だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2015/08 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2015-08-02 法的安定性なの?

knockeye2015-08-02

 「法的安定性」って、もし、民主党が、「集団的自衛権容認」を「違憲」だと主張するなら、「法的安定性」も何もない。こういうあんまり耳慣れない言葉が出てきた時は、警戒しなければならない。

 そもそもは、国会に呼んだ学者さんたちが、みんな、「違憲だ」つったんでこんな騒ぎなんですよ。その文脈からすると、民主党は、「集団的自衛権容認」を「違憲」だと主張していると多くの人が思っているはずだし、そうでなければおかしい。だから、念のためにこう尋ねてみるべきだ。「民主党が次に政権の座に着いた時、集団的自衛権を認めないんですね?。」

 「法的安定性」が登場するのはそういうことにすぎない。「法的安定性」って「法律の内容や解釈を安易に変えてはいけないという原則」だそうな。「違憲」はいつの間にか引っ込んでる。つまり、民主党が政権党の立場にいても「集団的自衛権」は容認する。ただ、「法的安定性」が確保されるだけ。十分に議論を尽くしましたってわけよ。それだけ。

 それはもういい。だから、何度も書いているけど政治の議論として、現実的な議論をしてほしい。「集団的自衛権」なんて重箱の隅の議論でなく。平和憲法も日米安保もそれこそ法的安定性、どころか、法的絶対性で、全く動かないなら、なんのために国会があるのかわからない。法が全く動かないなら、立法府は存在する意味がない。行政と司法だけあればよい。行政が法を解釈して、司法がその是非を判断すればよいわけだから。

 米ソ冷戦が終わり、アメリカが我が世の春を謳歌した時代も、リーマンショックで終わり、中国が台頭して、情勢が流動的になっている今、日本はどうするべきかっていう議論をするのが政治家の仕事かと思ったけど。

 安倍晋三首相が当初言ってた「積極的平和主義」ってのが、その文字通りのことなら、それは「平和国家」日本が今後取るべき道として正しいと私は思いましたけど。

 今後も日米同盟を基本に、平和国家として、経済規模に応じた貢献をしていくべきだし、その議論の中で「集団的自衛権の容認」ということがあったとしたら、こんなに反対されることはなかったと思う。

 ところが「八紘一宇」とか国会で発言されたら、その「積極的平和主義」ってのが「それなの?」ってなるわけじゃないですか。「戦前の八紘一宇を言い換えただけなの?」って。それは致命的にまずい。メルケル首相が同じように「積極的平和主義」と言ったとして、そのあとに、所属する党の議員が「ハイル・ヒットラー」って言ったらまずいわけでしょ。それとほとんど同じだから、あの三原じゅん子の発言は。

 マスコミもデモも含めて、今の状況が茶番なのは、「集団的自衛権」みたいな端っこの議論だけで、これからの日本の外交をどうすべきかという全体の議論が全く抜け落ちている。すくなくとも、米ロの間で日本がどのようなスタンスをとるのかは、世界の安定にとって非常に重要だと思うし、緊急の課題だとも思う。それに、米中、中ロ、中印、A.S.E.A.N.と中国、イスラム諸国と西欧諸国、といった関係の、日本はけっこう結節点に近い位置にいるので、日本が貢献できることは多いはずなのだが、現実にはかくのごとく思考停止状態で、しかも、この思考停止を民主主義だと思っているらしいのだから、茶番というより表現がみつからない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150802

2015-08-01 「人生スイッチ」〜「ウイングス ロックショウ」

knockeye2015-08-01

*「人生スイッチ」

 アルゼンチンの映画。オムニバス形式で脈絡の無いエピソードが羅列されてゆきます。だから、プロットみたいのはない。実は、一話目のあいつが、最終話のあいつの・・・みたいな余計な心配しなくてよい。

 エピソードとしては面白いけど、それひとつで1本の映画は、ちょっと弱い。だけど捨てがたい、そんな話を持ち寄って、気張りすぎず、かといって、手も抜かず、楽しんで作っている。

