だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2015/05 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2015-05-23 バナナマンとアップルウォッチの絶妙さについて

knockeye2015-05-23

 先週のバナナマンのバナナムーンGOLDは、日村勇紀誕生日の週、恒例の星野源が登場して、6年連続となる、自作のバースデーソングを披露していた。

 この回を聞いて思いついた、バナナマンを好きな理由は、キャラにプリテンドしていく、そのずらし方が絶妙。

 たとえば、星野源がスタジオに入ってくるときのふたりの掛け合い、

日村 「よぉ〜、源くん、歌は?、歌、あるんでしょ」

設楽 「ちょっと、日村さん、恥ずかしいよ、まだ席にもつかないうちに。源くんも6年前と違ってもう忙しいんだしさ」

日村 「それ言うんだったらバナナマンだって、そこそこ売れてんじゃないの。源くんの方が売れてるからとかそういうの違うんじゃないの」

設楽 「こうしてお祝いに来てくれるだけもありがたいんで、曲はなかったとしてもさ、感謝しなきゃいけないんだからさ」

日村 「そりゃそうだけど、なんか、源くんがカリスマだから、みたいな言い方するから・・・」

 これ、バリエーションこそ違えど、去年も同じような掛け合いをやっているの。つまり、星野源がスタジオに入ってくるシチュエーションで、バナナマンのふたりがプリテンドするキャラなんだけど、それが本来のキャラから離れ過ぎたら引いちゃうし、何にも演じなかったら「素人かよ」って話だし、それを面白くやれるのが結局「力量」なわけじゃない?。

 それで思い出すんだけど、今みたいに、設楽さんの年収が5億もなかった頃、バナナマンふたりで「さんまのまんま」にでてるのをみた。日村さんが女にふられたときの話にさんまさんが絡んでいくわけだけど、火花散らしてる感じで面白かった。ブログを調べてみたら2009年だから、それこそ6年前だね(つまり、6年前からオレはバナナマンに注目してたということが書きたいわけよ。ブロガーってクソはそういうこと書きたがるのよ)。

 わたしの場合は、そういう、なんかサッカー観るみたいな、笑芸人の評価の仕方をしがちなみたい。つまり、ボールが来たときの反応の速さと、そのボールをどう処理するかのひらめきのスリリングなプレーを観たいわけじゃない?。バナナマンはそういうところ、今、絶妙だね。

 それで、話は変わるけど、今週のバナナムーンGOLDで、設楽統がApple Watchをしてるって、話題になっていた。

 グーグルグラスが、「俺はまだ死んでねぇ!」みたいなジタバタ状態なのに比較すると、Apple Watchは好調のようで、新しい恋を手に入れたばかりの日村勇紀も、「俺も欲しい」と駄々を捏ねていた。

 ガラケー消滅の報道を受けて、私もスマホにしようかなぁとヨドバシをブラブラしたわけ。まえにも書いたけど、わたしのように、デスクトップ→ノート→タブレットていう履歴の人は、ガラケー→スマホ→タブレットという人とは、スマホに関する感じ方が違うみたい。

 今、わたしはUQ-WIMAXとPHSなんだけど、まあまあよいパッケージだって、ヨドバシの店員さんと話しながら、逆に確信してしまった。スマホ一台持つのとiPad mini+PHSの2つ持つのとコスト変わらないもん。分散してる分、電池の持ちもよいし。

 確かに、モバイルルーターにつなぐ一手間はかかるのだけれど、iPad miniの文庫本を開いた感じのこのサイズが、動画や写真を観るときも小さすぎないし、iPhone6なり、nexus6なり、いわゆるファブレットのあのサイズは、PHSに比べると、電話としてはでかすぎる。

 で、今日、設楽統がApple Watchで通話した話を聞きながら思ったのは、これ、私がiPad miniとPHSに分けてやっているのと一緒だなって(サイズ感て意味ではね、iPad miniとPHSは全然リンクしませんし)。iPhoneiPodからだんだんデカくなってきて、「あれ?、これ電話としてチョットでかくね?」ってなる絶妙なタイミングで、Apple Watchが投入されたわけ。

