっと怖い・・・という感じでずっと思ってて。

それでも卒業公演でカバーするくらい好きなグループだし、曲くらいは押さえておくかと思って聞いてるうちに好きになってきて、少しずつ現場に行くようになって、気づいたらPassCodeそのものが好きになってた。

全握とはいえ、愛奏ちゃんが好きだった南菜生ちゃんとお話することもできてよかった。あの子はあの子で掴みどころがないよね。さすが推しの推し・・・笑

錦戸彩夏ちゃんもそうだな。最初に見た時は(あぁ、この子が愛奏ちゃんの好きな彩夏ちゃんか、ずいぶん小さいな)と思ったくらいで特にピンと来てなかった。好みのタイプで言えばむしろ日野葵ちゃんだったし。

8/20に愛奏ちゃんの卒業発表があった直後にパピの東京遠征があって、葵ちゃんは来てないし、せっかくだから彩夏ちゃんと一度話してみるか。あわよくば愛奏ちゃんの話ができるかもしれないし・・・くらいの思惑だった。

そこで話してみるとめっちゃいい子だったし翌週の福岡では2回目なのにもう覚えててくれたし、愛奏ちゃんの卒業公演では精神的な支えになってくれた。

もう彩夏ちゃんは当時のことを覚えてないかな。4月の東京遠征のときに少し話を振ってみたけど忘れてるみたいだし。まあ、寝た子を起こすようなことをわざわざする必要もないでしょう。

しかし、彩夏ちゃんは僕のツイッターのbioに自分の名前が入ってることを知ってるので、必然的に愛奏ちゃんの名前が入ってることも知ってるはずなんだよなあ。その辺はどう思ってるんだろ。聞いてみたいけど、怖くて聞けない。笑

7/4から愛奏ちゃんのお誕生日おめでとうツイートをpinしてるから、オタクのツイッターを見るタイプのアイドルちゃんから結構話を振られたのは嬉しかった。

当時は流星群以外の福岡アイドルにそこまで熱心じゃなかったからね。I'S9ですら、そこまで深い(?)話をするような関係ではなかったと思う。

当時は会ってなかったパピの子とか、にょろさんからも話を聞いたりするのは不思議な感じ。

その後(2)

上のところまでが9月頭に書いてた話。

自分の行ってたイベントだと、流星群の物販はチェキ撮って終わりという形式がほとんどだったから、ちゃんと話す機会がほとんど無かったな。

SSGリーグとかの主催イベントに行ってたらよかったんだろうけど、当時はなかなか福岡も行けなかったし。

むしろ自分の川島愛奏オタクとしての活動は卒業後に始まったという気がする。

あの子の好きだったグループを追いかけたり、当時の話を聞いたり、そういうことを繰り返す中で少しずつ掴めてきたものがあったのかもしれない。

本人に対する思い入れも当然あって、荻野由佳ちゃんとか千葉恵里ちゃんとか、確実に愛奏ちゃんの影を追ってる部分があると思う。

もちろん代わりにしてると言う意味ではなくて、アイドルを好きになる時のベースとして愛奏ちゃんの存在が大きく残ってるなという。

そう言う意味では、愛奏ちゃんとタイプが全然違うにょろさんのことを好きになったの、好きなタイプと実際好きになる人って本当に関係ないなって思った。まあ、それはまた別の話。

卒業の時に言ってた「オタク続けろ」って当時はピンと来なかったけど、推しが卒業するタイミングでオタクやめるケースが多いんだろうなって今は分かる。

自分の場合はたくさんのやり残しがあったからオタク止めることは考えてなかったけど。それはそれでよかったのかもしれないな。

間接的なオタクの師匠であり、アイドルの理想型でもあった。

愛奏ちゃんにそこまで良い対応をされたという感覚はなかったけど、勝手の分からないオタクに対してすごく優しかったんだなと今は思う。

48G以外のアイドルを全然知らなかった自分が、流星群の現場を通して色々なことを学ぶことができた。

今ならもう少しちゃんとお話できる・・・かもしれないし、人の本質はそう変わらないかもしれないね。

10/11(Tue), 2016

10/10の物販

  • 河合ゆうな(ミルクセーキ) 前3/後3
  • 錦戸彩夏(パピマシェ) 前1/後1
  • 日野葵(パピマシェ) 前1
  • 咲井綾音(パピマシェ) 前1
  • 泉心和(パピマシェ) 前1
  • 愛梨咲(I'S9) 後1
  • 阿貴(I'S9) 前1/後1
  • 広瀬ゆみ(NEO☆学院) 前1/後1
  • MAPLEZ全員握手

