Hatena::ブログ(Diary)

モスマン

2009-06-30

第一回やきそば王者決定戦 〜ペヤング神話の崩壊とTOPVALU伝説〜

「インスタントやきそばといえば、ペヤング」と言い切る人は多い。「ペヤングしか認めない。」「一平ちゃんは邪道。」などの発言の根拠はなんなのか?ペヤングが一番うまいという、その神話はほんとうなのか?

神をも恐れぬ仲間たちと市販のやきそばを食べ比べてみた。

食べ比べ

f:id:kkomiyama:20090630121617j:image

評価対象となるのは10製品。審査員は7名の美食家である。10種類のカップやきそばをそれぞれ好きな順番で食べていく。採点基準はただ一つ。うまいかどうかである。

各自の投票結果を集計したのが以下の表である。(採点は全て5点満点)


Noメーカー品名審査員の平均点私の採点感想
1日清U.F.O4.7 3麺そのものにうまみがある印象。
2サンヨー食品サッポロ一番オタフクソース仕上げ4.6 4太麺のインパクト。甘辛いソースとの相性はよい
3東洋水産マルちゃんやきそば弁当ちょい辛4.1 4胡椒がぴりっときいていていいアクセント
4TOPVALUソースやきそば3.9 4ソースがウスターソースそのものに近い
5東洋水産マルちゃん焼きそば名人ソース焼きそば3.6 5バランスがよい
6MARUKAペヤング3.3 3ディフェンディングチャンピョン
7MARUKAソースやきそばBIG3.3 3特徴なし
8明星一平ちゃん3.3 2湯切りが遅すぎ、麺がのびのび
9東洋水産マルちゃんやきそば弁当2.4 3味が薄い
10東洋水産マルちゃん濃いやきそば弁当2.0 2味が薄い、全然濃くない、作り方間違った?

評価が高かったUFO、オタフクソース仕上げ、TOPVALU

審査員からの評価が高かったのは「日清 U.F.O」「サンヨー食品 サッポロ一番オタフクソース仕上げ」「TOPVALU ソースやきそば」の3商品である。

出来杉君のような優等生 「日清 U.F.O」

U.F.Oは前評判も高かった。食べ比べると麺の出来がよいのが明白であった。粉っぽさがなく、時間をおいてもなめらかな弾力を保っていたのはU.F.Oだけである。ソースも均整がとれていて、欠点らしい欠点がない。

やきうどんの間違いじゃないのか? 「サンヨー食品 サッポロ一番オタフクソース仕上げ」

オタフクソース仕上げは麺が極太、甘辛いソースが良くも悪くも目立った。太いのが苦手として最低評価をつけた審査員もいた。食べ比べをするとあくの強いものが高評価を得る好例であろう。

そんな馬鹿な!?「TOPVALU ソースやきそば」

我々を最も驚かせたのはTOPVALU ソースやきそばである。安かろう悪かろうのイメージから、試食前は誰も注目していなかった。食べてみると、この商品が最も愚直に「ソースの味」がする。ウスターソースそのものの味である。ソース焼きそばの原点を思わせる味付けがここまで評価されたのは裏を返せば他の商品がソース焼きそばから遠く離れているということを意味する。TOPVALUの市場価格を考えれば、この結果は大健闘というべきである。


ペヤング神話の崩壊

ペヤングは王者としてこの決定戦に臨んだ。審査員の中にはペヤング教徒が何人かいた。かくいう私もペヤングが一番うまいと思っていた。しかし平均点で3.3という平凡な結果におわった。「その平凡さが非凡。」という前向きな評価もできないことはない。

ただ個人的には変化の波に取り残されている印象を受けた。たとえば、今回は純粋に味の感想なので、採点には含まれていないが、10商品のうち湯切りがダントツで大変なのはペヤングである。またあの小さい容器はソースを馴染ませるのが難しい。味を変えることに抵抗はあるかもしれないが、湯切り方式や容器で消費者が離れるとは思えない。細かい改善をしないあたりに、私は「王者の慢心」をみるのである。