 5話目の「愚息」は、資産家のドラ息子が、まるでギリシャ悲劇の主人公みたいに慨嘆して帰ってくる。酒酔い運転で事故を起こした様子。テレビをつけると、妊婦がひき逃げされたというニュースがセンセーショナルに報道されている。資産家は、息子のために弁護士、検事に手を回し、雇い人に言い含めて、身替わり証言をさせようとするが・・・という話。

 わたくし、早とちりな方なので、実は、この「愚息」女の子にフられただけでした、とか、そういうオチだと思って、笑ってたの。違ったわ。

*「マッドマックス 怒りのデスロード」

 これは、実は、公開初日に観た。シャーリーズ・セロン最高。「33年後のなんとなくクリスタル」を読んで、30年後のマッドマックスを観る。ああ、お前は何をしてきたのだと、吹き来る風が私に言う。

 オーストラリアの平原を‘セマイ’っていうのかな、トレーラーみたいなでかいトラックでズーッと走ってくじゃないですか。で、雨が降ってきて、タイヤが泥濘にとられたりするでしょう。あの感じが、リアルに旅の感じなんですよ。自分の2002年の旅でいうと、ハバロフスクからヤクーツクまでの道中は、ほんとに自分のバイク以外は来る日も来る日も、ほぼトラックで、同じトラックを抜いたり、抜かれたり。それで、連中も河原に下りてキャンプしたり。ヤクーツクの町はそんなに強い印象はないけど、そこまでの道は今でも頭に残ってる気がする。

*「アリスのままで」

 ジュリアン・ムーアがアカデミー賞を獲得した。たぶん、原作がよいのだと思う。原作のファンが観に行ってヒットしたって事って、ままあるじゃないですか。でも、この同じモチーフの映画、「ペコロスの母に会いに行く」、「愛・アムール」に比べると、家族の描かれ方が通り一遍な感じ。ホントは家族の映画のはずだと思うけど、とくに、家族性のアルツハイマーなわけだから。

 ちなみに、アルツハイマーは、肉食動物にしか発症しない。アルツハイマーの草食動物はいない。この研究の第一人者、ルドルフ・タンジてふ人のインタビューがNEWTONに出てたけど、やっば、ベジタリアンだそうです。しかも、トランス脂肪酸3を摂取するため、毎日、亜麻仁油を摂り、アミロイド対策に、ペルーの「キャッツクロー」てふハーブ、インドのアシュワガンダてふハーブを常食しているそうだ。みのもんたが辞めてから、こういう話題聞かなくなったね。

*「ポール・マッカートニー&ウイングス ロックショウ」

 「野火」を観に行こうと思って、moviewalker見てたら、丸の内ピカデリーで、ポール・マッカートニー&ウイングスのライブ映画が。とりあえず、こっちが先だなと思って。

 1976年のこのアメリカツアーは、3枚組のLPになってたの憶えてるな。「The Long And Winding Road」を、ビートルズ時代も含めて、初めてライブでやった。まだまだビートルズの余韻が強い頃だから、観客は「ギャー!」って、誇張でもなんでもなく、ホントにそんな感じ。「Yesterday」のときも。

 当時は裏の事情が分かってなかったから、ビートルズの解散について、ポール・マッカートニーの決断にわだかまりがあった。あ、当時っていっても、リアルタイムの当時じゃないです。私が聞いてた当時。でも、ブライアン・エプスタインの死が結局大きいんだっつう、地味な結論になりますね。

 特に、アラン・クレインていう、今では「詐欺師」以外の評価はされないと思うんだけど、一時期、ローリングストーンズのマネジメントをしてたアメリカ人が、ジョン・レノンには「隣の芝生」に見えていたらしい。

 ブライアン・エプスタインていう、リバプールのレコード屋の店主が、ビートルズにとって大事だったって話が、リアルに感じられる。時代なのかも。

 映画のオープニングに、今のポール・マッカートニーが当時を述懐するんだけど、ウイングスを始めた頃は、リンダのことを「あんなおばさん入れてどうするんだ?とか言われたけど、ビートルズの経験があったから、ゼロから作っていくっていう・・・」

