高いところから失礼致します! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-10-30 大阪マラソン:2年連続仮装で完走!

[] 大阪マラソン:2年連続仮装で完走! 23:12

10月30日日曜日大阪マラソン当日。

朝9時のスタートに向けて、堺筋本町の自宅からスタート地点である大阪城公園へ歩いて向かう。

自宅から歩いて行ける交通の便の良さ。こんな最高の立地条件は無い。

毎年7月24時間リレーマラソンでお世話になっているチームフェルナンデスのお二人と大阪城公園駅前で合流して、早速Cブロックランナー荷物を預けるトラックの近くで着替え。

大阪マラソンも4回目の出場となると、もはや新鮮味は無く、2週連続フルマラソンでもあって、ガチで走ったとしても自己ベスト更新なんて望めない。

となれば、せっかくの年に1回の大阪お祭りイベントを楽しんだ者勝ち!

ということで、昨年に続き、今年もスパイダーマン全身タイツ仮装をして完走する事に決めていた。時は10月30日ハロウィンだし、このタイミングで仮装しなくてはい仮装をするのかってなもんだ。

このスパイダーマン全身タイツ、動きやすくて風の抵抗もなくて走りやすいのだが、着用するのがひと苦労で、肩のところにあるチャックが自分1人では閉められない欠点がある。

昨年は知り合いにスタート前に合流できず、已む無くボランティアの方にお願いして、苦笑いされて恥ずかしかったのだが、今年はチームフェルナンデスの方にお願いして難なくスパイダーマンに変身が出来た。

普段控え目で目立たないようにしている自分が、顔が見えないマスクかぶることで少しだけ大胆になれ、あからさまに目立つ存在になれる。

5月地元岐阜の高葉尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンと、この大阪マラソンだけでのおふざけだ。

昨年、この姿で1人でスタート地点の大阪府庁舎前に向かうのが恥ずかしかったが、今年は一緒に向かう方がいるし、慣れてきてこっちを見てざわざわしている子供達に手を振って応える余裕が出来た。

f:id:kohki3103609:20170717214403j:image

Cブロックに並んで、今年も大阪マラソン、スタート!快晴であるものの、暑過ぎないくらいのコンディションで、まさに仮装ラン日和

f:id:kohki3103609:20170717215118j:image

今年も他のマラソンと同様にデジカメ持参で走ったものの、4回目になるので、特に撮りたい被写体は無い。というか、写真を撮っているヒマが無い程、沿道の応援に応えるのが大変だった。

さすが、スパイダーマンは、万国共通且つ老若男女誰しもが知っている有名なキャラクターなだけあって大人気で沿道の応援をほぼ独占。沿道の方々のその応援に全て応え、ハイタッチをして、2年振りの仮装ランはやっぱり楽しかった。

ほとんど沿道側を走っていた合間に撮った中之島中央公会堂の写真

この後の大阪市役所では、大阪市役所がゴールのチャレンジラン8.8kmのランナーハイタッチしてお互いの健闘を称え合った。

f:id:kohki3103609:20170717215930j:image

そして、この大阪マラソンハイライト大阪の大動脈と言われる御堂筋のど真ん中を堂々とラン。

年に1回だけ、天下の公道を堂々と走る事ができる幸せを嚙みしめながらのランニング

f:id:kohki3103609:20170717220319j:image

御堂筋を往復した後は、京セラドーム大阪の方に行って中間地点。

f:id:kohki3103609:20170717220521j:image

再び御堂筋に戻り、通天閣の前で折り返しなどして南下して、30km過ぎて住吉区ボート場近くの大阪市24区の特産品が味わえるおもてなしエイドへ。マラソン中に固形物を食さない自分にとって、縁の無いエイなのだが。

f:id:kohki3103609:20170717221249j:image

ゴール手前の一番辛いところである37km過ぎの南港大橋の登り坂。ここ最近で味わったウルトラでの登り坂に比べたら全然楽!

f:id:kohki3103609:20170717221626j:image

そして、ゴール直前。今年もこの場所に戻ってくる事が出来た。しかも、スパイダーマンで!嬉しい!

f:id:kohki3103609:20170717222250j:image

f:id:kohki3103609:20170717222236j:image

f:id:kohki3103609:20170717222219j:image

4年連続大阪マラソンスパイダーマンで2年連続の完走!

スタートからゴールまで、途切れぬ沿道の応援に全部応えて、本当に楽しかった。

さすが、大阪。沿道の応援が他県に比べて盛大且つ笑わせてくれる。

ながらも6分/kmのイーブンペースで最後まで走りきり、仮装してのフルマラソン自己ベスト更新

近くを走っていたランナーや沿道の方々がこの姿で走っていることに対して心配してくれた事もあったが、3月小江戸大江戸200kで204kmを走った時に味わった地獄や、9月村岡ダブルフルウルトラランニングで極限状態の中に制限時間ギリギリで完走し、死線を越えてきた貴重な経験に比べたら、仮装をしてのフルマラソンなんて余裕。それに、ここ2ヶ月で3回もウルトラを走ってきた上に、ずっと応援に応えて楽しかったこともあって、42.195kmがあっという間に感じた。

f:id:kohki3103609:20170717224125j:image

スパイダーマンでゴールした後は目立つので、そそくさと荷物預かり場に行き、背中のチャックをボランティアの方に開けて頂き、着替えて、チームの方々と合流し、お互いの健闘を称え合って記念撮影

f:id:kohki3103609:20170717224917j:image

大阪マラソンの完走メダルは、虹色イメージカラーにしているだけあって、毎年、美しい。

今年は、会場で販売されていた虹色のデザインのタオルをバックに撮影。これを来年もゲットしたいものだ。

f:id:kohki3103609:20170717225304j:image

来年は、各地の有名大会が集中するこの時期を避けての大会側の配慮か、1ヶ月遅れ2017年11月26日来年も是非出場したいものだ。もちろん仮装をして。 今度は仮装をしてのサブ4達成が目標だ。

f:id:kohki3103609:20170717223447j:image

2016年大阪マラソンという大阪の一大お祭りに出場できて、本当に幸せな1日だった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20161030

2016-10-29 大阪マラソン:4年連続の幸運を嚙みしめて大阪マラソンEXPOへ

[] 大阪マラソン:4年連続幸運を嚙みしめて大阪マラソンEXPO21:01

10月29日土曜日、2週連続フルマラソンとなる「大阪マラソン」の前日。

抽選倍率が約5倍あるのに、2013年から4年連続当選という奇跡を嚙みしめながら、前日受付とEXPOの会場になっている大阪南港インテックス大阪へ行った。

ただ、この日に至るまでに、迷いに迷っていた。

同日に初開催が決定した茨城県水戸市で開催される「水戸黄門漫遊マラソン」とどちらに出場すべきか。

ずっと悩んでいて、この週末にやっと決断した。

当初は、大阪マラソンも4回目だから、ここは「水戸黄門漫遊マラソン」に出場して、未踏の地である茨城県開催のマラソンの制覇と、印籠型の完走メダル獲得の夢を思い描いていたのだか、今仕事が忙し過ぎて土日に遠征している余裕が無い上に、第2の故郷になりつつある大阪の地で開催される「大阪マラソン」にも思い入れはあるので、思い直して「大阪マラソン」に出場することにした。

それに、4年連続当選という幸運奇跡を無下にするのはあまりにも勿体無い。

水戸黄門漫遊マラソン」のエントリーは先着順のため、来年以降も確実にエントリーできるし、ここは来年出ることにしよう。何もそんなに生き急ぐことはない。

f:id:kohki3103609:20170717191804j:image

インテックス大阪は、出場ランナーとその関係者達で例年通りの大賑わい。テンションが上がってきた。

f:id:kohki3103609:20170717192729j:image

f:id:kohki3103609:20170717192718j:image

応援団長森脇健児ランナー受付の入り口で元気に盛り上げていた。

f:id:kohki3103609:20170717192856j:image

昨年までは入場するのにも並んで時間がかかったが、昨年より改善されていて、全く待つ事無く、ストレスレスで会場入りできて進化が認められた。

f:id:kohki3103609:20170717193117j:image

大阪マラソン虹色テーマにしていることもあって、エントリー時にひとつ色を選択する。

自分はこれまでの当選経験から、今年も水色を選択

f:id:kohki3103609:20170717193109j:image

今年はチーム対抗戦で、7色のうち所属ランナータイムが一番速かったチームに抽選来年の出場権が当たるそうだ。

参加Tシャツ以外に7色のTシャツランナーには配られて、なかなか面白い企画だ。

f:id:kohki3103609:20170717194642j:image

大混雑の中に、スポンサーブース散策。人混みの中でウンザリだったが、ひと通り満喫した後、うまいもん市場屋台で腹ごしらえ。

f:id:kohki3103609:20170717195450j:image

f:id:kohki3103609:20170717195439j:image

この日、木枯らし1号が吹いたそうで風が強かったが、大阪マラソン当日は快晴の模様。

もう第6回になるのに、毎年、快晴のコンディションの大阪マラソン

これは、2年連続仮装ランにはベストコンディションだ!

f:id:kohki3103609:20170717200510j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20161029

2016-10-23 ちばアクアラインマラソン:東京湾アクアラインのランは最高!

[] ちばアクアラインマラソン東京湾アクアラインのランは最高! 03:24

10月23日日曜日ちばアクアラインマラソン当日。

千葉駅前のスーパーホテルを早めに出発。内房線木更津駅へ。

木更津駅からたくさんの出場ランナーでぞろぞろと手荷物預かり所になる木更津警察署へ。2年前にも出場していて、ここからスタート地点までかなりの距離があって歩かされ、時間がかかる事など、要領が分かっているので、早めに準備してスタート地点に向かった。

今年から前日受付が無くなった代わりに、事前に黄色トートバックが送られてきて、そこに入るものしか預かる事はできないとのこと。それを聞いて、パッキング(荷造り)が苦手な自分なのに、今回はキャリーバッグは諦めて必要最低限の荷物に纏めてきた。

それでもギリギリ荷物が収まった。良かった。それにしても、各ランナー黄色トートバッグが並ぶ姿は異様。数多くマラソンに出場してきたが、トートバッグでの荷物預かりは初めてだ。

f:id:kohki3103609:20170709223718j:image

f:id:kohki3103609:20170709223704j:image

荷物預かり場所からかなり歩かされて、スタート地点にて待機。

これだけたくさんのランナーがいても十分な広さとトイレがある潮浜公園の芝生の上で、みんなストレッチをしながらスタートまで待機。

f:id:kohki3103609:20170710004033j:image

10時、フルマラソンにしては遅めのスタート!

f:id:kohki3103609:20170710004855j:image

f:id:kohki3103609:20170710004840j:image

f:id:kohki3103609:20170710004824j:image

スタート直後、この日の舞台となる木更津市袖ケ浦市君津市などの千葉県ご当地ゆるキャラ達が沿道で応援

f:id:kohki3103609:20170716224050j:image

そして、千葉県ゆるキャラちーばくん」に1回目の遭遇!

f:id:kohki3103609:20170716225133j:image

スタートしてから10km手前、東京湾アクアライン連絡道が見えてきた。ここを左折して、いよいよアクアラインだ。

f:id:kohki3103609:20170717011544j:image

f:id:kohki3103609:20170717011528j:image

普段自動車専用道路歩行者など立ち入り禁止入り口を堂々とランナーが走っていく光景

f:id:kohki3103609:20170717012433j:image

f:id:kohki3103609:20170717012417j:image

f:id:kohki3103609:20170717012401j:image

東京湾アクアラインに入る手前でトップランナーが反対車線を駆け抜けていった。

ハーフマラソンの部に出場している川内優輝選手トップ海外選手とデッドヒートしていた。

f:id:kohki3103609:20170717013322j:image

f:id:kohki3103609:20170717013306j:image

そして、この日のハイライトである東京湾アクアラインでのランニング

最高の天気というベストコンディショの中ですばらしい光景を見ながらのランニングは最高だった。

途中で登り坂があるのだが、そこは天に上っていくような風景

f:id:kohki3103609:20170717014744j:image

f:id:kohki3103609:20170717014728j:image

途中で一旦中央分離帯の上で立ち止まり、後ろを見ると、これもまたスゴイ光景

f:id:kohki3103609:20170717014959j:image

片道4kmほど走って、昨晩行った海ほたるPAに到着。

f:id:kohki3103609:20170717015248j:image

f:id:kohki3103609:20170717015233j:image

海ほたるPAエイステーションに到着。

いた!今回2回目の「ちーばくん」との遭遇。ランナー達を出迎えてくれた。相変わらずかわいいヤツだ。

スタート地点でもいたのに、どうやってここまで自分達よりも早く来たのかは問わないでおこう。

f:id:kohki3103609:20170717015930j:image

f:id:kohki3103609:20170717015916j:image

復路でもう一度、東京湾アクアラインを堪能。

東京湾アクアラインの下には船が数台来ていて、ランナーに手を振って応援してくれていて嬉しかった。

f:id:kohki3103609:20170717020324j:image

f:id:kohki3103609:20170717020310j:image

19km手前で東京湾アクアラインは終了。

最高のコンディションの中で、東京湾アクアラインを海と青空を見ながら走る事ができる幸せを噛み締めながら、ランナーが大挙して走っている圧巻の光景に、2年振りで2回目ながら感動しきりだった。

f:id:kohki3103609:20170717021001j:image

東京湾アクアライン上では沿道の応援は無かったので、中間地点の三井アウトレットモール木更津では約10km振りの盛大な応援を聞いて、テンションが上がった。

f:id:kohki3103609:20170717021435j:image

2回目の出場なので分かっていたのだが、この大会、序盤の東京湾アクアラインを過ぎると、ゴールまでコース近くなどに特に何もない苦行のコース覚悟しなければならないのだが、それを補って余りあるくらいの沿道の応援があるのが特徴だ。

袖ケ浦市袖ケ浦公園ではたくさんの市民が盛大に応援して、30km手前の疲れ始めてきているランナー達を元気づけてくれる。

f:id:kohki3103609:20170717022019j:image

f:id:kohki3103609:20170717022005j:image

f:id:kohki3103609:20170717021952j:image

それもこれも、どうやら2年に1回のこの大会の為に、近隣の小中学校幼稚園などが日曜日特別登校日にしているようで、たくさんの子供達が応援してくれるのが特徴。

1列になって応援してくれて、彼らとハイタッチをしていると、疲れているのに自然笑顔になり、元気をもらえた。

f:id:kohki3103609:20170717022938j:image

f:id:kohki3103609:20170717022924j:image

f:id:kohki3103609:20170717022910j:image

終盤になって木更津市に戻ってくると、36kmのほたる野では特産品おもてなしスポットというエイドがあり、ゆっくり止まっていろいろ味わってみたい特産品がたくさん振る舞われた。

自分固形物は避けて、あんずなどのジュースをもらって、かなり美味しかった。

木更津総合高等学校の前では、冷凍ブルーベリーも。

通常のエイステーションでは見たことがない食べ物を食べさせてもらって、ゴールまでのラストスパート

f:id:kohki3103609:20170717024205j:image

f:id:kohki3103609:20170717024151j:image

f:id:kohki3103609:20170717024136j:image

ゴール手前でもたくさんの小学生達が沿道でハイタッチの嵐。嬉しいものだ。若さをもらえる。

f:id:kohki3103609:20170717024502j:image

f:id:kohki3103609:20170717024448j:image

そして、旧木更津市役所に戻って来て、ちばアクアラインマラソン2回連続で無事完走。

f:id:kohki3103609:20170717024654j:image

完走タイムは散々。

東京湾アクアライン写真を撮りまくった前半のタイムが酷く、何も見所が無くなる後半にペースを上げて頑張ったものの、ここ最近の無茶による疲れと練習不足が相まって、またもやサブ4で完走できないという体たらく

ここのところ、ウルトラマラソンばかり走ってきたので、フルマラソンを走りきるスピードに慣れていない。これは年内はこの調子が続きそうだとがっかり

この大会は魅力的な点が多く、ガチで走ってタイムを狙うのは勿体ない。ファンランがベストだと思った。

この大会に2回出場して、その魅力は東京湾アクアラインでのランだけではないことを認識した。

それは途切れなく続く沿道の応援だ。

前述の理由のように、他大会では沿道に大人の方が多いのだが、本大会子供達の方が多くて、笑顔応援をしてくれるので、彼らとハイタッチをしていると元気をもらえた。

過去に出場した宮崎県青島太平洋マラソンでは高校生を中心としたボランティアが我々を沿道で応援してくれる特徴があったが、大会によっていろいろな特徴があって面白い

こういう沿道の応援子供達が多い大会ガチで走っても面白くはないので、次回の2年後は仮装ランで沿道の子供達に喜んでもらうようにしようかな。

f:id:kohki3103609:20170717025512j:image

f:id:kohki3103609:20170717025521j:image

この完走メダル、ちーばくんの首にかけるとよく似合っていた。

f:id:kohki3103609:20170717025529j:image

完走後、出場していたラン友と合流して木更津駅に向かう際に、「ちーばくん」と三度目の遭遇。

横を向くと千葉県の形になるそのデザインの秀逸さに2年前好きになったのだが、相変わらずかわいいヤツだった。また2年後だ。

f:id:kohki3103609:20170717032231j:image

f:id:kohki3103609:20170717032216j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20161023

2016-10-22 ちばアクアラインマラソン前日

[] ちばアクアラインマラソン東京湾アクアラインを走る事ができる高揚感に溢れる前日 04:29

10月も後半になって、いよいよ2016年秋のフルマラソンシーズンが始まった。

その第1戦が2年に1回、千葉県木更津市袖ヶ浦市で開催される「ちばアクアラインマラソン」で、2014年に続いて2回目の出場だ。

昨年と異なり、前日受付は無くなり、事前に全て送付されるようになったし、2回目の出場でもあるので、前日の10月22日土曜日ゆっくり起きて、千葉に移動。

せっかく2年振りに千葉県に来たので、千葉駅の隣の蘇我駅前でレンタカーを借りて、館山自動車道飛ばして、明日舞台となる東京湾アクアライン渡り海ほたるに行った。

海ほたるに着いた頃には日も落ちて真っ暗に。夜の海ほたるは初めてだ。

f:id:kohki3103609:20170708040123j:image

海ほたる展望台から眺める東京湾アクアラインを走っている自動車のヘッドランプとテールランプがとても綺麗だった。

f:id:kohki3103609:20170708040115j:image

2年振りに海ほたる名物あさりまんを食べた。

f:id:kohki3103609:20170708040410j:image

海ほたる館内では、2年前にこの大会に出場して以来、地元岐阜ゆるキャラである「みなも」に次いで好きになった、千葉県ゆるキャラチーバくん」が本大会カウントダウンをしていた。

f:id:kohki3103609:20170708041256j:image

千葉県の形をしているという秀逸なアイデアとデザインのチーバくん、相変わらずかわいいキャラクターだ。

明日大会中に沿道で出会えるのが楽しみだ。

f:id:kohki3103609:20170708041340j:image

f:id:kohki3103609:20170708041336j:image

2年振りの海ほたるを堪能して、蘇我に戻ってレンタカーを返して、千葉駅前のスーパーホテル宿泊

翌日は、この日に行った自動車専用道路であるこの東京湾アクアリンを走って渡る事ができ、東京湾アクアラインランナーが埋め尽くす圧巻の光景をまた拝む事ができると考えるだけで高揚感に満たされながら就寝。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20161022

2016-10-16 サロマ湖100kmウルトラマラソンFinisher’s Tシャツ来る!

