だうなあ日記~blog RSSフィード

<< 2015/01 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2015-01-29 派遣社員の話

knockeye2015-01-29

 最近、更新がとどこおる言い訳に時々書いたけれど、この二ヶ月とにかく忙しかった。この数日ようやくまともな時間に帰れるようになった。

 本社からも専門家の○○さんが、来たり帰ったりのくりかえしで大変お手数をかけた。

 このブログではほとんど仕事の話は書かないんだけれど、ここまで仕事漬けの毎日だと、さすがに仕事方面でネタになることも起きる。うちで働いている派遣社員の話。

 機械の点検をしていた○○さんが、「ちょっといつもやっているチェックをやってみてよ」というので、私がやろうととする一瞬前に、なんかわからないけど、この派遣社員がやり始めた。

 まぁ、いいや、いつもやってもらっていることなんだし、と思いつつ、その派遣社員の作業するのを見ていたらびっくりしたことに、プラスとマイナスを間違えてる。

 「ちょっと待って。あんた(オマエっていいたかったけど)今までずっとそうやってたの?。それ、ここで働き出した最初に教えたし、ノートにも書かせただろ。ちょっと見てみろよ。」つったら、ポケットからノートを出してめくり始めた。みんなが見つめている、その派遣社員の手が、それを書いているページを平気で通り過ぎていく。○○さんと私は思わず声を揃えて「今のとこ、今のとこ」。

 「自分で書いたんだろう?これ。書いてあんだろうが、ここに。」

 ここまで一言も発していなかったこの派遣社員が、ここで何と言ったか?。

 「でした」

 爆笑問題の「怒りんぼ、田中裕二」ならここで「はあー?」と来るところだ。

 「‘でした’?‘でした’って何だよ?。五十過ぎたいい大人が、プラスとマイナスまちがえるみたいな大ちょんぼやっといて、しかも、自分で書いたメモを自分で見つけられないって何だよ?」

 しかし、現実の社会では、ラジオと違ってこういうところで声を荒げたりすることはない。○○さんも私もスルー。この派遣社員に関しては、もう評価が定まっているところがあって、今さら誰も叱らない。

 そのメモに関しては、前日談もある。この派遣社員が来た最初の頃、仕事を覚えるために、「自分専用のマニュアルを作るつもりでメモをとれ」といって買わせた。もちろん、買って与えてもよかったけれど、高いモノでもないし、それに、こういう文房具って、好みもあるだろうしと思ったのだ。

 すると、A6くらいのいわゆる‘リングメモ’というのか、長方形の短辺がスプリングで綴じてあるメモを買ってきた。メモとしては一般的だろう。

 さっそく、こちらが教えることを書き始めた。表紙をめくってまず最初のページに書く。書き終わったら、めくって次のページに書くんだが、ああいうリングメモは、紙の裏まで書くのと、裏は使わずに一枚ごとに書く、という二通りの使い方があるだろう。

 この派遣社員は裏を使い始めたのはよいのだけれど、一枚めくって、長方形の長辺を軸にして線対称に回転させて書き始めたのである。簡単に言えば、一ページ目、リングを上にして書いていたのに、その裏もリングを上にして書き始めた。それで、その1ページ目が終わってめくったらどうなるか。表紙に戻っちゃったよ。この使い方だと、何ページあろうが、永遠に一枚を行ったり来たりしかできない。

 それ見たとき、これはダメだと覚悟した。この人、いちおう大学を出てる。神宮球場で野球はしないが、箱根の山は走るレベルの大学だ。それでいて、今までメモもとったことないんだろうか。

 世の中で、‘ブラック企業’がどうたら、‘格差社会’がどうたらという議論があるんだけど、なんか笑っちゃうんだよね。このひとに重要な仕事とか任せられるわけないもん。

 ずっとプラスとマイナスを間違えてて言った一言が「でした」よ。まあほんとひっどい話だわ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150129

