だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2014/08 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2014-07-27 バレエ・リュス展

knockeye2014-07-27

 順序が逆になるけれど、先週、国立新美術館で観たバレエ・リュス展について。

 バレエに何の興味もないわたしが、アウェー感満々な展示会に足を踏み入れるのは、「バルビエ×ラブルール展」のとき、鹿島茂

バルビエとラブルールのセット展という発想そのものが、十九世紀が二十世紀に決定的に変わった直接的原因が何かを知りたいという思いから生まれたものだが、結論から言ったらそれはロシア・バレエしかないということになる。

と書いていた、その断定のわけをもう少し感覚的につかみたいと思うからだ。

 あのときのブログを読み返してみると、あのときはあのときで一応分かった風なことは書いているし、なるほどなと思わないでもない。

 あのときはバルビエの版画作品だったが、今回は写真と衣装。特に、衣装で面白いのは、いつも絵画展で名前を目にする巨匠たちのデザインした衣装が観られることだ。

 アンリ・マティスデ・キリコジョルジュ・ブラック、マリー・ローランサンなど。展示はなかったが、ピカソが舞台セットを担当したこともあったそうだ。

 アンリ・マティスの衣装は、あれだけたくさんの中にあっても目を惹くのはさすがだと思った。

 あと、可笑しかったのは、マリー・ローランサンのデザイン画で、ふつうにいつもどおりのマリー・ローランサンの絵なの。あの絵を「これデザインっす」て渡された職人さんは困ったと思うわ。

 ただ、バレエ・リュスの衣装デザイナーの列に連なるマティスデ・キリコの名を観ていると、総合芸術としてのバレエ・リュスというより、すべての芸術の垣根を突き崩す、破壊者としてのバレエ・リュスに思いを馳せざるえなかった。

 19世紀以前の芸術が何のために存在していたのか、教会のためにか、パトロンのためにか、サロンのためにか、存在していたのだとしても、20世紀以降の芸術は、よく考えると実体のよく分からない、大衆のために、たとえそぶりだけにせよ、膝を屈せざるえなくなった、芸術の存在意義そのものを変えたのが、バレエ・リュスであったのかもしれない。

 20世紀は第二次世界大戦で前後に分かれるが、あの戦争で負けた側が採用した、間違った価値観は、このときバレエ・リュスが過去に葬り去った、うつろな権威をよりどころにするものだったかもしれない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140727

2014-07-26 オルセー美術館展

knockeye2014-07-26

 国立新美術館オルセー美術館展を観にいった。

 書き忘れてるけれど、先週末は、フィオナ・タンだけでなく、国立新美術館で開催中の「バレエ・リュス」の展覧会も観に行った。そのとき、そこでオルセー美術館展もやってるって知ったんだけれど、オルセー美術館のわりには混雑の気配がない。おやっ、ていうわけ。しくじったんじゃないのかなぁ、文科省の天下りどもがよ、と思いつつ、展示作品リストをつらつら見てみると、財力にものを言わせて、なかなかの名作をそろえている。とくに、カイユボットの「床削り」が来ているので、カイユボット展の時に観られなかったし、あんがい、空いているし、ということで見に来る気になった。

 でも、もちろん、朝イチで出掛ける。いくら空いているといっても、比較の問題にすぎなくて、「にしちゃ混んでない」というだけで、混んでるか混んでないかかと言われれば、いずれにせよ混んでる。

 展覧会は、マネを軸に、印象派にしては渋好みのキュレーションに思えた。ドガ、ピサロシスレー、カイユボット。モネやルノワールも渋めの作品。

f:id:knockeye:20140727061929j:image

 カイユボットが第二回の印象派展に出品した「床削り」。削られている床、まだ削られていない床、作業する人たちの背中、壁の直線的な模様、対して曲線的な窓外の欄干、その全体を統一する間接光の描写。でも、この絵を本当に魅力的にしているのは、図録に「虚構のローアングル」と書かれている、不思議な高い視点だろう。こういう風に見えるってありうるかなと考えてみるんだけど、たぶんありえない。床だけはずいぶん高い位置から見下ろしているように見えるが、人や壁は、ほとんど彼らと同じ目線くらいまで低い位置から見ているように描かれている。

 描かれているもののそれぞれの質感はすごく写実的なのに、アングルは非現実的というこういう絵はカイユボットにはけっこう多い、カイユボット展でいえば、「ヨーロッパ橋」とか「昼食」とかもそうだった。これはひとつには、スケッチのかわりに写真を使っているからかもしれないが、後に続くセザンヌやピカソの‘複数の視点’の先駆となっている。

f:id:knockeye:20140727061921j:image

 エドガー・ドガの数多い踊り子の中でも、今回展示されているのは、第一回印象派展に出品されたもの。これは当時もとても評判になったらしい。有名な「エトワール」もたしかに華やかだけれど、今回のキュレーションが渋好みといったのは、こういったところ。

