だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2014/10 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2014-10-20 「誤解」についてのまともな議論

knockeye2014-10-20

 ニューズウィーク日本版のWEB版に、冷泉彰彦と池田信夫のふたりが「慰安婦問題」について書いているコラムを読み比べると面白い。

 冷泉彰彦のは‘朝日「誤報」で日本が「誤解」されたという誤解’というもの

 池田信夫のは、‘世界に広がった「性奴隷」の誤解をいかに解くか’という、上の冷泉彰彦のコラムに対する反論である。

 「慰安婦問題」について、事実に基づいて、冷静な議論をしているのは、このふたりだけなのかもしれない。他の論者の議論は、多かれ少なかれ、感情的であるか、観念的であるかで、事実を軽視しているように見える。というより、事実を重んじる態度が身についていないように見える。慰安婦の事実については、このふたりの見解はそんなに隔たっていないようだ。

 しかし、今回、面白いと思ったのは、このふたりの議論の争点が、国際社会での日本のパブリックイメージをどう守るか、あるいは、どう形作るか、という点にあって、国際社会での「慰安婦問題」の本質が、事実上、プロパガンダとロビイズムにすぎないということは、いうまでもないことと了解されているかのようだからだ。

 そう考えると、「慰安婦問題」をめぐって、アメリカ議会が行った非難決議が、どうにも不可解なしろものだったと思えてくる。

 そもそも、日本は、1945年に無条件降伏というかたちで太平洋戦争を終えている。つまり、戦争終結の条件をすべて連合国にゆだねている。もし、そのとき、天皇を絞首刑に処せといわれれば、それにも従わざるえなかったはずである。

 わたしたちはそこから、国際社会との関係を築き上げてきた。にもかかわらず、無条件降伏ですべてを連合国にゆだねたにもかかわらず、その戦争についてまた非難決議とは。よく知らないけれど、それは国際慣例上、かなり珍しいことではないのだろうか?。

 無条件降伏の70年後に、また非難されるとすれば、100年後にも200年後にもまた同じことが繰り返されないだろうか?。

 すくなくとも、このアメリカ議会の非難決議が、70年かけて築き上げてきた、日米の信頼関係を取り返しのつかない姿に変容させたのは事実だろう。

 アメリカという国が、敗者に対してとる態度がこのようなものであるということは、それはまた、東西冷戦の敗者であるロシアに対する態度と照らし合わせても、なにかしら納得のいく部分がある。

 東西冷戦での敗北によって、ソ連という国は崩壊した。ロシアはソ連ではない。もはや社会主義国ではない。民主的な選挙が行われている。ウクライナをめぐる問題は、ロシアだけを一方的に責められることとは思えない。

 今、アメリカがロシアに対している態度が、当然の帰結として、中国とロシアを親密にさせている。愚かしいのは、結果として、米ソ冷戦の時代に時計の針を巻き戻してしまっていることだ。

 ふりかえって、米議会の慰安婦をめぐる非難決議とは何かと考えてみると、それは、太平洋戦争の時代、以前にも紹介したけれど、それは、フランクリン・ルーズベルトが、「極東での悪業は、日本人の頭蓋骨が未発達なせいだ」と語っていた時代、日系アメリカ人を収容所に隔離した時代、に時計の針を巻き戻す、悪魔の決議だと思えてくる。

 欧米では、朝日新聞の誤報問題を、安倍政権の政治的な圧力ととらえる傾向があるそうだが、それは、視点を私たちの側におけば、二重の意味で偏見に満ちていると言わざるえない。ひとつには、朝日新聞が政権の圧力に屈したという、日本のジャーナリズムに対する侮蔑、もうひとつには、日本の「無辜の大衆」は、そうした言論弾圧に気づきもせず、朝日新聞を非難しているのだろうという、おかどちがいで浅薄な日本人観である。 

 基本的には、ろくに日本語もしゃべれないのに、日本について何かが理解できると考えている態度がすでに傲慢なのである。

 ところが、そうした‘傲慢’を彼らと共有して悦に入るという日本人がいるのもまた事実で、結局のところ、日本で‘リベラル’と呼ばれている人たちの精神的な態度は、事実上これに尽きるというように見える。だから、‘リベラル’は嫌われる。

