ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

KogoLab Research & Review このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005年10月16日(日)

すがやみつる・横山えいじ『マンガでわかる小説入門』

すがやみつる・横山えいじ『マンガでわかる小説入門』を含むブックマーク すがやみつる・横山えいじ『マンガでわかる小説入門』のブックマークコメント

マンガでわかる小説入門

マンガでわかる小説入門

著者のすがやさんから献本いただきました。ありがとうございます。

失業中の若者がベストセラー小説家を目指して、出版社に乗り込み……という出だしで、小説作法を学んでいくというストーリーのマンガです。プロットの大切さ、書き手の視点の一貫性、「語るな描写せよ」、資料と取材で自信をつける、などのトピックが盛り込まれています。

私は小説を読まないのですが、小説を書こうと思っている人はそんなにたくさんいるのだろうかと思いました。もしそうでなければ、この本は採算が取れないわけで。でも、論文やレポートを書かなきゃならない人は大学生をはじめ、たくさんいますので、そうした種類の文章を書くためにもこの本は役立つのではないかと思いました。「起承転結」などの構成の部分をちょっと読み替える必要はありますが。

この本の最後の章では、出版の裏事情と、小説家で食べていくのはけっこう大変だよというところで終わります。やはり小説家になるのは大変そうだなあ。

同じ手帳を早いところ手に入れなければ

同じ手帳を早いところ手に入れなければを含むブックマーク 同じ手帳を早いところ手に入れなければのブックマークコメント

9/6に「ほぼ日」手帳のことを書きましたが、またLOFTでこの手帳を見て、心動いています。確かに良くデザインされています。手帳にしては高すぎる気もしますが。浮気をしないためにも、去年と同じ手帳を早いところ手に入れなければ、と思っています。

mitsurusugayamitsurusugaya 2005/10/17 02:43  向後先生、畑違いの本を送らせていただき、申し訳ありませんでした。

 こちらは仕事で、フィクションでは序破急だの起承転結、時事関連の記事のときは逆ピラミッド……といった構成の文章ばかりを書いてきました。それが身体に染み込んでいるせいか、授業の方の論文・レポートの書き方では四苦八苦しています。短い文章でも情報を詰め込むのが基本ですし、オチをつけたくなる習性もありますので(笑)。

 それでもマンガ版の解説書という意味では、論文・レポートの書き方の方が、確実かつ長期的な需要が見込めるように思います。そのためにも頑張って、論文・レポートの書き方をマスターしていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

mitsurusugayamitsurusugaya 2005/10/17 03:22  それから、当方のサイトから、こちらのページにリンクを張らせていただきました。

 http://www.m-sugaya.com/novel/

kogokogo 2005/10/17 23:54 いや、正直な話、『自己表現力の教室』をマンガ化してくれないかな〜、と。

mitsurusugayamitsurusugaya 2005/10/18 18:43 『自己表現力の教室』を注文して研究してみます。マンガの場合、人件費などのコストがかかるため、ある程度の部数が保証されないと、とりかかれないんです。そのあたりがクリアできれば……。

kogokogo 2005/10/18 21:00 あやや、まだお持ちではありませんでしたか。ではさっそく献本させていただきます。2000年に出版して、コンスタントに増刷して、累計三万部になりました。

mitsurusugayamitsurusugaya 2005/10/19 00:16  あ、すでにアマゾンのカートに入れてありますので。1冊だと送料サービスにならないので、ほかに必要な本が出てきてから一緒に買います。今日、ジュンク堂でドッサリ買い込んできたばかりで、緊急に必要とする本もないものですから。アフリエイトのポイントで購入予定です。

kogokogo 2005/10/19 10:44 すがやさん、恐縮です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kogo/20051016