 男はまだファブレットでもポケットに入るけど、それでもギリギリじゃね?。女の子だとバッグに入れるしかないわけで、不便に思う場合も多々あると思う。そういうときApple Watchなら、大事な電話を逃しません。

 そういうわけでまた売れるかもな、Apple Watch。あとはデザインと拡張性かも。

 ネットで見かけたんだけど、フォッシル×イーリー・キシモトのこんな感じくらいオシャレだったらなぁ。

f:id:knockeye:20150523201538j:image

f:id:knockeye:20150523205845j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150523

2015-05-22 片岡球子展

knockeye2015-05-22

 東京国立近代美術館片岡球子展が開かれていた。先週で終わっちゃった展覧会について今さら書くわけだけれど、なにせ過労死寸前ですから。

 この展覧会については奈良美智がつぶやいていた。

「竹橋の国立近美で片岡球子展を観てきた。常設も観た。やっぱ自分は明治以後、大阪万博以前の日本人画家に特別なシンパシーを感じる・・・。」

https://twitter.com/michinara3/status/598372406051217409

 「大阪万博以前の」って書いているのは、常設展で「大阪万博1970デザインプロジェクト」という展覧会も同時開催されていたからでしょう。

 それからついでにいうと、「竹橋の」っていうのは、東京国立近代美術館については、「竹橋の」って、枕詞みたいに言っとかないと、まちがって木場公園の方に行っちゃうんだよね。奈良美智もそうなのかな、私の場合はそういう勘違いがすごいので。

 「明治以後」って書いているのは(と、奈良美智の言葉に寄せて書くのは少し強引だが)小林古径が、片岡球子の絵について、「あなたは、みなから、ゲテモノの絵をかく、と、ずいぶんいわれています。今のあなたの絵は、ゲテモノに違いありません。しかし、ゲテモノと本物は、紙一重の差です。あなたは、そのゲテモノを捨ててはいけない、自分で自分の絵にゲロが出るほど描きつづけなさい。そのうちにはっといやになってくる。いつか必ず自分の絵に、あきてしまうときが来ます。そのときから、あなたの絵は変わるでしょう。薄紙をはぐように変わってきます。それまでに、何年かかるかわかりませんが、あなたの絵を絶対に変えてはなりません。(中略)手法も考え方も、そのままでよろしいから、自分のやりたい方法で、自分の考える通りに、どこまでも描いてゆきなさい」と、1942年に言ったそうだ。

 山種美術館で昔観た小林古径の展覧会では、初期の頃の、まだ横山大観とかの影響を抜け出せない、朦朧体もどきの画風から、大英博物館で、伝顧凱之《女史箴図》の模写に取り組んだときに、東洋の絵の線の美しさを確信した40歳の頃までの変化が感動的だった。小林古径は自分の画風を確立した経験から、この言葉を言っていると思う。

 先週、東京芸術大学大学美術館で観た「ダブルインパクト」に横山大観の絵が展示されていたが、いわゆる‘朦朧体’とは、実際には横山大観のどういう絵を指すのかは、案外、曖昧なんだなと気がついた。横山大観横山大観で画風を模索していたのだろう。ほとんど表現主義とでも言いたくなるような絵もあった。そこまでいくと、単に‘西洋コンプレックス’と切り捨てることもないけれど、それでも、ざっくり言ってしまうと、‘西洋コンプレックス’にすぎなかった。

 片岡球子の絵は

f:id:knockeye:20150523002249j:image

この富士の絵一枚あれば言葉は要らない。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150522

2015-05-21 江田憲司辞任の弁

knockeye2015-05-21

 わたくしごとながら、先月の残業が75hと、もう少しで過労死ライン到達だったそうで、社内でちょっと問題になった。道理で、ブログの更新が滞りがちなはずだ。本人は、案外、気が付かない。

 昨日の記事を書いた後、ハフィントン・ポストに掲載されていた、維新の会の江田憲司共同代表の辞任の弁を目にした。

 曰く、

「大阪都構想は、ひとり地域政党・大阪維新の会の原点であるだけでなく、国政政党・維新の党の原点中の原点でもあるのです。そのために結党した党だと言っても過言ではありません。