 印象派の風景画を集めた部屋は充実していた。

 シスレーの雪景「ルーヴシエンヌの雪」

f:id:knockeye:20140727061734j:image

と、モネの雪景「かささぎ」

f:id:knockeye:20140727060640j:image

とか、こんなふうに、セザンヌの水辺にルノワールの水辺、モネの水辺、ピサロの田園に、シスレーの田園、セザンヌの田園、といった具合にいろいろな画家の同じようなテーマを描いた絵の競演を楽しめるようになっていた。

 さっきの雪景でいえば、やっぱりシスレーは、すがすがしい明るさを好むのに対して、モネは、傾いた日差しの作る微妙な色の変化を捉えたいようだ。

 ところで、今回展示されているモネの作品で最も打たれたのは、32歳で亡くなったカミーユを描いた「死の床のカミーユ」だろう。それまで何度もモネのモデルを務め、生活の苦労をともにしてきた女性の死に顔に、死が刻んでいく色の変化を写し取ろうとした、モネの色彩に対する執念、色彩ですべてをとらえようとする信念のすごさを思った。

 「彼女の悲劇的なこめかみに見入りながら、もはや動かぬ顔に死が押しつけた連続した色合いと、それが白に近づいてゆき調和する様子を思わず無意識に探しているほどでした。青、黄色、灰色、その他いろいろな色調を探していたのです。

(略)

深い愛着を覚えていた顔立ちを描きとめようという考えが浮かぶ前に、まず色彩のショックに対して体がおのずとざわめき始めました。そして私の意思に反して、人生の日課となっている無意識的な作業に、反射的に取りかかったのです。」

と、数十年後に述懐しているそうだ。

 肖像画では、ホイッスラーの「灰色と黒のアレンジメント第一番」

f:id:knockeye:20140727060040j:image

もよかった。今年は、京都と横浜に大規模な回顧展が巡回する。

 ファンタン=ラトゥールの「花瓶の菊」。

f:id:knockeye:20140727060812j:image

ファンタン=ラトゥールって‘言いたい名前’じゃないですか。でも、絵はいままでぴんときたことなかったんだけど、この菊の絵はすごかった。これは写真では再現できない。花びら一枚一枚の正確な位置を三次元で再現しているかのような精細な描写で、これはたしかに印象派が失った表現だろう。

 マネの「笛を吹く少年」で始まった展覧会の最後をマネの「ロシュフォールの逃亡」がしめている。

f:id:knockeye:20140727061712j:image

キュレーターの趣味の渋さがこういうところにも表れている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140726

2014-07-25 「ジゴロ・イン・ニューヨーク」

knockeye2014-07-25

 この週末、2本映画を観るつもりにしていたけれど、これの後味がよすぎて、もう一つの方はパスしてしまった。

 ウディ・アレンが自分で監督しない映画に出るのは14年ぶりだそうで、監督したのは誰かというと、主演のジョン・タトゥーロ。脚本も彼自身なんだけれど、初稿の段階でウディ・アレンに見せたら、「映画としてはまだ完成していないけれど、可能性はある。僕のキャラクターの描かれ方はすごく好きだ」といってもらって、そのあと何度も書き直したそうだ。

 じっさい、ウディ・アレンが演じた‘もと’古本屋の店主マーレーが実に魅力的で、「ありえないかな?、でも、あるかも」っていう感じの展開を、軽やかなトークでケムにまいてゆく。

 映画は、マーレーが親の代から受け継いだブルックリンの古書肆をたたむところから始まる。ジョン・タトゥーロ演じるフィオラヴァンテはその手伝いに来ている古なじみだが、仕事といえば最近、花屋でバイトを始めたばかり、知的で教養はあるけれど生活力はない、都会的といえば、たしかにそう言えるタイプ。

 マーレーはフィオラヴァンテにこう持ちかける。

「僕のかかっている歯医者はレズビアンなんだけれど、いちど男を交えてやってみたい、誰か知らないかっていうんだ、それで、ひとりいるけど1000ドルかかるよって言ったんだ。そのとき思い浮かべてたのが君なんだよ」

 この辺の設定のぶっとび方は絶妙。とうぜん、そう言われた主人公は‘ええっ?’ってなる。観客もとうぜん‘はあっ?’てなる。その時点で観客はもう主人公に感情移入してしまっているわけ。

