Hatena::ブログ(Diary)

kom’s log


- きみ、そこはきみの家ではないのだよ - ミラン・クンデラ


30-10-2004

[][] 日本人人質 遺体発見?  日本人人質 遺体発見? - kom’s log を含むブックマーク  日本人人質 遺体発見? - kom’s log のブックマークコメント

Government trying to identify body that resembles Japanese hostage

TOKYO (AP) A body found in Iraq resembles a Japanese civilian taken hostage by Islamic militants and threatened with death, but the government has not yet positively identified it, a Foreign Ministry spokesman said Saturday.

Hatsuhisa Takashima, a Foreign Ministry spokesman, said the body was found near the Iraqi city of Tikrit was being flown to Doha for experts to determine if it was hostage Shosei Koda, 24. The body was found by the U.S. military.

”無謀な旅行者””迷惑者”から実際の犠牲者に転じたことで、拍車のかかっていた讀賣産経ノリの自己責任論には少々ブレーキがかかるかもしれない。そして、自分で赴いたとはいえ日本の戦場であるに他ならない場所で死んだ人間をそれでも冷酷に断罪(ーおそらくは冷たい目ー)するであろう”良識”はさておき、犠牲者の若者が職なしキャリアなしで世間をうろうろするいわゆるニートであったことは注目に値する。ニートが国家と正対面し、接続された瞬間が、この一週間だったのだ。国家の欲望の狭間で自殺するかのように死んだニート、この事実はイラク侵略の非対称な構造と日本国内のエスタブリッシュメントとニートの間の非対称な構造をそのまま反映しているかのように私には思える。現行の国家論理、特に工場経営者と工場労働者の関係を思わせる大日本ファクトリーの論理に従えばニートは生産活動を停滞させる邪魔者にほかならないのだ。春の人質5人と彼らの生き様、イラクにいた理由等から引き比べる論調を眺めるたびに私はそんなことを思う。

ところで今後私は日本政府を慮り、自分自身の行動を慎むべきだろうか。人質にしてください、とばかりにイラクに飛び込んだ犠牲者はいわゆるアホであることに間違いはない。この間の春に人質になった人間がアホである、という意見はそのころに書いたので繰り返さないが、優秀な国民からアホな人間まで、人間の気質性向に広いスペクトラムがある中で、アホな国民は捨て置いてよいという社説が堂々と開陳される様子を眺めるのは上に書いたようによい気分ではない。国に従順なおかつ勤勉でなければ国民としての権利は認められないというならば、封建時代の農奴となにが違うのだろうか。アホな自分を省みてそんなことも私は思う。

[追記]

遺体は別人、というのが上の記事を書いてから24時間後の状況(西ヨーロッパ時間04年10月30日19時)。それにしても当人はどうなっていることやら。

[追記] 11月1日:参考になる記事があったのでリンクします。 pavlushaさんの「“1995年”の向こう側 」

http://pavlusha.exblog.jp/1251936/

[] 国際テロリズム緊急展開班  国際テロリズム緊急展開班 - kom’s log を含むブックマーク  国際テロリズム緊急展開班 - kom’s log のブックマークコメント

なる集団が警視庁にあるそうだが、名前だけ先にみたら、「国際的にテロをすばやく展開させる集団」に読めてしまって、あれ、と思ってしまった。

警察庁テロ展開班がドーハへ=米軍と連携、身元確認へ−イラク邦人人質

synonymoussynonymous 2004/10/30 08:59 自分があほ扱いされかねないのに、糾弾の尻馬に乗れる連中の考え(そもそも考え無し?)がわかりません。

kmiurakmiura 2004/10/31 01:59 糾弾する、という立場にあえて自らを置くことで現実の自分を仮にでも隠蔽ないしは安全地帯に回収させた気分になることはできるかもしれません。アホ呼ばわりされることへの恐怖なのかな。

みおみお 2006/03/09 13:29 神戸の気功師は結局良かったのですよね?名前とか詳しく教えていただいてもよろしいでしょうか?
交通事故で鞭打ちプラスヘルニアになり、半年以上たった今も辛い思いをしています。こないだよーやくよくなっていたところ、カイロを試したら、矯正のあと症状がいっきに悪化。カイロの先生に悪くされたようです。気功を試したいのですが、是非教えてください。

20-10-2004

[][] 日中関係  日中関係 - kom’s log を含むブックマーク  日中関係 - kom’s log のブックマークコメント

政治レベルで言えば、漫画にたいする馬鹿げたコダワリで、フリーのカードを中国に渡しましたってことになるわけで、なんつーかアホです。

Just when it seemed Japan-China ties couldn't get much worse - while it also seemed there were unprecedented opportunities for political improvements to equal the burgeoning economic ties - political relations stumbled back on to the ropes. Last week, Japanese hawks managed to force a popular magazine for young people, Weekly Young Jump, not to publish a "comic strip" depicting the Nanjing Massacre of up to 300,000 Chinese (claiming it didn't really happen), and recently Prime Minister Junichiro Koizumi's heir-apparent himself visited the Yasukuni Shrine where convicted war criminals are memorialized - and he said he'd do it again.

