だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2014/09 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2014-09-14 「そこのみにて光輝く」

knockeye2014-09-14

 アミュー厚木で「そこのみにて光輝く」がかかっているので観にいった。

 ロードショーでやっていたときも観にいこうかどうか迷ったのだけれど、自分のカンを信じ切れなかったこともあるけど、それより、テーマを考えると、はずしたときにあとにひきずりそうでびびったのである。

 佐藤泰志の小説では、これも映画になった『海炭市叙景』を読んだ。海炭市という、おそらくは、作家の故郷である函館をモデルにした地方都市を舞台にした、場所と時代だけを共有する短編集。

 短編集だから、未完という言い方は当たらないと思うのだが、ただ、作家がこの執筆中に自殺してしまったといういきさつがあり、身近だった人たちによると、年明けの事件から始まったこの連作短編集を、作家の意図は年の終わりで締めくくるつもりだったらしい。

 しかし、実際の作品は夏の初めで終わっている。その意味では未完と言えるのかもしれないけれど、それはなにか「死児の年を数える」といった心持ちなのかもしれない。

 映画版「海炭市叙景」も、DVDで借りて見始めたが、最初のエピソードがよくないと思った。

 事件は原作と同じなんだけど、私見では、あれは、妹がロープウェーの麓でじっと待っている、その長さが重要なので、そこを描かなきゃダメなんだと思う。

 「そこのみにて光輝く」は、原作をまだ読んでいないが、こうした密度の高い言葉の世界に、逃げも諦めもせずに、深く踏み込んでいった、呉美保監督の健闘を讃えずにおれない。

 たとえば、池脇千鶴を乗せた高橋和也の車が止まった後、しばらく、まるで静止画のように画面を動かさなかった、あの演出には、監督の覚悟のほどを感じた。

 役者も、主演の、綾野 剛、池脇千鶴をはじめ、菅田将暉高橋和也、伊佐山ひろ子、火野正平、全員すばらしい。

 時代が現代に置き換えられているけれど、佐藤泰志が自殺した1990年には、インターネットはおろか、携帯電話さえまだ普及していなかった。

 それから24年がすぎ、誰とでもつながれるようになった今の方が、言葉が空疎になり、届かなくなったように思える、とすれば、それはたぶん錯覚だが、この映画の、濃密で簡潔な生の言葉の世界は、たしかに失われた世界であるかのように見える。それは、この映画の力だろう。

 ところで、函館は美しい町という印象は、たしかに個人的な記憶にも残っている。といっても、私が北海道をバイクで旅したころは、それももう前世紀のことになるのだけれど、短い夏が終わる頃の函館の朝早く、海沿いの道を延々と走った、あのときの空と海の色が、私にとっての函館だが、今も変わっていなければいいがなと思う。

海炭市叙景 (小学館文庫)

海炭市叙景 (小学館文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140914

2014-09-13 エリート意識としての慰安婦問題

knockeye2014-09-13

 大前研一が日本のマスコミを「大衆迎合の高見の見物」と評した言葉が気に入っていて、わたしはこの国の新聞テレビの類でうるさく報じられることの多くはこれだと考えている。

 しかし、朝日新聞がさらに質が悪いのは、「大衆迎合」の部分を「大衆扇動」と変えなくてはならないところ。

 吉田調書の誤報を謝ったついでに、慰安婦報道の虚偽についても謝罪していたが、つまり、検証記事で謝罪しなかったことを謝罪したわけで、さらに、その謝罪しなかったことを批判した池上彰の記事を一時不掲載にしたことも謝罪したわけだから、何重に謝罪してるかわけがわからない。文字通り「幾重にも」お詫びしている。

 検証記事の記者会見の時に「歴史的事実は変わらない」と言ったのは撤回するのかしないのか、いずれにせよ、歴史的事実が不変だなどと主張できる権利は何人にもないはずで、ましてや、32年間、虚偽を放置してきた新聞社が口にするべきことではない。

