Hatena::ブログ(Diary)

a day in the life of a vinyl junky Twitter

2013-08-24

[]本日の1本(メモ) ゾンビクエスト

ゾンビ・クエスト [DVD]

ゾンビ・クエスト [DVD]

 

・オランダ産のゾンビ・コメディ。

主人公ダメ兄貴のせいでケンカに巻き込まれて留置場に。で、気付けば、町はゾンビだらけになってた、というパターン

ゾンビ化すると、血が緑色になっちゃう。なので、グロさは皆無に等しい。

ストーリー陳腐映像もイマイチ。そんなクズ映画にも関わらず、なんか微妙センスの良さを感じました。

テンポも良い。だれない。

・そして、音楽の使い方が良い。

ゾンビに噛まれた仲間に殺すよう請われ、殺そうとするものの失敗ばかりで、その噛まれた男が延々と痛い思いをする場面が秀逸。

  

  D

 

2013-07-09

[]本日の1本(メモ) ロンドンゾンビ紀行

 

・「ショーン・オブ・ザ・デッド」へのリスペクトとオマージュを捧げた作品。と聞いて期待して観たんだけど、やっぱ「ショーン」のような、笑いあり涙あり、そしてゾンビ映画の怖さもあり、という完璧さにはなかなか届かないね。

・軸になる人間ドラマが設定されているのがポイント高い。祖父の老人ホームを閉鎖の危機から救うため、銀行強盗を決行した兄弟人質を取って銀行の外に出てみたら、ゾンビがロンドンの街に襲いかかっていた、、、という流れはイイ感じである

・あと、若者たちとゾンビが繰り広げるスピーディな展開と、老人たちとゾンビとのユルい展開と。このセンスは素晴らしい。

・歩行器でヨタヨタ歩く老人を、フラフラ歩くゾンビが追いかけるシーンは特に秀逸。

若者たちより老人のほうが「強い」のもイイね。

・しかし、グロい場面はほとんどなし。コメディ要素中心で引っ張れてるのでいいとは思うけど、やっぱゾンビ映画なんだから内臓を引きずり出したりして欲しい。

・観てるときは分からなかったけど、お婆ちゃんは「007ゴールドフィンガー」でプッシー・ガロア役だった人だと。

発売元アミューズ。僕がPerfumeにつぎこんでる金銭の一部でも、今後もこういうC級作品の配給につぎこんでいただきたい。

 

  D

 

2013-05-28

[]本日の収穫 Negicco

 f:id:kobbanova:20130528230815j:image

 聴いてます、久々の小西節。

 「ふつうの人はCDなんてもう買わなくなった」

  D

 

2013-05-22

[]本日の1枚 Perfume

 Perfume / Magic Of Love (CDS)

 

 パフューム新曲は、とりあえずジャケがキュート。こういう色合いのジャケって、今までなかったんじゃないかい。

 楽曲はいかにも(ここ最近の)パフュームな音であります

 キャッチーメロディに、ややプログレ的なシンセフレーズ、そして時折激しく唸るブリブリした低音。そして、いつもどおり細部まで作り込まれたアレンジの妙。圧倒的なクオリティに聴き入ってしまう。

 でも、とても好いのだけど、衝撃的な何かをあまり感じなかった、というのが正直な感想であります

 中田サウンドの狂気的な部分は、全部きゃりーに注がれちゃってるのかなぁ。

 しかし、PVを観るとまた印象はガラリと変わります。素敵すぎる。特に再生ダンスは凄すぎる。

 

 カップリングの『Handy Man』もイイ曲なんですけど、『Magic Of Love』と同タイプなことがちょと残念。

 良い曲であると同時に、過去に無い試みがあることが当たり前になってしまった、パフュームには期待しすぎ?

 

  D

 

2013-05-21

[]本日の収穫

 本日届いたもの

 f:id:kobbanova:20130521224846j:image

 さて、この2枚聴きながら、今夜は読書に耽ります。 

  D

  D

 

2013-05-19

[]本日ひとりごと まんせん?

 ちょっとから気になってたんだけど、うちの子らが、道路中央線のことを「まんせん」と呼んでいる。

 真ん中の線だから、まんせん?

 そのような言葉は無い、と説明を繰り返していたのだが、今日、他の学区の子供たちが、ドッチボールのコートの真ん中の線を「まんせん」と呼んでいるのを耳にする。

 念のためヒアリングしたところ、普通に「まんせん」を使用しているらしい。

 うーむ。

 しかし、今しがた「まんせん」でググってみたら、やっぱり出てこなかったよ。

 京都ローカル新語??

