Hatena::ブログ(Diary)

神戸・垂水のインターナショナル・プリスクールCHES:ウィークリークラス このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-07-08

2013年CHES夏休みホリデー・クラスのTopic Webができましたよぉ〜!

| 09:47 | 2013年CHES夏休みホリデー・クラスのTopic Webができましたよぉ〜!を含むブックマーク 2013年CHES夏休みホリデー・クラスのTopic Webができましたよぉ〜!のブックマークコメント

・・・と、やや興奮気味で始めてしまったのにも、実は訳があります。今回のサマークラスは、2006年末から開催し続けてきたホリデークラスの記念すべき20回目。しかもサマークラスが終了する9月には、保育施設としてリニューアルオープンしたCHESプリ・スクールの祝3周年。そして、私事で恐縮なのですが、CHESの運営母体である株式会社プラウドカンパニーがこの7月をもって無事20期目に突入と、なにやらたて続けに節目節目を感じる季節でもあるからなのです。


ただ、先日のサイトリニューアルの作業中にも感じたのですが、主催している(すっかり大人になってしまっている(^^;)私たちにとっては、今回の開催も1/20経験かもしれないけれど、参加しているお友だちにとっては、もしかすると毎回毎回がまさに「only1」のホリデークラスかもしれないなぁと、感じたりもしています。


この6月英検合格したKちゃん。いまではすっかりお嬢さまになっておりますが、実はCHESにはじめて参加してくれたのは、2009年冬のホリデークラス、Kちゃん4歳のとき。はじめてふれる英語でした。


ホリデークラスのある1日が終了し、当時シンガポールから来日していたブレンダ先生と後片付けをしていたり、三宮オフィスから(一応、社長なので…)来ていたウチの主人と打ち合わせをしたりしていると、突然ドアが開き、そこにははじめての英語環境にもかかわらず楽しくクラスに参加していたKちゃんが。


おそらく部屋の雰囲気がKちゃんのイメージとは大きく違っていたのでしょう。Kちゃんは、すっかり固まっていました。Kちゃんが驚いたのも無理はありません。さっきまでは同じくらいの年ごろのお友だちがたくさん楽しんでいた部屋なのに、なにげなくドアを開くと、そこにはスーツ姿のおっさん(^o^)とブレンダ先生、汗臭いお兄ちゃん(長男もいたと思う)が話をしているのですから。


驚いているKちゃんに「どうしたん? 忘れ物?」と、私は普段どおりに声をかけたものの、Kちゃんからはホリデークラスでみせてくれていた快活で陽気な返事がまったくありません。しばらくして遅れて入ってきたママからどうやら忘れ物をしたらしいとお伺いして、部屋にいた大人たち全員がようやく状況を理解できたのですが…、ここからが大変。


Kちゃんがはっきりしないので、周りの大人もオロオロするばかり、オロオロする大人の様子をみてKちゃんも余計にオロオロするという悪循環が始まり、やがてKちゃんはすっかり涙目に。結局、Kちゃんの(名誉のためにもちょっとした勘違い忘れ物ではなかったということが判明。最終的にはKちゃんもふくめて全員で大笑い。そして、こんなちょっとした騒動が原因で英語環境に苦手意識をもたなければいいのになぁという私の心配をよそに、残りの日程はそれまでのKちゃん以上の快活さで楽しく参加してくれました。


あれから約3年、「英語大好きだもん (^^)V」とウィークリークラスにも積極的に参加してくれて、小学生になったKちゃんがテスト会場で中学以上の大人にまじって受験し、しかも見事に合格してしまうのです。その第1歩が、忘れもしないあの大騒ぎだった o(^-^)o冬のホリデークラス


もちろん、私にとっては過去ホリデークラスはすべてどの開催をとっても思い出深いものばかりなのですが、「4歳の冬」に感じた1回のインパクトと比べるときっとはるかに及ばないんだろうなぁ。


こんな感傷に浸っている間もなく…


今回の夏休みホリデークラスもすでにたくさんの参加申込みをいただき本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。


8月5日(月)からの1週間は、7月3日受付分をもって満席になりました。改めて厚く御礼申し上げます。


ただ、残りの5週はまだまだ余裕がありますので、「8月5日の週」以外で参加していただけるとありがたいです。2013年CHES夏休みホリデークラスは、まだまだ参加者募集中ですよ。


まだ資料請求がお済でないお友だちは、新サイトのこちらページからかんたんにできます。

http://kobe-ches.jp/setumeikai.html


2013年夏休みCHESホリデークラスの詳細も、新サイトのこちらのページをご参照いただければありがたいです。

http://kobe-ches.jp/holiday.html


今回の夏休みホリデークラスは私にとっても、大きな節目の1回です。参加してくれるお友だちに負けないくらいに気合をいれて楽しんでいきますよぉ〜!