 それは、「中央集権」を打破し、将来の「地域主権改革」「道州制の導入」につながる、この国のかたちを変える一大改革、その歴史的一歩となるはずの構想でした。」

 そう、その地方分権化の方向性が、「国歌云々」でぶれたと思う。橋下徹としては、あれは「対・日教組」という意味では、それもまた、反中央集権だったと思うのだけれど、それがために焦点がぼやけてしまった憾みはある。

 私としては、地方分権化を進めていくことが望ましいと思っている。今の自公政権は、いわば「神風信者」と「日蓮信者」のくみあわせで、この組み合わせには、不穏な既視感がありませんか?。少なくとも、どちらも誇大妄想癖を捨てきれないように見える。国際協調的でバランスのとれた政権運営のイメージは、なかなか抱きがたい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150521

2015-05-20 大阪‘府’全体で投票してみたらは?

knockeye2015-05-20

 大阪都構想が否認されたのは残念だったが、本質的には、国歌斉唱の強要あたりで不信感を持たれたと思う。国歌や国旗が中央集権の装置なのは誰でも分かる。都構想で二重行政が解消されても、その結果として、中央集権が強化され、自治権が縮小されたのでは、地方分権に向かう時代の流れに逆行する。

 都構想と国歌の強要は本質的に矛盾している。本質的に矛盾していると推進力を失う。それだけのことだと思う。

 しかし、大阪都構想の否認でいちばんダメージを受けたのは安倍晋三かもしれない。「あのとき都構想が実現していれば」と後に思うことになるかもしれない。安倍晋三という人は、第一次安倍政権の時も、郵政選挙で除名した政治家を復活させたり、順調なときに脇が甘くなるみたい。

 今回の場合は、アメリカ訪問がまず上首尾といってよい結果だったので、ちょっとほっとしていたということがあるだろう。ウルトラCとしては、中央からもう一度大阪都実現を働きかけることも可能だと思うが、それはそれでややごり押しの感じもあるので、「都構想」というあまりセンスのよくない名称を取りやめて、単に「二重行政解消特区」みたいなやり方は可能かもしれない。

 橋下徹の政界引退については、残念だけれども、「大阪都構想」実現に向けて政治活動をしてきた人なので、それが否認されたかぎり引退するのも、引き際としてはまっとうな話だ。政治家の世襲になれすぎていて、政策実現のために政治家がいるというまっとうなことが、珍しく見えてしまうから情けない。

 ただ、引退撤回というようなことがあっても驚かないつもりだ。というのも、投票結果は「僅差」といってよい、賛否が拮抗している状況なので、大阪市だけでなく大阪府民全体の意見を聞いたときどうなるかは分からないと思う。松井一郎大阪府知事には、大阪府民全体に住民投票を呼びかけてみてもよいのではないかと思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150520

2015-05-17 ダブルインパクト、ミラーニューロン

knockeye2015-05-17

 東京芸術大学大学美術館で「ダブルインパクト」を観た。最終日になってしまったので、さぞや混雑しているだろうと懸念していたが、そうでもなくて助かった。同じ美術館でシャガールの最終日に来たことがあって、そのときは行列を見ただけで退散したので。

 「ダブルインパクト」というこの展覧会のタイトルは、近年、ジャポニズムとして日本の芸術が西洋絵画に与えたインパクトについては展覧会も多く開かれてきたけれど、その反作用の部分、西洋絵画が日本に与えたインパクトを再考してみようという主旨だった。

 しかし、それは、ある意味ではいまさら言うまでもないことでもあるだろう。日本の近代化はそのまま西洋化であったわけで、その反動として叫ばれた国粋主義みたいなもののすべては、西欧に対するコンプレックスにすぎず、その国粋主義の文脈で語られる「日本文化」ほど、日本文化の伝統に遠いものもなく、その遠さがキッチュとして、しかるべきところに収まっていないと、その人の感覚はいびつだと言わなければならないだろう。

