高いところから失礼致します! このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-07-10 サロマ湖100kmウルトラマラソン:雨のサロマ湖で3年連続完走!

[] サロマ湖100kmウルトラマラソン:雨のサロマ湖で3年連続完走! 02:18

2016年6月26日日曜日サロマ湖100kmウルトラマラソン当日。

午前1時過ぎに起きて、ホテルがスタート地点の湧別町から遠いので、例年よりも早いうちに出発。

スタート地点に到着したのは午前4時前なのに、既に明るい。本土でのウルトラマラソンであれば、午前5時のスタートの頃は真っ暗なのだが、さすが緯度が高い北海道だけのことはある。

自分は、フルマラソンはもちろん、ウルトラマラソンでも身体の水分が全て汗となって排出されるためか、10時間以上走っていても尿意を催さない珍しいランナー向けの体質なのだが、今回、念には念を入れてスタート前にトイレに並んでいたら、用を足せたのがスタート10分前。

スタートに間に合うか冷や冷やした。「人気のある大会ではスタート地点到着直後にトイレに行く」という基本的約束をすっかり失念していた。危ない危ない。

無事、スタート地点について、ストレッチなどの準備運動もままならない中に、3回目となるサロマ湖100kmウルトラマラソン、スタート!

f:id:kohki3103609:20170205201602j:image

スタート直後、湧別総合体育館の周りをぐるっと1周した早々に雨が降り始めた。やっぱり今年は雨のサロマになることを覚悟した。

f:id:kohki3103609:20170205201900j:image

如何にも北海道らしい一直線の道を延々と走り、サロマ湖が見えてきたところで10km。

2年前はここで太陽が顔を出し、それ以降、どんどん気温が上昇して、猛暑の中でのサバイバルレースになった事を思い出す。今年は雨だけど、大雨ではないし、涼しくて断然走りやすい。暑いよりマシだ。

f:id:kohki3103609:20170205202255j:image

ここから20km迄は、サロマ湖を右に見ながら、折り返してきたトップランナーの力走を見ながら、サロマ湖砂洲の先端まで走って折り返す。

折り返し地点の辺り、例年は賑やかな応援をしてくれていたのだが、今年は雨なので落ち着いていた。

f:id:kohki3103609:20170205202942j:image

折り返した後は、サロマ湖をぐるっと1周する。

サロマ湖の周回道路から一部外れて内陸部に入った牧草地帯を走って30km、交通量が多いオホーツク国道沿いの歩道を走って40kmを順調に通過。雨による涼しさのおかげで、かなり調子が良かった。

f:id:kohki3103609:20170205203744j:image

f:id:kohki3103609:20170205203724j:image

オホーツク国道を一時離れて、サロマ湖道路を雨のサロマ湖を見ながら走る。名物サロマンブルーなんて全く見えなくて残念だが、何年も出場していれば、こういう年もある。これもまた一興。

お馴染みのフルマラソンの42.195km地点を示すモニュメントに到着。ここまで良いペースで来ているので、速攻で写真写真を撮って、先を急いだ。

f:id:kohki3103609:20170205204238j:image

f:id:kohki3103609:20170205204216j:image

半分の50km地点に到着。ここまでの経過時間は、スタートの朝5時から5時間2分。

凄い!目標にしていた6分/kmをここまでキープしている!!

このままのペースで最後まで行ければ夢のサブ1010時間以内完走)だが、レストステーションで休むのでそれは難しいにしても、良いペースだ。どこまで行けることやら。

f:id:kohki3103609:20170205205019j:image

55km手前にある年内休業中のルートイングランティサロマ湖茶色建物が見えてきた。

ここまで涼しくて発汗量が少なかった事もあって、ウルトラでは珍しくこの後のためにもトイレに駆け込んで用を足した。たくさんトイレが設置されていてすぐに入る事ができて助かった。

この日の為にRUNNETで購入した大会名がプリントされたウェアに着替え、エネルギー補給をしてスタート。

ここまで55km走っているのに、全然疲れていない。こんな調子が良いのは初めてだ、と早々にスタート。

来年は例年通りここに宿泊するつもりなのでよろしく!

