Hatena::ブログ(Diary)

子どもと法・21の管理人メモ RSSフィード

2018-09-22

[](政界地獄耳)マインド変える機を逃した自民 - 日刊スポーツ(2018年9月22日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201809220000188.html

http://archive.today/2018.09.22-013153/https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201809220000188.html

自民党総裁選挙は党員票が、国民の政権への怒りと批判を反映した投票結果となり、国会議員が首相・安倍晋三への忠誠心を見せたことに対して隔たりと不安を残した。それは開票直後の首相と安倍陣営幹部の狼狽(ろうばい)ぶりを見ればわかる。党員票は党中央や政権の示す考えに地方の怒りを表しているとも言え、来年の統一地方選挙、参院選を迎える自民党としての政策の立て直しを示唆している。

★首相が総裁選挙のパンフレットで示したような、名目GDPの政権交代前493兆円から551兆円で過去最高、正社員の有効求人倍率の統計開始以来過去最高、高卒大卒の内定率過去最高水準、国・地方税収合計は過去最高など景気回復の数字の羅列は、出せば出すほど地方経済の実態とはかけ離れ、党員たちを「政権は何もわかっていない」という気持ちにさせたのではないか。

★今まで野党に指摘されていた時には政権与党である自民党に任せるしかないので批判として表れなかったが、総裁選挙で元幹事長・石破茂から人口急減、少子化、超高齢化、人手不足、貧困拡大、地方の疲弊、東京への一極集中など、未来はもはや過去の延長線上にはないと指摘されると党員は過去最高水準の数字よりも石破の言葉を切実に受け止めたということだろう。ところが待ったなしの現実を示した石破に対して自民党の大半の議員や安倍陣営は「野党のような政策」だと石破の指摘を一笑に付した。加えて総裁選の最中には石破の行動を制限したり、いじめたりして議論のチャンスさえも摘んでしまった。つまり政権を変えてマインドをチェンジするタイミングに自民党自身が気付かなかったのではないか。その結果は来年の参院選挙で見えるはずだ。(K)※敬称略

名無し名無し 2018/09/22 12:43 告知ですいません。

「佐喜眞 淳」候補のイベントが、下記で開催されます。
1、日時:9月23日(日曜)14:00〜
2、場所:パレット久茂地前
    (沖縄県庁・那覇市役所近く)

※前回の16日は菅官房長官や小泉進次郎氏が来ましたが、今回も、より多くの応援者が来る予定です。

2018-09-21

[](政界地獄耳)挙党体制作れぬけじめのなさ - 日刊スポーツ(2018年9月21日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201809210000149.html

http://archive.today/2018.09.21-010326/https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201809210000149.html

★首相・安倍晋三の総裁選3選が決まった。予測通りに圧勝の結果になったが、複雑な党内事情をのぞかせ、安倍内閣の終わりの始まりも予感させた。安倍陣営は首相の再選は固いと踏んだものの、首相の弱点は、討論で即座に答えるべきテーマで高揚してしまい、興奮するとあらぬことを口走ることと知っていて、極力、討論やテレビ出演を避けてきた。

★安倍陣営にとって最大の誤算は、メディアが首相の今後の政策よりも、首相の森友・加計学園疑惑についての政治姿勢の問題点に焦点を当てて、質問攻めにしたことだ。その討論でのやりとりが後のテレビ出演での首相の狼狽(ろうばい)につながり、言い訳に始終したように映ったのは、マイナスだったろう。また日ロ首脳会談や、その後のプーチン大統領からの「無条件平和条約の締結」という提案も、プーチンとの個人的関係や蜜月を売り物にして外交の安倍をうたっていただけに、失望感が増したのではないか。

★これらが元幹事長・石破茂の善戦を誘発したといえる。またこの闘いが、今までの自民党総裁選と大きく異なるのは、「挙党体制」という言葉が消えたことだ。「干してやる」とか「どう喝」などの言葉が飛び交った。挙党体制には、「考え方が違っても、自民党はまとまらないと意味がない」という意味が含まれているが、勝ち組と負け組を分けたがる文化が、挙党体制を凌駕(りょうが)したといえる。

★選挙中の乱暴な出来事は「枚挙にいとまがない」(石破陣営)。言いたいことは沢山ありそうだが、気になるのは「テレビ出演などでは、総理秘書官5人がぞろぞろと付いて歩いて来たことだ。まさに総裁選は党務。首相秘書官の1人が連絡係として付いてくるのは良いとしても、官邸挙げて秘書官が付いてくるのは、公務と党務の区別がついていない証拠だ。メディアから公正さを要請されてもけじめがないのは、安倍陣営ではなく、官邸そのものではなかったのか」(自民党中堅議員)。こういった指摘も「問題にしない」と党幹部たちが言って、終わらせようとするだろうが、少なくとも森友・加計学園疑惑は、首相夫人の関与が取りざたされ、その連絡係に夫人の秘書役の公務員が利用されたと指摘された。わざわざ閣議決定までして、「昭恵夫人は私人」とした意味がない。そのけじめのなさが、挙党体制を阻んでいるとすれば、党と官邸の私物化で首相は、森友・加計問題をいまだ理解していないことになる。