すでに受付させていただいたお友だちには、順次「Welcome Letter」「Topic Web」「持ち物のご案内」とあわせて受講料の振込案内を送付させていただいています。こちらもあわせてご確認いただけると幸いです。


最後に…


「2歳からのプリ・スクール」、「小学生までのアフター・クラス」とも9月新入生を募集しています。


入会金(通常20,000円)が無料になるリニューアル3周年感謝期間は9月末までなのですが、ホリデークラス7月22日から8月30日まで開催しますので、無料トライアル(体験)参加ご希望の方は、できるだけホリデークラス開始前(7月19日)までにお越しいただけるとありがたいです。


また、ご希望の方は、必ず予約のうえサークルタイム(9:15から10:00)の時間にお越しください。まだ資料請求がお済でない方は、こちらの申込みフォームから手続きすることができます。

http://kobe-ches.jp/setumeikai.html


すでに資料請求がお済の方は、お手数ですがご都合の良い日時を書き添えてCHESまでメールをいれていただけるとありがたいです。ホリデークラス開始まであと数週間になってしまいました。ぜひこの機会をご利用くださいね。ご協力よろしくお願いいたします。


それでは、教室でお会いできるのを楽しみにしております。

2013-06-12

ようやく準備が整いました! 2013年CHES夏休みホリデー・クラスの募集を始めますよぉ〜

| 17:25 | ようやく準備が整いました! 2013年CHES夏休みホリデー・クラスの募集を始めますよぉ〜を含むブックマーク ようやく準備が整いました! 2013年CHES夏休みホリデー・クラスの募集を始めますよぉ〜のブックマークコメント

サイトリニューアルスッキリ無事終了♪


ようやく準備がと整いました。本格的に2013年CHES夏休みホリデークラスの募集スタートです。


今回の夏休みホリデークラスのTOPICは“Explore the World” 「世界を調査しちゃおう!」です。詳細はこちらのページからご確認くださいね

http://kobe-ches.jp/holiday.html


とにかく、月日の経つのははやいもので、本当にびっくり。2006年末から春・夏・冬休みごとに開催し続けてきたCHESホリデークラスは、今回の開催で、なんと(*^o^*)20回目の開催となります。また、ホリデークラスからひろがり2010年9月に保育施設として開校することができたプリ・スクールも3周年を無事迎えることができそうです。


ふと過去の開催履歴を振り返るとそれぞれのホリデークラスには思い入れもあって、わずか数年間のことなのになんだか歴史を感じてしまうのも不思議。開催履歴も↓こちらにまとめてみました。

http://kobe-ches.jp/backnumber.html


これもひとえに、いつも目をキラキラ輝かせて楽しんでくれるCHES-Friends、いつもCHESの運営にご理解・ご協力いただいているCHES-Friendsママ・パパ、そしていつもCHESを応援してくださるみなさんのおかげです。心からのお礼と感謝を申し上げます<(_ _*)>。


ところで、実は今年にはいってCHESは水面下で意外にも結構ごそごそしていたのです。


年明け早々からはマリ先生と打ち合わせしながらビザの申請が始まり、ようやく一段落したかと思えば、ありがたいことにある巨大ショッピングモール運営会社から新教室の出店の オファーをいただいたり…。もう時効(*^-^*)なのでお話しすると、小束山のコストコのあたり、ヤマダ電機の通りを隔てたはむかいあたりの現在工事中のアノ場所です。


