だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2014/04 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2014-04-13 日曜日のシアター・イメージフォーラム

knockeye2014-04-13

 今日は体調がよくなかった(このあと風邪を引いた。この時期、風邪のひきはじめと花粉症がまぎらわしくて、対応が後手に回る)。きのうは、平塚市美術館のあと、鎌倉に、藤沢から江ノ電を長谷でおりて光即寺の花海棠を観にいったのだけれど、先週の海蔵寺の感じからすると、今週もまだ大丈夫かなってかんじだったのに、一週間は保たなかったらしく、とうに盛りが過ぎていた。

f:id:knockeye:20140412154355j:image

 今日の予定では、シアター・イメージフォーラムで、ジャック・タチの「プレイタイム(新世紀修復版)」を11:00から観て、そのまま「アクト・オブ・キリング」を13;45から観る強行スケジュールを立てていたのだけれど、一日二本の映画はつらいっつう、気の重さもあったのか(結局、風邪だったんだな)、ちょっとうだうだして、とりあえず、「アクト・オブ・キリング」だけでも観ようかと出かけたわけだった。

 ところが、あなた、びっくり。

f:id:knockeye:20140414001606j:image

 これですから。

 開映の45分前でこれですから。シアター・イメージフォーラムにこんなに人がいたのをはじめて見ました。すでに立ち見の整理券を配り始めていて、次の16:00くらいの回なら観られたんだけれど、ちょっと体調悪いし(風邪引いてたな)、明日もお仕事だし、で、今回はご縁がなかったと云うことで。これは、ジャック&ベティにも回ってくるそうなので、そのときにでも。

 ただ、ジャック・タチの「プレイタイム(新世紀修復版)」の方は見逃したくない。

 というのは、気がつかないうちに、時代が変わっている、そのヒントなりとも得られないものかと、こないだからしつこいようだけど、松本人志の「R100」、あれは、いろんな人が絶賛しているし(みうらじゅんも絶賛してるんだって)、私も実際、面白かったんだけど、ただ、面白がりながらも、これが受けないのもうすうすわかる気がして、その部分を確かめたいという思いがあれからずっとある。

 良し悪しはともかく、今はもっとゆるいもの、自己完結しないもの、波及するもの、イベント性のあるもの、でないと歓迎されないんじゃないかという気がする。

 たぶん、インターネットが観客のありかたを変えてしまったのだろう。

 鴻上尚史が、ニコニコ動画に流れるマーキーみたいなコメントだけど、ああいうこと舞台の観客にされたら、それだけですべてがぶちこわしになると書いていたけれど、演じる側と観る側をはっきり分け隔てるマナーがあることで、あるテーマについて、表現者が発信したものを観客が受信する、というコミュニケーションは成立していたはずだ。

 これは、すべての芸術表現についていえるはずで、展示している絵の前で立ち話しているおばさんたちとか、上映中に携帯で話し始めるおじさんとかが、マナーが悪いというのは、そのコミュニケーションを阻害するからだった。

 つまり、芸術は教養として受け入れられてきたし、芸術を鑑賞する態度は教養主義的な態度だったと言えると思う。それは、ダウンタウンの漫才やコントだってそうだったはずだ。

 松本人志の「R100」は、松本人志の映画としては、多少の迷いはあったにせよ、けっこうな高さに到達していたと思うのだが、にもかかわらず、あれが受けないだけでなく、バッシングの対象にされてしまうのは、映画だけでなく、絵画や、音楽や、笑いにしても、教養としての芸術の価値が揺らいでいることなのかもしれない。

 言い換えれば、芸術を教養として受け入れる価値観がゆらいでいる。あるいは、観客がその価値観を見失っている。

 教養としての芸術が後退して、遊戯としての芸術、ゲームとしての芸術が受け入れられていく、そういう転換点なのかもしれない。それはつまり、反知性という意味である必要はなく、コミュニケーションの形式として、遊戯性や、ゲーム性がなければ、表現を受容できないといった感性を、時代感覚が条件化してしまっているのかもしれない。

 そして、その感覚はインターネットがもたらしたものなんだろうなと思う。インターネットの衝撃はこれからますます広く波及していくんだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140413

