Hatena::ブログ(Diary)

ログおきば このページをアンテナに追加

2014-08-18

第29回シングル厨のつどいオフ使用構築 壁ゲンガーブシン

f:id:knmcwgtb:20140814044723p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043540p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043539p:imagef:id:knmcwgtb:20140815055035p:imagef:id:knmcwgtb:20140228033703p:imagef:id:knmcwgtb:20140213014108p:image

ポケモン技1技2技3技4持ち物備考
クレッフィリフレクター光の壁電磁波イカサマ光の粘土悪戯
ゲンガー祟り目ヘドロ爆弾鬼火身代わりゲンガナイト 
ローブシンドレインパンチマッハパンチはたき落とすビルドアップ弱点保険根性
マンムー地震氷柱氷の礫馬鹿力命の珠厚い脂肪
キノガッサキノコの胞子タネマシンガンマッハパンチ岩石封じ気合の襷テクニシャン
ボルトロス10万ボルトめざめるパワー電磁波挑発オボンの実化身/悪戯

半年ぶりのオフ参加、シングル厨だけで見ると5世代最後の開催以来の参加となりました。

ユキノオーブロックを7-2で予選1位通過、決勝トーナメント2回戦負けのベスト16で終了。


構築はクレッフィの両壁と電磁波から鬼火祟り目メガゲンガーを展開するという案をあおりさんから貰いそこから詰めていきました。

(本人による記事:http://d.hatena.ne.jp/aori_5/20140817

電磁波を入れることのできない電気タイプ等の特殊方面に対してはゲンガーとの相性がよく第5世代の壁構築で猛威を振るったビルドローブシンを投入することで対処することに。

クレッフィゲンガーローブシンを基本選出とし、基本選出では対応できない相手を回しながら見極めて残り3体で補完することで最終的な6体を決定しました。


クレッフィ

f:id:knmcwgtb:20140814044723p:image

リフレクター/光の壁/電磁波/イカサマ 光の粘土

図太い 164-*-157-*-108-95

壁を貼るポケモンにはライコウラティオスアグノム等が挙げられる中でクレッフィを選んだ理由は

  • 悪戯心で確実に先手で壁を貼れるので相手の拘りスカーフ等に弱くない
  • 同じく悪戯心で先制電磁波を使える
  • 鋼・フェアリーというタイプが優秀でありゲンガーとの縦の相性が良い
  • 体力が消耗しても悪戯心で確実に先手を取って行動できるので、体力が消耗したクレッフィを温存して試合の後半でもう一度壁や電磁波を使い、試合前半で展開しなかったゲンガーローブシンのどちらかを再度展開させるという選択肢が得られる
  • イカサマが広い範囲に最低限の打点を確保することが出来る上、相手のA上昇系の積み技に対する対抗手段となるので起点になりにくい

持ち物は役割に添って光の粘土、配分はガブリアスメガガルーラを安定させるためHB特化。


ゲンガー

f:id:knmcwgtb:20140218043540p:image

祟り目/ヘドロ爆弾/鬼火/身代わり ゲンガナイト

臆病 メガシンカ前:135-*-81-182-95-178

    メガシンカ後:135-*-101-222-115-200

特殊方面に対してはクレッフィの光の壁と電磁波で、物理方面に対してはクレッフィリフレクターと自らの鬼火によって身代わりを維持しつつ、祟り目で大ダメージを与えていく。

ローブシンが特殊フェアリーやメガフシギバナに対しては壁を貼っても相手にできないので、そのようなローブシンの障害となる相手を影踏みでキャッチして確実に処理することでローブシンの通りを良くする役目も担う。そのためフェアリーへの打点となるヘドロ爆弾の搭載。

また、ヘドロ爆弾は気合球や道連れと違い、相手が状態異常でない時の安定した打点となる。

手に入れられるものならヘドロ爆弾はヘドロウェーブにしたいところだが、ヘドロ爆弾の方が毒になる確率が高く、ヘドロ爆弾による毒→祟り目で倒せるようになる局面も何度かあったためこれはこれでいいのかもしれない。


