だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2017/07 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2017-07-20 行政を歪めるのは天下りであり、天下りを岩盤規制が守っている

knockeye2017-07-20

 加計問題について、郷原信郎と高橋洋一が論戦したらしく、それについて、郷原信郎のブログに、異例の長文が投稿されている。

 しかし、長文は理論の脆さの証明でもある。彼の意見が正しいか、間違いかはともかく、いずれにせよ微妙な問題にすぎないことを暴露してしまっていると思う。

 迷路に入り込む前に、もう少し大きな構図で捉えてみてはどうだろうか?。

 私の論点は単純だ。行政を歪めるのは天下りであり、その天下りを岩盤規制が守っている。

 私に言わせれば「どこのどなたか知らないが、新しく学校作りたいなら作れば?」ってだけである。極めて常識的だと思うがどうだろうか。

 それを役人がゴタゴタ言って許可しないなんてことは原則的になくすべきだ。これは、中曽根時代からずっと言い続けているのに、未だに実現できない。むしろそこを怒るべきだ。その他の微妙なことは、正義の味方も、諸悪の根源も、マスコミの匙加減ひとつ。それだけのことだ。

 今、マスコミが夢中になっているキーワードは、「加計ありき」だ。しかし、

「『加計ありき』と言いますけど、12年前から声をかけてくれたのは加計学園だけであります。

 私の方からも東京の有力な私学に声をかけました。来ていただけませんかと。けんもほろろでした。結局、愛媛県にとっては12年間加計ありきでまいりました。いまさら、1、2年の間で加計ありきではないのです」

と、前愛媛県知事の加戸守行氏が証言しているとおり、民主党政権時代から、地方自治体が働きかけていたのにもかかわらず、文科省がこれといった理由もなく、許可しなかったという、典型的な岩盤規制の一例にすぎない。

 つまり、「加計ありき」で何の問題もないので、それがさも問題であるかのように思うのは、官僚の岩盤規制を正当なことであるかのように、感覚が飼いならされてしまっているからにすぎない。岩盤規制こそ「行政を歪めている」のだ。

 岩盤規制がなければ、地方自治体が大学を誘致する、大学側がこれに応ずる、というそれだけのこと。「加計ありき」で、動いたのではなく、文科省が12年間も停めてただけ。

 それでは、官僚は何のために岩盤規制を手放さないのかといえば、それは天下り先の確保のためである。規制で業界団体を縛れるからこそ、天下れるのだ。

 前川喜平は天下りの元締めである。そうとわかっているのに、平気で正義の味方扱いできる奴らの気が知れない。天下り団体は私たちの税金を着服し、民間の健全な発展を阻害する。

 天下りは行政を歪めるどころか、私たちの社会を腐らせるシロアリなのである。これは民進党の野田佳彦が言ったことだ。そして、天下りと岩盤規制は紙の裏表であり、文科省は組織的に天下りを継続してきた。そして、前川喜平はその元締めなのだ。

 シンプルすぎてこれ以上長い文章になりようがない。

加計問題で重要証言黙殺、朝日新聞はなぜネットで嫌われるのか | 情報戦の裏側 | ダイヤモンド・オンライン 加計問題で重要証言黙殺、朝日新聞はなぜネットで嫌われるのか | 情報戦の裏側 | ダイヤモンド・オンライン

加計学園問題のあらゆる論点を徹底検証する 〜安倍政権側の“自滅”と野党側の“無策”が招いた「二極化」 | 郷原信郎が斬る 加計学園問題のあらゆる論点を徹底検証する 〜安倍政権側の“自滅”と野党側の“無策”が招いた「二極化」 | 郷原信郎が斬る

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20170720

2017-07-18 萱野稔人の共謀罪についての発言

knockeye2017-07-18

 萱野稔人のインタビューに、共謀罪についての発言があった。それによると、「国際組織犯罪防止条約」という国際条約があって、この国際条約に入るには、共謀罪を作る必要があるそうだ。

 当時の報道では「共謀罪がないとオリンピックもできない」といった安倍首相の発言が、さも脅しのように取り上げられていたが、たぶんマスコミは、「国際組織犯罪防止条約」にフォーカスが当たらないように細心の注意を払ったのだろう。

 民進党は、共謀罪なしでも締結できると主張したらしいが、萱野稔人は、それは現実的ではないと思っているようだ。

 共謀罪の問題がどこにあるかというと、それは、立法の側ではなく、それを現実に運用する行政組織、警察が問題だらけってことなのだ。捜査の可視化すら実現できていない、いったん逮捕されれば、有罪率99.9%の国で共謀罪なんてとんでもない。

 なので、共謀罪の国会論戦(もしそういうものが存在したなら)は、警察の権力にきちんとしたくびきをかけるチャンスであったはずだが、民進党は支持率にしか興味がないので、マスコミといっしょに騒ぐ、デモを盛り上げる、などの選挙対策に夢中で、せっかくのチャンスを逃してしまった。