 もちろん、これを絶妙にしているのはウディ・アレンの語り口で、「どうしてそんな、歯医者とそんな会話が成立するの?」ていうあたりのもやもやは、後に出てくるユダヤ教のラビの未亡人、アヴィガル(ヴァネッサ・パラディが演じている。フランスの女優で歌手、挿入歌も一曲歌っている)と交わされる、なんとも人を食った話術で、「ああ、こういうことね」と納得がいく。

 このへん、劇場でもかなり客が沸いた。わたしは字幕を観て笑ってるんだが、ちょっと早いタイミングで笑っている人たちは、英語を聞いて笑ってるんだろうね。でも、英語がわからなくても、にじみ出てくる人柄で70%くらい笑える。もう噺家さんの域だと思うね。

 その会話の中でアヴィガルのいう「acid」という言葉を「ハシディック」と聞き間違えるところがある。彼女はユダヤ教のなかでも最も厳格なハシディック派のラビの未亡人なわけ。

 ここがこの映画のひねりなんだな。

 ところで、最初に話していたレズビアンの女歯科医、これを演じるのがシャロン・ストーンなんだけど、この描かれ方がすごくよかった。マーレーが話していたのとはビミョーに違う気もするのだけれど、大人で、チャーミングで、揺れ動いていて、難しいというなら、難しい役なんじゃないかと思う。さすがな感じ。つうか、かっこいい。

 これがあるんで、主人公とアヴィガルの恋の顛末が生きるんですよね。かといって、引き立つって言う、対照的な描かれ方ではない。だから、難しいし、いいんだ。

 まるで「ローマの休日」みたいに進展していく主人公とアヴィガルに対して、マーレーの方はどんどんコミカルになっていく。その感じもすごく面白かった。

 音楽もいいし、最後にきれいに幕を引いてくれるのもいい。だから、後味がよくて、今日はもうこれでいいやって感じになった。

 ちなみに、ハシディックに関しては、「ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー」で、ナタリー・ポートマンが演じていたあれがそうだったんだなって、今になって気がついた。あれもいい映画だった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140725

2014-07-23 「撤退」

knockeye2014-07-23

 世評ではツイッターは何のために存在しているかよくわからないらしいが、マスコミが取り上げない情報が入ってくるメディアは、個人的にはおもにツイッター。

 反ヘイトのデモについては、有田芳生をフォローしていなければまったく知らなかったろうし、ガザやイラクについても信頼できる(つまり、二次情報ではない)情報はツイッターから入ってくる。

 それでいて、ツイッターの場合は、フォロワーとのあいだに、強い人間関係がうまれないところが、実際は、いちばん気に入っているかもしれない。

 今回も蒙を啓かれたのは、奈良美智のツイートに紹介されていた下の記事。

ガザ地区へのイスラエルの空爆と攻撃が話題になっているが、そのイスラエルが2006年にはガザの占領を止めて完全に撤退している・・・
以降ガザの施政権は完全にアラブ人側に帰属しているが、あえてパレスティナ人に、とは言うまい。現在のガザを支配し、IDFと戦争をしているハマスの「ガザ政府」の主流はパレスティナ人ではなく、ムスリム各国から集まったいわゆるムジャヒディン義勇兵たちだ。パレスティナを描いた傑作『撤退 Disengagement』(2007年、イスラエル=フランス=ベルギー=イタリア合作)映画評 by 藤原敏史・監督

 あの小さな土地を奪い合って50年間流血の惨事を繰り返している人たちの、イスラエルの側はよそからの入植者、パキスタンの側はアラブ諸国からの義勇兵となると、彼らがあそこで命に代えても勝ち取ろうとしているものはいったい何なのか。

 彼らの多くがそこで生まれていないという事実は、あらためて「愛国」という心理のグロテスクさを思わせる。私たち自身をふりかえってみると、日本が島国であるために、わたしたちは「祖国」を日本列島の地図の形にイメージしがちだが、他の国の人たちもわたしたちのように、地図上の境界線を「祖国」としてイメージとしていると思うのは思いすごしだろう。

 彼らの「祖国」は、ユダヤ教の律法であるかもしれないし、ムスリムの同朋なのかもしれないが、ともかく彼らは「祖国」のために戦っている。だから、当たり前すぎるかもしれないが、わたしたちが「祖国」と呼び慣わしていることの内容は、それぞれが「祖国」だと思っている概念にすぎない。

 具体的にいえば、あなたの「日本」はあなたの「日本」にすぎないので、あなたがそのために命を投げ出したとしても、それはあなたのひとりよがりにすぎないし、ましてや「祖国」のために人を殺したとしたら、それはただの身勝手にすぎない。

