だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2014/12 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2014-12-16 日本の政治報道そのものが国民の信を失っている

knockeye2014-12-16

 先日も書いたように、この選挙は、解散した時点ですでに安倍晋三の勝ちだった。期日前投票で済ませたが、今回は白票にしようかと思ったほどだった。対立の構図が、選挙の選択肢と一致していないのは明らかだと思えた。

 今回の選挙で、みんなの党が消滅し、民主党は党首が落選したが、もっとも手痛く負けたのはマスコミだったのではないかと思っている。

 まず、解散当初の報道「大義なき解散」というやつだが、大義があったかなかったかしらないけれど、いずれにせよ、国民がその大義とやらを気にかけた様子はなかったと思うがどうだろうか?。

 つぎに、失言報道、いわば、あら探し。例に変わらず、麻生財務大臣にはりついて、それらしいのを見つくろってはみたようだが、これにも国民はほぼ無反応だったように見える。特に、少子高齢化について、「子供を産まないのが問題」といったのが、どういう風に失言なのか、私としては、それを失言だとしたマスコミの論理の方が理解できない。「少子高齢化が問題」、「子供を産まないのが問題」、単に平たく言い方を変えただけじゃないだろうか?。

 つぎには、識者とか文化人とかいわれる人たちの、「民主主義が・・・・、ファシズムが・・・、エヘヘ・・・」という奥歯に物の挟まったたぐいの、煮え切らない政権批判だが、要するに、これら報道の全体が、国民の目にどう映っているか。

 国民の反応を一言で言えば「はい、はい」といったことではないだろうか。このおさだまり感はものすさまじい。もはや、日本の政治報道そのものが国民の信を失っている。

 郵政選挙のときも、民主党の政権交代のときも、「脱官僚」という姿勢を政治家が打ち出したとき、国民はそれを熱烈に支持してきた。選挙民の態度は一貫して変わっていない。

 つまり、国民の問題意識は、明治以来の官製民主主義に危機感をうったえている。ところが、日本のマスコミは、彼ら自体が官僚側なので、郵政民営化にはひたすら妨害、政権交代のときは、警察と二人三脚で、小沢一郎を有罪においこもうとしたことを、思い出すべきだろう。このとき、警察の横暴を批判したのは、ネット世論だった。

 今回の選挙は、「大義がない解散」程度の視点でしかとらえられない時点で、その後の報道の内容は見透かされていただろう。日本のマスコミの態度とは、「保守」でも「革新」でも「中道」でもない「保身」なのだ。

 選挙後のどこかのテレビ局のインタビューで、安倍首相がインタビュアーの質問を無視して、イヤホンをはずしてしゃべり続けたという記事をネットで見た。

 わたしは、この安倍首相の態度は、国民感情と一致していると思った。もう、テレビの政治報道なんていうものは、聞くに堪えない。何年か前、日本のマスコミを大前研一が評して「大衆を扇動して高見の見物をしているだけ」みたいに言ったことがある。たぶん、多くの日本人がこの大前研一の見解に同意し始めていると思う。

 慰安婦報道をめぐっての、朝日新聞に対する批判も、そうしたマスコミ全体に対する批判を背景にしているだろう。34年間ウソを放置していた、にもかかわらず、謝罪の必要は感じない、という感覚に、憤りを感じない方が異常だと私は思う。ところが、‘リベラルな文化人’にいわせると、昨今の朝日新聞批判は、異常で‘ファシズムを感じさせるもの’なのだそうだ。

 高見の見物をしている連中が忘れがちなことがある。見物している自分たちもまた見られているということだ。自分たちがどういう風に見られているか、考えてみたらどうだろうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20141216