ローブシン

f:id:knmcwgtb:20140218043539p:image

ドレインパンチ/マッハパンチ/はたき落とす/ビルドアップ 弱点保険

意地っ張り 199-202-136-*-86-66

5世代で猛威を振るった壁下でビルドアップを積むローブシン

XYではフェアリー技・飛行技による弱点攻撃と鬼火が蔓延している為、特性根性・弱点保険持ちでの運用。

実際のオフでの試合ではローブシンを選出した9試合中4試合でクレセリアサイコキネシスマリルリのじゃれつくによって弱点保険が発動し、発動した試合はすべて勝つことが出来た。

実質手ぶらになってしまう事もあるが、選出画面でクレセリアマリルリクチートファイアローを見ても基本選出を歪まされることがなく、発動した際の制圧力は凄まじい物があるのでこの構築において必要不可欠な道具と言えるだろう。

配分についても既に各所で触れられているが、改めて配分を詰め直した。

各ダメージについては以下の通り。

◆防御面

◆攻撃面


マンムー

f:id:knmcwgtb:20140815055035p:image

氷柱針/地震/氷の礫/馬鹿力 命の珠

陽気 185-182-101-*-80-145

クレッフィが誘う挑発ボルトロス電磁波が効かない上にボルトチェンジで掻き回してくるサンダー・ライコウボルトロスライボルト等の電気タイプ、ローブシンの展開が困難なエルフーンローブシンで打ち合うことが困難なグライオンの抑制や、初手で展開してくるカバルドンランドロスの処理速度の向上といった基本選出で対応しづらい要素の穴埋めを出来るポケモンを探したところマンムーが見つかった。

積極的に電気タイプやグライオンを見てから投げていきたいので気合の襷ではなく、後続に負担をかけられる命の珠での採用。

壁を使わずとも活躍できるポケモンだが、壁下では馬鹿力を使いメガガルーラとの打ち合いも可能となる。

個人的にマンムーというポケモンを使うことには少し抵抗があったが、予想をはるかに上回る活躍をしてくれた。

性格はキノガッサヒードランを抜くため念の為に素早さに補正をかけたが、このパーティにおけるマンムーの役割上は意地っ張りの方が機能すると思われる。


キノガッサ

f:id:knmcwgtb:20140228033703p:image

キノコの胞子/タネマシンガン/マッハパンチ/岩石封じ 気合の襷

陽気 135-182-101-*-80-134

相手に展開される前にキノコの胞子で妨害できる、カバルドンラグラージステルスロックから展開する構築に強い、クレッフィが不利を取られてしまうボルトロスライコウロトムリザードンローブシンが辛いニンフィアサーナイトに気合の襷を持つことで無理矢理対処できるといった理由から採用。

クレッフィリザードンのような物理か特殊か分からない上に弱点を突いてくるような相手に対しては電磁波しかできずに退場してしまい全く壁を貼れずに後続に託すことになって展開的に不利になってしまうが、初手にキノガッサを置くことでそのような状況を防ぐことができる。


ボルトロス化身

f:id:knmcwgtb:20140213014108p:image

10万ボルト/めざめるパワー氷/電磁波/挑発 オボンの実

臆病 164-*-98-159-101-179

電磁波からのゲンガーへの展開や、挑発による小さくなる系やビビヨンのような展開の妨害となるのは勿論、キノガッサで見たいリザードンニンフィア等のポケモンが複数いたり、キノガッサで見たいポケモンと一緒にフシギバナ等が同時にいる場合においても対応できるようにする為の駒。

場持ちを良くするためにオボンの実。


■選出例

基本選出。壁を貼ったり電磁波をした後は相手によってゲンガーローブシンを展開するか選ぶ。

前述の通りクレッフィは体力が減っていても仕事をするので捨ててゲンガーローブシンを死に出しするのではなく、クレッフィを一旦引かせてゲンガーローブシンを投げるといった立ち回りを行うのが理想。