 たとえば、郵政民営化議論がかまびすしかった当時でも、「郵政民営化はアメリカでも失敗した」とかいう人がいた。こうした無意識のアメリカコンプレックスの最大の問題は、日本の現状について、自分の頭で考えることを放棄した思考停止状態だと思う。

 アメリカ人に「安倍はアジアで最も危険な人物だ」とかいわれると、「えへへ、そうですよね」みたいな感じで相づちを打ってしまって、まともな反論もできないのだ。しかし、実際は、オバマの不見識な外交が世界を混乱に陥れている。私に言わせれば、安倍よりオバマの方がはるかに危険だ。というより、オバマの存在は、すでに‘問題’だと思う。

 「慰安婦問題」は、韓国のナショナリズムにすぎない。つまり、挺対協は韓国の在特会にすぎない。

 国際社会がそうした視点を持ち得ないのは(いいかえれば、国際社会の慰安婦をめぐる誤解は)、事実に即してこれを考えないためだろう。けっきょく、かれらは、自分たちの問題を「慰安婦問題」に投影しているだけなのだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20141020

2014-10-18 ミレー展

knockeye2014-10-18

 府中市美術館と三菱一号館で、別々の企画だが、ともにミレー展が開催されている。

 ジャン・フランソワ・ミレーは、日本が近代化に向けて歩き始めたごく早い段階から紹介され、愛されてきた。西洋の絵画にはじめて接した日本人が、数多ある西洋画の巨匠の中から、あえてミレーを選んだその嗜好に、その当時の日本人が、理想としての近代をどうとらえていたか(絵はつまり理想であるわけだから)が、いまミレーの絵をまとめて観ると、当時の人たちが意識していなかったかもしれないことかもしれないが、よく分かる気がする。

 それまで、ある意味では安定していた封建制社会を捨てて、新しい国を作っていこうとした人たちを感動させるみずみずしさがミレーにはある。たぶん、ミレーの絵がなければ、「近代」が日本に根付くことはなかっただろう。

 私たちの近代はここから出発したし、理想としての近代は、いまだにここにしかないということに、はげしく感動した。すくなくとも、私が絵に感動する原点はここにあるだろうと思う。

 ここに思想があるとか、宗教があると言いたいのではない。むしろ、絶対に言いたくない。もし、ミレーの絵に思想や宗教を観てしまう人は、永遠に絵を観ることができないと思う。そういう人たちは「青」という色を「青」ということばに変換してからでなければ、何も理解できない人たちで、そういう人はたとえばりんごを目の前にして、左右の人に、「これりんごだよな、りんごだよな」と確認して勝ち誇ってる変な人だ。

 言い換えれば、百の言論を重ねても、そこに一枚の絵がなければ、それはたぶん思想ではない。逆に、絵に思想や宗教は要らない。

 そのことは、同じような画題を扱った、ヨーゼフ・イスラエルスや、レルミットの絵と見比べると即効で分かる。コローの銀灰色の田園風景は美しいけれど、そこに描かれているジプシーたちは、点景にすぎず人ではない。

 ミレーの描いている農民はホンモノの農民で、たぶん、現実の農民よりホンモノの農民だろうと思う。

 現実の風景がモネの絵をまねるように、現実を収奪する恐るべき力がミレーの絵にはある。そしてこれは、ほんとに優れた画家だけが持っている力だと思う。

f:id:knockeye:20141019054510j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20141018

2014-10-13 谷中安規展 1930年代の夢と現実

knockeye2014-10-13

 町田の国際版画美術館に谷中安規の回顧展を観にいった。

 この人の版画にはごく若い頃から親しんでいる。それはたぶん萩原朔太郎が好きだったから、恩地孝四郎、田中恭吉といった同時代の版画家とともに、この人の作品も自然に目にしていたのだろう。なんといってもイメージは強烈だ。