★挙党体制が作れぬ内閣は、党内からの批判を受けながらスタートするだろう。総裁選の投票では、安倍支持の議員が最後に石破に駆け込んだのではないかと言われている中、来月早々に行われる党人事と内閣改造で、2つ目の安倍内閣の終わりの始まりが、はっきりと見え始めるのではないか。首相にとっては多難な3選となった。(K)※敬称略

2018-09-20

[](大弦小弦)沖縄の子どもの3人に1人が貧困。全国の7人に1人と比べて2倍近い… - 沖縄タイムズ(2018年9月20日)

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/317411

http://web.archive.org/web/20180920005859/http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/317411

沖縄の子どもの3人に1人が貧困。全国の7人に1人と比べて2倍近い。他県なら知事選最大の争点になってもおかしくない課題だ

▼告示日の第一声、佐喜真淳、玉城デニー両氏とも子どもの貧困対策に触れ「撲滅」「断ち切る」と決意を示した。だが政策に大きな違いはなく、論争が深まっているとはいえない。国や県の現行の対策は有効か、十分か、このまま進めれば解決するのか

▼新知事に期待する子ども政策を話し合うシンポジウムが那覇市内であった。登壇者は現行の緊急対策だけで解決は難しく、教育・福祉予算を増やした上で既存事業の拡充が必要と提言した

▼国の補助事業が増えると、事業費の市町村負担分を捻出する必要があるため、一般財源の教育や福祉の予算が削られる。実際、市町村の中には財政事情を理由に小中学生の就学援助を縮小する動きも出てきた。かといって国の一括交付金は既存事業の拡充に使えない。沖縄振興の構造的な矛盾が「本末転倒」の状況を招いている

▼県子ども総合研究所の堀川愛所長は「子どもの貧困でなく子どもの権利、人権の問題」と言う。貧困か否かで子どもを分ける支援が新たな分断につながる恐れもある

▼「貧困対策で貧困はなくせない」という言葉もある。社会の構造を見直し、全員を対象にした継続的な子ども政策が必要だ。(田嶋正雄)

2018-09-19

[](大弦小弦)「死を疎むことなく、死を焦ることもなく… - 沖縄タイムズ(2018年9月19日)

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/316844

https://megalodon.jp/2018-0919-1437-59/www.okinawatimes.co.jp/articles/-/316844

「死を疎むことなく、死を焦ることもなく。ひとつひとつの欲を手放して、身じまいをしていきたいと思うのです」。15日に亡くなった女優樹木希林さんを起用した数年前の新聞広告のメッセージ。穏やかで信念に基づく死生観が胸に響いた

▼テレビやCM、映画などでさまざまな顔をみせてきた樹木さん。全身がんの公表後も高い演技力はもちろん、個性的で飾らない言動や自分らしく生きる姿は、多くの人を魅了した

▼幼少期は友達はいない、スポーツは苦手、人としゃべらない、一人で遊んでいたという。そんな自分を恥ずかしくないと思ったきっかけは水泳大会の「歩き競争」。1位を取って味をしめ、人と自分を比べないという価値観を持てたそうだ

▼その価値観こそが、演技だけでなく、生き方、死への向き合い方を形作ったのだろう。カンヌ映画祭最高賞の「万引き家族」では人が老いて、壊れていく姿をみせたいと入れ歯を外した。人間のありのままを演じるこだわりだ

▼樹木さんは、番組収録のため新基地建設が進む名護市辺野古のゲート前を訪れ、市民の声に耳を傾けたことがある。沖縄の現状をありのまま受け止めたに違いない

▼生きづらさを抱える若者にも言葉を残した。「人間は自分の不自由さに仕えて成熟していく」。自分らしく生き抜いた樹木さんそのものだ。(赤嶺由紀子)







[](政界地獄)農相は辞表書いて矜持見せては - 日刊スポーツ(2018年9月19日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201809190000245.html

http://archive.today/2018.09.19-010511/https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201809190000245.html

★農相・斎藤健が安倍陣営から「安倍応援団の1人から『石破さんを応援するんだったら辞表を書いてからやれ』と言われた」と語った問題。首相・安倍晋三は「そんなことはしていない」と否定しながらも「決して脅しとかではないと思う。自由に闊達(かったつ)に、みんな一生懸命応援したらいい」「昔はもっと激しかった。そこでひるんではならない。それでもなおという勇気が必要だ」と、そんなものは序の口だとの考えを示した。

★それに呼応するように党幹事長・二階俊博は「どんな選挙でも、日を追うごとに過熱する。そういう中での発言だろうから、党として改めて取り上げる必要はない」とえこひいきのような援護射撃をした。安倍陣営選対事務総長・甘利明は「斎藤さんもあんなことうじうじ言ったら斎藤健の価値が下がる。歯牙にもかけるなと」と発言。安倍応援団が「気にするな」ということ自体が既におかしな構図だとは思わないのだろうか。