相手に化身ボルトロスグライオンがいた時はマンムーが選出に絡んでくる。


リザードン化身ボルトロスがいる時には襷ガッサで誤魔化す方が展開的に不利にならない。


壁展開が望めない相手に対して行う選出。


■選出率

クレッフィ:11/11

ゲンガー:6/11

ローブシン:9/11

マンムー:5/11

キノガッサ:2/11

ボルトロス:0/11


影の功労者マンムー


■総括

自分がシングルのオフで壁ブシン構築を使うのは5世代を通してみても初めての試みだったが、改めて違う視点で壁下のビルドブシンの性能を思い知らされることとなった。弱点保険が発動した時の気持ち良さは何ものにも代えがたい。

メガゲンガーについては間違いなく破格の性能を持ったポケモンであるという認識は当初からあったものの、運用が難しいというイメージが合った中で、この構築のメガゲンガーは運用法が明確かつ強力で構築にとてもマッチしており、メガゲンガーポテンシャルの高さを最大限まで引き出せていると感じた。

また、クレッフィ化身ボルトロスゲンガーキノガッサといった一般的に嫌われているポケモンで固められており選出画面で相手の顔が歪む姿を見るのが面白かった。



対戦ログは長いので下記に畳んでおきます。

スタッフ・参加者の皆さんお疲れ様でした。




対戦ログ(敬称略・相手前3体が選出されたポケモン


はね ○

f:id:knmcwgtb:20140218043526p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043532p:imagef:id:knmcwgtb:20140818032602p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043529p:imagef:id:knmcwgtb:20140213014105p:imagef:id:knmcwgtb:20140818032603p:image


こちら選出

f:id:knmcwgtb:20140228033703p:imagef:id:knmcwgtb:20140814044723p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043539p:image

(相:ガルーラ クレセリア サンダー 自:キノガッサ クレッフィ ローブシン


リザードンがいるのでキノガッサを初手、後はローブシン展開でいけると踏んでクレッフィローブシン


1:キノガッサクレッフィ ガルーラメガシンカ猫騙

2:クレッフィリフレクター メガガルーラ地震

3:クレッフィ光の壁 メガガルーラ地震

4:クレッフィ電磁波 メガガルーラ地震クレッフィ落ち 死に出しローブシン

5:メガガルーラクレセリア ローブシンビルドアップ

6:クレセリアサイコキネシスローブシン弱点保険発動 ローブシンはたき落とす、ゴツゴツメットのダメージ

7:ローブシンマッハパンチクレセリア落ち 相手死に出しメガガルーラ

8:メガガルーラ猫騙し、怯み

9:メガガルーラ→サンダー ローブシンドレインパンチ リフレクター切れる

10:サンダー→メガガルーラ ローブシンドレインパンチ 光の壁切れる

11:サンダー10万ボルト ローブシンドレインパンチ

12:ローブシンマッハパンチ サンダー落ち


クレセリアを出汁にして勝ち。4ターン目はローブシンに引いてクレッフィを温存しても良かったかもしれない。



ショコラ ○

f:id:knmcwgtb:20140213014107p:imagef:id:knmcwgtb:20140218165228p:imagef:id:knmcwgtb:20140213014109p:imagef:id:knmcwgtb:20140213014108p:imagef:id:knmcwgtb:20140213014106p:imagef:id:knmcwgtb:20140818135925p:image


こちら選出

f:id:knmcwgtb:20140814044723p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043539p:imagef:id:knmcwgtb:20140815055035p:image