 しかし、「谷中安規」の訓みは、つい最近まで「やなかあんき」だと思っていた。「谷中」は上野谷中の「やなか」だが、音が「夜中」に通じる。つまり、「東京」と「夜」をダブルイメージとして持つ苗字に、「あんき」は疑心暗鬼の「暗鬼」にかけて、都会的でいて、なんとなくおどろなイメージが絵の感じと合っている、うまいネーミングだなと思っていたのだが、実は「たになかやすのり」だそうだ。

 わたしは人と会話しないせいか、この間違いはよくある。伊東静雄の『夏花』を「なつはな」ではなく「げばな」と訓んでいたし、十代のころ、梶井基次郎を「かじいきじろう」と言って、「‘もとじろう’だろっ」て、これはつっこまれた。

 その「谷中安規」だが、絵から想像する以上にユニークな人だったらしい。

 特に驚いたエピソードは、31歳のころに、居候していた友人の妹に失恋したとき、失意のあまり刃物を持って、踊っていたそうだ。「失恋して、刃物を持って」までは、フツーかもしれない。でもフツーの人の行動は、そこから踊りには向かわない。しかも、夜ごとに踊っていたそうだ。千葉のお寺だったんだけど、その本堂の内陣で(内陣ってお坊さんがお経詠むところ)、月の光を浴びて踊っていたらしい。

 その後にも、師事していた永瀬義郎の家を訪ねていたとき、不意に失恋のことを思い出して踊ったらしい。踊り終えた後、「女をやっつけた」と笑っていたそうだ。

 踊りについては、ほかにも、ダダイストの詩人、高橋新吉も、谷中が街中で人目など一切気にかけずに踊り出すのを見たことがあるそうだ。

 私の考えでは、これは、コミュニケーション不全にすぎないと思うが、それにしても、それが「踊り」という形式で表出されるのは、今の日本人からすると、かなりめずらしいと感じられる。

 ただ、谷中の踊りについて永瀬義郎はこう書いている。

「彼が再び我々の方に身体を向けた時には彼はもはや一人の立派なダンサーになつてゐた。事実、僕は彼が空間に次から次へと作り出すフォルムと線の躍動に魂をすつかり吸ひつけられて了ったほど、彼の舞踏は天才的の処があつた。」

 また奇行という意味では、旧友が経営する書店に居候していたときは、夜になると店に下りて、本棚の本を下ろし、何か木彫していたそうなのだ。ただ、これは、居候のお礼に店の装飾をしていたという意味らしいが、どうも、それは旧友がそう受け取ったにすぎないようにも聞こえる。

f:id:knockeye:20141012023753j:image

 内田百けん(門構えに月)は、谷中安規を「風船の繋留索がしよつちゆう切れて、どこかを浮動する」「風船画伯」と名付けた。内田百けんの『王様の背中』という童話集に、挿絵画家として紹介されたのが、出会いであったそうだ。

 谷中安規が入れ込んで出版が予定を半年も遅れ、内田百けんは挿絵なしにしようかと考えたそうだが、できあがった作品を見て、「さながら谷中安規版画集の趣がある」と気に入って、その後、挿絵や装幀を任せるようになった。

 谷中安規内田百けんに紹介したのは佐藤春夫で、彼の短編小説『FOU』に谷中が寄せた挿絵も展示されていたが、これは谷中の、挿絵本を出したいという求めに応じて、佐藤春夫が過去の作品からこれを提供した。佐藤春夫は「谷中の天馬が拙作の世界から自由に踊り出して谷中自身の世界の消息を伝へてゐる」とはしがきに書いているそうだ。谷中安規の挿絵が目的で出版された本なのだ。

 駒井哲郎の時にもちょっと書いたかもしれないが、近代詩人は画家とコラボして詩画集をよく出版したし、そうでなくても、萩原朔太郎の『月に吠える』というと恩地孝四郎と田中恭吉の版画が頭に浮かぶ。あるいは、夏目漱石中村不折とか。これに較べると、そもそも、本に対する思い入れが、今の出版界には貧弱だと思う。

 そういう意味では、こないだの万城目学(そういえばこの人の訓も「まんじょうめ」だと思ってたな)の『とっぴんぱらりの風太郎』の電子書籍に、中川学の挿絵がコラボして出版されたのは電子書籍の可能性として面白い試みだったと思う。

