だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2015/09 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2015-09-03 「戦後70年談話」の「積極」と「平和」

knockeye2015-09-03

 ちゃんと目を通していなかった、安倍首相の戦後70年談話を、通しで読んでみた。

 しごくまっとうと思う。目を皿のようにして探せば、ひとつやふたつのアラは出てくるかしれないが、そういうことに労力を費やすタイプではない。

 この談話の直後に、村山富市が、「何を言っているかまったくわからない」と記者会見しているのを、実家のテレビで見たが、それはおかしい。多分、最初から、そう発表するつもりだったのだろう。結局、55年体制における「社会党」とは、そういった茶番にすぎなかった。

 戦後70年談話で、政権の支持率もやや回復したそうだ。おおむね評価されたとみていいのだろう。

 第三者的で当事者的でない、といった旨の、指摘も目にしたが、70年以上前の歴史に、芝居がかった「当事者的」な態度は、偽善的なだけでなく、その後の70年を軽んじすぎているだろう。今の私たちは、戦争の当事者であるより、多くは、戦後の当事者であり、戦前、戦中に比べて、戦後の歴史は重くない、と誰かが言ったとしても、私たちが背負わされたその戦争という十字架は、戦後日本という姿をしている。

 戦争に至る70年と、戦後の70年を比べれば、私は迷わず戦後の70年をとる。それでも、その戦後70年をバラ色の日々と懐かしむ気にはなれない。ただ、そうした歴史を振り返り、日本の今後を考えると、「積極的平和主義」という方向それ自体は間違っていないと思う。

 しかし、何度も言うように、その一方で、党の議員が「八紘一宇」とか、「沖縄の新聞はつぶせ」とか、「戦争に行きたくないのは利己的だ」とかの発言を繰り返していては、ガバナンスに不安を感じずにいられない。

 また、北方領土をめぐるロシアとのやりとりで露呈したように、「積極的平和主義」を実践に移すには、政治家も官僚も、その能力があまりにつたない。「集団的自衛権行使容認」くらいのことで、国民に不信の念を抱かせるのは、そのつたなさでもあるだろうが、戦後の自民党政治は、「積極的平和」というより「積極」と「平和」につねに分裂してきたことを、国民が理解しているということでもあるだろう。安倍首相が掲げる「積極的平和」が、たんに「平和」を捨てて「積極」に走るだけのことではないのか、と疑いをもたれているし、根拠のない疑いとまでもいえないだろう。

 北方領土問題と沖縄の基地の問題は、第二次大戦の戦後処理の問題であるわけだから、それは戦後の問題そのものであるという意味で、「積極的平和」という連立方程式の具体的な解は、この二つの問題の解決の仕方にあるだろう。この二つの問題が未解決で先送りされたままなら、「積極」と「平和」は依然として分裂したままだということなのだ。安倍首相が「積極的平和」に説得力を持たせるつもりがあるなら、この二つの問題を解決して見せなければならないだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150903

2015-08-30 ‘huge’国会前のデモ

デモの写真by毎日新聞

 冴えない天気でうだうだ。本を読んで、映画を観て、半日オフラインでいたら、国会議事堂前はデモですごいことになっていたらしい。

 しかしながら、このデモは、反原発、反ヘイトのデモと違って、何が言いたいのか、いまひとつハッキリわからない。「戦争法案反対」と言っているが、何度も言うように「戦争法案」という法案はない。ないものに反対するってのも、おかしな話だが、つまり、「集団的自衛権行使容認を含む安保法案」を「戦争法案」だという仮説を立てて、その「戦争法案」に反対しているのだろう。だが、私にはその仮説はあまり堅牢に見えない。

 ほんの10日前ほどのことだが、招かれて来日していた「積極的平和」の提唱者である、ヨハン・ガルトゥング博士が、講演でこう語ったそうだ。

「日本には平和運動(Movement)がない。あるのは反応(Reaction)だけだ。憲法9条を安眠枕に寝続けている。起きて未来に向けてクリエイティブに何ができるのか右派左派を超えて考えねばならない」。

