だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2014/08 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2014-08-13 虚偽報道のその後

knockeye2014-08-13

 慰安婦問題についての虚偽報道を認めた朝日新聞だが、もれ伝わるところによると、それは日本版だけで、英語版では訂正どころか、おくびにも出していないのだそうだ。それはまあ、逆にいえば、重大さを認識している裏返しとは言えるだろう。

 先日紹介した、神奈川新聞の「本質は強制連行にない」という社説は、地方紙の記事としては異例のブックマークを集めているようだが、これも、あの朝日新聞の報道が虚偽だとなれば、強制連行では争えないと認めたも同然ではある。

 橋下徹がこの問題を提起して以来、私なりにこの問題を考えてきたけれど、「強制連行は本質ではない」には耳を疑う。

 「強制連行」のない「慰安婦問題」は、言い換えれば「戦時下における公娼の人権問題」である。70年前の戦争のそうした人権問題について考えてみることはいいことだし、元慰安婦の方たちに何らかの形で償いをするのもよいことだと思うのだけれど、ただ、そうなると、いずれにせよ、今、韓国のナショナリストが世界中で吹聴している「慰安婦問題」とは、ほぼまったく違うものになりはしないだろうか。

 そもそも、アジア女性基金のお金を‘受け取ったら国賊だ」とか言っていた挺対協の論理は、日本が、国家として組織的に女性を徴用して、売春を強要していたが、その証拠を隠しているというものだったはずだ。したがって「強制連行」は、まさしく、議論の争点そのものであって、そこに本質がないなんてことはありえない。

 それに、挺対協という名称自体が、「韓国挺身隊問題対策協議会」といって、今度の朝日新聞の訂正記事にあったように、挺身隊と慰安婦を混同している。その程度の貧弱な情報に基づく、イメージ先行の運動であることは、ちょっと水曜デモをのぞいてみればわかることだろう。

 在特会が自分たちを差別団体ではないといっているように、挺対協も自分たちは差別団体ではないと名乗っているが、日本で在特会に抗議して、韓国の挺対協に共鳴する人がいるとしたら、その人はどうかしている。

 ハフィントン・ポストに「韓国の大学生にとって日本、そして慰安婦問題とは何なのか?【学生座談会】」という記事があって、興味深く読んだ。

 そのなかで、韓国の学生が

「韓国人には、謝りさえすればそれを受け入れる準備はあると思う。なんで謝罪をしないんだろうという疑問を持っている人が多いです。謝れば日韓関係がよくなり、両国の未来への発展が進む。さらに、慰安婦問題を謝罪しないという姿勢は、慰安婦問題だけじゃなくて、そもそも過去に日本が戦争で行なったことを認めないということとして捉えられます。(慰安婦問題は)とても象徴的な問題になっていると思います。」

といっているのが、やや、アンダーステートメント気味ではあるだろうけれど、本音なんだろうと思う、「なんであやまんねぇんだ、こいつら」というのが。

 これが、たぶん、多くの日本人にとって意外なのは、「いったい何回あやまりゃきがすむんだ、こいつら」と思っているはずだからだ。

 だから、河野談話の罪深さっていうのはこれで、日本人から見ればやみくもに謝っているように見えるが、韓国人からすれば、ごまかされているようにしか見えない。

 とくに、談話の中では認めていない「強制連行」を、のちに河野洋平個人が認めるかのような発言をしたために、双方の疑念に拍車がかかった。

 河野談話の再検証が、慰安婦問題を解決するためには、非常に重要な一歩になったと思っている。あれが、今回の朝日新聞の訂正記事につながった。

 実は、わたしもこの学生さんと同じで、「なんであやまんないんだろう?」と不思議に思っていた。でも、河野談話の再検証の結果を知って、「これじゃ謝れないわ」と納得したわけ。

 韓国も日本も、たった16人の証言をただ聞いただけで、調査も何もしていない。ちゃんと裏付け調査をすべきだった。謝罪よりも、それが誠意であるはずだった。しかし、そうしなかった。

 アメリカでは、もう日本人の子供たちがいじめられているそうだ。子供は、たぶん、食卓での両親の会話をまねているだけだから、日本人に対する差別がひろがり始めていると考えてよいと思う。