亞洲時報 China-Japan ties back on the ropes

J Sean Curtin

上の記事には、アベシンゾーが、私も靖国参拝します、と公言した点が中国政府にショックを与えた、という点も触れられている。コイズミは変人だから、後任のまともな政治家を待とう、という姿勢だったのだが、どうやらそうではない、ということでショックなのだそうだ。

02-08-2004

[][] 「政治的に偏った映画」 首相が「華氏911」に猛反発  「政治的に偏った映画」 首相が「華氏911」に猛反発 - kom’s log を含むブックマーク  「政治的に偏った映画」 首相が「華氏911」に猛反発 - kom’s log のブックマークコメント

首相は、日本でも近く公開される同作品をみるかどうかについて「その計画はないですね」と述べた。

http://www.asahi.com/politics/update/0802/004.html

見ていないのに反発するほうが政治的に偏っている。

hizzzhizzz 2004/08/03 09:41 自分としてはハグは性別問わずスキンシップな雰囲気を醸し出す親しいひととはするなぁ。その幼児とスキンシップ説は、日本では「3歳児神話」となり、多くの女性をくるしめたのでした。>id:hizzz:20030607#p3 通常スキンシップの習慣がナイから、よけいに「スキンシップしなくてはならない」と欧米並(=文化生活)意識過剰なツケだったのかも? かば焼き薬味実験、こーなったらあらゆるもの試してみませう(笑)。

KAPIBARAKAPIBARA 2004/08/04 01:20 松本先生は突然亡くなられてとてもショックでした。
愛と脳みたいなことを言ってらしたなんて知りませんでした。
クオリアの誰かさんみたいだ(笑)

MIYUMIYU 2004/08/04 21:23 「海の酸性化の話」私の文章まで掲載していただき恐縮しております。有り難うございました。◇今日の話の分、「ゴツゴツした人間に抱きついても」、で針金の母親という話が有ったことを思い出しました。猿の子供に、乳の出る針金の母親人形と乳の出ない布の柔らかい母親人形を与えた所、子ザルはお腹が減ると針金の人形の所で乳を飲み、その他の時間は布の母親にくっついていたとか、でした。子ザルは母親にしがみついて生活する生き物なので、(その名残で把握反射があるのかな?)やっぱり柔らかい方が良いよねと思ったりしたものです。

kmiurakmiura 2004/08/05 18:24 hizzzさん>スキンシップ寛容度に加えて(赤ちゃんはさわってもいい、というジョーカーもあったり)スキンシップの上手下手、というのはあるだろうなあ。スキンシップが生命活動に必要か不必要か、という点は不毛でしょうねえ。もし生きるために真に必要であれば、もっときっちりその方法が発達していただろうと思うから。というわけで、単に快か不快か、という点から展開していくほうがいいんじゃないかと思っています。単に、といってもこっちのほうが難しい話ではあるのだけれど。ところで蒲焼は山椒ゲットしてしまいました。

kmiurakmiura 2004/08/05 18:24 KAPIBARAさん>うーむ、私が聴いた松本元さんの講演いくつかはそっちのほうが比重高かったです。とはいっても、新しい生物学の問いを提言、という感じで、手かざしとかニーサイエンスとかそんな雰囲気ではなかった。クオリアはどうなんだろうなあ。私はさっぱり理解できていないのだけれど、快不快という問いはにているかな。

kmiurakmiura 2004/08/05 18:25 MIYUさん>針金の母親ってすごいですねー。そういえば最近のネイチャーアップデートに、気象の変化に応じて海中のホヤのドミナントな種類が変化するって話がありました。大気と海洋の関係はこれからいろいろわかってくる分野のようです。

KAPIBARAKAPIBARA 2004/08/05 19:54 まさか松本先生がてかざしとかニューサイエンスだなんて思っていませんよー。
ご本を見てもそんなんではないですし、そんな人理研にいないでしょうし。
快不快なら池上先生のほうが近いのかなぁ。。

KAPIBARAKAPIBARA 2004/08/05 20:56 私みたいのが書くとトンでもに見えるのかも知れませんね。
すつれいしますた。

kmiurakmiura 2004/08/05 22:18 いえ、そんな。ココは何でもアリでございます。というか、池上先生というと?

KAPIBARAKAPIBARA 2004/08/05 23:50 compleの人です。
認知言語とかやってらっしゃいます。

31-07-2004

[][][] 知財立国  知財立国 - kom’s log を含むブックマーク  知財立国 - kom’s log のブックマークコメント

知的財産高等裁判所なんて企画があるんですねー。id:walkinglintさん経由(040731付)。知的財産保護の推進ってのはどうやら、自衛隊派兵と同じような理屈で行われている。法的な手続きを危機感を煽って無視する、という理屈。法律はたてまえである、目下日本は危機にあり、たてまえなんていっていられない、という立場で法的手続きをはしょりましょう、と臆面もなく堂々と主張しているわけだ。このあたり煽動的愛国心の腐臭がする。コイズミ的世界観。「知財立国」。滑稽。かくなるコンセプトのもとになぜ大学行政・財政がなんであんなにみじめなのか。

