Hatena::ブログ(Diary)

子どもと法・21の管理人メモ RSSフィード

2018-08-15

[][](政界地獄耳)押し付けられたのは憲法か - 日刊スポーツ(2018年8月15日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201808150000184.html

http://archive.today/2018.08.15-072308/https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201808150000184.html

★12日、首相安倍晋三は講演で憲法改正について「いつまでも議論だけを続けるわけにはいかない。これまでの活発な党内議論の上に自民党としての憲法改正案を次の国会に提出できるよう、取りまとめを加速すべきだ」とした。首相改憲派で、もとより「いじましいんですね。みっともない憲法ですよ、はっきり言って。それは、日本人が作ったんじゃないですからね」と現憲法米国に押し付けられた憲法でみっともない憲法と定義づけている。

★元来、順法精神を持ち、誰よりも現行憲法を守らなければならないはずの内閣総理大臣として発言は逸脱していると思えるが、国会が発議するはずの憲法改正を率先して変えたがるその発言だけは、自民党総裁として使い分けることも姑息(こそく)だ。ただ首相が言う、「日本人が作った憲法ではない」という発言も聞き捨てならず、その合理的根拠もさして示していない。

16年8月12日の東京新聞では「9条は幣原首相提案 マッカーサー書簡に明記 『押しつけ憲法』否定 新史料」の見出しで、終戦から半年間首相を務めた幣原喜重郎の考えであったことを書いているし、04年に集英社から「昭和の三傑−憲法九条は『救国のトリック』だった」を出版した元文芸春秋編集長・堤堯も同様の分析と判断を行っている。同様の考えを記した専門家の書はほかにも幾多もあろう。しかし歴史を正面から見つめず、「いつまでも議論ばかり続けるわけにはいかない」どころか、歴史を修正してまで憲法改正に事を運ぼうという姿は、首相の役割とすれば「みっともない」と言われても仕方がないのではないか。押し付けられたのは憲法ではなく、政府沖縄米軍基地を押し付けたのではないのか。総裁選挙では、そこを議論にしてもらえるのだろうか。今日は終戦記念日だ。(K)※敬称略

[] 戦後73年 消えぬ記憶 句に込め - 東京新聞(2018年8月15日)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201808/CK2018081502000124.html

https://megalodon.jp/2018-0815-0931-27/www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201808/CK2018081502000124.html

終戦記念日に復活した「平和の俳句」には、73年前の戦争を生き抜いた人々からも、多くの句が寄せられている。平和への祈りを込め、17文字に忘れられない光景がつづられた。

神奈川県厚木市高橋和男さん(81) 涙の告白「殺すつまった」

叔父帰国「人殺した」としゃくりあげ 

「こう正座して。手を膝の上に置いて」−。鉛筆でラフな絵を描きながら、神奈川県厚木市の元会社員高橋和男さん(81)は記憶をたどった。終戦の翌一九四六年夏ごろ。当時、一家が住んでいた福島県中国北部から戻ってきた叔父の薫(かおる)さんが、ポロポロ涙を流しながら言った。

「俺、殺すつまった」「俺、人殺すだ」

当時九歳だった高橋さんは「目の前で血を見たんだな」と直感したという。「遠くの人を撃ったり、自分の命も危ない場合の言い方と思えない。(薫さんは)まだ二十代前半。おとなしい性格だった。上からの命令で、相手は捕虜か民間人だったのか。そのへんは分からない」

長男だった高橋さんの父は召集はされたが、前線には出ずに終戦を迎えた。父の弟のうち海軍駆逐艦に乗った次男はソロモン海戦で亡くなった。四男は海軍特攻兵器・特殊潜航艇の乗組員だったが終戦で出撃せずに済んだ。「前線から帰国したのは三男の薫叔父ただ一人。父たちとまとう雰囲気が違っていたことを覚えています」

周囲の親戚は口々に「戦争だもの」「しょあんめーしさ(しかたないさ)」と叔父を慰めていた。

普通の大人たちが、人を殺すことを「仕方がない」と言うようになるのが、幼心に刻まれた戦争の姿だ。日本人も、米国人も変わらない。「戦争になると人は常人でなくなる」。叔父の苦しみを思い、平和への願いを句に込めた。 (山本哲正)

東京都小平市・内海琢己さん(93) ためらい抱え日没後の帰還

生きて来し想ひ噛(か)み締め学徒兵

一九四五年七月、陸軍の「特甲幹」(特別甲種幹部候補生)と呼ばれる学徒兵だった内海琢己さん(93)=東京都小平市=たちは突然、熊本に集められた。課されたのは、米軍本土上陸を想定し、爆薬とともに戦車の底腹部に飛び込む猛特訓だった。