 おそらく、民進党が政権党であっても共謀罪は成立しただろう。ちゃんとした野党が存在せず、国民に選択の自由がなく、権力闘争は官僚と自民党で戦われている、この状況では自民党の側につくしかないが、自民党には日本会議っていう戦争の亡霊みたいな連中が食い込んでいる。どっちに転んでもろくなことにならない。

 萱野稔人の

「もうあまり思想論壇そのものに興味がなくなってきているんです。そして思想を使った社会批判が成立する時代は終わったと思っています。遠くから、大風呂敷で権力を批判することに、もう説得力はない。もっと事象に肉薄していかなければ駄目だと思います。」

という危機意識は確かにそうなんだと思う。ただ、「事象に肉迫」するには、新しいシステムが必要で、それはまだ見えないのが現状である気がする。

感情論の時代だからこそ「なぜ」を問い続ける――哲学者・萱野稔人インタビュー #2 | 「哲学」の時代 | 文春オンライン 感情論の時代だからこそ「なぜ」を問い続ける――哲学者・萱野稔人インタビュー #2 | 「哲学」の時代 | 文春オンライン

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20170718

2017-07-17 芸人が「表現の自由」を言う違和感

knockeye2017-07-17

 「表現の自由」ってことを芸人が口にするのは、たぶん馬鹿げている。「表現の自由」は、もちろん憲法で保証されている。他のありとあらゆる自由も認められている。しかし、現実の社会は不自由なことだらけ。だから、笑いが芸として存在できる。

 その本音と建前の微妙なズレをつついて見せる絶妙な感覚が、芸人のウデの見せどころなはず。「私には表現の自由がありますので」って、何でもかんでも言い放ってはばからない芸人は、笑芸の存在意義そのものを否定してるのに気がつかない訳だから噺にならない。

 オリエンタルラジオの中田敦彦のことを言ってるわけである。

 わたくしテレビを見ないので、事の顛末について、週刊SPA!鴻上尚史の連載で知った。しかし、事の顛末と言っても、それは、茂木健一郎と松本人志の議論についてだ。鴻上尚史によると、茂木健一郎が、日本の笑芸は、ひとつには、「政治批判がない」、だから、「欧米の笑芸に劣る」と批判したらしい。これについて、爆笑問題の太田光が取り上げ、松本人志が公開で反論したらしい。

 鴻上尚史は、「笑芸に政治ネタがない」ことと「笑いのレベル」は別のことだと書いている。詳しくは、週刊SPA!2017年6/20号の「ドン・キホーテのピアス」1050回、「お笑いと政治と民主主義」を読んでいただくとよい。

 で、茂木健一郎が、そうしたことを言って、日本の笑芸を代表する人たちが反論するって、そこまでの流れは、さもありなんってだけのことである。

 そこに中田敦彦が入ってきた意味がわからない。「お笑いの素人の茂木健一郎を捕まえて、プロの芸人がやりこめたのがひどい」みたいなことらしいが、論旨がまったくズレていて、擁護されたらしい茂木健一郎も戸惑っているみたいで、「下克上なのかな?」とかツィートしてるらしい。

 たまたまネットで、中田敦彦がそれについて語ったラジオ番組の書き起こしに出くわしたんだが、それによると、松本人志から中田敦彦に直接、電話があったらしいが出なかったそうなのだ。それで、ちょっとどうなのかなと思ったのは、松本人志の電話に出なかったってことを、武勇伝みたいに語っているのは、表現の自由っていいながら、相手の反論を受け付けないっておかしいんじゃないかと思って、それで、この記事を書く気になった。

 オリエンタルラジオは、去年、歌手として紅白歌合戦に出場した。その出場が決まるか決まらないかって頃に、「今が大事な時だからあれこれ言わないでくれ」と芸人仲間に釘を刺していたと、南海キャンディーズの山里亮太が言っていた。

 たかが紅白歌合戦出場のために、芸人仲間の表現を規制する人間が、「表現の自由」を盾に先輩の批判を、ネットに書き込んで、電話がかかってきても出ない。

 ダウンタウンも「ごっつええ感じ」で、横山やすし桂三枝のことをネタにしていた。しかし、それは、客の前でやっていたこと、舞台の上でのことだ。つまり、笑芸としてのことなのである。芸の上ではもちろん先輩も後輩もない。

 ネットの書き込みは違うと思う。それに、いざ本人から電話がかかると出る勇気もなく、しかも、それを得意げにラジオで語るって、この人の人間性が見えた気がしている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20170717

2017-07-16 「甘き人生」

knockeye2017-07-16

 この三連休はひどい暑さだった。どこかに出かけるより、窓を開け放った部屋でウトウトしている方が正しい過ごしかただろうが、きのうはとりあえず映画一本だけ観て帰った。

 今日こそ、どこへも出かけないつもりでいたが、渋谷のユーロスペースに「甘き人生」てふイタリア映画を観に行った。

 マルコ・ヴェロッキオ監督が、イタリア人ジャーナリスト、マッシモ・グラメッリー二の自伝的小説『Fai bei sogni(よい夢を)』を映画化した。

 9歳で母親を亡くした少年の、その後の半生を描いている長編小説が原作なので、たぶん下手な映画監督だと、ワイドショーの再現ドラマみたいになるのがオチなのを、この監督は、まるで、窓からトリノのスタジアムを見下ろす、アパートの部屋での一瞬の回想のように描いている。ほんとうは、時代も、90年代、60年代、と様々に往来するし、シーンも、トリノ、ローマ、サラエボと移動しているが、隠された主題となる旋律が、多彩に転調、反復して、各シーンをつないでいるので、全体がなにか一炊の夢みたい。