 今回のポスターに使われている、雷に打たれているひげ面のオトコはいったい何だろう?と、さして気にもとめずにいたのだが、菅原道真だと知ってびっくりした。菅原道真が天神様になる瞬間なんですと。まずは笑っちゃうし、それが健全な反応というものでしょう。

f:id:knockeye:20150518033534j:image

 高橋由一の「日本武尊」なんか高橋由一の‘黒歴史’といいたいくらい。おなじ高橋由一なら「司馬江漢像」の方がずっといいし、もちろん、有名な新巻鮭の方がはるかにいい。 

 しかし、こういうキッチュ(としか見えない)を大まじめにやった結果は大惨事なわけだから、笑ってばかりもいられない。靖国神社を代表とするこれらのキッチュは、たとえば、カプセルホテルが日本文化だといった意味でなら、たしかに日本文化だけれど、すくなくとも日本文化の正統ではない。

 そんな油絵で描かれた「日本武尊」なんかと、こんな感じの

f:id:knockeye:20150518035423j:image

工芸品と較べて、どっちが価値があるか、って尋ねてみて、「日本武尊」の方を選ぶ人は、やっぱり‘あぶない’と思う。

 高橋由一でいえば「花魁」も出品されていました。

20120524222916

これがどう名画なのかといえば、そのリアリズムに感動するんだと思う。油絵で女を描くときに、美化する気がさらさらなく、ただ‘写す’ことだけにしか興味がなかった、その無心さがすごい。

 そのことは、黒田清輝

f:id:knockeye:20150518034412j:image

「湖畔」と較べるとよく分かる。この「ダブルインパクト」の後の時代の黒田清輝がいかに新鮮であったかは、今回、東京芸術大学大学美術館の向かいにある黒田清輝記念館を訪ねてみて実感した。

 この「湖畔」の女性の美貌は、もちろんもはや浮世絵の、たとえば歌麿の美人とはまったくちがう。けれども、西洋女性の美しさともやはりちがう。浴衣が、風俗として、油絵の技法でとらえられている。夏だから、胸元を少しくつろげているとか、生地も模様も涼しげだとか、そういうことを油絵で表現している。「書見」という絵が展示されていたが、着物を着た男性がめがねをかけて本を読んでいる、そういう、近代の日本の一場面を気負わずに切り取ることができた画家は黒田清輝が最初だったかもしれないし、実は、そんなにいないかもしれない。

 狩野芳崖の「悲母観音」もあった。狩野芳崖はこの絶筆が有名になりすぎて損している気がする。ホントはもっと多彩だしもっとうまい。フェノロサや岡倉天心と出会う前から名人だった。

 河鍋暁斎の「風神・雷神」があった。

f:id:knockeye:20150518035129j:image

「風神・雷神」は、俵屋宗達のオリジナルを尾形光琳が写して、それを酒井抱一が写して、そして、その弟子の鈴木基一がまた写しているが、歌川国芳の弟子、つまり、本来は浮世絵師の河鍋暁斎がこれを描くのは明治の面白さかもしれない。生き生きとしているという点では、いちばん俵屋宗達のオリジナルに近いかも。何重にも屈折した国粋主義よりも、明治のこういう明るさを私は選びたい。河鍋暁斎については、6月末から三菱一号館で回顧展がはじまる。

 黒田清輝記念館の後、初台のオペラシティ・アートギャラリーで開かれている、高橋コレクション展を観にいった。 

 これは、道順にすぎなかったのだが、明治時代からひとっとびに現代の‘クールジャパン’に飛んだわけで、この組み合わせはインパクトがあった。トリプルインパクト?。

 高橋コレクションは、以前に「ネオテニー・ジャパン」という展覧会が、たぶん、伝説というか、語りぐさというか、事件というか、エポックメイキングというか、そういうなにかしらだったと思う。今回のミュージアムショップにも、「ネオテニー・ジャパン」の図録が販売されていた。

 会田誠の「ジューサー・ミキサー」は実物をはじめて見た。六本木ヒルズでやっていた「天才でごめんなさい」(だったっけ?)は開催日を間違えて見逃してしまった。

 これは安藤正子の「スフィンクス」

f:id:knockeye:20150518035839j:image

高橋由一の「花魁」からここまで来るわけ。これはやっぱりすごいと思う。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150517
2004040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
2014010203040506070809101112
20150102030405