(相:ヘラクロス シャンデラ ガブリアス 自:クレッフィ ローブシン マンムー


ローブシンで展開すれば勝てそうなのでクレッフィ+ローブシン化身ボルトロスがいるので控えにマンムー


1:ヘラクロスメガシンカ クレッフィリフレクター メガヘラクロスインファイト

2:クレッフィ電磁波 メガヘラクロス痺れ

3:クレッフィイカサマ メガヘラクロスインファイト

4:クレッフィ光の壁 メガヘラクロスインファイトクレッフィ落ち 死に出しローブシン

5:ローブシンビルドアップ メガヘラクロスインファイト

6:ローブシンドレインパンチ、メガヘラクロス落ち 相手死に出しシャンデラ

7:シャンデラシャドーボール ローブシンはたき落とす、シャンデラ気合の襷発動

8:ローブシンマンムー シャンデラシャドーボール

9:マンムー氷の礫、シャンデラ落ち 相手死に出しガブリアス

10:マンムー氷の礫 ガブリアス逆鱗、マンムー落ち 死に出しローブシン

11:ローブシンマッハパンチガブリアス落ち


すりぬけシャンデラに突破されそうになるも、最後はマンムーが一貫して勝ち。


炎髪灼眼 ×

f:id:knmcwgtb:20140818032606p:imagef:id:knmcwgtb:20140818032605p:imagef:id:knmcwgtb:20140814044724p:imagef:id:knmcwgtb:20140818032607p:imagef:id:knmcwgtb:20140818032608p:imagef:id:knmcwgtb:20140818032609p:image


こちら選出

f:id:knmcwgtb:20140815055035p:imagef:id:knmcwgtb:20140814044723p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043539p:image

(相:ラティオス ハッサム スイクン 自:マンムー クレッフィ ローブシン


先発にマンムーキノガッサを置いてカバルドンに負荷を掛けられるようにしたい。

悩んだ末先発にマンムー、控えにクレッフィローブシン

ログもBVも撮れなかったので要所のみ。

ラティオスが眼鏡でサイコキネシス持ちなので壁を貼ってもローブシンが攻撃を耐えずに辛い展開。

ローブシンスイクンを倒し、ラティオスマンムーの珠礫とローブシンマッハパンチで倒そうとするも、相手のラティオスが耐久振りで耐えられてしまい負け。

スイクンも考慮するとマンムーよりキノガッサを選出したほうが楽に立ち回れたかもしれない。



アシキ ○

f:id:knmcwgtb:20140818032602p:imagef:id:knmcwgtb:20140818032610p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043533p:imagef:id:knmcwgtb:20140818032606p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043542p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043534p:image


こちら選出

f:id:knmcwgtb:20140814044723p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043539p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043540p:image

(相:バシャーモ サンダー マリルリ 自:クレッフィ ローブシン ゲンガー


特に問題無いと思ったので基本選出。


1:バシャーモ→サンダー クレッフィリフレクター

2:クレッフィ光の壁 サンダー熱風外し

3:クレッフィローブシン サンダー熱風

4:サンダーボルトチェンジマリルリ ローブシンビルドアップ

5:マリルリじゃれつく、ローブシン弱点保険発動 ローブシンドレインパンチ 

6:マリルリじゃれつく、ローブシンAダウン ローブシンドレインパンチマリルリ落ち 相手死に出しバシャーモ

7:バシャーモメガシンカ、飛び膝蹴り ローブシンドレインパンチメガバシャーモ落ち 相手死に出しサンダー

8:サンダー熱風 ローブシンはたき落とす、ゴツゴツメットのダメージ リフレクター切れる

9:サンダー熱風 ローブシンドレインパンチ 光の壁切れる

10:サンダー熱風、ローブシン落ち 死に出しゲンガー

11:ゲンガーメガシンカ メガゲンガーヘドロ爆弾、サンダー落ち


5ターン目はローブシンが少し削られていてビルドしても腹太鼓じゃれつくを耐えないのでゲンガー引きが安定択だったが結果オーライ。



かみやま ×

f:id:knmcwgtb:20140818135923p:imagef:id:knmcwgtb:20140818135924p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043532p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043541p:imagef:id:knmcwgtb:20140213014108p:imagef:id:knmcwgtb:20140818135925p:image


こちら選出

f:id:knmcwgtb:20140814044723p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043539p:imagef:id:knmcwgtb:20140815055035p:image