 この主人公が、突然に母を亡くした、9歳の頃の正直さを、誰もが失ってゆくとしても、その傷は癒されたりはしないのではないか。「傷」という言葉さえ比喩にすぎなくて、目に見える血が流れているわけではないのだから、「癒される」も比喩にすぎなくて、それこそ、ジョセフ・コーネルの箱(これは比喩というより象徴だが)のようなものになって、心の何処かにあり続けるのではないかと思った。

 原作の小説は、日本語に翻訳されていないらしく読みようがないが、遡って、この映画をノベライズすることは多分むずかしい。さっき言ったように、言葉で語られるプロットとは別に、伴奏する映像言語の旋律があって、これを文字に起こすことは困難だと思う。

 一例を挙げると(詳しくは書かない)、ジャーナリストとして取材に赴いたサラエボに、一緒に行動していたカメラマンのふとした行為、帰国した後に襲われるパニック障害、病院を出たあとに、橋の欄干にもたれながらの回想シーン。観客は不思議なデジャブに襲われるかも。あれ?、このシーンは前に見たのか?と。だが、そうではなく、この小さな回路をまわり続けて、そこから抜け出せないのは、主人公ひとりなのだ。

 トラウマを抱えて生きている当の本人は、それがトラウマだと知らない。この映画の卓越したところはそこだと思う。トラウマを暗喩として随所にちりばめながら、主人公自身の口からはトラウマの一言も語らせない。その小さな回路を主人公と巡りながら、観客は、主人公の覗き込んでいる闇のありかを遠望することになるだろう。

 「バーでひとりもの思いに沈んでいる誰かを、あの男はどんな人なんだろうと思う。そんな風にしずかに映画がすべり出していく」

と、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」について書いたが、この映画も確かにそんな映画だと思う。

 主役のマッシモを、ヴァレリオ・マスタンドレア、ヒロインの女医エリーザ役をベレニス・ベジョが演じている。ベレニス・ベジョは、フランス映画として初めてアメリカアカデミー賞作品賞を受賞した「アーティスト」のヒロインで、「セールスマン」のアスガー・ファルハディ監督の「ある過去の行方」で、カンヌ映画祭女優賞を受賞している。

 上映館が少ないのが残念だ。神奈川では、9月2日からジャック&ベティでやるそう。それから、新百合ヶ丘の川崎市アートセンターでも8月26日から上映するそうです。

 蛇足ながら、主人公が父親から指輪を受け取るあの山は、ACトリノの選手18人とスタッフ5名が飛行機事故で亡くなったスペルガの丘だろうと思う。60年代から90年代の、イタリアの歴史に詳しいと多分もっと楽しめるのだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20170716

2017-07-15 「グッド・ウィル・ハンティング」

knockeye2017-07-15

 TOHOシネマズでは、午前十時の映画祭つって、過去の名作を結構格安で上映している。いま、「グッド・ウィル・ハンティング」がかかってる。「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の余韻で観に行った。

 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」では製作だったマット・デイモンと、先ごろ亡くなったロビン・ウイリアムスが主演。ベン・アフレックと「マンチェスター・バイ・ザ・シー」でオスカーを獲得したケイシー・アフレックの兄弟も、マット・デイモンの悪友役で出ている。

 監督はガス・ヴァン・サントだが、脚本のオリジナルは、ハーヴァードの学生だったマット・デイモンが書いて、親友のベン・アフレックに見せたものだった。クレジットには、「written by」マット・デイモンベン・アフレックとあった。

 ハーヴァード界隈の話だし、マット・デイモンの実体験が映り込んでる部分もあるんだろうと想像してみた。勝手な想像にすぎないけど、清掃のバイトを終えて、朝早い電車で帰る描写がリアルだった。

 シナリオは完成度が高い、と同時にみずみずしい。当時、学生だったマット・デイモンの自問自答のような一面もあると思えた。

 「奇跡がくれた数式」という映画にもなった、ラマヌジャンの実話にインスパイアされたかもしれない、ある意味ではおとぎ話だが、いずれにせよ、船越英一郎くらいの歳になると思いつけないストーリーだと思う。しかし、恢復、再生、といったテーマ、それと、土地の記憶が背景にあるという意味では、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」と確かに似ている。

 ボストン・レッド・ソックスの試合も挿入される。「southie」と呼ばれるボストンの南部エリアは、独特の雰囲気をまとっているんだろうと思う。

 午前十時にしてはけっこうな入りで、中にはアメリカ人と思しき人の姿もあった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20170715