f:id:kohki3103609:20170205205932j:image

f:id:kohki3103609:20170205205906j:image

レストステーション直後にある坂道も、例年であれば歩いて登るものの、今年は調子が良いので走って登った。

サロマ湖沿いの道路沿いで60km通過。レストステーションで休憩したこともあって、6時間19分経過。ちょっと休み過ぎたなぁ。ここから6分/kmをキープして走ろう。

f:id:kohki3103609:20170205224707j:image

交通量が多い道路を外れて湖畔道路へ。ここら辺りは9月頃になるとサンゴ草(アッケシソウで赤い絨毯になる。昨年9月オホーツク網走マラソン網走に来た時にレンタカー飛ばしてここまで見に来たけど、ここはイマイチで、ここに来るまでに通った能取湖サンゴ草が素晴らしかったのを思い出す。

この時期なのでサンゴ草は無く、紫色ハマナスがちらほら。今年はこの天気と寒さなので、あまり見られず残念。

f:id:kohki3103609:20170205225836j:image

お馴染みの魔女の森。木陰の下を走るので、涼しくてつい魔女魔法をかけられたようにペースを上げてしまうといわれているが、今年はここまでで十分涼しいので、あまり関係ない。

f:id:kohki3103609:20170205230500j:image

魔女の森を過ぎて、お馴染みの黄色い店、斎藤商店に到着。

ここでは店の方々がふきんをランナーに渡してくれて、とても助かる。

北海道しかない「リボンナポリン」という炭酸飲料もここで飲んで、爽快な気分になった。

腹が膨れるので、速く走るフルマラソンでの炭酸飲料は不適だが、ゆっくり走るウルトラマラソンでは疲れた身体炭酸飲料は必需品。

サロマでは40km過ぎに自動販売機で買って炭酸飲料を飲むようにしていたのだが、今年は全然暑くないので、ここが初炭酸飲料だった。

ふきんで顔を拭いて気分転換をして再スタート!

f:id:kohki3103609:20170207011928j:image

f:id:kohki3103609:20170207011907j:image

こちらもお馴染みの民宿サロマニアの前も通過。

例年は屋根の上で旗を振って盛大に応援してくれるのだが、今年は雨なので、地上で応援

f:id:kohki3103609:20170207012553j:image

この辺りから50kmの部に出場しているランナーと合流するために、一気にランナーが増える。

ここで我々100kmの部のランナーに追いつかれる50kmの部のランナーの方々はペースが遅いということなので、それをどんどん追い越していくと、例年、テンションが上がって良い走りができる。

そして、70km地点に到達。ここから次のエイドの鶴賀リゾートまで、サロマ湖沿いの退屈な一直線の道をひた走る。

ここに来るまでに余裕が無いとこの延々と続くコースは辛いのだが、今年は余裕があるので、どんどんランナーを抜くことができて、むしろ楽しく、ランナーズハイのような感覚になった。

f:id:kohki3103609:20170207014920j:image

鶴賀リゾートに到着。

ここで、2015年1月宮古島100kmワイドマラソンの時に同室であった縁をきっかけにFacebookで繋がっていたSさんと再会した。

こちらはサングラスをしているのに気づいて頂けて大変嬉しかった。

ここで暖かいぜんざいを頂いて、この勢いを止めたくなかったので、すぐに出発。

f:id:kohki3103609:20170207015158j:image

この敦賀リゾートからワッカ原生花園までの湿地帯の約5kmが何にも無くてとにかく辛い。

2年前はこのまだ先が見えない75kmから80kmまでの区間が一番辛くて、何度も歩いていたことを思い出す。

が、今年はこの区間をずっと走りきる事ができた。

この区間を走りきる事ができるように、敦賀リゾートでエナジージェルを補給しておいたおかげだ。

80km地点について、いよいよこの大会ハイライトであるワッカ原生花園に向かう森に到着。

「15時にここに入る事ができれば完走できる」と思って、ギリギリ15時に到着していた2年前を思い出す。

今年は1時間30分も早く到着。この2年間でかなり成長したものだ。

f:id:kohki3103609:20170208024008j:image

森が終わって視界が開け、

「さぁ、楽しみにしていたワッカ原生花園だ!」

と思ったら、この天候で空はどんよりオホーツク海は大荒れでまるで冬のよう。

昨年のオホーツク海と空の青色はどこへやら・・・

まぁ、毎年来ていれば、こういう残念な年もあると切り替えて、ワッカ原生花園の小刻みなアップダウンの繰り返しの狭い道をひた走る。

f:id:kohki3103609:20170209022457j:image

f:id:kohki3103609:20170209022430j:image

片道約9kmを走って折り返し地点が近づいてきた。

今年は折り返し地点に立派な橋ができていて、アップダウンが激しくなっていた。おいおい余計な物をを作るなよ、とツッコミたくなった。

f:id:kohki3103609:20170209022748j:image

f:id:kohki3103609:20170209022820j:image

やっと折り返しに到着。あとは同じ道を引き返してゴールを目指すだけ。

f:id:kohki3103609:20170209023026j:image

復路で90km地点に到達。2年前はここに関門時間10分前に疲労困憊で着いてホッとしていたのを思い出す。今年は時間的にも体力的にも余裕で、まだまだ走っていられる。すごい成長振りだ。

