Hatena::ブログ(Diary)

kom’s log


- きみ、そこはきみの家ではないのだよ - ミラン・クンデラ


23-04-2004

昨日オランダ人の同業者と飲んでいて、住宅の話になった。オランダ人は家の窓にカーテンを下げず、外から家の中が丸見えの家が多い。なかなか妙な文化だな、と思うのだが、プロテスタンティズム由来の相互監視なのだそうだ。売春やクサが合法であることと、対応関係にあるように思える。

また別の話だが、フィラデルフィアの学会から帰ってきたドイツ人の友人が、目下のアメリカのセキュリティ体制の厳しさをいろいろ報告してくれた。ベルリン出身の彼の印象は、今の米国入国審査は壁があった時のベルリンそっくり、だとか。冷戦の壁はなくなったが、テロの壁、があらたに構築されつつある。

[] 迷惑話の続報。  迷惑話の続報。を含むブックマーク  迷惑話の続報。のブックマークコメント

たばこがなければ、毎年9万人がん患者減 厚労省研究班

タバコを吸うとガンになりやすい。OK、わかった。でもこのステートメントが、国の健康保険医療予算を、「自覚が足りない」ために浪費する迷惑者達への苦情、ないしは国に迷惑をかけないために喫煙をしてはいけないというロジックに成りかわるまで、わずかあと一歩である。だとしたら、喫煙者達は「私たちは寿命が短い。年金受給総額が少ない」とでも反論するしかなくなる。喫煙にかぎらず、このような議論の枠組みの発展には、少々敏感になってしまう。

[] 「俺たち、話が合うね」  「俺たち、話が合うね」を含むブックマーク  「俺たち、話が合うね」のブックマークコメント

「普通の女の子として生きにくいあなたへ」というサイトがあって、かなり以前から読んでいる。更新頻度は低いのだが、簡潔で明解な文章にいつも感心する。時々、男を批判するその内容があまりに図星で的をついていたりするので、ショックでしばしトラウマになることもある。

一番新しい項が相性のことで、知り合ってまもない男が「俺たち、話が合うね」と言い出す話。その言葉をきっかけに話は展開するが、「俺たち、話が合うね」と発話するそのこと自体に私はひっかかった。私自身のことを振り返って考えると、このようなコメントをしたことは、たぶん一度もない。いやはや、臆面もなく、本当に世の中の男たちはこんな恥ずかしい言葉を口に出しているのだろうか、と私はおおいに疑問を持ってしまったのだが、たぶんこの筆者が一般論として書いているんだから、本当に言っているんだろうなあ、と思い直す。で、そこから私は、はたと自分に戻る。もしかしたら私も口走ったことがあるのかもしれないのであり、忘れているだけなのかもしれないのだ。そう思うと、私は恥ずかしくて一人で穴に入りたくなってしまうのだった。

flapjackflapjack 2004/04/24 20:31 イギリスにも、わざとカーテンをあけておくという習慣はあるみたい(これは、とくにミドルクラスの住むエリアにいえるんだけど、それは単純にそういうエリアでないと泥棒がはいりやすくて家のなかを外にみせられないということだと思う)。ある意味、ムラ的相互監視にもみえるけど、逆に日本にはそういう習慣はないわけだから、ぜんぜんちがったモノなのだろうなと思う。もう少し考えてみると面白いテーマかもしれないなあ。

sujakusujaku 2004/04/25 01:04 横レス、ごめんください。英国とオランダは飛行機で1時間の割には、かすかに違いますね。たとえば色感ひとつとっても、ワイン・レッドや、モス・グリーンへの愛着はともにヨーロッパ的なものの、オランダ人は黄色をかなりオレンジ寄りに用いているような。また、英国人は独特なBA の青のような青への好みがあるような。●住み方も同様に、やや違うような。(ただし、どう違うかを指摘できるほどには、オランダを知らず。)いま人気の建築家レム・コールハースの建物に感じられるどん臭さも、ひどくオランダ臭いもので、どうもオランダ的なるものは、現代建築のかっこよさからは、ずれているような。●ただし、そういう美意識のずれも、オランダ人たちの、ヨーロッパ列強のなかでの、ほど良く堅実な(したたかな?)位置取り感覚と、分けては考えられないのでしょうねぇ。●また開いた窓とはいえ、煉瓦の建物の窓は、構造的に、狭く縦長ですからね。