オファーをいただいた当初、それはそれは嬉しくて真剣検討を重ねました。行き交う車からも「CHES」の看板が見えるだけも宣伝効果抜群! 立地条件は申し分なし。


お聞きしたところによるとユニクロやマルハチ(?)のような大規模小売からおしゃれなセレクトショップなども入店予定。これならCHES-Friendsを送り迎えする「アフター・クラス」のママにとっては授業時間を待つ間にお買い物もできちゃうし、ちょっとした息抜きもできるはず。


ただ唯一ひっかかったのが、「プレ・スクール」としてはいかがなものなのかなぁという点でした。ショッピングモールにはかなりひろい緑いっぱいの中庭も計画されていたのですが…、大勢の買い物客がにぎわうなかで「お外遊び」の中心がこの中庭


うーむです。私が母親であれば正直なところ少しひくかなぁ。


それなら…、同じくらいの予算中古住宅を購入できないのかなぁ。庭でお外遊びも安心だし。さっそく、西神中央西神南から名谷ラインを探し始めました。意外とないのですよ、これが。ひとつだけ小束山にほぼ契約までいきかけたのがあったのですが、教室使用にリフォームする計画をお話すると、即中断。なかなかうまくまとまらないものです(*T_T)


いっそう、現在垂水(駅から徒歩圏内)でもう少し広い場所を探したほうがいいのかなぁ。


しかもこの間、夏休みホリデークラスの打ち合わせ、さらには新サイトへの移転計画、サンケイリビング掲載と、どれもこれも新しく教室を出すのか、あるいは現在垂水でもう少し広い場所を探したほうがいいのか? が落ち着かない限り動かせない課題ばかり。


でも、もうタイムアップ! 新教室移転もこれからの課題としてしばらく留保することにしました。


近くに素晴らしい公園があって、暑い日には駐車場プールも遊びもできて、駅からも徒歩圏内、バス停も目の前といういまの教室でもうしばらく(教室にCHES-Friendsはいれなくなってしまうくらいまで(*^-^)は、がんばっていこうと思います。なにごとも縁ですからね。進まないのでれば、縁があるまで待つことします。


というわけで、あんなこんなでばたばたしておりましたが、ようやくサイトもすっきりリニューアルすることもでき、さっそく2013年CHES夏休みホリデークラスの募集を始めることにします!


今回も、昨年の夏休みホリデークラスに続き6週間ぶっとおし開催。暑さに負けないように「英語で」楽しく“Explore the World” 「世界を調査しちゃおう!」です。


いずれにしても、CHESはいままでどおり、これからも親子・家庭・CHES!という最も身近な教育力を信じて、CHES-Friendsと一緒に楽しく「英語で」学び成長していける「場」を提供していきたいと考えています。


2013年CHESホリデークラスの資料請求がまだお済でない方は、こちらからお願いします。

http://kobe-ches.jp/holiday.html


すでに資料請求をいただいたお友だちには、今週末から順次パンフと申込書を発送しますので、それまでもうしばらくお待ちくださいね。よろしくお願いいたします。


またまたたくさんのお友だちとお会いできることをマリ先生ソフィア先生をはじめスタッフ一同心から楽しみにしております!



サイトリニューアルに伴い、この「はてなBlog」も移転の予定です。もしもブックマークされている方がいらっしゃれば、お手数ですがこちらに直していただければさいわいです。

http://kobe-ches.jp/


サイト中央「CHESの教室の様子はこちらから」からBlogを読んでいただくことができます。お手数ですがよろしくお願いいたします。

2013-06-03

もう6月なんですね。CHESからいくつかのお知らせです。

| 16:53 | もう6月なんですね。CHESからいくつかのお知らせです。を含むブックマーク もう6月なんですね。CHESからいくつかのお知らせです。のブックマークコメント

あじさいの花が咲きはじめ、いよいよ梅雨の気配。


教室ではゴールデン・ウィーク過ぎから新メンバーもすっかり落ち着き、いよいよ授業の充実する1学期の後半。CHES-Friendsみんなの日々の成長の様子は、新緑に負けず劣らずキラキラしてます。


CHESからも年後半にむけて、いくつかのお知らせがありますのでご参照くださいね



CHESホリデークラス2006年12月以来、今回の開催で記念すべき20回目の開催になります。祝20回開催!