(相:ニョロトノ エルフーン クレセリア 自:クレッフィ ローブシン マンムー


化身ボルトロスエルフーンがいるのでマンムー確定、残りはバンギラスを懸念してクレッフィ+ローブシン


1:クレッフィ光の壁 ニョロトノ波乗り

2:クレッフィ電磁波 ニョロトノ波乗り、クレッフィ落ち 死に出しローブシン

3:ニョロトノエルフーン ローブシンビルドアップ

4:ローブシンマンムー エルフーンアンコール

5:エルフーンクレセリア マンムー氷柱

6:マンムーローブシン クレセリアトリックルーム

7:クレセリアエルフーン ローブシンはたき落とす

8:エルフーン宿木の種 ローブシンドレインパンチ 光の壁切れる

9:エルフーンクレセリア ローブシンはたき落とす急所

10:ローブシンはたき落とす クレセリア三日月の舞→ニョロトノ トリックルーム切れる

11:ローブシンマッハパンチ ニョロトノ波乗り、ローブシン落ち 死に出しマンムー

12:マンムー地震 ニョロトノ波乗り、マンムー落ち


クレッフィニョロトノに2発以内で倒され、ローブシンにはエルフーンマンムーにはクレセリアで対応され更に弱点保険も見ぬかれていたようで完敗。

バンギラスマンムーでも戦えなくはないので結果的にローブシンよりゲンガーを選出したほうが良かった。



しーずー ○

f:id:knmcwgtb:20140818135926p:imagef:id:knmcwgtb:20140818135927p:imagef:id:knmcwgtb:20140213014106p:imagef:id:knmcwgtb:20140213014109p:imagef:id:knmcwgtb:20140818032607p:imagef:id:knmcwgtb:20140218165230p:image


こちら選出

f:id:knmcwgtb:20140228033703p:imagef:id:knmcwgtb:20140814044723p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043540p:image

(相:リザードン ニンフィア ポリゴン2 自:キノガッサ クレッフィ ゲンガー


リザードンカバルドンに備えてキノガッサを初手、ニンフィアを重く見てローブシンではなくゲンガーポリゴン2が怪しい選出。


1:リザードンメガシンカ(Y) リザードン火炎放射、キノガッサ気合の襷発動 キノガッサ岩石封じ、リザードン落ち 相手死に出しニンフィア

2:キノガッサマッハパンチ ニンフィア電光石火、キノガッサ落ち 死に出しゲンガー

3:ニンフィアポリゴン2トレース) ゲンガーメガシンカ メガゲンガーヘドロ爆弾

4:メガゲンガークレッフィ ポリゴン2放電

5:ポリゴン2ニンフィア クレッフィ光の壁

6:クレッフィ電磁波 ニンフィアめざめるパワー

7:クレッフィメガゲンガー ニンフィアサイコショック

8:メガゲンガーヘドロ爆弾急所、ニンフィア落ち 相手死に出しポリゴン2

9:メガゲンガー身代わり ポリゴン2放電、身代わり耐える

10:メガゲンガーヘドロ爆弾 ポリゴン2放電、身代わり割れる

11:メガゲンガーヘドロ爆弾 ポリゴン2落ち


2ターン目はキノガッサマッハパンチゲンガーのヘドロ爆弾圏内に入れることを取ったが、ゲンガーではポリゴン2が怪しかったので一旦クレッフィに引かせても良かったかもしれない。



健士 ○

f:id:knmcwgtb:20140218165223p:imagef:id:knmcwgtb:20140814044724p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043541p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043532p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043538p:imagef:id:knmcwgtb:20140818135925p:image


こちら選出

f:id:knmcwgtb:20140814044723p:imagef:id:knmcwgtb:20140815055035p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043539p:image


(相:グライオン スイクン バンギラス 自:クレッフィ マンムー ローブシン


グライオンに対するマンムーグライオン以外と戦えるローブシンを選出。ビルドローブシンがポイヒグライオンに対してどれだけ頑張れるか試したいのもあった。


1:クレッフィマンムー グライオン地震

2:グライオンスイクン マンムー氷柱

3:マンムークレッフィ スイクン熱湯 火傷

4:クレッフィ光の壁 スイクン瞑想

5:クレッフィ電磁波 スイクン熱湯

6:クレッフィリフレクター スイクン痺れ

7:クレッフィイカサマ スイクン眠る クレッフィ火傷で落ち 死に出しローブシン

8:スイクン熱湯 ローブシンビルドアップ

9:スイクン熱湯 ローブシンビルドアップ

10:スイクン熱湯 ローブシンドレインパンチ

11:スイクン熱湯 ローブシンドレインパンチ 相手死に出しグライオン

12:グライオン地震 ローブシンビルドアップ

13:グライオン地震 ローブシンドレインパンチ

14:グライオン地震 ローブシンドレインパンチグライオン落ち、相手死に出しバンギラス

15:相手降参


相手のスイクンに展開された上にグライオンを残していたので負けかと思ったが、グライオンがAS襷という型だったのでそのままローブシンで押し切ることが出来た。



かっちん ○

f:id:knmcwgtb:20140818135928p:imagef:id:knmcwgtb:20140213014104p:imagef:id:knmcwgtb:20140818135929p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043538p:imagef:id:knmcwgtb:20140218165223p:imagef:id:knmcwgtb:20140818135930p:image