広島師範学校在学中の同年三月に召集を受けた。十九歳だった。激励会で贈られた日の丸の寄せ書きに、父は「皇国 男子の誉」とつづった。「死ぬのは怖くなかった」という。

前線に出ることはなく岡山県の予備士官学校で終戦を迎え、郷里の広島県尾道へ。生きて帰ったことを一刻も早く両親に知らせたい思いはあったが、人目を避けるように山に登り、薄暗くなってからわが家に帰った。

「何か晴れがましいような形で帰っていくわけにはいかなかった」。多くの兵士が戦死した。句に投じたのは、同じ運命にいたはずの自分が今こうして生きていることへの思い。日暮れを待った当時のためらいもよみがえってくる。

「今も、学徒兵時代の夢を見るんです」

戦後に師範学校を卒業し五十二年間、高校や大学などの教育現場を歩んだ。  「教え子たちを戦場に送ってはならない」と心に期してきたという。「自分はどうすべきかを考えていくのが大事なんだと思う」と結んだ。 (石川修巳)

[] 戦場はむごたらしい 建築家・元海軍士官 池田武邦さん(94) - 東京新聞(2018年8月15日)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201808/CK2018081502000140.html

https://megalodon.jp/2018-0815-0932-26/www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201808/CK2018081502000140.html

太平洋戦争マリアナ沖、レイテ沖、沖縄海上特攻という三つの海戦を生き延び、戦後は建築家として霞が関ビルの設計に携わった元海軍士官の池田武邦さん(94)=東京都東久留米市終戦記念日に合わせて本紙の取材に応じ、「戦場はむごたらしかった。『壮烈なる戦死』なんて華々しさはなかった」と戦場の凄惨(せいさん)な現実を明かした。

フィリピンレイテ沖海戦では航海士として乗った軽巡洋艦「矢矧(やはぎ)」が米軍に猛襲され、艦橋が血の海に。「船が揺れるたび床にたまった血が右へ左へと流れる。その生臭さと硝煙のにおいが入り混じる。もげた腕や足はバケツの中に入れられ、死体はすぐ腐敗し、惨憺(さんたん)たるものだった」

沖縄を目指した艦隊特攻で矢矧は戦艦大和とともに撃沈された。顔に大やけどをし、黒い重油の覆う海で漂ううち、不意に「畳の上で横になりたい」と実家が恋しくなった。一家だんらんする茶の間の風景が脳裏に浮かんだと振り返った。

戦前戦中は言論や情報が統制された。「玉砕するのが当然と思い、降伏なんて発想はなかった。考えが偏っていた」。戦後、日本の敗戦理由を検証し、自ら設立した日本設計では、建設に関する情報を集めるシステムをつくり、対等に意見を言い合えるようにした。

自衛隊を明記する九条改憲の動きや、集団的自衛権行使を認める安全保障関連法の成立については「命がかかっている問題だから国民の納得できるプロセスが必要。ごまかして進めるのは一番よくない」と考える。そして「あの戦争の歴史が教育の場でしっかり教えられず、犠牲が生かされてない」と訴えた。

<いけだ・たけくに> 1924年、静岡県生まれ。海軍兵学校卒業後、巡洋艦「矢矧(やはぎ)」に乗り組み、マリアナ海戦レイテ沖海戦沖縄海上特攻に出撃し、生還。49年、東大建築学科卒業。67年に日本設計事務所(現・日本設計設立霞が関ビル新宿三井ビルなどの超高層ビルのほか、ハウステンボスなど環境共生型テーマパークの設計に携わった。

[]<象徴天皇と平成>(下)平和希求 背中で語る 父の実像追い 続けた慰霊 - 東京新聞(2018年8月15日)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201808/CK2018081502000138.html

https://megalodon.jp/2018-0815-0933-30/www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201808/CK2018081502000138.html

終戦前後の混乱の中、一九四六年に中学生の学齢を迎える皇太子だった陛下の教育をどう進めるかは待ったなしの課題だった。

専用の教育施設を設ける構想もあったが、陛下学習院中等科に進む。指導陣に米国人のバイニング夫人や元慶応義塾塾長の小泉信三が迎えられた。学友の明石元紹(もとつぐ)(84)は「二人から、他者人権を尊敬することで敬われるということを教わった」と、今につながる象徴天皇像の原型を見る。

