だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2015/07 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2015-07-06 「シェフ〜三ツ星フードトラックはじめました」

knockeye2015-07-06

 「シェフ」っていう映画が、海老名のイオンシネマで、なんかゲリラ的に上映されていた。ジョン・ファヴローっていう「アイアンマン」の監督が、監督のみならず主演、脚本、製作した映画。観た後気がついたけど、この映画、二月ごろにロードショー公開されていたらしい。公式サイトを見ておぼろげに思い出したけど、辻仁成が景気の悪い宣伝とかしてた気がする。その人選はどうだったんだろうと、見終わって考えると何か笑える。

 「海街diary」を観た翌日に、興奮さめやらぬ勢いで、何かもう一本と「ベラ・ヴィータ」っていう映画を観て大ごけしたと書いたけど、こっちだったなぁ。こういうことですよ。

 いきなり、キュウリのカッティング技で観客の目をさまさせる。吹き替えじゃなくて、ジョン・ファヴロー自身が料理の猛特訓を積んだそうです。料理シーンだけでなく、出てくる料理すべてがホントにうまそうで、ホンモノの料理がこの映画のいのちです。

 途中からロードムーヴィー風になるんだけど、これが「ベラ・ヴィータ」とちがって、ロケハンがきちんとしてる。リトルハバナにあるヴェルサイユ・レストランのキューバサンドウィッチ、ニューオーリンズ、カフェデュモンドのベニエ、そして、オースティン、Frankln BarbecueのBriskatってぐあいに、アメリカにもファストフードじゃない食文化があるんだって感動します。それがシナリオに巧みに取り入れられてるのが上手い。

 ブログ、ヴァイン、ツイッターの使い方も上手い。「バードマン」もそうだけど、新しいものを消化していく、アメリカの旺盛な食欲にはやっぱり感服する。

 そして、音楽。映画全体はサルサでアゲアゲな気分だけど、Hoy Como Ayerはブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブを思い出させる。歌っているのはPerico Henandezつう人だそうです。オースティンで生演奏しているのはGary Clark Jr.。2014年のグラミー賞を受賞した人だそうです。

 それから、ロバート・ダウニー・Jrが、元妻の元カレを演じていて、このやりとりが可笑しかった。スカーレット・ヨハンソンも出てますけど、「アベンジャーズ」より楽しそうです。

 アメリカでは口コミでロングランヒットしたらしいけど納得です。

 わたしはエンドロールの最後まで席を立たない主義なんだけど、それは最後におまけがついてたりするから。この映画でもちょっとしたラインがついてて意味深かも。そこまで深読みすることもないかもかな。

 でも「アベンジャーズ」よりこっちを勧めちゃいますね、わたしは。カフエ・デュ・モンドのチェーン店が、新百合ケ丘にあるから、思わず食べに行ってしまいました。ベニエ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150706

2015-07-03 ヘレン・シャルフベック 魂のまなざし

knockeye2015-07-03

 東京藝術大学大学美術館に(発見したんだけど、この‘ 大学大学 ’美術館の英語表記は“ The University Art Museum - Tokyo University of the Arts ”、英語にすると“ART”もふたつだよ)、ヘレン・シャルフベック展を観にいった。

 フィンランドの女流画家というと、トーヴェ・ヤンソンしか知らないけど、本国では、ヘレン・シャルフベックの方が、トーヴェ・ヤンソンより高名らしい。トーヴェ・ヤンソンは、ムーミンがヒットして、油絵はあまり描かなくなってしまったけど、第二次大戦終結の前後、窓辺に立つ女性の後ろ姿を描いた絵はすごくよかった。もちろん、ムーミンとそれとどっち取る?、みたいな究極の選択を言われても困るけれど。

 ヘレン・シャルフベックは、まだ3歳の時に階段から落ちて、一生を車椅子でおくることになる。3歳の子供が階段から落ちる、そんなことで、他愛もなく、一生の制限を受けることもある。シャルフベック自身は、それについてどんな思いでいたかわからないが、ただ、こんな逸話が残っている。