 朝日新聞の虚偽報道は、そういったすべてのことの強力な推進力となったとだけは、一応言っておきたい。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140813

2014-08-12 ゴー・ビトゥイーンズ展

knockeye2014-08-12

 森美術館に「ゴー・ビトゥイーンズ展」。

 こどもを通して見る世界というサブタイトルがついている、たぶん、夏休み企画。

 在日コリアン3世の金仁淑の写真に、この展覧会のテーマである「ゴー・ビトゥイーンズ」をこじつけようとすれば、ビトゥイーン日本・韓国ということになるだろう。しかし、日本の文化そのものがもともと雑種なものだし、私たちの文化からハイブリッドな要素を取り除いていったとして、それでいったい、何ほどのものが残るか、知らないけれど、もしどなたかがそんな分類作業に偏執狂めいた情熱を傾けて、これが日本の純血な文化です、と提示してくれたとしても、「で?」というだけである。

 「万世一系」なんてのは、富士山の高さと一緒で、たまたまそうなっているにすぎない。国民的な議論に値いするとは思わない。天皇家が身内できめればよい。文化はすべてたまたまなんであって、サルトルがそういったように守られるべきではない。

 国民的議論が必要なのは、何をなすべきかの選択についてであって、正しい選択が良い文化になり、それがまた次の世代によい道標となるはずであり、実際のところ、伝統という言葉の内容はこういうこと以外にはありえない。文化だから悪行が許されるなんていうことはない。悪行の言い訳になる文化などない。

 そうだからこそ、わたしたちは「愛国心は悪党の最後のよりどころ」という、サミュエル・ジョンソンの言葉にクスッとなるのだし、クスッとならずに、ムッとなるひとは、痛いとこつかれてるんでしょ。

 森美術館の下の森アーツギャラリーでは、ピカチューの展覧会がひらかれていて、帰りのエレベーターは、それを観に来ていた韓国のカップルと私だけになって、妙に気を遣った。正直、ビキニの女性と2人きりでもこんなに気を遣わないと思うわ。ほんとに、反日も嫌韓もいいかげんにしてほしいわ。

 前にもちょっと書いたが、ここにも、フィオナ・タンの作品がひとつ。

 フィオナ・タンと梅佳代奈良美智が別格な感じ。他の作品と較べると、死んだ子供と生き延びた子供くらいの違いがある。ただ、梅佳代にかんしては、今回のテーマなら、「女子中学生」より「男子」だったんじゃないかという気がする。

 人にはお勧めしないけど、自分としては見てよかったと思う展覧会。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140812

2014-08-10 補足

knockeye2014-08-10

 きのう、

 具体的に言えば、慰安婦の報道。提示している事実は虚偽なのに、「全体像は正しい」という論理は、その「慰安婦」が現実ではなく、すでに思想であることをしめしている。少なくとも報道の上では、慰安婦はもはや思想なのだ。貧弱な現実しか提示できないのに、思想だけはゴリ押ししてくる。こうしてジャーナリズムは市民の信頼を失った。この構図が、慰安婦報道に限らないことに気がついても良いだろう。

と書いたが、ちょっと何のことか伝わらないかと思いついたのは、その前の日の記事とその日の記事との間に、はてなブックマークがひとつはさまってるのを、書いた本人は分かってるけど、読んだ人は知らないわな。

 前々日の記事を書き終わり、届いた朝刊を広げたら、

ちょうどこの記事が載ってた。

 読んでご覧になれば損にはならないが、朝日新聞の虚偽報道については、批判どころか分析すらしていない。30年間虚偽を垂れ流していた報道に対するジャーナリズムの態度として、これはまっとうか?。

 慰安婦報道については、以前、この新聞、強制連行の証拠がないのは「隠したと考えるのが自然だ」と書いていたことがあって、絶句したことがある。この考え方を裁判官が支持しないことを祈るしかないが、ともかくも、昨日の記事のくくりは、これに限らず、この手の意見に接してのことだった。一応、補足として。

 ところで、吉田清治氏が元慰安婦の女性に謝罪している写真を見たんだけれど、改めて異様な感じを抱く。わざわざウソをでっち上げて、まったく無関係な人に頭を下げて。デマゴーグの心理って、こういう時、ワクワクなんだろうか?。サンゴにいたずら書きした朝日のカメラマンに聞いてみたい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140810