今回のTopicは“Explore the World!”です。1週間ごとに違う国の気候や文化自然などを学ぶ 6カ国をめぐる旅になります。どの国に行けるかな? 今回も過去の開催に負けないくらいの楽しいActivityを先生たちと企画していきますので楽しみにしていてください。


詳細は来週早々には発表できると思いますので、それまでもうしばらくお時間くださいね


5月は「子どもの日」「母の日」、そしてなんといっても盛り上がったのは「イチゴ狩り」。なにかとイベント行事が多くて楽しく過ごすことができました。そんな様子をソフィア先生がまとめてくれましたよ。



Celebration of Children’s Day and Mother’s Day:

  As this is the month of Children’s Day and Mother’s Day, we celebrated it together with lots of fun and amusement. Our children made special card for their mother. This made them very happy and they also learned how to wish mother in these days as:


f:id:kobe-ches:20130513125957j:image:w360


“Happy Mother’s Day”

”Thank you so much for everything.”


Topic Times:

  This time our topic is school. They learned about school and classroom things. They can able to answer this question:

“What can you see in your classroom?”


Field Trip with Strawberry picking:

  This month we went for Strawberry picking and it was a great fun for us. They enjoyed so much and played a lot in nearby river with other children. That was a great experience for all of them.


Story time and making crafts:

  We read stories of different kinds with our children so that they can learn from the moral of the story with fun and enjoy. They also made their own hand and foot print so that can learn about body parts with the crafts.


f:id:kobe-ches:20130508122409j:image:w360


Rhyme Times:

  Since this time we taught them about the body parts, we sang the song of body parts with them. We also sang the song: “Two little dickey bird”.

D

With this kind of song they are able to name their friends and also gain vocabularies like:

Fly away”, “Come back”


5月ホント行事ごとが多くて、気候もよくて楽しかったです。ほかに、4月後半の復活祭にあわせてイースター・エッグを作ったりもしたんですよ。


f:id:kobe-ches:20130510112523j:image:w360


そして、マリ先生からは、6月にむけてのletterが届きました。こちらもご参照くださいね


  • Things they learned:

  Last month - May, we had strawberry picking at the farm. We picked and ate. We really enjoyed the strawberry because it was very sweet and big. Added to that, we had lunch near the river moreover after eating children played to the water.

  Furthermore, Children were busy doing their flower gifts for Mama. They as well celebrated the Kodomonohi (Children's day) with the used of different types of fish like fish in the air, fish in the sea and warrior cap.

  They knew now how to say their name, age and their mood in complete sentences. They had fun everyday with friends at school.


  Another full of activities month is coming up: We will continue to study while enjoying with tracing their names and letters. We will have crafts for summer time! We will be:

* Using cellophane for a telescope and butterfly design

* Making gifts for Father's Day

* Counting and naming fruits

* Using Flashcards

* Reciting the Letters of the Alphabet

* Practicing good manners


  • Things to do to help your child:

* Talk to your child about what they are doing at school.

* Listen to different nursery rhymes with your child.

* Encourage them to be independent at school.

Continue talking to them with simple common English words.


  • Reminder for Parents:

* Please check the bags of your child before leaving the school for their hand towel and the blue note. Thank you.


6月は「父の日」があるんですね。CHES-Frindsみんなで大好きなパパへプレゼントを準備できるかも。そして「telescope」作っちゃうだって。どんなのができるのかなぁ、こちらも楽しみですね。


6月の歌は“Two little dickey bird”のほかに、“Twinkle Twinkle Little Stars”“Head, Shoulder, Knees and toes”“Two Little Eyes”“10 Little Indians”を選んでみました。ポピュラーな曲ばかりなのでママ・パパもぜひ一緒に口ずさんでくださいね


最後になりましたが、CHESプリ・スクールリニューアルオープンして、今年の夏で3周年を無事迎えることができそうです。ホリデークラス20回開催とあわせてこんなに嬉しいことはありません。


これもひとえにいつも目をキラキラ輝かせて楽しんでくれるCHES-Friends、いつもCHESの運営にご理解・ご協力いただいているCHES-Friendsママ・パパ、そしていつもCHESを応援してくださるみなさんのおかげです


心からのお礼と感謝を申し上げます。


3周年を記念して(…というわけでもないのですが(笑)、ただいまサイトを大改造中です。ここ数年足したり引いたりしながら修正を加えなんとか対応してきましたが、コテコテになってきてしまっていたので、一気にすっきりまっさらから作り直すことにしました。