svnseedssvnseeds 2004/04/25 12:00 普通言わないよねえ>「俺たち、話が合うね」。まあそういうこと言いそうな人達って沢山いそうだけどね。

kmiurakmiura 2004/04/26 19:13 flapjackさん>日本の場合は見るんじゃなくて、聴く、という感じですよね。隣の人はなにする人ぞ、みたいな。垣根はあるけど夫婦喧嘩はつつぬけ。

kmiurakmiura 2004/04/26 19:13 sujakuさん>オランダの色使い、というとブルーグレー地に赤、という感じ。オランダっていったら建築ではなぜかすごく盛り上がってますよね。MVDRVとか。バブルが背景にあるとは聞いているけれど、単に資本の問題なのでしょうか。若い人も凄くセンスがいい感じがします。

kmiurakmiura 2004/04/26 19:17 svnseeds> ...いいそうな人がいたら、先手で「俺たちなんか話し合わなくない?わはは。」とつっこもう!▼ところでニュートラル閉店とのこと。あと40日だぞ。

sujakusujaku 2004/04/26 20:48 もしかしてぼくのオランダ観、ぼくのレム・コールハース嫌悪にひっぱられてる?  ヨーロッパ諸地域間の、光の違いと色感差、興味深し。(cf.日本人の青〜緑の連続性。はたまた、日本−韓国−中国の色感差など)

kmiurakmiura 2004/04/26 21:38 却ってズレているからいいのかもしれないです。地理的にはまるで逆の立場の対称関係にスイスがあって、スイスも目下建築が熱い。▼色感覚の違いはおもしろいですよね。虹にいくつ色があるか、とか。光の強さの違いも、おもしろいですねー。ドイツは薄暗いからモノトーンでくすんだ色を着る。街の壁の色とも相互作用して、色の感覚が決定されていっているんじゃないか、なんてぼやっと思っています。カンディンスキーとか、原色なのにくすんでいるのはそんな理由があるんじゃないかなあ、と思う。逆にドイツの人が派手目のものを着たりデザインすると、選択をすごく誤っていることが多い。

svnseedssvnseeds 2004/04/28 00:12 ダメだよ、誰も僕にはそんなこと言ってくれそうにないからなあ。言われても気持ち悪いけど。わはは。▼ニュートラル、そうなんだよ。どうしよう。残念だな。

kodaru4kodaru4 2004/04/29 02:18 中国人の色感は日本人とは全然違うようで、真っ赤と真緑の寺院で、「いやー、落ち着きますねぇ」と言うそうです。漫画家の楳図かずおの色感に近いです。中国人は楳図かずおを見ても奇抜だとは思わず、心和むのかもしれません。いや、中国の服は別に派手とは限らないから、そんなことないか。

kmiurakmiura 2004/04/29 02:48 うーん。私は赤と緑の薄暗い中華料理屋店内に入ると妙に落ち着いてしまうのですが、寺院だとどうなのかなあ。タイの寺院も凄いですね。絢爛豪華。そういえば、大阪と東京の色彩感覚というのもあると思います。大阪の友達が東京に遊びに行って「表参道に行ってみてんけど、地味やったー」と言っていました。

kodaru4kodaru4 2004/04/29 02:55 あ、薄暗いと赤と緑でも落ち着くかも。ちなみに先述の話は大学の中国語の助教授が講義で話してたことです。表参道は、かなり、ちぐはぐな印象を私は受けます。単に派手だとは感じないけど、地味というのとも違うような気がします。


Connection: close