[] サロマ湖100kmウルトラマラソンFinisher's Tシャツ来る! 03:31

9月から始まったウルトラマラソン隔週参戦(高野龍神スカイラインウルトラマラソン村岡ダブルフルウルトラランニング、えちご・くびき野100kmウルトラマラソン)を全て完走という最高の結果で終えられたものの、その余韻に浸る間もなく、日常の慌ただしさが始まり、平日は完全に仕事に集中モードでしばしの休足期間。

しかも、10月15日の土曜日は珍しく仕事東京出張して、お台場グランニッコー東京台場仕事をしてきた。

帰阪した後、23から久し振りの大阪城公園ナイトランニング。貴重な休み土曜日仕事で使ってしまってストレスと疲れが溜まったのを発散できた。

日曜日は、土曜日仕事で朝が早かったため、ゆっくり起きて遅めの朝ラン。

行楽日和日曜日暑いくらいで、大阪城公園中之島公園はたくさんの人で大賑わい。そんな光景を見ると、家族がおらず、趣味に興じている自分はしんみり。そして、こんな絶好の日に走る事ができるなんて、今日四万十川ウルトラマラソン能登半島すずウルトラマラソンに出場しているランナーは羨ましいなぁと思いながら走っていた。

大阪城公園中之島公園の人混みを縫うように走り、帰りに大阪天満宮ウルトラ連戦を無事完走できた事を神様感謝

f:id:kohki3103609:20170708032729j:image

無茶をしたので、軽めのランで終わらせてゆっくりメンテナンス

この日、バックプリント誤植があった為に到着が大幅に遅れていたサロマ湖100kmウルトラマラソンのFinisher's Tシャツが届いた。完走タイムが入っているこのTシャツを着て走るなんてあからさまなことはしないが、家に飾っておこう。

f:id:kohki3103609:20170708032952j:image

f:id:kohki3103609:20170708032943j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20161016

2016-10-10 えちご・くびき野100kmマラソン:雨のウルトラ、無事完走!

[] えちご・くびき野100kmマラソン:雨のウルトラ、無事完走! 01:20

10月9日日曜日えちご・くびき野100kmマラソン当日。

朝5時のスタートに向けて午前2時過ぎに起きて、直江津駅前のホテルハイマートを出発。

天候は、案の定の雨。土曜日から続く天候の悪さは日曜日にも回復しなかった。

これほどの雨の中での100kmは、2015年の「OSAKA淀川ウルトラマラソン」「サロマ湖100kmウルトラマラソン」で経験して以来だ。

ウルトラマラソン隔週参戦の最終第3戦目にして、神様もっと過酷なコンディションを用意してきた。

でも雨くらいであれば、今日までに経験した「高野龍神スカイラインウルトラマラソン」「村岡ダブルフルウルトラランニング」での過酷さに比べたらどうってことない。

大会運営バス直江津駅からスタート地点であるリージョンプラザ上越へ。傘を差しての会場入り。

出場ランナーの待機場所はとても広い室内だったので、雨の心配無く、スタート時間までゆっくり準備。

開会式も終えて、いよいよ雨の中、スタート。スタートの号砲が鳴る直前まで雨に濡れない場所で待機。

f:id:kohki3103609:20170617191155j:image

f:id:kohki3103609:20170617191141j:image

自分も雨の中のランに備えてレインコートを持ってきていたのだが、動きづらいし、蒸れるし、どうせ汗で濡れてべとべとになるので、スタート直前に脱ぎ捨ててスタート。

f:id:kohki3103609:20170617192255j:image

朝5時なので真っ暗で大雨の中に、テンションが高いたくさんのランナー集団でぞろぞろと走る光景は異様。

自分はいったい何をやっているんだろう」と思うのに十分なコンディションだったが、100km走った後、この想いが全て消え去り、感動と達成感に変わり、このスタートからゴールまでの過程が意義深いものになる。

夜も明けてきて明るくなってきたものの、雨が降る曇天なので、どんよりとした雰囲気の中、序盤は上越市内のフラットで何にも無い田園地帯をただただひた走る。

f:id:kohki3103609:20170617192835j:image

こんな大雨の中でも、地元ボランティアの方々はコース上やエイステーションで朝も早くから我々ランナーを支えて応援してくれる。自分達は好きでこの雨の中で走っているのだから良いが、雨の中にこんなことはなかなかできない。ボランティアの方々には本当に頭が下がる。

f:id:kohki3103609:20170617192821j:image

とにかく序盤は何にもない田園地帯なので、カメラを持っていても特に撮るべき被写体が何も無し。

20km過ぎの清里区エイステーションに到着。

「あれ、上越市って政令指定都市だったっけ?」とレース中、ずっと気になっていたが、後から調べてみたら、地方自治法上、上越市のような政令指定都市ではなくても、区は置けるそうだ。ただ、東京都特別区政令指定都市の区とは違い、「合併特例区」というそうだ。2005年高田市直江津市合併してできた「上越市」は、市町村の合併の特例等に関する法律合併特例法)に基づく地域自治区制度を初めて導入した市で、地方自治法に基づく28地域自治区を設置しているそうだ。

f:id:kohki3103609:20170617194219j:image

そして、牧区に入ってくると、フラットな田園地帯を過ぎ、いよいよコースが登りになってきた。第1関門の牧区総合事務所で40km地点。

f:id:kohki3103609:20170617194757j:image

そこを出た途端に走っては登れないくらいの急峻な登り坂が待っていた。写真ではよく分からないが。

まだ半分も走っていないので、時々歩きながらも頑張って走って登った。

f:id:kohki3103609:20170617195110j:image

山道にはこの大会名物である沿道の案山子応援地元の方々がこの日のために作成してくれたようだ。区を挙げての応援おもてなしが嬉しい限り。

f:id:kohki3103609:20170617195738j:image

牧区山道にある大きな登り坂を2つ、時々歩きも入りながらも走って登った。「登り坂があれば、下り坂もあり」という事で、得意の下り坂は登り坂でペースが落ちた分、一気に駆け下りて、中間地点の50km地点に安塚B&G海洋センターに到着。

登り坂は2つあったけど、下り坂で爽快に走る事が出来た分、あんまり疲れていない。この頃になると雨も止んで暑くなくて良い調子だった。

地元の方々から手際良く中間地点の荷物を受け取って速攻で着替えて再スタート。

f:id:kohki3103609:20170617200206j:image

中間地点を過ぎてすぐに本大会3つ目の登り坂がやって来た。

ここまでに経験した高野龍神スカイラインウルトラマラソン村岡ダブルフルウルトラランニング坂道に比べたらなだらかだったので、ここもゆっくりながら走って登った。

その途中、ゴールドナンバーの本大会1番のゼッケンをつけているランナーとすれ違った。

ゴールドナンバーは本大会10回完走者。本大会は2年に1回の開催なので、つまりこのゴールドナンバーになるのに20年かかっている証拠。信じられない。

f:id:kohki3103609:20170618034232j:image

坂道を登りきって牧区から大島区へ。地元の方々の方言メッセージが嬉しい。

f:id:kohki3103609:20170618034511j:image

そして、この辺りの山道に広がる棚田などの緑豊かな風景。日々、都会で過ごしている自分にとって、何にもないこの風景があまりにも新鮮で、非日常で、癒された。自分はこれを求めていた。

f:id:kohki3103609:20170618035439j:image

f:id:kohki3103609:20170618035426j:image

エイド毎で振る舞われる地元の方々のおもてなしも素晴らしい。自分マラソン中は固形物は食べない主義なので、食べないけど、その心配りが嬉しい。

f:id:kohki3103609:20170618035534j:image

間髪入れずに本大会4つめの登り坂である細野吹切峠にやって来た。

この峠の登り坂はここまでの登り坂の中でも最も急峻だったし、レースも後半に入ったので、さすがにここは走って登るのは諦めて、攻めの歩き(早歩き)で登る事にした。

峠の頂上で、大島区から安塚区へ入った。これで本大会の中盤に連続していた4つの登り坂を制覇だ。

f:id:kohki3103609:20170618041110j:image

f:id:kohki3103609:20170618041056j:image

下り坂を駆け下りている時、ここまでに止んでいた雨が再び降り始めた。しかも通り雨の豪雨で半端無かった。

もうここまで来ると汗でウェアはべとべとだし、雨なんて関係無し。むしろ、天然のシャワーを浴びられて気持ち良かった。

f:id:kohki3103609:20170618041409j:image

山を下りてきて、浦川原区に入り、人家が見え始めてきた70km手前。地元の方々のメッセージが書かれた張り紙応援で元気づけられた。

f:id:kohki3103609:20170618041626j:image

そして、本大会最後の登り坂。ここまでの坂道に比べたらなだらかで距離も短く余裕だった。吉川区へ入った。

この坂道を越えれば、あとはゴールまでずっとフラットだ。

以前であれば、それが嬉しかったのだが、フラットはフラットでずっと走っていないといけないので、最近はあまりテンションが上がらなくなった。

ここのところの過酷コース経験で、坂道などのアップダウンがあった方が、コースに変化が富んで面白いと思うようになった。

登り坂は確かに辛いけど、その後には得意な下り坂が待っているし、疲れてきたら歩いて登って体力を温存できて気分転換になるし、数km我慢して登ればいいだけなので、登り坂に対するネガティブイメージが無くなってきた。

f:id:kohki3103609:20170618041834j:image

5つある登り坂を全てクリアして残すはフラットなコース。山側から日本海に向かって、交通量が多い県道沿いの歩道をどんどん走る。

80km手前の吉川区総合事務所に到着。

f:id:kohki3103609:20170618144140j:image

f:id:kohki3103609:20170618144123j:image

第4関門でもある85km地点の柿崎区総合事務所に到着。延々と続くフラットな県道を走ってきたが、日本海ももうすぐ。

f:id:kohki3103609:20170618144412j:image

そして、信越本線が走る日本海沿いにやって来た。

f:id:kohki3103609:20170618145522j:image

しばらく日本海沿いを走って90kmを過ぎた。すっきりしないどんよりとした曇り空に荒々しい日本海。まさにイメージ通りの日本海だ。この光景を見ながら走る事が出来たので、今日のコンディションも良かったかも。

f:id:kohki3103609:20170618150219j:image

f:id:kohki3103609:20170618150204j:image

92km地点の最終関門である大潟区老人福祉センターに到着。

通常のウルトラであればエイドで何も食べないのだが、残り8kmだし、あまりにも美味しそうだったので、ここのエイドの名物海鮮汁をいただいた。雨で冷えきった身体も、疲れでやられていた胃も温まって回復した。

f:id:kohki3103609:20170618150723j:image

そして、最後日本海沿いから内陸に入って95km地点。

f:id:kohki3103609:20170618151056j:image

ゴールまであと1km。

f:id:kohki3103609:20170618151248j:image

頚城(くびきってこう書く)区にあるゴール地点のユートピアくびき希望館に向かうゴール直前の一直線のウィニングロード。

沿道の方々が「おつかれさま!」「おかえりなさい!」と拍手しながら出迎えてくれて、とても嬉しく、ここまでの努力が報われた感になった。

写真を見直すと、残り1km地点から一気に日が暮れてしまっていることにびっくり。

f:id:kohki3103609:20170618160740j:image

えちご・くびき野100kmマラソン、無事ゴール!

完走タイム11時間47分。コース中盤に5つも登り坂があるとやはりタイムは出ない。後半のフラットでは疲れで胃をやられてしまって、走れなくはないものの、ペースを上げられずに時間がかかってしまった。

f:id:kohki3103609:20170618161833j:image

ゴール直後、カメラを持ったカメラマンアナウンサーインタビューを受けた。

コース終盤にもコース上にちらほらいたのだが、どうやらこれは大会前に申し込む事ができる本大会ダイジェストDVDのための撮影のようだ。

こんなサービスは始めてで自分も申し込んでおいたおかげで、ゼッケンから自分を見つけて声を掛けてくれたようだ。

f:id:kohki3103609:20170618163816j:image

と、完走の余韻に浸って、ほっとひと安心していたのも束の間、時計を見ると、やばい事に気づいた。

日曜日中に帰阪するための上越妙高駅18時35分発の北陸新幹線の最終便に乗るためのゴール地点から上越妙高駅までの無料シャトルバスが出てしまっている時間だった。

疲れた身体で慌ただしく着替えて、ゴール地点に待機していたタクシーに乗って上越妙高駅に向かい、お金はかかったけど(約5,000円)、無事、予定していた最終便に乗って帰阪する事ができた。

北陸新幹線金沢駅で乗り換えたサンダーバードの中で、今回もドラマがたくさんあった本大会を振り返った。

ゴールした後、60kmの部に出場された新潟地元のラン友が自分を見つけてくれて、お互いの健闘を讃え合った。最終便に間に合う為に慌てていたので、ゆっくり語り合う事ができず申し訳なかった。

大会は珍しく、100kmの部と60kmの部でゴール地点は同じであるものの、ここに至るまでのコースが全く違う。通常はどこかで合流したりするのだが。

100kmの部は何もない田園地帯と山の中が中心で精神力も脚力も試されるコースなのに対して、60kmの部は上越市観光スポットである春日山高田城などを巡る観光ランだったようだ。でも、その分、100kmの部にはそれを補って余りある程の沿道の応援おもてなしがあった。

ゴール直後、完走の余韻に浸っていると、ボランティア中学生が完走して疲れきっている自分のところに来てくれて、「完走賞を発行してきますね」「スープはいりませんか?」「毛布はいりませんか?」と声を掛けてくれ、この後の荷物預かり場所では「荷物を持ちましょうか?」と、至れり尽くせりのおもてなし

こちらが恐縮してしまうくらいのこんなサービスを受けたのは、これまでに出場したウルトラの中でも初めてでびっくり。

自分達のような好きで長時間大変な想いをしている変わり者に対して、彼らはボランティアで長時間待っていた上にここまでのおもてなしはなかなかできない。

中学生なのに、こんな気配り・配慮が出来るなんて、どういう教育を受けているんだろうと不思議に思った。自分中学生の時にはこんな事は絶対に出来ていない。

この大会地元の方々の認知度が高いようで、コースを通して、地元の方々がずっと自分の目を見て応援してくれ、ボランティアの方々も積極的に声を掛けてくれる。

本当に地元に愛されていて、ホスピタリティ溢れる大会だった。

なるほど、リピーターが多いとウルトラランナーの間で言われている所以がよ〜く分かった。

ゴール後、慌ただしくしてゴール会場を離れてしまったので、後泊をしてもうちょっとゆっくりしても良かった、と後悔。2年後も出場しようかな・・・またエントリーが始まったら考えるとしよう。

f:id:kohki3103609:20170619011453j:image

f:id:kohki3103609:20170619011443j:image

今回の完走メダルは、紫を基調にしたデザインで、上杉家の家紋に、上杉謙信軍旗使用していた漢字2文字。「毘」は謙信信仰していた毘沙門天から文字取ったもの、「龍」は総攻撃の合図に使用されたものとして有名らしい。かっこいい。

そして、これで2016年秋冬シーズンに挑戦した「高野龍神スカイラインウルトラマラソン」「村岡ダブルフルウルトラランニング」「えちご・くびき野100kmマラソン」のウルトラマラソン隔週参戦を全て完走で走る事が出来た。

仕事がかなり忙しくて走り込みがままならない中に、大変ハードコースであった3大会を全て完走できたことに自信がついた。

我ながら丈夫な身体になったものだ。でも、ウルトラマラソン隔週参戦なんてバカげた事はもう止めよう。もはや身体の健康のためやストレス発散のためというレベルを超えていて、身体を不健康にしていそうだ。

f:id:kohki3103609:20170619015857j:image

後日、事前に申し込んでいた大会ダイジェストDVDが自宅に届いた。

自分のゴール時の写真カバープリントされていて、まさに自分だけのDVDだ。

映像の中でも、92km地点のエイドで海鮮汁を食べている時にインタビューされた時の映像と、ゴール直後にインタビューされた時の映像が映っていた。

こういったサービスは初めてで、微笑ましかった。これは良い思い出になる。

f:id:kohki3103609:20170619015848j:image

f:id:kohki3103609:20170619015840j:image

akiaki 2017/06/24 08:34 おはようございます。
ツイッターにリプライ送らせてもらいましたので、よろしければお時間のある時にご覧くださいね(^^)
明日、サロマ湖出場でしょうか??応援してます…!!

kohki3103609kohki3103609 2017/06/24 14:38 コメント&Twitterへのリプライ、ありがとうございます!フォローさせて頂きます!今後共、宜しくお願い致します!
三浦みちくさ、やはり女性1位でしたか!アップダウンが多いコースで12時間以内完走であれば頷けます。スゴい!
大阪マラソン当選されましたか!羨ましいです。4年連続で当選していたのですが、今年は残念ながら落選でした…またどこかの大会でご一緒することがありましたら宜しくお願い致します。
ご察しの通り、明日はサロマ湖100kmウルトラマラソンです。どうやら2年連続雨のサロマになりそうです。でも涼しいので、このコンディションは望むところです。4年連続の完走、あわよくば自己ベスト更新を狙って頑張って参ります!

kohki3103609kohki3103609 2017/06/24 14:38 コメント&Twitterへのリプライ、ありがとうございます!フォローさせて頂きます!今後共、宜しくお願い致します!
三浦みちくさ、やはり女性1位でしたか!アップダウンが多いコースで12時間以内完走であれば頷けます。スゴい!
大阪マラソン当選されましたか!羨ましいです。4年連続で当選していたのですが、今年は残念ながら落選でした…またどこかの大会でご一緒することがありましたら宜しくお願い致します。
ご察しの通り、明日はサロマ湖100kmウルトラマラソンです。どうやら2年連続雨のサロマになりそうです。でも涼しいので、このコンディションは望むところです。4年連続の完走、あわよくば自己ベスト更新を狙って頑張って参ります!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20161010

