報國挺身日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013/04/22

[] 「最後の証言」の変更点 (3) 00:59

第一章から参考文献まで全部終了したので、以下に置いておく。

http://www.geocities.jp/kosako3/shimoyama/saigonosyogen_diff.sjis.txt

伊藤律については、「日本の黒い霧」に注釈を付けなければならなくなったことからも明らかなように、スパイ説は完全に崩壊している。矢板玄が本当にスパイだと言ったとしても、矢板玄の証言が信用できないことがはっきりしただけではないか。

但し、あるGHQの高官と伊藤律が会っていた(スパイという意味ではなく)ことは、伊藤律自身が認めているということは最近見つけた。(「生還者の証言」145p)

矢板玄の証言よりも気になるのは、「最後の証言」の書き方から考えると、柴田哲孝は伊藤律スパイ説が崩壊しているのを知らないで書いていたのではないかということだ。「最後の証言」の単行本が出たのが2005年なのに、そんなことがあるのだろうか。

生還者の証言―伊藤律書簡集

生還者の証言―伊藤律書簡集

[] 『偽りの冤罪』出版記念講演会 00:29

4/20、白鳥事件『偽りの冤罪』出版記念講演会に行ってきた。

昨年の「白鳥事件60年目の真実」と同じ明治大学リバティータワーで、講演者は宮崎学、渡部富哉、篠田正浩、伊藤淳。

映画監督の篠田正浩は、ゾルゲ事件に詳しいという理由で呼ばれたのだろうか、講演時間が一時間もあったのに15分オーバーして、しかも詰まらない話をしていた。

伊藤淳氏は、北京に伊藤律を迎えに行ったときの様子と、松本清張「日本の黒い霧」について文芸春秋と交渉した結果の報告。(文芸春秋が注釈を付けた改訂版を出すことで決着)

宮崎学の話が一番面白くて良かった。講演時間が30分しかなくて明らかに時間が足りないにも関わらず、終了時間が来ると自分で話を終わらせた。

どうでもいいことだが私は90年代後半の時期に、宮崎学のホームページをよく見ていた。グリコ・森永事件の犯人「キツネ目の男」として疑われたことをパロディにして、グリコのマークで飾ったり、「けいさつのあほどもえ」と書かれていたのが面白かった。そのホームページの中に、「正義を叫ぶ者こそ疑え」という言葉がキャッチコピーのように書いてあった。その後、世の中で何か起きると、この言葉を思い出すようになってしまった。

Connection: close