Hatena::ブログ(Diary)

小烏丸の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-08-06 あっちー

確か「新潮」(http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/index.html)

冨士大石寺顕正会(http://www.kenshokai.or.jp/index.htm)が紹介されていました。ここも、「創価学会」と同じ日蓮宗系列の宗教団体なんですが・・・。もう、日蓮宗系列の主流争いの過激さにはあきれ果てるばかりです。まあ、宗教団体(特に同じ宗教内では)教義についての争いは決して絶えることはないと思いますが。

ヒエラルキー構造がしっかりしていて、下位部が上位に逆らえない。もしくは逆らう必要がないところはそれによって分裂が生じないということが出来るので。逆に言うと「民主的」ゆえなのかもしれません。ただ、日蓮宗独自の問題としてその政治志向が強いことは指摘できるかもしれません。それゆえに、「100万人突破*1という事象をそれが自らの宗派の信仰の正しさの証のようにアピールできるのだと思います。確かに、日本の多くの仏教は「葬式宗教」と呼ばれるものに堕し、神道国家と結ぶことで仏教からシェアを奪うことにあくせくし、宗教としての本分としての「救い」の概念や「幸福」の概念を提示すること。それに至る道を提示することを怠っているように思います。(宗教全般のことを言っていますので、必ずしも「救い」を求める宗教が本当の宗教というわけではありませんし。それは、神の「愛」かもしれないものです。)

創価学会は、国政選挙の比例代表で1000万票取ることを目標にしていますし・・・。実質的なバックは宗教団体である「女性党」(アイスター)等は前回参議院選の比例代表で、「みどりの会議」を超える100万近い票を獲得しています。*2

最後にとても気になったのが・・・。「憲法を改正して国教にします。」との発言・・・。上記の宗教の長い間の怠慢によって出来た世界に類を見ない*3「政教分離」をしたことは日本にとってとても善いことではあると思っています。それを失うのは大きな損失です。

・・・石原さとみも創価高校の生徒?まあ、家族が学会員だからって本人がそうだとは限りませんが・・・。

なんだかなあ

頑張れ

山口先生頑張ってますね。コメントは後ほど・・・。

早野透さん、頑張ってますね。もっと、頑張って欲しい。最近の朝日の腰抜け・骨抜きっぷりには辟易していたところです。戦前の過ちを繰り返すことなかれ。その他のコメントも後ほど・・・。

アジアカップ

サッカー反日」政界から対中ブーイング噴出(http://www.zakzak.co.jp/top/2004_08/t2004080521.html)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自民党内からは2008年北京五輪のボイコットを示唆する発言まで飛び出した。「これ以上、反日行動が続いたら、北京五輪への出場を見合わせる方法もある」4日の自民党観光特別委員会。ついに堪忍袋の緒が切れたのか、所属議員から強硬な意見が噴出した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

誰ですか。こんな発言するのは・・・。中国サポーターと大して変わらないかそれに落ちさえするではないですか。スポーツを政治的問題に取り上げるのが問題視されていたのではないのですか?政治的な自由を理由に「五輪に参加しない。」なんていうのは逆にスポーツを政治に利用しているだけではないですか・・・。(口だけなのは間違いないが)

それでも中国人の今回の件に対するリアクションはおかしい。オリンピックならばともかく。(選手村はじめ一般と選手との距離が置けるので)ワールドカップなんて絶対に開けないですよコレでは。(カメルーン中津江村との関係を見ればその距離感の違いがよく分かると思います。)また、ブーイングはともかくとしても、日本を応援している人たちに物を投げつける。選手の乗るバスに物を投げつけるに至っては言語道断です。

ただ、ブーイングのみで見たならば日本にとっての今回のメリットは、11人の敵・観客・審判・自軍監督の合計14人と戦うという稀有な経験を積めたことです。そうです、ジーコはきっとコレを意図していたんです。そりゃあ、モダンサッカーからは遠ざかるでしょう悪条件下での「根性」の習得なんて泥臭いものは・・・。

ピーター藤尾 チリの風(http://d.hatena.ne.jp/peter-fujio/20040803#p4)

チリに住んで居られる方らしく・・・やっぱり、それが世界標準なんですよねえ。決して世界標準が望ましいというわけではないですが。

そろそろ出掛けるか・・・

*1:「新潮」には、実質的に10万人位ではないかと記されています。

*2:党名にだまされた人が多いことはあると思いますが。

*3共産圏は除く