試食会の運営面での課題

今回は10種類のカップ焼きそばを同時に作って同時に食べた。「明星 一平ちゃん」のように食べ頃を明らかに過ぎて、あわてて湯切りされた不運な挑戦者もいる。このあたりの反省は次回に繋げていきたい。「一平ちゃん」はマヨネーズという飛び道具でより上位に食い込むだろう。


まとめ

この記事をよんでカップ焼きそばが食べたくなったあなたには、「TOPVALU ソースやきそば」をおすすめしたい。

なお評価基準に価格が含まれないのはフェアでないと思われる方もいるかもしれないが、我々のような、真の美食家は10円程度の違いによって評価を変えない。

あなたとは違うんです。」

とここで強調しておく。


追記 2009/8/25

第2回をやりました。塩味や変り種も食べ比べています。 

第二回やきそば王者決定戦 〜鉄壁TOPVALU〜 - モスマン <http://d.hatena.ne.jp/kkomiyama/20090718/1247919462>

クリアクリア 2009/07/02 20:59 俺はペヤングのスタイルは変えて欲しくないね。日清カップヌードルはコロチャーに変わってから不買してる。

kkomiyamakkomiyama 2009/07/04 01:50 ペヤングの湯切りはなんとかして欲しいですけどね。

キョウヘイキョウヘイ 2009/07/05 21:35 くだらねええええええええええ!!!!けど大好き。今度俺も試食メンバーに入れて。

へそ君へそ君 2009/07/06 01:45 今頃になって福田康元総理ネタで締めるあたりは只者ではないと思いました

kkomiyamakkomiyama 2009/07/06 21:04 >キョウヘイ
ようこそ試食倶楽部へ。なんていうか君はうってつけの即戦力になりそうだよ。

kkomiyamakkomiyama 2009/07/06 21:05 >へそ君
ありがとうございます。古いですかね?

とおりすがりとおりすがり 2010/04/04 18:17 ペヤングは中間評価で良いと思います。
つまり、基準、鉄板ということ。
新しさも特筆もないけど、いつ食べても飽きない。
焼きそばあれもこれも飽きたなとかなったり、ただ漠然と焼きそば食いたいとなったときに真っ先に上がるものだと思います。

とおりすがりとおりすがり 2011/01/29 23:39 美食家なのにUFOを1位にするとはうさんくさい。
ソースの材料くらいは下で予測できるくらいの美食家なんだろうか。
今のUFOは明らかにまずくなってる。

とおりすがりとおりすがり 2011/10/16 21:42 ぺやんぐがカップ焼そばの王道なんだよ!他と並べ、評価するなんて見当違いもいいとこだ。せめて基準にしろ!!

タコスタコス 2012/02/29 01:51 うにゃ、殆ど毎日ぺヤングを食べてやすが、あの湯きり、ゼンゼン苦になりやせんどすにゃ、約5秒で出来るんです、まず、湯きり口を90度に開いて、ソースを上に乗せて親指ではさんで逆さまにします、これからが、ちと、難しいのですが、ほどよい力で(マヨネーズをしぼるように親指に力を入れると綺麗な三本のシャワーが吹き出ます、5秒かぞえると完了、(この時にくれぐれも麺に気をつけて)納豆とまぜるのがお勧めですにゃ。(ターボ湯きりは上になる部分のフィルムが開いているので、何回も火傷して、味うんぬんの前に食べませんにゃ)

うまか棒うまか棒 2013/07/09 12:44 ペヤングがNo1だ。これが私の素直な感想である。カップ焼きそばがいくつも出るようになり、そのすべてを食べたことがあるわけではない。しかし、それはペヤングがカップ焼きそばの代名詞に私の中ではなっているからだ。カップ焼きそば=ペヤングである。ペヤングはカップ焼きそば以外作る必要がないくらいだ。外国人にカップ焼きそばを紹介するときペヤングではなくUFOを説明したらそれは間違いである。猛省を促したい。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証