Hatena::ブログ(Diary)

熊おやじの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-03-11

ダメでもともと医学

 こんなことは別に二重盲検して調べることではありません。私は、「証拠にもとづいた医学EBM)」とともに、「ダメでもともと医学」というものがあってもいいと思うんですよ。「ダメもと医学」ですな。英語でどう言うのかわかりませんけれど、とにかくお金がかからず無害なことならいい。野球でも打率三割なら立派なんですよ。「夢に出てきたらすぐに私に言ってくるように」といっても幻聴や妄想を強めることはありません(中井久夫『こんなとき私はどうしてきたか』医学書院、2007年、p41)。


*「ダメもと医学」は上手い。「信仰治療(宗教による病気治し)」はその典型でしょう。

2016-03-10

人助けたら我が身たすかる

 確か雑誌『すきっと』で、天理教信者でもある阪大医学部教授が、「ちょっと体調がすぐれないときには、人助けしてみなさい」とアドヴァイスしていました。医学的にも、一理ある意見だと思います。少なくとも、薬の副作用を含め、害はないでしょう。


不安障害の信仰治療についてー天理教の事例からー」

http://d.hatena.ne.jp/kkumata/20110907/p1

2013-09-11

ダメもと医学

(前略)私は、「証拠に基づいた医学EBM)」とともに、「ダメでもともと医学」というものがあってもいいと思うんですよ。「ダメもと医学」ですな。英語でどう言うのかわかりませんけれど、とにかくお金がかからず無害なことならいい。野球でも打率三割なら立派なんですよ。(後略)(中井久夫『こういうとき私はどうしてきたか』医学書院、2007年、p41)。


*宗教による病気治し(「信仰治療」)は、中井さんのいう「ダメもと医学」なのでしょう。