2014-08-09 キネティック・アート、ヤゲオ財団コレクション

knockeye2014-08-09

 土曜日は出勤だった。だけでなく、深夜と呼べる時間帯まで働いている。

 まだ書いていない展覧会について。新宿の損保ジャパン東郷青児記念美術館で開かれている、キネティック・アート展。

 キネティック・アートだけでなく、錯視を利用した作品が私は好きなのだけれど、アートの潮流としてのキネティック・アートはもう過去のものなのだそうだ。

 一点だけラファエロ・ソトがあった。私にとってのキネティック・アートは、つまりラファエロ・ソトであって、ラファエロ・ソトが見たかっただけなんだなと。

 東京国立近代美術館で「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」。何かと思えば、台湾のヤゲオ財団コレクション展だった。

 そういうわけで近現代のアジア人の作品比率が高いが、こうやって俯瞰で眺めてみると、近代以降、中国の画家も日本と事情は同じで、どうしても西洋絵画の影響を脱しきれない作品が多く、力強さを感じさせる作品はそんなになかったが、そのなかではやっぱり、ザオ・ウーキーが図抜けているように思えた。とくに、「26.8.94」という作品は、200×260cmのキャンパスに色とりどりの油彩絵の具をぶちまけた作品なのだが、近づいてみると、表面にひびが入り始めているのに感動した。細かなひびで、まるで青磁の貫入のように美しい。時を経て、ザオ・ウーキーの抽象画にこんな東洋的な美が住みついている。画家本人がこれを見たらなんというか聞いてみたい気がした。この貫入も美でしょうか?。それとも、変質と崩壊の一過程にすぎないのでしょうか?。

 ザオ・ウーキーときいて思い出すのは、「キューティー・アンド・ボクサー」という映画で、乃り子夫人が「グッゲンハイム来ないわね」というと、篠原有司男が「ザオ・ウーキー買ったんだろ」というところ。

 具象画では、スー・ウォンシェンの「川の桟橋」という絵がよいと思う。

 他に、アンドレアス・グルースキーとか、アンディ・ウォーホルとかは、個人の展覧会があったばかりなので、強い印象は受けなかった。今回はそれより、近現代のアジア人の画家たちの絵がやはり観るべきものだとおもう。

 このコレクションを観て改めて思うのは、中国人だから、韓国人だから、どうのこうのみたいな気持ちを抱いたことは個人的には一度もないし、70年代、80年代、90年代も、おそらくもっとつい最近まで、まわりもそんなもんだろうと思っていた。ザオ・ウーキーにせよ、ナム・ジュンパイクにせよ、国籍がどうとか気にしたこともないし、正確には今も知らない。どういうわけで、日本にこんなに差別主義者が涌いて出たのかまったく意外だが、おそらく、昔からこういう連中もいたのだろう。ただ、今こうしたレイシストが目に付くようになったのは、インターネットの普及も一因には違いないが、それよりも、知的スタンダードとしての教養が信頼を失ったことが大きいと思う。言い換えれば、ジャーナリズムが、知性で現実に立ち向かう勇気を失い、硬直化し教条的になり、市民の現実と乖離してしまった。

 具体的に言えば、慰安婦の報道。提示している事実は虚偽なのに、「全体像は正しい」という論理は、その「慰安婦」が現実ではなく、すでに思想であることをしめしている。少なくとも報道の上では、慰安婦はもはや思想なのだ。貧弱な現実しか提示できないのに、思想だけはゴリ押ししてくる。こうしてジャーナリズムは市民の信頼を失った。この構図が、慰安婦報道に限らないことに気がついても良いだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140809

2014-08-06 虚偽報道の本質について

knockeye2014-08-06

 朝日新聞が、慰安婦の強制連行の記事について、虚偽があったことを認めた。今まで公式に認めていなかったとは知らなかったけど、事実上、世界中に流布喧伝された「従軍慰安婦問題」のイメージはこの記事が決定したのであって、他の事例はその傍証として語られてきたにすぎない。