 そして、全く関係無いけど、ググってたら郷ひろみのこの曲がヒットしたよ。

  D

 

 さて、写真は昨日購入した3冊。

 f:id:kobbanova:20130519212148j:image

 昨日は休日出勤だったので豪華ランチにしよう、と昼休みに勇んで飛び出したものの、結局は本屋で散財して300円の弁当を買って職場に戻ったのでした。

 さらに図書館に予約していた本が2冊届いたり、森見新刊が届けられたりと、未読本があまりにたまってきたので、今夜はこれからネット遮断して読書に勤しみます

 

2013-05-17

[]ここ数日で読んだ4冊

 「ヘンな日本美術史」

ヘンな日本美術史

ヘンな日本美術史

 珍妙な絵を紹介した本かと思いきや、日本画家ならではの視点で、独特の画風の作品をわかりやすく論じたものであった。

 わざと遠近法をずらしたり、構図をはずしたりすることに、「味」を見出した先人たちのセンスとその説明の妙にグッときました。

 

 「リアさんて、どんなひと?」

 画家にしてノンセンス詩人エドワード・リアの詩集。韻を踏むことに面白みのあるリメリック(5行ざれ詩)が、日本語訳でも面白いことにビックリ

 著者よりも、訳者言葉選びのセンスに感心することしきり。

 

 「JORGE JOESTAR

JORGE JOESTAR

JORGE JOESTAR

 舞城王太郎による「VS JOJO」第3弾を今頃読む。原作に登場しないジョースター2世を描いた作品、かと思いきや、パラレル世界にジョジョ・シリーズキャラが次々とブチ込まれてもう何が何だかボスキャラ総動員だし。

 著者らしいメタメタ世界に疲れた、というのがとりあえずの感想

 

 「その本、読みたい! 低学年」

 子供たちにどんな本を読ませるべきか、結構悩ましい。小さい頃は絵本が好きだったけど、小学生になると他に面白いことが増えてきて、本を読むことへの興味がどんどん薄れていってるのを、なんとか止めたい思いが強いんですけど、まぁ難しいですねぇ。

 

2013-05-15

[]本日の1枚 キリンジ

 キリンジ / Ten (CD)

Ten(初回盤)

Ten(初回盤)

 

 キリンジ10枚目のアルバム堀込泰行が脱退する、という非常に残念なニュースの後、兄弟として最後アルバムであります

 とてもシンプルバンド・サウンドは、肩透かしな感もあり、納得な感もあり。ラストにして、世界観ストレートにぶつけてきた感もあり。

 

 とりあえず冒頭の『きもだめし』は、爽やかなアコギグルーヴィなピアノに、気の抜けたでもどこか哀愁と捻くれ感のある歌声がいかにもキリンジな曲。

 続く『ナイーヴな人々』は、オールドタイミーなユルさを漂わせつつも、微妙に転調を続けるアレンジが実はスリリングであったりする、これもある意味でいかにもキリンジな曲。

 『仔狼のバラッド』などは、捻くれた歌詞がいかにもキリンジ

 そう、やっぱ聴き込むほどにキリンジアルバムなのである。当たり前ですけど。

 

 ビーチ・ボーイズ的なコーラスが的確にハマる『阿呆』と、普通にイイ曲なラストの『あたらしい友だち』がお気に入りです。

 あと、気になったのはインストの『dusty spring field』。まずはタイトルにグッときましたが、音もなんだかトラッド風で素敵な雰囲気でした。

 

  D

 ナイーヴな人々

 

2013-05-13

[]本日の1枚 Lenny Le Blanc

 Lenny Le Blanc / Lenny Le Blanc (CD)

 

 ルブラン&カーのレニー・ルブランが、1976年ソロリリースしていたファーストアルバム。新・名盤探険シリーズからの再発で、帯には「ソフト・ロックの隠れた名盤」なんて書いてありましたが、どちらかというとブルー・アイド・ソウルっぽさを感じました。

 しかし、基本はカントリーロック的であり、そこにグルーヴィなリズム、とろーんとしたアレンジが加わり、なんともユルユルな味わいがあります。

 

 冒頭の『Desert Cowboy』は、思い切りカントリーな曲なんですけど、呑気だが繊細なアレンジが素敵です。

 グルーヴィなイントロから弾ける『Lady Singer』、ゆるーくカヴァーした『Rag Doll』、爽やかなカントリーロックHound Dog Man』などなど、地味にイイ曲がいっぱい。

 お気に入りは、とろーんとしたグルーヴィさの中に、美しいハーモニーが光る『Rainy Nights』。まぁ、ルブラン&カーの『Falling』的な良さではあるんだけど。

 

  D

 Sharing The Night Together

 

2013-05-12

[]本日ひとりごと

 興味はあるものの、やっぱラヴジョイは敷居が高すぎますぜ。てことで購入したのはこの3冊。

 f:id:kobbanova:20130512205735j:image

 しかし、図書館に予約していた本がどどーんと8冊も届いてしまった・・・