改めて見てみると、お前は何をしに行ったんだというレベルで色々行ってしまったけど、これでも最低限なんだよなあ・・・。

この日は福岡ラストということもあってか、とにかくにょろさんの列が長くて1回あたり20分以上は待ってたと思う。別れを惜しむファンが沢山いるのは良いことだし、列の長さに関する不満などは特に無い。1日で6ループもすれば十分だろうとも思うし。しかし、もっと話したいとも思ってしまう。オタクは面倒くさいね。

彩夏ちゃん。この子は天性の性格的な部分もあるのだろうけど、陽性のパワーをすごく持っているのでいつ行っても楽しい。前回の東京でいらんこと言ってしまったなーってちょっと思っていたんだけど、今回は開口一番「わたし知ってるよ!ミルクセーキさんと・・・パピが出るからでしょ」と明るく言われてさすが彩夏ちゃんって思った。さりげなくパピもお目当てに設定してくる辺りも彩夏ちゃんらしくて僕は好きですね。後物販は、どうしてもワンマン決定の話をしたかったので・・・。楽しそうに「ユニットでは(エア)バンドみたいなのやってみたい!」と語る彩夏ちゃん、やっぱりかわいいんですよ。

葵ちゃん。完全にノープランで行って申し訳ない。こっちに話題がないと葵ちゃんが適当に話したいことを話してくれるので助かります。ごめんなさい。ライブ中にめっちゃガン見されて笑ってしまった。

綾音ちゃん。今日は4期生の2周年記念公演だし、さすがに行かなきゃという。前物販で「コバヤシのこと見つけるね」と言ってくれて、果たしてライブでは両隣にメロン色Tシャツ着た濃そうなオタクに挟まれてる弱いオタクの僕にも指差しをくれて、さすが・・・って思った。

泉心和ちゃん。最近物販ご無沙汰しているし、こないだミルクセーキと2ショットで写真撮ってたし、今日は4期生の記念公演だし・・・と思って物販に行ったら、まだ名前を覚えていてくれた上に先週東京のイベントに来ていたことも知っていてくれてて、本当にありがたい、そして申し訳ない気持ちになったのだった。。

愛梨咲ちゃん。やっぱりこの子には敵わないなあ・・・という天性のアイドル感。「東京のイベントで全然会えないの傷ついてますからね」と言われて、ゴメン22日の今年ラストの東京イベントも行けないんだ・・・って心の中で思った。

阿貴ちゃん。この日は何だか髪型が決まっている気がした。ポニーテール&巻いた毛先がよい感じで、髪の毛を巻いたら褒められたらしいので気に入ってるみたい。確かにかわいい。松本さん(I'S9のスタッフ)に「ミルクセーキですか?」って聞かれて、エッ松本さんまで何故・・・と思ったら阿貴ちゃんに聞いたらしい。なるほど・・・と思ったけど、それはそれで険しい・・・。

ゆみたん。前物販は体操服、後物販はチアガール姿の物販で、ひたすら恥ずかしがるゆみたんが超かわいくて癒やされた。

にょろさん。雑な雑談に終始してしまったけど、ところどころでにょろさんの意識の高さが感じられたなあ。ツイッターを見たりふぁぼったりするアイドルは正直たくさんいるけど、ちゃんと内容まで見て覚えてくれているアイドルはそういない。と思う。ツイッター以外にも色々なことをちゃんと覚えていてくれているし、本当にすごいなと思った。本人は「あんまり頭使って物販してない」と言ってるけど、本当にそうなら天性の才能なのでしょう。

にょろさんの好きなところは「いくらでもリストにできる」けど「全部後付けみたい」なんだよなあ・・・。ガチ恋オタクになってから「ジュリエット」を聞くともれなく泣いてしまうぞ!

08/31(Wed), 2016

8/28の物販

  • 錦戸彩夏(パピマシェ) 前1/後1
  • 日野葵(パピマシェ) 前1/後1
  • 咲井綾音(パピマシェ) 前1/後1
  • 広瀬ゆみ(NEO☆学院) 前1/後1
  • 藤菜々子(NEO☆学院) 前1
  • 佐倉綾香(NEO☆学院) 前1/後1
  • 古川ゆき(K-NEXT) 前1/後1
  • 早麻亜美(Smile) 前1/後1
  • りな(Chimo) 後1

このくらいが時間的にも限界だな。いつもなら彩夏ちゃん2〜3回ループするところだけど、そんな時間もなくてひとりずつ推しを回るだけでギリギリだったのでこれ以上推しを増やすのは無理っぽい。

