だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2016/08 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2016-08-20 ナムジュンパイク

knockeye2016-08-20

 ワタリウム美術館にナムジュンパイクを観に行った。これはけっこう大規模な回顧展みたいで前・後期に分かれている。両方観たい方は展示替えの時期をチェックしましょう。

 ナムジュンパイクは、今観ても新しいな。フルクサスとダダの違いについて「フルクサスの方が面白かった」って言ってたらしい。面白いか、面白くないかが価値基準の人は信頼できる。

 1958年だったかその辺の文章に、「ボッティチェリは近代の入り口でもう自由の不安を感知していた」っていう、やや断定的な文章があって、私としては、「やっぱそうかなぁ」と思いつつ、そう言い切ってしまいたくない何かがあるんだけど、ボッティチェリほどの画家が、サヴォナローラみたいなアホウに引っかかってうだうだしてたのが、なんか悔しいのだ。

 ルネッサンスの頃から、結局、人は自由に飽き飽きしながら生きてるのかと思うと、なんか鬱々としてくる。美にも自由にも退屈しきって生きているとしたら、面白いか、面白くないかは、真善美なんかよりはるかに決定的な価値基準だと思うけど、ちがうだろうか。

 ナムジュンパイクは、韓国のエリート中のエリートだった。だから、と私は思うのだけれど、ネーションの網に引っかからずに済んだ。

 ナムジュンパイクやキムデジュンのころの韓国に、私はコスモポリタンな明るさを見ていたのだけれど、どういうわけでありきたりなナショナリズムに絡めとられてしまったのか。でも、そんなもんなんだろう。

 太田記念美術館で「こわい浮世絵」という展覧会を観た。

 怖いという意味では、月岡芳年が圧倒的に怖い。タイトルは忘れたけど、夜中に目がさめたら、横で寝てる嫁さんに、ムジナがのしかかって顔を舐めてたっていう絵があった。この嫁さんがすごく色っぽい。ムジナに顔を舐められてるのに熟睡してる、その眠りがエロい。

 先ごろの春画展なんかの江戸の春画には、こういうエロさは感じなかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20160820

2016-08-18 『カラヴァッジョ伝記集』

knockeye2016-08-18

 いま、横浜そごう美術館で、レンブラントのリ・クリエイト展をやっている。

 このリ・クリエイトっていうのは、要はコピーにすぎないんだが、何と言っても昔と今では複製技術のレベルが格段に違う。今の技術の粋をあつめて複製画を創ったらどうなるんだろう?、なんてことは、昔から考えられてきたことのようで、吉田健一の小説にも、そんな複製画のギャラリーを作る男が出てくる。

 今は、福岡伸一がそれに取り憑かれていて、去年か一昨年だったかに、現存するフェルメールの絵をすべてリ・クリエイトして展覧会をした。それが、ヴァルター・ベンヤミンの言うように「絵画の“アウラ”を凋落させる」ほどのものかどうか興味津々だった。

 そんなわけで、ちょっと期待しすぎていたせいもあって、肩すかしな感想だった。もっと絵の具の匂いがするくらいみずみずしいのかと思ってた。ホンモノを横に置いて見ているわけではないので、なんとも言えないが、特にマチエールが、こんなものなのかなぁって感じがした。

 つまりこういうことかも。絵画だけでなく絵画のアウラも込みで複製して見せて欲しいのかも。

f:id:knockeye:20160817000104j:image

 ただ、会場は写真撮り放題です。そりゃそうですわ。これで、撮影禁止だったらシュールです。この上の絵の原画は、どこかの変な奴が硫酸をぶっかけてしまってダメになってるらしいです。

f:id:knockeye:20160817000032j:image

 フェルメールのこれもありました。ゴッホの2作品は、ご自由におさわりくださいとなっていたのでもちろんさわりました。ゴッホのゴツゴツした表面は再現しやすいのかも。レンブラントのはなんかマットっぽい表面に見えちゃったんです。照明のせいかも。

