Hatena::ブログ(Diary)

諏訪耕平の研究メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-01-06

「今何してるの?」という質問は禁句となっていた

正月に久々に会った友人たちは皆元気そうで安心した。ただやはり我々ももう30歳を迎え,気になることはいくつかあった。まず,一番面白いというかショックというか複雑な現象だなと感じたのは,「今何やってるの?」という質問が禁句になっているということだ。

10人ぐらい集まると,ご時世なのかもしれないが,1人2人はフリーターのような生活を送っているものもいる。そういう人間への配慮だろうか,「今何やってるの?」は禁句であり,仕事の話も極力避けようという空気があった。

さらに,ある友人は彼女を連れてきていたのだが,この2人に対して「結婚」の話題を持ち出すのもタブーである。以前私はある友人に彼女を紹介され,「結婚するの?」と聞いたところ空気がものすごくどよーんとしたことがあった。同席者には後から,「あんなこと聞いちゃ駄目だよ」と怒られた。そうなのか。

思い出話も悪くないが,それだけでずっと持つものではない。皆一所懸命生きているのだし,色々と思うこともあるだろう。また,旧友たちと仕事上の関係を持っておくのも悪くない。しかしそれは我々のグループにおいてはタブーとなってきている。お互いを傷つけあわないようにするためのルールなのだろう。しかし,そういう関係は長続きするのだろうかという気もする。

私も研究者として自立できているわけではないから,旧友たちと会うのはひどく緊張する時期があった。当時会社に入って3〜4年の友人は,私の不安定な立場をなじり,「いいよなあ気楽で」とテンプレートのようなことを言い,「こっちだって大変だよ」と言った私に対して「ふざけるな」と声をあげた。会社員がいかにつらいか,お前らに分かってたまるかということらしい。

それはそれで悲惨な思い出ではあるのだが,私もその経験を乗り越えて強くなった。当時,怒りもしたが,しかし自分の甘さを痛感しもした。自分の言葉に説得力がないから,彼は私を馬鹿にしたのだろうと思った。

そして,今年は今自分がやっていることを皆に伝え,理解してもらおうと思っていた。相手の苦労も聞いてあげたいと思った。しかし,いつの間にか,研究者への道を目指すということは,それほど大変なこととは認識されなくなっていた。今,何よりも大変なのは会社員であり,さらに現在職を持たない人間は,他人からの罵倒に日々怯えながら生きていかないといけないような立場にあるのである。

飲み会は3次会,4次会まで続き,参加人数が減ってくると,徐々に場の話題はネガティブなものへと移ってきた。みんな実は我慢していたのだろう。会社という組織がいかに不愉快な場所かという話を延々聞かされた。私も正直愚痴りたいことはあったが,とても切り出せるような空気ではなかった。とにかく恐ろしいことは,今自分が所属している会社を誇りに思っている人間が,我々のグループの中には1人もいないという現実であった。

我々の30代はそんな感じで幕を開けた。みな,20代の頃は寄り道しながらも精一杯走ってきた。少し疲れがたまってきたのが今の我々だろう。この10年間をどのように過ごすかということについて,明るい未来を想像している人間は,我々の中にはいなかった。とにかく,生き残ることのみに皆関心を集中させていた。

日本は豊かな国なのだろうか。不思議になる。少なくともそこに生きる我々は,あまり自分のことを幸せだとは思っていない。他人は蹴落とす対象であり,自分もまた他人にいつでも蹴落とされる存在である。上司は信用できず,部下の言うことはいちいち腹立たしい。みんながみんなそこまで病んではいないだろうが,会社で働く人間であればそういう要素を少なからず持っているように思う。

今自分がやっている仕事の話を笑顔でする。それはもはや贅沢なことであるようだ。しかし実現不可能なことではないはずだ。30歳の友人たちに会って,私は,10年後,「今自分は何をやっている」という話を自分が出来て,友人にも聞くことができる状況になっていることを心から期待して,その場を後にした。

atmark0204atmark0204 2009/01/07 10:44 当方20代で年始に同窓会があったのですが同じような空気を感じました。思い出話よりも、遠くで暮らしている皆の近況が知りたかったので若干ものたりなさを感じました。

