Hatena::ブログ(Diary)

熊おやじの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-05-30

Basic Fault

 ただ、氏には、何の瑕疵も全く無いかと言えば、この私にも、一つだけ指摘できることがある。それは、バリントの主著《Basic Fault》を氏は《基底欠損》と訳された。私からすれば、此の「欠損」という訳はいただけない。なぜなら、欠損とは、「根本的に欠けている」という意味であり、もう補いようがないからだ。テニスのフォールトだって、ルール上、線の外にでただけであって、ボールが無くなるわけではない。第一、地質学では、これを《断層》と訳している。だから、私は、《基底断層》としたい。「ズレている」だけなので、何らかの工夫さえすれば、繋がる可能性の余地があろうからである(山中康裕「中井久夫氏の人と書物のことなど」『中井久夫精神科医のことばと作法』河出書房新社、2017年、pp.86-87)。


*確かに、中井久夫氏は精神分析家バリントのいう“Basic Fault”ー精神医学でいう「境界例」と重なるところが多いーの治療に関しては、ペシミスティックすぎたのかもしれません。

バランスのよい生き方

 アルコール依存症であることを認めた断酒会員にとって、次の大きな障壁は「第二の否認」です。「第二の否認」に向き合うことは、素面の自分に向き合うこと。素のままの自分に向き合うことは身を切るように苦しい作業です。しかし、この作業によって「断酒」が確実に保証され、その先に未知の人生が開けるならば、どうしても乗り越えなければならない壁といえましょう。

 「第二の否認」への取り組みは、ものの考え方や行動の変化となって現れます。その結果、断酒、家族、断酒会、地域・職場など、自分を取り巻くあらゆる世界との関係性が変わっていきます(全日本断酒同盟パンフレット「『二つの否認』を解く」)


*断酒会が、AAと同様、宗教たるゆえんです。

2017-05-22

よく来たね。久しぶりだね

 たとえばテクニックの部分で、患者さんと会うときは言葉にしなくていいから、「よく来たね。久しぶりだね」と呟きながら会いなさい、と。すると顔が懐かしそうな表情になっていい感じになるのだと。この内言をうまく使うという手法は中井さんがよく書かれるんですけど、これは本当に優れた方法で、汎用性が高く日常生活でも使えると思います(松浦&齋藤「中井久夫の臨床と翻訳」『文芸別冊 中井久夫精神科医のことばと作法』河出書房新社、2017年)。


*大学教育の現場でも、応用できそうです。

2017-05-19

断酒と中動態

 私が禁酒してアルコールをやめたのか(能動態)、アルコールが心筋症という形で私を見放したのか(受動態)、私とアルコールとが切れたのか(中動態)―考えれば考えるほど、断酒という「依存症からの回復」は、能動態でも受動態でもなく、「中動態」の世界であるように思います。依存症は、近代的な「コントロールする主体」がフィクションにすぎないことを教えてくれる病気です。

2017-05-04

アルコール依存症とジェンダー

西原 圧倒的に男性のほうが多いのは、やっぱり、男性のほうが生きづらい世の中だからということかな。おまけに男の場合は、周囲の女性、奥さんや母親がイネーブラーになって支えてしまうし。

――女性が依存症になったときには、男性が支えたりしないですか?

西原 支えませんね。男はこれ幸いと次の女をつくるのよ。

吾妻 女性は酒を飲む機会も少ないし、強要もされないからと、かつては言われていましたけど、今はあんまり関係ない気もしますね。

西原 酒を飲む女は、もうたくさんいるよ。

月乃 それでも、比較すればまだまだ社会的に酒を飲む習慣は少ないでしょう。シャブ中がシャブを打つ環境がないとならないのと同じようなことじゃないかな。アルコールじゃなく、別の依存症になる人が多いようです(西原理恵子・吾妻ひでお『実録!あるこーる白書』徳間書店、2013年、p107)。


*カウンセラーの信田さよ子さんが、「男性のイネーブラー」について分析していましたが、まだまだ例外的な話なのでしょう。

2017-04-28

一人でいられる能力/二人でいられる能力

 第八は、一人でいられる能力である。これはウィニコットが唱えて有名になった。私は、これに二人でいられる能力を付け加えたい。この両方が境界例には障害がある。二人でいて満足したらあんなに長く二人でいることを欲求するまい(中井久夫『精神衛生の基準について』「『つながり』の精神病理」ちくま学芸文庫、2011年(初出1985年)、p245)。


*「一人で見るのが儚い夢なら、二人で見るのは退屈テレビ」(井上陽水)。これは、境界例的な感覚でしょう。

2017-02-23

依存症と「正直」

「人はなぜ依存症になるのか」

 断言できるのは、決して快楽を貪ったからではないということである。むしろ、そもそも何らかの心理的苦痛が存在し、誰も信じられず、頼ることもできない世界のなかで、「これさえあれば、何があっても自分は独力で対処できる」という嘘の万能感で自分を騙し続けたことー私にはそれが依存症の根本的な原因であるように感じられる。

(中略)

 逆にいえば、依存症からの回復にはこうした「嘘」を手放す必要がある。事実、多くの援助者や回復した当事者が、依存症からの回復で重要なのは「正直さ」であると口をそろえているし、私自身も臨床経験を通じてそのことを実感している(松本俊彦『依存という心理ー人はなぜ依存症になるのか』「こころの科学182」、日本評論社、2015年7月、p16)。


*依存症からの回復においても、「正直」という道徳が必要だということ。各種依存症の患者のための自助グループ(宗教)には、患者に「正直」になれる場所を提供しているという面があるのでしょう。

2017-02-22

元名大女子学生の公判

 元名大女子学生の殺人事件、被告の精神鑑定は、検察側・弁護側3人ともに診断は「発達障害(素人でもわかる)と双極性障害の重複障害」だったのに、責任能力については、ある(検察側)・ない(弁護側)と意見が割れました。発達障害が犯罪を生むのではなく、発達障害の患者を取り巻く人間関係の希薄さが犯罪を生むのです。無罪判決と、被告の社会的更生を祈ります。