「 子どもの本や 阿佐ヶ谷日記 」

2018-08-18

夏休みもあと二週間、暑いからお家で読書!のたのしみを。

13:09

「ねこのオーランド福音館

キャサリン ヘイル作

ずっと版元品切れだった ねこのオーランド が9月に再販されます。

マーマレード色のねこのオーランドと奥さんのグレイス、そしてこねこたちは、夏休み!キャンプにでかけます。

オープンカーに乗り込みいざ出発!

テントを張り、川でおよいだり、山登り魚り、キャンプファイヤー.!!

.

大型本の絵は、夏の楽しキャンプのたのしみで、 すみからすみまで満ちあふれています。.

何度読んでも、あたらしいたのしさに出会いワクワクしてしまう一冊です。

f:id:kodomonohonya:20180820152317j:image:left

2018-08-12

御祭りも終わりしずかな街に戻りました。子どもの本やは、22日から30日まで夏のお休みです。

08:39

夏休みになると,おこさんのお客もさまもふえます。今日は、二年生の本の好きかわいらしい女の子。

店の中で、ゆっくり本をえらんでいかれました。彼女か選んだのは 「チムラビットのぼうけん」

「チムラビットのおともだち」

アリソン・アトリーの珠玉のおはなしです。

「 チムラビットのぼうけん 」 童心社

ウサギのチムは、森でさまざまな発見をします。

ある日、はさみをひろって自分の毛をきってし

まったり、キノコをみつけて傘のかわりにしたり、眼鏡のひろったり・・。

お話は、 ちいさな喜びや驚きにあふれていて わくわくしながら読み進みます。

中川宗弥氏のさし絵は、すっきりと美しく あたたかいお話のたのしさをさらに際立たせています。

絵本から本物語も読みはじめるころの方にすす

めの一冊です。

f:id:kodomonohonya:20180812132729j:image

f:id:kodomonohonya:20090802072822j:image

宅配料のこと

長い間、S川急便にお世話になっていました。ドライバーさんは代々、清々しく

毎日のように会うのでドライバーの皆さんとも仲間のように仲良くさせて頂いて

いました。

昨年より、大幅値上げになり苦渋の選択郵便局にお世話になっています。

そうしたら、なんとなんど 9月から郵便も大幅値上げ。

各種サービスもかなり減ります。

困ったものです。

子どもの本やでは、現在は、郵便局レターパック(360円、510円)を中心に本

のお送りをしています。

2018-08-05

阿佐ヶ谷パールセンターの七夕まつりは8月9日までです。

06:48

阿佐ヶ谷パールセンター アーケードの七夕祭りが始まっています。

商店街のお祭りなのですが、お休みには歩けなるくらいたくさんたくさんの

方が見えてお祭りを楽しみます。

阿佐ヶ谷にいらしたら、子どもの本やにもいらしてくださいね。

f:id:kodomonohonya:20090719075454j:image

2018-07-28

夏休みだから、本読みたい!本の楽しみにであいたい!

16:35

大きい方に、読んでいただきたい一冊!!

f:id:kodomonohonya:20180728180955j:image:left

「私たちが自由になるまえに 」 フーリア アルバレスゴブリン書房

1960年ドミニカ共和国独裁政治の末期の頃。

主人公12歳になる女の子のアニータの父や叔父は、自由を求める抵抗運動の渦中にあります。

じょじょに、家族も不穏な空気につつまれことになるのです。学校生活をたのしんでいたアニータも、自宅からでられなくなり、ついに安全のため知人の家に、母と共に身を隠すことになります。

厳しい生活の中での、アニータのこころやからだの変化や、淡い恋心にゆれつつも少しづつ頼もしく育って行く少女のすがたが、みずみずしく描かれています。

ついに、アニータは、アメリカに渡るひがくるのですが---。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

月に一度、定期的に本をお送りしています。

子どもの本や」では、子どもが楽しめる選りすぐりの本をそろえています。

月に一回のお届けのコース では、申し込み頂いている全国のお子さんにに本を送っています。一歳くらいの方からずっと十数年も本の定期を購読を続けても下さって大学生になったお嬢さんもおられまもおられます。

毎月お支払いの折に振り込み用紙の通信欄に本のお母さま、お父様の感想やお子さんのご様子

などを書いていただいたりして、して毎月の本

選びの参考にしています。

f:id:kodomonohonya:20090715100142j:image:w360

 

 

*お電話でご注文いただきますと 送りもいたしております。(宅配便)   

*海外にも、お送りしたします。郵便SAL実費

*一人一人に合わせて、毎月一度定期的にお送りするコースもあります。

毎月一回のお届けのお申込みはお電話でお願いいたします。03-3314ー3455

お一人にお一人に合わせて本を選びお送りしています。

新宿から中央線(土日は止まりません)総武線にのって約10分あまり、高円寺の次

阿佐ヶ谷です。

阿佐ヶ谷駅をおりたら南口に出て下さい、交番があるほうです。南口にでるとバール

センターというおおきなアーケードの入り口が目に入ります。バールセンターのいり口には「鉢の木」という老舗のお菓子屋があります。パールセンターの中を2−3分歩いて石井薬局

サンジェルマンの前を通り過ぎもうしばらく行くと左手に、おでん具材かまぼこ

を扱っている「蒲重」の角を、左に折れます。

その路地をはいるとすぐ「子どもの本や」の看板が目に入るはずです。蒲重の角から

5軒目です。

ご来店お待ちしています。(03−3314−3455)水曜木曜祭日 定休日

2018-07-23

夏休み!遊ぼう!本も読もう!!2018夏休みにお薦めの本のチラシあります。

06:41

さあ、夏休み!!暑いです。

たくさん遊んで、それから涼しい場所で、本楽しもう!!

佐ヶ谷は、8月の商店街の七夕祭りがあります。

お店のおじさんたちは総出で、飾り物のはりこをつく

っています。

お電話いただけましたら、本の相談のお受けし国内外

に配送もいたします。

f:id:kodomonohonya:20120621044345j:image:medium




夏におすすめ!モーリス・センダック絵の絵本

f:id:kodomonohonya:20180723074345j:image:left

「おいしそうなバレエ」ジェームス・マーシャル文 センダック絵          徳間書店

 リスにも馬鹿にされるような さえないさえない

オオカミは、ある日 はらぺこで街をあるいていると

「白豚の湖」というバレエの公演に出くわし、まん

まと劇場のなかに入り込みます。

客席で、ブタをおそうチャンスを窺ううちに、

オオカミはなんとバレエが楽しくなってしまい、

芸術に

魅せられてします。舞うブタ、魅了されるオオカミ

の姿は どちらもなんとも可笑しく、お話を楽しさ

を際立たせています。愉快でいて、また一方 何か

不思議に心の奥に響く一冊です。

「SWANLAKE 白鳥の湖」ならぬ「SWAIN LAKE 

白ブタの湖」と云う原題もしゃれています。

センダックは、大切な友人マーシャルの遺作のこの

文に、長い年月をかけて絵を描いたようです。