Blogも外部サイトを利用させていただいてきたのですが、妙な広告が表示されるようになってしまったので、Blogも一括対応できるサイトに仕上がる予定です。


ホリデークラスの詳細発表・募集とあわせて、サイトもすっきり出来上がればいいなぁと、私は事務局まかせで祈るような気持ちで楽しみにしております\(^o^)/


いずれにしても、マリ先生ソフィア先生と一緒にさらに盛り上げていきますので、これからもご支援・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

2013-05-23

CHES Field trip 2013.5.21♪ いちご狩りの巻

| 16:13 | CHES Field trip 2013.5.21♪ いちご狩りの巻を含むブックマーク CHES Field trip 2013.5.21♪ いちご狩りの巻のブックマークコメント

f:id:kobe-ches:20130521111110j:image:w360


朝9時、教室に集合。いつもどおりサークルタイムからスタート。ママやパパもちょっとした参観気分で一緒に参加。もうそれだけでもCHES-Friendsみんなはやや興奮気味。


準備を済ませて、マイクロバスと乗用車に分かれて出発! 約40分ほどで農園に到着。さっそくいちご狩りがスタート。


f:id:kobe-ches:20130521113711j:image:w360


畑のなかにはいると、どの畝も↑こんな感じで赤く熟したいちごがたくさんなので、カゴはすぐに一杯。


f:id:kobe-ches:20130521110528j:image:w360


ママいちごも採らなきゃいけないし、写真も撮らなきゃいけないしで大忙し〜。


f:id:kobe-ches:20130521112344j:image:w360


マリ先生ソフィア先生いちご狩りははじめて。実は私もこのような路地ものは初めてでした。


カゴがいっぱいになるとビニールシートで休憩しながらいちごムシャムシャ、カゴが空になると再び畝に戻っていちご狩りをなんども繰り返し。いちごは幼いお友だちもいくらでも食べられるから楽しくてよかったです。


天候は申し分なかったのですが、1時間ほどの間ずっと外にいると予想以上に日差しが強くて、しばらくすると日影が恋しくなってきました。


f:id:kobe-ches:20130521120938j:image:w360


全員で集合写真を撮ったあとは、近くの神社に移動してランチタイム


f:id:kobe-ches:20130521122620j:image:w360


先日、下見に来たとき境内を使わせてくださいと宮司さんにお願いしていたので、ご挨拶だけでもと思い社務所に伺ったのですが、そこには「所用で留守にしますがご自由にお使いください」という書置き。こういう素敵なお心遣いはなんともアナログな趣があって「いとをかし」。


私も余白に「子どもたちが楽しく過ごすことができました。ありがとうございます来年のいまごろもまたよろしくお願いいたします」と書き加えてきました。本当にお世話になりありがとうございました。


f:id:kobe-ches:20130521122845j:image:w360


さっきまでいちごをたくさん食べていたので、ランチ大丈夫かしらと心配する声もあったのですが、教室では自分の力で食べなきゃいけないのに、こうしてママやパパと一緒に食べることができるのでみんな大満足。


ところが、このあと予想もしない展開が…。


風向きが変わるやいなや、近くの野焼きの煙があっという間にもうもうと立ち込めるではありませんか。さすがにこれは想定外でしたぁ。


こんなハプニングがあったものの、ランチのあとは境内のなかを走り回ったり、近くの川べりで遊んだりして楽しく過ごすことができました。


f:id:kobe-ches:20130521131440j:image:w360


初夏の陽気だったので、冷たい川の水は心地く、はしゃぎ過ぎてびっしゃんこになってしまうお友だちも。


f:id:kobe-ches:20130521132431j:image:w360


あんまりみんなが楽しそうだったので、出発の時間を少しずらせてマイクロバスで帰路に。朝からこれだけハイテンション遊んだからか、教室に到着した時には、みんなぐっすりお昼寝モード。起すのもかわいそうなので、そのまま解散となりました。


CHES-Friendsみんなは一日中ママやパパと一緒に過ごせて楽しかったのでしょうがママやパパは意外と大変だったのではないでしょうか。


ご協力いただき本当にありがとうございました


でも、やっぱりこんな機会が年に何回かあったほうが楽しいですよね。


次回は秋にイモ堀りに行きましょうね♪

2013-05-15

CHESって、どうなの?