2016-10-08 えちご・くびき野100kmマラソン:日本海側らしい天候の中に上越市へ

[] えちご・くびき野100kmマラソン日本海側らしい天候の中に上越市16:39

10月8日土曜日、「えちご・くびき野100kmマラソン」出場のために、朝一で大阪駅からサンダーバード金沢に行き、北陸新幹線上越妙高駅に行って、新潟県上越市へ。

f:id:kohki3103609:20170528151014j:image

f:id:kohki3103609:20170528151006j:image

f:id:kohki3103609:20170528150956j:image

上越妙高駅からえちごトキめき鉄道という第三セクター鉄道に乗って、宿泊ホテルがある直江津へ。

新潟県は、新潟市佐渡島には行った事があったものの、北陸新幹線のおかげで富山県寄りで行き難い糸魚川直江津などに大阪から行きやすくなった。

f:id:kohki3103609:20170528153451j:image

f:id:kohki3103609:20170528153442j:image

直江津駅に着いた後、朝から何も食べていなかったので、直江津駅で有名な駅弁をせっかくなので2つ食べて腹ごしらえ。鱈めしと釜ぶた弁当

f:id:kohki3103609:20170528155707j:image

f:id:kohki3103609:20170528155657j:image

直江津駅ホテル近くでは、ここ名物お土産である継続だんごを買って、実家に送った。

f:id:kohki3103609:20170528160420j:image

「えちご・くびき野100kmマラソン」の前日受付会場であるリージョンプラザ上越には、最寄り駅が無く、時間も十分にあったので、直江津駅からトボトボと見知らぬ土地を歩いて行ったのだが、結構遠い場所にあって、県外から来ている車が無い出場者にはかなり不便な場所にあった。

その頃から雨も降り始めて、前日受付後に時間があったらしようと思っていたプチ観光は取り止めにした。

ホテルに戻ってゆっくりとして、夕方には直江津駅から大会側が出してくれているバスに乗ってリージョンプラザ上越に再び行き、歓迎パーティーに参加。

f:id:kohki3103609:20170528161602j:image

f:id:kohki3103609:20170528161554j:image

上越市と言えば、上杉謙信のふる里でもあるので、上杉謙信などの歴史隊が来場して我々を応援

f:id:kohki3103609:20170528162931j:image

たくさんの地元料理と共に明日エネルギー補給を十分にできた。

f:id:kohki3103609:20170528162135j:image

f:id:kohki3103609:20170528162123j:image

会場内でつかれた餅が何気に一番美味しかった。

f:id:kohki3103609:20170528162113j:image

素晴らしい地元の方々のおもてなし。こういったおもてなしを町の方々総出で行き届いたものにするために、2年に1回の開催になっている本大会。それもあってか、リピーターが多い事でも有名。どんな大会なのかが楽しみだ。

それよりも何よりも明日のコンディションがあまりにも心配。ここに到着した時点から空はどんよりで、雨も降り始めた。これはこれで日本海側らしくて良いのだが、雨のマラソンになりそうな様相を呈してきた。

akiaki 2017/06/06 13:40 こんにちは!
先日、横須賀・三浦みちくさウルトラマラソンの100キロの部、無事に完走して参りました〜!
当日は天気が良く28度くらいあり、山登りもあるタフなコースでしたが、苦しみながらも楽しく、12時間を切ってゴールできました(^^)
こちらのブログでたくさんたくさん、勉強やシミュレーションをさせてもらいました。本当に感謝しています!無事に完走のご報告ができたことをとても嬉しく思ってます(*^^*)

ではでは、レース当日の記事も楽しみにしております…!

kohki3103609kohki3103609 2017/06/19 02:10 「横須賀・三浦みちくさウルトラマラソン」でしたか!
いつぞやにランスマで中村優さんが走られていた大会ですね。
初ウルトラ挑戦での完走、大変おめでとうございます!
私のブログでの内容が参考になっていたようであれば幸甚です。
しかし、12時間以内に完走とは凄いですね!自分は初ウルトラの完走は13時間かかっていたので、素質があると思います。
完走後の筋肉痛は経験した事が無いくらいすごく、道中も辛かったかと存じますが、その苦しみはゴール後すぐに忘れ、一生続く完走後の感動・達成感・気持ち良さ・自信などに浸っていることと思います。
フルマラソン完走後のそれとの比じゃないと思います。
完走後は「もう二度と・・・」と思われていたかもしれませんが、今は「もう一度・・・」になっているのではないでしょうか。
自分と同じような中毒・病気の始まりです笑
是非、またのご参戦を!どこかの大会でお会いできる日を楽しみにしております。
https://twitter.com/sexyohki

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20161008

2016-10-07 マラソンの中毒性

[] マラソン中毒14:44

高野龍神スカイラインウルトラマラソン」「村岡ダブルフルウルトラランニング」と、ウルトラマラソン隔週参戦の2戦目を無事終えられ、2戦共に超過酷コース身体はかなり疲れた

村岡ダブルフルウルトラランニング」の後の平日は仕事が忙しかった事もあって休足した結果、身体は元に戻った。

土曜日からラン再開と行きたいところだが、日中は溜まった仕事をして夕方に少しだけジムに行き、筋トレトレッドミル12.5km/h)で30分だけランニング

その後、梅田に行って、梅田大丸の14階にあるシンガポールシーフード・リパブリックシンガポール海鮮料理を食べに行った。他の店と差別化してるなかなかインパクトがあって面白い店だ。

f:id:kohki3103609:20170528143121j:image

村岡ダブルフルウルトラランニング」のあまりの過酷から、次の「えちご・くびきの100kmマラソン」はDNSにしようと思っていたのだが、案の定、1週間経つと、「身体回復したし、やっぱり出よう」と思うようになった。

本当にランニングには中毒性があることを再認識

健康的で良いことなのだが、これだけ度が過ぎると、もはや健康的でもないな。

そんな「えちご・くびきの100kmマラソン」の前日は、東京本社出張のため、午前中から移動。

東京駅のすぐそばでちょうどリオオリンピックメダリストパレードが開催されており、東京駅前のタクシー乗り場は大混雑。こうなる事を見越して早めに到着していたおかげで、問題なく、本社に到着できた。

東京駅号外をゲット。

f:id:kohki3103609:20170528144040j:image

f:id:kohki3103609:20170528144030j:image

無事仕事を終えて、帰阪してから大阪城ナイトランニング

出張中に溜まった仕事をこなしてからのランの為に、0時から走り出して大回りでく1周。

今週も仕事が忙しくて全く走ることが出来なかったストレスと疲れを少しだけでも発散出来て良かった。

翌日は、ウルトラ隔週参戦の最終戦「えちご・くびきの100kmマラソン」の為に、朝一でサンダーバード金沢に行き、北陸新幹線上越妙高駅に行って、新潟県上越市へ。

平日の仕事でお疲れなので、早めにホテルに行ってゆっくりしよう。ウルトラでは珍しく、一人部屋なので、ゆっくりできそうだ。何もかも忘れて楽しんでこよう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20161007

2016-09-27 村岡ダブルフルウルトラランニング:九死に一生、制限時間ギリギリ完

[] 村岡ダブルフルウルトラランニング九死に一生制限時間ギリギリ完走! 01:24

9月26日日曜日、「村岡ダブルフルウルトラランニング」当日。

朝5時のスタートに向けて、ハチ北高原スキー場民宿からツアーバスでスタート地点の村岡小学校へ移動。

初出場なので、勝手が分からず、慌ただしい中にスタートを迎えた。

朝5時なので、まだ真っ暗。そんな中にたくさんのウルトラランナーが蠢いていて、異様な興奮と雰囲気の中にスタート!

長く、そして苦しい100km、そして自分との闘いが始まった。

f:id:kohki3103609:20170516030236j:image

f:id:kohki3103609:20170516030225j:image

最初の数km香美町内を1周。町民の方々が軒先に提灯を飾っていてくれて、幻想的な雰囲気の中で「いってらっしゃい!」と見送ってくれた。

f:id:kohki3103609:20170516030608j:image

香美町内を走り終えて、スタート地点に戻ってくると、いきなり登り坂。

「たった数kmしか走っていないのに、いきなりコレかぁ」と分かっていたものの、気持ち萎えながら、スタートしたばかりなので、走って登った。

夜が明け始め、下を見下ろすとスゴイ登り坂。10kmも走っていないのに、序盤からこの登り坂とは先が思いやられる。

f:id:kohki3103609:20170516031114j:image

ただ、そんな山道から見えるのどか風景は、都会の喧騒から離れた非日常体感出来て癒された。

f:id:kohki3103609:20170516031102j:image

ひとつめの登り坂を終えて、兎和野高原エイステーションでは、これまで出場したマラソンでは初めてのヤクルト提供が。これは珍しい。疲れた身体にこの濃さはとても美味しかった。

f:id:kohki3103609:20170516031628j:image

この先の私設エイドでは、ピザ提供も。ピザは大好きだけど、さすがに10km程しか走っていないので、食べるのは止めておいた。

f:id:kohki3103609:20170516031920j:image

兎和野高原から更に登って、かつて冬に来た事があるハチ北高原スキー場に到着。

f:id:kohki3103609:20170517020951j:image

閑散としている雪が無いスキー場を走り、一気に自分達が宿泊していたスキー宿が並ぶ坂を駆け下りる。

スタート前で同じスキー宿に宿泊していた66kmの部のランナー達が我々を応援

結構急な坂で、調子に乗って駆け下りていると、まだ20kmにも満たないところで脚を使ってしまいそうで、控えめに走って下った。

f:id:kohki3103609:20170517021417j:image

f:id:kohki3103609:20170517021406j:image

ハチ北高原坂道を下った後は、しばしフラットな田舎道を走って、福岡という集落に。ここは66kmの部のスタート地点だ。66kmの部のランナーがスタート前で待機していて、みんなとハイタッチ。元気づけられた。

f:id:kohki3103609:20170517021852j:image

集落を過ぎると、早速、2つ目の坂道が。さすがにここはあまりにも急な坂道で走る事が出来なかった。

ここではこの大会名物ひとつであるおばあちゃんの手作りの貝殻のお守りがあると聞いていて、楽しみにしていた。数に限りがあると聞いていたけど、何とか手に入れられて良かった。

どの方がその名物のおばあちゃんなのかが分からず、後ろ姿だけ写せた。

f:id:kohki3103609:20170517022619j:image

御苦労様です。又来年も是非お越し下さい。

かいメッセージだ。これは良い記念になる。来年出場するかどうかは分からないけど、今年DNFリタイア)して、来年リベンジで戻ってくる事が無いようにしたいものだと意気込む。

f:id:kohki3103609:20170517022720j:image

2つ目の坂道は急だけど、距離が短かったので、それほど苦労なくクリアして、一気に駆け下りる。

f:id:kohki3103609:20170517022857j:image

f:id:kohki3103609:20170517022846j:image

坂道を駆け下りた先にはエイステーション。そこには飲み物カルピス食べ物に梨などがあって、他大会に比べてエイドが充実している事を実感。地元の方々が振る舞いだろうか、有り難い。

f:id:kohki3103609:20170517023635j:image

f:id:kohki3103609:20170517023624j:image

から振り返って分かったのだが、ここ33kmから37km辺りまでの約4km程が、100kmを通して唯一のフラットなコースコースの高低差を見てみても、ここ以外は全てアップダウン村岡コースは本当に過酷だというのを再認識した。

フラットなコースで走りやすいものの、ここに来て日が照り始め、暑さが増してきたので、太陽を遮るものが無くて、これはこれでキツかった。

田んぼの畦道、そこには9月お盆の時期に咲く彼岸花(曼殊沙華)が道沿いで満開。まるで我々ランナーを出迎えて歓迎するためにこの日に咲いてくれたようなこの絶景。走りながらこの素晴らしい光景に感動を覚えた。

f:id:kohki3103609:20170519031808j:image

f:id:kohki3103609:20170519031754j:image

f:id:kohki3103609:20170519031739j:image

f:id:kohki3103609:20170519031725j:image

フラットなコースは37km迄。このコースで3つ目の坂道である猿尾滝に向かっての往復コース。ここはまだ緩やかな登り坂なので、頑張って走って登った。

f:id:kohki3103609:20170519032551j:image

f:id:kohki3103609:20170519032537j:image

猿尾滝を越えたところで40kmの折り返し。

f:id:kohki3103609:20170519032852j:image

そして、いよいよこの大会の最大の難関、蘇武岳

コースの高低差を見ても、ここが他の登り坂と比べて格段に高低差がある。

スタート前から覚悟していたものの、いざ臨むをあまりの急峻な登り坂で全く走る事ができず、高低差800mの蘇武岳展望台までの約7kmを全歩きだった。

ただ、そんな大変で辛い蘇武岳の登り坂で、ランナー応援するためにコース沿いに全出場ランナー応援する立札が。大会側の素晴らしい配慮だ。

自分名前はまだかなぁ。」と考えるだけで登るのが楽しくなり、辛さが和らぐ。

f:id:kohki3103609:20170519234033j:image

登り始めてすぐ、沿道の方がランナー達を笑わせてくれる演出自分も思わず笑ってしまった。ナイスアイデア

f:id:kohki3103609:20170519234310j:image

序盤は民家があったものの、本格的な山林に入ってくると、登り坂は更に急峻に。ここは辛かった。でも、周りのランナーも辛そうなのが分かったので、ここはガマンして前へ進む。

f:id:kohki3103609:20170519234703j:image

f:id:kohki3103609:20170519234651j:image

登り坂の途中にあるエイドはランナー達のオアシス

f:id:kohki3103609:20170519234854j:image

そうこうしているうちに、沿道に自分の立札を発見!立ち止まって休憩がてら、写真を撮った。嬉しいものだ。元気づけられる。

f:id:kohki3103609:20170519235053j:image

f:id:kohki3103609:20170519235042j:image

登り坂の終盤で半分の50km到達。頂上まであと1.5km!

f:id:kohki3103609:20170519235241j:image

そして、ようやく標高1,074mの蘇武岳展望台に到着!ふぅ〜辛かった・・・

f:id:kohki3103609:20170519235405j:image

そこからの眺望は素晴らしかった。一時の癒しだ。

f:id:kohki3103609:20170520000636j:image

f:id:kohki3103609:20170520000647j:image

さて、ここからは得意の下り坂。登り坂を歩いた分、ここで取り返す必要があるので、ペースを上げて駆け下りた。

が、標高1,074mを登ってきただけあって、下り坂も急であり、しかも15km程続くので、なかなか足に来た。

そして、5つ目の和佐父峠に向かう登り坂。距離は短いものの、急峻な登り坂でここも走る事なんてできずに、全歩き。

f:id:kohki3103609:20170520001051j:image

和佐父峠を登り切った後は、約5km続く更に急な下り坂。いくら下り坂が好きであっても、ここまで急だとかなり足に応えて、ペースがいまいち上がらず。

地上まで下り切った73.3kmポイントの井添は、着替えなどを受け取る事ができるコース中で一番大規模なエイドだった。

ただ、ここまでのアップダウン連続でさすがに疲労困憊。

そして、時計とここ井添の関門時間を見比べると、何と関門時間まで30分を切っていた。

マジか!手にしていたデジカメでここの写真を撮るのを忘れるくらいに驚愕した。

ここまで登り坂をほぼ歩いてしまった事でこんな事態・・・

2週間前の「高野龍神スカイラインウルトラマラソン」と全く同じ展開になってしまった。

自分はまだまだアップダウンが多いコースには対応できていないなぁ」と落ち込んでしまったものの、終わった訳ではないので、携行補給食でエネルギーを注入して再スタート。

残りまだ2つの大きな登り坂があるので、それをクリアして完走できるのか、かなり不安になってきた。

再スタート直後、またもや登り坂を登って、長楽寺という寺内を往復。

写真は撮ったものの、のんびり観光気分はまるで無し。焦りしかなかった。

f:id:kohki3103609:20170520002158j:image

f:id:kohki3103609:20170520002210j:image

f:id:kohki3103609:20170520002232j:image

f:id:kohki3103609:20170520002221j:image

ここから次の91.2kmの第5関門までの約18kmがこの大会の中で一番辛かった。体力的にはもちろん、精神的にも関門時間に追われている焦りがあって、その辛さはこれまで経験したウルトラマラソンの中でも一番の辛さであった。

長楽寺からあけぼの荘まで向かう坂道では、疲れで胃をやられて気持ち悪くなり、何度も口の中に指を突っ込んで強制的に吐き(何も食べていないのでゲップのみ)、とにかく前に進んだ。

途中、暑いくらいの晴天だったのに、登り坂の途中では雨も降り出してずぶ濡れになり、もう踏んだり蹴ったりの状況。

完走するためにはなりふりを構っていられない状態になってきた。

f:id:kohki3103609:20170520003510j:image

登り坂が終わる81.1km地点のあけぼの荘に着いた時点で、16時30分。

10km先の第5関門の封鎖時間17時30分。

あと1時間で10km。いくら下り坂であったとしても、80km過ぎての身体でこれはキツイ

「諦める」という考えも一瞬浮かんだが、「得意の下り坂だし、ここは第5関門がゴールだと思って、残り10kmを全力で駆け下りよう!第5関門を越えた後の残り9kmのことなんて二の次だ!」と思い、最後の力を振り絞って、下り坂を今までに見られないペースで一気に駆け下りた。

下り坂を終えた後、第5関門迄の約3kmのフラットなコースが続いたが、ここがコースを通して一番辛かった。

「91kmの関門で諦めようかな・・・明日仕事だし、91km地点を越えられたとしても、帰りのバスに間に合って、今日中に帰阪できるのかな」と、ずっと考えていて、いつ心が折れてもおかしくない状況だった。

第5関門に向かう途中、もう間に合わないと諦めて歩いているランナーがたくさんいた。

自分も「歩こうかな・・・」という気持ちをガマンして、「ここで歩いて間に合わなかったら、一生後悔する!」「苦しみはすぐに消える、諦めた事実は一生残る!」というここぞという極限状態ではいつも心の中で連呼する座右の銘を走繰り返して、走って第5関門を目指した。

そして、第5関門を1723分、つまり関門封鎖時間の7分前に通過!