古川ゆきちゃん、改めて見てもカワイイし物販も楽しいし、何だかんだけーねくなので人もいないし、よいなあ。隣の隼瀬未央ちゃんが(過疎ってるので)会話に加わってくるのも楽しい。いつまでもけーねくのまま、というのもよろしくないと思うのだけど、しばらくはこの楽しさを保ってほしい。

どんたくぶりに早麻亜美ちゃんに会えたの嬉しかった。チェキの時に腕組みする流れになってしまってドキドキしたわ・・・。

りなちゃん、完全にはじめましてだったのでキャラが全然分からなかった。そういう緊張感も楽しみではある。東京のアイドル好きらしくて、東京から来たというと「○○見たことありますか?」みたいな質問をめっちゃされた。paletとかアキシブとか地下でも有名どころだったので、普通に見てるよね。。

当日はたくさん回ったなーって感覚だったけど、こうして見るとそうでもないな。でも1回のイベントで行った物販、と考えると多いのかな?

08/16(Tue), 2016

思考実験2

今日は暇だったので何となく現場に行くモチベーションみたいなものを考えてみた。

取っ掛かりとして、アイドルグループについてメンバー、楽曲、現場を◎○△の3段階に分けて、モチベーションがどのくらいになるか考えることにした。

  • メンバー
    • ◎ : 好きな子がいる、あるいは全体的なレベルが非常に高い
    • ○ : 特に好きな子はいないけど全体的なレベルが高い
    • △ : 特に刺さる子がいない
  • 楽曲
    • 好みで3段階評価
  • 現場
    • ライブが楽しい、現場の居心地がよい、知り合いのオタクがたくさんいる(?)など
  • 評価(モチベ)
    • 行かない
    • 対バンに出てれば見る
    • 対バンにいると嬉しい
    • 目当てでイベントに行く
    • 通う

結果

メン楽曲現場評価(モチベ)
行かない
行かない
行かない
行かない
対バンに出てれば見る
対バンに出てれば見るESD(初陣)
対バンに出てれば見るベルハー
対バンにいると嬉しいAJ系、放プリ、アイカレ
対バンにいると嬉しい
行かない
行かない
行かない
対バンに出てれば見るESD(現在)、虹コン
対バンに出てれば見る
対バンに出てれば見る
対バンにいると嬉しい
目当てでイベントに行くLinQ、山活、パスコ、Maplez、48Gなど。好きなグループは大体この辺
目当てでイベントに行く
対バンにいると嬉しいぷちぱすぽ、わーすた
対バンにいると嬉しい
対バンにいると嬉しい
目当てでイベントに行くNEO
目当てでイベントに行くミルクセーキ、夢アド
目当てでイベントに行く
通う流星群
通うI'S9、パピ
通う

メンバー・楽曲・現場を1-3、評価(モチベ)を1-5に数値化して重回帰分析をしてみる。

> summary(lm(Score ~ ., df))

Call:
lm(formula = Score ~ ., data = df)

Residuals:
    Min      1Q  Median      3Q     Max 
-0.8333 -0.4444  0.1667  0.3333  0.6667 

Coefficients:
            Estimate Std. Error t value Pr(>|t|)    
(Intercept)  -2.0000     0.3997  -5.003 4.62e-05 ***
Member        1.1111     0.1123   9.893 9.36e-10 ***
Song          1.0556     0.1123   9.398 2.43e-09 ***
Otaku         0.1667     0.1123   1.484    0.151    
---
Signif. codes:  0 ‘***’ 0.001 ‘**’ 0.01 ‘*’ 0.05 ‘.’ 0.1 ‘ ’ 1

Residual standard error: 0.4765 on 23 degrees of freedom
Multiple R-squared:  0.8912,    Adjusted R-squared:  0.877 
F-statistic:  62.8 on 3 and 23 DF,  p-value: 3.124e-11

交互作用を考えると、

> summary(lm(Score ~ .^2, df))

Call:
lm(formula = Score ~ .^2, data = df)

Residuals:
    Min      1Q  Median      3Q     Max 
-0.8333 -0.3056  0.1111  0.2639  0.5833 

Coefficients:
             Estimate Std. Error t value Pr(>|t|)   
(Intercept)  -1.66667    1.02557  -1.625  0.11979   
Member        1.27778    0.40187   3.180  0.00471 **
Song          0.55556    0.40187   1.382  0.18208   
Otaku         0.16667    0.40187   0.415  0.68275   
Member:Song   0.08333    0.13651   0.610  0.54843   
Member:Otaku -0.16667    0.13651  -1.221  0.23631   
Song:Otaku    0.16667    0.13651   1.221  0.23631   
---
Signif. codes:  0 ‘***’ 0.001 ‘**’ 0.01 ‘*’ 0.05 ‘.’ 0.1 ‘ ’ 1