四九年四月、高等科一年になった陛下広島を訪れた。学友、栄木(さかき)和男(84)の父で東宮侍従を務めた栄木忠常(故人)の日誌には、現地で陛下が述べたお言葉の要旨が残る。「(原爆投下)当時の話を聞き、同情に堪えない気持ちで一杯」「人類が再びこの惨劇を繰り返さないよう、固い信念と覚悟を養いたい」。かつての「軍国少年」の面影は、既にない。

日本が平和国家の歩みを始めると、戦争の記憶は昭和天皇陛下の父子に影を落とす。学習院初等科から机を並べた橋本明(故人)は本紙の取材に、若いころの陛下が「木戸幸一日記」と、元老として昭和天皇の助言役だった西園寺公望の元秘書、原田熊雄(故人)の証言をまとめた「西園寺公と政局(原田日記)」を熟読し、「『原田日記のほうが詳しい』と話していた」と証言していた。

両書とも戦争責任軍部にあることを示す証拠として東京裁判に提出され、昭和天皇免訴につながった。橋本は「陛下はこのプロセスを通じて、父は軍国主義者なのか、平和主義者なのかを勉強し、平和を愛する人と納得した」と分析し、「おやじを理解するために、息子の方が努力した」と付け加えた。

陛下皇太子時代の会見で「平和国家、文化国家という言葉をもう一度かみしめてみたい」と語った。即位後は戦後五十年の長崎広島沖縄、六十年のサイパン、七十年のパラオなど慰霊の旅を続けた。元宮内庁幹部は「花を手向け、頭を下げる姿を示すことで、国民に忘れてはいけないと背中で語った」と話す。

「嫌な時代でしたね」。陛下は作家の半藤一利(88)やノンフィクション作家の保阪正康(78)ら在野の歴史家御所に招き、近現代史を学び続けてきた。皇后さまも交えたその場は、誰からともなく当時の思い出話になる。

ある時、半藤と保阪が満州事変などを例に「昭和天皇は戦線不拡大の方針だった」との見方を示すと、陛下は深くうなずいたという。保阪は根源にある思いを「父が積極的に戦争をしたわけでないという安堵(あんど)感が欲しい。だが現実に天皇の名の下に何百万人も死んだ。では自分はどうすれば良いのか、ということだろう」と推し量る。

八月十五日の全国戦没者追悼式。二〇一五年以降、戦争の記憶の風化と、戦前日本を正当化する風潮にあらがうかのように、「さきの大戦に対する深い反省」に言及し続けている。

「自分の思いに反して戦争で命を落とした人がいる。だからこそ、もう少し知的な行動で戦争を防げないか、と」。明石陛下の言葉にそんな強い思いを読み取っている。 (敬称略) (小松田健一、荘加卓嗣)

[] 終戦の日に考える 平和をつくるために - 東京新聞(2018年8月15日)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018081502000168.html

https://megalodon.jp/2018-0815-0934-31/www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018081502000168.html

きょう八月十五日は戦没者の方々を追悼する日であり、また同時にどうしたら戦争をなくせるかを考える日でもあるでしょう。二つの事例を引こう。

一つめは、核兵器に関することである。

英国アルゼンチンが戦ったフォークランド紛争ではこんなことがあったという。

英国駆逐艦シェフィールドが、アルゼンチン軍の発射したフランスミサイルエグゾセで撃沈された数日後の一九八二年五月七日フランスミッテラン大統領サッチャー首相から電話をもらったそうだ。

◆核持つ国の絶対優位

ミッテラン氏はかかりつけの精神分析医アリ・マグディ氏のところへ予約より遅れて到着し、言い訳した。

<すみません、先生。鉄のご婦人との諍(いさか)いを収めねばならなかったもので。我々がアルゼンチンに売却したミサイルのレーダーを無効化するコードを渡さなければ、四隻の原潜でアルゼンチンを核攻撃すると脅すんですから…核戦争を引き起こすなんて。私は引き下がりましたよ>(東京大学出版会UP4月号、長谷部恭男氏「巡洋艦ベルグラーノ撃沈 一九八二年五月二日」より要約)

精神分析医の著作(日誌)にある話で電話の有無、内容は間接情報であって真偽はわからないが、ありえる話である。

そうだとすれば、核兵器は実際には使わないにせよ、核の力をもって英国は戦争を有利に導いたことになる。

過去の話にせよ、核の威力は絶大で、核保有国は非核保有国に対し絶対的優位にあるわけだ。

その威力は少なからぬ国々にひそかに核を持ちたいと願わせ、実際に保有国を誕生させた。

反核のうねり始まる

北朝鮮もその一つである。核の威力をもってアメリカを振り向かせ、独裁体制の保証という果実を得ようとしている。

それと正反対の世界的動向が非核保有国が集まって進める核兵器禁止条約である。核兵器の開発・保有・使用などを法的に禁止し、昨年国連で採択された。ただし各国の批准は進んでいない。