良かったぁ〜。ここまでギリギリに関門を通過した事なんて久しくなかったので、ほっとひと安心。こんな極限状態は久し振りで新鮮だった。本当に九死に一生を得た思いだった。少しでもちんたら休んでいたら、間に合わなかった。

から他のランナーに聞いたら、ここ第5関門でDNFになるランナーが一番多いとのこと。本当に良かった。

f:id:kohki3103609:20170520004038j:image

残り9kmを1時間30分で走ればゴールなので、少し安心

と言いたいところだが、最後の登り坂、一二(ほに)峠がランナーを待っていた。

最後最後でこの急峻な登り坂。大会側はどこまでドSなんだろう、と心の中で嘆いた。

峠越えをしているうちに日も暮れて真っ暗に。トボトボと歩みを止めずに登って、18時20分頃に一二峠の頂上、95.5km地点に到着。

f:id:kohki3103609:20170520004645j:image

4.5kmを残り40分、しかも後は下り坂のみ!これはゴールできる!と確信

第5関門迄に地獄経験していた為、この確信を得た時、天にも上ったような気持ちで思わず笑顔になった。

登り坂で温存していた事もあって、足はまだ残っているので、峠頂上のエイドでしっかりストレッチをして、最後の力を振り絞って、95km走った脚とは思えないペースで一気に下り坂を駆け下りた。

そして、眼前にゴールの村岡小学校が見えてきた!

テンションが上がっていて、写真もブレブレで何の写真かが分からない。

f:id:kohki3103609:20170520005123j:image

村岡小学校の中は途中から降り出した雨で泥だらけ。ただ、そんな事は辛かったここまでの道中に比べれば、どうでもいい事だった。

f:id:kohki3103609:20170520005352j:image

そして、無事、ゴール!

f:id:kohki3103609:20170520005516j:image

f:id:kohki3103609:20170520005504j:image

f:id:kohki3103609:20170520005759j:image

f:id:kohki3103609:20170520005758j:image

ゴール会場は、雨は降るわ、地面はぐちゃぐちゃだわで悲惨な状況に。地獄を味わったレースで達成感に浸るのも束の間、すぐに着替えに向かう事にした。

f:id:kohki3103609:20170520010607j:image

その途中、完走制限時間の19時になって、雨の中に花火が上がった。

f:id:kohki3103609:20170520010312j:image

体育館で慌てて着替えて、19時30分発の新大阪駅行きのバスに何とか乗る事ができて、無事、帰阪できた。

当初、19時発のバスを予約していたのを、直前になって19時30分に変更してもらったのは、大変賢明判断だった。19時発のバスで帰るなんて奢り過ぎだ。

バスに乗ってひと眠りしたものの、過酷レースで胃がやられていたこともあって、その嘔気がバス車内でも続いて、途中のサービスエリアで催してしまう始末だった(朝から何も食べていないのでゲップのみ)。これまでのレースの中で一番胃のダメージが大きく、その日は結局、何も食べられなかった。

そんな状態であっても、完走できたという事実があるので、嘔気も筋肉痛自分に克った勲章ひとつだ。

f:id:kohki3103609:20170520011431j:image

村岡ダブルフルウルトラランニング」は、100kmを通してアップダウンしかなく、7つの峠&山越えで、ウルトラでは日本一の総標高差2,550mの超難関コース

日本屈指の山岳ウルトラ」という冠が付いていて、「東の野辺山、西の村岡」「西の横綱」とウルトラランナーの間で言われている噂はどれ程のものかと思ったが、その過酷さたるや、伊達ではなかった。

ウルトラマラソンを完走できるようになってきた自分の自信と奢りをへし折られた。

こういう難コースとなると、登りは全歩き、少しだけあるフラットなコース下りだけしか走る事しかできず、登りも走っていて元気だった前半に稼いだ貯金は後半にあっという間に食い潰し、最後の91kmの関門をギリギリ7分前に通過という奇跡。このギリギリ関門通過は、今後のランナー人生の中で自分伝説になりそうだ。

何とか91kmの関門に辿り着いた後、残り9kmで最後一二峠越えといういじめのようなコース

最後4km続く下り坂で挽回して、完走タイムは13時間47分と、制限時間(14時間ギリギリタイム

でも、今回、こんな過酷コースである事を全く知らず、無謀にも100kmにいきなり初挑戦して、何とか完走率55.1%で過去最低であったこのレースを完走する事が出来た。

道中、散々な展開だったが、過酷コースに耐えられた走力と制限時間ギリギリであっても諦めなかった、心が折れなかった精神力自分に自信がついた。

f:id:kohki3103609:20170520012306j:image

f:id:kohki3103609:20170520012300j:image

100km完走者には、2017年の第20大会で新設される「勇者の道(120km)」に挑戦できるため、スタート前はあわよくば来年はそちらに挑戦しようと思っていたが、こんな制限時間ギリギリに完走した程度の走力ではあまりに無謀。

100km走った後、同じ制限時間14時間で、もう一度、一二峠を往復するなんて絶対無理

もう二度とあのコースは走りたくない。

あのコースと苦しみを思い出すと吐きそうになる。

勇者の道(120km)」への挑戦を早々に諦めることにした。

このコースで120kmを14時間で走る事ができるランナーは、確かに本当の「勇者」だ。このコース経験した者こそがそれを実感できる。

akiaki 2017/05/20 22:48 こんばんは!今回も、とても興味深く読ませていただきました。
アップダウンばかりの、とても厳しいコースのようで。。関門に追われながらの走りは、メンタル的にもきつかったかと思います(><)
でも、そんな難コースを無事に完走されて、すばらしいですね!おめでとうございます(^^)
わたしも過酷なレースのシミュレーションとして、参考にさせていただきます。

以前、コメントのお返事にて、FacebookやJognoteのことを書いていただいてましたが、ごめんなさい、わたしどちらもやっていなくて。。
唯一ツイッターだけはしているのですが、ツイッターの方はあまり機能していない感じでしょうか??
もしよろしければあちらでお話させていただけると嬉しいです(^^)

わたしの初100キロレースは、いよいよ一週間後に迫ってきました。
こちらのブログで勉強させていただいたことを思い出しながら、がんばってきますね!
長々とコメントすみませんでした、、ではまた〜(^^)/

kohki3103609kohki3103609 2017/05/27 01:35 コメントありがとうございました!
この村岡は、これまで経験したウルトラマラソンの中で一番辛く、危機一髪であった分、大変思い出深い大会であったので、思いがこもってしまいました。読み難い文章であったかと存じますが、読んで頂きましてありがとうございました。
ウルトラ初挑戦の一助になれば幸いです。
今週末といえば、「えびす・だいこく100kmマラソン」ですね!
自分は出場した事がないので、とても気になります。
是非、どうだったかを教えてください。ご健闘を祈念しております。長い長い100kmの旅を楽しんできてください!!
Twitterもやってます。呟いたりはしていませんが・・・
https://twitter.com/sexyohki?lang=ja

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160927

2016-09-25 村岡ダブルフルウルトラランニング:兵庫県香美町村岡へ・地獄の前日

[] 村岡ダブルフルウルトラランニング兵庫県香美町村岡へ・地獄の前日 18:09

2016年9月24日土曜日、「村岡ダブルフルウルトラランニング」前日。

高野龍神スカイラインウルトラマラソン」で100kmを走ってから2週間しか経っていないのに、また100kmを走ろうとするなんてバカげている。

が、出てみたいウルトラマラソン9月10月は多いので、已む無し。いろんな大会でいろんなコースを走る事でより脚力も体力も精神力も鍛えられる。本番こそが一番の練習場だ。

土曜日の昼出発の新大阪駅発のツアーバスで、いざ決戦の場である兵庫県香美町村岡へ。

兵庫県の内陸部であるが、同じ関西地方なので、朝ゆっくりできたし、移動も楽で良かった。

兵庫県香美町と言えば、関西地方の数少ないスキー場ひとつとして有名。ハチ北高原スキー場には、かつて自分会社の同僚達と行った事がある。

冬になれば関西地方スキーヤースノーボーダーで賑わうこの村は、オフシーズンのこの時期にこのウルトラマラソン舞台になっていたとはこれまで知らなかった。

f:id:kohki3103609:20170513170222j:image

村岡体育館では前日受付に歓迎祭に出席。

f:id:kohki3103609:20170513170354j:image

大会ゲストアテネ北京オリンピック2大会連続出場の土佐礼子さんの講演会も。オリンピアンの話は大変参考になった。

f:id:kohki3103609:20170513170343j:image

歓迎祭が終わった後は、ツアーバスに乗って、ハチ北高原スキー場近くの民宿へ。

この辺りの宿は冬になればスキーヤースノーボーダー達のスキー宿になる。

夜は相部屋の方々と一緒に、明日の健闘を祈って但馬牛すき焼きで腹ごしらえ・・・と思ったら、民宿でたくさんのランナーが一度に使ったためであろうか、ガスが来ず、鍋がいつまで経っても使えないという状況に。

復旧の目途が立たないので、明日に備えて早く寝たいので、但馬牛は諦めることに。

この但馬牛目当てでここに来ていたら紛糾していたであろうが、これが目的ではないので、全く問題無し。

我々の目的は、明日の本番での完走にあり。走る前に食べるものなんて美味しくない。完走後に食べた方が何倍も美味しい。完走後の達成感が最高のトッピングになってくれる。

f:id:kohki3103609:20170513180500j:image

と、ここまで気楽にしていたのはここまで。翌日、このアップダウン連続するハードコース四苦八苦し、地獄を見る事になるとは露知らず。

f:id:kohki3103609:20170513180900j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160925

2016-09-22 デビスカップを見に靭公園へランニング

[] デビスカップを見に靭公園ランニング 23:55

2016年9月11日開催の「高野龍神スカイラインウルトラマラソン」完走後の走り始めは1週間後の9月18日日曜日の早朝ランニングになってしまった。

100kmの戦いの舞台となった高野龍神スカイラインアップダウンに苦しめられ、最後の80km過ぎから下り坂を全力で掛け降りた結果、久し振りに立ち上がるのにも「よっこいしょ」となるくらいの筋肉痛を負ったものの、完走した勲章ひとつと思えば心地好い痛みだった。

いつもよりも長く症状は続いたものの、水曜日くらいまでには消え、走ることはできたのだか、平日は仕事土曜日は1日用事で走られず、1週間後になってしまった。

台風が迫って小雨が降る中、本日開催の「歴史街道丹後100kmウルトラマラソン」は大変だなぁと思いながらスタート。

大阪城を1周して中之島公園に行き、四ツ橋筋まで行った後は引き返さず、南下して靭公園へ。

何故なら、ここにある靭テニスセンターにて、テニスの「DEVIS CUPデビスカップデ杯)」のプレーオフ日本vsウクライナ)の3日目が開催されているためだ。

自分デビスカップ日本で開催されるのは知っていたものの、例年のように東京有明コロシアムでやると思っていたら、自宅近くの靭テニスセンターで開催されるとは露知らず。

早速、チケットを買おうと思ったら、時既に遅しで用事のある土曜日ダブルスの席しか空いておらず、諦めてWOWOWでの観戦でガマンすることにした。錦織圭選手も出場予定なので当たり前だ。

ただこんな機会は今後まずないであろうと思い、雰囲気だけでも味わう為にここまでやって来た。

f:id:kohki3103609:20170506230713j:image

入場する事は出来ないので、ランニングスタイルで傘を差さずに雨と汗で濡れている姿で会場の周りをウロウロ。

リオオリンピックでの銅メダル獲得の快挙の記事掲載されていて、デビスカップの開催を盛り上げていた。

日本三連勝であっという間にワールドグループ残留を2日目までに決めてしまったのだが、錦織圭選手を少しでも見るために、雨の中、たくさんの観客が試合開始を待っていた。

f:id:kohki3103609:20170506231021j:image

f:id:kohki3103609:20170506231016j:image

結局、お目当ての錦織圭選手全米オープンでお疲れでダブルスしか出なかったので、観に行くまでもなく、それで良かったのだが、今日、ここに来て雰囲気だけでも味わえて良かった。

ただ欲しかった大会記念の赤いTシャツは、入場者限定購入でゲット出来ず、残念。

f:id:kohki3103609:20170506235326j:image

f:id:kohki3103609:20170506235319j:image

f:id:kohki3103609:20170506235313j:image

WOWOWの中継を観ていて、試合そっちのけで観客席で応援されていたこ女性に釘付け。

Japanチームの赤いTシャツを着て、頬に日本国旗をペインティングして、かなりかわいい・・・

度々、カメラが観客席を捉えるとこの女性が映っていたので、カメラマンと自分の好みは同じようだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160922

2016-09-20 全米オープンテニス2016回顧録

[] 全米オープンテニス2016回顧録 22:21

2016年最後グランドスラム全米オープンテニス

錦織圭選手は、準々決勝でATPランキング1位で、直近のリオオリンピック金メダルアンディ・マレーフルセットの熱戦で撃破。久し振りにこんなに長時間テニス試合を朝まで見守った。

f:id:kohki3103609:20170506213958j:image

f:id:kohki3103609:20170506213952j:image

f:id:kohki3103609:20170506213946j:image

f:id:kohki3103609:20170506213940j:image

しかし、残念ながら、準決勝ワウリンカに敗れた。2014年の本大会での実績のようにはいかなかった。

f:id:kohki3103609:20170506214159j:image

準々決勝では、復帰してリオオリンピック銀メダルになるなど、本来の強さを取り戻し始めたファンマルティンデルトロの姿も。

かつてその強さを認められながらも怪我でずっと欠場していてATPポイントを全て失い、どん底経験した彼がここまで復帰してきた。

そんな彼の過去を知っている会場のテニスファン達は、ワウリンカに負けそうになっても諦めずに戦い続ける彼に対して、お帰りなさいの割れんばかりの拍手

そんな拍手に対して、彼も思わず涙。自分も強かった過去の実績を知っているので、彼の復帰に思わず感動。

f:id:kohki3103609:20170506215144j:image

f:id:kohki3103609:20170506215138j:image

f:id:kohki3103609:20170506215132j:image

f:id:kohki3103609:20170506215126j:image

f:id:kohki3103609:20170506215119j:image

f:id:kohki3103609:20170506215102j:image

決勝はジョコヴィッチvsワウリンカ

試合の途中で撮影された、アーサー・アッシュスタジアムから眺める夕焼けニューヨーク摩天楼景色がとても美しくて印象的だった。

f:id:kohki3103609:20170506221515j:image

f:id:kohki3103609:20170506221510j:image

f:id:kohki3103609:20170506221503j:image

優勝は、ワウリンカ。ここのところ、絶対王者だったジョコヴィッチにワウリンカ、マレーも拮抗し始めたので、錦織圭選手グランドスラム優勝はまだまだ難しいようだ。2017年も楽しみだ。

f:id:kohki3103609:20170506221925j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160920

2016-09-12 高野龍神スカイラインウルトラマラソン:登り坂に四苦八苦して完走!

[] 高野龍神スカイラインウルトラマラソン:10km続く登り坂に四苦八苦しながら無事完走! 16:34

2016年9月11日日曜日高野龍神スカイラインウルトラマラソン当日。

朝5時30分のスタートに向けて、4時過ぎに宿泊した宿坊・恵光院を同室の方と一緒に出て、歩いてスタート地点の高野山大学へ。

開会式高野山大学の立派な講堂で。こんな朝早くから関係者の方々は大変だ。金剛峰寺の僧侶の方々は普通なのかな。

f:id:kohki3103609:20170430121529j:image

f:id:kohki3103609:20170430121519j:image

空が明るみ始めて、午前5時30分、高野龍神スカイラインウルトラマラソン、スタート!

f:id:kohki3103609:20170430121859j:image

スタート直後、高野町内を少しだけ走ってすぐに本日舞台となる高野龍神スカイラインに入った。

自動車専用道路であるこの国道371号線を全面通行止めにしての本大会

交通量が多いであろう日曜日によくこんな大規模な交通規制を快諾したなぁ」と感心しつつ、貴重な機会を嚙みしめながら走った。

朝日高野龍神スカイライン上で見ながらのラン。

f:id:kohki3103609:20170430122526j:image

f:id:kohki3103609:20170430122629j:image

序盤からいきなりの登り坂。

アップダウンキツイことは覚悟していたが、いきなりこれかぁ。100kmの序盤からこれでは、今日は大変な闘いになりそうだ。」

とまだまだ序盤なので走って登り坂を登った。

そんな高野龍神スカイラインから眺める広大な紀伊山地の山々の眺めが頑張っている自分へのご褒美。

自動車バイクで走っているのではここまでゆっくり自分の足で走りながら景色を眺められる事なんてない。

貴重な機会と非日常を堪能していることを実感。

f:id:kohki3103609:20170430123514j:image

f:id:kohki3103609:20170430123503j:image

f:id:kohki3103609:20170430123657j:image

f:id:kohki3103609:20170430123736j:image

f:id:kohki3103609:20170430123646j:image

10km辺りで熊野古道ひとつである小辺路高野山熊野本宮大社)との合流地点に到達。

ちょうど4年前の9月小辺路を1泊2日かけて走ったトレイルランニングに出場した時、ここで熊野龍神スカイラインを渡って、小辺路山道に入って行ったことを思い出した。4年経って、今回は高野龍神スカイライン舗装された道路を走っているなんて奇遇だ。

f:id:kohki3103609:20170430124602j:image

20km手前、サービスエリアひとつであるレストラン鶴姫に到着。

ここではランナーRED BULLが振る舞われた。

これまで出場した数あるマラソンの中でエイステーションで出されたのは初めてだ。1本200円はするであろうに、高野龍神スカイラインの全面通行止めと合わせてお金がかかっているなぁ。

20kmしか走っていないので、炭酸飲料はまだ不要だったのだが、思わず頂戴した。氷水キンキンに冷やされていて美味しかった。後半80km辺りでここに戻ってくるハズなので、その時には大変助かりそうだ。

f:id:kohki3103609:20170430125348j:image

f:id:kohki3103609:20170430125332j:image

標高1,040mのところには花園あじさい園があった。6月辺りに来たら綺麗そうだ。

f:id:kohki3103609:20170430125756j:image

f:id:kohki3103609:20170430125745j:image

和歌山県田辺市竜神村に入った。

f:id:kohki3103609:20170430130310j:image

高野龍神スカイラインの最高地である標高1,239m地点を過ぎて、35km地点、護摩壇山のごまさんタワーに到着。

f:id:kohki3103609:20170430130516j:image

ここまで来たらしばらく下り坂と思っていたが、その間に距離合わせのような往復8kmほどの細いアップダウンが激しい道路。これまでの緩い登り坂ではないので、距離は短いもののきつかった。

f:id:kohki3103609:20170430131013j:image

ここが終わると、高野龍神スカイラインに戻って、折り返し地点までは下り坂一辺倒。

「しばらくは楽だなぁ」と安心して走っていたものの、その下り坂が思っていた以上に急で、しかも10kmも続くため、好調ハイペースで下り坂を走っていたものの、「復路ではこれを登る必要があるんだよな・・・」と大好きな下り坂なのに気が滅入り始めた。