Residual standard error: 0.4729 on 20 degrees of freedom
Multiple R-squared:  0.9068,    Adjusted R-squared:  0.8789 
F-statistic: 32.44 on 6 and 20 DF,  p-value: 2.726e-09

考察

  • 各係数の推定値を見ると、メンバーと楽曲が同じくらいで、現場は極端に低い値になった。メンバーの好みをやや重視しているけど、モチベーションに対するメンバーと楽曲のウエイトは同じくらいということが分かった。
  • 交互作用は考える必要なさそう
  • 「◎△△」のぷちぱとわーすた、正確にはわーすたは「通う」に入れてもよいかもしれない。ぷちぱすぽは千葉思佳ちゃんの握手対応がもう少しよければ(今でも悪いわけではないが)通ってたかもしれないし、評価を3段階じゃなくて5段階くらいにした方がよいかも
  • 今回は1パターン1サンプルという計算だけど、1グループ1サンプルにした方が正確な結果が出るのでは。面倒くさいから今回はやらない。
  • 解析結果とは関係ないけど、「通う」までモチベーションを上げるにはメンバーと楽曲の両方が好きじゃないとダメなんだなあ、上の表を見て思った。

08/10(Wed), 2016

TIF2016とか

HKTを好きになったのをきっかけにアイドルイベントへ行くようになった2013から何だかんだ毎年参加しているTIF。

忘れていたけど去年は2日両方とも参加していたのか。

1日目

  1. 11:00-12:00 わーすた握手会@GREETING AREA
  2. 11:25-11:40 A応P@SMILE GARDEN
  3. 11:55-12:10 放課後プリンセス@SKY STAGE
  4. 12:20-12:35 桜エビ〜ず@SKY STAGE
  5. 12:35-12:50 さますと@SKY STAGE
  6. 12:50-13:05 志田サマー新井サマー@SKY STAGE
  7. 13:05-14:05 TOKYO IDOL PROJECT × Tokyo Girls' Update 〜グローバルライブ〜 イケてるハーツ、seeDream、ジュリリ・ジュリラン・未来・ゴロゴロコロニー13世、虹のコンキスタドール、わーすた(50音順)MC:おみやげ@SHIP STAGE
  8. 14:00-15:00 A応P握手会@GREETING AREA
  9. 15:05-15:20 わーすた@SMILE GARDEN
  10. 16:05-16:35 AKB48 Team 8@HOT STAGE
  • 18:00 全力少女R×パピマシェ 2マンLIVE@渋谷DECEO
  • 20:00 九州アイドル新宿大集合ライブ@新宿DDPシアター

ザ・コバヤシ(@kkobayashi)/2016年08月05日 - Twilog

  • 今年のTIFはわーすた握手から始まったらしい。僕がわかめんたるTシャツを着ていたせいか、奈々聖さんの反応がいつもより良かったような気がする。不思議なのは本人だけじゃなくて他のメンバーも心なしかいつもより対応がよくて、推しTの補正効果スゴイなって思った。自分推しじゃなくても、わーすたのオタクだというだけでプラス補正なのかなあ。
  • 放プリ、1曲目がウチワを使う「アツはナツい!」で、ちょうど自分も会場で貰ったウチワを持っていたので振りコピが楽しかった。笑。それにしても、放プリの曲、好きだなあ。SKY STAGEで見るアイドルは2割増しくらいで良く見えるという補正もあったし、ユースのまりちゅうとか堀井仁菜ちゃんとか僕の好きなメンバーも入っていたのもあったし、めっちゃエモかった・・・。正規メンバーは大して興味なくてユースにばかり気になる子がいるので、なかなかグループとして推しづらいところがあるよね。残念。
  • わーすたのステージ行くので帰り際にちょっと見ただけの志田サマー新井サマーがすごいオーラ発してて思わずステージに釘付けになってしまった。あれはちょっと美しすぎる。
  • A応PのステージはSMILE GARDENの有料エリアの後ろのほうで見てたんだけど、3曲目辺りで何か広瀬さんがこっち見てる?いやこの距離だし分からんやろ、って思ってたけどハイタッチのときに「レスした」と言ってきて、これはさすがにスゴイと思った。
  • チーム8。劇場で何回か見たけど、こういうイベントで見るのは初めてだったので「これが・・・チーム8・・・」ってなった。曲は48なんだけどノリは完全に地下で、これは何とも不思議な感覚。膠着した48の世界に新しい風を入れてくれるグループになるといいな。それにしても、会場全体でガチ恋口上を合唱するの、どうなの・・・。その辺はMIXをコールにしてしまった48オタの血というか、48オタクにかかればガチ恋口上すらコールになってしまうんだなと思って笑ってた。