知財戦略で勝つ・第17回「首相の眼前で展開された知財改革の抵抗勢力」

の結論部分

民間本部員や産業界などから強く出されている、知的財産高等裁判所の創設に反対を表明したのである。といっても、大臣はいずれも、各省の権益を護ろうとする、「省益あって国益なし」の視点で官僚が作成したメモを読み上げたに過ぎない。

 さらにある民間本部員は、技術系裁判官の導入に明確に反対を唱え、「アメリカの技術判事は、知財案件を判断してはならないことになっている」「推進事務局には、知財を総合的に判断する人がいない」「骨子の中に意味の分からない項目がある。たとえば知財学とあるが、このような学問はない」などと主張した。

 日本の産業競争力を強化するため、知財立国を小泉内閣の目玉にしようとするとき、行政の一角とそれに群がる一部の法律学者が寄ってたかって逆行する主張を展開する。

 しかも主張の根拠は、「我が国の法体系」から論じようとする、まず法律ありきの考えである。社会のニーズを前提にした新たな法理論の構築ではなく、「我が国の法体系」というさびついた道具に固執する。

 産業界の実態を肌で感じていない官僚や司法当局者や法律学者が、「法体系になじまない」という錦の御旗を掲げて反対する。社会の実態があって初めて法律は存在する。社会の実態がないところに、法律など存在しても意味がない。

中略

国家の進路の岐路である。知的財産推進事務局は、断固とした決意で抵抗勢力を排除し、小泉首相がたびたび表明している「世界トップの知財立国」への道筋をしっかりと確立してもらいたい。

というわけで、この動きに対していろいろ反応はあるみたいですが、

まぁ、こういう勘違いは、特に技術や特許から入った「昔ながらの特許マン」にはありがちなんですけど。要は法治国家というか、社会構造の全体像がつかめていないわけなんです。

「迅速化」が実現するなら、知財専門の高等裁判所を設置するのもいいと思います。

しかし、実務に携わる者の一人として、「裁判所が何をするところか」「三権分立とは何か」もよくわかっていないような、こういう技術系裁判官に法律判断をして欲しくはないです。たとえ特許法に詳しかったとしても。

http://ch.kitaguni.tv/u/171/INTELLECTUAL+PROPERTY/0000003341.html

や、

この推進計画の一部に見られる実に歯切れの悪い表現となっている部分(特に、最高裁判例を立法で葬り去ることを企図しているとしか解釈し得ない箇所)については「中山先生が事務局へ乗り込んで『こんなものを政府に了承させたら日本は法治国家ではなくなってしまう』と該当箇所の削除を要求(結局、荒井氏ら事務局スタッフが頑強に抵抗した為に削除はされずややトーンダウンした表現に後退)した」ものであると言う情報を筆者は入手している。

http://blog.melma.com/00089025/20040125180634

参照

marinesはチャンネル?

そもそも裁判所って何するところよ

技術系裁判官は必要か?

愛国者と知財ファシズム 屬覆失『知財立国』なのか?」

愛国者と知財ファシズム◆屐愧虜皀侫.轡坤燹戮任癲悒▲鵐船僖謄鵐範澄戮任發覆ぢ荵阿瞭擦悄

謎工さん。

【特設】中山教授「重大決意」問題] やり場の無い怒り

nanashinanashi 2004/07/31 09:16 Kmiura氏は たられば は嫌いかもしれませんが アメリカでのトラウマのような3年間がなければ愛国者であったかもしれないですか?

kmiurakmiura 2004/07/31 10:13 逆かもしれません。アメリカの3年間がなかったら、自分が日本人であることはフィクションだということです。女いなかったら男が存在しない、みたいなものです。

hizzzhizzz 2004/07/31 11:13 ワタクシの3人のいとこは、両親がブラジルに帰化したこともあって、ブラジル国籍をもつ日系2世となったのですが、日本とブラジルの狭間で逡巡したあげく、彼ら自身が選びとった生活圏としての「国」は、年齢順に日本/ブラジル/アメリカと、見事に3人3様に…と、そんな彼らの葛藤(その過程のどれもが深くワタクシに「日本」とはなにかを考えさせられました)を想いだしました。

kmiurakmiura 2004/08/01 19:39 書いたことが理解していただけたようで、ありがたたいです。帰る場所、とは独立して機能としての国を選ぶことができるのである、という気分がもうすこし広まれば、「愛国心」議論ももうすこしまともになるんじゃないかなあ、とつくずく思います。車種を選ぶように国を選んでしまうぐらいでいいんじゃないか。駐車場は同じでも。

kmiurakmiura 2004/08/01 19:41 つくずく→つくづく

ii 2004/08/03 00:33 正直、愛国とは関係ないような気がする、単に考えが雑で法律に無知なだけだと思う....愛国でも反日でもバカはバカ

kmiurakmiura 2004/08/03 01:11 おー。ばっさり。国威発揚、かな。別のいいかたをすれば。

o-tsukao-tsuka 2004/08/12 22:53 空手は確かに暴力トレーニングだという実感はあります。知り合いの弁護士に聞くと、徒手打撃系の武道をやっている人は、暴力事件の加害者となる例が目立つそうです(自分から喧嘩を売るというよりは、相手を挑発して結果的に怪我をさせてしまう例が多いのだとか)。丈に合わない武力は身を滅ぼす、なんて言うのは、ちょっとうがちすぎでしょうけど