 先日、紹介した松本人志の「反対と言っているだけで意見じゃない」は、ほぼ同じ意味にとっていいだろう。対案なんてなくていいんだという人もいるが、それこそ、ただ「反対」と言いたいだけならたしかにそれでいい。「戦争反対」に異論はない。「戦争反対」とデモすることにも異論はない。だが、対案がないなら、現に、安全保障についての提案である「集団的自衛権行使容認」が通るしかない。

 対案がないということは、「その法案に反対するが、その法案が成立するについてはやむをえない」と言っているのと同じ事だ。道の真ん中で動かない車はレッカー移動するしかない。高速の車線上にいて、動きたくないと言われても迷惑なだけだ。

 一方で、政府の側が拙劣であるのも、また事実だろう。

 具体的に言えば、先日も書いた通り、米ロの緊迫した関係について、北方領土の問題もあり、また、森喜董安倍首相とプーチン大統領との個人的な親好もあるので、もし、「積極的平和」を今後の外交の理念とするなら、なんらかの行動を起こすべきだった。ところが、日本政府の対応は、まったく対米追随にすぎず、プレーヤーの自覚すら感じられなかった。スローガンに足腰がついていってない。

 この懸念については、江田憲司も書いている。彼自身、「30代の若手官僚時代は、安倍首相を凌ぐ?『イケイケドンドン』の『普通の国』論者だった。集団的自衛権などはフルに認め、自衛隊も海外にドンドン出せば良いという考えだった。」そうだが、湾岸戦争当時の政治家の仕事ぶりを目の当たりにして「コペルニクス的転回」をした。

「選挙で外交や安全保障の見識が問われない、いや、それでは票にならない」日本の政治家は「安保、国防についての専門知識に疎く、ましてや、それに携わった経験もない」「こんな日本の政治家のレベルでは、自衛隊を海外に派遣してオペレーションするのは、子供に鉄砲を持たせるようなものだ」と悟った。

 そして、こう書いている。

「安保は、理想を語れば良いというものではない。ましてや、『机上の空論』であってもいけない。仮に理屈や論理では正しくても、現実には、その通りにいかないのも安保である。だからこそ、自衛隊の海外活動には、しっかりとした歯止めをかけなければならないのだ。」

 しかし、「安保、国防についての専門知識に疎」いものに、「しっかりとした歯止め」がかけられるのか?。政治家はアマチュアであってもかまわない。国民が納得するまで専門家とオープンな議論をしてほしい。その議論の部分が民主主義なはずだが、この国では民主主義が信じられていないために、議論を避ける技術が政治だと思われているフシがある。その意味では、強行採決とデモは同じ発想に基づいているろう。

 ピース又吉効果でバカ売れしているはずの、文藝春秋今月号には、「一九六〇年、わが学生運動の挫折」という、立花隆の投稿がある。

 長崎出身という事もあり、原水爆禁止協議会に参加した立花隆は、原水爆の怖ろしさを世界に伝えようと、ロンドンの学生青年核軍縮国際会議に参加すべく日本を後にした。六〇年安保のデモが国会前を埋めるひと月前のことだったそうだ。

 欧州で、自由にものを言い、立場の違いを認めながら、ともに運動する「平和運動」を経験した後、帰国して目にした、党派心まるだし、派閥意識でいさかいが絶えない、日本の学生運動に失望して、運動から離れる。そのとき、ロンドンで親しくしていたカナダの運動家に、「目的の正しさだけでは運動は起こらないし、有効な運動にもならない。」君は夢想家だと手紙を書いて絶縁してしまう。