2014-12-08 「天才スピヴェット」

knockeye2014-12-08

 「アメリ」っていう映画、細かいことはもう忘れたけど、いい映画だった感触みたいのは残っている。ラストにでてくるモビレットっていうペダル付きのバイク、瞽女の絵で有名な斉藤真一が、フランス留学中に小旅行を試みたときの相棒があれだった。それから、クレームブリュレは、あの映画が流行らせた、とか、そんなことしか憶えていないが、とにかくよい映画だった。

 その「アメリ」の監督、ジャン=ピエール・ジュネの新作「天才スピヴェット」を観た。これはじつは先週の日曜日、11月30日だ。

 全編英語で舞台もアメリカだが、この監督の、魅力的なキャラクター、いとおしいモノを作り出す才能は、やっぱさすがだと思う。主役の男の子、天才スピヴェットはご覧の通りだが、母親の昆虫学者(ヘレナ・ボナム=カーター)、父親のカウボーイ(カラム・キース・レニー)の夫婦がとても魅力的。というより、この父母が魅力的であるからこそ、T.S.スピヴェット少年の疎外感が根拠を持つわけ(ところで、この‘T.S.’は、『ガープの世界』を意識しているかどうか)。 

 ただ、ワシントン.D.C.についた後のエピソードはやや弱いように感じた。都会の俗物を笑えないのは、私自身が俗物であるから、という可能性も充分あるけれど、永久機関というモチーフにやっぱちょっと無理がある気がする。映画の中でもふれられているが、エントロピーという考え方がなかった時代の話だ、そんなの。

 でも、コンパクトな原子力発電を発明したアメリカの少年っていたよね。今調べたら、14歳で自宅ガレージに設置する核融合炉を設計したテイラー・ウィルソンだ。5年前のことだから、これがモデルだったのかも、と夢想してみる。10歳の少年が自宅に原子炉を作っちゃうわけ。この物語をハッピーエンドに持って行けるかどうか。これはスリリングだよね。ジャン=ピエール・ジュネは、それを考えていた可能性あると思う。

 もうちょっと筆をすべらせてみると、要するに、原子力発電という、きわめて現代的で社会的なテーマと、家族、親子といった、根源的な問題を直結させて、ドラマにしようと企んでいた可能性。

 だから、双子の兄弟の死も、最初の段階では、原発事故だったんだよ。そうなると、この親子の和解は、すごく射程の遠いテーマになるから、実現したら面白かったけれど、今回は断念ということで、残念でした、・・・って。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20141208

2014-12-07 ホイッスラー展

knockeye2014-12-07

 土曜日は、厚木で「リスボンに誘われて」を観た後、横浜美術館のホイッスラー展に行った。初日なので、もっと混んでいるかと思ったら、そんなでもなく。日本では27年ぶり、世界全体でも20年ぶりの回顧展だそうだ。

 ホイッスラーはジャポニズムの画家としても知られているらしい。私たちは、ジャパニーズなので、19世紀末に西洋美術界に起こったこのジャポニズムを、ひそかに誇らしく感じがちだが、それはまあ、全くの勘違い、お門違いの類いだろう。

 絵が、何か他の思想や宗教のテーマに従属しなければならないとは、今は誰も思わないはずだが、ホイッスラーのこの時代は、あえてそれに‘否’という意味があった。ジャポニズムにはいろいろな側面があると思うが、ホイッスラーはそこに唯美主義的な自由を見ていたようだ。

f:id:knockeye:20141207101305j:image

 ラスキンが、ホイッスラーの作品「黒と金色のノクターン 落下する花火」を、「私はこれまでロンドンっ子のあつかましさを嫌と言うほど見聞きしてきたが、公衆の面前で絵具のなかみをぶちまけるだけで、200ギニーを要求するほどふざけたやつがいるとは考えてみなかった」と、『フォルス・クラヴィゲラ』誌上で酷評した。ホイッスラーは激怒し法的手段に訴えた。最終的にホイッスラーが勝利を収めたのは、さすが、iPhoneの方がGALAXYよりかっこいいと断じたイギリス司法の伝統だろうけれど、ただ、訴訟費用が嵩んだわりには大した賠償額は獲れず、ホイッスラーは破産に追い込まれたそうだ。