BLACKBIRDBLACKBIRD 2009/01/07 20:32 本当に相手の事を知りたいならメアドや電話で「一対一で後で話す」でいいんじゃ…。
既に同窓会は愉快な場所でないと言う事実を認めないで愉快な場所で在るべきと言う価値観を押し付けても無駄な気がします。
いきなり同窓会で何年か振りで顔を合わせて自分の境遇を語れって…胸を張れない人生を歩む大多数の人には懐かしい顔見知りの間での「公開処刑」みたいなもんじゃないですかね?
「心地いい集い」にはそれなりの仕掛けってのが在るもんですよ…。

kohekokoheko 2009/01/07 20:38 >atmark0204さん

20代でもそうですか。40代の人とかの意見が知りたいです。

>BLACKBIRDさん

「既に同窓会は愉快な場所でないと言う事実」とまでは思いづらいかな。それなりに楽しかったですよ。だから贅沢な悩みの範疇かもしれませんね。「心地いい集い」にはそれなりに仕掛けってのがある」には同感です。自分はそんな研究をしていると思います。

BLACKBIRDBLACKBIRD 2009/01/07 20:39 それこそ見ず知らずのネットの烏合の衆に過ぎない連中のoff会ってのが奇妙な迄に楽しい集いに成って盛況な現象ってのが、「同窓会の不愉快さ」と対照的に感じます。
過去同じ教室で学んだ学友で有っても没交渉で交流が普段無ければどの道人生の出世街道の状況報告会の意味しかなく、人生に成功した名士だけが気持ち良く扱われる社交の場所でしょう。
同窓生達と何故疎遠だったのか、そちらを考えた方がいいんじゃないですかね?

kohekokoheko 2009/01/07 20:59 >BLACKBIRDさん

概ね同意です。ほんと,そうなんですよね。でも会いたいという気持ちはあるのです。

kd1kd1 2009/01/07 22:09 >とにかく恐ろしいことは,今自分が所属している会社を誇りに思っている人間が,我々のグループの中には1人もいないという現実であった。

こういう状態をおかしいと思う気持ちにすごく同意できます。
自分の周りには新卒でいろんな企業に入社したての社会人1〜2年生が多くいますが、目を輝かせて就職活動していた人でも、現在楽しんで、あるいは誇りをもって仕事をしているように見えるのは本当に少数です。
「嫌なら辞めればいいのに」っていつも言いたくなるのですが、他人事だから言っているのだとしか思われないだろうと思って、なかなか実際には言えないですね。みんな何か将来に漠然とした不安をもって生きているように見えます。

kohekokoheko 2009/01/07 23:02 >kd1さん

思い返せば,僕の友人たちも1〜2年目には既にそういう状況になっていたようにも思います。従来であれば,「最初はつらいけど徐々に楽しくなるから」みたいな言説を,終身雇用,年功序列という制度とともに信じて邁進するのみだったわけですが,今そういう状況じゃないんですよね・・・それでこういうエントリーを書いたんだろうと思います。

katsuonthewebkatsuontheweb 2009/01/08 03:52 失礼します。当方、30代のフリーターです。
個人的には、「何してるの?」という質問は、一瞬気後れはしますが、正直に答えたい質問でもあります。
その質問を訊かれたくない人は、基本的には同窓会の類には、出席しません。

しかし、訊かれた本人でなく、周囲の人間が“その単語”に触れて欲しくない、という空気の時はあるんじゃないかなぁ、と。「結婚」なんて、そうだと思うんです。
同窓会に彼女を連れて来る人は、これは間違いなく結婚を意識してる人でしょう。その報告みたいな気持ちもあるでしょうし、多少は自慢したい気持ちも。
逆に、「自慢された・・・」という空気っていうのは、ありますよね。きっと。

ま、極私的なアレですけど、参考までに。

ukihiroukihiro 2009/01/08 07:04 社会が下り坂になっているのでどの世代でも似たようなものだと思いますよ。当方、40代です。20代の同窓会がバブルの頃で自慢合戦みたいだったのでそれ以降、行かなくなっちゃいましたね。

dialogjdialogj 2009/01/08 09:30 それだとtwitterできないね(笑)http://twitter.com

shioyamashioyama 2009/01/08 13:20 kohekoさん

このエントリーを英語に翻訳して、グローバル・ボイス(www.globalvoicesonline.org)というサイトで紹介したいと思いますが、よろしいでしょうか?もちろんこの記事にリンクしたり、クレジットも付けます。