★無論、安倍陣営が問題にしないとしても有権者がこの物腰や言い分を「感じ悪い」と感じるだろう。首相は17日のテレビ討論で「加計さんは、いずれ利害関係者になる可能性があった。まずかったという気持ちはあるか」と問われると「利害関係があったから親しくするというのではなくて、元々の友人」とかわし、「学生時代の友達でも、金融庁幹部とメガバンクの頭取はゴルフをしてはいけない」と問われると、「ゴルフに偏見を持っておられると思う。いまオリンピックの種目になっている。ゴルフが駄目でテニスはいいのか、将棋はいいのか」と子供のようなへ理屈で応じた。

★だが、公務員倫理規程でも「遊技またはゴルフ」とゴルフは唯一禁止されている。首相だけれども友達付き合いも大事というならば、首相をお辞めになって遊べばいい。首相は権力はあるが、けじめがないと言わざるを得ない。斎藤は政治家の矜持(きょうじ)として堂々と辞表を書いたらどうか。その方がずっと筋が通っている。(K)※敬称略

2018-09-18

[](政界地獄耳)総裁選白けて安倍陣営どう喝路線 - 日刊スポーツ(2018年9月18日)

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201809180000200.html

http://archive.today/2018.09.18-011427/https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201809180000200.html

★ひとつ自民党の国会議員や党員、党友に確認しておきたいことがある。本来の総裁選挙は党員たちが党首を選出するわけだから、党外の人間はどうぞご自由にということになる。それは結構だが、自民党の総裁選挙は事実上の首相選出選挙となる。誰が選ばれても国民は手出しができない。だがこの総裁選挙で話し合われたことや政策は、勝った方だけの政策が実行されるのだろうか。

★今までの普通の自民党ならば選挙が終われば同じ党の仲間なのだからとノーサイドが宣言され、対立候補も主要ポストで迎え入れられたものだ。だがこの総裁選挙では安倍陣営は選挙戦当初から、「冷や飯を食わせるとか、干してやるとか、いろいろとおどろおどろしい話がありますが、そんなバカなことがあるかと」(8月7日、元幹事長・石破茂発言)など、冷たい感じのする総裁選挙だ。すると今度は兵庫選出の官房副長官・西村康稔が「石破の街頭演説に参加すれば、将来に差し障る、石破支援を控えろ」と県議をどう喝したという報道が出た。

★続いて石破派に属する農相・斎藤健が安倍陣営から「石破を応援するんだったら辞表を書いてからやれ」といわれたというのだ。斎藤は名前を明かさなかったが、こんなありさまだと石破が総裁選挙で訴えた政策を安倍政権はことごとく否定する可能性がある。それでは総裁選の意味も知恵もない、暴力団の縄張り争いのような話に成り下がってしまう。しかし、この安倍陣営どう喝路線の行き先は国民に向けてのどう喝で収れんするのではないかと思うと、一連の総裁選挙の話題が白けていかにもつまらないものになってしまう。どう喝に首相は「私はやっていない」と答えそうだが、陣営のトップとしての責任はないのか。何やら国会答弁の逃げ口上が思い出される。(K)※敬称略





[](余録)ここ数年、「共感力」という言葉をよく耳にする… - 毎日新聞(2018年9月18日)

https://mainichi.jp/articles/20180918/ddm/001/070/121000c

http://archive.today/2018.09.18-004827/https://mainichi.jp/articles/20180918/ddm/001/070/121000c

ここ数年、「共感力」という言葉をよく耳にする。就活のキーワードにもなっている。相手の側に立って考えられる能力のことだ。

例えば漫才のネタ作りにも共感力が必要だといわれる。ただし、客の誰もが共感し、安心して笑えるものもあれば賛否を巻き起こす刺激的なものもある。お笑いコンビの「ウーマンラッシュアワー」が昨年暮れにテレビで披露したネタは後者の方だろう。

「沖縄の在日米軍に払っている予算をなんと言う?」「思いやり予算」「アメリカに思いやりを持つ前に」「沖縄に思いやりを持て」。インターネット上でも大きな反響を呼んだ。

コンビの一人で、過激なツイートで知られる村本大輔さんのアイデアという。「炎上芸人」と呼ばれる当人とすれば面目躍如か。最近では珍しく、時事問題ネタがうけたのは間違いない。

米軍普天間飛行場の辺野古移設の是非を争点に、沖縄県知事選が始まった。自民党総裁選の投票も近い。安倍晋三首相は「さまざまなご批判を真摯(しんし)に受け止め……」「謙虚に丁寧に政権運営を行っていきたい」と語った。では、沖縄から届く政府批判の声にも共感力を発揮できるだろうか。政権がそれをできるなら、沖縄と歩み寄る道も開けるかもしれない。

かのお笑いコンビには原発問題に絡めたネタもある。村本さんの出身地、福井には原発が多いが、街は夜7時になると真っ暗になるとか。「これだけは言わせてください。電気はどこへゆく!」。総裁選の争点にならなくても共感できる。