11-07-2004

kmiura2004-07-11

[] 参院選  参院選 - kom’s log を含むブックマーク  参院選 - kom’s log のブックマークコメント

速報で当確が出始めたころに官邸を出たコイズミ首相にぶらさがり記者が「今回の敗北の責任は?」と問い、首相は即座に「関係ない」と答えていた。「カンケーねーよ」という中高生並のふてくされ呟きをこの国の首相はためらいもなく使用した。たぶん、この言葉はコイズミ首相の本質である。選挙は関係ない、のだ。

関係ない、かもしれないが、さかのぼることちょうど一週間前に、長野の某所で私はブルーベリーを摘んでいた。知人の知り合いが農家で、いくらでも摘んでよい、とのことで、農家を夕方に訪れ、1時間ほど採取に没頭した後に麦茶が供された。軒先で私は主人としばし雑談をした。主人は、君、選挙に興味あるかね、ということばを皮切りに、自分が推している自民党候補を私にも一票入れろ、と言い始めた。タダでブルーベリーを摘ませてもらった手前なんとなく悪いなあ、と思いながらも私はイラク戦争に対する現政権の方針に反対であるという自分の立場を説明した。しばし議論になった。主人は少々気分を害したようだった。双方はしばし沈黙してしまった。結論として主人は「政治は難しいからねえ」と述べた。いや、それは関係ない、と私は心の中で思ったが、さすがに口にはだせなかった。

もしかしたら関係があるのかもしれない。政治はそもそも、そんなにやさしいことではないはずだ。それに比して、首相の言葉はあまりに軽い。

sujakusujaku 2004/07/12 05:23 kmiura、たのしかったよぉ! それぞれの話題とそのそれぞれの切り返しの絶妙さ。あのメンバーで、3日3晩くらいぶっとおしで食べ続け、飲み続け、しゃべり続けたかった。●さて、あのスープの名はラッサムで、南インド料理の代表的なものです。せっかくですので、説明も・・・。●ラッサムは、水のようにしゃばしゃばしたスープで、トマトの酸味もさわやかな、胡椒とカイエンヌ・ペッパーとタマリンド風味の、豆入りスープです。●コリアンダーの葉(=パクチーで代用も可)の、根っこを切り落とし、下の方から小口切りします。●タマリンドが手に入りにくい場合は、ややオリジナルからは遠ざかりますが、レモンや、梅干しで代用するのも、それはまたそれで愉し、です。●豆もぼくはいつも緑豆でつくっています。豆はあらかじめ別煮が正統ですが、ぼくはいっしょに煮て、40分くらい弱火で、ラッサム全体をしあげています。コツは海塩の効かせ方。●しかし、トマトを水煮缶で代用するのだけは、絶対不可です。どことは言いませんが、某有名店がそんなつくりかたをしていて、国辱的南インド料理、と、ひそかな悪評を呼んでいます。「誰も知らないとおもって、キャンベルのトマト・スープにカイエンヌ・ペッパー振ったようなもん、出すんじゃねーよ!」って。★あぁ、ぼくはやむなく早抜けしちゃったけど、その沖縄料理もすっごく食べたかったなぁ。kmiura、そしてみなさん、再会の日をたのしみに。

hizzzhizzz 2004/07/12 12:18 途中で脱落したワタクシですが、カイゼル髭にバージョンupしたkmiuraさんにお会いできる日を、noguさんオススメの池波正太郎を読破しヲヤヂ殺しに精進しつつ虎視眈々とお待ち申し上げております。ペコリ。

hizzzhizzz 2004/07/12 17:55 どーでもいーどわすれ物件:病気で一日中風呂につかってて小娘に刺殺されたフランス革命家は、「マラー」だした。>http://www5a.biglobe.ne.jp/~french/cham/marat/gallery/david.html あーすっきし。

kmiurakmiura 2004/07/13 04:35 sujakuさん>ラッサムはスリランカにもあるのかなあ。今度聞いて見ますね。▼sujakuさんを見習って私もメモ魔復活しようかなあなんて考えています。

kmiurakmiura 2004/07/13 04:35 hizzzさん>実は次回は温泉ランドウォッチングツアーになるのではないかという気が。「暗殺の天使を探せ」じゃないですが、件の人物、わざわざお調べいただきありがとうございました。ちょっと調べたら「マラーを殺した女―暗殺の天使シャルロット・コルデ」なんて本まであるんですね。在庫切れみたいですけれど。一方で「悪女が生まれるとき」なる本では悪女になっていたり。とか思っていたら「萌え萌えジャパン」
http://kodansha.cplaza.ne.jp/hot/moejpn/06/content.html