 ところが、ほぼ半世紀ぶりに彼に会うと、なんと、カナダでは実際に反核を成し遂げていたそうだ。

 今の、日本のデモが六〇年安保と同じ道をたどるのか、それともカナダの核軍縮運動のような成果をあげるのか、予断は許さないが、まず、六〇年安保の時のような党派心、選民意識は、ないだろうか?。自分と意見の違う人と建設的な議論ができているだろうか?。ただ、反対しているだけで、夢想すらないなら、いったいどうやって世界が変わるのか、私には理解できない。

 もうひとつは、反対するのは良いが、その政治的受け皿がない。二大政党の野党は民主党のはずだが、民主党が政権党になったとき、集団的自衛権行使を容認しないと、確約でも取っているのか?。

 今回の大規模なデモは、世界でも大きく報じられているが、ただ、日本が「集団的自衛権行使容認」に踏み込むについて、批判的だった国は多くなかったと記憶しているので、海外のメディアがこれをどう報じるか、注目したい。

 皮肉な見方をすれば、アベノミクスで雇用が改善したからこそ、学生にこんなデモをやる余裕が生まれたとも言えるのかもしれない。炎上なれしたネット民が、現実世界に溢れてきただけかもしれない。

 私には、「集団的自衛権行使容認」がそれほど大問題とは思えないが、いずれにせよ、それは、安全保障全体にとって、従であり、部分であるには違いない。全体のグランドデザインについて、何の議論もせず、部分について先鋭化してゆくのは、滑稽であるし、いつか来た道に見える。

Huge protest in Tokyo rails against PM Abe's security bills - Yahoo News Huge protest in Tokyo rails against PM Abe’s security bills - Yahoo News

ガルトゥング博士の来日目的は真の「積極的平和」を基とした3つの提言をすることだった | 関根健次 ガルトゥング博士の来日目的は真の「積極的平和」を基とした3つの提言をすることだった | 関根健次

安保法制で考えておくべきこと・・・国会議員の安保への無知 - 今週の直言 安保法制で考えておくべきこと・・・国会議員の安保への無知 - 今週の直言

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150830

2015-08-29 「テッド2」、「わたしに会うまでの1600キロ」

knockeye2015-08-29

 今週の週刊文春小林信彦のエッセーは、塚本晋也監督の「野火」について。タイムリーとは言えないと思うんだけど、小林信彦はさすがに「のびのびになった」とか書かないね。俺が先に書いちゃったからかなぁ。いいのに、使ってくれて。

 急に秋めいてきて元気いっぱい。けふは映画を2本観ました。まず、「テッド2」です。

 1作目は言わずと知れたまさかの大ヒット。セス・マクファーレンはアカデミー賞の司会までつとめて顰蹙を買ったんだけど、今回のは前よりさらにイイ。これは、けっこう稀有なことですよ。「キック・アス」も、「ハングオーバー!」も2作目は「うーん」て感じになってた。想像だけど、スタッフ全員がわかってる感じ。こういうの作る現場にひとりでもわかってないのがいると、のってけないと思うんだけど、そういう痕跡もない。それから、地味に重要だと思うのは、町山智浩が、字幕の監修をしている。前回は面白かったけど、2作目はどうかなぁとか逡巡する必要はありません。「荒野はつらいよ・・・」でこけたのが逆に良かったのかも。

 ちなみに、テッドの方が前作のカノジョと続いてて、相棒のマーク・ウォールバーグの方が破局してるていう設定がストーリーの推進力になってる。そこが勝利のポイントかも。今回のマドンナはアマンダ・セイフライド。前回のミラ・クニス同様チャーミングです。

 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」でも感じたけど、Twitterとか、Googleとか新しい文化を映画に反映するの、アメリカ映画はホントにうまい。古い話になると、故・ノーラ・エフロンの「ユー・ガット・メール」のメールや、「ジュリー&ジュリア」のブログとか、時代を映す旺盛な食欲がコメディやパロディには絶対欠かすことができない要素だと思います。

