だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2014/09 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2014-08-23 「集金旅行」

knockeye2014-08-23

 ユーロスペースで「FORMA」を観た後、4階に移動して、シネマヴェーラで「集金旅行」を観ることにした。

 ただ、すこし間があったので、Bunkamuraで「進化するだまし絵」を観た。ほとんどだまされなかったけど。

 とくに、トロンプルイユなんて、ただ絵が上手って言うだけ。デヴィッド・ホックニーのコラージュは、だますつもりないと思う。

 ただ、パトリック・ヒューズの「広重とヒューズ」だけは、‘おーっ’となった。声に出して‘おーっ’と言っていたのは、夏休みの子供だけど、私も声に出さないだけで、内心で‘おーっ’と言ってた。

 単純な仕掛けだけど、体感として目がだまされる驚き。だまし絵って言うならこういうのもっとちょうだい。

 それから、ここにも、ラファエル・ソトが一点。この人の作品は、空間演出っていう意味で、たとえば、吉岡徳仁よりずっとクールに感じるんだけど、美術史の文脈にどうおさまるかというと、それも吉岡徳仁といっしょで、美術館の枠におさまりきらない広がりの人でもあるだろう。

 それでもまだ時間があったので、松濤美術館に「台湾美術院の作家たち」の前期を観にいった。ジュディ・オングの木版画なんかもあった。

 蘇憲法という画家の「蓮」がよかった。油彩の蓮はなんといってもモネがものにしてしまったので、とてもむずかしいのだが、モネを離れて、蓮の美を再発見している。泥田に咲く蓮。

 シネマヴェーラで「集金旅行」っていうのは、いま、中村登って人のレトロスペクティブをやっていて、そのうちのひとつ。ほんとは二本立てなんだけど、一日に映画3本観ると偏頭痛がするので。

 井伏鱒二の小説を映画化したものでは、森重久弥が主演した「駅前旅館」も観た。映画としては、この後シリーズ化されて原作を離れた「駅前医院」とか「駅前弁当」のほうが面白かったけど、ただ、森重久弥の着物姿がかっこいいのと、淡島千景のきれいなのと、淡路恵子のスタイルがいいのに驚いた。

 その意味では、この「集金旅行」は、まず、佐田啓二岡田茉莉子の美男美女ぶり。岡田茉莉子は、いまのルックスからも若い頃はさぞかしきれいだったんだろうなと想像できるけれど、実際見ると想像以上。

 「駅前シリーズ」もそうだったけれど、日本各地の観光案内的な要素もあって、最後の方に阿波踊りが出てくるんだけど、あの女踊りは当時からセクシー。原作にあったかなかったか、たぶんなかったと思うけど、あれをいれた意図はわかる。

 それで、「集金旅行」は、骨格がしっかりしている話なので、あんがい、今の時代を舞台にしてもリメイク可能だなと夢想してみていた。ふと思い出してみると、「神様のくれた赤ん坊」は、もしかしたら、このリメイクだったのかもしれない。渡瀬恒彦と桃井かおり

 今、作るとすれば、佐田啓二の役は木村拓哉だな。そして、花菱アチャコの役を明石家さんま師匠にやってもらいたい。ここは譲れない気がする。浜田雅功にすると、キムタクじゃバランスがおかしい。トニー谷の役は、江頭とかバナナマン日村とか。

 岡田茉莉子の役は、コメディエンヌの素質がほしいから、北川景子とか、貫地谷しほりとか、井上真央とか。酒井若菜は?。

 ラブコメって、日本映画であまりつくらないんだけど、それが、アイドル映画がこける一因だと思う。泣かそうとするから。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140823

2014-08-22 訂正

knockeye2014-08-22

 昨日書いたのは、時代の空気として、キリスト教文化が唯一無二の文明として通る息苦しい時代と、それが相対化されて、多数の文化が共存する明るい時代が、かわるがわる訪れる気がしていて、今がどちらなのか微妙な感じだが、すくなくとも、ジョン・レノンが「ビートルズはイエス・キリストより有名だ」と発言した時代は、明るい時代だった、神の支配力が弱まっている時代だったと思っている。