 絵の才能が見出されて、フランスに留学していた頃、ある英国人画家と交わした結婚の約束を、彼女が一時帰国している間に、たった一通の手紙で反故にされてしまう。この英国人画家が誰なのか今も分からないそうだ。何故なら、彼に関する手紙も写真も、彼女自身が破棄しただけでなく、友人たちにも、手許にある、彼の名前のある全てのものも捨ててくれるように頼んだから。

 このとき描いた《快復期》は、今でもヘレン・シャルフベックの重要な一枚と見なされている。

f:id:knockeye:20150629210952j:image

 そうした私小説的な背景を知らなくても、よい絵だと思う。テクニックはまだアカデミックかもしれないけれど、モチーフを観る目の個性が際立っている。

f:id:knockeye:20150629210723j:image

・・・

 絵の前で立ち止まってしまったのは、この《ロマの女》。

f:id:knockeye:20150629213838j:image

 ふくよかだが重い量感、すばやく、なめらかに走る、ヒリヒリするような赤い線、明るい暖色の背景、陰になった顔。豊かな両腕が抱える何もない空間に、乳房が押しつぶされている。暖かで悲しい。

 「私の冬をしずかに充たしてくれる何かを、私は鏡の中に見つけました。それは、私の最も美しい自画像になるでしょう。あなたはそう思わないでしょう。そして誰も。」(1921.9.26)

 「おそらく、芸術家は自分の中に入り込むことしかできない、そう思う。固くて氷のような、つまりただの私。…私はこれらの絵がひどく痛ましくなってきたので、投げ捨てました。…帰りたくなった…どうして私は、作品をダメにするほど強く全てのことに反応してしまうのだろう?。拭き取らなくてはならないほど、乱暴に描きすぎてしまう。」(1921.10.23 ?)

 「私の肖像画は、死のような表情をしているでしょう。かくして、画家は魂を暴く。でも仕方ない。私はもっと恐ろしく、もっと強い表現を求めているのです。」(1921.12.4)

 上野では、7月26日までと会期が短いので、お見逃しのないように。その後、仙台、広島、葉山に巡回します。

ヘレン・シャルフベック −魂のまなざし フィンランドを生きた女性画家の軌跡 |2015.6/2(火) 〜 7/26(日)東京藝術大学大学美術館にて開催 ヘレン・シャルフベック −魂のまなざし フィンランドを生きた女性画家の軌跡 |2015.6/2(火) 〜 7/26(日)東京藝術大学大学美術館にて開催

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150703

2015-07-02 「沖縄慰霊の日と海外報道」

knockeye2015-07-02

 今朝コンビニで週刊文春を買って、昼休みに小林信彦のコラムを読んでたら、「沖縄慰霊の日と海外報道」という副題で

 現時点でいえば、<集団的自衛権の行使容認を柱とする安全保障関連法案>を廃案か撤回するのがまず最初だと思う。

と書いてあって、文字を追う目が止まってしまった。

 きのう書いたことをもう一度書くのは、さすがに馬鹿げているようだけれど、ブログなんて、検索でヒットしたところしか読まないに決まってるし、ほとんどの人が、きのうの記事でさえ目を通さないことを知っているからで、もし、奇特にも、きのうの記事を読んだ人がいたら、煩雑になるけれどもごめんなさい。こう書いたの。

・・・言葉の問題なんだけど、「戦争法案」っていう法案はないのよ。通りすがりの赤の他人に署名を求める時に、ありもしない法案に反対してくださいって、自分で言ってて、それがオカシイと気がつきませんか?・・・そういう態度が不誠実だと思いませんか?