kmiurakmiura 2004/07/13 04:36 なんてもっとおもしろいページもありました。

sujakusujaku 2004/07/13 07:25 kmiura、スリランカ料理の家庭料理のオススメは・・・。ポルサムボーラ(カツオブシのフレーク、そぼろ状。ごはんにかけるフリカケ)と、キリホディ(ココナツ・スープ)です。http://d.hatena.ne.jp/sujaku/20040424#p3 (および#p2 と #p4) キリホディはレストラン料理ではないのでメニューにない場合も多いようですが、注文すれば、たいてい苦笑しながら(?)、つくってくれますよ。●南インドの海向こうスリランカには、シンハラ人とタミル人が住んでいて、なるほどタミル人の料理文化がどうやら南インドの料理文化に連なるらしいです。とりわけキリ・ホディは、南インド料理のスープ、ラッサムとの親近性をおもわせますし、また、より広くは、海づたいにひろがる<ココナツ文化圏>というようなものも考えさせますね。●とはいえ、ぼくにはスリランカ人の友達はいませんので、料理は上記の文章を書いたあと中目黒で食べましたが、むしろkmiuraのスリランカ料理続報をこそ、ぼくは待っています。

hizzzhizzz 2004/07/13 09:58 暗殺の天使:「NEVADA萌え」と同じっすね。 フロ屋と萌えのキーワードは、「人間開放」ってことかも(笑)。お帰りになられる前に、中野ブロードウェイは要チェキ!でございます。

kmiurakmiura 2004/07/14 06:23 戻ってきてしまいましたー

svnseedssvnseeds 2004/07/14 12:55 ありゃ、もう一回くらい飲もうと思ってたのに!今度は年末かな?

26-06-2004

[][] 風景の多層化  風景の多層化 - kom’s log を含むブックマーク  風景の多層化 - kom’s log のブックマークコメント

おとといの夕方、新宿のアルタ前で、自民党の参院選演説会にたまたま出くわした。女子プロレスラー出身の候補者が、バンの屋根の上で、”うおー”だの”いくぞー”だの意味不明ながら気合だけは入っているという趣旨のパフォーマンスを繰り広げた。そのあと、あらい某なるテレビタレントらしき小男が登場し、幇間のように後ほどアベが、などと愛嬌を振りまきつつ、みなさん年金のこと心配でしょう、でも自民党なら大丈夫、と絶叫。持参したらしき自分の年金手帳も振りかざしていたが、なにをいいたいのかよく分からなかった。3番手は官僚出身の名前を忘れた候補者がいかにも役人な雰囲気の演説を行った。内容は最も分かりやすかったが、政治家というよりも、役所で「善処いたします」と言われているような気分になった。

4番目に現れた候補者ではない男は、ごらんなさい、自民党はこんなに幅広い種類の人間を候補者にしているのです(=プロレスラーからキャリア官僚までということらしい)、さて幹事長の登場です、と絶叫。真打アベが登場したわけだが、小泉に仕事を継続させてくれ、信じてくれ、という内容だった。

信じてくれ、と言われている聴衆も私は観察していたのだが、ほぼ30パーセントは自民党関係者、ビラ配りのバイト、警備の警察関係者だった。私は至近距離の植え込みの前の鉄柵によりかかって演説を聴いていた。となりに座り込んだ若い男女3人に対して宗教団体らしき若い女の子が「神はいるんです」とオルグに熱弁を振るうのを、きくともなく聞きながら、当の若者たちはケータイで電話したり、信心深いらしいその女の子に、でもオレだって神様ぐらい信じてるよー、と言ってみたりしていた。ぴったりとその男の子にくっついて座った女の子は馬鹿でかい手鏡を覗き込んでしきりに化粧を直していた。

バンの上で狭苦しく林立した自民党候補者の背後では、アルタのスクリーンがめまぐるしくさまざまな宣伝を繰り返していた。私はアルタのスクリーンにうつる韓国の俳優の涙を眺め、ファルージャ爆撃の映像を一瞬目にし、次の瞬間には隣の宗教団体の女の子の言葉を耳にしながら同時に目は体を揺らしながら信じてくれ、と絶叫する参議院議員候補者の姿を眺めていたのだった。

20-06-2004

[][] 「お国のために命を投げ出しても構わない日本人を生み出す」  「お国のために命を投げ出しても構わない日本人を生み出す」 - kom’s log を含むブックマーク  「お国のために命を投げ出しても構わない日本人を生み出す」 - kom’s log のブックマークコメント