2015-01-27 残虐と卑劣ということ

knockeye2015-01-27

 綿井健陽が監督した「イラク チグリスに浮かぶ平和」という映画を観たことは書いた。10年前、ジョージ・W・ブッシュが始めた‘テロとの戦い’が、じわじわ世界中に広がり始めているような気配だ。

 テロとは何かなのだけれど、あの映画では、ある朝、家族とおはようの挨拶を済ませて洗面所にいた人の娘たちが、食堂に落ちてきた爆弾で死んだ。いちばん幼い娘はまだ息があったので、はみ出していた脳みそを頭に詰め込んで病院に運んだ。その病院で、綿井健陽とその人は出会ったのだ。

 米軍の誤爆でそんな風に家族を奪われた人は、イラクでは、きっと珍しくもないのだろう。米軍はわずかな補償すらしない。対応に出た担当官は‘あなたのような人は多いので対処しきれない’と言っていた。

 そのイラクの人には、まだ被害を免れた娘がいたし、奥さんも、ご両親もいたから、なんとか生き延びようとするのだけれど、一時期は、銃を手に入れていて、‘アメリカ兵を殺してやる’と口にしてもいた。

 でも、もし、家族をすべて失って、仕事もなく、希望もなく、一人残されていたとしたらどうだろうか。そういう人がアメリカ人を殺してやりたい、あるいは、日本人を殺してやりたいと思うことは、人として自然な感情で、残忍とも卑劣とも違うと思うがどうだろうか。

 あの映画の主人公のように、復讐を選ばず、平和を生きようとした人たちの勇気を思ってみるべきだろう。絶え間なく記憶と感情を苛み続ける辛苦に耐える、自制と忍耐が必要であったにちがいないだろう。

 そういう人の心を支える信仰を蔑んだり笑ったりすべきだろうか。難しい。もちろん、そういう蔑みや笑いにも、あの人たちは耐えるしかないだろうけれど。

 イスラム国で起こっているようなことをただ‘テロ’で片付けてしまうことには、なにか違和感を感じるという、それだけのことだけれど。

 週刊現代に連載している佐藤優は、このイスラム国のありようは、かつてのコミンテルンに比較するとわかりやすいだろうと書いていた。共産主義を世界全体に広めようとしたコミンテルンの‘共産主義’の部分を‘イスラム原理主義’に置き換えれば、たしかに、イスラム国の存在を理解しやすくなるが、同時に、問題の構造が大きく、根深く、広範囲で、解決には、長い期間がかかることを覚悟させる視点でもある。共産主義との戦いとは何だったかを考えるとね。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150127

2015-01-19 永瀬正敏のインタビュー

knockeye2015-01-19

 映画「KANO」の公開を控えた永瀬正敏が、週刊文春阿川佐和子の今週のインタビュイー。

 「KANO」は観に行こうと思っている。「ニッポン、ヨイ国、エライ国」みたいな映画ならあほらしいんだけど、「どうせ、そういう映画だろっ!」みたいなことで、台湾でも「反日」的な運動が、永瀬正敏によると、「起こりかけた」そうなのだ。

 でも、そういう人たちを招待して映画を観てもらったら、逆にそれから口コミが広がって大ヒットにつながったそうなので、「ニッポン、ヨイクニ」派の人は観にいかないほうがよいだろう。

 「KANO」については観てからのこととして、このインタビューで考えさせられたのは、「毎日かあさん」で、元嫁さんの小泉今日子と共演したときの感想を聞かれて、「損したなぁ」とおもったそうなのだ。「離婚して損したなってことですか?」と訊かれて、「いや、そうじゃなくて、もっと共演しとけばよかった」って。

 それで思ったんだけど、今、結婚する人が減って、少子化とか問題になっているけど、それは結局、結婚という制度が、「かくあるべき」というイメージでガチガチに固まってしまっているし、結婚する当人も「お嫁さん」、「旦那さん」という固定観念に囚われてしまって、もともと惹かれあった自分たちを見失ってしまう、疎外の契機としてしか機能していないためだと思う。