・・・

反対しようと本気で思ってるなら、それを(どれかわからないんだけど )、正確に名指さないと、批判として無効なのが分かりませんか?・・・

 小林信彦は、80年代からずっとファンで読み続けているけれど、改めて、信頼できる大人だなと思った。

 「集団的自衛権の行使容認を柱とする安全保障関連法案」と、正確に名指すことが、すでに批判としての力であると思うのだけれど、どうだろうか?。

 英国のガーディアン紙が安倍首相を「国家主義者」と断じていた、とも書いてあった。その指摘は正しいと思うが、こと防衛に関して、国家主義的でない国家元首が世界のどこかにいるものだろうか?。確かに、オバマは国家主義者ではないと思うが、ただ、アメリカが国家として、第二次大戦後ずっと日本に対してきたスタンスは、民主的であったといえるだろうか?。そして、オバマ自身も、防衛において、国家主義的でないと言えるものだろうか?。

 沖縄の米軍基地は、アメリカ民主主義の限界だとは思わないが、かなりの辺境であるには違いないだろう。その意味で、沖縄とヒロシマは地続きであり、それは、アメリカの正義を照らす浄玻璃の鏡であり続けるはずである。

 日米安保と平和憲法は同日に生まれた、文字通りの双生児だが、沖縄の米軍基地は当然ながら、彼らより年長で、その意味で、日米安保と平和憲法は、沖縄の米軍基地が生んだと言っていいのかもしれない。現実的には、この3つのうち、事物として存在しているのは、沖縄の米軍基地だけである。実は、沖縄米軍基地だけが「ある」ので、日米安保と平和憲法は「ない」。沖縄の米軍が日本を守るわけがない。そして、すでに自衛隊が合憲なら、集団的自衛権なるものが合憲になるのは、時間の問題にすぎない。すべては時間が解決してくれる。

 しかし、沖縄の基地問題は、時間が解決してはくれない。沖縄の基地を本気で縮小するつもりなら、改憲について議論しなくてはならない。平和憲法が米軍基地を沖縄に縛り付けているからだ。「9条を世界遺産に」などというのは、「本土人」の奢りにすぎない。違いますか?。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150702

2015-07-01 悪いけど、そこじゃないから。

knockeye2015-07-01

 きのう、久しぶりに仕事を休んだので、平日の休みをどうするか、熟慮なんかしてたら、しているうちに終わってしまうので、とるものとりあえず、上野に行った。土日の美術館は、軒並み混み混みだから、平日のアドバンテージを活かせるんじゃないかと思ったわけ。

 でも、よく考えたら、「ヘレン・シャルフベック」は、先週末にもう観たし、この日時間ができると分かってたらなぁと思ったけど。

 シャルフベックはすごく良かったのでまた改めて書くけれど、昼休みにちょこっと更新したりするのは、上野の駅前でさ、私より年上の人なんじゃないの?、「戦争法案反対」つって署名活動やってたさ。

 それで、ここで書いときたいのは、政治テーマじゃなくて、むしろ、言葉の問題なんだけど、「戦争法案」っていう法案はないのよ。通りすがりの赤の他人に署名を求める時に、ありもしない法案に反対してくださいって、自分で言ってて、それがオカシイと気がつきませんか?、て話。そういう態度が不誠実だと思いませんか?、て話。

 あなたたちが何をさして「戦争法案」と言ってるのか私は知りませんが(分かりようがないだろ、て話)、もし、現政権が国会に提出している、安保関連法案のナニカを指してそう言っているんだとしたら、それに反対しようと本気で思ってるなら、それを(どれかわからないんだけど )、正確に名指さないと、批判として無効なのが分かりませんか?、いい歳こいて、て話。

 だから、ダメなんだし、ダメだったんだよ、おまえら。それにまだ気がつかないで、同じこと繰り返してんのか?。見てて情けなかったわ。騒ぐのが楽しいだけじゃないか。さぞかしビールが美味いでしょうよ。

 先日の記事を書いた後で、ハフィントン・ポストで、長野智子と田原総一郎が対談している記事があったので、紹介しておきたい。

「圧力? ないよ」田原総一朗さん、朝生ドタキャン騒動と安保法制を語る 「圧力? ないよ」田原総一朗さん、朝生ドタキャン騒動と安保法制を語る

 だから、先日書いたことの繰り返しになるのだけれど、いまだに米ソ冷戦時代のまま放置されている、日米安保をどうするのかっていう、けっこう差し迫った、現実的な政治テーマについて、頭がマトモな連中は議論してるし、その議論をしたいところなんだけど、右と左の頭に花咲いているような連中が割り込んできて、話がこんがらがっちゃっただけのことなのよ。