 村山知義や前衛グループ「マヴォ」との関わりも、図録では指摘されているが、私はそこはちょっとわからない。舞踏とドイツ表現主義の影響という意味では、たしかに近いのかもしれないが、わたしは村山知義の絵がぜんぜん印象に残ってないので。

 ただ、この昭和モダンというころの日本を知るにつけ、この国がこのあとあれほど馬鹿げた戦争にのめり込んでいくのが不思議でならない。ただ、政治と警察と新聞がクズだった点は今の日本と共通している。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20141013

2014-10-10 みうらじゅん遅刻

knockeye2014-10-10

 週刊SPA!に、グラビアン魂というグラビアをさかなにみうらじゅんリリー・フランキーがうだうだ喋るページがあるのだけれど、その収録現場に、リリー・フランキーじゃなく、みうらじゅんが遅刻したらしい。

 それで、途中までリリー・フランキーの問わず語りになって、ひとりでダジャレを言うのもものすさまじいのか、グラビアカメラマンの品定めに話が流れて、西田幸樹が白眉であろうかと。それで今回のカメラマンは西田幸樹になっていた。

 私も西田幸樹のグラビアが好きだが、これは私にしては珍しくも、世の中の男性諸氏の多数意見と一致するのではないかと思っている。このカメラマンは、自然光でも、人工灯でも、光をまるでフランス料理のソースみたいに使う。全体にまんべんなく、ときにはアクセントを効かせ、と、そんな風に。

 たとえば、いま、BOMB.TVで公開されている杉原杏璃のグラビアが、まさに西田幸樹なんだけれど、たまたまブラウジングしている最中に、サンプルを見て、「あ、これ、西田幸樹だ」とわかってしまうくらい特徴的。

 わたくし、杉原杏璃はそんなにタイプではないんだけれど、リリー・フランキーも言っているとおり、西田幸樹が撮ると、誰でも何割増しか女子力が上がる。古い話だと、黒田美礼とか、遠野奈津子の写真集も、西田幸樹のがよかったと思います。

 リリー・フランキーが名前を挙げている他にも、平地勲、山内順仁週刊プレイボーイでたしか主任だった、中村昇なんかもぬめっとした色が好きだった。

 杉原杏璃は、32歳だそうだ。グラビアを見ながら時代を感じてしまうのもどうかと思うが、なぜこれが16歳の杉原杏璃ではないのか?という疑問が頭をもたげるのは、山口百恵は、20歳で引退しているので、篠山紀信加納典明が撮った彼女の水着姿は10代の頃のものであるはずだが、今のグラビアアイドルの写真は、結局、その頃の残響のようなものにすぎないと見えるからだ。

 当時、10代の男の子が、10代のアイドルの水着姿にときめくのは自然なことだと思われていたんだと思う。でも、それは自然なことでもフツーのことでもなかったらしいということが、今は、なんとなく分かってきてしまったからこそ、グラビアン魂みたいに、50代のおっさんが二人でグラビア鑑賞するなんていう企画が成立する。

 今の50代は、今の10代に、‘夢’どころか、‘フツー’ですらも示してあげられない。ただ、「これがフツーだ」というヤツは、あんまり信じられないぞと言ってはあげられるだけだ。

 今の朝日新聞叩きは、「異常だ」と言う人がいるが、何かを考えるときに、正常か、異常かを規準にすることが、とりもなおさず、差別である。私には今の朝日新聞叩きに、そうした欺瞞に対する苛立ちを感じる。

 神奈川新聞に、‘従軍慰安婦の調査研究に取り組む市民団体「『戦争と女性への暴力』リサーチ・アクションセンター」が日韓の大学生約4千人を対象に行った意識調査’というのがあった。

 いまだに「従軍慰安婦」という造語を使い続けるこの人たちの態度に、なにかしらの傲岸さを感じないわけではないが、日韓の学生たちを対象にしたアンケート結果自体は興味深かった。

 ただ、

 慰安婦を強制連行したとした「吉田証言」を朝日新聞が虚偽と判断したことで、強制連行自体が虚偽だったかのような言説が一部メディアで繰り返されているが、もともと吉田証言は河野談話でも歴史研究でも根拠として採用されてきたわけではない。

