Hatena::ブログ(Diary)

プログラミング言語を作る日記

2016-08-03 シン・ゴジラ観た

[](ネタバレ注意)シン・ゴジラを観たのだけど、いろいろ気になって気になって

シン・ゴジラ、公開2日目7/30にIMAXで観てきました。

Twitterでもはてな界隈でもかなり話題になっていて、なんか書くなら今しかないか、ということで書きますよ。

私は、エヴァも観てるしトップをねらえに至っては特に5話6話なんてだいたいセリフ暗記してるような人間なので、シン・ゴジラも、ああ庵野監督の映画だね、ということでおおむね楽しめましたが、あまり一般受けする映画ではないのではないかなあと思った。なにせ視点のほとんどは現場でなくて会議室ですし、おっさんの顔のアップばかりで、なんというか、暑苦しい。

ただ、私が観てて気になったのはそんなことではなくて。

以下、ネタバレ注意!!

ゴジラには、通常兵器が効いたわけですよ。大型貫通弾MOP IIで背中の外皮に穴を開けて出血させるところまではできていた。もちろん、この攻撃のあと、ゴジラのビーム攻撃で手痛い反撃を食うわけですが、このビーム攻撃にはエネルギー制限があって、そう連続して撃ち続けられるわけではないことは劇中で語られている。だったら、血液凝固剤作戦の序盤で実際にやったように、在来線爆弾とかで連続攻撃を加えてビームを使いきらせた状態でMOPを大量にぶち込んでいたら、何も核を使わなくても殺せたのではないか。いや、それで殺せるかはともかく、あんなの街中に2週間も放置するか?

こういうことが気になってくると、普通なら「まあ娯楽映画だしな」で流せることも気になってしょうがない。血液凝固剤、あんなものを口からホースで流し込んだとして、普通、飲むか? 酔いつぶれた酔っ払いに水を飲ませようったってそううまく飲んでくれるもんじゃない。微量でも喉を通れば殺せるようなものならともかく、製造が間に合わなくてフランス経由で核使用を1日待ってもらったぐらいだから、製造した量の大部分(劇中では70%と言ってたっけ)が飲み込まれなければいけないんだろう。到底可能とは思えないし、だいたい敵は口からビームを吐くのに口元に悠長にクレーン車集合させてどうしようって感じだし(実際ビーム吐かれてたし)、だいたい口を閉じただけで終わりではないか(実際口閉じてたし)。

それにあれ、一貫して「血液凝固剤」と呼ばれてたと思うんだけど、なんで最後は凍るんだよ。

そもそもの話として、ゴジラは何しに東京に来たんだっけ。別に目的はなく迷い込んだだけかもしれないけど、途中で冷却のために海に戻って、それからまた上陸してきたんだから何かしらの目的があるはずだよね。たとえば、原発の核燃料でも食いに来たのなら、うまいこと撒き餌して海に戻ってもらう、という方法も取れたのではないか。そういうことを劇中でだれも言いださないのも不思議であった(海に戻った理由は気にしたくせに)。

こういうことが気になってくると、なかなか素直に楽しめないものです。

なお、公開2日目7/30 18:00〜の回(109シネマズ名古屋IMAX)では、上映後、特に拍手は上がりませんでした。エヴァ破の時には拍手があった*1から別に名古屋人がノリが悪いというわけではないと思いますが。

さて、最近のブログ記事では、何かしらかこつけて拙著「Webサーバを作りながら学ぶ 基礎からのWebアプリケーション開発入門」の宣伝をしてきたのですが、今回ばかりはかこつけるネタも見当たらないけど宣伝はするよ!