 そういう視点で、今という時代を確かめるひとつの指標として、今回のハリウッド版「GODZILLA」を見ることもできるのではないか、ということを言いたかったわけ。それが、一神教的な時代への抗議なのか、多神教的な時代の前触れなのかは、わからないけれど。

 それがどういうわけか、「慰安婦問題」にとんでってしまったのは、このところ、これにひっかかっているからと、たまに朝早く目が覚めてしまって、出勤前の寝ぼけ眼で書いていたからでもあるが、あんがい、このテーマはどこかで通底しているのかもしれない。もはやどこに実体があるのかわからなくなってしまった「慰安婦問題」にひとつだけたしかな実感があるとすれば、民族問題としての一面であり、「慰安婦」がすでに民族的なイコンと化していることに異論を唱える人はいないだろう。神はこのようにして生まれるにすぎないかもしれない。

 ただ、きのう、書きながら、「あれ?何かおかしいなぁ」とひっかかっていたことがあったんだけど、そのときは気がつかなかったので、24時間遅れで訂正しておきたい。朝日新聞よりだいぶ早いので許していただきたい。

 ‘「慰安婦問題」を90年代に蒸し返して、2014年のスタンダードで反省しろというのが、・・・’

と書いた部分が間違っていた。「蒸し返し」たのではなく捏造したのだった。蒸し返したのなら、すくなくとも事実は事実なので、今の基準で謝れというのにも、議論の余地があるが、そもそも捏造なので、今の基準だろうが、20世紀の基準だろうが、反省も謝罪もないのだった。

 そこのところ、うっかり間違えてしまうのは、ホントに恐ろしいと思うのだけれど、きのうたまたま自動リンクにのって、昔の記事を読んでいた、第一次安倍政権の頃に書いた記事なんだけど、「従軍慰安婦」についてほとんど無意識のレベルで、朝日新聞の捏造記事を信じてるのがわかるわけ。そういうのが、もうウソとわかってても、きのうみたいに寝ぼけて書いているとぽろっと出てくる。

 もういちど、確認しておかなければならない。慰安婦は存在した。しかし、「慰安婦問題」は存在しない。存在するとすれば、それは「朝日新聞問題」の一部として存在するだけだ。

 戦争の悲劇の一部としての、レイプや差別について考えることには意味がある。しかし、捏造記事について考えをめぐらせることには、かけらの意味もない。

 週刊新潮の、ヤン・デンマン(実在の人物らしい)という人の連載にこうあった。

 朝日新聞はデマを根拠に「日本の兵隊は残虐なことをした。謝れ」と言い続けてきた。しかし、報道が事実無根であることが明らかになっても、自分たちは決して謝らない。

 朝日新聞の嘘を見抜き批判してきた人々は、逆に「歴史を歪曲するのか!」と罵倒されてきたのである。また、「朝日新聞に書いてあるから」という理由で、慰安婦の強制連行説を信じ込み、心の傷を負った人が大勢いるのだ。

またこうもあった。

今回の慰安婦に関する過去の報道の撤回も、全面的に間違いを認めて謝罪したわけではない。単に嘘にまみれた自虐報道を続けても儲からなくなってきたので、方針転換しただけだろう。

 いつぞや、森美術館のエレベーターで(かなり長いよ)、韓国人とふたりきりになった話をしたが、考えてみれば、私と彼の間に、何のかかわりもない。しかし、韓国人、日本人、というだけで、なんとなく緊張感が走る、この状況は、ちょっと可笑しいくらいで済んでいるうちはいいが、やはりいびつな状況だろう。

 この状況を作り出したのは誰なのかといえば、旧日本軍だ、という考え方も、いったん正しいようだが、しかし、日本と韓国は60年代に過去の清算を済ませたのである。戦争の罪は消えはしないが、それは歴史として語り継がれるべきものであって、孫の世代がお互いを罵りあうことではないはずだろう。

 慰安婦も差別も残虐行為も存在した。そのことは否定しない。しかし、それについての謝罪も精算もまた歴史的事実なのだ。そこから、日本も韓国も、お互いに貧しかったが、努力して立ち直ったはずではなかったろうか。