 社会が健全なら、結婚は個人が社会に関与していく契機であるはずだから、結婚が中世の価値観を個人に強要する制度ではなく、むしろ、個人の価値観を社会に反映していくよりどころとなっていかなければ、日本人が、生活者として社会にコミットしていく、公共の意識をもつことは困難だろう。

 フェミニズムの失敗は(って失敗したかどうか知らないけど)、女性を結婚から解放しようとしたことかもしれない。ほんとうは、結婚そのものを解放しなければならなかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150119

2015-01-15 バナナマンの紅白副音声はよかったらしいね

knockeye2015-01-15

 紅白歌合戦なんてものをまったく観なくなってどのくらいかさえ気にかからなくなっている私のような人も少数派とは言えない時代だろうけれど、去年の紅白にひとつだけ興味がそそられたのは、バナナマンが司会する副音声だった。わたしは「バナナムーンGOLD」のポッドキャストは、基本、毎週聴いているし、本放送の方もラジコで聴きながら寝たり寝なかったりしている。

 松も明けるころになって紅白の話題もなさそうなものだけれど、実際の紅白は観てないわけで、「バナナムーンGOLD」の、年明け1発目は録音だし、2回目でようやく生放送が再開されるわけで、つまり、そのときになって、ああそういや、紅白でたんだったな、そんなこといってたな、くらいのことではある。しかし、ふたりのトークによると、好評だったらしく、本人たちも興奮気味だった。

 まあ、去年末のいつかの放送で「なんか紅白の副音声やることになった」的なことは言ってた。ただ、「なにやんのかわかんない」的なことで、「実は、その他大勢なのかもしれない」とか言ってたんだった。年明けの放送を聴いてたら、「現場行くまで司会とは聞かされてなかった」というお気楽ぶり。「なんかポッドキャストやってる気分だった」というので、じゃあ、面白かったんだろうなと推量できた。

 ポッドキャストはバナナマンがいちばん面白い。爆笑問題も面白いけど、あれは本放送の抜粋なので、また話が違う、バナナマンの場合は、ポッドキャストだけで一時間近くやってる。だから、本放送と合わせると三時間ちかく話しっぱなしなわけで、そのへんの突き抜けてる感じが、やっぱ、面白いわけ(ハロウィーンについて話しているうちに、ミニラジオコントみたいになった回なんて抜群に面白かった)。

 関西のタレントが日本のお笑いを占領していた時代てのがたしかにあった。そのピークは言わずとしれたダウンタウンで、そこから後は衰退し始める。ただ、90年代後半のダウンタウンブームのすごさは、今でも覚えている人も多いだろうし、あれを超えるムーブメントはちょっと起こりそうにない。

 笑芸=吉本みたいな図式はとうに壊れたけれど、かといって、今の時代を代表する、いわゆる‘時代と寝た’というような芸人は、今はちょっと見当たらないし、たぶん、芸人自身が、そういう風でありたいとも思っていない。

 そんななかで、バナナマンが放っている狂気はなにかしら異色でつかみきれない。設楽統という人は、由緒正しいツッコミとしての生来の攻撃性と同時に、それについての自省心みたいのがあって、そのレンジの広さが作家性につながってるんじゃないかと推測している。わかんないけど。攻撃的であると同時にまっとうなのは、よき芸人の典型的タイプだと思う。だって19歳のときにつきあった彼女と結婚して、芸能界で成功するって、ため息が出る感じじゃないですか。でも、つっこみはときにきつすぎる。その危うさが面白い。