 それで、ついでに思い出したけど、テッドが、モーガン・フリーマン演ずる弁護士に、「今の君は、ジャスティン・ビーバーだ」と言われるシーンがあった。ジャスティン・ビーバーが来日して、靖国に参拝したことがあって、それをネトウヨが喜んでんの。国際的には、靖国って、「ジャスティン・ビーバーが参拝する場所」なのよ。あんなのまじめな顔して参拝してる政治家はホントバカだよな。天皇陛下は絶対参拝しないでしょ。それが、まともな政治感覚というもんです。

・・・

 もう一本は、「わたしに会うまでの1600キロ」という、なんともモッチャリした邦題が話題になってる、リース・ウィザースプーン主演の実話です。

 監督は「ダラス・バイヤーズクラブ」を撮ったジャン=マルク・ヴァレ。脚本と製作総指揮は、ニック・ホーンビィ。実話を撮るのがうまいということは、派手な見た目にごまかされないで、本質を描くのがうまいのでしょう。

 同じ大学に通い始めた母親との会話。

「わたしが同じ年の頃の母さんより教養があるなんて、想像もしなかったでしょ」

「いいのよ、思い描いた通りだわ、それで自分が傷つくとも知らずにね。」

 なぜかわからないけど、人生につまずいたときに、長旅が効くのはホントみたい。長旅あるあるは満載です。たとえば、ヒッチハイクしようとして、「誰かレイプしてバラバラ死体にしてくんねえかな」とか、一瞬頭をよぎる感じとか、歩きながらのひとり言とか、同じ歌が頭の中でずっと回ってたり。

 この主人公が歩いているのは、パシフィック・クレスト・トレイルというロングトレイル。日本でもロングトレイルを整備しようという動きはあるけど、この長さの自然歩道は到底無理。でも、日本でも徒歩で列島縦断している女性もいるし、実際にしたクレイグ・マクラクランていうニュージーランド人もいた。それから、日本人でアメリカのロングトレイルを歩いた人では、ジョン・ミューア・トレイルを歩いた加藤則芳が、多分、有名です。

 世の中には、旅人と村人がいるらしいけど、そのどちらか一方の視点しかない人は、差別的になりがちだと思う。

『わたしに会うまでの1600キロ』公式サイト 『わたしに会うまでの1600キロ』公式サイト

わたしに会うまでの1600キロ

わたしに会うまでの1600キロ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150829

2015-08-25 北方領土と積極的平和主義

knockeye2015-08-25

 報道によると、ロシアのロゴジン副首相って人が、メドベージェフ首相の択捉島訪問に、岸田外相が「極めて遺憾」と抗議したことについて、「真の男ならば、伝統に従ってハラキリし、おとなしくすべきだ。彼らはただ騒いでいるだけだ」とツィートしたそうだ。

 「日本のいちばん長い日」を観た直後なので、「ハラキリ」には、苦笑してしまうものの、北方領土って、戦後、日本人がそう呼んでいる、択捉、国後、歯舞、色丹の島々は、ロシアが実効支配しているだけでなく、実際にロシアの人達が暮らしてる。尖閣や竹島のような無人島じゃないわけ。

 戦後、もう七十年、その間、ロシア人がずっと暮らしている。そこに、ロシアの大統領なり、首相なり、映画スターでも、ロックスターでも、訪ねて当然なんで、その度ごとに、「遺憾の意」って、日本の政治家の無策無能ぶりには、たしかに「ハラでも切れ」と言いたくなるのは、日本人としてもまったく同感です。ホントに「騒いでるだけだ」。

 最近はさすがにバカさ加減に気がついてやめたと思うけど、私がバイクで北海道をツーリングしていた頃は、「返せ!北方領土」という立て看板がいっぱいあった。日本の国道に、日本語で「返せ!」って言われても、誰も持ち合わせがない。

