だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2014/10 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2014-10-26 『戦争が遺したもの』

knockeye2014-10-26
戦争が遺したもの

戦争が遺したもの

 今日は腰痛が再発したのででかけなかった。

 小熊英二が上野千鶴子を誘って鶴見俊輔と鼎談した『戦争が遺したもの』を読んだ。すごく面白かった。

 何でも図式化される前の一次情報でとらえると、やはり面白い。こういうのをネットのまとめとかで、なんか分かった気になったりするのは、ずぼらなだけでなくやっぱりバカなんだろうな。だって、「わかる」より「面白い」ほうがいいのに、「わかる」気になっただけで済ませて「面白い」を逃すのはばからしい。

 ようするに、世の中を「わかった」側と「わからない」側に分けて、「わかった」側につきたいという、みみっちさ以外、そこには何もないと思う。

 鶴見俊輔は、戦時中、慰安婦についての仕事もしていたし、戦後はアジア女性基金にも関わった。それで、その証言を聞いてみると、また、別の慰安婦像が浮かんでくる。

 それでまあ、今を生きる私として、断言してしまうのだけれど、1990年代に騒がれ出した「慰安婦問題」は、俯瞰してみれば、韓国のナショナリズムの問題にすぎず、それ以上でもそれ以下でもない。「日本海を東海と呼べ」「横尾忠則をNYの美術館から撤去しろ」と同列に叫ばれている「慰安婦問題」が人権問題なんかであるはずがない。そう考える人は、そう考えたいだけなのだ。なぜそう考えたいかといえば、いい子ぶりたいだけだ。何度も言っているけど、でも、それだけだと思う。いい子ぶりたいという願望は、根深いので、それは言動の動機として、けっして二義的ではない。

 逆に、慰安婦なんて存在しないみたいな極端なことをいう人は、これはワルぶりたいんで、これは、いい子ぶりたい願望とほとんど同じだ。置かれた状況が違うだけだと思う。

 つまり、「慰安婦問題」とは、韓国のナショナリズムと、いいこぶりたい願望と、ワルぶりたい願望がからみあった、なにやら母胎回帰的な奇妙なコンプレックスの噴出なんだろうと思う。

 わたしは、元慰安婦に国家賠償しておけば、その方が低コストで省エネだったと思うが、しかし、朝日新聞の吉田証言なんかが真実としてまかり通っていた状況を考えると、とても国家賠償なんてできなかったのも事実だろうと思う。

 だから、現実には、解決済みで突っぱねていくしかないだろう。そもそも日本と韓国は戦争したわけではない。むしろ、韓国は日本の属国として、日本の側に立って戦っていたのだ。日本人の兵士もいたし、韓国人の兵士もいた、韓国人の慰安婦もいたし、日本人の慰安婦もいた。それがどうして、日韓の問題であるかのように語られているのか、といえば、それがとりもなおさず、これが韓国のナショナリズムにすぎないそのことなのだ。

 結局、日本は韓国にとって旧宗主国なのだ。そのことを忘れすぎている。旧植民地の理不尽な要求に対して旧宗主国に何ができるかといえば、黙ってサンドバッグの役割を引き受けていくしかない。

 もちろん、私たち日本人は、日本の近代化過程の軍部の暴走について考えていかなければならない。しかし、それは、韓国の自己憐愍的ファンタジーとは何の関係もない。

 問題は、そうした事情を世界に発信できない、日本の政治家の未熟さなのだ。それができないくらいなら国家賠償の方がましだった。しかし、堂々巡りになるけれど、状況的にはとても国家賠償はできなかった。

 だから、韓国との友好はあきらめるしかないと思う。せめて、これ以上悪化しないようにすることが重要で、その意味では、在特会の幹部が逮捕されたのは、どういう風の吹き回しか知らないけれど、よかったと思う。在特会は存在しても誰も得しない。長く放置しすぎたと思う。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20141026

2014-10-25 「誰よりも狙われた男」

knockeye2014-10-25

 今週は職場でろくでもないことがあり、いやな思いを引きずっていた。私は怒りを抑えるすべをなかなか学べない。

 そのせいでは、まったく、ないけれど、TOHOシネマズららぽーと横浜のチケットをvitで予約していたのに、映画館に足を踏み入れてはじめて、なぜか横浜ブルグ13に来ていることに気づいた。「えっ」と思って時計を見たけれど、もうどうしても間に合わないので、仕方なく次の回をもう一度買い直した。