2月下旬の「教育基本法改正促進委員会」設立総会で民主党を代表する西村真悟衆院議員が宣言したそうだ。

http://www.tokyo-np.co.jp/kuuki/txt/20040616.html

アホか、とこれまた一蹴で終わりにしたくなるのだが、このところの中野のPTA会長強制辞任だの、君が代日の丸強制だのの経緯を見ていたら、マジなんだよな。日本にいる人、真剣に反対したほうがいい。少子化の話も絡めると、子造りマシーンかついつでも国のために死ねる人間、つーことになるのであろう。「命捨てろ」っていっているドアホのニヤケ顔を拝見できる。西村某のウェブサイト。

id:hidex777さん「教育システムと政治システムのカップリング」経由。

引き続き少子化について書き足すが、私は少子化は社会システムが悪いからである、と思っている。実際、自分が日本に住んでいて子供を持っているという状況を考えると、どんなに大変なことだろう、と想像する。子供はそもそもフマジメな存在である。時間どうりに進んでくれない。それが子供である。そのフマジメな子供に振り回されながら、妙にキマジメな社会で生きることを想像すると、いやはや、少子化も当然であろう、と思ってしまう。女は家に帰れ、というのはそのフマジメな部分を一方的に女に押し付けて、男がフマジメさを隠蔽しようということにほかならない。フマジメさは生命である人間の本来性なのである。

ダメな社会が淘汰されていくのは当然の話である。弱体化した社会は回りに囲い込まれるか、単に滅亡する。それを事前に回避しようというのが人間の力であるはずだが、その改善する方策が「国のために命を捨てることのできる人間を作る」に接続される(見込み)のでは、なんのための社会なのか、ますますわからなくなる。

sujakusujaku 2004/06/21 11:16 アスパラだし!!! しかも「みりんと似たような、みりんの甘さよりも風雅な、味がする」!!! ・・・しかもそこから「概念のかなりの部分は異言語間で共有しているらしい」という話に繋がってゆく。う〜ん、独創的なレシピとともに文章の旨みも、香りたかくいただきました。アスパラだし、試してみたし。(ニホンでは本味醂を置いてある店も減りつつあって、手軽に買えるのはヤクザな味醂のばったもんばっか。とほほ。)

anonymousanonymous 2004/06/21 17:35 そもそも教育なんてしなくても、「国のために死」んでほしいと為政者が強く希望すれば、兵員も市民も容易に死んでしまえる状況に叩き込めてしまうのですから、為政者が「兵員や市民が国の為に死ぬことが必要だ」と判断する事態においては、単に躊躇わず強行してしまえばよいのです。そうであってこそ、為政者は自らの責任を感じることができるのです。教育してまで市民の支持が欲しいだなんて、甘ッたれなんです。

kmiurakmiura 2004/06/21 18:45 anonymousさん>上の説明だけでは、”「国のために死」んでほしいと為政者が強く希望すれば、兵員も市民も容易に死んでしまえる状況に叩き込めてしまう”という点が理解できないので、よかったらもう少し詳しく説明してください。

kmiurakmiura 2004/06/21 18:45 sujakuさん>意外でしょ。アスパラだし。緑のだとたぶんアクが強すぎると思う。ヨーロッパ中で皮が山ほど捨てられているんで、乾燥させて日本で売ったらいいかもしれん。

anonymousanonymous 2004/06/21 23:44 為政者が動員しうる権力を総動員すれば、反対する市民が多くても戦争を始めたりできるということです。

23-05-2004

[][] テロに負けました。  テロに負けました。  - kom’s log を含むブックマーク  テロに負けました。  - kom’s log のブックマークコメント

首相は食糧25万トンなど人道支援を行い、近く国交正常化交渉を再開する方針を表明した。

asahi.com

このテロとは交渉するわけだ。

KAPIBARAKAPIBARA 2004/05/23 14:31 waraemasita-

KAPIBARAKAPIBARA 2004/05/24 21:52 ごめんなさい、プログレの日記がおもしろかっただけです。おじゃましましたごめんなさい。

kmiurakmiura 2004/05/24 22:49 え、どうして謝るのですかー。OKですよ。ご存知のように今のところコメント全公開です。

KAPIBARAKAPIBARA 2004/05/25 01:48 iya

KAPIBARAKAPIBARA 2004/05/25 01:49 リンク先に人がいっぱいきてくれまして、、恐縮なのであります。

nogunogu 2004/05/27 17:02 花受け取ったよ。ありがとう。

hirorihirori 2004/06/15 21:34 LTJ Bukemの話はうんうんうん、って感じです。他のも視聴してみたんですが、ライブアクトではない1stの気持ち良さが群を抜いていると思います。尺八の音がドラムンベースにあうなんて!と出た当時に衝撃。

hirorihirori 2004/06/15 21:34 聞いたのはずいぶん昔なんですが、版が変わっている=最初のと変わってるという認識で良いのですか?

dqrgvaenrjdqrgvaenrj 2007/03/05 03:33 Hi! Very nice site! Thanks you very much! qudhjtlzymcryz

hncolyznrihncolyznri 2007/03/09 17:33 <a href=http://xxccpcjrdh.com>uaplysb</a>

28-04-2004

[][] 日本外メディアの「自己責任」報道  日本外メディアの「自己責任」報道 - kom’s log を含むブックマーク  日本外メディアの「自己責任」報道 - kom’s log のブックマークコメント

