Hatena::ブログ(Diary)

kom’s log


- きみ、そこはきみの家ではないのだよ - ミラン・クンデラ


07-04-2009 彼女が死んだ。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

一ヶ月の間一緒に住んだ。二ヶ月の間、病院で過ごした。短い結婚生活が終わった。

脳幹の梗塞、ということで一度医師団に見放された後に奇跡的に復活したという話はここに書いた。その後の脳の機能回復は私からみるかぎりかなり目覚しく、瞬きを使ってどの曲を聴きたいか、などのコミュニケーションを交わすことができるようになるまで回復した。一方で脳ではなく体の予後が思わしくなかった。初期の激烈な血圧上昇剤投与を停止したことによる副作用と思われる虚血による後発性肝内胆道炎を起こし、おそらくそのことが原因となった肝膿瘍が発症からちょうど2ヵ月後に発見された。細菌の感染も軽微ではあるが、抗生物質で完全に排除することができなかった。脳、肝臓、感染の三つ巴のなかで、治療方針は難航を極め、集中治療室を出ることができずに時間ばかりが過ぎた。この間に私はリハビリについて調べ、特にリハビリの専門家であるバーバラ・ウィルソンの著述に影響をうけ(cf)、ICUにいる段階からのさまざまなリハビリの必要性を深く感じ、自分なりにさまざまな試みを行った。設定したゴールは親子三人で散歩すること。車椅子でも散歩できたら上出来。しかしながら、出産直後5日目におきたクモ膜下出血発症から64日目、多臓器不全で彼女は天に召された。直接の死因は腎臓機能停止による血中カリウムイオン濃度上昇に伴う心不全、心停止である。

死の3日前、ドーレーン設置の簡単な手術直後に起きた脳内出血および肝機能低下によるものと思われる血液凝固機能の極端な低下によって、医師団は彼女がほぼ脳死とみなし、二度目の治療停止をした。私は拍動をキープするためのカテコールアミンの投与続行だけは頑強に譲らず、一日後に彼女は二度目の奇跡的な復活をとげて医師団を驚愕させた。24時間停止された治療は復活し(これも二度目だ)、半日の間彼女は意識を復活させた。その後に彼女は多臓器不全を起こし、腎機能を停止させ、腹部を血だらけの腹水でぱんぱんにしながら凄絶な死を遂げた。奇跡は二度起きた。しかし三度目はなかった。

生理学的にも腎機能停止の致命性はあまりに明白である。でも血を止められないのだから手術もできない。2ヶ月強にわたる激烈な闘病だった。死に際し彼女はウクレレを聴き、友人の励ましとおしゃべりに囲まれ、安らかなその死顔には微笑さえ浮かんでいた。私の心も静かだった。脳を守る。最後まで彼女はやり遂げた。いつからそれが目標になったのかしらないけれど、体が負けたのだったらどこか納得できる。敢闘賞だよ、と冷たくなる手を握りながらつぶやいた。

死亡時刻は先々週の土曜日、22時45分。ヨーロッパが夏の時間に変わる数時間前だった。私が看護士を手伝いながら彼女の体を拭き、最後となった歯磨きをしてやったのは19時だった。すでに意識はないことがうかがわれた。(他人にはわからないかもしれないが、2ヶ月も最小意識状態の人間と付き合っていればそのぐらいわかるようになるのである)。濃い目の緑茶を綿棒につけて口のなかに含ませてやりながら、これで最後かもな、と思った。かろうじて顎をあけることのできた昼の歯磨きのあとの土曜の午後、血圧は少しづつだが確実に低下し続けた。音楽療法を生業とする友人が来訪した。私と彼女は交代でウクレレを弾きながら歌を歌った。彼女の最期が少しでも楽しいものであるように。へたくそな冗談をいくつもいってみた。そのあとで血圧ががくっと下がると、あまりにくだらなくて失望させたか、と頭を抱えた。必死だった。何人もの友人が彼女を励ました。私は死が怖くないことを泣きながら何度も彼女に説明した。

死んだらね、きみの体は小さな分子になって山や川や海や風になるんだ。水になって流れ、風になって空を飛ぶ。空を飛びたいっていってたでしょ。世界中にいけるよ。だから怖くない。こわくないよ。

この言葉を聴いていた音楽療法の友人が曲をつけて歌にしてくれた。友人はその歌をお別れの会でウクレレを奏でながら披露した。あまりにやさしくて悲しくて美しかった。どうにか抑えていたはずの涙が溢れてとまらなかった。

hizzzhizzz 2009/04/07 18:22 ただ、ただ、ご冥福をお祈りいたします。
逝ってしまう者たち、残された者たちへ、自然が優しくありますように。
父と子が、健やかで穏やかな生を営んでいけますように。

chi-chi-chi-chi-chichi-chi-chi-chi-chi 2009/04/07 22:18 父子にとって、母の思い出のみの生活は、他人には、計り知れないものが多々あることでしょう。でも、希望を持ち、たくましく生きてください。お父さん御自身のお身体大切になさって下さい。

zakincozakinco 2009/04/07 23:57 心からお悔やみ申し上げます

sayumayusayumayu 2009/04/08 00:09 何と言ったらいいのか言葉がありません。
私も最愛の妹を亡くして4ヶ月。できることなら本当に代わりたかった。お気持ちお察しします。
今日を大事にお子様の為にもしっかり生きてくださいね。

taketaketaketake 2009/04/08 00:15 いつも拝見しております。良い方向へ向かって欲しいと祈っておりましたが・・・。どうぞたくさん泣いて、たくさん彼女のことを思い出してあげて下さい。