 頭が花咲いている人って、敵対し合っているようで、言ってることがよく似てるんだよね、いつも思うけど。振り回している「お札」が、「明治憲法」か、「平和憲法」かの違いだけで、憲法を厄除けのお守りと勘違いしている。

 とにかく、現実のテーマはそこじゃないから。お楽しみのところ、お邪魔して申し訳ないけど、渋谷とか上野とかそういうとこでやらないで、人目につくといけないから。自宅でやって。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150701

2015-06-28 その道はいつか来た道

knockeye2015-06-28

 渋谷で盛り上がっている若者たちに水を差すようで悪いけれど、おじさんたちはその光景はいつか見た。何度も見た。今回だけは違う、なんてことはない。

 デモに行くより選挙に行け。投票率はあいかわらず最低ラインをさまよっている。

 何がバカバカしいかはよくわかる。百田尚樹がバカすぎる。おじさんは関西人なのでよく知っているが、百田尚樹というあの男は、素人参加番組から放送作家になった、ただのオチョウシモノで、「ただの冗談だった」は、単に、言論人としてだけでなく、ひとりの大人として最低だ。

 オトナがあまりにバカを晒している場合、若者が怒るのは当然だ。

 しかし、敢えて言うけれど、あなたたちもあっという間に、あんなオトナになる。なぜなら、あなたたちが所詮あんなオトナにしか対峙できないから。叫ぶだけで議論を深めようとしないから。同意見の仲間の数だけを集めて安心しているから。それは、実は、あなたたちが糾弾しているオトナたちのやり方そのままだから。

 「戦争反対」、「戦争はいやだ」というだけで、戦争は止められない。

 戦争は今も現に世界のあちこちで行われている。その戦争に私たちは無関係なのか?。自分たちの国さえ平和ならそれでよいのか?。もしそう思っているなら、それは正確に言えば、「戦争反対」ではないよね。自分たちさえ安全なら「戦争賛成」になりかねないわけだから。

 日米安保って、つまりはそういうことじゃないの?。現実に日本の平和を守ってきたのは、日米安保だよね。日本は安全保障政策をアメリカに丸投げしてきた。平和憲法はその言い訳に過ぎない。

 安全保障政策を丸投げしているアメリカの戦争に私たちは責任がないと言えるか?。もし、日本が平和国家を目指すと言うなら、独自外交と独自の安全保障政策を手にするべきではないかという議論は間違っているか?。

 日米安保はそもそも米ソ冷戦をその地政学的背景としてきた。ソ連が崩壊して、中国が膨張政策をとっている今、その地政学的バランスは大きく揺らいでいる。

 だから、安全保障政策も現実に即したものに変えていかなくてはならない。日本のこれからの安全保障政策をどうすべきかは、この国に住む者にとって重要な政治テーマでないはずがない。今、国会で論議されるべきことは、そうしたごく現実的なテーマであるべきなのだが、実際にはそうなっていない。

 国立大学に国旗を掲揚させようとか、みんなで靖国に参ろうとか、現実の政治とは何の関係もない、国家主義の妄想にすぎないことがさも政治であるかのようにはびこり始めている。

 で、何がむなしいかといえば、それに抗議する若者のスタンスも、結局、70年代の焼き直しにすぎないと見えることだ。

 極右のデストピア的妄想と、極左のユートピア的妄想の、果てしなく現実から乖離していく茶番劇に、その後の世代は愛想をつかした、その同じことをまた繰り返してほしくないと思う。歴史に学んで、曇りない目で現実を見てほしい。

 あなたたちが、今、主張していることは正しい。しかし、それは、バカをバカだと言っているにすぎない。バカがバカなのはバカでなければわかる。バカでなければわかることを、デカイ声で叫んでいるとバカに見える。現実の政治課題はそのバカの周辺にはない。ホントの政治テーマをないがしろにして、バカとたわむれるな。

 叩いても誰からも文句が出ない相手を叩くのは楽だ。今、あなたたちがやっていることはそれにすぎない。そして、70年代の若者が行き着いた先は、私たちはすでに見たはずです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150628
2004040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
2014010203040506070809101112
201501020304050607