 空いてしまった時間を横浜そごうのトーベ・ヤンソン展にあてようとしたけれど、これが、門前市をなすにぎわい、めちゃくちゃ混んでいるので入る気がなくなり、映画館のシートについてやれやれと思っていると、隣の男が靴を脱いだ片足を膝にくんで足首をぐりぐり、加齢臭のしみこんだ靴下が臭いし、どこまでひどい一週間なんだと腐っていたのだが、こんなことをながなが書き連ねるのは、この映画が、その程度のことはきれいにリセットしてくれるよい映画だといいたいわけ。

 同じくジョン・ル・カレ原作の「裏切りのサーカス」もそうだったけれど、キャストが渋い。これが遺作となった主演のフィリップ・シーモア・ホフマン、それから「プラトーン」のウィレム・デフォー、こないだ観たばかりの「アバウト・タイム」のヒロイン、レイチェル・マクアダムズ、「東ベルリンから来た女」のニーナ・ホス、「ラッシュ」でニキ・ラウダを演じたダニエル・ブリュール、「声を隠す人」で米国史上初の女性死刑囚を演じたロビン・ライト

 主要キャストがほとんど主役クラス。とくに、ロビン・ライトのCIAエージェントは、この人でなければダメだったと思う。それをいうとニーナ・ホスもそうだけれど。

 落語で言ういわゆる「オチ」は、「サゲ」とも「バレ」ともいうが、高座の噺に引き上げられている観客の意識を落とす、現実のレベルに引き下げる、噺の世界側からいえば、それが虚構だとばらす、行為を言うんだろう。これがぴたりと決まると演者も観客もきもちがいい。それは、虚構と現実の水際が立つことで、観客の視点が定まって、物語の顔立ちがくっきりとした像を結ぶから。

 問題は、現実とは何か、リアルはどこにあるのか、ということで、それは、スパイの世界なんかを扱うと、テーマそのものとさえ言える。フィリップ・シーモア・ホフマンの台詞だけれど、「お前は今どこにいる?」という問いが突然襲ってくる。

 「裏切りのサーカス」は、東西冷戦が時代背景だったけれど、「誰よりも狙われた男」は9.11以降の現代だから、そのリアルさは余計に身にしみる。

 ところで、ららぽーと横浜では、この映画、プレミアムスクリーンが通常料金で上映されている。

 さっきもちょっと書いたけど、実は、「アバウト・タイム」という映画を、4日に観てるな。

 キライではない。でも、甘さは上品だけど、苦みが足りない、という感じ。英国社会が持っている世代の連続性というイメージには常に魅了されるけれど。自然の景観を保つ努力にも。

 自然の景観で思い出したけれど、小林信彦が「レイルウエイマン」について書いていた。もう上映は終わっているはずなので、なぜ今なのか分からないが、たぶん、ニコール・キッドマンが好きなのは公言しているので、それで観たのだと思う。

 英国の自然がきれいで、ニコール・キッドマンは美人だと書いているけれど、コリン・ファースにも真田広之にも一切ふれず、核心をはぐらかすような書き方に思えた。価値判断を保留したのだろう。それでも書くところが小林信彦という人に信頼が置けるところ。私はあの映画はよいと思う。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20141025

2014-10-23 『バーナード・リーチ 日本絵日記』

knockeye2014-10-23

 この夏、日本民芸館で濱田庄司の展覧会を観た。

 日本民芸館は閑静な住宅地にあり、二階の窓を開け放てば、きっとよい風が通りそうだけれど、その窓ははめ殺しにしてあって、そうなると、空調を効かせても少し暑い。

 たぶん、そのあたりに買ったと思う、バーナード・リーチの『日本絵日記』という本を読み終えた。

翻訳は、柳宗悦である。

 1887年に香港で生まれ、幼い頃日本で暮らして、その後、22歳で再び来日して陶工となったバーナード・リーチは、多分、わたしたちのようなその辺の日本人より、はるかに日本を知っている。そして、その時代を考えると、今の日本人よりはるかに、日本を経験している。もっとも開かれた明るい時代から、もっとも閉じた暗い時代、そして、再出発の時代。

 この本は、日本にとっての再出発の時代、1953年に再来日し、濱田庄司、柳宗悦、富本憲吉らと旧交を温めながら、日本を旅した紀行文。

 このバーナード・リーチの旅から、もはや半世紀以上たった今の目でふりかえると、この再出発の時にあったはずの可能性、それは、その直前の戦争の災禍がよい対比となって見せてくれるものだが、それについて考えさせられる。

 この旅は、おそらく柳宗悦が設えたものだろう。戦前に光化門を救ったのも柳宗悦だし、この人の、国際的な視野を持ちつつ、同時に深い日本文化についての洞察は、たぶん、もっと評価されてもよいのだとおもう。