 ラスキンは、ターナーやラファエル前派を擁護したのに。どういうわけでホイッスラーの花火はダメだったんだろう?。教科書的な図式では、ラスキンもホイッスラーも唯美主義者と片付けられているはずだが、だから、仲良しというわけに行かないところが面白い。

 ともあれ、この「黒と金色のノクターン」というタイトルが示すように、ホイッスラーは、絵を音楽のように他の価値に従属しない純粋な芸術と主張したわけだった。

 ラスキンには批判されたけれど、カーライルは、「灰色と黒のアレンジメントNO.1」(この夏、オルセー美術館展に展示されていた)を、いたく気に入って、同じ構図の肖像画を注文している。

f:id:knockeye:20141207200501j:image

 これは絵葉書なので、黒のディテールが潰れている。実物はもっと階調が豊か。たとえば、コローの銀灰色、ゴッホの黄色、というように、ホイッスラーに特長的な色をひとつあげるとしたら何だろうか。私は灰色だと思った。ホイッスラーの灰色は美しい。

 テムズセットと言われるテムズ河をモチーフにした版画集を出しているが、線よりも階調にこだわりを感じる。奥さんが病気療養しているサヴォイホテルから見下ろすテムズ川のリトグラフがあるが特に美しい。1896年の「テムズ川」というリトティント。ホテルの部屋に何種類もの‘とき墨’を持ち込んで、霧にかすむテムズ川の夜景を表現した。オリジナルは12枚しか刷らなかった。この頃、霧のロンドン(じつはスモッグだったらしいが)といわれたこの町の夜景をモチーフにした絵というと、そう言われてみると案外思いつかない。パリ、ヴェネチアの魅力を伝える絵は多いが、ホイッスラーのこの絵を見ていると、19世紀のロンドンを想像してしまう。

 「青と金色のハーモニー ピーコックルーム」も映像で紹介されていた。

f:id:knockeye:20141207195508j:image

f:id:knockeye:20141206210524j:image

 これを見ると、たしかに、ホイッスラーをジャポニズムの画家といいたくなる。

 当時、ホイッスラーのパトロンだったフレデリック・レイランドは新しく手に入れた邸宅の食堂に、陶器のコレクションを飾ろうと思い付き、クルミ材とアンティークのスパニッシュレザーを用いた内装をほぼ完成させていた。写真の奥に見えているが、ホイッスラーの「陶器の国の姫君」を飾る壁の色を、建築家が彼に相談したらしい。それで、仕事で不在だったレイランドに「ちょっと壁の色を変えてもいいですか?」みたいなことで一応許可は取ったらしいが、明らかに壁の色にとどまっていない。クルミ材は金色、スパニッシュレザーは青く塗られているし、壁一面に金色のクジャクがいますがな。

 ホイッスラーは自画自賛の手紙を送って「完成するまで見に来ないでね」みたいなことを言って寄した。悪気はなかったらしい。できあがりを見たレイランドは激怒し、絶縁することになる。なんか「へうげもの」にでてきそうなエピソードだ。

 でも、この激怒のポイントはなんかわかりにくい。レイランドに見せる前に、報道陣を呼んで内覧会を催したのがよくなかったのかも。2000ギニーの要求に対して、その半額しか払わなかったそうだが、ただ、レイランドは、この部屋を改装するでなく、人手に渡すこともなく、生涯このままで使い続けた。イギリス人にいつも感じる魅力はこの奥行きだな。

 このピーコックルームは、今は、海を越えてワシントンに移築されているそうだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20141207