それでも核兵器に対する人々の考え方は、徐々に変わってきているのではないか。持つ・持たないの不公平、非人道性への倫理的拒絶、人類の破滅。サッチャー氏の逸話などは過去のものとし、核時代を非核の時代へと反転させる意思を世界は持つべきだ。そのうねりは始まっている。

もう一つは、私たち自身のことである。

敗戦の後、憲法九条マッカーサー司令官とともにつくったとされる首相幣原喜重郎は回想している。一九〇五年九月、日露戦争の講和直後のこと。

ロシアから賠償金もとれなかった講和を屈辱外交非難する東京日比谷の大会から流れた人々が、政府への反発から交番、電車を焼き打ちし新聞社も襲った。実際は政府には戦争継続の力はもはやなく、一方国民は徴兵と戦費のための増税で苦しんでいた。

当時幣原は外務省勤務で、講和全権の外相小村寿太郎から以下の述懐を聞いている。

小村には国民の反発は予期の通りだったが、故郷宮崎県飫肥(おび)の村に帰って驚いたそうだ。各所に小さなテーブルが出て酒が一杯ついである。小村の酒好きは知られている。一人の老人が小村の前にやってきて言った。

東京では大騒ぎしたそうですが、騒ぐ奴(やつ)らは、自分の子供を戦争にやった者ではありません。私は子供が三人あり、そのうち二人は満州で戦死し、残った一人も戦地におります。みんな犠牲になるものと諦めておりましたが、お陰(かげ)で一人だけは無事に帰って来ることと思います。全くあなたのお陰でございます」

老人は戦争を終わらせた小村の洋服にすがって泣き、同じ光景が二、三あったという(幣原喜重郎外交五十年」より)。

外交官の苦悩が語られ、同時に戦争のもたらす根源的な悲しみが語られている。

◆危うい耳に心地よい話

戦争は政府にとっては政治であり勝敗であるのだろうが、家族や個人には人の生死でしかない。

国家を主語とした威勢のいい話は一時耳に心地よいかもしれないが、注意せねばならない。近隣国への反感をあおる政治家の言葉はよく聞き分けねばならない。

戦争より外交である。武力より対話である。

戦争が多くの人の命を奪うのなら、外交は多くの人の命を救うといってもいい。

何も理想を言っているわけではない。反戦は普通の人々の現実である。国家を平和へと向けさせるのは私たちの判断と意思である。

[](筆洗)カミナリおやじ - 東京新聞(2018年8月15日)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2018081502000141.html

https://megalodon.jp/2018-0815-0935-28/www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2018081502000141.html

子どもが悪さをすれば、他人の子どもであろうと叱りつけるカミナリおやじというものはその昔ならどこの町内にもいたものだが、最近は、聞かなくなった。地域のしつけ役であり、今から思えば、ありがたい存在なのだが、当時の子どもにすれば、やはりおっかなかった。

作家の平野啓一郎さんが『「カミナリおやじ」とは誰だったのか?』という文章の中で大胆な見方を示している。あのカミナリおやじとは過酷で悲惨な戦場体験によって心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症していたのではないかという指摘である。

ひどい戦場体験に苦しんだ平野さんのおじいさんがそうだったそうだ。心の不調によって時に感情が抑えきれず、爆発する。同じようにあのカミナリおやじたちとは「戦場のフラッシュバックに苦しみ続けた人々」だったかもしれぬと書いている。

事実は分からぬが、PTSDという言葉も適切な治療法もない時代である。戦争の狂気、恐怖が残した心の傷は手当てもされず、それがカミナリとなって現れたとしても不思議ではない。

終戦記念日である。人が殺し合い、憎み合う中では誰であろうと心はきしむ。その見えない傷は戦争の後も長く残った。

カミナリおやじがいたわしい。ひょっとして、あのカミナリの裏側にあったのは、決して戦をしてはならぬという苦しい叫び声だったのかもしれぬ。

[](私説・論説室から)戦後も引きずるもの - 東京新聞(2018年8月15日)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2018081502000167.html

https://megalodon.jp/2018-0815-0936-48/www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2018081502000167.html

左目に穴が開いている眼鏡。弾は頭部まで達したが、分厚いレンズが緩衝となり、貫通はしなかった。眼鏡を掛けていなかったら即死だったろう、と軍医に言われた。東京都千代田区の戦傷病者史料館「しょうけい館」。こぢんまりしているが国立で、秋篠宮ご夫妻と長男悠仁(ひさひと)さま(11)も先月、見学された。