 だから、あれはさ、今回の岸田外相の「遺憾の意」と一緒なのよ。

 あの立て看板立ててたのは、行政なのか、どっかの団体なのか知らないが、ロシア人は通りかからないし、通りかかっても読めないし。ロシア人に向けたメッセージじゃないのは明らかでしょう。誰に向けて書いてるのかといえば、日本人なわけよ。

 つまり、日本人のいつものアレ。内向きの「同調圧力」ってヤツで、「なんか変なんじゃないの?」とか、「意味ないと思うんですけど」とか、まっとうな議論を寄せつけないもので、その意味で、もう言葉とは言えない。もちろん、政治なんかじゃないわけ。問題を解決する意思がない。そこに、国益とか、国際秩序とか、防衛とか、そういう意識は全くないわけ。

 パブロフの犬以下ですわ。岸田外相は、「非建設的な発言にコメントするのは控える」といったそうだが、「遺憾の意」を繰り返すのが建設的か?。

 だから、ついでに言っておくと、いま、「戦争法案反対」とかデモしてる人たちがいるでしょ?。とりあえず「反対」って言っときゃ、なんかいい気分だろうね。でもそれは、北方領土を訪問するロシアの首相に、反射的に「遺憾の意」っていう、そんな政治家とどうちがうの?。

 ま、そんな政治家相手だから、そんなデモなんでしょうけどね。こういう状況全体を指して「平和ボケ」っていうのは、言葉として正確だと思う。

 ちなみに言っておくと、去年の10月に行われた、自衛隊とロシア海軍の共同訓練に際して、

米海軍のロバート・トーマス第7艦隊司令官は、日本とロシアの共同軍事演習は、有益な接触だ。日本の海上自衛隊がロシア軍と連携することは、米ロが直接対話をできずにいる現状では、対話の窓口としての役割もあるのでは、と

発言していたし、安倍晋三首相も今年4月のオバマ大統領との会談で

ロシアとの関係を巡り「日本は平和条約交渉もあるので対話は重要だ」との考えを伝えていた。

 また、6月の記者会見でプーチンも

北方領土問題について「すべての問題は解決可能だ。そのためにも会談することが必要だ」と述べ、安倍晋三首相との首脳会談に意欲を示した。

ただ、同時に

「ロシアだけでは何もできない。日本からの動きを待っている」とも言明。「我々の関係が冷え込んだのは日本側の責任だ」と述べ、領土交渉の進展にはウクライナ問題を巡って日本が科した対ロ制裁の解除が必要との認識を重ねて示した。

 つまり、米ロ双方から、日本は何らかのアクションが期待されている状況にあったのだが、この間、日本の外交関係者は何かしたのか?。といえば、そりゃ、いつも通りの「遺憾の意」を見れば、何にもしてなかっただろうことは、容易に想像できる。

 米ソ冷戦が終わった、しかも、とっくに終わった、現在、当然、その変化に対応していかざるえない。なんでも「反対」、なんでも「遺憾の意」は、政治じゃない。

 安倍首相も、「積極的平和主義」が本物なら、米ロの冷え込んだ現状に対して、「積極的」なアクションを起こしてほしい。そうしたひとつの行動が、千の言葉より説得力を持つはずだ。

日本政府の抗議に露副首相「男ならハラキリを」 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 日本政府の抗議に露副首相「男ならハラキリを」 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

プーチン大統領、安倍首相との会談に意欲  :日本経済新聞 プーチン大統領、安倍首相との会談に意欲  :日本経済新聞

首相「ロシアとの対話重要」 オバマ氏に伝える  :日本経済新聞 首相「ロシアとの対話重要」 オバマ氏に伝える  :日本経済新聞

日ロ、防衛交流の継続確認 昨年12月に相次ぎ会合 - 47NEWS(よんななニュース) 日ロ、防衛交流の継続確認 昨年12月に相次ぎ会合 - 47NEWS(よんななニュース)

「プーチンはスターリンではない」キッシンジャーは語る | Peter Mellgard 「プーチンはスターリンではない」キッシンジャーは語る | Peter Mellgard

