だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2017/01 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017-01-16 山本耀司、朝倉優佳、村上早

knockeye2017-01-16

 お正月は恒例になっているbunkamuraアートギャラリーでのお買い得セール、買わないけど、値札とともにアートを鑑賞できる機会なので、のぞいてみることにしている。去年だったか、一昨年だったか忘れたけれど、香月泰男の小さな花の絵がすごく気に入ったが、値段を見てなるほどと納得したわけだった。

 今年は、油絵にはそんなにピンと来るものがなかったが、デヴィッド・ホックニーリトグラフが30万円そこそこ。わたしはデヴィッド・ホックニーの大ファンなので、ちょっとザワッとせんでもなかった。リトグラフがえらく多かった気がした。初日ってわけじゃないので、目玉商品はもう売れてたのかも。

 ベルナール・ビュッフェとレオナール・フジタのものが多数。フジタは裸婦もあったが、小品なら晩年の子供の絵は、実はすごく良いと思う。値段ももちろん良いけども。ビュッフェは、ホックニーより好きなくらいだけれど、今回はそんなにピンと来るのがなかった。

 身の程もわきまえず、本気で手を出そうかと迷ったのは、ハンス・ベルメールの小品が2つ。どちらも10万円しない値段で売っていた。ベルメールらしく、線がエロチック。こういうのを飾っとくのも悪くないだろうなと思った。

 ただ、財テク目的の絵の商売は、日本では、冬の時代であるらしい。オークションでの落札価格が下げ止まらないそうだ。

 また、税制の優遇措置がないために、コレクターが苦労して築いた貴重なコレクションの多くが、どんどん海外に流れていっているらしい。

 個人的には、そういう次元ではなく、絵を所有したら管理が大変じゃんって思っちゃう。「グレートミュージアム」てふウィーン美術史美術館のドキュメンタリー映画を観たが、閉館後に天井裏のペトリ皿みたいの覗いて「○の〇〇〇〇、蛾が6匹」とか。油絵の虫食い穴からピンセットで虫の死骸をほじくり出して顕微鏡で記録したり。考えるだけでうんざり。コレクターって性格じゃないのは自覚がある。

 その後、初台の東京オペラシティアートギャラリーで、山本耀司と朝倉優佳の展覧会「画と機」を観に行ったんだが、実は、そっちはどうでもよくて、4Fのコリドールで併催されている、村上早を観たかったのだった。

f:id:knockeye:20170115092837j:image

 去年、東郷青児記念美術館の「FACE受賞作家展」で観た作家の中で、永原トミヒロ、西村有と、この人が印象に残った。あのときは、まだ危なっかしいんじゃないかって感想だったんだが、一年後、一番強い印象が残ってるのは村上早だった。

 村上早は、去年はまた、アートアワードトーキョー丸の内で、フランス大使館賞を獲たそうで、今月29日まで、アンスティチュ・フランセ東京てふ場所で『ours ours』てふ展覧会がやってるみたい。もっと早く知ってりゃそっちにも足を伸ばしたところなんですが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20170116

2017-01-13 ヒートテックをアウトドアで使うのはオススメできない理由

knockeye2017-01-13

 わたくしはけっこうUNIQLOが好きだと思う。佐藤可士和のロゴになる前のコットンのパーカーをまだ現役で着ていたりする。

 つう前置きをするくらいだから、ちょっと苦言を呈するつもりでいるのがバレバレだろうけれど、ヒートテック?、あれをアウトドアで、アンダーウェアに使うのは、ちょっとオススメできない。

 こんなことを、今更とりあげるのは、なんか最近、ユニクロの店頭で、ヒートテックでエベレストに登頂したとかいう女性が紹介されてて「エエ?」ってなったからなので、論理的にも、経験からも、信じられない思いなのだ。

 アウトドアウエアは、3つのレイヤーに分けて考えるのが基本だろう。アンダー、インナー、アウターと、機能に視点を置くと3つに分かれる。

 アウターは外界の影響を遮断しつつ、内側から出る汗を外に出す機能が求められる。ゴアテックスなんかの防水透湿素材が使われることが多い。

 インナーには保温が求められる。アウターという外壁と肌の間にデットエアーの層を作るのがインナーの役目です。

 アンダーウェアの役目は、汗を肌に残さず、蒸散させること。初夏のころがなぜ快適なのか、空気が乾燥してて、汗が乾いてくれるからですよね。逆に梅雨のころは、湿度が高くて汗が肌に残ってしまうから不快なんです。

 アウトドアウエアのレイヤーは、アンダーで汗を外に出し、インナーでデットエアを確保し、アウターでそのデットエアを守るっつうことだと思うんです。アウター、インナー、アンダーともに汗を外に出すってことは、基本の基本だと思うんです。

 しかし、ユニクロの説明によると、ヒートテックは「汗を吸って発熱する」。アウトドアでは、冬でも、けっこう汗をかくわけです。暑いんです。その暑いときに、アンダーウェアが汗を吸って発熱してくれては、たまったものじゃないんです。

