Hatena::ブログ(Diary)

残骸 本館

November 20(Mon), 2017

2017-11/20

| 23:33

今日の反省文になるけど、浮かれてんな!ということなんだと思った。月曜日から飛ばしに飛ばして、また退社するの遅かったしマジダメじゃんと思った。あと出社してそうそう気になってる人に労いのお言葉を貰って喜んでたけど、今日一日てんでダメだったのでマジ何なんだよと思った。
このまま行くと多分水曜あたりで萎れそうだな。やばいな。
最近はどのくらいやると何曜日でダメになるかが分かってきたし、その分自分がオッさんになってヤバイゲージに突入すると壊れるところが分かってきた。というか早よ帰れば大丈夫ということだけど。

最近の俺は浮かれてんなと思ったのが、気になってる人にちょっと会話しただけでウキウキしてしまうとは。大学1年の頃のアホアホお付き合いの時みたいな感じとは違うけど、ちょっと会話を楽しみにしてるとか、恋かよ。こりゃもう出家だな。

しかし今月後半戦入ってきたけど、急に寒くなってきてヤバイな。
もうヤバイとしか言葉が出てこなくて小学生からやり直しだな。まあ風邪ひかないようにエアコンガンガンつけて生き延びようと思ってます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kobosaku/20171120

November 19(Sun), 2017

2017-11/19

| 00:19

ここ最近車の運転も慣れたし、朝からの仕事も昼からだけになって午前中をノビノビしてたけど、朝の仕事が無くなった分ちょっと太ってしまった。
というわけだし、明日から少し運動してから事務所へ向かおうと思う。どうせ朝してたんだし起きれるっしょ、と思ってるけど果たして。体重計るのも飽きちゃって計ってないし。

ここ最近の仕事ですが、まあ大量にあるのはお変わりないけど、何とかできているので何とかなっているのかな。まあ良いんだけど。

ここ最近、といっても3ヶ月かもうちょっと前くらいから気になりだしている人がいる。3つ歳上。事務所ではいじられキャラになりかかっている(?)けど、明るくて面白い人で、一生懸命に仕事を頑張ってて、変な顔をしてくるけど、可愛い人だなぁ〜と思っている。
しかしながら、俺も押しが弱いので言おう言おうとしているが、なかなかそんなタイミングも時間もないし、仕事終わりにお話しでも、なんてできやしない。
まあ焦らず慌てず、タイミングを見計らって、と思うけど姉とかに話すと多分「アンタ早くしなさいよ」と嫌味とか言われそうだしな。
というか、仕事しに行ってるんだし、そういう余裕をかましてると痛い目にあうんだな、ここ最近あったし。
最近だと有給で会えない日になると、仕事にハリが出ないんだな。ダメだな。

とりあえず今年も東京に行くスケジュールも確保できた訳だし、ホテルでも明日とか明後日に確保するかな。
というより、ノートPC欲しいしスマホの電池もポンコツになってきたんで周辺機器早めに揃えておくべきだな。東京でバシャバシャ撮ってると、多分アップしたいだろうし、画面でチェックもしたいし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kobosaku/20171119

July 30(Sun), 2017

夢を見た

| 23:16

寺を敵から守るために甲冑して槍を持って敵の兵士と戦ってた。森、というか長野の山奥のようなところにある寺で、死守してたけど後ろの門が突然ドカーンと爆発して体が吹っ飛んだ。多分砲弾が門に当たって爆風で飛んだと思う。体がバラバラになったと思ったけど、背中がちょっと痛いくらいで、意識はあった。何となくだけど、吹っ飛んだ時に武田の事を案じる事が頭を過った。めっちゃリアルな夢だった。

2017-7/30

| 22:24

車を買った。チョロQじゃない乗るやつ。
しかしアクセルを踏んでも踏んでもパワーが出ない。坂道の多い土地に住んでるので結構困る。
と文句を言っても中古で軽だし、まあこれで遠出に悪天候の出勤がラクになるということだし。

ここ最近、車で職場に向かっている。親の車に乗って行ってるけど、まあ朝早くから夜遅くまでの勤務なので、これが眠い疲れて運転に集中できん。朝早くから力仕事に始まり、夜はデスクワーク。なんらカメラマンの頃より変わらないような気もするが、なんか疲れがたまる。
疲れ、というか眠い。デスクワークして気をぬくと寝そうになる。すごい。俺は回遊魚か。気をぬくと寝そうって。

眠いのは何とかしたい。特に昼間が死ぬほど眠い。なぜ日本人はこんなに働かなくてはならないんだ、って思うくらい眠い。理由になってないけど、まあそのくらいの文句と同等の「眠い」がくる。ムカつく。
なんで昼間に眠くなるんだ。眠くなるの夜でしょ?と自分の眠気に腹を立ててしまう。
原因の一つは寝不足。こう毎日寝る時間が足りないと、人間どうにかなりそうになるもんだ。カメラマン時代はそれが原因で支障をきたしたし。

家に帰って飯を食うと「ベストなタイミングです!」と眠気が降りて来る。待て待て、まだだ、風呂に入ったら来てくれ!と一旦追い返してみると、眠気が帰ってこなくなる。おいおい待て待て、なんでさっき来てたのに帰りっぱなしなんだよ。と毎回眠気とうまくいっていない。