 この32年間、慰安婦についての認識は、朝日新聞が放置してきた虚偽によって、バイアスを受け続けてきた。これは実のところ、「虚偽を放置してきた」という言葉の言い換えにすぎないのだが、にもかかわらず、河野談話にも、国連報告にも、米国議会決議にも、朝日新聞の虚偽報道が影響を与えていない、などという意見があるのだが、クレオパトラが鼻で笑うだろう。

 とくに、韓国世論に与えた影響は計り知れない。その意味で、日韓関係に及ぼしたダメージははてしなく大きい。

 以前に紹介したハフィントンポストの記事で、韓国の大学生が「日本はなぜ謝らないのか」と首をかしげていたが、私自身も、それが一般の日本人の意見かどうかはわからないが、「なぜ、謝らないんだろう」と不思議に思ってきた、「謝ればいいじゃないか」と。

 しかし、河野談話の再検証と今回の朝日のごたごたを通じて、裏の事情がわかってしまうと、いつもは日本の官僚に批判的になりがちな私としても、「これでは謝りようがなかった」と思わざるえない。世間に流布されている報道は虚偽であり、宮沢政権の態度は好意的に見ても「政治的な妥協」であるにすぎず、ろくに裏付け調査すらしなかった。

 この状況でもし謝罪していたら、慰安婦をめぐる虚偽は、取り返しのつかないことになっていたはずだ。現に、河野洋平が河野談話とは無関係に、勝手に謝ってしまったために、その謝罪が、「強制連行」の証拠とされることもある。

 国民を代表して国政に携わっている立場でありながら、まったく裏付けもとらずに、謝罪するといったことが、河野洋平という人になぜできたのかは、興味深い問題かもしれない。

 しかし、私の推論では、この人もまた「高見の見物」のひとりだろう。当事者意識が欠如している。自分の問題としてとらえていれば、まったく裏付けもとらずに、謝罪したり、記事にしたりできるだろうか?。生来身につけてきたエリート意識で、自分だけは別で、生まれつきの免罪符でも手にしているつもりなのだろう。

 先日も紹介した週刊SPA!で、坪内祐三鶴見俊輔の発言を紹介していた。

「もし従軍慰安婦によって気持ちが満たされた少年兵がいたとして、私はその少年兵の気持ちを否定することはできない」(『期待と回想』1997年)。

 1997年なので、まだ「従軍慰安婦」という言葉が使われている。

 慰安婦と寝た兵士たちの多くは、慰安婦と同じように、権力によって戦地に狩り出された人たちなのだ。

 私が言いたいのは、河野洋平も、朝日新聞も、人々を戦場に追いやった側のものたちではないのかということだ。

 戦時中は、権力と言論で人々を戦争にかりたてた連中が、戦後は、嘘か真か分からないことで、というより、嘘か真かを調べてみようともせず、何様のつもりで謝罪しているのか。

 そうして、秦郁彦のように、実際に済州島で現地調査をして、間違いを指摘した人に向かっては、「極右」、「ファシスト」と罵倒する。

 これのどこが「リベラル」なのか私には分からない。

 戦時中に、戦争を反対した人に向かって「非国民」と罵倒してきた態度に、むしろ近いように思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140913

2014-09-10 ‘朝日文化’とは

knockeye2014-09-10

 今週の週刊SPA!で「もう朝日文化は壊滅してる」と、坪内祐三が発言してる。この人は、週刊朝日が橋下徹についての部落差別記事を書いたときも、意見は、どちらかというと週刊朝日に同情的だったのだけれど。

 「朝日文化」というほどのものがあったかどうか知らないけれど、はてなブックマークで、最近、こんな記事を見つけた。

 読んで損はないので、一読していただきたいが、その上で、ちょっとどうかと思うことを書きたい。

 まず、全体としては何が言いたいのかというと、産経新聞および保守系メディアを批判したいみたい。

 そうではなくて、もっと大所高所に立った議論なんだという人がいるかもしれないが、とてもそう思えないというのは、

97年に結論が出ていた「吉田証言」の虚偽を朝日が今になって認めたというだけ

という言葉。

 97年に虚偽だと結論が出ていたのに、その記事をつい先月まで知らぬ存ぜぬで突っぱねてきた、そのことを「だけ」で済まされてはたまったものではない。

 実際、先月の検証記事を読むまで、吉田証言を真実だと信じていた人もいると思う。私自身の場合をふりかえっても、吉田証言がどうの、植村記者がどうの、なんていう知識はまったくなかったが、先月とは言わないまでも、つい近年まで、「奴隷狩りみたいなことが行われてたんだな」と、漠然と信じていたと思う。