 ショップに『カラヴァッジョ伝記集』があったので買いました。

 カラヴァッジョは、今年5月に上野で観たけど、トロンプルイユっていうか、モチーフが今そこにいるかのように描くことをよしとしている印象を受けた。そうでないと、メドゥーサの首を盾に描くって発想はないと思う。

f:id:knockeye:20160821225503j:image

 ほとんど下絵を描かず、モデルを前にカンヴァスに直接、絵の具をのせていく描き方だそう。そんな水墨画みたいな油絵の描き方をしてあのクォリティはすごい。

f:id:knockeye:20151228121830j:image

 でも、生活は無茶苦茶だったみたいで、高級娼婦の元締めみたいなことをしていたラヌッチョ・トマッソーニつう人を殺してます。詳しい事情は分からないようですが、偶然のケンカを装って、その実、決闘だったようです。それで死刑になったのかというとそうではなく病死したみたい。一度捕まったけど脱獄したそうです。

 シェークスピアと同時代人だけど、まるで、シェークスピアの戯曲を地でいくような。40そこそこで死ぬのは、当時の庶民としては、そんなに早死にでもなかったかもしれません。むかし、小耳に挟んだデータでは、シェークスピア時代の庶民の平均寿命は35歳くらいだったはず。貴族は60くらいまで生きるので、庶民と貴族はちがう生き物だと本気で思ってたとか。

 当時、反目していた画家が、カラヴァッジョとその仲間が自分を誹謗していると訴えた裁判の記録に、カラヴァッジョたちが作ったと言われる2編の詩が残っている。

 ひとつは

お荷物のジョアン、てめえは何も分かっちゃいねえ

てめえの絵なんぞクソくらえだ

どう見たって

ビタ一文

稼げる代物じゃねえ

てめえのでけえカンヴァスでできるのは

ぶかぶかのデカパンがいいところさ

てめえが見せるのは

クソ様のお描きになった作品だ

まあ、てめえの描いた

デッサンもカルトンも

乾物屋のアンドレアのところへ持っていくんだな

そいつでケツを拭くか

でなきゃ、マオの女房のあそこをふさぐんだ

そうすりゃ、奴のロバみてえなペニスでナニをしなくてもよくなるぜ

絵描きの旦那、お世辞も言わないで、ご容赦を

てめえが下げてる首飾り、てめえにはもったいねえ

てめえは絵描きの面汚しだ

もう一編は、

まったく、金玉野郎のジャンときたら

(以下略)

 まあ、これはカラヴァッジョが書いた詩ってわけじゃないけど、感動的なのは、技術の圧倒的な高さにもかかわらず、絵の方にもこの野蛮さが表れている。聖女の絵を描くのに娼婦をモデルにしたっつって、どこかの教会に受け取りを拒否されたりしている。

 さっき書いたように、カラヴァッジョの絵にはすべてモデルがいたから、カラヴァッジョの絵の人は、みんな実際にいたってことで、実際にいた娼婦の絵は、いもしない聖女の絵より価値があるだろって、カラヴァッジョの絵を観ると、その説得力は確実にあると思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20160818

2016-08-14 並河靖之七宝記念館

knockeye2016-08-14

 両親とお盆のお墓詣りをすませた後、清水三年坂美術館で「明治の七宝」。観光客で賑わう三年坂にある小さな美術館だが案外混んでいない。一階は常設展で、私が入ったときは、安藤緑山の牙彫、柴田是真の象嵌、加納夏雄、正阿弥勝義の金工、などなど名品がずらりと並んでいた。

 2階が企画展で、並河靖之、濤川惣助、林小傳治、安藤重兵衛、川出柴太郎、粂野締太郎らが手掛けた明治の七宝。いつの展覧会で観たか忘れたが、久しぶりに椀の内側をビッシリ埋め尽くした蝶に再会した。うっかりするとザラザラした表面にしか見えないのだが、よーく見ると、一ミリに満たない無数の蝶が乱舞している。