日本、米露対話の窓口に? 米海軍高官が期待…日露の合同海上訓練受け | ニュースフィア 日本、米露対話の窓口に? 米海軍高官が期待…日露の合同海上訓練受け | ニュースフィア

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150825

2015-08-22 「日本のいちばん長い日」

knockeye2015-08-22

 前にちらっと書いたけど、今、『磯崎新藤森照信の茶席建築談義』という本を読みかけている。

 お茶というのは、日本の文化の大きな伝統のひとつで、私たちが「日本的だな」と感じる美の感覚は多くお茶をよりどころとしている。ところが、お茶とは何か、千利休の思想とは何か、と追求し始めると、その本質はどんどんあいまいになっていく。千家茶道の、いわば、聖典である「南方録」などは、熊倉功夫も「99%まで偽書」と断言している。

 だけど、それが本当の伝統なので、伝統は箇条書きの教条でも、コインを入れたらコーヒーが出てくる自販機でもない。たとえば、それはヨーロッパでいえば、聖書がまさにそうで、聖書がいかにイエス・キリストの実像とかけ離れていようとも、そのこととヨーロッパの伝統は、また別の話なの。

 「駆け込み女と駆け出し男」のヒットも記憶に新しい、原田眞人監督の「日本のいちばん長い日」を観てきた。

 1965年に発表された半藤一利の原作を1967年にものした同名の映画があるが、何が驚くといって、当時はこの原作者のクレジットが大宅壮一となっている。当時、なぜ本当の作者が名乗れなかったかはわからないが、しかしながら、戦後20年という生々しさは、戦後70年の比ではなかったのだろうことは想像できる。

 後でリンクをはっておくけれど、半藤一利のインタビューによると、当事者に直接インタビューできたそのころでさえ、当然ながら、その証言から嘘と真実をより分けなければならなかった。戦後70年の今となっては、そのとき半藤一利のした仕事以上の正確さで真実に迫ることは不可能だろう。

 しかし、今回の映画が1967年のリメイクではないといえるのは、新しい資料の発見が生かされているだけでなく、昭和天皇が人物として描けている。そもそも、1967年版のほうは、天皇を正面から描くことを避けている。

 昭和天皇を映画に描く試みとしては、2006年に、アレクサンドル・ソクーロフというロシア人監督の描いた『太陽』があった。当時、私は、日本人が取り組まなければならない問題にロシア人に先を越されたかと思いつつ観に行ったけれど、実際に観た感想としては、昭和天皇を描くつもりはなくて、昭和天皇をよりどころに自由に連想したっていうていのもので拍子抜けした。

 そのあと、2013年には、トミー・リー・ジョーンズがマッカーサーを演じた「終戦のエンペラー」があったが、あれは、架空の恋愛話を軸にしてるメロドラマで、観るまでもなかった。

 この映画が、おそらく史上初めて、昭和天皇を人間として描けた時代背景には、二つの神話が無効化したことがあると思う。

 ひとつは、いうまでもなく「国家神道」だ。天皇を「現人神」だと考えてる連中のことが、国民の意識のレベルで「片付いた」のだ。A級戦犯が合祀されて以来、昭和天皇も平成天皇も断固として靖国参拝をしていないが、今年も性懲りもなく靖国に参拝する政治家がいる。国家神道の本尊であるはずの天皇陛下が参拝しないのを尻目に、徒党を組んで参拝する政治家を、佞臣奸臣といわずして何だろうか?。国家神道が、世界にもたらした災厄を思えば、逆説的に、もし天皇に絶対権力があるなら、靖国は禁教とされていてもおかしくない。

 もうひとつの神話は「天皇の戦争責任」で、これは、「リベラル」と呼ばれていた人たちがかまびすしく喧伝していたことなのだが、これにもリアリティーがなくなったことが、むしろ、国家神道が意識のレベルで無効化するうえで重要な要素だろうと思う。