 にもかかわらず、朝日新聞としては、「別に謝罪するほどのことじゃない」と言ってるわけ。それはどうなのよ。

 次に、この記事は、フジサンケイグループの故・鹿内信隆の慰安婦についての発言と、経理将校のための教科書の記述を挙げて、慰安婦に軍が直接関与していたということを言おうとしている。

 ただ、その後にこうつづく。‘ようするに’で始まるからには、結論ととっていいんだろう。

 ようするに、保守系メディアはこうした事実を知っていながらそれをネグり、あらかじめ強制連行の定義を「軍が銃剣を慰安婦に直接突きつけて連行した」という非常に狭いものに限定し、それを否定することで、巧妙に情報を誘導してきたのである。朝日が歴史を捏造したというなら、産経をはじめとする保守メディアもまったく同罪なのだ。

 ‘あらかじめ強制連行の定義を「軍が銃剣を慰安婦に直接突きつけて連行した」という非常に狭いものに限定し、’

とは。だって、「軍が銃剣を慰安婦に直接突きつけて連行した」という吉田証言を、真実だつうことで、先月まで放置してたのは朝日新聞なんであって、そこに批判のフォーカスが当たるのは当然。

 「強制連行」を、「非常に狭いものに限定し」たのは、保守系メディアではなくて朝日新聞の虚偽報道じゃないですか。

 ‘それを否定することで、巧妙に情報を誘導してきた’

って、いやいや、ウソなんだから、否定しなきゃイカンでしょ、むしろ。何で、ウソをウソだと指摘しているだけのことで「巧妙に情報を誘導してきた」とか、いわれなきゃならないのよ。

 話は真逆でしょ。ウソをウソだと指摘する人たちを、極右だとか、ファシストだとか、レッテルを貼って、自分たちの虚偽報道に目が向かないように「巧妙に情報を誘導」し続けてきた。

 そして、次がひどい。

朝日が歴史を捏造したというなら、産経をはじめとする保守メディアもまったく同罪なのだ。

 朝日と産経が同罪なら?。だから、どうだっていうの?。なんか、いかにも正義の告発みたいな言い方しながら、結論は「同罪だからおあいこじゃん」ていう、まったく購読者無視の内輪の論理。びっくりしてしまう。

 結局、この人の興味は、右と左、具体的にいえば、産経vs朝日のたたき合いにしかない。本質には党派心しかない。朝日も産経も同罪だ」っていうなら、その「罪」についてこそ、検証しなきゃならないはずだが、この文章、それについてふれてる?。

 これを読んでて、「ああ、これが‘朝日文化’かなぁ」って思った。エリート意識で頭が固まって、自分を守ることだけに必死になってる。

 ‘保守系メディアはこうした事実を知っていながらそれをネグり’

って、「保守系メディア」が何をネグろうが、何を喧伝しようが、朝日新聞自体が真実を報道していれば、なんにも関係ないじゃないですか?。朝日新聞の方が影響力が大きいんだから。自分たちの虚偽報道を32年間もネグり続けてきたのは、朝日新聞のほうじゃないですか?。

 申し訳ないけど、一般の日本人にとって、この問題は、朝日と産経、右と左、そういうの関係ないわけ。

 第二次大戦中、アジアでおこった悲劇については、日本に100%の責任があるんだから、慰安婦の悲劇について、補償することも謝罪することも、大多数の日本人は、まったく反対しないと思います。