てことは、ビートルズを辞めた時、ゼロから始めるつもりだったんだ。すごいね。

http://youtu.be/pEil2e_bUvg

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150801

2015-07-30 安倍首相のたとえ話と右傾化について

knockeye2015-07-30

 集団的自衛権を説明する安倍首相のたとえ話が分かりづらいそうだが、もし、分かりやすかったとしても、譬えは所詮、譬えにすぎない。譬えが分かりやすければ真実ということにはならない。

 例をあげると「右傾化」という言葉があるが、これも実は、言い古された譬えにすぎない。ホントに右に傾いていたら、脊椎湾曲の疑いがある。ところが、言い古されているというだけのことなのに、「右翼、左翼」というその譬えを「分かりにくい」という人はいない。もしも、更につっこんで、その「右、左」って何のことなんですか?、と尋ねてみたら、それを分かりやすく説明できる人がどれだけいるだろうか?。もちろん、これは修辞疑問である。いるわきゃない。なぜなら、これは、東西冷戦の時代に、便宜的に使われていた表現にすぎない。そのときでさえ、いわば、符牒にすぎず、言葉としての内容をともなってない。

 それを、東西冷戦なんて、とっくに、とっくに終わっている今に至ってまだ、「右傾化」とかいう言葉で何かを言い表すことができると考えているとしたら、言葉に鈍感すぎるだろう。

 「左だ、右だ」で世界を把握したつもりになれた時代は遥かかなたに過ぎ去った。その、今、東西冷戦を前提とした安全保障政策を高いコストを払って維持している異常になぜ気がつかないのか?。流動的な状況の変化に、柔軟に対応できる安全保障政策のあり方が、議論されて当然ではないのか?。

 安倍首相のたとえ話が分かりにくいのは、もしかしたら、「右だ、左だ」のたとえ話を分かりやすいと思っている、そのアタマに問題がある可能性もある。

 最近の官邸前のデモの報道を見るにつけ、脱力してしまう。反原発のデモはわかる、反差別のデモも分かる、しかし、今のデモはいったい、何が言いたいの?。

 村山富市って、あの人、自社さ政権で、自分が政権の座に着いた途端に、それまで「違憲だ」って言ってた自衛隊を「合憲だ」って言った人なんですよね。民主党は、沖縄の基地を「最低でも県外」つって、300を超える議席を獲得していたのに、つまり、私も含めて、国民の圧倒的な支持を集めていたのに、政権を投げ出して逃げたんですよね。

 責任のない立場なら、何でも言える。政権についたときに、何やったかで、評価すべきじゃないですかね。

 だから、今のデモが「安倍は憲法改正するって言ってたのに、解釈改憲するのはけしからん」って怒ってんなら、意味わかるんですよ。「平和憲法を守れ」って言うなら、それは、「日米安保を維持しろ」ってことなんで、だったら、米軍との同盟強化を意味する「集団的自衛権の容認」に怒ることはないんですよ。意味わかんないです。

 どうなんだろう。アメリカの立場から見たら、今の「右と左」のいがみ合いは、飼い犬同士の喧嘩みたいに見えるんじゃないだろうか?。吠えグセのある犬とやたらに卑屈な犬が噛み付き合ってる。自分たちの現実を自分たちで分析して、まともな政策論議ができないものだろうか?。そうあるべきだと思うのだけれど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150730

2015-07-28 オスカー・ニーマイヤー

knockeye2015-07-28

 東京都現代美術館のオスカー・ニーマイヤー展について書こうとしている。ル・コルビュジエと共同で、ニューヨークにある国連総本部を設計したブラジルの建築家だが、そのまえに、同じく東京都現代美術館で開催されている「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」という展覧会から、会田誠の作品が撤収されたいきさつについて、作家本人の声明があるので、紹介しておきたい。

m-aida.tumblr.com m-aida.tumblr.com

 横尾忠則の作品を撤去しろと韓国人が抗議したとき、ニューヨーク近代美術館がとった毅然とした態度に比べて、なんという違いか?。「ここはだれの場所?」も何も、「役人の場所」以外の何なんだ?。しらじらしい。