という文章には、引っかかりを感じた。

 「吉田証言を朝日新聞が虚偽と判断した」ことから「強制連行自体が虚偽であったかのような言説」が「一部メディアで繰り返されている」とした文章と、「吉田証言は、河野談話でも歴史研究でも根拠として採用されてきたわけではない」という文章を「が」でつないでいる。この「が」は曖昧で、レトリックのにおいがプンプンしている。

 なぜなら、そもそも河野談話は「強制連行」を認めていないので、この「が」が逆接の接続助詞として使われているとしたら、ここにあるのは、河野談話や「歴史研究」というこれまた具体的な内容を欠くあやふやな言葉が、あたかも強制連行を認めているかのように、印象を誘導するレトリックだと言われても仕方ないだろう。

 ただし、これが、さらにレトリックであるのは、「が」は、つねに逆接を示すとはかぎらない点で、もし読者がその意味を逆接にとったとしても、著者はその責任を逃れられる点にある。

 姑息な文章だが、こうしたレトリックの積み重ねが、やがて、捏造となり虚偽報道になるのだと思う。

 結局、新聞記者の文章とは、こうした様々なレトリックを駆使して、世論を誘導していく欺瞞にすぎない。こういう卑しい文章を信用しないことは、何が正しいかを見極めたければ、すくなくとも大事なことだと思う。



 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20141010

2014-10-07 『春画』

knockeye2014-10-07
春画

春画

 日曜のこのあたりは台風を後に控えた大雨で、土曜も出勤で意気阻喪していた私は、どこにもでかけず、食事も宅配ピザですませて、本を読んでいた。

 ピザで思い出したけど、今までひいきにしていたナポリの窯が閉店してしまって、ピザーラに頼んだけど、ちょっと高いし、楽天でネット決済できないのが不便。

 椎名誠の『春画』は、ベッドの中でヤフーの電子書籍をブラウズしていて見つけた。

 2001年の出版で、オブチノミクスが大失敗して、国の借金が膨らみ始めたころ。椎名誠自身も、今からふりかえれば、ミッドライフクライシスまっただなかといっていいのだろうと思う。 

 そういう、なんというか、暗いとまではっきりいえない、もやもやした不安定な感じが、椎名誠の小説としては、日本の小説にとっては本流といえる、本格的な私小説のおもむきになっていて、個人的には、夏目漱石の『道草』を連想した。

 佐藤可士和が、日本社会の弱点は「ハイコンテキスト」なところだと指摘していたが、日本で私小説が本流になってしまったのも、社会がハイコンテキストであるからだといってみることもできるのだろう。

 しかし、椎名誠という作家が主人公である私小説となると、コンテキストとなる社会は、大正の文学青年が無神経に無意識の領域に放り込んでいた日本社会とはずいぶん違っていると気づかされるし、この小説が、私に夏目漱石の『道草』を思い出させたのも、漱石が凡百の私小説家たちよりはるかに、日本社会について意識的であったろうことと関連があるのだろう。

 椎名誠は、作家自身であるのはもちろんだが、作家が長い時間をかけて作り上げてきた、キャラクターであることもまた事実だろう。

 読者がここで対面するのは、そうした椎名誠というキャラクターが向き合っている、ミッドライフクライシスという現在であり、小説として、漱石の『道草』がそうであるように、これが凡百の私小説ではないのは、それが様々な変奏の海のメタファーとして、たくみに描き出されている点だろうと思う。

 とくに、反りの合わない義母が、椎名誠に語る家族の比喩としての海潮流の話は、読んでいて息が詰まりそうになるほど。小説のテンションが最も張り詰めているところなのかもしれない。

 タイトルの「春画」は、第一章のタイトルから無造作にとられているように見えながら、椎名誠自身の出生にまつわる、不分明な部分を暗示していることが後にわかる。

 つまり、作家ははっきりと意識して、椎名誠の家族の物語を、海をメタファーに描こうとしているし、それは成功していると思う。

 何の気なしに読み始めたのだが、よい読書ができた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20141007
2004040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050607080910