チーム8見た後は渋谷でパピと全力少女Rの2マン。

もう少し上手く歯車が噛み合っていたら、東京でパピと流星群の2マンが実現していたはずなんだよなあ・・・と思わずにはいられなかった。ま、それは福岡で見たことあるか。

全力少女R、お披露目ぶりに見たけど、やっぱりRu:Runオタクの空気なのかなあ。オタクが相撲とらない「一発逆転!下克上」とか・・・みたいに思ってしまう俺の方がおかしいんだろうか。

そもそも推しもエースも卒業してしまった流星群だから、少なくともその血が絶えていないことが確認できて、ただ向こうは完全に別物だということも分かったので、これはこれでひとつの整理が付いたということでよしとする。ここまで見届ければ流星群オタクとしては十分でしょう。

そういえば、かのんちゃん、しばらく会わないうちに背が伸びて大人っぽくなったね。お姉ちゃんが高校卒業したくらいにちょうど推し頃が来そうだな。期待。


九州アイドル新宿大集合ライブ。九州のアイドルが集まるレアなイベントですよ!と言われても、あるあるCityでいつもやってるイベントが新宿に来たという感覚なので特にレア感というのはないよね。

ミルクセーキ、ライブ見たかったんだけど泣く泣く断念。結果論でいえばパピ&全力少女Rの2マンはスルーして良かったんだけど、さすがにこれは見ておかなきゃいけないイベントだったので仕方ない。それでもにょろさん(河合ゆうな)は相変わらずにょろさんで、はぁ好きってなった。

つい数日前にミルクセーキの公式ツイッターをフォローして、運営さんにそれを認識されていたのも驚いたけど、「『ゆうなー!コバヤシくんが公式ツイッターフォローした!』って言った」という話をされて(その報告は何なんだw)と思った。笑

この日は阿貴ちゃんの誕生日で、今年は誕生日当日にイベントがあって嬉しいという話をしたら「去年もありましたよ」と言われてマジかって思ったけど今調べてみたらリリイベで東京来てたね。しかも俺参加していたね。まあ、そういうこともある・・・。

そういやI'S9は通常物販前に無料全員握手会+2ショット写メ券を配るというサービスを始めたらしい。大盤振る舞いだなーと思うけど、ただでさえ時間のかかるいつもの物販がもっと時間かかるんじゃないかなあ。とは思う。

2日目

  1. 10:05-10:20 KRD8@FESTIVAL STAGE
  2. 10:20-10:35 ミルクセーキ@FESTIVAL STAGE
  3. 10:35-10:50 コウベリーズ@FESTIVAL STAGE
  4. 10:50-11:05 Jeanne Maria@FESTIVAL STAGE
  5. 11:05-11:20 I'S9@FESTIVAL STAGE
  6. 11:00-12:00 わーすた無料ハイタッチ@GREETING AREA
  7. 11:00-12:30 ミルクセーキ物販@GRAND MARKET
  8. 12:20-12:35 パピマシェ@DREAM STAGE
  9. 12:35-12:50 QunQun@DREAM STAGE
  10. 13:00-14:00 パピマシェ物販@GRAND MARKET
  11. 11:45-14:00 I'S9物販@GRAND MARKET
  12. 14:50-15:05 PassCode@DOLL FACTORY
  13. 15:05-15:20 パピマシェ@DOLL FACTORY
  14. 16:10-17:10 アイドルカラオケバトル2016@INFO CENTRE
  15. 17:15-17:30 ミルクセーキ@DREAM STAGE
  16. 18:35-18:50 LinQ@SKY STAGE
  17. 19:00-19:15 わーすた@FESTIVAL STAGE
  18. 19:25-19:55 欅坂46@HOT STAGE