 この旅の圧巻は、やはり小鹿田の陶工たちとバーナード・リーチの交流だろう。

 結局、尾形乾山につらなる陶工として、土をこねるものの一人として、バーナード・リーチは、日本を理解していると、納得できるエピソードだ。

 イギリス人がこうして文化の違いを軽々と超えていく態度にはいつも敬服させられる。不思議だけれど、こうして日本的なものを深く理解しているバーナード・リーチの態度を観るにつけ、英国の精神というか、敬意を込めてジョン・ブル魂というべきなのか知らないが、とにかくそうしたものを感じさせられる。

 世界は広いし、いろんな国のいろんな面白いものを観てみることは、すくなくとも、バーナード・リーチが来日した明治の末年よりは、ずっとたやすいはずなんだが、結局、こころがとらわれている人は、バーナード・リーチほど日本を知りも経験もしていないくせに、口に「日本」を連呼するばかりでこころは痩せ細ってゆく。国家主義者は滑稽。

 バーナード・リーチが本国でどういう評価なのか知らないけれど、日本で陶芸を学んで、セント・アイヴズにそれを持ち帰った、この人の生き方は英国の側に視点をおいても面白い生き方だと思う。

 こういう開かれた明るさを手にすることはいつでも誰でもできることだと思うし、ふりかえってみても、結局、そういうひとたちが社会を豊かにしてきたと思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20141023

2014-10-20 「誤解」についてのまともな議論

knockeye2014-10-20

 ニューズウィーク日本版のWEB版に、冷泉彰彦と池田信夫のふたりが「慰安婦問題」について書いているコラムを読み比べると面白い。

 冷泉彰彦のは‘朝日「誤報」で日本が「誤解」されたという誤解’というもの

 池田信夫のは、‘世界に広がった「性奴隷」の誤解をいかに解くか’という、上の冷泉彰彦のコラムに対する反論である。

 「慰安婦問題」について、事実に基づいて、冷静な議論をしているのは、このふたりだけなのかもしれない。他の論者の議論は、多かれ少なかれ、感情的であるか、観念的であるかで、事実を軽視しているように見える。というより、事実を重んじる態度が身についていないように見える。慰安婦の事実については、このふたりの見解はそんなに隔たっていないようだ。

 しかし、今回、面白いと思ったのは、このふたりの議論の争点が、国際社会での日本のパブリックイメージをどう守るか、あるいは、どう形作るか、という点にあって、国際社会での「慰安婦問題」の本質が、事実上、プロパガンダとロビイズムにすぎないということは、いうまでもないことと了解されているかのようだからだ。

 そう考えると、「慰安婦問題」をめぐって、アメリカ議会が行った非難決議が、どうにも不可解なしろものだったと思えてくる。

 そもそも、日本は、1945年に無条件降伏というかたちで太平洋戦争を終えている。つまり、戦争終結の条件をすべて連合国にゆだねている。もし、そのとき、天皇を絞首刑に処せといわれれば、それにも従わざるえなかったはずである。

 わたしたちはそこから、国際社会との関係を築き上げてきた。にもかかわらず、無条件降伏ですべてを連合国にゆだねたにもかかわらず、その戦争についてまた非難決議とは。よく知らないけれど、それは国際慣例上、かなり珍しいことではないのだろうか?。

 無条件降伏の70年後に、また非難されるとすれば、100年後にも200年後にもまた同じことが繰り返されないだろうか?。

 すくなくとも、このアメリカ議会の非難決議が、70年かけて築き上げてきた、日米の信頼関係を取り返しのつかない姿に変容させたのは事実だろう。

 アメリカという国が、敗者に対してとる態度がこのようなものであるということは、それはまた、東西冷戦の敗者であるロシアに対する態度と照らし合わせても、なにかしら納得のいく部分がある。

 東西冷戦での敗北によって、ソ連という国は崩壊した。ロシアはソ連ではない。もはや社会主義国ではない。民主的な選挙が行われている。ウクライナをめぐる問題は、ロシアだけを一方的に責められることとは思えない。

 今、アメリカがロシアに対している態度が、当然の帰結として、中国とロシアを親密にさせている。愚かしいのは、結果として、米ソ冷戦の時代に時計の針を巻き戻してしまっていることだ。