2014-04-12 石田徹也展−ノート、夢のしるし

knockeye2014-04-12

 平塚市美術館で今日から始まった石田徹也の展覧会を見に出かけた。

 故人を天才呼ばわりするのは、思考放棄にすぎないかもしれないが、おそらくこの人は今後、天才と呼ばれてゆくだろう。

 今まで断片的に観ていた絵から判断して、もっと寓意的なものか、もっと狭い世界を想像していたけど、こちらの予想よりはるかに完成度も高いし、モチーフの選択も、自由自在で、私小説的な狭さに閉ざされていない。

 それに多作なのもすごい。アトリエにごっそり未発表作が残されていたそうだ。

 美術史の必然と関係なく、こういう才能が突然、「降臨」みたいに登場する。そして、気がつくとすでに死んでる。

 どれも印象的だったが、なかでも、マスターピースといわれるのではないかと思ったのは、<捜索>という作品。

f:id:knockeye:20140413223332j:image

 ここに寓意しか読み取れないとしたら、絵を観ていないのだろう。えぐられた腹に、むき出しになった地層の不快感を感じるし、腕に潜り込んでくる線路にかゆみのような違和感をおぼえる。そして、生きているのかいないのか、自己なのか他者なのかの区別が曖昧になる。

 「芸術が人生を模倣する以上に、人生は芸術を模倣する」と、オスカー・ワイルドは云ったそうだが、もしそうなら、オスカー・ワイルドのその時代、風景が印象派を模倣し始めたように、現在のわたしたちは、もはやいくぶんか、この石田徹也の絵を模倣しはじめているかもしれない。

 早すぎる死が残念だと思う。現在にひっかききずをつけられる、数少ない芸術家のひとりだったと思う。

石田徹也遺作集

石田徹也遺作集

石田徹也全作品集

石田徹也全作品集

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140412

2014-04-10 「THE NEXT GENERATION パトレイバー」

knockeye2014-04-10

 昨日、仕事が早く終わったので、「THE NEXT GENERATION パトレイバー 第一章 」を観る羽目になった。

 もっと、早く終わっていれば、ジャック&ベティに、ほんとは日曜日にいくつもりだった「MUD」を観にいきたかったのだけれど、大岡川の夜桜も名残くらいは楽しめそうだし。

 この「パトレイバー」は、興行の実態についてつかみ切れていなかったが、この調子で一年間、五月、七月、八月、十月、十一月、来年の一月と、順次公開していくらしい。けっこうな英断じゃないか。成立するのかっていう余計な心配をしてしまう。そういうのコンプリートする茶人もいるんだろうな。

 次回、次々回の予告編もついていた。次回は、岩松了がでるみたい。岩松了は好きだから観るかも。

 松本人志の「R100」を観た岡田斗司夫が、たしか

「えー、面白いじゃん、『R100』・・・ちゃんと松本人志が帰ってきてる。」

っていって

押井守作品を観るつもりで観ないと」

とツイートしていたのを思いだした、あ、なるほどなって。

 特車二課のつなぎ、真野恵里菜とかが着てたヤツ、ニーパッドが入ってる方、あれ、おしゃれ。ほしい。

 つなぎは今の季節、楽でいいんだ。去年の今頃は、つなぎの上にコットンのジャケットを着ていた。でも、それは、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のイメージ。

 ロビーに実写版「ルパン三世」のフライヤーがあったけど、黒木メイサの峰不二子、ハンパじゃないな。

f:id:knockeye:20140411020329j:image

 「R100」の話に戻るけど、あれは、松本人志の最高傑作ではないけれど、でも、面白かったのだが、問題は、コミュニケーションとして成立するかどうかで、観客との間合いがまずくなってる。それで説明的なセリフが傷になったりするんじゃないか。で、思うんだけど、オリジナルにこだわらず、原作ものを撮ってみるといいと思う。芥川龍之介の「歯車」を北野武主演で撮ってほしい。

 押井守は、今という時代が、90年代とものすごく違うという意識は持っていると思う。どういう風に仕掛けてくるのかっていう楽しみはなくはない。

 しかし、「トランスフォーマー」の予告編とくらべると、先立つものがないですね。それにつけてもカネのほしさよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140410

2014-04-07 『冬の旅』

knockeye2014-04-07
冬の旅

冬の旅

 辻原登の『冬の旅』。

 フィッシャー・ディスカウの歌う、シューベルトの歌曲集「冬の旅」廉価版CDを、いつ手に入れたのか、持っている。魚津に住んでいる頃は、冬になると必ず聴いた。雪に閉ざされた夜なんかに、あれを聴くと雰囲気が出る。北陸は冬の重たさが違う。