劣勢になった大戦末期、日本軍は傷病兵を後送することもできず、兵士らがあふれ返る前線の野戦病院では救護もままならなくなった。日本人犠牲者約三百十万人のうち約九割が一九四四年以降。病死や餓死も多かった。

兵士らを無残な死に至らしめた日本軍の特徴として、一橋大学院吉田裕特任教授は作戦至上主義や、極端な精神主義などを挙げている(「日本軍兵士」、中公新書)。

インド北東部への進攻、インパール作戦では「食料」の牛や羊まで連れての難路行軍で兵士らは疲弊し、約三万人が亡くなった。NHKの検証番組放送後、ツイッターでは「#あなたの周りのインパール作戦」とのハッシュタグも作られ、ブラック企業パワハラ上司になぞらえられる書き込みが寄せられた。

ワイツゼッカー元独大統領は、ドイツではナチ時代と戦後が断絶しているのに対し、日本は戦時中の伝統などが戦後も維持され継続していると指摘していた。

終戦から七十三年。あしき体質はないか。目をこらそう。 (熊倉逸男)

[] 収容者が入管提訴 「食べ物と靴、同じ箱に」嫌がらせ - 東京新聞(2018年8月14日)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201808/CK2018081402000253.html

https://megalodon.jp/2018-0815-0902-27/www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201808/CK2018081402000253.html

強制退去を命じられた中国人の男性が法務省の大村入国管理センター(長崎県大村市)に収容中、自分の差し入れ食物を職員がわざと靴と一緒に箱に入れたり「強制送還するぞ」と怒鳴りつけたりしたのは不当な嫌がらせだとして、国に百十万円の損害賠償を求め長崎地裁に十四日までに提訴した。訴えたのは非正規滞在のため二〇一六年二月に名古屋入国管理局収容後、センターに移送された林旗さん(33)。

提訴は六月二十八日付。訴状によると林さんは今年三月、差し入れの果物などの缶詰約十缶を確認したいと求めたところ、職員が箱に缶詰と共に、林さんが施設で使っている土足用運動靴を入れて持ってきた。昨年二月には林さんが職員に借りたペンを返す際、ふざけて一度引っ込めると職員が「俺を怒らせたらすぐに強制送還するぞ」などと怒鳴った。林さんの家族は日本在住。

入国管理センターは「訴訟に関わるためコメントできない」とした。

林さんは共同通信に「他の外国人も多くの嫌がらせを受け、泣き寝入りしている。密室の人権侵害収容者は無力。実態を多くの人に知ってほしい」と話した。

入管収容を巡っては拘束の長期化も国内外で批判され、国連の拷問禁止委員会が一三年に懸念を表明している。

[] 北大教授、戦時下に人体実験か 中国人から摘出の睾丸で - 北海道新聞(2018年8月14日)

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/218181

http://archive.today/2018.08.14-053005/https://www.hokkaido-np.co.jp/article/218181

北海道帝国大(現北大)理学部の男性教授(故人)が1930年代、旧満州(現中国東北地方)で旧日本軍が捕らえた中国人から摘出した睾丸(こうがん)を使い、染色体を観察する実験を行ったことが、北大図書館の保管資料などで分かった。男性教授は日中戦争開戦直前の37年6月、実験結果を基に論文米国科学誌に寄稿しており、専門家は「被験者の承諾がなく、どの時代であれ許されない人体実験だった」と指摘する。

戦時下の大学の研究者による人体実験を巡っては、九州帝国大医学部で45年、米軍捕虜を生きたまま解剖し、殺害したことが分かっている。道内の大学研究者による人体実験は、ほとんど知られていなかった。

男性教授は小熊捍(おぐま・まもる)氏(1885〜1971年)。生物学遺伝学が専門で、30年に北大理学部教授に就任。37年から6年間は理学部長を務めた。

資料は小熊氏が39年に行った講演の速記録「人類の染色体」。旧厚生省発行の「民族衛生資料」に収録された。

小熊氏は講演で、遺体や病人から摘出した睾丸は染色体の観察に向かず、若く健康で生存している男性の睾丸が適していると指摘。「匪賊(ひぞく)(抗日武装勢力)を材料にしたらどうだろうか、どのみち匪賊は殺してしまふのだから」と述べた。

北大は北海道新聞取材に対し「研究を承知しておらず、回答を差し控える」とした。

小熊氏の札幌時代の自宅は旧小熊邸として知られる。北大退官後は国立遺伝学研究所静岡)の初代所長を務め、国内の遺伝学の第一人者だった。