水の幻視 〜ナンバー278の幻視

2006-11-29

[]Reload

f:id:kmts:20060805183301j:image

諸般の事情があって、しばらくブログを休んでいた。


再開するつもりだが、それに伴ってブログサービスをハテナに乗り換えることにした。以前から高機能型のブログに換えたかったが、FC2にするかハテナにするかで迷っていたのである。

インポート機能があるブログなら、exciteで書いた内容を移植できると思っていた。ところがどっこい、exciteブログにはエクスポート機能がなかった。てなわけで、結局過去の文章を一つひとつコピーする羽目になった。

当面あちらも残しておくつもりではある。


ちなみに、ハテナを選んだのは、この企業が、いわゆるWeb2.0といわれるフィールドに属する、毒になるか薬になるかわからないような、しかし「面白そうな」取り組みをいろいろとしているからである。


exciteブログでは、長い文章の場合、同日に3分割してアップしていた。しかし、ハテナではそのようにすると、同じ記事内での章分けといった体裁になってしまう。たぶん私が機能をよく理解していないだけかとも思うのだが。

3分割した文章は3つ別々のコンテンツとして置いておきたいので、移植に際しては投稿日を1日ずつずらすという処理を施した。そのような体裁の3分割文章は、先頭の文章の日付が、かつて実際に投稿した日である。



私はブログを日記としては書かないつもりである。

そもそも日記を書く習慣はなく、日々大したことを考えているわけでもない。

しかし、電車を待つホームで、ぼんやりした休日の部屋で、あるいはパソコンでいろいろなサイトを見るともなしに見ているとき、頭の中を形になりそうな思考が過っていくことはある。それは思考の滓ともいうべきもので、放っておくとすぐ沈積し、底の軟泥にまぎれてしまう。


そういうことを惜しいと感じる歳になった。


これから、限られた時間の中で何か形あるものを残していくためには、益体もない思考の滓であったとしても、掬っておくべきかもしれない。

そんなわけで、やはりブログは続けようと思う。

基本的には独り言であるが、反応する人がいてくれれば、それはそれで幸いである。

Connection: close