 90年代といえば、イラク戦争の時代なのに、そのころになって、過去の歴史から、「慰安婦問題」という幻影が立ち現れたのはなぜなのかについては、未来の歴史家にとって興味深いテーマなのかもしれない。

 ちなみに、朝日新聞は、この記事が載っている週刊新潮の広告掲載を拒否したそうだ。他者については事実を捏造してまで批判するが、自己への批判は受け付けない。それがジャーナリズムと言えるか。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140822

2014-08-21 ゴジラを英語表記するとなぜ「D」が入るか?

knockeye2014-08-21

 山崎浩一が、週刊アスキー

文明開化や戦後改革を経ても、なぜ日本にはキリスト教がなかなか広まらなかったのか?

(略)

私はその理由をひとつだけ挙げろと言われれば、迷わずこう答えたい − 「日本にはゴジラがいるからだ」と。

と書いている。

 今回のハリウッド版ゴジラも、高い前評判にも関わらず、「なんだかなあ」という、レビューが多い。とくに、反核、反原発のメッセージ性を期待していると、肩すかしをくらうか、もしくは腹が立つらしい。

 でも、この山崎浩一のコラムを読んで、ゴジラを愛する欧米人の気持ちには、たしかに、多神教への憧れ、あるいは、エキゾチズムがあるだろうと思った。彼ら自身の源流にも、ギリシャ神話の豊かな源泉がある。あるいは、ゲルマンやケルティックの神々がいる。

 私に言わせれば、欧米の文化を豊かにしているのは、むしろ、ギリシャ古典古代であり、キリスト教は、その逆であるように思う。ガザ地区で繰り広げられている、一神教徒どうしの、いつ果てるともしれない殺し合いを見ながら、そう思わないものがいたら、よっぽどどうかしている。

 第二次大戦の過ちについて、日本はドイツに較べて「反省が足りない」といわれることがあるが、少し、視点をずらせば、ドイツの反省が連合国側に受け入れられているのは、そもそもユダヤ人を迫害していたのは、ドイツにかぎったことではなかったからだ。

 ユダヤ人に対する差別のその源流は聖書に発している。ユダヤ人差別は、全キリスト教徒が共有していたので、ドイツの反省はすんなりと受け入れられた。

 シオニズムは、キリスト教側の視点からすれば、ユダヤ人隔離政策の国際版にすぎないともいえるだろう。

 同じ視点を保って、その目を日本に向ければ、「日本は反省が足りない」というその評価の本質は、キリスト教圏の非キリスト教圏文化に対する差別にすぎないと見える。

 「私の知るかぎり、インド・アジア系、あるいはユーラシア系、さらにいえばヨーロッパ・インド・アジア系人種なるものを作り出し、それによって立派な文明と極東『社会』を生み出していく、日本人は除外し、もとの島々に隔離してしだいに衰えさせる、というのが大統領の考えのようである」

 これは、当時の英国公使、ロナルド・キャンベルが、本国に報告した言葉。「立派な文明」とはおそらくキリスト教文化のことだろう。「大統領」はフランクリン・ルーズベルト。彼自身はユダヤ人である。ネタニヤフの対パレスチナの態度を考えると、これもまた興味深い。

 こういうことを大統領が口にしていた時代(もしかしたら今も変わらないかもしれないが)の、「慰安婦問題」を90年代に蒸し返して、2014年のスタンダードで反省しろというのが、朝日新聞が虚偽報道を認めたあと、日本のいわゆる「リベラル」な人たちが展開している論法だが、相手にしない方がよいと思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140821

2014-08-20 慰安婦の虚偽報道について池田信夫の見解

knockeye2014-08-20

 池田信夫が、慰安婦問題について書いた文章に最初に接したとき、衝撃を受けたとともに、その反動で、ちょっと疑念を抱いたのはたしかだった。

 その疑念に根拠はなかったが、元慰安婦の方たちにちょっと気の毒なんじゃないかという思いもあったし、何と言っても、今これについて議論しているほとんどの人がそうであるはずだが、慰安婦についての情報はすべて二次情報なんだし、どちらかの立場に偏りきることはやめようとの思いもあった。