For Japanese Hostages, Release Only Adds to Stress ニューヨークタイムズ 翻訳 (はなゆーさん経由

Charity ends at home  ガーディアン 

Japan's hostages tell how they came home to scorn and shame インディペンデント

3 Japanese hostages billed $30,000 for travel expenses home from Iraq CNEWS

reed Japanese hostages find themselves unpopular 台北タイムス 

Chilly reception for freed Japanese hostages Salon.com

日本社会のお家芸、対外道徳と対内道徳の使い分けが無効なのがわかっていない。ガラスの壁の家でドメバイしているようなものなのに、気がつかない悲しさ愚かさ。これをまともなガイアツと見るかどうかは人によるかもしれないが、海外でどのように報道されているのかは知っておいてもいいと思う。以前書いた「近代国家はムラではない」に対して、某所で「ムラでいいではないか」と反論をしている方がいる。丸山真男ぐらい読んで欲しい。

追記 040505

Japan's hostages are pariahs at home (4月28日付英タイムズ)

svnseedssvnseeds 2004/04/29 00:25 日本の赤字(財政赤字)って、お金貸してる人(国債保有者)はほとんどが日本国民なんだよ。それに国の借金は悪いことばかりじゃない。国全体が豊かになるペースよりも速いペースで借金が増えることが問題なだけ。だから、自己責任的に考えるとか、誰が誰に謝るべきとか、誰が誰に迷惑をかけているとかって考えるのは不毛だと思うな。一億人が一億人に謝るっていっても意味があるとは思えない。▼もしも必要とされるペース以上に借金が増えているのであれば(「必要とされるペース」の判断は難しいらしいんだけど、まあ借金増えすぎだよねというのは同意するよ)、問題はその借金をしすぎるような不適切な判断を産む土壌であり、その土壌を継続的に支えている制度であり、その制度を正しいとしている(少なくとも廃止する必要はないと認めている)皆の判断であるべきと思う。また抽象的過ぎ?

kmiurakmiura 2004/04/29 01:51 一段目。よくわかります。だから「自己責任」はどこに行く、ということなわけで、国とその国民の間の関係を考える上でよい材料でもあるわけです。▼二段目に関して。挙動がムラなのにシステムがムラではない、という点に問題があるわけなんだというのが私の意見。

svnseedssvnseeds 2004/04/29 18:41 僕はそもそもその言葉(自己責任)が嫌いなので、それを前面に出すのはスジ悪に見えるなあ。国民や国というそもそも自己の集合であるものが、その集合自体更に自己になり得るんだろうかという疑問がある。ただし国と国民の関係を(改めて?)考える必要がある点は同意。▼二段目、まず僕は日本人全員の挙動がムラ的であるとは思わない。じゃないと、ムラ的な挙動があった時にほうぼうに感じられるフラストレーションの説明がつかない(まあ要は日本は均質的にムラじゃないと言ってるだけだけど)。ムラ的な人とそうでない人の割合は良くわからんので置いておく(問題にもよるだろうし)。僕が考える本質的な問題は、現在のシステムがムラ的な人にとって都合の良いものになってるんじゃないか、ってことだ。具体的にはまず選挙制度ね。今勉強中。▼でももしかしたら単に日本全体でムラ的な人が多いだけという問題かもしれない。だとすると「挙動がムラなのにシステムがムラではない」ってことになるのかな。どう思う?

kmiurakmiura 2004/04/30 18:36 一段目。私個人が銀行から借金すれば、その借金の責任は私にあるのが当然である。日本の財政赤字の債権者は日本国民である、というのは、いってみればこれと同じことである。自分で借金して日々の生計立てています、ということだから。ただし、その借金によって利する人間と損する人間はいるだろう。この差を隠蔽するのが「国益」なる言葉である。精神的共同体に矛盾を回収させるわけだ。私の言う”自己”はいってみればこの曖昧なる国民の平均値でもある。今の日本の言論をみるとそのようなことになっていないか?そうした曖昧なる集合としての自己が幅を利かせているのを私は批判したいのだ。そんな借金ヤなんですけど、といってみたら反日分子、ではかなり困る。▼二段目。御意。詳細の記述。▼三段目。なんともいいがたいのだが、そうして見ると、さまざまな性質を持つミクロな要素のうち、マジョリティな性質がシステムを決定するかどうか、という問題だわな。ただ、明文化された部分のシステム(法律)は近代国家なのであって、ムラではない。ムラならムラのあり方について真剣にシステムを構想したほうがいい。