 敢えて言えば、インナーにヒートテックなら、使えるかもしれない。それでも、吸った汗が乾く時に熱を奪うおそれがあるから、激しい運動には向かないと思う。

 現に、最初の頃のヒートテックを仕事で使ってたことがあるんですけど、暖房が効いた部屋では暑くてたまらなかった。電車とかでも。で、今はアンダーウェアとしては着てません。マフラーとか、ソックスとかぐらい。

 夏のエアリズムは愛用してますけど、冬のヒートテックは、アウトドアウエアとしては信頼できないと思う。たぶん、その辺のことは重々承知してるからこそ、エベレスト登頂する人なんかに使ってもらってるんだと思うけど、「汗を吸って発熱する」って大矛盾を克服するより、あっさり他の着た方が話が早いと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20170113

2017-01-12 「SUPER FOLK SONG」

knockeye2017-01-12

 なんか知らないけど「SUPER FOLK SONG」っていう、矢野顕子のレコーディングを延々と映した映画、しかも、モノクロで。

 びっくりしたけど、全部弾き語り。ピアノと唄を別どりじゃないのね。しかも、一発どり。何曲もとって、良いとこをつなぐって事をしてない。ただただ矢野顕子の才能に圧倒されるっつう映画です。

 でも、あまりまえだけど、いろんなプロの人たちがいて、はじめて、天才の仕事も陽の目を見るってこともわかります。谷川俊太郎とか、糸井重里とか、鈴木慶一とか、宮沢和史とか、詩や曲を提供したひとももちろん、もっと裏方の人も。

 とつぜん、弾くのをやめて、

「あ、やっぱり、ここちょっとおかしいですね、調律の人お願いします」

とか言うわけですよ。

 そしたら、調律の人がすっと出てきて、なんかやって、

「これでどうでしょう?」

「あ、よくなりました」

とか。

 見てるこっちは、「さっきとなんか違う?」みたいな感じ。なんか松本人志のコント見てるような気がしてきてしまうんだけど、ふだんはそういうシーンって目に触れないことなんだけど、全てのものづくりの現場で、そういうことが行われてるんだと思います。その結果のところだけ見て、そのプロセスに想いを馳せられないのは、改めて、貧しくて下品だと思った。

 週刊エコノミストの12月27日号に、パフュームの振り付けをしてるMIKIKOって人のインタビューが載ってる。リオ五輪の閉会式を演出した裏話がすごく面白かった。

 パフュームとBABY METALの裏側にこういうプロがいるってのが、面白いと思っちゃう。さっきの矢野顕子の調律の人じゃないけど、素人は分からないけど、プロは狙い定めて正確なシュートを打ってるわけよ。

 しかし、プロって何なんだろうって考えだすと、なかなか難しい。

 江川達也が「君の名は。」を「プロから見ると全然面白くない」って批判して炎上したそうなんだけど、でも、現時点で200億円稼いでるプロと、200億円稼いでる作品を面白くないっていうプロと、どっちに仕事を発注するかというと、顧客目線で見るとどっちが「プロ」かはいうまでもないと思うんだけど。

 「君の名は。」について言えば、福岡伸一が文春に書いてた記事が一番沁みましたね。東日本大震災を、今、ああいう形でファンタジーに昇華できたっていうのは、やっぱりすごいと思います。「シン・ゴジラ」も、東日本大震災を強く意識しているけれど、立ち位置が官僚側にあるのが、わたしはちょっと。「君の名は。」は、はっきりと被害者の立場で描いていて、もっと言えば、死者の立場で描いているので、ファンタジーにならざるえない。それが伝わるから、胸を打つんですよね。

 先日、泣く子も黙る、キネマ旬報の年間ベストテンが発表された。キネマ旬報の視点は、鬼神も道をゆずるプロの視点なんだが、「この世界の片隅で」が一位なのは、まぁ、わかるんだが、「イレブン・ミニッツ」が、外国映画の8位って。プロは違うね。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20170112

2017-01-10 「湯を沸かすほどの熱い愛」

knockeye2017-01-10

 「湯を沸かすほどの熱い愛」って映画をみた。ちょっとウエルメイドなところはあるけど、宮沢りえの存在感で押し切った。

 宮沢りえは、「紙の月」のときの「大丈夫?」って感じがウソみたいに「よい出来」だった。それは、やっぱり、今のあのスキニーな体型に合う役と合わない役があって(あの時は書かなかったけれど)、年下の男(池松壮亮)と不倫しつつ、銀行の金を横領しつつ、爺さん(石橋蓮司)に色仕掛けしようという女には、もう少し肉のだぶつきがないと、説得力がない。その点、今回の役は宮沢りえにピッタリかそれ以上だった。

 話の筋にアラがないわけではない。特に、篠原ゆき子(「共喰い」、「二重生活」の)のエピソードは、サラッと通り過ぎてるけど、その説明の部分が一番の弱点だと思う。そこが弱いんで、オダギリジョーの存在感まであやふやになっちゃう。