 去り際に、並河靖之七宝記念館を紹介するフライヤーを見つけた。地下鉄東西線東山駅からすぐなので行ってみたかったのだが、なにせ殺人的な暑さ、三年坂を歩いたせいもあり、これ以上は両親の負担になるようなので、翌日にひとりで出かけた。ただ、危なかったのは、閉館が15:30だった。先に、旧梅小路機関車庫、京都鉄道博物館でぶらぶらしちゃったので、けっこうギリギリになってしまった。梅小路機関車庫は、30年も前の、線路の海みたいだった頃のワイルドなイメージが私には強くて、観光地化された今の感じは残念にも感じた。

 並河靖之七宝記念館は、どうやら今世紀に開館したらしい、元はと言えば、並河靖之の旧宅兼工房だそうだ。

 並河靖之といえば、明治の帝室技芸員の中でもビッグネームではないだろうか。特にヨーロッパでの人気がすさまじく、パリ万博のころは、並河靖之の七宝というだけで、箱を開けるのも待たずに売約済みになったと聞いている。バイヤーの奪い合いで、百円の品が瞬く間に千円になった。並河靖之本人も「もったいないほど」売れたと語っていたらしい。

 ところが驚いたことに、並河靖之の生家は七宝に携わっていたわけではなく、生まれは武家の三男坊で、11歳の時に並河家の養子になり、明治維新の頃までは、久邇宮朝彦親王の近侍としてすごした。明治維新で食い扶持を失い、まったく武家の商法で七宝を始めたそうなのだ。こんな武家の商法もあったわけである。

 七宝の技術は、尾張七宝町から人を迎え基礎を習い、後はほぼ独学のようだ。そして、第一次世界大戦で欧州の景気が下向き始めた頃に、大ケガをしないうちにと、家業をたたんだ。子はなかったために、養女に医師の婿を迎えた。そういうわけで、この七宝の技術は、一代で途絶えた。

 その後、この記念館を始めるまで、この家は空き家で放置されていた。取り壊そうかとしていたところ、窯跡が出てきて、家ごと国の登録有形文化財になった。

 わたくし受付の人にしつこく聞いてしまったのだけれど、ここの七宝はすべて並河靖之の頃から保存されていたもので、後から買い戻したものはないそうなのだ。並河靖之が几帳面な人できちんと整理されて保存されていた。これだけのものが、明治から今まで眠っていたわけ。こういうあたり、京都という町の懐の深さだろうか。

 また、庭が素晴らしい。並河靖之は「巴里庭」と呼んでいたらしい。その命名は、例のパリ万博の余得からに違いない。この作庭は、たまたま隣に住んでいた「植治」こと七代目 小川治兵衛。この人は、山県有朋の無鄰菴で知られる南禅寺界隈の別荘群を手がけた人で、これは琵琶湖疏水を引き込んで作った庭のさきがけとなるものだ。一目見て、石の使い方が斬新なのがわかる。

f:id:knockeye:20160813150842j:image

f:id:knockeye:20160813150544j:image

f:id:knockeye:20160813150201j:image

とくにこの高く持ち上げられたつくばいには驚いた。

f:id:knockeye:20160813150044j:image

6角形の縁側にも。

f:id:knockeye:20160813151324j:image

 小林信彦が「町殺し」なんてことを時々言うのだけれど、その意味では、少なくともまだ、京都という町は生きている。1200年も前にできた町なのにまだ生きているのにはびっくりしてしまう。

 せっかく夏の京都なので鱧を食い、たまたま二条城がライトアップしているというので見ていくことにした。ただ、午後7時からつうので、鴨川の三条河原で時間を潰した。

f:id:knockeye:20160813180950j:image

 浴衣を着て団扇で風を送りながら歩いているガイジンさんを見て、京都のブランド価値は日本のブランド価値よりはるかに上だと思った。

f:id:knockeye:20160813190530j:image


 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20160814

2016-08-11 「コンビニ人間」

knockeye2016-08-11
コンビニ人間

コンビニ人間

 村田沙耶香の「コンビニ人間」は、最近でもっともエキサイティングだった。まさに今の現実を描いた破壊力がある。

 芥川賞の受賞作と知らずに読んだので、選評はどんなだろうと文藝春秋を買ってみたが、村上龍の選評は、なんと全文「コンビニ人間」。「コンビニ人間」のことしか書いていない。

