Hatena::ブログ(Diary)

熊おやじの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-05-30

Basic Fault

 ただ、氏には、何の瑕疵も全く無いかと言えば、この私にも、一つだけ指摘できることがある。それは、バリントの主著《Basic Fault》を氏は《基底欠損》と訳された。私からすれば、此の「欠損」という訳はいただけない。なぜなら、欠損とは、「根本的に欠けている」という意味であり、もう補いようがないからだ。テニスのフォールトだって、ルール上、線の外にでただけであって、ボールが無くなるわけではない。第一、地質学では、これを《断層》と訳している。だから、私は、《基底断層》としたい。「ズレている」だけなので、何らかの工夫さえすれば、繋がる可能性の余地があろうからである(山中康裕「中井久夫氏の人と書物のことなど」『中井久夫精神科医のことばと作法』河出書房新社、2017年、pp.86-87)。


*確かに、中井久夫氏は精神分析家バリントのいう“Basic Fault”ー精神医学でいう「境界例」と重なるところが多いーの治療に関しては、ペシミスティックすぎたのかもしれません。

バランスのよい生き方

 アルコール依存症であることを認めた断酒会員にとって、次の大きな障壁は「第二の否認」です。「第二の否認」に向き合うことは、素面の自分に向き合うこと。素のままの自分に向き合うことは身を切るように苦しい作業です。しかし、この作業によって「断酒」が確実に保証され、その先に未知の人生が開けるならば、どうしても乗り越えなければならない壁といえましょう。

 「第二の否認」への取り組みは、ものの考え方や行動の変化となって現れます。その結果、断酒、家族、断酒会、地域・職場など、自分を取り巻くあらゆる世界との関係性が変わっていきます(全日本断酒同盟パンフレット「『二つの否認』を解く」)


*断酒会が、AAと同様、宗教たるゆえんです。

2017-05-22

よく来たね。久しぶりだね

 たとえばテクニックの部分で、患者さんと会うときは言葉にしなくていいから、「よく来たね。久しぶりだね」と呟きながら会いなさい、と。すると顔が懐かしそうな表情になっていい感じになるのだと。この内言をうまく使うという手法は中井さんがよく書かれるんですけど、これは本当に優れた方法で、汎用性が高く日常生活でも使えると思います(松浦&齋藤「中井久夫の臨床と翻訳」『文芸別冊 中井久夫精神科医のことばと作法』河出書房新社、2017年)。


*大学教育の現場でも、応用できそうです。

2017-05-19

断酒と中動態

 私が禁酒してアルコールをやめたのか(能動態)、アルコールが心筋症という形で私を見放したのか(受動態)、私とアルコールとが切れたのか(中動態)―考えれば考えるほど、断酒という「依存症からの回復」は、能動態でも受動態でもなく、「中動態」の世界であるように思います。依存症は、近代的な「コントロールする主体」がフィクションにすぎないことを教えてくれる病気です。

2017-02-23

依存症と「正直」

「人はなぜ依存症になるのか」

 断言できるのは、決して快楽を貪ったからではないということである。むしろ、そもそも何らかの心理的苦痛が存在し、誰も信じられず、頼ることもできない世界のなかで、「これさえあれば、何があっても自分は独力で対処できる」という嘘の万能感で自分を騙し続けたことー私にはそれが依存症の根本的な原因であるように感じられる。

(中略)

 逆にいえば、依存症からの回復にはこうした「嘘」を手放す必要がある。事実、多くの援助者や回復した当事者が、依存症からの回復で重要なのは「正直さ」であると口をそろえているし、私自身も臨床経験を通じてそのことを実感している(松本俊彦『依存という心理ー人はなぜ依存症になるのか』「こころの科学182」、日本評論社、2015年7月、p16)。


*依存症からの回復においても、「正直」という道徳が必要だということ。各種依存症の患者のための自助グループ(宗教)には、患者に「正直」になれる場所を提供しているという面があるのでしょう。

2017-01-28

W・ジェィムズの告解論

アングロ・サクソン人種の教団において告解の習慣が完全に廃れてしまったのは、少し理解しがたいことである。(中略)たとえ告解を聴く耳が聴くだけの価値のない耳であったとしても、もっと多くの人々が自分の秘密の殻を開いて、膿のたまった腫瘍を切開して楽になるようにすべきではなかったか、と人々は考えるに違いない。カトリック教会は、明らかに功利的な理由から、一人の司祭への耳語的な告解に代えて、いっそう徹底した公の告解を採用した。私たち英語を話すプロテスタントは、私たちの性質が一般に自力本願的であり、非社交的であるところから、私たちの秘密を神だけに打ち明ければ十分だと思っているようである(W・ジェィムズ『宗教的経験の諸相(下)』岩波文庫、1969年(原著1901-1902年)、pp.305-306)。


*W・ジェィムズの告解論。現代日本の仏教界における「傾聴」ボランティアやアルコホリクス・アノニマス(AA)などの自助グループにおける体験談活動、天理教における「聴きだすけ」を考える上で示唆的です。

2017-01-13

W・ジェイムズのポジティヴ・シンキング批判

(中略)彼(熊田注―ホイットマン)の楽観主義はあまりにも気ままであり、反抗的である。彼の福音にはむやみに強がっているようなところがあり、どこか気どったゆがみがあって、これが、楽観主義への素質を十分もっていて、重要な点においてホイットマンが預言者の正統に属することを、大体において認めようとしている多くの読者に対してすら、その影響力を減じているのである(W・ジェィムズ『宗教的経験の諸相(上)』岩波文庫、1969年(原著1901-1902年)、p135)。


*「悪の不在を誇張する」ポジティヴ・シンキングに対する、手厳しい批判です。この批判は、生長の家の開祖・谷口雅春に対しても、そのままあてはまりそうです。しかし、こなれていない訳文ですね。

2016-12-21

不安と依存症

ではなぜ依存症者は陶酔感を求めるのか/素面(現実)への不安感・空虚感を否認するためです/現実生活での不安・淋しさ・怒り・抑うつ等に直面して自分が壊れてしまうのを防ごうと自己防衛しているわけです(吾妻ひでお『アル中病棟』イーストプレス、2013年、p217)。


 AAやその影響を受けた自助グループが、参加即(同病の)人助けをさせることは、「人助けすると自分の不安が消える」ことにもよるでしょう。


「不安障害の信仰治療についてー天理教の事例からー」

http://d.hatena.ne.jp/kkumata/20110907/p1