そんな10km続く復路の登り坂を涼しい顔で走って登っているトップランナーとすれ違うと、彼らが本当のウルトラランナーだと思い知らされる。今の自分ではとてもこんな登り坂を走って登られない。

f:id:kohki3103609:20170430131606j:image

f:id:kohki3103609:20170430131554j:image

55km過ぎの龍神村でようやく折り返し。

f:id:kohki3103609:20170430133338j:image

f:id:kohki3103609:20170430133327j:image

f:id:kohki3103609:20170430133315j:image

折り返してからはいよいよ懸念していた10km以上続く登り坂。

60km辺りまでは走っていられたものの、それ以降は更に急になり、さすがに走っていられなくなった。

f:id:kohki3103609:20170430135546j:image

f:id:kohki3103609:20170430135531j:image

その結果、約10kmに亘って全歩き。自分の走力では60kmを過ぎて、高野龍神スカイラインの急峻な登り坂を走って登る事は出来なかった。

「あぁ、まだまだだなぁ」と打ちひしがれながら、疲労困憊で70km手前の最高点であるごまさんタワーに戻ってきた。

「やっと長かった10kmの登り坂が終わりだ!」とほっとひと安心すると共に、ここでの関門制限時間を見て驚愕

関門制限時間15時に対して30分くらいしかない。

マジか!慌ててここに来るように手配されていたはずの荷物を取りに行こうと思ったら、到着するのが遅過ぎて荷物はゴール地点に向かって出発してしまったと告げられた。

携行補給食は予定より使っておらず、残り30kmであれば補充は不要だったし、のんびり着替えなどしていられないので、先を急ぐ事にした。

この状況に大会後、多くのランナーから不満が挙がって大会側が不手際HP謝罪していたが、第1回でこういうことは往々にしてあるので、仕方がない。

こういう事態も一興として受け入れながらも100kmを完走できるキャパティと走力、メンタルがあるランナーこそが真のウルトラランナーだ、と自分は思う。いちいちこういった事態文句・不平不満を言っているヒマがあれば先を急ぐべきだ。

ウルトラマラソンで、関門の制限時間に追われてヒヤヒヤしながら走るのは久し振り。

時間を気にしながらの次の関門である86km地点のレストラン鶴姫までのランは、生きた心地がしなかった。

86km地点のレストラン鶴姫に到着した時間は、関門制限時間17時15分に対して、16時53分。良かったぁ。

f:id:kohki3103609:20170430143534j:image

携行補給食と往路で楽しみにしていたRED BULLでエナジー補給

f:id:kohki3103609:20170430144638j:image

さて、この関門さえ過ぎれば、ゴールは見えた。しかも残り14kmは得意な下り坂が続く。

これまでの登り坂で蓄えておいたエネルギーを開放する時が来た。

ここぞとばかりに、下り坂を一気に駆け下りた。もし飛ばし過ぎてエネルギーが切れたって、後は歩いてでもゴールできる。

80kmを過ぎてこれだけ足が残っている自分の走力に感動しながら、あっという間に90km、95kmを過ぎた。これまでの長かった登り坂での10kmと大違い。

f:id:kohki3103609:20170430145000j:image

f:id:kohki3103609:20170430144949j:image

最後の96km地点の最終関門も30分前に到着。

f:id:kohki3103609:20170430145739j:image

後はゴールまでのカウントダウン

f:id:kohki3103609:20170430150208j:image

f:id:kohki3103609:20170430150156j:image

残り2kmを過ぎて、高野龍神スカイライン離脱。長かったぁ、当分、近づきたくない笑

f:id:kohki3103609:20170430151622j:image

高野町からゴールの高野山大学に戻る頃には日も暮れ始めて、無事ゴール!

f:id:kohki3103609:20170430155846j:image

f:id:kohki3103609:20170430155822j:image

完走タイムは、12時間57分53秒。

いやはや、今回は危なかった。制限時間は13時間30分なので、全く時間に余裕が無かった。そんな状態だったので、ゴール後の安心感・達成感はひとしお。良かったぁ〜。

f:id:kohki3103609:20170430162410j:image

そんな大変な想いをして完走できた大会なので、この世界遺産紀伊山地紀州材で作製された完走メダルは良い思い出になる。

f:id:kohki3103609:20170430162404j:image

大会後、こんなアップダウンが多い日本屈指の難コース制限時間13時間30分は短過ぎ、という声がランナーから挙がっており、自分も同感。

完走率は低く、46.12%だったとのこと。そりゃそうだ。

サロマ湖100kmウルトラマラソン四万十川ウルトラマラソン東京柴又100Kに次ぐ、日本で4番目の日本陸連公認コースだそうだが、こんな過酷コースが陸連公認とは信じられない。

f:id:kohki3103609:20170430161008j:image

今回、60kmの急峻な登り坂を登りきった後、86km地点の関門に至るまでは制限時間に追われて生きた心地がせず、久し振りに関門タイムアウト意識した。86km以降の下り坂を駆け下り挽回出来たものの、完走タイムは13時間近くと、サロマ湖100kmウルトラマラソンなどのようなフラットな100kmであれば10時間30分で完走できるのに、2時間30分も多くかかってしまった。

ここ最近ウルトラマラソンでは100kmを当たり前のように完走できるようになってきたので、完全に自分の走力を完全に過信していた。上り坂を走る事ができない自分はこういうトレイルみたいなアップダウンが多いレースにはまだまだ通用しないことを思い知らされた。

走っている最中、登り坂で四苦八苦している自分客観的に見て、2週間後に出場予定の日本屈指の山岳ウルトラとして有名な「村岡ダブルフルウルトラマラソン」なんて、この大会よりもコースキツイだろうから、今の自分では時期尚早と判断してDNSにして、シルバーウィークゆっくりしていようと心に決めていた。

が、終了後1週間もしないうちに、

「ここで逃げ出したら、一生後悔して、他のマラソン大会村岡Tシャツを着ているランナーを見ると負けた気分になるので、DNF覚悟で挑戦してみよう。まぁ何とかなるだろう。」

と思うようになってきた。

何よりも平日の仕事マラソンに比べるとつまらない上に忙し過ぎてストレスと疲れが溜まるので、新しい刺激がまた欲しい。久し振りに極限状態を味わったので、あれをまた味わいたい。根っからドMだなぁと実感。

今回、これまで以上に完走後の自分に克った勲章でもある筋肉痛がひどかったのだが、これが癒えればまた脚力が強くなる。そして、今回この苦しみを乗り越えたことでメンタルも強くなった。良い経験をさせてもらった。

と、前向きな気持ちになっていたものの、この2週間後の「村岡ダブルフルウルトラマラソン」では更なる『地獄』を見ることになる・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160912

2016-09-10 高野龍神スカイラインウルトラマラソン:宿坊初体験!

[] 高野龍神スカイラインウルトラマラソン宿坊初体験21:11

9月10日土曜日北海道マラソン完走から2週間。

秋のマラソンシーズンがやって来る前の9月10月ウルトラマラソンシーズン。各地で主要なウルトラが開催される。

2016年は今年初開催の「高野龍神スカイラインウルトラマラソン」に挑戦する事に決めた。

何故なら、第1回開催もあるし、紀伊山地のど真ん中を貫く「高野龍神スカイライン」を全面通行止めにしての大規模なウルトラマラソン大阪から近い場所で開催されるというニュースを見て、関西に住むウルトラランナーのひとりとしてこれは出場しないワケにはいかないだろう、と思い立ち、即座にエントリーした。

普段自動車専用道路の「高野龍神スカイライン」を全面通行止めにして走る事ができるなんて凄い。こんなレア経験はなかなかできない。

そんな非日常を味わうために、前日に高野山高野町へ移動。

天下茶屋から南海高野線に乗って、高野山の麓である極楽橋駅に到着。

ここからケーブルカー高野山頂上の高野山駅へ行く。

f:id:kohki3103609:20170416175805j:image

f:id:kohki3103609:20170416175744j:image

f:id:kohki3103609:20170416175725j:image

高野山駅に到着。ここからは歩いて高野町に行く事は出来ず、一般車両の通行も禁止されており、バスしか行けない。神域なので、下界では無い決まりがある。

f:id:kohki3103609:20170416175705j:image

f:id:kohki3103609:20170416205403j:image

高野町に到着。

ここに来るのは2度目。かつて2012年9月熊野古道ひとつである小辺路(こへち)を走るトレイルランニングに出場して、1日目は十津川村廃校宿泊、2日目は熊野本宮大社がゴールの70kmを走った際、スタート地点がここ高野山金剛峰寺だった。

前夜祭(宵宮祭)会場の高野山大学体育館へ。

f:id:kohki3103609:20170416181722j:image

高野町少年少女による高野太鼓演奏高野山金剛峰寺の僧侶達の声明による歓迎と激励を受けた。

交通の便が悪い場所なだけあって、この時間に間に合うように来るには難しい出場ランナーは少ないのか、残念ながら出席していた出場ランナーは少なめ。

f:id:kohki3103609:20170416182041j:image

f:id:kohki3103609:20170416182031j:image

f:id:kohki3103609:20170416182011j:image

たくさんの料理を振る舞ってもらえた。

f:id:kohki3103609:20170416182829j:image

f:id:kohki3103609:20170416182809j:image

f:id:kohki3103609:20170416182749j:image

最後にはオリンピアントークショー

1964年東京オリンピックマラソン代表寺澤徹氏、1976年モントリオールオリンピックの競歩代表森川嘉男氏。

自分は貴重なお話を聞けて大変楽しくて有意義時間だったのだが、明日ウルトラを走るランナーを長時間立ちっぱなしでいさせた事などの大会運営に不満を抱いていたランナーも多かったみたい。

まぁ、第1回大会なので、大会側もランナーへの配慮が行き届かない点が多々あることは往々にしてあり、過去に出場した初開催大会で何度も経験済みでこちらは覚悟していた。

前夜祭の内容がどうであれ、自分目的は翌日の本大会なので関係は無い。

むしろ休みの日にボランティアでこの場を準備してくれた事に感謝すべきだ。

これくらいのことで不満を言っているようなメンタルでは、そのランナーは翌日完走できなかったのだろうと推測。

f:id:kohki3103609:20170416201959j:image

お二人が退場される際に、誰もお二人のところに行かないので、自分はせっかくなのでお写真を撮って頂くことをお願いしたところ、快諾して頂けた。他のランナー達はこのオリンピアンのお二人の偉大さが分かっているのかなぁ。

f:id:kohki3103609:20170416202530j:image

高野山に来たら必ず参拝するであろう金剛峰寺は、今回は時間が無かったのでスルー

f:id:kohki3103609:20170416202846j:image

そして、楽しみにしていたこの日宿泊する宿坊へ。自分恵光院というお寺だった。

f:id:kohki3103609:20170416203514j:image

お寺で宿泊するのは人生初。何もかもが新鮮で、お寺に泊まるという非日常がとても楽しかった。

f:id:kohki3103609:20170416205024j:image

食事ももちろん精進料理明日カロリーをたくさん使うので、ちょっと物足りない。

f:id:kohki3103609:20170416205234j:image

記念に恵光院からお箸を戴けた。

f:id:kohki3103609:20170416205609j:image

部屋は襖だけで仕切られた2人1部屋の狭い部屋。一度にこれだけの宿泊客を受け入れる事もないであろうから若い僧侶の方々は大忙し。

f:id:kohki3103609:20170416210135j:image

2週間前の札幌すすきの欲望・誘惑溢れる地から一転、今回は禁欲の地・高野山での宿泊

このギャップがスゴイ。

夜の高野町ブラブラしてみたものの、店は全て閉まっていてひっそり。

これは食事をして風呂に入った後は寝るしかない!、ということで早めの就寝。

翌日に向けて睡眠時間も体調も十分だったハズだが、翌日の「高野龍神ウルトラマラソン」本番では地獄を見ることになる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160910

2016-08-28 北海道マラソン:完走も4年前のリベンジには至らず

[] 北海道マラソン:完走も4年前のリベンジには至らず 02:30

8月28日日曜日北海道マラソン当日。

昨晩、心も身体も癒されたので、睡眠時間は少ないものの、清々しい気持ちで朝6時に起床。

すすきのホテル荷物を預けて、スタート地点の大通公園に徒歩で向かう。

昨日と同様に澄んだ青空が広がる夏らしい素晴らしい朝で気持ち良かった。

夜の街・すすきのは人気が少なくてひっそりとしているものの、大通公園に近づくにつれてランナーが増え始め、みんな、興奮しながら準備したりストレッチをしたりしていて、自分も気分が高揚し始めた。

f:id:kohki3103609:20170409130648j:image

f:id:kohki3103609:20170409130628j:image

f:id:kohki3103609:20170409130609j:image

f:id:kohki3103609:20170409130543j:image

自分がいるCブロックはちょうど札幌時計台を望む事ができる場所

普段はこんな感じの電光掲示板なのだ・・・

f:id:kohki3103609:20170409131214j:image

スタート直前になると、その電光掲示板カウントダウンに変わる。年に1回の貴重な一瞬だ。

f:id:kohki3103609:20170409131528j:image

f:id:kohki3103609:20170409131503j:image

f:id:kohki3103609:20170409131435j:image

スタート時点で既に19度。案の定、暑くなる事が予想される中に、国内唯一の真夏フルマラソンで、自身4年振りの北海道マラソン、スタート!

暑いコンディションの中でどこまで頑張る事ができるか。

最初は、昨晩お世話になったすすきのを越える。有名なニッカウヰスキーの髭のおじさんの看板があるすすきの交差点だ。

f:id:kohki3103609:20170409132844j:image

豊平川を2回渡って再び札幌市街地に戻って来て、お馴染みの創成トンネルという地下トンネルを走る。トンネルの上から応援して頂いている方々に手を振って応える。

f:id:kohki3103609:20170409133448j:image

f:id:kohki3103609:20170409133339j:image

f:id:kohki3103609:20170409133313j:image

北海道大学沿いを走って中盤、北海道マラソンでの最大の難関、一直線に続く新川通の往復13km。

4年前は暑さ&この延々と続く新川通でバテてしまって、後半死ぬ思いをして、後半37kmまで歩きが入って、37km地点でガマンできずに吐いた結果、復調してダッシュしたものの、結局、ゴールするのに5時間かかってしまい、制限時間5時間ギリギリで九死に一生を得た苦い思い出がある。

その苦い思い出を4年振りに払拭するのも、今回出場を決めた理由ひとつだ。

f:id:kohki3103609:20170410015733j:image

f:id:kohki3103609:20170410015712j:image

f:id:kohki3103609:20170410015651j:image

この4年間でたくさんの経験をして実績を積んできたので、新川通は難なくクリア

新川通の折り返し後で食べたスイカが美味しかった。

f:id:kohki3103609:20170410015909j:image

ところが、その後の後半になって暑さで徐々にペースダウン。4年前のように歩き続けるような事はないものの、暑さで胃をやられてしまったようだ。

終盤になって、北海道大学構内を走る。木々木漏れ日の下を最後の力を振り絞る。

f:id:kohki3103609:20170410020503j:image

f:id:kohki3103609:20170410020443j:image

f:id:kohki3103609:20170410020424j:image

北海道大学構内終わり。次は旧道庁だ。

f:id:kohki3103609:20170410020859j:image

道庁の赤レンガの建物。こうやって走って見るのも良い思い出だ。ただ観光で来て見るのとはワケが違う。

f:id:kohki3103609:20170410021247j:image

f:id:kohki3103609:20170410021220j:image

道庁を越えてゴール目前のところで4時間を超えてしまった。ガッカリ。

f:id:kohki3103609:20170410021517j:image

大通公園沿いの道路を走って、北海道マラソン、2回目のゴール!

f:id:kohki3103609:20170410021821j:image

f:id:kohki3103609:20170410021756j:image

タイムは4時間2分もかかってしまった。最近練習不足な上にこの暑さなので仕方がないが、せめてサブ4で走りたかった。

でも、4年前は5時間もかかっていたので、成長が見られただけ及第点だ。

そして、北海道の形をモチーフにした完走メダルをゲット!

f:id:kohki3103609:20170410022102j:image

完走後は、その日のうちに新千歳空港から帰阪。たった2日間だけど、札幌を十二分に堪能した。

最高の結果が得られて燃え尽きたサロマ湖100kmウルトラマラソンから2ヶ月。仕事が激務で満足に走ることが出来ず、溜まっていたストレスと疲れを大量の汗と共に発散することができた。

ただ、暑さは想定内だったものの、後半に胃をやられてペースダウンの撃沈レースだった。いやはや、真夏のフルの攻略は難しい。

すすきので大人の遊びも堪能できる札幌での宿泊も含めて、北海道マラソンはやっぱり面白い

真夏フルマラソンは貴重だし、暑い中で走る過酷なコンディションはとても良い練習になるし、真夏フルマラソンを満足がいく結果で完走するという高い壁ができた。

8月は他に大きなレースは無いし、毎年、北海道マラソンエントリーして、札幌に1年に1回は来る機会を作る事にン決めた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160828

2016-08-27 北海道マラソン:真夏の札幌へ

[] 北海道マラソン真夏札幌19:13

8月27日土曜日北海道マラソン前日。

8月はこれ以外に刺激的なイベントが無かったので、この日が来るのを待ちに待っていた。

1分1秒でも多い時間札幌で過ごしたい為、朝一で関西国際空港へ向かって札幌へ。

北海道自体には毎年来ているものの、毎年6月サロマ湖100kmウルトラマラソン2015年9月オホーツク網走マラソン道東ばかりに行っていたので、久し振りの札幌

かつて旅行でも仕事出張でも札幌には何度か来た事があるのだが、今回は4年前の2012年8月末に北海道マラソンに出場して以来だ。

大きくて立派な札幌駅を見るのも久し振り。

f:id:kohki3103609:20170408034226j:image

ホテルチェックインまでまだまだ時間があったので、前日受付会場でもある大通公園まで徒歩で向かった。

雪国札幌は、雪が降った時でも安全に通行ができるように地下街が充実していて札幌駅からすすきのまで地下道が続いているのだが、あえて外を歩いた。

この日は本当に良い天気で、確かに暑いのだが、さすが北海王なだけあって本土のような不快湿度が無いので、とても気持ち良かった。明日北海道マラソン本番も快晴で暑くなりそうな事を容易に予想できた。

