Hatena::ブログ(Diary)

たばこ屋のお茶濁し

2010-11-11

トスカネロ・カフェ

20:33

久々だぁ ブログ上げるの

チョッコシくたびれちゃってお休みしたらズルズルと・・

先日スモコレで小生が一番注目していたイタリアンシガーがようやくやってきた

以前、他社で扱っていたものを再登録しての発売である

トスカーナシガーはカッチカチに乾いた少々太めで小ぶりのシガーというイメージがある

ニコチンが強くて少し吸うとすぐにクラクラしそう・・

でもこのトスカーナは非常に吸いやすい。至極まろやかである。

そして、さほどカッチカチでもない

カプチーノの甘い香りが心地よいアロマとなって和ませてくれる

・・うまい。

もう一品の トスカネロ・アニスはその名の通りアニスの甘い香りがほのかにする

やはりこちらはこちらで、うまい。

 

なにやらこの二つ、かなり小生のお気に入りになってしまった。

値段も安いしこれからの季節、外出(忘年会)のお供になりそうな気配である

2010-07-22

PMの10月新価格

17:38

ブログ上げるの疲れちゃって暫くお休みしちゃった

そしたらたった今情報が・・

フィリップモリスの10月からの新価格が今夜発表になるみたい! だって。

 

PMは6月に一度ケチをつけてしまったからね

それでもやはり興味津々

さてさてマールボロの行方は??

 

 

「がせ」かも・・

2010-06-26

マールボロ アイスブラスト

20:10

カーボン基調(クロスステッチ)の黒地にメタルブルーの三角屋根

Marlboroの文字が白くくっきりと浮かぶ

このデザイン良いなぁ

かなり好きかもしれない

 

フィルター部はノンチャコールでアセテートの二重構造

煙草葉に近い方のブロックにクリアグリーンのメンソールカプセル(アイスボール)が仕込まれている

ハイブリッドが吸い口近くのブロックにあるのとは逆だ

おそらくこのアイスボールはラークハイブリッドとの共用だろうと思う

ラークのシンプルな巻紙とちがいフィルター部の印刷はさすがに幾らかは余計にお金が掛かっていそうだ

 

小生にはアイスボールを潰さなくても充分「強メンソール」だが、潰すと更に強烈な爽快感が・・

って云うか、メンソールが強すぎて耳の中が痒くなる

鼻から煙を出そうものなら涙が出てきそうだ

繰り返せば鼻の下がメンタムを塗ったようにスウスウしてくる

もう味もへったくれもない

(実はメンソールがきつくて小生にはよく解らない)

 

強々メンソールを好むひとにはMAXXとアイスブラスト

選択肢が増えて良い環境?だ

2010-06-25

バニラ チョイス

21:15

例のごとくこの葉は甘くはない

オリジナルチョイスの延長線上にしっかりとある

雑味が少なく芯の通った味とでも云おうか

味付けされたミックスチュアではなくナチュラルなテイストと言おうか

とにかく余計な味がしない「うまさ」がある

ネーミング上、ほんのりと(他のバニラ系と比べて弱いが)バニラも香る

 

段ボールを裏返しに使ったブラックパッケージは目をひく

チョイスシリーズのこのパッケージングは個人的に好感を持っている

同時発売の新製品 アロマのイエローオレンジ、チェリーのブラックチェリーレッドも

並べておくとさらに見栄えが良い

 

チョイスは良い葉を使っているらしい

雑味がないことからも伺えるのだが、葉をよく見ると葉軸部が混じっていない

恐らくバージニア、バーレイ、ブラックキャンベンディッシュの組合せ

これはコルツのアメリカンミックスチュアと同じなのだろうが

比べると葉のテカリが少なく、しなやかさも弱い

テカリやしなやかさは共に糖分の多い少ないが関係していると思われる

だからこのタバコは味付けされた甘さはない。と思いたい

葉本来の甘味は勿論あるし、冒頭はこのことを云いたかったのだが・・

 

北の彼の地にいる小生のパイプ師匠がオリジナルチョイスを押す理由が最近になってやっと少し解ってきた

甘い物好きの小生

コノ良さを理解するのに随分と掛かってしまった

2010-06-22

コルツ・アメリカン ミックスチュア

22:19

あま〜い香り

しっとりと柔らかい触感

かなり良い感じの葉組

7月発売のパイプタバコを少し(2摘みくらい)試喫用に分けて貰った

 

コルツのアメリカンミックスチュアとゴールドデラックスの2種

前者はバニラチョコレートのテイストでブラックキャンベンディッシュ、ヴァージニア、バーレイのブレンド

見るからに甘そうな葉の感じ

色つや共に食欲?をそそる

バニラチョコレートとの説明だったがリキュールも混じっているっぽい素晴らしく良い香り

 

パイプに少し多めに葉を詰める

少々葉軸部が混じるが整った綺麗なリボンカット

柔らかくて詰めやすい

特筆すべきは恐ろしく火つきが良いこと

これは楽ちんだ

ふたくちみくち 軽い吸い心地

徐々にしっかりとした少し甘めの味わいに

自分ではわかりにくい喫煙時の香り

始めはわかりにくいがそれも徐々に甘く・・

 

軽い喫味(ニコチン?)で吸いやすいし味も良い

ライトタイプと云って良いのだろうか?

常喫用としては価格もこなれていて良い感じ

クセもないのでシガレット感覚でいけそうと思う

 

10月の増税を意識して新商品が続々と出てきている

どれもが増税後の販売価格を想定して値付けされている

1000円を超えないような設定なのであろう

 

新商品、短期にはとても試しきれるものじゃない

小生は半分あきらめモード・・ かな?