・・・

f:id:knockeye:20150720124813j:image

 1960年に造営された、ブラジルの首都ブラジリアは、オスカー・ニーマイヤーが、ほぼひとりでデザインした。ブラジリアも京都も世界遺産に登録されている。桓武天皇が平安遷都したのは1200年前。なにか、時間の感覚が揺れる。ボサノバを創ったヴィニシウス・ヂ・モライスと写っている写真もあった。

f:id:knockeye:20150720124755j:image

 改めて、若々しい国なんだなぁと思う。そんな若々しい国に住んでいるのは、どんな気持ちのものだろう。ブラジルには日系人もいっぱいいるけど、漏れ聞いたところでは、世代が進むと、あっという間に融和してしまって、民族のアイデンティティーがなくなっちゃうのが悩みとか。何かうらやましい気がする。

 私たちだって遡っていけば、中国、朝鮮、東南アジア、色んな血が混じっているに決まってる。スヴァンテ・ペーボによると、私たちのDNAには、ネアンデルタール人との交配のあとがあるそうだし、大野晋によれば、ここで書いているこの日本語は、南インドのタミル語と同系だそうだ。国民意識は、中央集権のために役人がでっちあげたご都合主義にすぎないのだが、まるで宗教みたいに信じてる連中、ホント、はた迷惑だな。

「20世紀最後の巨匠  オスカー・ニーマイヤー」というマーク=アンリ・ウォンバーグの60分の映画が見応えがあった。ブラジルは、一時、独裁政治に陥っていた時があって、共産党に入党していたオスカー・ニーマイヤーは、フランスに移住を余儀なくされる。フランス共産党本部は、オスカー・ニーマイヤーの設計。

 この映画は、2001年のオスカー・ニーマイヤーを映しているのだが、こう言っていた。

「昔は、貧乏人が金持ちを憎んでいたが、今では、金持ちが貧乏人を憎んでいる。」

 鋭い、と思うのだけれど、でも、なぜなんだろうと考えてみると、人は、ありえたかもしれない「可能性」にすがって、他人を憎むのかもしれない。世界が膨張していくときは、金持ちになれたかもしれない、なれるかもしれない、のに、自分は貧乏だっていう状況が怒りになりうる。でも、世界が収縮していくときは、自分は金持ちだけど、いつ貧乏になるかわからないし、貧乏だったかもしれないっていう惧れが、憎悪になりうる。いずれにせよ、それは執着だろう。妄念にすぎないものを、現実であるかのようにふるまうことで、信じてしまいたいのだろう。

 荒野に忽然と姿を現した都市が、歴史主義的でないのは、必然のように見えつつ、実は偶然かもしれない。ブラジリアがゴシックや、ルネッサンスの様式で建てられていたら、残念な感じだったろうと思うのは、今あるオスカー・ニーマイヤーのブラジリアから遡った感想にすぎないのかもしれない。たとえば、パリのノートルダム寺院、たとえば、フィレンツェの花の聖母寺、ル・コルビュジェのロンシャンの礼拝堂、そして、ブラジリアのドン・ボスコ聖堂、どれも美しい。どういうわけか、カトリックばかりだけど。

 書き忘れていたが、Bunkamuraでやっていた「ボッティチェリとルネッサンス」という展覧会も観に行った。ルネッサンスの人文主義、ギリシャ古典の再評価は、キリスト教にとって、否定というのが過激なら、少なくとも、相対化であるのは、確かなことだろう。

 ルネッサンスにやや遅れて起こる、宗教改革という現象は、少なくとも、フィレンツェにおいては、反動にすぎない。巨匠たちの絵を広場に集めて火にくべたサヴォナローラは、今の私たちから見れば、半狂乱の教条主義者にすぎない。だが、宗教改革を経てきたからこそ、私たちは「信教の自由」を口にすることができる。誰も宗教から人間を追い出すことはできない。人間が神の似姿だとしたら、人間を賛美して悪いはずはない。

