Hatena::ブログ(Diary)

熊おやじの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-11-03

エヴァンゲリオンと実存主義

 境界性人格障害などの人格障害の増加は、こうした実存主義的な価値観の浸透とリンクした現象に思える。また、実存主義的な価値観が、現代人の自己愛的な精神構造とうまくマッチし、互いを強化し、人格障害的な行動様式を促進していると考えられる。かつては、不道徳とされた、自己愛的な行動も、「自分に素直に生きろ」「今を輝け」という心強いスローガンに守られて、大きな顔でまかり通ることになるのである(岡田尊司『人格障害の時代』平凡社新書、2004年、p182)。


*「テーマはアダルトチルドレン」というアニメ新世紀エヴァンゲリオン』でも、境界性パーソナリティ障害とグノーシス的=実存主義的な世界観とがリンクしていたと思います。

どいどい 2016/11/16 17:10 「エヴァ」の元ネタのひとつである精神科医R.D.レインの著書に登場する
分裂病(統合失調症)の人(の多く?)は今の観点でみると境界例の人だ
ったと言われているそうです。
制度的な精神医学を批判し、晩年はアルコール依存症に陥っていたレイン
自身、境界例的な傾向を持っていた人だったのではないでしょうか?

kkumatakkumata 2016/11/17 07:23 精神科医は、「自分が専門とする疾患に似てくる」と言われています。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kkumata/20161103/p2