2014-12-06 「リスボンに誘われて」

knockeye2014-12-06

 アミュー厚木に、映画.comシネマができてから、見逃した映画が観られてありがたい。

 「リスボンに誘われて」がやってたので観にいった。これは、いい映画そうだなって匂いがしていたのだが、そういう自分の嗅覚を信じるか信じないか、って思っているうちに見逃す。それに、そういう嗅覚が当てになるかというと、そうでもないのだし。でも、これは観られてよかった。

 70年代のそのころ、日本では大阪万博が決定づけた10年間、米ソ冷戦のまっただなかで、ベトナムでは戦争していたかもしれないけれど、私はどう思っていたか、こどもだったが、それにしても、第二次大戦が終わった後、世界はまっすぐに平和にむかってゆく、それは、石ころを投げた水面がやがて落ち着いていくように、ほぼ自動的に、神の見えざる手で、平和に導かれてゆくと信じていた気がする。

 そのころ、まさか、ポルトガルで、ヨーロッパなのに、そんなばかばかしい独裁政治が行われていたとは、想像だにしなかった。レジスタンスって、70年代なのに?。

 ちょっと話が先走りすぎた。この映画「リスボンに誘われて」は、2004年に刊行され、世界的なベストセラーになった、パスカル・メルシエの小説『リスボンへの夜行列車』を原作としている。映画の原題は、メルシエの小説そのままみたいだった。

 スイスのベルンで、教師を生業としている初老の男が、ひょんなことから一冊の本を手にいれ、リスボンいきの夜行列車に乗り込む羽目になる、それから始まるこの男の非日常への旅に、観客もつきあうことになるのだけれど、この物語のすばらしいところは、主人公を旅へと誘った、つまり、観客をこの旅に誘い出した一冊の本、実は、ある男の私家本だったのだが、それが、70年代のポルトガル激動の歴史を語ったりはせず、あくまでも著者の内省的な省察に終始しており、その言葉を、まるで自分自身の言葉であるかのように思われる主人公が、その言葉に惹かれて、その著者が本を書いた背景を探らずにいられなくなるのだが、その探索の過程で明らかになってくる著者の人間像とその人間関係の背景に、厚い石壁のように、重たくよどんだ空気のように、ポルトガルの歴史が姿を現す、その被写界深度の深い、遠近法の正確な、物語の構造だろう。

 だから、その本の真実をたどることで、現在を生きる主人公の人生も動き始めている。それを観る観客の人生も揺さぶられている。それはよい物語と言えるだろう。

 カーネーション革命といわれる、ポルトガルの70年代に、私たちの国、日本がはぐくんでいたとされる戦後民主主義について、考えてみざるえなくなる。私たちの戦後民主主義は、アメリカの民主主義をなぞったはずだったが、どういうわけでこうも似ても似つかない代物になり果てているのか。

 日本の戦後民主主義を民主主義と称して、それを守ろうと口にする人たちは、この戦後民主主義が、ほんとに民主主義だと心から信じているのだろうか?。私にはそれがまったく理解できない。

 私の目には、戦後民主主義は、たんに官僚主義にすぎないと見える。民主主義に完成はないと思うけれど、すくなくとも、この官僚主義と戦わずに民主主義を名乗ることはできないだろうと思う。

 私が日本の報道を欺瞞だと思うのは、本当に戦わなければならない相手にはへつらいながら、自分たちが民主主義者である言い訳のために、政治家を叩いている。それが結局、この国で「リベラル」と呼ばれている中身のすべてだろう。

 慰安婦問題や吉田証言の誤報で、今、朝日新聞がたたかれているのは、おそらく、こうした欺瞞の構造に、一般市民が気がつき始めているからだと思う。この国で「リベラル」を称して憚らない人たちが、自分たちが知的エリートだと自認できるのは、じつは、こうした欺瞞の構造があってのことなのだろう。彼らは、わたしたち無知な一般大衆を、民主主義へと導いていく使命感に燃えているらしいが、しかし、かれら知的エリートがこの構造に依存する存在であることも、すでに見えてしまっているわたしたちには、彼らが‘民主主義を守れ’という言葉が‘一生懸命お勉強して手に入れた、わたしたちの居場所を奪わないでね’としか聞こえない。