 辻原登が阪神淡路大震災を描いた小説では、『ジャスミン』が最高によかった。

 今回の主人公は、ちょっと不運すぎて笑っちゃう。売れない芸人みたいな。

 自分が男だからか、鳥海さんがセクシー。「わたしはあんたがおもてるような女やないよ」ていうセリフだけど、この歳になってわかるけど、女がそういうときって、つまり「お前じゃ物足りない」つていう意味なんだな。

 辻原登は和歌山の出なので、冬の旅っていっても、シューベルトとはだいぶ違う。和歌山の冬は明るい、とくに、海辺は。

 関西在住のころは、お正月休みに、淡路島経由で和歌山に渡って、川湯温泉によくキャンプに行った。たしか大塔林道とかは雪なんだけど、南高梅とかはもう花盛り、ていう記憶があるな。

 これからこの国全体が下降していくと思うんだけど、きれいに下降していきたいな。みっともない落ち方はいやだな。田舎もんみたいなの一番やなんだ、ああいうヘイトスピーチとか。

 辻原登の長編は、やっぱり、『ジャスミン』と『遊動亭円木』だな。今回のは何だろう?。伊藤整賞は受賞してるし、ラストはよいんだけど、もうちょっとコントラストが欲しかった気がする。もうひとキャラクターというか。

 SNSの時代だけど、人の孤独はあんまり変わらない。でも、時代に合わせて、孤独の表現を変えなきゃいけないていう、作家にとってはめんどくさい時代かも。

 思い出したけど、『許されざる者』買ったままで読んでないわ。引っ越しの時に重なったから。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140407

2014-04-06 『アズミ・ハルコは行方不明』

knockeye2014-04-06
アズミ・ハルコは行方不明

アズミ・ハルコは行方不明

 『ここは退屈迎えに来て』はよかった。あれは、構造が源氏物語。いろいろな女性を主人公にした短編を、集めたようなフリをしながら、実は、ひとりの男子が主人公で、しかも、だんだん時間を遡っていく。ラストシーンがすごくいい。

 こういう風でしか書けない、‘男子の色気’みたいのがあるんだっていうのも発見だったし、女子目線の‘いい男’を描く方法論の発明だったんじゃないかなと思った。

 山内マリコの第二作目(なのかな)は『アズミ・ハルコは行方不明』。

 そうそう、言い忘れたけど、この日曜日は、昨日よりさらに寒くて、どこにも出掛けずに本を読んでいました。

 今度のはちょっと推理小説っぽい。吉本隆明の「推理論」は、

「けっきょくわたしたちが<推理>と考えているものの本質は、はじめに既知であるかのように存在する作者の世界把握にむかって、作品の語り手が未知を解き明かすかのように遭遇するときの遭遇の仕方、そして遭遇にさいして発生する<既視>体験に類似したイメージや、分析的な納得の構造をさしていることがわかる。」

と書いている。

 作者の既知と、語り手の未知が、交差する仕方の魅力を評価しなければならないとしたら、『アズミ・ハルコは行方不明』は、そんなにうまくいっていない。

 とくに、「少女ギャング団」の世界と、「アズミ・ハルコ」の世界がうまくつながっていない。

 「少女ギャング団」の世界と、「アズミ・ハルコ」の世界は接続したかったはずだが、接続できなかったようにみえる。「少女ギャング団」はファンタジーとして消えていくしかなかった。結果として、アズミ・ハルコにもカタルシスがないように思った。

 この小説のようなセックスや恋愛のあり方は、曾野綾子とかには絶対書けないあり方なんだけど、その山内マリコにしても、「少女ギャング団」となると、作者の世界に完全には取りこめないみたい。

 「女子高生」という簒奪されまくり、消費されまくったイメージと、現実の女性はどうつながるのか。つまり、女子高生はどうやって現実の女になるのかだけど、これはけっこうな難題だな。

 ところで、「スプリング・ブレイカーズ」に出演していたジェームズ・フランコは、ネットで17歳の女の子をナンパしたとかで、テレビで謝罪する羽目になったらしい。でも、17歳の女をナンパして何が悪いんだろう?。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140406
2004040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304