2日目は九州アイドルがメインで出る日なので忙しいステージ回しだった。

  • ミルクセーキの1曲目が「手をつなごう」だったのは感動というか胸に来るものがあったなあ・・・。8/6という日にTIF出場ということで伏線があったとはいえ、それはそれとしてTIFという大舞台の限られた時間、しかも一番大切な1曲目。素直に盛り上がる曲をやれば良いのではとも思ったんだよね。そもそも8/6は長崎じゃなくて広島原爆の日だし。それでも敢えて「手をつなごう」を歌うということころにミルクセーキというアイドルのコンセプト・・・とまで言うのは大げさかもしれないけど、強い意志の力を感じて僕はちょっと泣きそうになりましたよ。
  • I'S9の唯一の出番、最初で最後の10人によるステージ。前のJeanne Mariaが終わった瞬間に人がどわっとやって来て、I'S9を見に来た人がこんなにたくさんいるのか!と驚いた。「10人」という点そのものは特にこれと言った感慨はないのだけど、りさりさとすーちゃんはTIF出たかったろうなあって思ったから素直に嬉しい。ただなあ・・・TIFの選考だったり卒業のゴタゴタだったり、「卒業メンバーは出ません」→「やっぱり出ます」みたいなの、もうちょっと綺麗な形で見たかった。でもまあ、それでもやっぱり良いステージでした。
  • ステージ自体が押してたこともあって、I'S9物販開始もだいぶ遅れて全チェキを待ってる間にパピのステージが始まりそうだったので物販はあきらめることにした。TIF1発目のステージだからなのか、さすがの彩夏ちゃんも緊張していたように見えた。そりゃそうか・・・。そもそもパピは東京のイベント自体が少ないしね。
  • パピの物販行って、まだ時間が余っていたのでI'S9の物販も締め切り間際に行くことができた。全チェキは撮れなかったけど、まあ写真はツイッターとかに載ってるし、それでいいかな。炎天下で2時間も物販やってたので愛梨咲ちゃんが完全にグロッキーだったの、申し訳ないけどちょっとかわいかった。
  • PassCodeからのパピで優勝せえへん?という感じのDOLL FACTORYだったけど、パスコ終わって「やっぱぱすこーど楽しいな!」とか余韻に浸ってる間に最前死守おじさんがやって来て良位置とれるチャンスを逃してしまったのアホすぎた。PassCodeの時はさすがに最前張り付きマンもいないしチャンスだったのに。とはいえ結果的にはなんとか最前取れたから兼オタでよかった・・・って思った。
  • HOT STAGEの奈々聖さんコラボとかわーすた新曲初披露とかあったけど、どうしても錦戸彩夏ちゃんのソロカラオケが聞きたかったのでINFO CENTREに行った。中が100人も入れない感じなので外まで人が溢れてて、こりゃムリかな・・・と思っていたけど、歌い終わったアイドルのオタクがどんどん部屋から抜けていくので最終的に彩夏ちゃんの出番は結構良い位置で見ることができた。やっぱり彩夏ちゃんの歌、いいよなあ。他のアイドルちゃんもすごい歌うまくて、さすがカラオケバトル出るだけの事はある・・・と思って不安だったけど、彩夏ちゃんも全然勝負できる、むしろ勝ってるって思った。
    • 選曲が「恋のダイヤル6700」で、何でまたこんな難しい曲を選んだのかと思っていたけど、カラオケ採点という話は聞いてなくて「カラオケバトル」としか聞いてなかったので盛り上がる曲がよかろうと思って選曲したらしい。なるほど。
  • ミルクセーキ2回目。さすがに1回目は緊張してるなーという感じだったけど、2回目のステージはTIFを楽しんでる感が伝わってきてよかった。1回目で下手側にいたらにょろさんが上手寄りのポジションだったので、2回目では上手寄りにいたら今度は下手寄りのポジションで、裏目すぎた。泣
  • LinQ。この3日間で唯一見れたLinQのステージ、1曲目が「祭りの夜」でいきなり最高かよ!!ってテンション上がった。夜のスカイステージでやる祭りの夜、最高。
  • 欅坂、「おぉ、テレビで見てるひとだ」という感覚はなんか久しぶりで新鮮。「手を繋いで帰ろうか」がライブで見ると楽しそうですね。サイマジョとか世界には何ちゃらとか、曲の良し悪しはともかくライブ聞いても沸きにくいよね?後はアレだな、上村莉菜ちゃんが後ろの列で、ただでさえ小さいのに見えないな!しかも前列にでかいヤツがいるせいでよけい見にくい!ってなった。