 ふりかえって、米議会の慰安婦をめぐる非難決議とは何かと考えてみると、それは、太平洋戦争の時代、以前にも紹介したけれど、それは、フランクリン・ルーズベルトが、「極東での悪業は、日本人の頭蓋骨が未発達なせいだ」と語っていた時代、日系アメリカ人を収容所に隔離した時代、に時計の針を巻き戻す、悪魔の決議だと思えてくる。

 欧米では、朝日新聞の誤報問題を、安倍政権の政治的な圧力ととらえる傾向があるそうだが、それは、視点を私たちの側におけば、二重の意味で偏見に満ちていると言わざるえない。ひとつには、朝日新聞が政権の圧力に屈したという、日本のジャーナリズムに対する侮蔑、もうひとつには、日本の「無辜の大衆」は、そうした言論弾圧に気づきもせず、朝日新聞を非難しているのだろうという、おかどちがいで浅薄な日本人観である。 

 基本的には、ろくに日本語もしゃべれないのに、日本について何かが理解できると考えている態度がすでに傲慢なのである。

 ところが、そうした‘傲慢’を彼らと共有して悦に入るという日本人がいるのもまた事実で、結局のところ、日本で‘リベラル’と呼ばれている人たちの精神的な態度は、事実上これに尽きるというように見える。だから、‘リベラル’は嫌われる。

 たとえば、郵政民営化議論がかまびすしかった当時でも、「郵政民営化はアメリカでも失敗した」とかいう人がいた。こうした無意識のアメリカコンプレックスの最大の問題は、日本の現状について、自分の頭で考えることを放棄した思考停止状態だと思う。

 アメリカ人に「安倍はアジアで最も危険な人物だ」とかいわれると、「えへへ、そうですよね」みたいな感じで相づちを打ってしまって、まともな反論もできないのだ。しかし、実際は、オバマの不見識な外交が世界を混乱に陥れている。私に言わせれば、安倍よりオバマの方がはるかに危険だ。というより、オバマの存在は、すでに‘問題’だと思う。

 「慰安婦問題」は、韓国のナショナリズムにすぎない。つまり、挺対協は韓国の在特会にすぎない。

 国際社会がそうした視点を持ち得ないのは(いいかえれば、国際社会の慰安婦をめぐる誤解は)、事実に即してこれを考えないためだろう。けっきょく、かれらは、自分たちの問題を「慰安婦問題」に投影しているだけなのだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20141020

2014-10-18 ミレー展

knockeye2014-10-18

 府中市美術館と三菱一号館で、別々の企画だが、ともにミレー展が開催されている。

 ジャン・フランソワ・ミレーは、日本が近代化に向けて歩き始めたごく早い段階から紹介され、愛されてきた。西洋の絵画にはじめて接した日本人が、数多ある西洋画の巨匠の中から、あえてミレーを選んだその嗜好に、その当時の日本人が、理想としての近代をどうとらえていたか(絵はつまり理想であるわけだから)が、いまミレーの絵をまとめて観ると、当時の人たちが意識していなかったかもしれないことかもしれないが、よく分かる気がする。

 それまで、ある意味では安定していた封建制社会を捨てて、新しい国を作っていこうとした人たちを感動させるみずみずしさがミレーにはある。たぶん、ミレーの絵がなければ、「近代」が日本に根付くことはなかっただろう。

 私たちの近代はここから出発したし、理想としての近代は、いまだにここにしかないということに、はげしく感動した。すくなくとも、私が絵に感動する原点はここにあるだろうと思う。

 ここに思想があるとか、宗教があると言いたいのではない。むしろ、絶対に言いたくない。もし、ミレーの絵に思想や宗教を観てしまう人は、永遠に絵を観ることができないと思う。そういう人たちは「青」という色を「青」ということばに変換してからでなければ、何も理解できない人たちで、そういう人はたとえばりんごを目の前にして、左右の人に、「これりんごだよな、りんごだよな」と確認して勝ち誇ってる変な人だ。

 言い換えれば、百の言論を重ねても、そこに一枚の絵がなければ、それはたぶん思想ではない。逆に、絵に思想や宗教は要らない。

 そのことは、同じような画題を扱った、ヨーゼフ・イスラエルスや、レルミットの絵と見比べると即効で分かる。コローの銀灰色の田園風景は美しいけれど、そこに描かれているジプシーたちは、点景にすぎず人ではない。

 ミレーの描いている農民はホンモノの農民で、たぶん、現実の農民よりホンモノの農民だろうと思う。

 現実の風景がモネの絵をまねるように、現実を収奪する恐るべき力がミレーの絵にはある。そしてこれは、ほんとに優れた画家だけが持っている力だと思う。

f:id:knockeye:20141019054510j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20141018
2004040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050607080910