 そこを力技で寄り切れたかどうか、物言いがつくとしたら、そこだと思う。

 これは、オリジナル脚本だが、もし、原作に小説があるなら、そこは、長いエピソードになりそうだし、映画にするとき端折っちゃったんだなって、多分そう思われるくらい、映画的に弱い。

 しかし、わたしは批評家じゃないんで、目をつぶっちゃいますけどね。

 ちなみに、宮沢りえはこの映画で「キネマ旬報」の主演女優賞を獲得しています。映画自体もキネマ旬報ベストテンの7位に評価されています。

 この月末に、本厚木の映画.comシネマで、この映画と、中野量太監督の旧作「チチを撮りに」が併映され、監督の舞台挨拶もあるみたいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20170110

2017-01-06 日本が北朝鮮と国交を結ぶべき理由とその実現可能性について

knockeye2017-01-06

 これは前から言ってるけど、日本は、6カ国協議を抜け駆けして、北朝鮮と和解した方がよい。

 「いいも悪いも、できるか、そんなこと」と言われても困るので、まず、実現の可能性から言っておくと、日本は、6カ国協議の他の国々、アメリカ、ロシア、中国、韓国と違って、かつて、北朝鮮を植民地支配していた。ので、植民地支配の賠償という名目で北朝鮮に「事実上」歩み寄っても、第二次大戦の戦勝国である、米露中は表立った文句は言えない。もちろん、韓国がこれに何か言えるはずもない。

 加えて、日本と北朝鮮の間には、拉致問題という個別の問題がある。これもまた「人権問題」なので、これについて、6カ国協議とは別に接触したとしても、21世紀の大国ぶってる国々としては、口を挟みにくい。

 北朝鮮の側としても「援助」の名目では受け取りにくいものを、「植民地支配の賠償」なら「勝ち取った」と国内外に宣伝できる。

 中国と韓国が経済的な結びつきを深めている今、北朝鮮はもちろん孤立している。日本が手を差し伸べれば、国益にかなうのはわかりやすい。

 では、日本にはどんな利益があるのかと言えば、まず、北朝鮮の核の脅威を取り除くことができる。さらには、北朝鮮と連携して韓国を牽制することができる。端的に言えば、北朝鮮の核というカードを手に入れることができる。一方では、韓国が北朝鮮の核を手にするのを阻止することができる。

 北朝鮮の核は、安全保障上、米国にとっても利益になる。米国は、東アジアに核を配備できない。それは、他ではない、非核三原則がある日本に核を配備できないからである。しかし、日本が北朝鮮と和解すれば、米国には、北朝鮮の核を、日本を介してコントロールできる可能性が出てくる。

 しかし、それを、韓国を介して実現されてしまった場合、一転、日本が孤立することに気がつくべきである。

 東アジアの地図をよく眺めてみれば、北朝鮮はその中心に位置している。米軍が、ここに、裏口からでも、いやむしろ、裏口からこそ、影響を及ぼすことができるのは、悪い話ではないはずだろう。

 現実的になろうよ。六カ国協議って、米露中の意見が一致する日なんて100年経っても来やしないわ。

 「植民地支配の賠償」の中身だが、ただ、金を出すだけでは意味がない。し、日本の今の財政では、事実上できない。ので、民間の協力で、北朝鮮に投資することになるだろう。言い換えれば、北朝鮮の安い労働力を、日本の企業が使って、北朝鮮の経済発展に寄与する。あるいは、北朝鮮のインフラ整備を日本企業が総合的にプロデュースする。

 比喩的に言えば、日本が北朝鮮を「経済的に」植民地支配する。第二次大戦中、アホな軍部は、「文化的な」植民地支配をしようとしたが、自分たちの頭の悪さを晒しただけだった。経済的な支配は、日本も北朝鮮も、利益を得る。そうでなければ、支配とは言えない。双方が利益があるから、関係を断てなくなるのだ。

 ちゃんとした植民地経営(事実上の)をすれば、植民地も何も文句を言わない。日本がアメリカに文句を言わないのと同じだ。原爆を落とされたのにもかかわらず、文句も言わないのだ。

 韓国と北朝鮮の経済格差は大きいが、この両国に質的な違いがあったわけではない。北朝鮮にはもちろん経済発展の可能性がある。アジアの他の国と同じ水準まで経済レベルが上がればよいのであって、それが不可能であるはずがない。日本は、「植民地支配の賠償」を名目に、その経済発展の上澄みを独占的に搾取することができる。

 あえていうと、そうでもしなければ、日本の今の財政状況を改善するのは難しい。北朝鮮に対する「植民地支配の賠償」は、アベノミクスの第三の矢にふさわしい。

 以上、述べてきた理由で、経済的な見地からも、安全保障上の観点からも、日本は北朝鮮と和解するべきである。し、政治的な状況も、その実現が十分に可能な状況にある。むしろ、米韓のトップが変化しつつある今が、行動を起こすのに最適だと思われる。というより、今をおいては、チャンスを逃すおそれがある。迅速な行動を願う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20170106