 だから、「キサマそれでも日本人か!」とかいって、あなたの「日本」を私に押しつけるのは辞めてね。わたしもわたしの「日本」を愛しているけれど、それは私の一部なんだから当たり前で別に褒めてもらうには及びません。

 つまり、「愛国心」というのは、利己心にすぎません。

 あの土地で生まれて、あの土地で育った人たちだけの間で、この戦争が戦われていたとしたら、もしかしたら、もうとっくに終わっていたのかもしれない。しかし、実際は、世界中のユダヤ人の利己心と、世界中のムスリムの利己心が、あの小さな土地に流れ込んで、お互いの子供たちを殺し合っている。

 すべての国家主義者が赴くべき地獄があるとしたら、まさに、ガザこそ彼らにふさわしい。

撤退 [DVD]

撤退 [DVD]

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140723

2014-07-21 フィオナ・タン まなざしの詩学

knockeye2014-07-21

 東京都写真美術館に「フィオナ・タン まなざしの詩学」を観にいった。

 商業映画そのものをアートと呼ぶのに別に躊躇するつもりはない。美術、音楽、文学、演劇を統合した映画という芸術は、事実上、いま最も盛んなアートだと言える。

 そうした商業映画のシステムとは別に、映像が、いわゆるファイン・アートの世界に侵入しはじめてから、アートの世界で独自に発展してきた映像世界というのが一方にある。しかし、商業映画が到達している成熟度に比較すると、映像を手法としたさまざまなアートには、おそらくフォーマットの‘自由に呪われて’か、これぞというマスターピースは現れていないみたいだし、それになにより、映像が私たちの日常に入り込んでいるその状況を考えると、映像をアートの素材、手法に選ぶこと自体が、そもそも、そういうマスターピースを志向していないとでもいいたげな姿勢には、実は、ひそかに共感を抱きさえする。

 それでも、美術の世界の映像作品というと、何か、飛び道具というか、イロモノみたいな気分でとらえているのも事実だった。

 フィオナ・タンは、‘彼女の作品なら観にいこうか’と、つまり、ただ絵を観にいこうではなくて、モネを観にいこうとか、ビュフェを観にいこうみたいに、作品と作家が頭の中で結びつく、私にとってはじめての映像芸術家かもしれない。

 最初に観たのは、犬島を撮った「cloud・islands」という作品で、これがすごくよかった。映画ではないし、ドキュメンタリーでもないし、インスタレーションとかハプニングみたいな要素もない、ただの映像が、こんなに面白いのは、初めての感覚だった。

 多くの作家は、絵筆を持って絵を描く、とか、カメラを持って写真を撮る、という、手の技術にとらわれて、イメージそのものを取り逃がしがち、だけど、彼女の作品にはイメージの新鮮さがとらえられているように思う。

 ただ、映像作品なので鑑賞に時間はかかる。今回の展示は、一階のホールで、それぞれ一時間ほどのふたつの映画と、二階で、映画とはフォーマットの違う映像作品、だったんだけど、二階の方のは全部は観られなかった。

 映画は、「興味深い時代を生きますように」というのと、「影の王国」。

 「影の王国」は、イメージそのものについての作品で、偶像を否定する宗教の話から、彫刻は古代人にとってのイメージだったと言われてみて、たしかにそのとおりだと、そういうところで虚を突かれてみて、彼女の感覚の鋭さにあらためて感心したりした。

 印象的だったのは、これは、2000年の作品なんだけど、元ナチスだった報道カメラマンの人のインタビューで、ハイテク化された「イラク戦争には映像が残っていない。だから、あの戦争は、将来、なかったも同然になるだろう」って言ってたこと。たしかに、それから14年しかたってない今でさえ、イラク戦争の印象はすごく薄い。

 「興味深い時代を生きますように」は、自身をディアスポラという、彼女自身のルーツをめぐる。

 見逃してしまった映画「アクト・オブ・キリング」と背景が重なる、インドネシアで投獄されたおじいさんの話とかでてくる。

 かのじょの父方の親戚はみな華僑なので、1997年だけど、その頃の華僑のリアルな感覚が伺えて興味深かった。スイスでレストランを開いているいとこがいる一方で、中国に戻ったいとこもいる。

 ディアスポラという感覚には、私はむしろ肯定的だ。フィオナ・タンの映像が魅力的なのは、一面、たしかに彼女のディアスポラ的な感覚に負うところが大きいと思う。

 二階の作品はまたいつか観にいってもいいな。それでもふたつは観たのだけれど。

 図録はまだできていなくて、予約して郵送だそうです。最近、これ多いな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20140721
2004040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050607