| 10:19 | CHESって、どうなの?を含むブックマーク CHESって、どうなの?のブックマークコメント

実はこの日曜日、高2になってユニフォームをいただいた長男にとって初めての総体。次男の練習試合と重なってしまったので私は観戦には行けなったのですが、本人曰く(^○^)壮絶な1・2回戦だったそうです。


昨年長男の学年が入学と同時に顧問先生が転勤で交代。それ以降、新顧問と新メンバーとの距離感があわずうまくコミュニケーションがとれていなかったのです。


昨年は近畿大会に出場できたのに、新チームでは練習試合でも負け続き、新人戦でも市民大会でも1回戦敗退とギクシャク。こういう状態がしばらく続くと、当然、チーム内ではメンバー起用法も練習も疑心暗鬼、ざわざわして試合にも集中できない。


ところがこの総体試合前日(長男の先輩方3年生にとっては負ければ即引退の最後大会)、自信喪失気味だったメンバーのテンションにいきなり大きな変化が。きっかけは先発・ベンチ入りメンバーの発表とともに顧問先生から示された大会に臨むメンバーの具体的な選択基準とその意図と理由。


このように踏み込んだ説明は顧問が交代してからの1年で初めてのことだったそうです。この間にお互い積み上げてしまった壁のため、なかなか向き合おうとしなかったメンバーも、顧問からの熱心で人情みのある説明を徐々に受け入れ、最後にはメンバー全員がチーム編成に素直に納得。


結局3年生数人の先輩はベンチから外れたのですが、「ここまで3年一緒にやってきてんから、最後までみんなで戦おうなぁ」。声を絞り出し肩を抱き合って泣き出した先輩方につられて2年生も涙…。


そして試合当日。1回戦の対戦相手は練習試合でもなかなか勝てなかった相手。しかも試合会場は相手校のホーム。試合は予想どおり先行される展開に。それでも、先行されては追いすがり、また先行されてもあきらめずに追いすがり、最後最後にようやく逆転。


2回戦も同じように先行を許し追いすがる展開。しかしここで試合会場に大きな変化が。1回戦の対戦相手校からも声援がかかるようになり、やがて会場全体が味方になったような大声援へ。この会場の大声援をうけて2回戦も最後最後に逆転勝利。


2回戦終了後、メンバー全員一丸となって健闘を讃えあい、涙。1回戦の対戦相手からも「いい試合で感動しました」とキャプテンに声がかかったのをみて、また涙。帰宅途中でも同級生と寄ったマック試合の様子を思い出し改めて泣いてしまったのだとか。


中学校ではメンバー自体が多くなかったので長男(で)も先発メンバー。ただ、高校になるとさすがにすんなりとはいかず、この1年はユニフォームをもらえずベンチ外での修行状態。練習も思うように納得できず、欲求不満勉強にも力がはいらない悪循環が続いていたのです。


ところがこの試合から帰宅後は嘘のようにすっきり。「なんかドラマ観てるみたいな感動やったわぁ。頭ではわかってるつもりやったけど、チームが一つになるって、実際はこういうことやねんなぁ」と、晴々した表情で試合の様子を話し続ける長男


これからの長い人生でも絶えず陽のあたるところにいるわけでもないんだから、彼にとってこの1年の経験無駄ではなかったんだなぁと私も安心することができました。


それにしても人間感情って本当に不思議ですよね。顧問とメンバーが意思疎通できた瞬間、これほど大きな変化が起こるものなんですね。


その最初きっかけが顧問とメンバーひとり一人の信頼の「和」。この和がメンバー同士全体の信頼関係にひろがり、その力がもしかしたら試合会場全体まで巻き込んでしまったのかもしれない。「フロー」という言葉をあまり軽々しくは使いたくないのですが、きっとこれがフローなのでしょうね。


こんな話を聞きながら、ふと振り返るのはCHESのこと。私もCHES-Friendsとパパやママ社会とも、もっともっと「和」をひろげることができればいいのになぁと素直に感じました。


リスクルーが開校したのが2010年9月。この夏で3周年を迎えることに。当時は「CHESって、こんな教室ですよ。こんなことも、あんなことも」と嬉々として一生懸命情報発信をしていました。