 ところが、ボッティチェリ自身は、サヴォナローラが火あぶりにあった後も、むしろ、彼に同情的であり、生涯、ふさぎの虫に取り憑かれていたようなのだ。

 なんか、オスカー・ニーマイヤーの憂鬱そうな顔を見ていて、何となく、この話を思い出した。

f:id:knockeye:20150323212741j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150728

2015-07-23 『茶室学』

knockeye2015-07-23
藤森照信の茶室学―日本の極小空間の謎

藤森照信の茶室学―日本の極小空間の謎

 なんかもっと軽いエッセーみたいの読んでるつもりで読み進んだんだけど、案外ほんとに「茶室学」で、利休の待庵の成立過程を推理するくだりなど、梅原猛柿本人麻呂論くらいスリリング。

 全体の構成としては、まず、藤森照信とお茶、茶室との出会い。次に、縄文の縦穴式住居、弥生の高床式住居から始まる、日本の建築史と茶室との関係。それが、桂離宮、小堀遠州あたりで一旦途絶えて、一気に近現代まで飛ぶ。

 第五章 「建築家の茶室」にあたるのだが、この章がとても面白かった。

 桂離宮に小堀遠州がどのていど関わったかは、いまだに謎なのかもしれないが、千利休、古田織部、小堀遠州と継承されてきた、徳川以前の茶の、伝統と言うより意識というか‘イズム’が、ここでいったん途絶えたのは、桂離宮が、近代になって発見されることから逆に証明されるのだろう。

 この発見者としてブルーノ・タウトが有名なのは知っていたが、なぜ、ブルーノ・タウトが桂離宮にそれほど感動したかは、ながく西洋建築を限定してきた歴史主義の行き詰まりがあり、そこから抜け出そうとする先駆者にとって、脱歴史主義の美しい実例として、桂離宮が存在したからだろう。

 ブルーノ・タウトが桂離宮の背景にある、茶の美意識を知ってものを言っているとは思えないが、しかし、彼を感動させているのは、まちがいなく千利休以来の茶の美意識であるのがおもしろい。

 一方で、日本人の建築家たちもまた、茶室を発見する。

 1837年に「茶室建築に就いて」を書いた武田五一、藤井厚二の聴竹居、そして、堀口捨己へと続く、日本における茶室研究の流れが、西洋建築の、アール・ヌーヴォー、デ・スティル、バウハウスというねりと奇妙に、「錯綜している」、そのありようが面白かった。

 前に、鎌倉の美術館で、石元泰博というアメリカ生まれのカメラマンが撮った桂離宮の写真を見たが、そのとき、私が見たものも、発見の感動だった。17世紀初頭の日本に、モダニズムが存在したことを発見することが、なぜ感動的なのかといえば、何ものにもとらわれない自由な美の表現が、300年後の私たちにも圧倒的な美意識として感応されるということが、民族主義、歴史主義にとらわれた差別的な意識の敗北を、無言のうちに、しかも、美しく明るく軽やかに宣言しているからだ。

 美しさに民族も国境もない。

 巻末の、磯崎新との対談も面白かった。

 以前、ワタリウム美術館の展覧会で見た‘〈 間〉展 日本の時空間 1978’への言及もあった。磯崎新というこの人はやっぱり面白いと思う。

 この対談を読みながら、思い浮かべていたのは、大阪万博のときに、丹下健三がデザインしたお祭り広場と、その天井を突き抜けて立っていた、岡本太郎太陽の塔の姿だ。あれは70年代の日本のパワーを確かに示していただろう。

 磯崎新は、新国立競技場についても声明文を書いている。

 最近の報道によると、仕切り直しになった新国立競技場について、「周囲の景観に調和」とかなんとか、もっともらしい言いぐさが、まかり通りつつあるようだが、なら、新しく建てるな!。元のヤツがいちばん調和しとるわ。ザハ・ハディドの案は、あの違和感がよいのよ。

 その「調和」云々は、何が言いたいのかは、バカでなきゃわかる。要するに、安物を造って高く売る、その布石だろ?。この土建屋行政は、前のオリンピックから今回まで、たしかに一貫している。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150723
2004040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
2014010203040506070809101112
20150102030405060708