名無し名無し 2009/04/09 02:18 ご冥福をお祈りいたします。
今は無き彼女をこれからも大切にしてください。

hayatohayato 2009/04/09 02:52 ご冥福をお祈りします。

orcaorca 2009/04/09 03:14 驚いた・・・。
だって、彼女、私の友人なのです。
あの芯のとおった柔らかさがほんと素敵だった。あの独特な間合いの優しい声も好きだった。
倒れたと聞いてから2ヶ月、思い出さない日はなかったし、覚悟していたとはいえ訃報には言葉を失った。
先週電車に乗りながら、なぜかふと彼女のことが頭にうかび「その後連絡ないけれどどうしたかな?」と久々に夫に彼女の話をした。その時の窓の外の風景までなぜか鮮明に覚えてる。それがなんとちょうど亡くなった日だと数日後に分かり、やっぱり虫の知らせってあるのだろうか、と思っていた。
そして今日、当時の友人と食事をしながら彼女を偲び、家族はどうされているだろう?という話が出た。すると帰宅後このブログに偶然遭遇。何か目に見えない力があるのだろうかと信心深くない私でもちょっと驚いている。
子はそれ自体が未来。
お二人の今後が幸多からんことを心よりお祈りし、お悔やみの言葉に換えさせて頂ければと思う。

takataka 2009/04/16 01:49 ネットクルージングをしていてたどり着きました。
ご冥福をお祈りいたします。

kmiurakmiura 2009/04/20 19:25 hizzzさん、chi-chi-chi-chi-chiさん、zakincoさん、sayumayuさん、taketakeさん、名無しさん、hayatoさん、takaさん、まとめて、ということで申し訳ないのですが、どうもありがとうございます。お返事遅れてしまいましたが、ぼう然としているときにコメントで声をかけてくれたのは、とてもありがたかったです。

orcaさん

詳しいご報告、ありがとうございます。高校の同級生の方でしょうか。たくさんの寄せ書きや、千羽鶴まで送っていただいて、その結束の固さに私はずいぶん感動しました。「櫻の園」が彼女はとても好きで、よく高校のころの話をしていた。寄せ書きやメールは全部読み上げていたので、3月25日までは彼女は聴いていました。

英語ではニューズレターを200人近くの方々に頻繁に出していましたが、時間ができたらあらためて日本語でまとめて高校や大学の友人・知人に向けて送りたいと思っています。また、彼女が勤めていた事務所とプロジェクトで一緒に働いていたデザイナーの方たちが、彼女の作品をまとめた本を出版する予定です。ドイツ語だと思いますが、できたら日本語にも翻訳できたらな、と思っています。楽しみにしていてください。

ahah 2009/04/24 00:13 大学のサークルの同期が亡くなったと聞き「クモ膜下出血」を調べていたら、たどり着きました。
私が伝え聞いた内容とブログの内容が重なるので、kmiuraさんのお子さんを生んだ方が、亡くなった同期だと思っています。
心からお悔やみ申し上げます。また、お子さんのためにも、ご自身の健康にご留意ください。

学生の頃、彼女はパラグライダーをやっていましたが、そのことを楽しそうに話してくれたのを覚えています。グライダーなしでも飛べるようになった今、風に乗って好きなだけ空を楽しんでほしいと思います。

妙子妙子 2009/04/26 12:28 心からのお悔やみを申し上げます。

妙子妙子 2009/04/26 12:28 心からのお悔やみを申し上げます。

たかやまそらたかやまそら 2010/06/06 20:03 通りすがりのものですが、お悔やみ申し上げます。
ぽっかりあいた心の穴の埋まりようも無い悲しみと
いつまでも続く虚脱感、きがつけば心のどこかが泣き崩れる、
そんなつらさをお察しいたします。いつか向こうへ行けるなら
そのときまでは是非すこやかにお過ごしください。

月子月子 2010/07/27 10:31 ツイッターからたどり着きました。
幸せでしたね。そして今もしあわせですよね。
私は流産と中絶でわが子を5人亡くしています。私に宿った命はこの世の光を見ることなく召されていきました。
産んであげられなかったこと本当に申し訳なく思っています。
お子さんが健やかに育つことを願ってやみません。そしてまた命のリレーを続けいってください。
残せたものは大きいとご伴侶も微笑んでおられると思います。