果たしていまも同じテンション情報発信できているのかしら? 同じようなパターンになってしまってテンションがさがっていないのかなぁ‥等。自省がないわけでもありません。


良い機会なので、ここで改めて「CHESって、どうなの?」最近トライアル参加時によくおききするご質問を中心にまとめてみることにしますね。


  • CHESの先生はどのような方なのですか?

f:id:kobe-ches:20130510113038j:image:w360


5月からのメイン・ティーチャーはマリ先生です。マリ先生小学校で5年の教師経験があります。


また、来日してからは姉夫婦と同居されているので忙しい(!?)姉に代わって姪(2歳)の世話も身近に経験されています。その点ではむしろ母親目線に近い部分もあるのかもしれません。


先日のティーチャー・ミーティングの席では、来日2か月にして「アンパンマンシール」の重要性についてお話されていましたので、その適応力に驚いたり「ANPAN MAN」と真面目顔で説明する様子に思わず笑ってしまいそうだったりでした。


f:id:kobe-ches:20130430112847j:image:w360


そして、アシスタント・ティーチャーはソフィア先生です。ソフィア先生中学生むけの英文法とコンピュータの教師経験があります。大阪大学留学するご主人と2011年に一緒に来日されて以来、アシスタント・ティーチャーとしてCHESで活躍されていますので経験的にも、また穏やかな性格的にも安心していただけると思います。


また、彼女はいまCHESでアシスタントをしながら大阪大学の編入テストにむけての受験勉強中。ご主人の留学期間はあと2年なので、この間に必ず合格をめざしたいのだとか。このような「学ぶ姿勢」には、私自身も見習いたいものがあります。


f:id:kobe-ches:20130115092109j:image:w360


一応、私の状況もかんたんにお話すると保育士幼児教育幼稚園先生)の資格があります。教師としては、シンガポールのインターナショナル・スクールでの勤務経験などもあるのですが、CHESではむしろサイトBlogにいつも書いているとおり)二人の息子を育てている母としての思いのほうが強いのかもしれません。


長男・次男とも幼い間に様々な(あくまで親目線ですが…)経験をさせてあげることができ、その後成長とともに、チャイニーズスクールに通わせていただいたり、二人とも小学6年で英検2級に合格できたり、バスケも小4から続けることができたりしています。


また、長男は昨年無事、地元文武両道標榜する県立の志望校合格させていただき、いまは高2。次男は6月中国語検定2級のテストにむけ(本人いわく一応)勉強中の中1。これからも、またまた大学・高校と受験経験しなければならないのですがいまのところ無事に育児にたずさわることができています。


CHES-Friendsにもふたりの息子たちと同じように、いいえ、それ以上にいろんなことを経験しながら、自分自身の将来の大きな可能性にむけてどんどん楽しんでチャレンジして欲しい。そのような「小さい種」をCHESで受け取って欲しいなぁと考えています。


  • CHESのプログラムで特に気をつけている点はありますか?

五感視覚聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を通して学ぶということにはかなり強く意識しています。


たとえば、工作あそびであったり、歌、振り付け、Cooking、もちろん毎日公園遊びもそうです。すべてをご紹介できないのが残念なのですが、できるだけBlogに公表していますので(過去を振り返ることもできます)過去の履歴も参照していただければありがたいです。


あとプリントテキストフラッシュカードなども子どもたちの興味にあわせて(ソフィア先生特製)の手作りカードを使ったり、オックスフォードの教材カードを使用したりしています。TOPICにあわせて、子どもたちの興味を損なわないように教材は手をかえ品をかえと意識しています。


  • CHESでは年間行事や季節行事などはありますか?

日本の季節行事節分おひなさまこどもの日七夕などとともに海外の季節行事サンクスギビングハロウィンクリスマスなどを工作あそびや歌、Cookingで体感できるように心がけています。


f:id:kobe-ches:20130510110701j:image:w360


また月末には、その月に生まれたお友達のお誕生日会。学期末にはご父兄も参加できる「小さな発表会」を開催しています。


また春はイチゴ狩り、秋にはいもほりなどのField tripを予定しています。来年潮干狩りグリコピアなどの工場見学なども取り入れていきたいのですがこちらはまだまだ企画段階です。


あと、春・夏・冬休み期間はホリデークラスを開催しています。ウィークリークラスのお友達任意参加で基本オープンスクールです。期間中は幅広い年齢層(2歳から小学生)が、一定の期間一緒に(タテワリ)で活動できる楽しい機会となっています。


  • 週5日も通えそうにもないのですが、行事には参加できるのでしょうか?