 でも、そこでウソ垂れ流してどうすんだよ。ウソに補償も謝罪もできるか。それが、朝日新聞が32年間デマを放置した、最大の罪なんじゃないですか。それを、何を血迷って、自分たちが正義の味方みたいな口の利き方してんだよ。

 ちょっと調べればわかるウソをろくに裏もとらずに報道して、それを32年間も放置したあげくに、「べつに謝罪するほどのことでもない」って、いまだに謝りません。

 これが今目の前にある事実でしょう。これについて、批判する気も、総括する気も起こらんってどうなんだろう。こういうのがたぶん、「朝日文化」といえば、「朝日文化」なんだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140910

2014-09-08 「物語る私たち」、「ローマ環状線 めぐりゆく人生たち」

knockeye2014-09-08

 先月の話になるけど、「物語る私たち」、「ローマ環状線 めぐりゆく人生たち」と「たち」つながりのドキュメンタリー映画を観た。

 「ローマ環状線」のほうは、ヴェネチア国際映画祭で、ドキュメンタリーとしては、はじめて金獅子賞を獲得したっていう、ちょっとやそっとじゃない鳴り物入り。

 ローマにも日本と似たようなフツーな人がいっぱい生きてるんだなとは思ったけど、ドキュメンタリーにしては、カメラがこんなところまで踏み込んだ!というスリリングさはないし、かといって、無作為に何かが起こるのを待ってるっていう撮る側の忍耐力も感じない。多分、言葉のニュアンスがわかるとまた違ったかもしれない。

 見終わった後、前の席にすわっていたカップルの女の子が男の子に「ごめんね」って謝ってました。

 男の方は「いやいや、そうでもないよ」といってました。

 たしかに、謝るほどではないです。

 「物語る私たち」の方は、「テイク・ディス・ワルツ」、「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」の監督で女優でもある、サラ・ポーリーというカナダの人が、彼女が11歳のときに亡くなった、お母さんの秘められた過去をたぐっていく映画で、やがてサラ自身の出生の秘密まで明らかになる。面白いのは面白いんだけど、こういうのって、ふつうは、いちばん大変なのはサラ自身ということになりそうなんだけど、そこの心理はほとんど描かれない。

 むしろ、彼女の4人の姉、兄たちの方が、感情を揺さぶられて雄弁になっている。それがすごく不思議だった。姉や兄たちに語らせているのかもしれないが、むしろ、この家族の中では、末っ子の彼女は、聞き役でいることが自然体でいられるというのがほんとうなのかもしれない。

 砂田麻実監督の「エンディングノート」は、自分の父親の最期をエンターテイメントに変えていたけれど、この映画は、自分の出生にまつわるあれこれを、軽い笑いにのせて差し出している。女性のリアリズムを感じた。

 ただ、「FORMA」を観たあとなので、ドキュメンタリーでさえ、作り手の作為が鼻につくように思えた。次なにが起こるんだろうというハラハラは、最近では、あの映画を超えるものはない。   

                                                            

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140908

2014-09-05 朝日新聞の虚偽報道はほんとうに「歴史的事実」を変えていないか

knockeye2014-09-05

 ‘「慰安婦は強制動員」 韓国外務省、朝日取り消しでも見解変えず’

という記事があった。

 「見解変えず」って言うわりには、「強制連行」が「強制動員」に変わってる。

 「動員」と「連行」はどう違うか?。たとえば、EXILEが、112万人を「動員した」とは言うけど、「連行した」とは言わない。

 この報道で、韓国外務省報道官は、「強制性の証拠は多い」と語っているが、「強制連行の証拠」とも「強制動員の証拠」とも言っていない。この辺の言葉の使い分けに、注意深く耳を傾けていなければならない。

 そもそも、慰安婦について「強制性」はあたりまえなのであって、そんなことは最初から誰も争っていない。これに対して「強制連行」は、何人かの研究者がウソだとずっと指摘し続けてきた、その内容は、まさに、このたび朝日新聞が虚偽を認めた、吉田清治の証言ををさしている。朝日新聞が、32年間も真実だと主張したまま放置した、その「奴隷狩り」のイメージは、「強制連行」という言葉の意味を常に限定し保証してきたのだということを忘れてはならない。