こう毎日疲れてると、自分の体がおじさん化しているのがわかる。
どうも最近痩せない。痩せてもちょっとだけ。無料サンプルかってくらい。あと疲れの取れなさがすごい。寝ても覚めても。多分そのうち「栄養ドリンク飲めば」とか「あのサプリ飲めば」「皇潤飲んで元気」とかになりかねない。泣ける。

しかしこの生活に体が順応するまでどのくらいかかるんだろうか。昨日は疲れすぎてるところ、楽しみに飲んだビール1本で思いの外酔っ払ったし、うっかり気をぬくと死ぬとおもう。恐ろしい。

あとこれ書いてて思い出したけど、ユニクロでスリムフィットジーンズ買う事すっかり忘れてた。欲しかったけど。
あと銭貰ったのに、記帳しに行くのも忘れた。いろんなもの忘れてるな。やばいな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kobosaku/20170730

June 13(Tue), 2017

2017-6/13

| 23:26

この2,3ヶ月、いい感じになっている。
金はほぼ無いし、胆石の手術した後がキリキリ痛むけど、いい感じである。
このいい感じに禁酒しているので夜だとウームとなってしまうが、こういう時こそスパイシーな料理で精神をやっていくほうが宜しい。
しかし最近は欲しいものリストにガンガン入れまくる「買ったつもりブーム」をやっているので非常に金にシビアになっている。というのも欲しいものがチョロQだけど、結局俺一人で狭い自室でギャーギャー走らせているのを想像すると、非常にどうかしてるし、まあこの前ブックオフで駿河屋だと倍近い値段で売ってたレースコースを¥500で手に入れたわけだし。ブックオフ最高となってしまったな。
チョロQ スーパー6種コースGT | 中古 | おもちゃ | 通販ショップの駿河屋
とにかくチョロQから離れようと、久々に写真をやってるけど、そりゃあ腕が落ちたわけでやっていくしかない。
とりあえずどこか行こうと思ってるけど、遠くに行けば何か撮れるかというとそうでも無いし、まあここは地道に近所を歩き倒してやっていくしか無い。
今月の標語は「やっていく」ということで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kobosaku/20170613

May 14(Sun), 2017

2017-5/14

| 00:08

朝早くとはいかなかったが、飯を食ってから気になっていたおもちゃ屋を探しに出かけた。自転車に跨って走ると涼しい風が服の中へ入って来きて、すごく気持ちがよかった。この時期の涼しい風と太陽光が丁度いいのが好きで、この気候がずっと続くといいのになと思ってしまう。街はザ・日曜日という感じで、のんびりと半ズボンでダラダラと道の真ん中を歩くお父さんが多い。高枝ばさみみたいなのをブラブラ持ち歩いて、車が来ようが俺の乗る自転車が行こうが関係なし。日曜のお父さんというのはどうしてこうも邪魔な存在なのだろう。そりゃこの姿を見れば、世のお母さんに「ゴロゴロしてないで手伝って!」とか「邪魔!」とか言われて当然だなと思う。
頑張って目的地の近くまで来たが、なかなか店が見つからない。その店もいわばローカルスーパーマーケットみたいなところにある店なのだが、市営団地をぐるぐる回っても見つからない。まだ死ぬほど暑くなる時間ではなかったけど、昼前ということだし次第に暑くなって来ていたので、早く探したいと思っていた。

気になっていたおもちゃ屋だが、実は最近チョロQがやりたくなったのが始まりである。チョロQといえどもミニ四駆のようにローラーが付いて、ゼンマイもハイスピードの特注仕様となったカスタマブルチョロQというシリーズ。これがやりたくて仕方がない。先週は以前遊んでいたチョロQ用コースを引っ張り出してきたが、以前物置を新しくする為にボロボロになった分を処分していた。チョロQ自体ももう無く、ブックオフで見つけたボロボロの一台と物置から出て来た寄せ集めの一台くらいである。
このチョロQやりてぇブーム、去年はビーダマンやりてぇブーム、一昨年はミニ四駆やりてぇブームとなって、市内または市外はたまた県外のハードオフよろしくリサイクルショップを巡っていたのだった。

自転車でグルグル回って数分、ようやくそのローカルスーパーに到着したが、ここがかなり香ばしいスーパーだった。市内から離れているといえば、まあまあ離れた場所にあるスーパーだけど、車は多いし客層もまあまあ若い人もいる。店内は薄暗くて蛍光灯に床や壁の色や雰囲気が70年頃のピークからこのまま2010年代まで生き残ったスーパーという感じだった。入っている店も香ばしく、衣類を売る店は入念に探せばカクレンジャーとかの小さい頃に一喜一憂していた戦隊モノのランニングとか上履きが出て来そうだし、インド人かイラン人っぽいオジさんが小麦粉で薄く何かを焼いているスパイシーな何かが香る店があった。
んで、お目当の店はというと、もう既に末期を過ぎた感じの店で、置いてあるものも安いミニカーみたいなのからアイカツカードのバッタものっぽいのがあるくらいで、太鼓の達人目当ての子供がワンサカいる店だった。残念ではあったが、なかなか香ばしい場所ではあった。周囲も古き良き昭和も終わってしまい、後の祭り感のある街だった。

折角だし、ここから遠いリサイクルショップへでも行くかと思ったけど、市内中心部まで走ると、まあなんだかよくなってきたし、昼までに帰る予定で家を出たので、市内をグルッと回って家に帰った。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kobosaku/20170514