Field tripなどの一日行事は、開催前に参加・不参加をお聞きしますので、当日参加可能であれば問題なく参加いただけます。


また季節行事節分おひなさまなど)の工作あそびや歌、おどりなどもできるだけ「週単位」で行うようにしていますので基本的には大丈夫だと思います。


いずれにしても行事プリントの配布や教室の掲示物で前もってアナウンスしていますし、週何回参加に関係なくできるだけ多くのお友達が参加できるように心がけていますのでご安心ください。


ただ週5回フルタイムで参加しているお友達とまったく同じことができるのかと問われると、物理的に時間が限られてしまうのも事実なのでそのあたりはある程度ご容赦いただければと思います。



おそらく「劣等感」というのは他者との(過剰な)比較から生まれるのだと思うのです。


たとえば週5回フルタイムで参加しているお友達はおおよそ1年も経つと英語でのキャッチは目を見張るものがあるのも事実です。


もちろん、できれば週5回フルタイムで参加いただくのが英語でのカリキュラムを準備している私たちの理想なのですが、では、週1回だと全然無理なのか? と問われるとご家庭でのママやパパのご協力に負うところも多いのではないのかなと感じることがないわけではありません。


ただ実際のところ、言葉の習得というのは人生と同じくらい長い道のりで、たとえば日本語でさえ、赤ちゃん言葉から始まり、幼児語小学中学、高校、大学を経て社会人での専門化とその瞬間、瞬間にあった言葉を習得する必要があります。


これは英語も同じこと。


f:id:kobe-ches:20130510112523j:image:w360


幼い時期に少々英語が得意でも、その後の英語とのかかわり方次第では、文法主体の中・高時代にはかえって苦手意識を持つことになる場合もあれば、幼い時期に少々英語が不得意でも、その後、得意になる可能性もあるのではないのでしょうか。


そしてまた、おそらく英語に限らず、子どもたちの課題は成長するにしたがって(大人になっても)次から次からへと出現してくるはずです。


このような課題が出現するたびに「(他者と過剰に比較して)なぜ、あなたはできないの?」と、子どもに詰問ばかりしていると「劣等感を感じてしまう」のかもしれません。


でも、目先の「結果」だけを評価し他者と比較するのではなく、できない理由(方法が間違っているのか、努力が足りないのか)を一緒に見極め確認し、「結果」を得るための「プロセス(具体的な行動・努力目標)」を親(あるいはその課題先生)が子どもたちと一緒に改めて共有できれば、ある程度の小さな成功体験をすべての子どもたちが繰り返し受け取れるはずだと、私は信じています。


もちろん、CHES-Friendsのパパ・ママのご理解・ご協力に頼る部分が大きいことは言うまでもないことなのですが、CHESで幼い間に受け取って欲しいものは、このような小さな成功体験、将来の大きな可能性につながる「小さな種」のようなものです。


目先の結果だけにとらわれる(厳しく評価をする)だけではなく、将来の可能性を見据えその瞬間、その瞬間、精一杯できることにフォーカスすれば「劣等感」という言葉とは無縁になれると私は感じています。


f:id:kobe-ches:20130513125957j:image:w360




最後に…


入会金(通常20,000円)が無料になる新学期応援期間(5月末)終了まであとわずかになってしまいました。ぜひこの機会をご利用くださいね


パパ・ママ見学トライアル無料体験参加)ご希望の方は、必ず予約のうえサークルタイム(9:15から10:00)の時間にお越しください。まだ資料請求がお済でない方は、こちらの申込みフォームから手続きすることができます。

http://kobe-ches.jp/setumeikai.html#setumei


すでに資料請求がお済の方は、お手数ですがご都合の良い日時を書き添えてCHESまでメールをいれていただけるとありがたいです。


教室でお会いできることを楽しみにしております。

Connection: close