 しかし、今ふりかえってみると、慰安婦問題についての、池田信夫のこの見解は、完膚無きまでに正しいな。すくなくとも、「歴史的事実」を主張できるのは、朝日新聞の方ではなく、池田信夫のこの見解だろう。

 一見すると、池田信夫がデマゴーグに、朝日新聞がリベラルに見えるが、事実を検証してみると、デマゴーグなのは朝日新聞の方で、リベラルというべきは、池田信夫のとっている態度のほうだった。

 たしかに、朝日新聞の国際的な発信力を考えると、この問題はもう取り返しがつかない。しかも、問題が戦場でのレイプという、普遍的な問題を偽装しているので、朝日新聞は、そうしようと思えば、永遠に、この虚偽報道を正当化しつづけられる。そして、おそらくそうするだろう。なぜなら、そうするしかないから。

 この似非リベラルなポーズを、いったいどれだけの人がこれからも支持し続けるのか、あるいは、積極的な誤解とでもいうべき自己欺瞞に、いつまで世界が耐えうるのかは、ある意味ではとめどなく興味深い。

 しかし、そうなると、これはもう宗教のレベルなので、キリスト教徒にユダヤ人が2000年にわたって差別され続けているように、これから私たちも、世界中の似非リベラルから白眼視されつづけるのかもしれない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140820

2014-08-19 慰安婦問題で朝日新聞は何を検証すべきだったのか

knockeye2014-08-19

 朝日新聞の虚偽報道を検証する、上記の題の記事がハフィントンポストにあった。

 30年かの年月、虚偽を放置していたことが、どれだけ大きな問題に発展したかについて、改めて考えさせられた。

 ‘1992年1月11日になされた「慰安所への軍関与示す資料 防衛庁図書館に旧日本軍の通達・日誌」という表題の報道’

‘単にそれまでの「慰安所に対する日本政府の関与はなかった」という政府の公式見解を覆すものであった’

のだけれど、問題は、この時点ではまだ、吉田証言や、植村記者の書いた‘『女子挺身隊(ていしんたい)』の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた’という、いわゆる「強制連行」が、事実として放置されていたことだ。

 この検証記事は

‘この記事について言えることは、他方でそれ自身が如何なる「過誤」をも含んでいない’

と書いているが、この記事そのものの中には

‘如何なる「過誤」をも含んでいな’

くても、この時点でまだ、吉田証言を根拠とした、慰安婦報道を撤回していないのだから、この記事は、まるで、吉田証言、あるいは、植村記者の記事を、証明する事実が見つかったように聞こえてしまうだろう。

 したがって、単独の記事の内容にはウソがなくても、それまで朝日新聞が報道してきた文脈を考えれば、この1992年の記事は、それ自身にウソがないだけ、巧妙で、その分、より悪質な、粉飾記事だといえるだろう。

 この巧妙さや悪質さに、文章を生業とする、朝日新聞の記者たちが気づいていなかったとは、私には信じられない。

 しかも、それが、日韓首脳会談のわずか5日前に出された記事であるであることにも、はっきりとした‘狙い’を思わずにおられない。

 これが、つまり、デマゴーグの体質なのであり、ただの、過失による虚偽報道ではなく、混乱や扇動を意図していることが、あきらかではないだろうか。

 このハフィントンポストの記事も

‘(1992年の)この記事は、それまでの日韓両国間における慰安婦問題の状況を一変させ、この問題が政治問題化する分岐点的存在だった’

と書いているが、まさに、それが、朝日新聞の意図であり、‘狙い’だったのだろう。

 この態度には、とても

‘日韓関係や女性の人権問題に関わる何らかの貢献を行ってきた’

などという評価を見いだすことはできない。

 繰り返すけれど、この時点で、まだ、虚偽報道の訂正はしていない。ウソの土台の上に、いくら真実をつけ足しても、ウソは真実にならない。ウソが悪質になっていくだけである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140819
2004040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
20140102030405060708