よろしくお願いいたします。

*1:Qの時は困惑したようなどよめきだけであった。

2011-08-08 祝! はてなブックマーク改悪状態からおおむね復帰

[]祝! はてなブックマーク改悪状態からおおむね復帰

3ヶ月放置したら広告が出るんだったっけ、と思ってたら本当に出たので間に合わせの記事ですが。

はてなブックマークの各エントリのページに「人気」「新着」のタブがつき、「新着」を選べば、コメントつきのブクマの全件を一覧表示できるようになりました。かつ、一度「新着」を選べばブラウザが覚えていてくれるので、これならほぼ以前のはてブと同様の感覚で使うことができます。

最初、「新着」タブで表示されているのが「コメントつきのブクマ全件」であることに気付かずに、「まあ改悪かよ!」と思ったのですが、これなら許容範囲です。

正直、本当は元に戻してほしかったですが、一応喜んでおきます。

2011-04-10 寄付で売名もできないこんな世の中じゃ

[]寄付で売名もできないこんな世の中じゃ

id:Dr-Seton さんのところのエントリに便乗し、日本赤十字に義援金を送ってきました。

皆様にお願い - シートン俗物記

f:id:kmaebashi:20110410065021j:image

私が確認した時点で1355ブクマだったので、それ×100円分。今はなぜかひとつ減って1354ブクマになっていますが。最初の24時間くらいはブクマ数がむくむく伸びていて、それはドキドキしましたとも。最終的な金額は、まあ「ただちに生活に影響がでるものではない」金額ですのでご心配なく。

それにしても、今回のシートンさんのところのブックマークコメントでもそうですが、この手の話になるとやれブクマ稼ぎだの黙ってやれだのの声が出てきて閉口します。というより私がこれに便乗して募金する気になったのは、id:temtanさんの以下のコメントが原因です。

temtan (´Д`)y-~ いいからとっとと自分が出来る募金をしろよ。それとも自分の自己顕示欲を満たさないと禄に募金もできねーのか?ありえないとか言ってる癖に大怪我を防ぐ予防線張ってるのも見事に糞 2011/03/31

「見事に糞」とまで言いますか。

メタブクマではこれ。

はてなブックマーク - はてなブックマーク - 皆様にお願い - シートン俗物記

temtan (´Д`)y-~ わかった、「募金を利用して自分の自己顕示欲を満たしたいけど出した金額に見合った満足度じゃないと嫌だし、自分が許容できない金額も出したく無い」って見えるからむかつくんだ.

自己顕示欲だろうが売名だろうがそれで被災者の方が助かるのならよいのでは、と思いますし、そもそも私には自己顕示欲を満たそうとしたり売名したりブクマ稼ぎしたりすることの何が悪いのかがわかりません*1。それなりの金額を募金するのなら、金額を含め、公開でやったほうが「あの人があんなに募金したのか。じゃあ私も募金しよう」的な効果が期待できるはずです。もちろんそれの度が過ぎて、「募金しない奴は非国民」みたいな同調圧力が高まってしまったら息苦しいですが、現状、募金しているほうが『見事に糞』と罵られている状態です。これはいくらなんでもおかしい。

実のところ私は、被災者支援などということは本来税金で行うべきことで、義援金のようなものをあまり当てにするようになってしまったら困ると思います。それもあって、あまり募金を人に勧めようとは思わないのですが、募金する方を非難するのはさらにどうかしている。それが宣伝や売名と紐付いていたとしても、それによるマイナス面は何もない。

というわけで私も宣伝するよ!

ネタがネタだけに興味を持つ人は限られるのかもしれませんが、型なし言語、静的型付け言語それぞれについて実際に言語を作りながら解説していますから(ソースはWebからダウンロードできます)、言語作りに興味のある方は一読されても損はないと思います。正直、そんなに売れてないので私としては是非売れてほしい本です…… よろしくお願いいたします。

その他、現在ふつうに入手可能な既刊本が以下。

こっちは現在amazonに在庫なし?

追記:今回件のエントリーをブクマされた方に言いたいのですが、ブクマしたことで100円募金した気にはならないでくださいね。だって募金してないし。

追記2:今回の件でシートンさんを批判したのはtemtanさんだけじゃないですが、一番言葉が汚いと思ったので代表として選択しても問題ないと判断。

*1ブクマ稼ぎについては、spamになってしまえば問題ですが、今回のケースではそれに当たらないでしょう。

2011-03-02 「カレー無料法」は思考実験にも何にもなってない

[]「カレー無料法」は思考実験にも何にもなってない

mojixさんの記事:

もしも「カレー無料法」ができたら - モジログ

いやさ、mojixさんはどうせいつもこんな感じなのだけども、賞賛しているブクマコメントが多いのに引いた。

はてなブックマーク - もしも「カレー無料法」ができたら - モジログ

これを「思考実験」と言うのなら、ある状況を仮定したとき次にどのような状態になるのかを論理的に説明できなければいけないでしょう。この例では、

『「お金のない人にも、せめてカレーくらい食べさせてあげよう」という趣旨のもと「カレー無料法」が制定され、政府が一食500円の補助金を出して飲食店にカレーを無料で提供させる』

という状況を仮定しています(その前の、補助金なしでカレーを無償提供させる例はあまりにも非現実的なので割愛)。

もし本当にこんな状況になったら何が起きるか。mojixさんの言うように、みんなカレーばかり食べるようになって他の飲食店が壊滅するのか。

んなわきゃない。当たり前だが、500円の補助金で無料で提供できるカレーには、500円以上の価値はない。店が架空請求でもしない限り、500円の補助金をもらうためには、材料費と人件費をかけてカレーを作り、広告し、店舗を構えて、カレーをお客さんに実際に食べてもらわなければならない。よって、売値で500円以下のカレーでなければ商売にならない。「(売値500円以下の)カレーならただで食えるとしても、金払ってもいいから他のものを食べたいと考える人」は別の店を選ぶはずだ。市場原理ってそういうもんだろう。

牛丼屋のように、もともと単価の安い店とは競合するかもしれない。しかし毎日カレーじゃ誰だって飽きるし、タダのカレーを提供する店はホームレスさんとかが主な客層になりそうだから*1、ある程度お金のある人はそういう店は避けるだろう。ホームレス向けの炊き出しは、別に「ホームレスであることの証明」を求めたりはしないから、たとえば私が列に並んだって何か食べ物をもらえるんだろう。だからって私は並ぼうとは思わない。そういう話。

ところで、上記仮定では「補助金が500円であること」が前提になっている。これは、もともとの想定が、「お金のない人にも、せめてカレーくらい食べさせてあげよう」という趣旨の法律だから、まさか補助金を3000円にするわけにはいかなかった、ということだろう。いやさもちろん実際には500円でも世論の支持は得られるわけがないんだけどそれはさておき。もしこれが、「カレー大好きな王様が、何が何でも国民にカレーを広めようと、カレーに限り1食あたり3000円の補助金を出した」ということだと話が変わってくる。補助金が3000円出るんなら、本来1000円のカレーを出しても2000円余計に儲かる。カレーばかりじゃ客も飽きると思うけど、「本来1000円の価値のランチの端っこにカレー粉をかけてカレーだと言い張る」という手も使えるかもしれない。こういう状況なら、確かにmojixさんの危惧する状況が起きるかもしれない。

でも、そんな状況、ありえないでしょ。

mojixさんがこのたとえ話において「お金のない人にも、せめてカレーくらい食べさせてあげよう」というカレー無料法の趣旨、および500円という補助金の金額を設定したのは、「これぐらいの設定ならまあ無理がないだろう」という想定があったわけでしょう(もちろん実際には1食500円の補助は世論の支持は得られるわけがないんだけどまあ3000円よりはマシだ)。しかし、この設定の上では、mojixさんの「思考実験」におけるその後の展開には無理がありすぎる。

わかってやってるのなら読者をだます行為ですし(だまされる方がひどい、というレベルですが)、本人もこれを信じちゃってるのだとしたら――ちょっともう救いようがないとしか言いようがない。

参考:

「カレー無料法」の馬鹿馬鹿しさは比喩の馬鹿馬鹿しさだ - 紙屋研究所

*1:「お金のない人にも、せめてカレーくらい食べさせてあげよう」という趣旨の法律なのだから、身なりが汚いからって入店を拒否することはできないはずだ。

2010-11-25 Twitterって不便じゃね?

[]Twitterって不便じゃね?

ここんとこブログも書かずにネット上で書くものといえばTwitterぐらい、という状態が続いているのに言うのも何ですが。

Twitterって、これほど使われているサービスにしては、あまりに不便で低機能じゃないですかね?