3日目

  1. 10:30-11:00 SKE48@HOT STAGE
  2. 11:05-11:35 NGT48@HOT STAGE
  3. 11:50-12:10 PASSPO☆@SHIP STAGE
  4. 12:10-12:30 A応P@SHIP STAGE
  5. 13:00-14:00 わーすた握手会@GREETING AREA
  6. 13:55-14:10 山口活性学園@SKY STAGE
  7. 14:00-15:45 パピマシェ物販@GRAND MARKET
  8. 15:00-15:30 ベイビーレイズJAPAN×わーすた@SHIP STAGE
  9. 16:25-16:40 Ange☆Reve@FESTIVAL STAGE
  10. 16:40-16:55 さんみゅ〜@FESTIVAL STAGE
  11. 17:05-17:20 パピマシェ@FESTIVAL STAGE
  12. 17:20-17:35 ばってん少女隊@FESTIVAL STAGE
  13. 17:35-17:50 わーすた@FESTIVAL STAGE
  • 18:55 U.TIF2016#05@新宿MARZ
  • 3日目はNGTステージの整理券を取るために6時半くらいにお台場に来て、7時半から整理券配布で、8時半集合で・・・という具合で結局11時半のステージ終了までゆっくり休む間もなかった。炎天下歩きまわるよりも早起きして並ぶのが一番しんどいね・・・。SKEとNGTがまとめて1つのイベント扱いで整理券取るのが大変になるし、ステージの入れ替えは無しということで特に興味のないSKEでも頑張って前の方に行かないとNGTを見れないし、その辺もしんどかったなあ。
    • 結果的にはSKEを近くで見ることができて良かったと言えば良かった。そもそもSKEの単独ライブを見たのって初めてだなあ。さすがSKEという感じで曲も(当たり前だけど)SKEの曲ばかりで楽しかった。
    • とはいえ温度差があるのはいかんともしがたい・・・。「パレオはエメラルド」とか「ごめんねsummer」とかでオタクが発狂してたけど僕は「あぁ知ってる曲だ」くらいの感覚だったので何とも。
    • でもNGTは最高だったな。距離の近さで言えばもちろんUSJなんだけど、オルスタのライブで他所のオタクもいてNGTで沸いて、という経験ができてよかった。ここまで48のライブで叫んだのは本当に久しぶりだわ。
    • 荻野由佳ちゃんが気づいてくれたかと言うと、どうだろうな・・・。目が合ったような気もするけど、個体識別までできていたかという確信は無かった。いやいや、そういうのはいいんですよ。
  • わーすたの握手会で、前日のステージで言ってた伊藤ちゃんと奈々聖さんの顔の系統の話をしてみたら「似てると思っとったんよ!」ってニコニコして話してくれて嬉しかった。伊藤ちゃんの顔をネタにしていいのは本人かLinQメンバーだけだと思っているし、本人のいないところで「ひどいよね」みたいなことを言うようなら幻滅してたかもしれない。まあ、「LinQでは伊藤ちゃん推しなんだけど・・・」から入ったので、そういう反応をしてくれたのかもしれない。
  • 山活SKY STAGE。これは最高だった。やっぱりSKY STAGEで見るアイドルはいつもよりも数割増しで見える気がする。やっぱり森脇優依ちゃんなんですよ。
  • ベビレわーすたコラボまで見たら体力が尽きて、15:40からの夢アドHOT STAGEも入場規制で入れず気力も尽きたので、ビール飲んでその辺の日陰で寝てた。ふと気づいたら「勇敢な恋のセレナーデ」が聞こえてきて、おっあんじゅれ、次はさんみゅ〜からのパピみたいなので聞いていこうと思って復帰した。
  • この時間のFESTIVAL STAGE、めちゃくちゃ人が多くて、パピのときも次のばっしょー待ちみたいな人がたくさんいた。人が多いのはアレだけど、それだけパピを沢山の人が見てくれるのだと思えばありがたいことだ。

3日間ほぼフルで参加したけど、それでもやっぱり「知ってるグループの晴れ舞台を見に行く」みたいなイベントになってしまって、新しい出会いというのはほとんど無かったかなあ。

これだけ有名なグループが集まってきて、自分も色々なアイドルを知ってくると、どうしてもそうなりがちなのかもしれない。

3日もあってなお見れなかったステージやグループがあったのも残念。おやゆびプリンセスは見に行きたかったのだけどなあ・・・。かほりんちゃんが物販スペースでビラ配ってるのは見かけた。僕も欲しかったけど何か忙しそうにしてたから止めた(チキン)。

とはいえ、普段接する機会のないグループが一度に集まるイベントと考えると貴重な機会だった。自分の場合、NGTとわーすたと九州アイドルが一度に集まるイベントなんてTIF以外に無いんじゃないかって思うし。


わーすた見てから新宿に移動してミルクセーキ見た。さすがに疲れてたのか電車乗り過ごしたり道を間違えたりして出番に遅れそうになった。着いたのが18:58くらいで、ちょうど3分くらい押してたみたいで本当にギリギリセーフという感じだったなあ。

考えてみれば、今までミルクセーキを見たのはパピとかI'S9とか他にもお目当てがいる中での対バンだったから、こうしてミルクセーキを見るためだけにライブに行くのは初めてだったかもしれない。

持ち時間も25分とちょっと長めで、さすがにこのサイズの箱だとTIFのステージとは違ってメンバーもいい意味でリラックスしているようにも見えて、すごく良いライブだったなあ。場を支配してる感というのかな。