4年前にもそう思ったが、この大通公園の緑、色とりどりの花が植生されている花壇の雰囲気がとても好きだ。

そして、大通公園と言えば、札幌テレビ塔。

北海道マラソン当日は、あの電光掲示板が1年に1回だけ、スタート前のカウントダウンを刻む。

f:id:kohki3103609:20170408034615j:image

f:id:kohki3103609:20170408174736j:image

如何にも夏らしい青々とした青空に、札幌テレビ塔がとても映える。

f:id:kohki3103609:20170408174725j:image

4年前に北海道マラソンに出場した際は、地下道から通じているホテルの地下会議室みたいなところでこじんまりと前日受付をしていたのだが、最近大通公園で大々的に前日受付をしていた。

日本全国のたくさんの大会に出場したいが故に、余程思い入れが無い限りは2回目の出場はしない自分がまた北海道マラソンに出場しようと思ったのは、メインスポンサー2016年からSVOLME」になったからだ。

「SVOLME」と言えば、フットサルのウェアなどを取り扱っていて、そのロゴマークや他社にはない奇抜で目立つデザインなどが昔から好きで、フットサルは全くやらないのにTシャツなどを持っていたのだが、最近ランニングウェアにも進出してきて、この度、北海道マラソンのメインスポンサーになるという話を聞いて、「それならば!」と即エントリーを決めた。

日本全国のマラソンには必ずスポーツメーカーのメインスポンサーがいて、定番MIZUNOASICSなのだが、北海道マラソンのようにスポンサーをするのが珍しい大会もある。NIKE名古屋ウィメンズマラソン名古屋ティハーフマラソンPUMAさいたま国際マラソンNEW BALANCE湘南国際マラソン自分の好きなTHE NORTH FACEを展開するGOLDWIN本社がある富山県富山マラソンなど(意外とNIKEAdidasってマラソンスポンサーをしていない)。そのメインスポンサーによる参加記念Tシャツなどをゲットできるので、スポンサー大会を選ぶのもまた一興だ。

f:id:kohki3103609:20170408181110j:image

前日受付会場には「SVOLME」の大会限定商品などを扱うブースがあって大盛況。大会限定などという言葉に弱い自分も、大好きなブランド商品なだけあって、ここぞとばかりにいろいろ買ってしまった。

f:id:kohki3103609:20170408181121j:image

MIZUNOASICSなどといった大手スポーツメーカーでは見られない、相変わらず斬新的で挑戦的なデザインだ。

他社と同じデザインで展開していては勝てないので、目立つデザインにして他社との差別化を図る事で消費者に覚えてもらおうとしている新参者らしい魂胆が垣間見えて納得。

f:id:kohki3103609:20170408181059j:image

前日受付が完了した後は、すすきのホテル荷物を預けて、札幌の街を散策

自分の好きなスポーツブランドのSVOLMEやTHE NORTH FACE、UNDER ARMORなどの店を巡ったり、札幌名物海鮮丼スープカレーをここぞとばかりに食べた。

f:id:kohki3103609:20170408183428j:image

f:id:kohki3103609:20170408183415j:image

札幌みそラーメンの名店「信玄」が宿泊ホテルの近くにあるのを発見

この写真を撮った時は腹がいっぱいだったので夜に行こうと思ったら、夜にはこの店の前に客が大行列。少しだけ並んでみたものの、全然進まなかったので、翌日の事も考えて、今回は諦めた。

f:id:kohki3103609:20170408190331j:image

そして、夜は、せっかくすすきの宿泊しているため、普段欲求不満自分の心を満たす為にすすきの街に繰り出してスッキリ

翌日にフルマラソンを控えているのに、全く緊張感無しで遊びまくってしまった。地方開催のマラソンではこうはいかない。都会で開催されるマラソンならではだ。

心も満たされたので、翌日は北海道マラソン完走という達成感で心を満たす日だ。

f:id:kohki3103609:20170408185352j:image

f:id:kohki3103609:20170408185342j:image

北海道マラソンは、SVOLMEのブースで購入した蛍光黄色限定Tシャツを着て走る事にした。

普段生活でこんな派手なTシャツを着る事なんてまず無く、マラソンの時だけ。マラソンではこういうスタイルはみんなしていて当たり前。普段とは違ったスタイルで、違った自分になれる。これもマラソン醍醐味だ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160827

2016-08-20 サロマ湖100kmウルトラマラソンの記念写真、来る!

[] サロマ湖100kmウルトラマラソン記念写真、来る! 01:07

6月26日に開催されて最高の結果で100kmを完走できた思い出深いのサロマ湖100kmウルトラマラソン写真がやって来た。

3回目の完走で10時間38分で完走できた歓喜の笑みが見て取れる。

これを部屋に飾って、楽しかったあの日を思い出して、無為で平凡な毎日に活力を与えよう。

f:id:kohki3103609:20170402010638j:image

f:id:kohki3103609:20170402010628j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160820

2016-08-15 リオオリンピック回顧録

[] リオオリンピック回顧録 00:47

2016年のリオオリンピックは、連日の日本メダルラッシュ寝不足毎日仕事が忙しい中に迷惑な話だった(笑)

印象に残ったシーンがあり過ぎるので、写真だけ貼り付け。

f:id:kohki3103609:20170402001507j:image

f:id:kohki3103609:20170402001457j:image

f:id:kohki3103609:20170402001445j:image

f:id:kohki3103609:20170402001435j:image

f:id:kohki3103609:20170402001425j:image

f:id:kohki3103609:20170402001414j:image

f:id:kohki3103609:20170402001404j:image

f:id:kohki3103609:20170402001354j:image

f:id:kohki3103609:20170402001343j:image

メダル獲得のシーンはみんな素晴らしかったが、特に印象的だったのは大好きなテニス錦織選手ガエル・モンフィスマッチポイントを握られながら驚異の粘りで勝って準決勝進出錦織奇跡の逆転で勝った瞬間、泣いていて感動。

f:id:kohki3103609:20170402002115j:image

準決勝世界ランキング1位のアンディ・マレーにあっさり負けてしまったが、銅メダル決定戦でビッグ4の一角であるラファエル・ナダルに勝って、日本勢96年振りの銅メダル獲得の快挙!

応援していた日本テニス関係者達も錦織選手と一緒に感動していた。

f:id:kohki3103609:20170402002520j:image

f:id:kohki3103609:20170402002509j:image

f:id:kohki3103609:20170402002459j:image

怪我で戦列を離れていたアルゼンチンデルトロ銀メダル。ずっと怪我でランキングを落としていた彼の復帰にも感動。錦織選手が苦手にしている選手が帰ってきたので、グランドスラムで優勝にするためにはこれから大変だ。

f:id:kohki3103609:20170402002448j:image

閉会式での次回開催国日本PRが本当に秀逸だった。

椎名林檎っぽい演出が素晴らしかったし、マリオドラえもんなどの日本アニメキャラクター日本ゲームなどのサブカルチャーを交えたPR映像は、日本人の我々が見ても、外国人が見ても印象に残ったのではないだろうか。

そして、最後安倍首相マリオコスプレ土管から出てくる演出

誰が考えたのだろうあの演出。そして、それを快諾した安倍首相あっぱれ。もうちょっとマリオコスプレ姿を見たかったけど・・・

これは世界に対して、日本文化のすばらしさを見てもらえて、良いチャンスだったと思われる。自分外国人なら日本に行きたくなる。

f:id:kohki3103609:20170402003802j:image

f:id:kohki3103609:20170402003748j:image

f:id:kohki3103609:20170402003735j:image

何気にオリンピック間中放送されていた、2020年東京オリンピックに向けて、“街から世界を変えよう。”という思いを込めた、スポンサー三井不動産の「BE THE CHANGE」のCMが好きだった。

世界の方々が4年後の日本に注目しているインタビュー映像に、蒼井優ナレーションが良かったし、最後に無邪気な子供が元気にカメラに向かって叫ぶのが可愛くて良かった。

f:id:kohki3103609:20170402004718j:image

D

D

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160815

2016-08-10 山の日に日本一低い山・天保山に登頂!

[] 山の日日本一低い山・天保山に登頂! 00:05

8月11日日曜日

2016年に初めて制定された「山の日」ということで、毎週の早朝ランニングでいつものコースを走り、大阪港中央突停で折り返した後、海遊館を通って、標高4.53mの天保山に登頂!

ちゃんと国土地理院発行の地形図山名と共に掲載されており、山頂には二等三角点がある。

看板には、日本一低い山と記載があるが、2014年標高3m日和山 (仙台市) が認定されたことで日本で2番目に低い山となってしまったが、そこら辺はご愛嬌だ。

f:id:kohki3103609:20170401235325j:image

f:id:kohki3103609:20170401235314j:image

f:id:kohki3103609:20170401235433j:image

この日も朝から真夏の陽気だったが、ゆっくりLSDをする分には心地良い暑さで20km。

8月末の北海道マラソンに向けて良い暑熱馴化練習になった。

f:id:kohki3103609:20170401235303j:image

f:id:kohki3103609:20170401235253j:image

世間は翌日から大人夏休みだが、2016年ゆっくり休めず、結局、実家帰省してゆっくりできたのは8月13日14日の土日だけだった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160810

2016-08-01 2017年G.W.は萩往還で140kmを完踏する!

[] 2017年G.W.は萩往還で140kmを完踏する! 05:18

2017年8月1日月曜日会社に行く前の朝9時。

会社近くの郵便局の開局と共に、郵便局に入り、必要事項を記載した郵便払込取扱表を窓口に提出して、2017年5月のG.W.期間中に開催される「第29回山口100萩往還マラニック大会」の「B.140km」の部のエントリー完了した。

マラソンに出場するためのエントリーはRUNNETやSPORTS ENTRYなどのマラソン専用サイトを利用するのが多いが、この大会郵便払込取扱表のみでのエントリー。今日び、珍しいエントリー方法だ。

このことを全く知らず、去年もエントリーしようと思っていたのに、大会事務局郵便払込取扱表の取り寄せをお願いしている間にエントリー開始日を迎えてしまい、郵便払込取扱表を受け取って提出しようと思った頃にはエントリーが締め切られてしまっていた。エントリー開始からすぐに定員がいっぱいになる大人気の大会だ。

今年は昨年と同じ轍を踏まないように、早めに大会案内と郵便払込取扱表を取り寄せ、準備万端でこの日を迎えた。

これでやっと念願の第29回山口100萩往還マラニック大会エントリーをする事が出来た。

何と悲しい事に、このウルトラランナーの間では大変有名なこの大会、第30回大会で終了してしまうとのこと。これを知った時、かなりショックだった。

これは2017年大会で「B.140km」を完踏して、2018年最後の第30回大会で最高峰の「C.250km」に挑戦して完踏だ!(「C.250km」には「B.140km」を完踏しないと挑戦できない)。

これは将来に向けて大きな目標が出来た。越え甲斐のある素晴らしい目標が出来て嬉しい。この大目標達成に向けて、これから頑張っていこうと心に誓う。

f:id:kohki3103609:20170325051452j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160801

2016-07-31 初めてのロードバイクを体験

[] 初めてのロードバイク体験 04:48

7月30日土曜日、お世話になっている知り合いに会社慰安旅行に来てみないかとお誘い頂いた。

琵琶湖沿いの湖西線おごと温泉駅で初めての下車。

f:id:kohki3103609:20170325031527j:image

駅前から送迎バスに迎えに来て頂いて、琵琶湖沿いの琵琶湖観光ホテルで美味しい料理を食べて、雄琴温泉の大浴場にて日頃の疲れを癒した。

f:id:kohki3103609:20170325032709j:image

翌朝、他の社員の方々はご家族と共に琵琶湖沿いのキャンプ場でアクティティ子ども達とされるというので、自分は知り合いと社長の3人でロードバイクにて琵琶湖沿いのサイクリングをする事になった。

もっぱら自分の足で走る事が大好きな自分にとって、ロードバイクにちゃんと乗るのは初めて。

サドルのクッションが硬いので、クッション付きのハーフタイツだけ準備して、ウェアはマラソン使用するものを着た。

最初はその乗り心地やギアの変え方などに慣れずに苦労したが、徐々に慣れてくると、このスピード感がたまらなく爽快だった。マラソンではこのスピード感は味わえない。

それに、時は7月末でかなり暑い日だったので、ランニングをしていたら地獄だったが、ロードバイクで快調に飛ばしていると涼しくて、真夏なのにとても気持ち良かった。ランニングであれば、真夏は早朝か夜くらいにしかとてもじゃないが走れないのだが、ロードバイクであれば真夏日中でも活動できそうだ。

こういうエンデュランス(耐久)系のスポーツマラソンに通ずるところがあるので、「やってみたら絶対にハマるだろうなぁ・・・」と心配していたら、案の定、大ハマり。

これは面白いランニングと共に、ロードバイク人気が高い理由がよ〜く分かった。

f:id:kohki3103609:20170325034912j:image

この日は、雄琴琵琶湖観光ホテルをスタートして琵琶湖大橋渡り琵琶湖沿いの湖岸道路通称さざなみ街道」を北上

琵琶湖を眺めながら、黙々とロードバイクを走らせるストイック感覚、最高に気持ち良かった。

守山市野洲市近江八幡市彦根市長浜市とどんどん琵琶湖沿いを走り、かつてSLびわこ号を見るためにやって来た木之本駅近くの億琵琶湖、賤ケ岳の麓にある「想古亭・源内」がこの日の目的地。

ここは天然鰻を食べられる事で有名な店だそうだ。

ロードバイクを走らせてきた後の鰻は最高に美味しかった。

f:id:kohki3103609:20170325040850j:image

鰻丼もうまいが、肝吸いも最高に美味しかった。

f:id:kohki3103609:20170325040836j:image

帰りは彦根まで戻って、彦根城近くのレンタサイクル店でロードバイクを返して、束の間のロードバイク体験乗車が終了。

琵琶湖を半周して約110km。

f:id:kohki3103609:20170325042831j:image

ロードバイクに乗っている事はマラソンで走るのに比べたら大した事は無くて体力的には問題無かったものの、炎天下で長時間過ごしたことでどっと疲れてしまった。

ロードバイクにもハマりそうだったが、帰りに彦根市に向かっている何にもない湖岸道路で、知り合いのロードバイクが道端の小石を拾ってしまったのか、急にパンク

自動車で我々のサポートをして頂いていた方がいたため、パンクをすぐに修理できて事なきを得たものの、自分の身にパンクが起こっていたら、もしも1人で走っていたら、と思うとぞっとした。

パンクは防ぎようがない予期しない出来事だし、自分身体はまだまだ元気なのにパンクのせいで動けなくなった時ののもどかしさ。

やっぱり、何かに頼ることなく、自分で鍛え上げてきた身体ひとつ勝負するマラソンの方が良い。

それにロードバイクは高価でお金がかかるし、メンテナンスが大変そうでそれを継続して行う事ができる自信が無いし、盗まれないように自宅で保管しようと思ったら大変だ。

ロードバイク輪行で持ち運びはできるものの、いろんな場所への遠征もし難い。

ロードバイク初体験は、ロードバイク面白さを知る事が出来たものの、マラソンの良さも改めて再認識する良い機会になった。

まだまだロードバイクに手を出すのは早い。引き続き、マラソンに注力していこう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160731

2016-07-23 夜叉ヶ池伝説マラニック、無念のDNS

[] 夜叉ヶ池伝説マラニック、無念のDNS 23:37

7月23日から24日にかけて、地元岐阜県神戸町舞台に開催される「夜叉ヶ池伝説マラニック」という大会がある。

1日目が45km、2日目は岐阜県滋賀県県境の山奥にある夜叉ヶ池に行って神戸町に返ってくる90kmを走り、2日で135kmを走る珍しい大会だ。

ウルトラマラソンを当たり前のように完走できるだけの走力・精神力が身についたし、3月小江戸大江戸200kで200kmも完走したという実績が出来たので、「やっとこの大会に出場できる!」とずっと楽しみにしていたのに、仕事での重要イベントで、7月22日金曜日から7月23日土曜日にかけて、東京ディズニーランドがある舞浜に行く事になってしまったので、大変残念ながら早々にDNS(Do Not Start)が決定してしまった。

仕事あっての趣味マラソン)なので、これは已む無し。

とは思っていても、土曜日舞浜重要イベントに携わっていながら、「今頃は走っていただろうに・・・」と溜め息しか出なかった。

来年こそは必ず出場して夜叉ヶ池を拝んでやる!」と決意した。

f:id:kohki3103609:20170320232814j:image

そんな悔しい想いを抱きながら、土曜日舞浜での仕事が終わった後、東京ディズニーランドに遊びに行く後輩達を尻目に、速攻で帰阪して、このモヤモヤした気持ちを発散させるために、大阪城ナイトランニングを敢行。

自分にとっては、東京ディスニーランド大阪城近くの天満橋周辺で開催されていた天神祭りよりも、岐阜県地方の町で開催される夜叉ヶ池伝説マラニックの方が魅力的だった。

岐阜県開催だし、大会が続く限りはいつでも行けるし、来年の楽しみにとっておくとしよう。

f:id:kohki3103609:20170320232933j:image

後日、夜叉ヶ池伝説マラニックの事務局から頼んでもいないのに案内書とゼッケン、参加賞が送られてきた。

このゼッケンをつけて走りたかったなぁ・・・

しかし、発送料金がかかっているだろうに、本当に良心的な事務局だ。

DNSにしてしまって、本当に申し訳ない事をした。これは来年必ず出場せねばなるまい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160723

2016-07-20 24時間リレーマラソン、今年も完走

[] 24時間リレーマラソン、今年も完走 23:16

毎年7月の恒例になってきた、大阪・舞洲で開催される24時間リレーマラソンに今年もチームフェルナンデスの一員として参加させて頂いた。

毎月のように、基本、1人で出場しているマラソンだが、オフシーズン7月に開催される年に1回の団体競技だ。

16日12から1712時迄、チームメンバー数十人でタスキを繋いで夜通し走り続け、自分としては5回目の完走だ。

例年快晴猛暑に苦しめられるのだが、今年は太陽が顔を出さずに走りやすく、結局、合計で20km程度しか走っていないので、ランによる疲れは無く、走るのを待っているインターバルが長くて眠気が強かった。