文字数制限

まず、普段使ってて、一番不満に思うのがこれ。

「何言ってるんだTwitterは140文字制限があるから気楽につぶやけるんだろ」という反論があるのはわかるし、そういう面があるというのは理解はできるんですが、それでもやはり、システム屋としては、システムの制限をメリットとみなすのはおかしいと思う。なにしろ1万文字書き込めるシステムで140文字だけつぶやくことはユーザの選択でいつでもできるのに対し、その逆はできないのであって、ユーザに気楽につぶやいて欲しいならそのように機能を使いやすくすればよい話だろう。仮に制限をかけるとしたって、たとえば「URLは常に1文字とみなす」とすれば、クリックするまでどこに飛ばされるかわからない短縮URLを使う必要もなくなる。

なにせ今でも140文字制限がある中、わざわざ「…(続く)」「…(続き)」とか付加して長文を書く方もいらっしゃるわけで、それぐらいなら最初から長文が書けるほうがいい。ていうか、そんな長文書くのならブログに書けばいいじゃないですか高木先生。

過去ログが追えない

たとえば、日々面白いことをつぶやいている人を最近知ったとして、その人の過去発言を全部読みたい、と思ったとする。「http://twitter.com/somebody」の形式でその人の発言の一覧は見られるけれど、過去発言を遡るとき、Webのインタフェースでは「もっと見る」のボタンしかなく、しかもそれがAJAXなもんだから、「今晩は眠いからここまで。続きは明日」というとき、今の箇所(あるいは「今の箇所に近い箇所」)をブックマークとかで覚えておくことができない。また、途中でうっかり@とかのリンクを踏むと、ブラウザの「戻る」で戻っても、元のところに戻れない。

クライアントによってはこのあたり便利になっているのかもしれないけれど、一番標準的な、Webのインタフェースがこれなのはどうなのかなあと。

議論の流れが追えない

致命的だと思うのがこれ。

誰かの意見に反論しようと思ったとき、返信機能を使うと、それは相手*1にしか読まれない。公開の場で書き込まれた意見に反論する際は、その反論も公開する、というのは、議論の形としてそこそこ一般的なルールなんじゃないだろうか。だいたいにおいてWeb上の議論なんてのは、相手を納得させようとしてするものではなく(そんなことは多くの場合不可能だ)、ギャラリーに向けて行うものだ、という面もある。

その点、Twitterでは、公開の形で反論なり言及なりしようと思ったら、非公式RTとかQTとかの形で引用して発言するしかないのだけれど(そしてWebのインタフェースには引用を簡単に行う方法がないのだけれど)、引用するとすぐに140文字の制限にひっかかるし、それにより何より元発言とのリンクが切れる(ですよね?)。これは、本当に致命的。これでは、RT続きで何らかのツイートが漂ってきたとして、そのソースを確認することすらできない。

Twitterは議論する場ではないのかもしれないけれど、馬鹿話をする場合でも、たとえば今晩 id:tikani_nemuru_M がやってたらしいビキニアーマーな80年代アニメの話について興味があるから追っかけたいと思ったらどこからどう追えばよいのか。「ファンドラを忘れてませんか?」というツッコミを入れたいときどうすればよいのか。

発言されてすぐなら、@だれそれ から発言者のつぶやき一覧を見ればある程度は追えるけれども、つぶやきが多い人の場合すぐ流れてしまう。また、返信機能であれば元発言が追えるけれど、そういう場合、他の人への返信とかもあるはずだからその人の前後の発言も見たいことがある。なのにTwitterでは、個別のツイートを表示させたとき、「前へ」「次へ」のリンクすらない。

クジラ

ええ、最近は以前ほどは見かけなくなったことは認めますよ。はい。

たいてい、この手のサービスは、「低機能であれなんであれ一度ユーザを取り込んだ者勝ち」という側面がありますが、Twitterの場合、API等々が公開されているがゆえに「新アプリHogetterにつぶやけばTwitterにも自動的につぶやく」という機能は簡単に実装できそうで、だったら集めたfollowerも無駄にならないわけで、そういう方向のサービスとかないんですかね?

*1:もしくは自分と相手の両方をフォローしている人