 日村勇紀のほうは、ものまねがうまかったり、音楽に長けていたり、かるく変態だったりするのだけれど、今度も新撰組がゾンビになる映画で主役をはったりするらしい。よい漫才コンビは、漫才人間と役者人間だと言ったのは、小林信彦だったか、香川登志緒だったか、萩本欽一だったか忘れたけど、それにも偶然合致している。それに、さらに小林信彦が喜びそうな情報をそえるなら、日村さんはタップが踏める。わたしが個人的にこの人面白いなと思うのは、二か三かといえば、二の線なところ。ルックスは見知らぬ外人から「あーゆーこめでぃあん?」って尋ねられる感じなんだが、本人は二の線なのである。これは大事だと思う。

 二の線、三の線って、芸能人を観ていて不思議だなと思うのだけれど、たとえば、島田紳助なんて、漫才ブーム以降モテまくったにもかかわらず、本人はどうしても二の線ではなかった。たぶん、小学校、中学校のときもてるかもてないかで二と三が分かれるんじゃないかと思う。小中でもててたらその先どんなにもてなくても、本人の意識は「二」で、小中でもてなかったら、その先どんなにもてても、本人の意識では「三」なんじゃないかと仮説を立てている。

 設楽さんは「オレは二なんだけど、二なんてたいしたことじゃないよ」ていう感じ。日村さんは「オレはホントは二なんだけどさ」という感じ。この位相の違うふたりの二枚目の組み合わせが、わたしには絶妙に感じられる。

 それから、吉本の芸人と、東京を活動の中心にしている芸人のちがいは、小屋の差。ダウンタウンまでは、花月の板を踏んでいた。仁鶴、やすきよ、カウス・ボタンと同じ客の前でネタをやるわけで、自分の力量はごまかしようがない。良くも悪くもそういうシステムなのである。これに対して、今の東京の芸人の強みは、東京にいろいろある劇場で、自分でライブをやって、自分で客を集める。客が集められるかどうかが勝負なのであって、先輩と同じ板を踏むと言う意識はあまりないと思う。

 善し悪しはともかく、このシステムの違いが関西と関東の芸人の差になっている。バナナマン、バカリズム、劇団ひとりと、みんな作家性がある。

 それにしても、バナナマンに紅白の副音声をやらせたNHKは英断だったな。今回のことで思ったけど、テレビ離れが進むなかで、副音声はありかも。制作費はやや嵩むか知らないけれど、たとえば、「奥様は魔女」のDVDの副音声にノーラ・エフロン監督の語りがはいってるのがあって、あれは面白かった。大河ドラマの副音声で有吉とか、松本人志とか、ありだと思う。

 DVD出ました。この去年のライブ、すごく評判いいらしい。

bananaman live Love is Gold [DVD]

bananaman live Love is Gold [DVD]

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150115

2015-01-11 「イラク チグリスに浮かぶ平和」

knockeye2015-01-11

 世の中は三連休にちがいないはずだが、私は昨年末からの忙しさがまだ続いていて、昨日も明日もお仕事で、ブログの更新も滞りがち。改装なった後、はじめて訪ねた東京都庭園美術館とか、チューリヒ美術館展とか、まだこのブログに書いてないけど、気がつけばもう一ヶ月も前のこと。

 大丈夫か?って感じだけど、たぶん大丈夫じゃないんだろうな。

 旧朝香宮邸の東京都庭園美術館とは規模が違うものの、こちらも改装して、めでたく再開することになった、横浜シネマリンに「イラク チグリスに浮かぶ平和」という、綿井健陽監督の映画を観にいった。ほんとは昨日なら、監督自らのトークショーがあったので、いろいろと話が聞けたはずなんだけど。

 綿井健陽のトークショーでいえば、これも横浜になるんだけど、ジャック&ベティで「3.11」を観たときにも聴いたんだった。あのときは、死体をちゃんと写すべきかどうかについて悩んでいるようだったが。

 「イラク チグリスに浮かぶ平和」は、イラク戦争のバグダッド陥落から10年、イラクのある家族、軍にも政府にも関わりのないひとつの家族のクロニクル、と言っていいんだろう。