 苦言を呈しているのは、島田雅彦だけだが、他の選考委員の文を読んだ感じでは、どうも崔実の「ジニのパズル」をゴリ押ししたらしく、それが通らなかった八つ当たりみたい。

 「ジニのパズル」は、未読なので何も言えないが、他の選考委員の口振りからすると、テーマの大きさに技術が追いついていない感があったようだ。もっとも、もし芥川賞を獲得してもおかしくない作品だったという選評もあるし、村上龍とは逆に、高樹のぶ子は、「ジニのパズル」についてしか書いていない。

 この2作品に加え、今村夏子の「あひる」も評価が高く、今年は全体にレベルが高い賞レースだったようだ。

 とはいえ、「コンビニ人間」は、一読すぐに人に薦めたくなる。すごいと思いますよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20160811

2016-08-10 メアリー・カサット

knockeye2016-08-10

 もう一ヶ月以上前になるけれど、横浜美術館で、「メアリー・カサット展」を観た。

 印象派の女流画家というと、ベルト・モリゾが有名だろう。エドゥアール・マネの描いた黒衣の美女で、何かとスキャンダラスな興味で見てしまうのは、《オランピア》や《草上の昼食》を描いたマネの愛弟子と目されているからだろう。

 マネは都会的な風俗画家だった。女の裸を描いて女神だ聖女だという欺瞞につきあわない一方で、カフェで働く女の一瞬の倦怠を写しとった。

 その意味で、もし、ジャポニズムをいうなら、マネは歌麿に似ている。《笛を吹く少年》のパンツがフラットになるのは、マネの感性が、ダ・ヴインチの衣の襞よりもそうしたフラットさを選ぶからだろう。

 マネとドガの交友はよく知られているが、私はドガの周辺には女っ気がないのかと思っていた。バレリーナたちの絵や、入浴する裸婦に見られる窃視願望から、何かしらの屈折を感じていた。

 しかし、このメアリー・カサットというアメリカ女性と生涯にわたる交友があり、図録によると、時には「周囲がハラハラとするほどの仲違いもした」というのを聞いて救われる気がした。ドガがメアリー・カサットに送った手紙は、彼女がすべて焼却してしまったそうなので、どういう関係であったのかよくわからないそうだが、ドガは彼女の絵を高く評価していて、彼女の《髪を整える少女》を晩年までアトリエに飾っていたそうだ。

 なぜドガと付き合えるのか?と訊かれて(というのは、ドガもマネに負けず劣らず気難しい人だったらしいので)、メアリー・カサットは「それは私が自立しているからです」と答えたそうだ。メアリーの家は裕福だったそうだが、親の意向に背いて画家の道を選ぶという時に「じゃ、自立しろ」と父に言われたそうなのだ。“feed yourself”というわけだろうか、アメリカ人らしい。

 メアリー・カサットの絵には、自立した女性の誇らしさを何よりも強く感じる。今展覧会のフックであるらしい《桟敷席にて》の凜としたたたずまいも、もちろんそうなのだけれど、彼女が収集していた喜多川歌麿

f:id:knockeye:20160812060949j:image

こういう絵も、また違うふうに見えてくる。ここには生き生きとした日常があり、それを描く自由がある。ジャポニズムが19世紀のパリにもたらした感動が今の私たちにもやはり新鮮に感じるとしたら皮肉なことなのかもしれない。

 今回、私がむしろ感服したのは、彼女の版画だった。

f:id:knockeye:20160710225750j:image

f:id:knockeye:20160710225741j:image

これは、絵葉書がシリーズでセット販売されていた。

 横浜では9月11日まで。そのあと、京都国立近代美術館に巡回する。

 ほんとは、横浜そごうで開かれていた「国吉康雄展」と併せてみると、パリのアメリカ人の感じが面白かった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20160810