というか、ウルトラマラソンで100kmを走っているのに比べれば、全然楽であると思えるフィジカルメンタルが身についた。

f:id:kohki3103609:20170320224658j:image

快晴の中にスタート。今年も暑いかと思いきや、今年は24時間を通してかなり涼しかった。

f:id:kohki3103609:20170320224841j:image

f:id:kohki3103609:20170320224821j:image

自分の出番を待っている間は、チームのテントでメンバーと談笑したり、腹ごしらえをしたりしてゆっくり

f:id:kohki3103609:20170320225340j:image

f:id:kohki3103609:20170320225446j:image

f:id:kohki3103609:20170320225426j:image

f:id:kohki3103609:20170320225405j:image

f:id:kohki3103609:20170320225345j:image

f:id:kohki3103609:20170320225342j:image

夜になってももちろん走り続ける。ライブなどのイベントもあり。

f:id:kohki3103609:20170320230227j:image

自分が走った後は、すぐにチームのテントに戻って仮眠。

f:id:kohki3103609:20170320230119j:image

f:id:kohki3103609:20170320230058j:image

夜も明けて、あと少し。朝日が昇って幻想的な雰囲気だ。朝は涼しくて気持ち良い。

f:id:kohki3103609:20170320230759j:image

f:id:kohki3103609:20170320230738j:image

朝はホットドッグで腹ごしらえ。チームに食事を作ってくれる方がいてくれて、本当に助かる。

f:id:kohki3103609:20170320230718j:image

24時間の1時間前になると、毎年恒例のコースに全チームが集まってハイタッチ

これがこの大会ハイライトで、一番楽しい時間だ。

f:id:kohki3103609:20170320231204j:image

24時間が経つと、全チームがコースに溢れて歓喜の嵐。

普段レースであれば、1人で感動と達成感などを味わうのだが、年に1回、24時間完走の感動を仲間と共有できる貴重な大会だ。

f:id:kohki3103609:20170320231409j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160720

2016-07-15 青春18きっぷポスター:2016年夏版

[] 青春18きっぷポスター2016年夏版 21:37

2016年7月1日から発売開始された、青春18きっぷポスター

年に3回、春・夏・冬にある楽しみのひとつで、最近ではこのポスターのすばらしさにようやく世間気づき始め、そのどことなく懐かしい情景に感動を覚える方も多いようだ。

自分はずっと前からそれに気づいていて、以前からこのブログ話題にしてましたよ!と声高に叫びたい気分だ。

2016年の夏も大阪駅で見つけた。

2016年夏のポスター舞台は、熊本県鹿児島県を結ぶ肥薩線の駅のひとつである真幸(まさき)駅だそうだ。

この駅は、熊本鹿児島とを結ぶから肥薩線なのに、唯一、宮崎県にある。

そして、この写真からもわかるように、全国でも珍しい急勾配を登るためのスイッチバック構造の駅でも有名だそうだ。

f:id:kohki3103609:20170320205637j:image

ポスターコピーは、以下。

こののどかさこそ、真の幸せなのかもしれません。

青春18きっぷ題名の横には、

旅情あふれる名の駅へ。

記載されているように、これまではコピー時間記載されていたが、今回から珍しい名前の駅をテーマに紹介していくようだ。

「真の幸せ」と書いて真幸駅

確かにこれは縁起が良い駅名だ。

かつて自分も行った事がある北海道帯広にある「幸福駅」と同様に、この駅の切符観光客には有名だそうだ。

自分は「幸福駅」の切符を手に入れたものの、その後、幸福には至らなかったが・・・

ホームには「幸せの鐘」も置かれており、幸せと感じる度合いに応じて鳴らすのが良いとされているそうだ。

一度、こんなのどかな駅に旅して行ってみたいものだ。

f:id:kohki3103609:20170320211813j:image

f:id:kohki3103609:20170320211803j:image

平成28年4月熊本地震被災した熊本地方も早く復興して、このポスターのようなのどか風景が再びやってくるといいものだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160715

2016-07-12 ウィンブルドンテニス備忘録

[] ウィンブルドンテニス備忘録 20:06

2016年ウィンブルドンテニス

ジョコヴィッチは3回戦でアメリカのサム・クエリーに敗れる波乱。

f:id:kohki3103609:20170320192026j:image

そんなチャンスで錦織圭は4回戦まで進んだものの、躍進した2014年全米オープンテニスの決勝で闘ったチリッチの前でリタイア

グランドスラムではなかなか勝てない相手だ。リベンジは持ち越しだ。

f:id:kohki3103609:20170320192739j:image

復活を応援していたロジャー・フェデラー準決勝で、錦織圭と同世代ラオニッチフルセットの末に敗北。

あぁ、芝の王者が若手に負けるとは・・・世代交代は認めたくない。今後のフェデラーの復活に期待。

f:id:kohki3103609:20170320193831j:image

f:id:kohki3103609:20170320193830j:image

決勝は、地元・アンディマレーとフェデラーを倒したラオニッチ

ただ、そんなラオニッチはマレーがストレートで一蹴して、3年振りに地元で優勝。

f:id:kohki3103609:20170320194804j:image

ウィリアムズ王子夫妻も観戦していて、優勝後、マレーと談笑していた。

f:id:kohki3103609:20170320194751j:image

f:id:kohki3103609:20170320194737j:image

ラオニッチは初の決勝。錦織圭は、同世代ラオニッチウィンブルドンの決勝に先に行かれてしまって悔しい想いだろう。

錦織圭の今後の活躍を期待。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160712

2016-07-10 サロマ湖100kmウルトラマラソン:雨のサロマ湖で3年連続完走!

[] サロマ湖100kmウルトラマラソン:雨のサロマ湖で3年連続完走! 02:18

2016年6月26日日曜日サロマ湖100kmウルトラマラソン当日。

午前1時過ぎに起きて、ホテルがスタート地点の湧別町から遠いので、例年よりも早いうちに出発。

スタート地点に到着したのは午前4時前なのに、既に明るい。本土でのウルトラマラソンであれば、午前5時のスタートの頃は真っ暗なのだが、さすが緯度が高い北海道だけのことはある。

自分は、フルマラソンはもちろん、ウルトラマラソンでも身体の水分が全て汗となって排出されるためか、10時間以上走っていても尿意を催さない珍しいランナー向けの体質なのだが、今回、念には念を入れてスタート前にトイレに並んでいたら、用を足せたのがスタート10分前。

スタートに間に合うか冷や冷やした。「人気のある大会ではスタート地点到着直後にトイレに行く」という基本的約束をすっかり失念していた。危ない危ない。

無事、スタート地点について、ストレッチなどの準備運動もままならない中に、3回目となるサロマ湖100kmウルトラマラソン、スタート!

f:id:kohki3103609:20170205201602j:image

スタート直後、湧別総合体育館の周りをぐるっと1周した早々に雨が降り始めた。やっぱり今年は雨のサロマになることを覚悟した。

f:id:kohki3103609:20170205201900j:image

如何にも北海道らしい一直線の道を延々と走り、サロマ湖が見えてきたところで10km。

2年前はここで太陽が顔を出し、それ以降、どんどん気温が上昇して、猛暑の中でのサバイバルレースになった事を思い出す。今年は雨だけど、大雨ではないし、涼しくて断然走りやすい。暑いよりマシだ。

f:id:kohki3103609:20170205202255j:image

ここから20km迄は、サロマ湖を右に見ながら、折り返してきたトップランナーの力走を見ながら、サロマ湖砂洲の先端まで走って折り返す。

折り返し地点の辺り、例年は賑やかな応援をしてくれていたのだが、今年は雨なので落ち着いていた。

f:id:kohki3103609:20170205202942j:image

折り返した後は、サロマ湖をぐるっと1周する。

サロマ湖の周回道路から一部外れて内陸部に入った牧草地帯を走って30km、交通量が多いオホーツク国道沿いの歩道を走って40kmを順調に通過。雨による涼しさのおかげで、かなり調子が良かった。

f:id:kohki3103609:20170205203744j:image

f:id:kohki3103609:20170205203724j:image

オホーツク国道を一時離れて、サロマ湖道路を雨のサロマ湖を見ながら走る。名物サロマンブルーなんて全く見えなくて残念だが、何年も出場していれば、こういう年もある。これもまた一興。

お馴染みのフルマラソンの42.195km地点を示すモニュメントに到着。ここまで良いペースで来ているので、速攻で写真写真を撮って、先を急いだ。

f:id:kohki3103609:20170205204238j:image

f:id:kohki3103609:20170205204216j:image

半分の50km地点に到着。ここまでの経過時間は、スタートの朝5時から5時間2分。

凄い!目標にしていた6分/kmをここまでキープしている!!

このままのペースで最後まで行ければ夢のサブ1010時間以内完走)だが、レストステーションで休むのでそれは難しいにしても、良いペースだ。どこまで行けることやら。

f:id:kohki3103609:20170205205019j:image

55km手前にある年内休業中のルートイングランティサロマ湖茶色建物が見えてきた。

ここまで涼しくて発汗量が少なかった事もあって、ウルトラでは珍しくこの後のためにもトイレに駆け込んで用を足した。たくさんトイレが設置されていてすぐに入る事ができて助かった。

この日の為にRUNNETで購入した大会名がプリントされたウェアに着替え、エネルギー補給をしてスタート。

ここまで55km走っているのに、全然疲れていない。こんな調子が良いのは初めてだ、と早々にスタート。

来年は例年通りここに宿泊するつもりなのでよろしく!

f:id:kohki3103609:20170205205932j:image

f:id:kohki3103609:20170205205906j:image

レストステーション直後にある坂道も、例年であれば歩いて登るものの、今年は調子が良いので走って登った。

サロマ湖沿いの道路沿いで60km通過。レストステーションで休憩したこともあって、6時間19分経過。ちょっと休み過ぎたなぁ。ここから6分/kmをキープして走ろう。

f:id:kohki3103609:20170205224707j:image

交通量が多い道路を外れて湖畔道路へ。ここら辺りは9月頃になるとサンゴ草(アッケシソウで赤い絨毯になる。昨年9月オホーツク網走マラソン網走に来た時にレンタカー飛ばしてここまで見に来たけど、ここはイマイチで、ここに来るまでに通った能取湖サンゴ草が素晴らしかったのを思い出す。

この時期なのでサンゴ草は無く、紫色ハマナスがちらほら。今年はこの天気と寒さなので、あまり見られず残念。

f:id:kohki3103609:20170205225836j:image

お馴染みの魔女の森。木陰の下を走るので、涼しくてつい魔女魔法をかけられたようにペースを上げてしまうといわれているが、今年はここまでで十分涼しいので、あまり関係ない。

f:id:kohki3103609:20170205230500j:image

魔女の森を過ぎて、お馴染みの黄色い店、斎藤商店に到着。

ここでは店の方々がふきんをランナーに渡してくれて、とても助かる。

北海道しかない「リボンナポリン」という炭酸飲料もここで飲んで、爽快な気分になった。

腹が膨れるので、速く走るフルマラソンでの炭酸飲料は不適だが、ゆっくり走るウルトラマラソンでは疲れた身体炭酸飲料は必需品。

サロマでは40km過ぎに自動販売機で買って炭酸飲料を飲むようにしていたのだが、今年は全然暑くないので、ここが初炭酸飲料だった。

ふきんで顔を拭いて気分転換をして再スタート!

f:id:kohki3103609:20170207011928j:image

f:id:kohki3103609:20170207011907j:image

こちらもお馴染みの民宿サロマニアの前も通過。

例年は屋根の上で旗を振って盛大に応援してくれるのだが、今年は雨なので、地上で応援

f:id:kohki3103609:20170207012553j:image

この辺りから50kmの部に出場しているランナーと合流するために、一気にランナーが増える。

ここで我々100kmの部のランナーに追いつかれる50kmの部のランナーの方々はペースが遅いということなので、それをどんどん追い越していくと、例年、テンションが上がって良い走りができる。

そして、70km地点に到達。ここから次のエイドの鶴賀リゾートまで、サロマ湖沿いの退屈な一直線の道をひた走る。

ここに来るまでに余裕が無いとこの延々と続くコースは辛いのだが、今年は余裕があるので、どんどんランナーを抜くことができて、むしろ楽しく、ランナーズハイのような感覚になった。

f:id:kohki3103609:20170207014920j:image

鶴賀リゾートに到着。

ここで、2015年1月宮古島100kmワイドマラソンの時に同室であった縁をきっかけにFacebookで繋がっていたSさんと再会した。

こちらはサングラスをしているのに気づいて頂けて大変嬉しかった。

ここで暖かいぜんざいを頂いて、この勢いを止めたくなかったので、すぐに出発。

f:id:kohki3103609:20170207015158j:image

この敦賀リゾートからワッカ原生花園までの湿地帯の約5kmが何にも無くてとにかく辛い。

2年前はこのまだ先が見えない75kmから80kmまでの区間が一番辛くて、何度も歩いていたことを思い出す。

が、今年はこの区間をずっと走りきる事ができた。

この区間を走りきる事ができるように、敦賀リゾートでエナジージェルを補給しておいたおかげだ。

80km地点について、いよいよこの大会ハイライトであるワッカ原生花園に向かう森に到着。

「15時にここに入る事ができれば完走できる」と思って、ギリギリ15時に到着していた2年前を思い出す。

今年は1時間30分も早く到着。この2年間でかなり成長したものだ。

f:id:kohki3103609:20170208024008j:image

森が終わって視界が開け、

「さぁ、楽しみにしていたワッカ原生花園だ!」

と思ったら、この天候で空はどんよりオホーツク海は大荒れでまるで冬のよう。

昨年のオホーツク海と空の青色はどこへやら・・・

まぁ、毎年来ていれば、こういう残念な年もあると切り替えて、ワッカ原生花園の小刻みなアップダウンの繰り返しの狭い道をひた走る。

f:id:kohki3103609:20170209022457j:image

f:id:kohki3103609:20170209022430j:image

片道約9kmを走って折り返し地点が近づいてきた。

今年は折り返し地点に立派な橋ができていて、アップダウンが激しくなっていた。おいおい余計な物をを作るなよ、とツッコミたくなった。

f:id:kohki3103609:20170209022748j:image

f:id:kohki3103609:20170209022820j:image

やっと折り返しに到着。あとは同じ道を引き返してゴールを目指すだけ。

f:id:kohki3103609:20170209023026j:image

復路で90km地点に到達。2年前はここに関門時間10分前に疲労困憊で着いてホッとしていたのを思い出す。今年は時間的にも体力的にも余裕で、まだまだ走っていられる。すごい成長振りだ。

f:id:kohki3103609:20170209023348j:image

途中、気持ちも体力も余裕があったので、走りを一度止めて、ここワッカ原生花園名物であるエゾスカシユリ」を撮影。今年はこの寒さであまり咲いていなくて残念だったけど、1年振りに見られて良かった。相変わらず、このオレンジ色がとても綺麗だ。

f:id:kohki3103609:20170209023725j:image

今年はワッカ原生花園でなかなか良い走りができた。疲労困憊の2年前とはエライ違いだ。

f:id:kohki3103609:20170210014755j:image

往復で約18kmに及ぶワッカ原生花園が終わり、入口に戻ってきた!

もうここまで来ればゴール目前!毎年だけど、ここではホッとひと息して、思わず笑顔になる。

f:id:kohki3103609:20170210013605j:image

最後エイステーションを過ぎて、あと2km!

f:id:kohki3103609:20170210013701j:image

ラスト1km過ぎのゴールに向かう一直線の道路は、まさに完走者のために用意されたウイニングロード。

毎年、ここら辺から沿道の応援が多くなり、「お疲れさま!」「おかえりなさい!」と言って頂けるので、とても嬉しい。

f:id:kohki3103609:20170210013929j:image

雨が降り続く中に、今年も無事ゴール!

f:id:kohki3103609:20170210014106j:image

3年連続で3回目の完走なので、ゴール時には指を3本立ててゴールしてみた。見えるかな。

f:id:kohki3103609:20170210015020j:image

完走タイム10時間37分!

前回が11時間20分だったので、約40分も更新!!

100kmの自己ベスト3月OSAKA淀川ウルトラマラソンでの10時間24分なので、自己ベスト更新には至らなかったが、サロマ湖での自己ベストは大幅更新だ。

そんな望外の結果でテンションが上がって、普段自分写真は撮らないのに、今回は記念撮影

f:id:kohki3103609:20170210015510j:image

10km毎のペースを見ても、前半は10kmを1時間、後半は10kmを1時間5分以内に収められ、素晴らしいイーブンペース!

やはり雨で涼しく、過酷であればあるほど燃えるドMな性分も功を奏して、終始、一定のペースで100kmを走りきる事ができた。

ゴール後もまだまだ余裕があったので、もうちょっとペースを上げても良かったかなと思ったくらい。

f:id:kohki3103609:20170210015834p:image

今年も無事、3個目となる完走メダルをゲット!

嬉しいなぁ・・・

このメダル戦利品として獲得するために、遠路はるばるサロマ湖くんだりまで13万円近くを支払ってやって来た。

手ぶらで帰るワケにはいかない。

この完走後の気持ち良さ、最高だ。

人生の中で味わうあらゆる気持ち良さの中でも一番だ。

しかも100kmを走っているので、フルマラソン完走後のソレとは月とスッポンの差があるくらい違う。

これを一度味わってしまうと、もう忘れられないくらいの中毒性がある。

f:id:kohki3103609:20170210015948j:image

f:id:kohki3103609:20170210015958j:image

完走後の興奮冷めあらぬ中、ゴール会場の北見市常呂町スポーツセンター屋台で腹ごしらえをして帰りのバスを待つ間、自分の生涯の目標でもあるサロマンブルー10回完走)達成者達の足型を今年もチェック。

自分はさロマンブルーまであと7回とまだまだ長い道のり。また来年、一歩一歩頑張ろう。

f:id:kohki3103609:20170210021533j:image

今年も無事完走でき、毎年、タイム更新できた事で、年齢はひとつ重ねたものの、身体進化した事を証明する事ができた。

来年もあわよくばまたタイム更新して、いずれは夢のサブ10を!