こちら選出

f:id:knmcwgtb:20140814044723p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043539p:imagef:id:knmcwgtb:20140815055035p:image

(相:ラプラス オーロット ライボルト 自:クレッフィ ローブシン マンムー


マンムーが刺さっているので選出確定、クレッフィともう1体はグライオン以外に強いローブシンを選んだ。


1:クレッフィ光の壁 ラプラスハイドロポンプ

2:クレッフィ電磁波 ラプラス絶対零度外し

3:クレッフィリフレクター ラプラス痺れ

4:クレッフィイカサマ ラプラス絶対零度外し

5:クレッフィイカサマ ラプラス絶対零度外し

6:クレッフィイカサマ ラプラス絶対零度外し

7:クレッフィイカサマ ラプラス痺れ

8:クレッフィイカサマ ラプラス絶対零度当り、クレッフィ落ち 光の壁切れる 死に出しローブシン 

9:ローブシンビルドアップ ラプラス痺れ

10:ローブシンマッハパンチ ラプラス落ち 相手死に出しライボルト リフレクター切れる

11:ライボルトメガシンカ メガライボルトボルトチェンジオーロット ローブシンドレインパンチ

12:オーロット宿木の種 ローブシンはたき落とす オボンの実をはたき落とした

13:オーロット身代わり ローブシンはたき落とす

14:オーロット守る ローブシンはたき落とす ローブシン宿木のダメージで落ち 死に出しマンムー

15:マンムー氷柱針、オーロット落ち 相手死に出しメガライボルト 

16:メガライボルト火炎放射 マンムー地震メガライボルト落ち


後半でマンムーが一貫したので勝てた。



トリポカ ○

f:id:knmcwgtb:20140213014107p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043533p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043532p:imagef:id:knmcwgtb:20140213014109p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043526p:imagef:id:knmcwgtb:20140213014105p:image


こちら選出

f:id:knmcwgtb:20140814044723p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043539p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043540p:image

(相:ヘラクロス マリルリ クレセリア 自:クレッフィ ローブシン ゲンガー


障害となるポケモンがいないので基本選出。


1:ヘラクロスメガシンカ クレッフィリフレクター メガヘラクロス地震

2:クレッフィ光の壁 メガヘラクロス地震

3:クレッフィローブシン メガヘラクロス地震

4:メガヘラクロスマリルリ ローブシンビルドアップ

5:マリルリじゃれつく、ローブシン弱点保険発動 ローブシンドレインパンチ

6:マリルリじゃれつく、ローブシンAダウン ローブシンドレインパンチ

7:マリルリクレセリア ローブシンマッハパンチ

8:クレセリアサイコキネシス ローブシンはたき落とす リフレクター切れる

9:ローブシンマッハパンチクレセリア落ち 光の壁切れる 相手死に出しメガヘラクロス

10:メガヘラクロスインファイトローブシン落ち 死に出しクレッフィ

11:クレッフィ電磁波 メガヘラクロス痺れ

12:クレッフィリフレクター メガヘラクロス痺れ

13:クレッフィイカサマ メガヘラクロス地震クレッフィ落ち 死に出しゲンガー

14:メガヘラクロスマリルリ ゲンガーメガシンカ ゲンガー祟り目、マリルリ落ち 相手死に出しメガヘラクロス

15:ゲンガー祟り目、メガヘラクロス落ち


勝つことはできたものの、ログを振り返るとマリルリの攻撃でローブシンで弱点保険発動を狙うよりも3ターン目はゲンガーに引かせて展開していくほうが安全かつ楽に勝てただろう。