 たとえば、「強制連行」の証拠としてよくあげられる白馬事件は、たしかに、慰安所と強制連行が事件に登場はするけれど、それが、一般的な慰安所で日常的に強制連行が行われていた証拠とはとてもいえない(そもそも白馬事件に、韓国人は関係すらしていない)。

 旧日本軍の残虐行為を、弁護するつもりもなければ、もちろん、否定するつもりなど毛頭ない。その徹底的な謝罪と反省から、私たちの戦後が歩き始めたことは今さらいうまでもない。そもそも、吉田証言のウソでさえ、旧日本軍に対する強い憎しみに発していることに気づいてもよい。

 戦後70年、日本国民の意志によって一貫して平和主義が貫かれてきたことは、国際社会のよく知るところのはずだ。

 朝日新聞の慰安婦報道によって「日本人は謝罪が足りない」ならまだしも(足りる足りないは、被害を受けた側の腹具合ひとつには違いないものの、国家間で合意した30年もあとに、また新たな補償を求める態度は芳しいとまで言えないと思うが、それでも、アジア女性基金という形で、当時の多くの日本人から、謝罪のための浄財が寄せられたにもかかわらず、国家賠償でないかぎり受け取れない、受け取ったら「国賊」だなどという態度が、はたして平和や人権を思ってのものか、それとも、国粋主義的な排外行為かを考えてもらいたい。不寛容と差別に大差はない)、「日本人は謝罪していない」かの虚言を国際的な舞台で、ことあるごとに吹聴する態度がまかりとおるには、もちろん憤りを感じている。これについての責任を、朝日新聞がどれほど重く受け止めているか知らないが、戦時中に軍部に率先して戦意高揚に邁進したデマゴーグの体質が何も変わっていないことだけは、ここでもまた白日の下にさらされたわけである。

 日韓両国民の間に生じた感情的な行き違いは、この朝日新聞の虚偽報道(というよりほとんどキャンペーンだが)と、それから河野談話に端を発しているが、このふたつに共通しているのは、「裏付け調査をしていない」ことである。まともな報道機関が、ただの伝聞でこのようなデマを流布し、まともな政治家が、証言の裏付けもとらないままに、独断で‘強制連行’を謝罪したグロテスクは、ちょっと他国に例のない異常事態と思われる。

 「吉田証言が虚偽だったからといって、慰安婦問題の全体像はかわらない」といった論法も散見しているが、そもそもその‘全体像’自体が、この虚偽報道をなんとか補強しようとしてかき集められた傍証の集積にすぎない以上、その核となる報道が全くのでたらめとなった時点で意味をなさない。逆に、核となる報道がしっかりしていさえすれば、‘全体像’は必要ない。

 たとえば、白馬事件と松本栄好氏の証言を、「慰安婦問題」のフィルターを取っ払って、読み返してみるとよい。たしかに、どちらも皇軍兵士の暴虐行為ではあるものの、まったく別の事件だと気づくはずだ。むしろ、「従軍慰安婦」という朝日新聞社製のフィルターがかかっているために、慰安婦以外の悲惨が篩にかけられてしまう。松本栄好氏の証言では、慰安婦ではない女性が、慰安所ではない場所に監禁されて、くりかえしレイプされている。こうしたケースは慰安婦の‘全体像’からは漏れてしまう。

 「全体」に存在する人権などない。人権は個々人にしか存在しない。人権派が全体を語ること自体滑稽だろう。こうして、「慰安婦問題」はプロパガンダになり、現実から乖離していく。

 何度となく書いてきたけれど、慰安婦問題はファンタジーにすぎない。悲惨な慰安婦はいる。しかし、慰安婦の悲惨さなどというものはない。

 言葉の背景にかならず事実があるとはかぎらない。「慰安婦」ということばは、「敗戦」を「終戦」、「占領軍」を「進駐軍」、「再軍備」を「自衛隊」と言い換える、役人言葉の一例にすぎない。それをいま「sex slave」と言い換えることの意味は明瞭だ。支配者が変わったのである。

 こんなことを「人権」とか「リベラル」と本気で呼べる連中だからこそ、「皇軍」とか「聖戦」とかの言葉を戦時中には平気で口にできる。その言葉の軽さにこそ、私たちはもっと警戒すべきだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140806
2004040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
20140102030405060708