23-04-2004

[] 迷惑話の続報。  迷惑話の続報。 - kom’s log を含むブックマーク  迷惑話の続報。 - kom’s log のブックマークコメント

たばこがなければ、毎年9万人がん患者減 厚労省研究班

タバコを吸うとガンになりやすい。OK、わかった。でもこのステートメントが、国の健康保険医療予算を、「自覚が足りない」ために浪費する迷惑者達への苦情、ないしは国に迷惑をかけないために喫煙をしてはいけないというロジックに成りかわるまで、わずかあと一歩である。だとしたら、喫煙者達は「私たちは寿命が短い。年金受給総額が少ない」とでも反論するしかなくなる。喫煙にかぎらず、このような議論の枠組みの発展には、少々敏感になってしまう。

flapjackflapjack 2004/04/24 20:31 イギリスにも、わざとカーテンをあけておくという習慣はあるみたい(これは、とくにミドルクラスの住むエリアにいえるんだけど、それは単純にそういうエリアでないと泥棒がはいりやすくて家のなかを外にみせられないということだと思う)。ある意味、ムラ的相互監視にもみえるけど、逆に日本にはそういう習慣はないわけだから、ぜんぜんちがったモノなのだろうなと思う。もう少し考えてみると面白いテーマかもしれないなあ。

sujakusujaku 2004/04/25 01:04 横レス、ごめんください。英国とオランダは飛行機で1時間の割には、かすかに違いますね。たとえば色感ひとつとっても、ワイン・レッドや、モス・グリーンへの愛着はともにヨーロッパ的なものの、オランダ人は黄色をかなりオレンジ寄りに用いているような。また、英国人は独特なBA の青のような青への好みがあるような。●住み方も同様に、やや違うような。(ただし、どう違うかを指摘できるほどには、オランダを知らず。)いま人気の建築家レム・コールハースの建物に感じられるどん臭さも、ひどくオランダ臭いもので、どうもオランダ的なるものは、現代建築のかっこよさからは、ずれているような。●ただし、そういう美意識のずれも、オランダ人たちの、ヨーロッパ列強のなかでの、ほど良く堅実な(したたかな?)位置取り感覚と、分けては考えられないのでしょうねぇ。●また開いた窓とはいえ、煉瓦の建物の窓は、構造的に、狭く縦長ですからね。

svnseedssvnseeds 2004/04/25 12:00 普通言わないよねえ>「俺たち、話が合うね」。まあそういうこと言いそうな人達って沢山いそうだけどね。

kmiurakmiura 2004/04/26 19:13 flapjackさん>日本の場合は見るんじゃなくて、聴く、という感じですよね。隣の人はなにする人ぞ、みたいな。垣根はあるけど夫婦喧嘩はつつぬけ。

kmiurakmiura 2004/04/26 19:13 sujakuさん>オランダの色使い、というとブルーグレー地に赤、という感じ。オランダっていったら建築ではなぜかすごく盛り上がってますよね。MVDRVとか。バブルが背景にあるとは聞いているけれど、単に資本の問題なのでしょうか。若い人も凄くセンスがいい感じがします。

kmiurakmiura 2004/04/26 19:17 svnseeds> ...いいそうな人がいたら、先手で「俺たちなんか話し合わなくない?わはは。」とつっこもう!▼ところでニュートラル閉店とのこと。あと40日だぞ。

sujakusujaku 2004/04/26 20:48 もしかしてぼくのオランダ観、ぼくのレム・コールハース嫌悪にひっぱられてる?  ヨーロッパ諸地域間の、光の違いと色感差、興味深し。(cf.日本人の青〜緑の連続性。はたまた、日本−韓国−中国の色感差など)

kmiurakmiura 2004/04/26 21:38 却ってズレているからいいのかもしれないです。地理的にはまるで逆の立場の対称関係にスイスがあって、スイスも目下建築が熱い。▼色感覚の違いはおもしろいですよね。虹にいくつ色があるか、とか。光の強さの違いも、おもしろいですねー。ドイツは薄暗いからモノトーンでくすんだ色を着る。街の壁の色とも相互作用して、色の感覚が決定されていっているんじゃないか、なんてぼやっと思っています。カンディンスキーとか、原色なのにくすんでいるのはそんな理由があるんじゃないかなあ、と思う。逆にドイツの人が派手目のものを着たりデザインすると、選択をすごく誤っていることが多い。

svnseedssvnseeds 2004/04/28 00:12 ダメだよ、誰も僕にはそんなこと言ってくれそうにないからなあ。言われても気持ち悪いけど。わはは。▼ニュートラル、そうなんだよ。どうしよう。残念だな。

kodaru4kodaru4 2004/04/29 02:18 中国人の色感は日本人とは全然違うようで、真っ赤と真緑の寺院で、「いやー、落ち着きますねぇ」と言うそうです。漫画家の楳図かずおの色感に近いです。中国人は楳図かずおを見ても奇抜だとは思わず、心和むのかもしれません。いや、中国の服は別に派手とは限らないから、そんなことないか。

kmiurakmiura 2004/04/29 02:48 うーん。私は赤と緑の薄暗い中華料理屋店内に入ると妙に落ち着いてしまうのですが、寺院だとどうなのかなあ。タイの寺院も凄いですね。絢爛豪華。そういえば、大阪と東京の色彩感覚というのもあると思います。大阪の友達が東京に遊びに行って「表参道に行ってみてんけど、地味やったー」と言っていました。

kodaru4kodaru4 2004/04/29 02:55 あ、薄暗いと赤と緑でも落ち着くかも。ちなみに先述の話は大学の中国語の助教授が講義で話してたことです。表参道は、かなり、ちぐはぐな印象を私は受けます。単に派手だとは感じないけど、地味というのとも違うような気がします。