7-2で予選1位通過。



決勝トーナメント1回戦 リカノリ ○

f:id:knmcwgtb:20140818175043p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043533p:imagef:id:knmcwgtb:20140818175044p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043529p:imagef:id:knmcwgtb:20140818032602p:imagef:id:knmcwgtb:20140818175045p:image


こちら選出

f:id:knmcwgtb:20140814044723p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043539p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043540p:image

(相:エンテイ マリルリ ユキノオー 自:クレッフィ ローブシン ゲンガー


見慣れないポケモンが多くいるが基本選出。


1:(エンテイプレシャスボール確認)クレッフィリフレクター エンテイ聖なる炎、クレッフィ火傷

2:クレッフィ光の壁 エンテイ聖なる炎、クレッフィ落ち 死に出しローブシン

3:エンテイマリルリ ローブシンビルドアップ

4:マリルリじゃれつく、ローブシン弱点保険発動 ローブシンビルドアップ

5:マリルリじゃれつく、ローブシンAダウン ローブシンドレインパンチマリルリオボンの実発動

6:マリルリじゃれつく ローブシンドレインパンチ

7:マリルリアクアジェット ローブシンマッハパンチマリルリ落ち 相手死に出しエンテイ

8:エンテイ聖なる炎 ローブシンドレインパンチエンテイ落ち 相手死に出しユキノオー

9:ユキノオーメガシンカ ローブシンマッハパンチ メガユキノオー吹雪

10:ローブシンマッハパンチメガユキノオー落ち


4ターン目は体力が万全なので腹太鼓されても問題ないようにビルドアップ



決勝トーナメント2回戦 ユアン ×

f:id:knmcwgtb:20140818175046p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043529p:imagef:id:knmcwgtb:20140228033704p:imagef:id:knmcwgtb:20140818032609p:imagef:id:knmcwgtb:20140218165224p:imagef:id:knmcwgtb:20140228033703p:image


こちら選出

f:id:knmcwgtb:20140814044723p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043539p:imagef:id:knmcwgtb:20140218043540p:image

(相:サーナイト ガブリアス ギルガルド 自:クレッフィ ローブシン ゲンガー



1:(サーナイトトレース確認)サーナイトメガシンカ クレッフィ光の壁 メガサーナイトめざめるパワー

2:メガサーナイトガブリアス クレッフィ電磁波

3:クレッフィリフレクター ガブリアス地震

4:クレッフィゲンガー ガブリアス地震

5:ガブリアスギルガルド ゲンガー身代わり

6:ゲンガーメガシンカ メガゲンガー鬼火 ギルガルドラスターカノン

7:ギルガルドキングシールド メガゲンガー祟り目

8:ギルガルドガブリアス メガゲンガー身代わり

9:メガゲンガー鬼火 ガブリアス地震

10:メガゲンガー身代わり ガブリアス地震

11:メガゲンガー祟り目、ガブリアス落ち 相手死に出しギルガルド

12:メガゲンガーローブシン ギルガルド影打ち

13:ギルガルドキングシールド ローブシンはたき落とす

14:ギルガルドメガサーナイト ローブシンはたき落とす

15:ローブシンクレッフィ メガサーナイトハイパーボイスクレッフィ落ち 死に出しメガゲンガー 

16:メガサーナイト影打ち急所、メガゲンガー落ち 死に出しローブシン

17:メガサーナイトハイパーボイスローブシン落ち


終始ゲンガーで試合の主導権を握ることが出来た。

16ターン目のヘドロ爆弾でメガサーナイトを落とすor耐えられてもローブシンマッハパンチに入れることができれば勝ち濃厚だったが、まさかの影打ち持ちで更に急所に被弾。後で計算したら最高乱数以外耐えていたとのこと。

この日は壁を貼った時に一度も急所に被弾していなかったので、その分が回ってきたと思えば仕方がないのかもしれない。

とはいえ試合内容としては良かったものであり選出ミスやプレミで負けたわけではないのでその点プラスに考えたい。


結果はそこそこだったが、負けない立ち回りでなく勝ちにいく立ち回りが目立ち危ない場面も多かったのが今後の改善点か。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証