参考として、私の今までの記事はこちらでご覧いただきます。http://globalvoicesonline.org/author/chris-salzberg/

kohekokoheko 2009/01/08 16:55 >katsuonthewebさん

そういう話になるのは嫌だけど旧友には会いたいということもあると思うんですよね。あるいは,そういう話になっても楽しく会話ができる可能性を信じてとか。それが何度かうまくいかなくて,徐々に足が遠のくという感じかなと思ってます。確かに,そういう場に彼女の連れてくるというのはそういう意味じゃないかと思ってしまいますよね。で,そうじゃなかったとしても,そういう意識のズレを埋めるのは基本的には会話であるわけで,それができないとなるとズレる一方なんですよね・・・難しいとこです。webの活用という手もあるのかもしれませんね。

>ukihiroさん

40代でもそうですか。全体的な傾向なんですかね。確かに同窓会って「同じ」であることが評価される場であるのかもしれません。願わくば,「違う」ことを楽しめる場に変わっていって欲しいなと思います。

>dialogiさん

ブクマとかにtwitterという単語がやたら出てくるのを見て,ああ,そういえば同じ言葉かと思いました。ちなみに僕はtwitterは入ってますが楽しみ方が全然わかりません・・・

>shioyamaさん

それはすごいですね・・・^^;勿論何の問題もないと思います。そのサイトは寡聞にして存じませんでしたが,楽しみにさせていただきますね。

amenodoubutsuenamenodoubutsuen 2009/01/08 18:56 はじめまして.
身につまされました.私自身30代で無職なのですが、そういう場ではなるべく自分から
「いやあ、無職でさー」なんて明るく言うようにしています.30歳前後の世代は、苦労
をしてないと言われるかもしれませんが、バブルの恩恵も受けていませんし、現実に
広がりつつある格差から脱却できないのを同窓会という中でも感じてしまうのかもしれ
ませんね.

katsuonthewebkatsuontheweb 2009/01/09 00:41 えぇ、分かります。難しいトコだと思いますよ。ホントに。
やっぱり“旧友”に会うと、「俺も頑張ろう」とか、そういう気持ちになりますしね。

実は来月、学生時代の友人の結婚式(の、二次会)に行ってきます。
そういう意味でも、このエントリーはタイムリーだったんス。はい。

shioyamashioyama 2009/01/09 17:43 kohekoさん

翻訳の記事をアップしました。ぜひご覧ください。

http://globalvoicesonline.org/2009/01/09/japan-what-are-you-up-to-now-has-become-a-taboo-question/

kohekokoheko 2009/01/09 22:27 >amenodoubutsuenさん

我々の世代は一応就職氷河期の最後のほうの世代なんですけどね。確かに,どういう世代なのかというとよく分からないところがありますね。

>katsuonthewebさん

楽しいところもあるけど不愉快なところもあるということで,それはまあ人間関係というのはそういうものだと思うので,そうであれば僕は出来るだけ長く付き合ってみることを目指すかなという感じです。嫌いな人とは会わないというのを繰り返すと本当に会う人いなくなるんですよね。恐ろしいことに。

>shioyamaさん

早いですね・・・!少し読ませていただきましたが,自分の文章を英語にするとこうなるのかと感動しました。感謝感激です。反応なんかも読めるのかな。またチェックさせていただきます。

lynne_kazukilynne_kazuki 2009/01/10 17:08 >嫌いな人とは会わないというのを繰り返すと本当に会う人いなくなるんですよね。恐ろしいことに。

私はこれを10年くらい繰り返してるうちに、気づいたら交友関係が劇狭くなった典型的なパターンです、恐ろしいことに。確かにコストvs効果というか、費やす時間vs楽しさ、みたいなものはかなり効率的だったし、忙しかったからそれ以上のパワーもなかったけど、自分と同じような比較的高収入・都心在住・独身・女性、という世界でしか生きてないことに、ふと気づいて愕然としました。でももう友人の広がりもないので、さあ広げようと思っても広がらなかったり。

そうなると、同窓会なんて、一応多感な時期に同じ価値観を共有しているので、あったら行きたいんですけど、今度は同窓会自体が開かれないんですよね。そもそも同窓会に呼ばれている皆様が羨ましいです。

kohekokoheko 2009/01/10 22:56 >lynne kazukiさん

やっぱそうですよね。ちょっとこれは面白い話だと思うので記事にするかもしれません。高校,大学時代の友達は一生ものとかよく言いますが,まあそうなのかもしれませんが,それよりも社会に出たら友達はなかなかできないからこそ,学生時代の友達は大事なのかもしれません。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。