 「強制性」の証拠をいくら積み上げても、「強制連行」の証拠にはならない。今回、韓国の報道官が、「強制連行」の言葉を使わなかったのは、この言葉がもはや外交の現場では使えないと判断したからだろう。朝日新聞が虚偽報道を放置したことが、どれほど広範な影響を及ぼしたかについて、検証が足りないといわれるのは、たとえばこういう点だろう。

 この報道官はまた「万人が知っていることは証明する必要はない」と発言したそうだが、東洋的レトリックを取り除けば、「証明できません」ということにしかならない。こんなふざけたレトリックを現実の外交の場で平気で使う不誠実さこそ、韓国政府のいう「慰安婦問題」の本質が、実は、人権問題に偽装した、プロパガンダにすぎない証拠とも言えるだろう。

 だいたい、ほんとに「万人が知っていること」なら、1990年代にニュースになったりしない。

 本来なら、慰安婦という戦争被害者がいました、だから、この人たちに支援しましょう、で済むこと。日本は戦争責任を認めてるんだし。その戦争の被害者に謝罪し、補償するのに、大多数の日本人は何の異存もないはず。

 そこにどうして、「強制連行」とか「強制動員」とか、話を盛ろうとするのか?。「強制連行は本質ではない」とか今になってぼそぼそ言い出してるけど、じゃ、そもそも‘本質でない’「強制連行」に固執したのは誰で、そして、なぜそれにこだわったのかっていうと、この議論の主眼にあるのが、元慰安婦の救済ではなく、日本に対する憎悪だからこそ、事実であるかないかもかえりみず「強制連行」っていう犯罪性の部分を強調せざるえなかった。しかし、それも、朝日新聞のデマがなければ、ここまで抜き差しならないことになったかどうかわからない。

 この問題は、このさき、どういじくりまわしても、大きな構造にはたどりつきそうにない。一つ一つの例は悲惨だけれど、それは、戦地という極限状況におかれた人間の暴走でしかない。それをどうしても、それ以上の何か、国家的な、あるいは民族的ななにかに持っていきたいと思っているなら、そう思っているあなたが差別的であるにすぎない。

 慰安婦というファクトに、強制連行というファンタジーを混ぜ合わせた結果、その化学作用で「慰安婦問題」は蒸発してしまった。それが今の状況のように見える。

 歴史的事実としての慰安婦については、池田信夫が言っていることが正しかった、と私は思うが、いずれにせよ、朝日新聞には歴史的事実を主張するどんな権利もない。

 冷静に考えれば、元慰安婦の方には薄情なようだけれど、当時、「強制動員」されていたのは、何も慰安婦だけではないのであって、そのひとつひとつについて請求しない前提で、日韓の国家間で補償協定を交わしたはずだった。

 そういう経緯を踏まえれば、元慰安婦に国家賠償はできないのだから、アジア女性基金というやり方は、有効で現実的な救済方法であったはずだが、それを阻んだのも、朝日新聞の捏造した「強制連行」にこだわる韓国の国粋主義的な世論だった。

 こうしてみてくると、今、必要なのは、「慰安婦問題」にこびりついた「強制連行」をはじめ、さまざまなウソやプロパガンダを取りのけていく作業であり、検証というなら、朝日新聞がするべきことは、まさにそうしたことであるはずだが、驚くべきなのは、このような虚偽報道を32年間も放置しておいて、「歴史的事実は変わらない」と言って憚らない鉄面皮ぶりだ。実際は、あちこちで歴史的事実をゆがめている。

 おそらく、戦意高揚に邁進した戦中から、変わらないのはむしろ朝日新聞の体質であるだろうことは、吉田調書をめぐって、またろくに取材もせず、デマを振り回していることからも分かる。

 これについては書く気もない。朝日新聞ウォッチャーになるつもりはない。20年も前に新聞に対する信頼は失った。ケツ拭く役にも立たない紙くずに注意もカネも払ってられない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140905
2004040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
2014010203040506070809