 わたしは、昭和天皇に限らず、明治天皇でも大正天皇でも、そんな絶対的な権力を持ち合わせていなかったと思う。そもそも、天皇の存在がこんなに長く続いているのは、藤原摂関時代にはすでに実権を失っていたからではないのか。それをいまさら、天皇の戦争責任って、もちろん、それがホントなら、曲庇するつもりはない。しかし、二二六事件を抑えたのも昭和天皇だったし、開戦の直前まで、戦争を回避しようとしていたことは疑いないと思われる。

 「ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳」の中で、福島菊次郎が言っていたが、ある日、昭和天皇のインタビューをテレビで見ていたら、戦争責任について尋ねられて、「そのような文学方面についてはお答えできるすべがありません」とディテールは忘れたが、そんなふうに答えていたのだそうだ。福島菊次郎は怒っていたが、わたしは、昭和天皇の頭の良さに驚いた。

 明治以来の日本の構造的な問題は、常に官僚主義であり、今もそうあり続けている。民主主義は未成熟だが、上部構造の権力も弱い。そういうときに、官僚主義がはびこるのはむしろ当然と思われる。戦争が国力を食い尽くし、官僚の力が弱くなって、相対的に天皇の力が強くなった、その結果として、戦争を終結できたにすぎないだろう。

 天皇が大元帥だから戦争責任がある、という論理は、形の上からは確かにその通りだが、それは、ピント外れなだけでなく、その論理が、官僚的であることが、もっとも問題なのだと思う。形式上は正しい、しかし、本質ははぐらかしている、こうした論理が、つまり官僚の常套的な論法であることに、いい加減、気が付いていい。もし、気が付いていて、しかし、長いものに巻かれているのだとすれば、戦争責任は、むしろ、そうした人の心にあるだろう。

 戦後70年の今年、この映画が立ち現れたことは、時代の分岐点かもしれない。半藤一利のルポルタージュがいかにすぐれていたとしても、それが、物語として人々の前に現れることとはまた別で、半藤一利の本が書かれてから、この映画の成立までに要した半世紀がそのままこの映画の重みかもしれない。

 日本の一番長いその1日、昭和天皇や鈴木貫太郎首相、阿南陸軍大臣だけでなく、焼け野原の東京に、家を失った子供たち、子供を戦地に送った母親、その一方で、二千万人特攻隊をやればまだ勝てるとうそぶく役人、神国日本の不敗神話を本気で信じているバカな若者の姿、などなどが偏りなく描かれている。

 物語の力とは何ですか?。私はあなたに聞きたい。それは言葉ではない。言葉にはならないが、安直な言葉に化けて飛び回るプロパガンダの前に立ちふさがり、それを無効にする。

 だが、こういうこともいえるかもしれない。結局、人は、信じたいものを信じる。心が卑しければ卑しい物語を信じる。心が豊かならば豊かな物語を信じる。プロパガンダは卑しい物語というにすぎないのかもしれない。

【自作再訪】半藤一利さん「日本のいちばん長い日」 歴史の「ウソ」常識で判断(1/4ページ) - 産経ニュース 【自作再訪】半藤一利さん「日本のいちばん長い日」 歴史の「ウソ」常識で判断(1/4ページ) - 産経ニュース

映画『日本のいちばん長い日』田原総一朗VS小林よしのりが語る「リーダーたちの決断」 - ハードワーカーズ 映画『日本のいちばん長い日』田原総一朗VS小林よしのりが語る「リーダーたちの決断」 - ハードワーカーズ

『日本のいちばん長い日』原田眞人監督インタビュー「若い世代は戦争を学ぶ事を放棄している部分がある」 | ガジェット通信 『日本のいちばん長い日』原田眞人監督インタビュー「若い世代は戦争を学ぶ事を放棄している部分がある」 | ガジェット通信

映画『日本のいちばん長い日』原田眞人さん 映画『日本のいちばん長い日』原田眞人さん 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150822