パフォーマンスの良し悪しとは少し違う意味で、アイドルがステージを支配できる範囲、というのをライブを見ながら考えることがある。さすがにTIFのステージは緊張とかアウェーの空気とか色々あって持て余してる感があったりしたのだけど、MARZのステージは完全にミルクセーキの支配下にあって、にょろさんもすごく楽しそうに見えた。沸いた!とかそういうのとは違うけど、すごく楽しい気持ちになったライブだった。

TIFで調子に乗って叫びすぎたせいか声が全然出なくなってて、この東京遠征でにょろさんとお話できる最後の機会だと言うのにひどい声になってしまった。でもさすがに東京ラストだったからか、心なしかいつもより優しくしてくれたような気がする。

声もひどいし2ループして帰ろうとしたら2回目のときに「ループするのは例外なんでしょw」と言われて何か聞き覚えのあるフレーズだなあ・・・と思ったら、生メールの返信で書いたことじゃん。いま気づいたわ。というか、いま読み返してみるとめっちゃ恥ずかしいこと書いてる。深夜にメールの返信とか書くものじゃないな・・・。

この時のメールか。全く穏当ではなかった。というか、書いた本人も覚えてないようなメールの内容をよく覚えてるな!アイドルこわい!

4日目

僕のTIFはもう少しだけ続いて、8/8はZepp DivercityでPassCodeのワンマンだった。

ザ・コバヤシ(@kkobayashi)/2016年08月08日 - Twilog

感想は全握の待ち時間でtwitterに結構書いてしまったのだけど、PassCodeはかわいくてかっこよくて本当に好きだなあ。と改めて思った。Zeppの高いステージだと視界がよくてメンバーがよく見えたのもよかった。

今田夢菜ちゃん、足を怪我したと聞いていたしTIFのときは動かずにパフォーマンスしてて心配だったけど、ワンマン当日は普通に動いていて感動した。それでも無理をしてるのだろうとは思うのだけど。

ライブ終了後、疲れてたし列も長いので握手しないで帰ろうかな、でもやっぱり最高のライブだったしメンバーに「楽しかったです」くらいは伝えて帰りたいと思って全員握手に行ったのだけど、今田夢菜ちゃんが僕の顔を覚えてるようなリアクションしてくれて嬉しかった。もう認知は完全に諦めてて、毎回めっちゃ並ぶから最近は物販も行ってなかったのだけど、これは嬉しいなあ。

そして南菜生ちゃん。推しの推しでずっと名前は知ってたけど、実際見てもそこまでピンと来てなかったんだよね。

まずビジュアルから独特の雰囲気を出しているし、ライブ中のオタクをガンガン煽っていく男前な感じと、twitterやブログの病んだ・・・というか思いつめた感じと、物販でオタクにニコニコ対応してる感じがバラバラの印象で、どうにも掴みどころがないなあ・・・と思っていた。

で、今回2時間くらいの長いイベントがあって、途中にMCや衣装チェンジがあったりして、いろんな南菜生ちゃんを1つのライブという空間で見ることができて、初めて全てが繋がったような気がしたんだよね。そこからの全握で初めて(数秒だけど)お話することもできて、確かにこれは好きになるな・・・と実感できた。

何だかんだこの1年は推しの足跡を辿る旅みたいなところがあって、あの子が好きだったアイドルを追っていくと自分も好きになっていって、PassCodeもグループとしては大好きになったけど南菜生ちゃんはどうにも掴みきれなかった。

まぁ人にはそれぞれ好みというものがあるから分からなければ分からないで別によかったんだけど、南菜生ちゃんのどこに惹かれたのだろう・・・というのはやっぱり知っておきたかったので、自分なりに魅力が掴めた感じがあったのは大きな収穫だったと思う。

流星群の最期を見届けて、あの子の好きだったアイドルたちを理解できて、ようやく一区切り付いたなという感じ。結局ほぼ丸1年かかってしまったね。

08/02(Tue), 2016

先週末に行った物販

何となくメモ。

  • 錦戸彩夏 5
  • 河合ゆうな 4
  • 日野葵 3
  • 咲井綾音 2
  • 広瀬ゆみ 2
  • 宮内彩夏 2
  • 泉心和 2
  • 阿貴 2
  • 古川ゆき 2
  • 愛梨咲 1
  • 保坂朱乃 1
  • 堀合華奈 1
  • 李砂 1
  • I'S9全チェキ 1

錦戸彩夏ちゃんはイベントが3回あって、にょろさんはイベントが1回しかなかったことを考えるとなかなかこれは・・・。

けーねくの古川ゆきちゃん、初めてお話したけどカワイイし面白いしいい子だった。

何だかんだけーねくいい人材いるんだし、新グループ作らんのかなぁ。