 フィオナ・タンの映画に出てきたドイツのジャーナリストが、これは、お父さんブッシュのイラク戦争について、「あの戦争には映像が残っていないので、あの戦争はやがてなかったことになるだろう」と云っていたのが印象に残っている。

 私たちのような通りすがりは、どんな戦争であれ、ジャーナリストが残したイメージの断片で再構成しているだけだということは、肝に銘じなくても、心の片隅に留めておいてもいいことだろう。

 たとえば、フセインの銅像が引き倒される、ニュースでよく目にしたシーンがある。ジョージ・W・ブッシュは、あのシーンをテレビで観て狂喜したそうなんだが、綿井健陽のカメラは、フセインの像に星条旗がかぶせられることに抗議して、イラクの国旗を掲げている人たちを写している。

 「たしかにフセインはイラクにひどいことをしたし、フセインを倒したのはアメリカやフランスだったかもしれないが、この国旗は私たちの大事な国旗なんだ」

と、正確に思い出せないのだけれど、バグダッドが陥落するというときに、ふつうのイラクの人たちが示した、自然な自尊心には胸が打たれた。

 米軍の誤爆で3人の子を失った人と、綿井は個人的な親交を結ぶことになるのだが、その人の生涯を考えると、バグダッド陥落からの10年は、私たちの戦後70年と重なって見えてくるのだけれど、どうだろうか。

 「ファルージャ」という映画を観たときにも、そこに登場するイラク人の人たちがカメラに向かって、「これがアメリカの民主主義か?」と言うシーンがある。この映画でも、その同じ台詞を何度も耳にする。その問いについて、私がもし答えるとするならば、まずこう言うしかないだろう。

 私たちも、その「アメリカの民主主義」のもとでこの70年を過ごしてきた、その経験からいえば、「それがアメリカの民主主義だ」と、たしかに言っていいでしょう。彼らは、私たちの頭上に原爆を落とした。それについて、私たちは憎むこともできるし、恨むこともできる。テロで復讐する選択肢もあるし、完膚無きまでの正論で国際社会に抗議することもできる。

 しかし、私たちはそのどれもしなかった。「これがアメリカの民主主義か」と抗議することすらしなかった。なぜなら私たちは負けたのであって、アメリカの民主主義があれかこれかよりも、立ち直るために、生き残るために、状況を受け入れ、それに対処しなければならなかった。それだけです。

 あなたたちは「これがアメリカの民主主義か」と問う。だが、私は思う。「問うまでもないじゃないか」と。「目の前にそれがある以上、それ以外にアメリカの民主主義なんてあるはずないじゃないか」と。それがアメリカの民主主義で、ひどくまずいかしれないけど、これからはそれを食って生きていくしかない。それ以外に食い物がないんだから。

 私たちも戦後70年、それを食って生きてきた。別にそれが理想だと思ったわけではない。戦後民主主義を‘金科玉条’と奉る‘リベラル’を名乗る変な奴らと、戦前の日本は‘美しい国’だったというバカな奴らの中間に、ふつうの日本人はいると、私は思っている。

 綿井健陽が、偶然のように写し取った、イラクのふつうの人たちのこの10年の営みに、わたしは日本のふつうの人たちがたどった運命を重ねてみざるえない。ただ、残念なのは、歴史のごく早い段階で、マルチカルチュラルな試練を経てきた日本(除夜の鐘を耳に聞きながら初詣にでかける、それが私たちの文化)と違い、イラクの場合は、シーア派とスンニ派の抗争を克服するのがむずかしいかのように見える。

 アメリカの民主主義と私たちの戦後民主主義がまるで違うように、イラクの人たちも、与えられたその民主主義という変なおもちゃをどうにか工夫して、何とか暮らせる国を作っていってほしいと思う。結局、私たちの戦後民主主義より、もっとよいモノが作れるかもしれないのだし。少なくともつかの間の平和がチグリスに浮かんでいるのだし。

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/knockeye/20150111
2004040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
2014010203040506070809101112
201501