そんな夢の達成はまた来年以降だ。

今回の実績で、フラットなコースでの100kmは余裕を持って完走できるようになったので、来年サロマまではアップダウンの多い100kmを攻略できるようにステップアップしていかないといけないな。

f:id:kohki3103609:20170210021148j:image

akiaki 2017/02/11 23:04 サロマ湖完走、お疲れさまでした!
すばらしいタイム&ペースですね(^^)100キロを余裕をもって走りきれるなんて、羨ましいです。

今回もたくさんの写真を載せていただき、大会の様子がよくわかり、とても参考になりました。
サロマンブルー目指してがんばってくださいね!応援しています。

一つ一つの記事をとても丁寧に書かれているので書くのに時間もかかるかと思いますし、お仕事とブログ更新の両立は大変だと思いますが、これからもご自身のペースで続けていただけると嬉しいです。
一読者として楽しみにしております(^^)
わたしも100キロを完走できたら、必ずご報告させてもらいますねー!

kohki3103609kohki3103609 2017/03/12 13:52 コメントを頂きましてありがとうございました!
サロマの100kmはフラットなので、3回目ともなると余裕が出てきました。今後はタイムとの勝負になりそうです。今後はアップダウンが多い100kmを攻略できるように頑張って参ります!

冬のマラソンシーズンがあって、また更新が滞っておりますが、ひと段落しましたので、少しずつ更新していきたいと思います。今後もお時間がございましたら、御覧頂ければ幸いです。今後共、宜しくお願い致します。

FacebookやJogNoteではタイムリーに近況報告しておりますので、もしよろしければ、そちらに友達申請していただければ幸いです。
https://www.facebook.com/kosuke.ohki.9/

kohki3103609kohki3103609 2017/03/12 13:53 ウルトラマラソンでの完走報告もお待ちしております!頑張ってきてください!!

レスターサポーターレスターサポーター 2017/03/15 20:20 ちゃんと更新しろや。どM野郎!

kohki3103609kohki3103609 2017/03/15 22:22 然り!お褒めの言葉、ありがとう!
今、仕事が大変過ぎて、土日にブロクを書くヒマがなくてねぇ…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160710

2016-07-07 サロマ湖100kmウルトラマラソン:毎年恒例、サロマ湖に向けて出発

[] サロマ湖100kmウルトラマラソン:毎年恒例、サロマ湖に向けて出発 04:45

6月25日土曜日

今年もサロマ湖100kmウルトラマラソンに出場する為に、サロマ湖に向けて出発する日がやって来た。3年連続だ。

昨年は大阪からサロマ湖に向かうとなると、前日便では前夜祭に出る事が出来なかったので、金曜日有給を取って3泊4日のツアーだったのだが、今年は土曜日の朝移動での2泊3日のツアーになった。

でも、ツアー代は昨年とほぼ同じの約13万円。

サロマ湖は、交通の便が悪くて宿泊施設が少ないので、この額になってしまうのは已む無し。

でも、年に1回、それだけの時間お金をかけて出場する価値がこの大会にはある。自分はそう信じている。この価値観を分かってくれる人は少ないが。

今年は伊丹空港発もしくは関西空港発の女満別空港への直行便ではなく、羽田空港経由。

ここのところ、出張がほとんど無くなった事もあって、久し振りに行った羽田空港では、伊丹空港関西空港では見た事がない無人荷物預かり機が稼働していて驚いた。そうか、今はこれが最先端なんだ。

f:id:kohki3103609:20170128034131j:image

f:id:kohki3103609:20170128034120j:image

羽田空港女満別空港行の便を待つ乗客達のほとんどはスポーツウェアに派手なデザインのシューズを履いていて、ひと目でランナーだと分かった。

みんな、自分と同じでフルマラソンではもの足らず、100kmという常人では考えられない距離明日走ろうとする強者ばかり。自分ウルトラランナーのひとりとして負けていられない。

今年も女満別空港に到着。

荷物の受取場にはウルトラランナーに向けてのたくさんの応援メッセージが掲示されていて大歓迎。

このおもてなしは、過去2年には無かった。嬉しい想いと共に、今年もこの勝負の時がやって来た事を実感。

f:id:kohki3103609:20170128035904j:image

f:id:kohki3103609:20170128035854j:image

f:id:kohki3103609:20170128035843j:image

f:id:kohki3103609:20170128035833j:image

f:id:kohki3103609:20170128035822j:image

f:id:kohki3103609:20170128035811j:image

f:id:kohki3103609:20170128035802j:image

今年もこのポスターにある昨年のように、天気が良い中に気持ち良く80km以降のワッカ原生花園を走りたいなぁと思って、女満別空港の外に出てみると、外はどんよりとした雲に覆われ、雨が降っていてかなり寒い

これは当日は雨か・・・

2014年猛暑2015年は涼しくて快晴2016年は雨。

毎年、様々なコンディションで楽しませてくれるものだ。

雨なら雨で燃えるし、今年はまた違ったサロマ湖が見られて楽しそうだ。

f:id:kohki3103609:20170128040441j:image

女満別空港からツアーバスに乗って、一路、スタート地点のある女満別空港からサロマ湖の向こう側にある湧別町の前日受付会場へ。

お馴染みの「サロマ湖100kmはドラマだ」の横断幕を今年も見られた。

f:id:kohki3103609:20170128040804j:image

受付完了後、前夜祭会場へ。

たくさんのウルトラランナーと共に、今年も無事この場に来れられた幸せを嚙みしめた。

f:id:kohki3103609:20170128042800j:image

f:id:kohki3103609:20170128042741j:image

自分が目指しているサロマンブルー(10回完走)に今年なった方々が壇上に並ぶ。あのサロマンブルーを示す青いポロシャツが我々には眩しい。一生の宝物だろうな、羨ましい。

f:id:kohki3103609:20170128043201j:image

海上では、昨年同室であったTさんと再会。小江戸大江戸200kで一緒に200kmを走って以来だった。

それ以降も自分以上にたくさんの会場に出場されている強者なので、近況を語り合って楽しいひと時だった。やはり価値観が同じ方と話すと、話は尽きない。

そして、用意された料理を舌鼓。

サロマ湖名物ホタテ貝はもちろん美味しかったけど、

f:id:kohki3103609:20170128043523j:image

何気に地味なこのまんじゅうみたいな餅が素朴な味で美味しくて、ホタテ貝よりもたくさん食べた。見た目とのギャップかな。

f:id:kohki3103609:20170128043458j:image

前夜祭終了後は、宿泊ホテルツアーバスで移動し、翌日朝5時スタートに向けて早めの就寝。

2014年2015年宿泊して御用達でお気に入りだった「ルートイングランティサロマ湖」は2016年内は休業中とのことで、今年はサロマ湖から離れた北見町にある「ノーザンアークリゾート」というホテルだった。

冬はスキーリゾートになるようだ。温泉もあって良かったのだが、ホテルから少し離れたペンションでの宿泊であったため、少し不便だった。

やっぱりサロマ湖沿いにあるルートイングランティサロマ湖で、サロマ湖に沈む美しい夕陽を拝みたかった。この天候ではどうせ見る事はできないか。来年こそは・・・

そして、いよいよ3年連続3回目のサロマ湖100kmウルトラマラソンのスタートが迫ってきた。

f:id:kohki3103609:20170128044344j:image

akiaki 2017/01/31 14:40 はじめまして。以前からこっそり読ませていただいていた者です。

わたしも今年、初100キロに挑戦しようと思っており(サロマ湖ではないのですが…)、こちらのブログを参考にさせていただいてます。
いつも写真がたくさんで、詳しく大会のことを載せていただいているので、楽しく拝見しております(^^)

サロマ湖の当日の様子の記事も、楽しみにしております!
これからも更新がんばってください(^^)

kohki3103609kohki3103609 2017/02/03 01:10 私のブログをご覧頂いておりましてありがとうございます!価値観が同じ方に見て頂けていて、とても嬉しいです。しかしながら、ここのところ仕事が多忙で余裕が無く、ブログの更新が滞っております。やはり、仕事あってのマラソンなので、已む無しなのですが、細々と更新して参りますので、今後共、宜しくお願い致します。ウルトラ初挑戦、頑張ってください!ウルトラは、スピードではなく、完走が目的になりますので、ゆっくりずっと走り続けられる走力さえあれば、こんな楽しい旅はありません。是非、頑張ってきてください!よろしければ、完走の吉報をお待ちしております!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160707

2016-07-05 全仏オープンテニス:ジョコヴィッチ、キャリアグランドスラム達成!

[] 全仏オープンテニス:ジョコヴィッチ、キャリアグランドスラム達成! 03:09

全仏オープンテニス2016。

2005年から2014年までの10年間、ラファエル・ナダルの独壇場で、2009年大会を除いて負けなしの9回優勝という信じられない大記録。

2015年からは残念ながら怪我などで調子を落とし、今年も自分の庭でもある全仏オープンテニスで無念の棄権

彼の復活にはまだまだ時間がかかりそうだ。

そんな中、昨年、キャリアグランドスラム(全豪・全仏・全英(ウィンブルドン)・全米で優勝)に王手をかけた決勝でワウリンカに負けたジョコヴィッチが念願の優勝を遂に果たし、キャリアグランドスラムを達成!

大会では何度も優勝していて無敵の強さを誇るのに、クレーコートのここだけはずっと勝てなかった事もあって、その喜びはひとしお。赤土の上で大の字になって喜んでいる姿が印象的だった。

f:id:kohki3103609:20170128025026j:image

f:id:kohki3103609:20170128025015j:image

ナダルがここで台頭する前の1997年2000年2001年に3度優勝した実績を持つブラジルのグスタボ・クエルテンさんが観客席でジョコヴィッチを祝福。

自分テニスを観始めた頃に活躍していたアフロヘアの印象的な選手。久し振りに観て懐かしかった。笑顔がとても素敵だ。

f:id:kohki3103609:20170128025527j:image

全仏オープンテニスと同時期にやっていたNBAファイナルも、普段NBAは観ておらず、毎月NHK放送しているNBAマガジンを観ているくらいなのだが、感動した。

満を持して地元であるクリーブランドに帰ってきたレブロン・ジェームズ所属するキャバリアーズが優勝!

優勝が決まった瞬間、地面に伏して泣いて喜ぶ姿が印象的だった。

f:id:kohki3103609:20170128030258j:image

そして、最後に、優勝杯を手にして、

Cleveland, this is for you!

と叫んだ姿には感動を覚えた。

f:id:kohki3103609:20170128030823j:image

f:id:kohki3103609:20170128030812j:image

選手同士が勝ち負けを競って本気でぶつかり合うからこそ生まれる感動がスポーツにはある。

そのスポーツルールやこれまでの歴史選手達の背景や実績、努力などを把握した上でそれを観ると、その感動は倍増する。

スポーツって素晴らしい。興味があるスポーツがたくさんあると、平凡で無為毎日に活力を与えてくれる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160705

2016-07-03 サロマ湖100kmウルトラマラソンに向けて

[] サロマ湖100kmウルトラマラソンに向けて 23:21

6月23日仕事で後輩に同行してのまさか岩手県盛岡市への出張

2週間前に「いわて銀河100kmウルトラマラソン」出場の為に立ち寄った盛岡市に、また来ることになるとは何たる奇遇。しかも、同じ月に。今度はスーツで。

しかも、前日に仕事が終わらなかった事もあって、今回は飛行機ではなく、東海道新幹線東北新幹線に揺られて新大阪駅から約5時間かけてやってくることになるとは思わなかった。

東京駅ホームでは、久し振りに東北新幹線はやぶさ秋田新幹線こまちの連結部分を見物。目的地の盛岡駅で別れるハズだ。

f:id:kohki3103609:20170121230840j:image

f:id:kohki3103609:20170121230829j:image

22時過ぎにひっそりとした盛岡駅に着いた後、2週間前に行けなかった駅前の有名店・ぴょんぴょん亭にて、盛岡三大麺のひとつである盛岡冷麺を食べて、少しだけ盛岡にいる気分を味わえて良かった。

f:id:kohki3103609:20170121231131j:image

f:id:kohki3103609:20170121231117j:image

盛岡駅から少し離れたところにある繁華街大通商店街にあるホテルに到着した後は、コンビニで買った、こちらも盛岡三大麺のひとつであるじゃじゃ麺を食べながら、EURO2016の予選リーグポルトガルvsハンガリーの点取り合戦を観て興奮した。

f:id:kohki3103609:20170121231450j:image

f:id:kohki3103609:20170121230433j:image

ただ、やはり、翌日の仕事が気になってしまい、オフで来る時とはその楽しさの度合いが違ってつまらなかった。やはり出張なんて大嫌いだ。

午前中に盛岡仕事を済ませて帰阪し、会社に戻って仕事を終えた後は、サロマ湖100kmウルトラマラソン前の最後大阪城ナイトランニング

この日も中之島公園迄走って行き、大阪市役所で折り返して約11km、気持ち良く走ることができた。

5月になってからというもの、毎年楽しみにしているサロマに向けて、今年はイマイチ練習が出来なかったが、五体満足で当日を迎える事が出来るだけで十分。

サロマに向けて揃えた装備品も準備万端だ。

来週のサロマで履く今年のサロマレーサー。ウルトラを走り終わった後、爪が死ぬ事が多いので、今回はサイズを1cm大きくして29cmにしたところ、かなり走りやすかった。さすがasics。これでシューズ心配はなさそうだ。デザインは相変わらず派手だけど。

f:id:kohki3103609:20170121231644j:image

そして、RUNNETが大会前に発売するサロマの記念Tシャツ

今年のデザインは迷彩色・・・と思ったら、この模様は全てサロマ湖の形だ。

まり無いデザインなので、当日、そして他大会で着用したらかなり目立ちそうだ。今年も後半はこれを着て走ろう。

f:id:kohki3103609:20170121231850j:image

f:id:kohki3103609:20170121231837j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160703

2016-07-01 EURO2016:12年前の屈辱を同じ形で晴らしたポルトガル

[] EURO2016:12年前の屈辱を同じ形で晴らしたポルトガル 22:40

6月10日に開幕したサッカーのEURO2016。

4年前のEURO2012をWOWOWで観戦してとても面白かったのを今でも覚えているので、今回も楽しみにしていたのだが、予想を超えて楽しかった。

グループリーグでは強豪国がほぼ順当に決勝トーナメントに勝ち上がったものの、大好きなズラタン・イブラヒモヴィッチエーススウェーデンが敗退し、代表引退を表明しているズラタン代表では見られない事を思うと寂しい限り。こんなエースらしいエースはいない。

f:id:kohki3103609:20170121212302j:image

f:id:kohki3103609:20170121212300j:image

また、応援していて優勝予想をしていたポルトガルまさかグループリーグで大苦戦。

3戦全てで引き分け勝ち点3で、ギリギリの3位通過。

試合からクリスティアーノ・ロナウドCR7だけのワンマンチームと言われていて、それも一理あったので、やっぱりダメなのかなと思っていた。

f:id:kohki3103609:20170121212807j:image

そして、何よりも驚いたのは、グループリーグから好調であった、ウェールズアイスランドという小国の大活躍

ウェールズは、大好きなギャレス・ベイルが大活躍して、グループリーグトップ通過、決勝トーナメントでも優勝候補ベルギーを倒してベスト4進出

この野性的な顔とピッチ上での突進力とスピード。かっこいい。

f:id:kohki3103609:20170121213804j:image

f:id:kohki3103609:20170121213743j:image

f:id:kohki3103609:20170121213732j:image

そして、アイスランドは、国内リーグ活躍する無名選手ばかりのチームなのに、決勝トーナメントで強豪のイングランドを倒してベスト8進出するというアップセットジャイアントキリングを成し遂げた。

試合勝利した後に、選手達がサポーターと一体感を感じるために、頭上で一緒に拍手する「バイキング・クラップ」もこの大会名物になった。

この活躍振りが印象的に過ぎて、忘れないようにするためにも大会終了後、アイスランドブルーユニフォームを購入するくらい好きになった。

f:id:kohki3103609:20170121214519j:image

f:id:kohki3103609:20170121214506j:image

ベスト4の国は、だれも予想しなかったであろう、この4ヵ国。

f:id:kohki3103609:20170121214735j:image

ポルトガル決勝トーナメントに入ってようやく目覚めたようで、クロアチアポーランドに辛勝。ポルトガルの方々は、こんな薄氷勝利ばかりで心中察するものがあった。

そして、準決勝という最高の舞台で、CR7ポルトガルベイルウェールズというレアル・マドリードエース対決が実現!

結局、ベイルと共に活躍していたラムジーイエローカード累積による出場停止で、本来の強さを示す事が出来なかったウェールズが破れてしまい、両国、万全の状態で闘えなかったのが残念だった。

試合終了後、CR7ベイルがお互いの健闘を讃え合うシーンが印象的だった。

f:id:kohki3103609:20170121215438j:image

片や、開催国フランスドイツの強豪国対決は、フランスエースとなったアントーワヌ・グリーズマン活躍勝利。アトレティコ・マドリードでの活躍をそのままにさすが。ゴールした後の仕草が印象的。

f:id:kohki3103609:20170121220402j:image

f:id:kohki3103609:20170121215725j:image

勝利した後、この大会話題になったアイスランドの「バイキング・クラップ」を真似してサポーターと一体になるなんて、何でもありだ。

f:id:kohki3103609:20170121215709j:image

そして、決勝はフランスvsポルトガル

この一戦を楽しみにしていたのに、試合序盤でCR7が負傷退場という残念な展開。

フランス開催国ポルトガルは完全アウェーな上に、CR7がいないとなっては完全不利かと思いきや、フランスが点を取れないまま、延長戦へ。

その延長戦で、ポルトガルの期待の若手のレナトサンチェスまさかの先制ゴール!

延長戦終了直前には、負傷退場したCR7が足を引きずりながら、ピッチ際で監督と共に選手に死に物狂いで指示を出す、「ロナウド監督」振りが印象的だった。

f:id:kohki3103609:20170121221910j:image

f:id:kohki3103609:20170121221858j:image

千金のこの1点を最後まで守りきり、まさかポルトガルが優勝!

開催国フランスはこのまさかの結果に落胆。フランス国民歓喜を与えられなかった不甲斐なさを考えれば、この姿は頷ける。

f:id:kohki3103609:20170121222506j:image

この空気の読まなさ、12年前のEURO2004開催国ポルトガルが決勝でギリシアに負けた歴史を思い出した。

ポルトガルは、12年前に地元経験したあの屈辱12年後になって、フランスの地でリベンジした、というこの巡り合わせ。

12年前にその屈辱を味わってピッチ上で泣き、「crying boy」と言われた若かりし頃のCR7が、12年後に成長して歓喜の瞬間を味わるこの展開には震える程、感動。今回も面白かったEURO2016だった。

f:id:kohki3103609:20170121223425j:image

f:id:kohki3103609:20170121223413j:image

f:id:kohki3103609:20170121223402j:image

f:id:kohki3103609:20170121223351j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160701