 日米安保に守られた平和の中で、官僚支配のもとで地位が約束された、知的エリートが、民主主義を勝ちとる意志ですら、持ち得るとは思えない。戦後民主主義がかれらにとってどれほど居心地のいいぬるま湯かは想像に難くないけれど。 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20141206

2014-12-05 この解散はつまり

knockeye2014-12-05

 このところ、ノートパソコンを開くと眠たくなるので、ちょっと更新をサボった。

 選挙の話。

 この解散は、つまり何なのか、理解できなかった、というのも、わたしは、消費税増税には、そもそも8%でさえも反対だったので、10%にあげるなんて、そんなとんでもないこと、わざわざ選挙に問うまでもないのに、という思いがあったからだが、

安倍首相、消費増税めぐる財務省の政界工作を示唆 省益優先で不況下に緊縮財政の罪 | ビジネスジャーナル 安倍首相、消費増税めぐる財務省の政界工作を示唆 省益優先で不況下に緊縮財政の罪 | ビジネスジャーナル

という記事を読んで、不明を恥じつつ、納得した。この国の官僚は、首相の外遊中にごそごそ動く。これは、小泉純一郎の時も、菅直人の時もそうだった。まあ、ひっかかったのは菅直人だけだったが。

 わたしはテレビを観ないが、ネットの記事によると、報道ステーションの党首討論では、安倍首相はほとんど黙りを決め込んでいたらしい。元気だったのは、橋下徹だけで。

 この選挙は、大義がないとか、争点がないとかいわれているが、解散に持ち込んだ時点で、すでに決着がついてはいたわけだ。

 結局、わたしたちの国の政治を動かすダイナミズムは、官僚vs.政治でありつづけている。明治の元勲が育てた官僚組織がまずあり、政治はいわぱ‘たてまえ’としてつけ足されたにすぎなかった、そのころから、政治が官僚体制に対して弱すぎる、太平洋戦争も、肥大化し、暴走する官僚組織に対して、政治が無力だった結果と言えると思う。

 この構造の特殊さを無視して、民主主義を語るのは欺瞞だと思う。日本のマスコミが‘マスゴミ’と呼ばれるのは、正しくいえば、私が彼らをそう呼ぶのは、このいちばん底にある構造を、あたかもないかのように、まるで私たちの国が欧米と同様の民主主義国家であるかのように、政府を攻撃し、結果として、というより、おそらくは確信犯的に、官僚のよき伴侶となっているその欺瞞であるだろう。

 選挙結果は、まあ、政権に何らかの動揺を与える結果にはならないというのが、常識的な推測であろうから、とにかく、今回、解散に持ち込んだことで、いったんは、財務官僚の反動にストップをかけられたとは言えるだろう。

 そして、望外だったのは、民主党が消費税増税に反対の立場をとったことだろう。民主党政権が決めた増税を、民主党が否定する。それこそ、消費税増税が失敗だった何よりの証拠だろう。

 そもそも、民主党政権は、鳩山由紀夫が、消費税を上げないと公約して成立した政権だった。その公約を破って消費税を上げ、下野しては、その自分たちの政権が決めた増税を否定する。二重三重に国民を裏切っていることに気がつかないのだろうか。

 この選挙で、「あくまでわたしたちの決めた消費税増税が必要だ」と主張し続けたなら、民主党にも将来があったと思うが、もし、今度の選挙で微増したとしても(私はしないと思うが)、民主党が政権を奪うことは、二度と再びないだろうと思う。

財務省シナリオ「増税決め安倍勇退、谷垣か麻生首相」だった (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK 財務省シナリオ「増税決め安倍勇退、谷垣か麻生首相」だった (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20141205
2004040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
2014010203040506070809101112