f:id:kohki3103609:20170209023348j:image

途中、気持ちも体力も余裕があったので、走りを一度止めて、ここワッカ原生花園名物であるエゾスカシユリ」を撮影。今年はこの寒さであまり咲いていなくて残念だったけど、1年振りに見られて良かった。相変わらず、このオレンジ色がとても綺麗だ。

f:id:kohki3103609:20170209023725j:image

今年はワッカ原生花園でなかなか良い走りができた。疲労困憊の2年前とはエライ違いだ。

f:id:kohki3103609:20170210014755j:image

往復で約18kmに及ぶワッカ原生花園が終わり、入口に戻ってきた!

もうここまで来ればゴール目前!毎年だけど、ここではホッとひと息して、思わず笑顔になる。

f:id:kohki3103609:20170210013605j:image

最後エイステーションを過ぎて、あと2km!

f:id:kohki3103609:20170210013701j:image

ラスト1km過ぎのゴールに向かう一直線の道路は、まさに完走者のために用意されたウイニングロード。

毎年、ここら辺から沿道の応援が多くなり、「お疲れさま!」「おかえりなさい!」と言って頂けるので、とても嬉しい。

f:id:kohki3103609:20170210013929j:image

雨が降り続く中に、今年も無事ゴール!

f:id:kohki3103609:20170210014106j:image

3年連続で3回目の完走なので、ゴール時には指を3本立ててゴールしてみた。見えるかな。

f:id:kohki3103609:20170210015020j:image

完走タイム10時間37分!

前回が11時間20分だったので、約40分も更新!!

100kmの自己ベスト3月OSAKA淀川ウルトラマラソンでの10時間24分なので、自己ベスト更新には至らなかったが、サロマ湖での自己ベストは大幅更新だ。

そんな望外の結果でテンションが上がって、普段自分写真は撮らないのに、今回は記念撮影

f:id:kohki3103609:20170210015510j:image

10km毎のペースを見ても、前半は10kmを1時間、後半は10kmを1時間5分以内に収められ、素晴らしいイーブンペース!

やはり雨で涼しく、過酷であればあるほど燃えるドMな性分も功を奏して、終始、一定のペースで100kmを走りきる事ができた。

ゴール後もまだまだ余裕があったので、もうちょっとペースを上げても良かったかなと思ったくらい。

f:id:kohki3103609:20170210015834p:image

今年も無事、3個目となる完走メダルをゲット!

嬉しいなぁ・・・

このメダル戦利品として獲得するために、遠路はるばるサロマ湖くんだりまで13万円近くを支払ってやって来た。

手ぶらで帰るワケにはいかない。

この完走後の気持ち良さ、最高だ。

人生の中で味わうあらゆる気持ち良さの中でも一番だ。

しかも100kmを走っているので、フルマラソン完走後のソレとは月とスッポンの差があるくらい違う。

これを一度味わってしまうと、もう忘れられないくらいの中毒性がある。

f:id:kohki3103609:20170210015948j:image

f:id:kohki3103609:20170210015958j:image

完走後の興奮冷めあらぬ中、ゴール会場の北見市常呂町スポーツセンター屋台で腹ごしらえをして帰りのバスを待つ間、自分の生涯の目標でもあるサロマンブルー10回完走)達成者達の足型を今年もチェック。

自分はさロマンブルーまであと7回とまだまだ長い道のり。また来年、一歩一歩頑張ろう。

f:id:kohki3103609:20170210021533j:image

今年も無事完走でき、毎年、タイム更新できた事で、年齢はひとつ重ねたものの、身体進化した事を証明する事ができた。

来年もあわよくばまたタイム更新して、いずれは夢のサブ10を!

そんな夢の達成はまた来年以降だ。

今回の実績で、フラットなコースでの100kmは余裕を持って完走できるようになったので、来年サロマまではアップダウンの多い100kmを攻略できるようにステップアップしていかないといけないな。

f:id:kohki3103609:20170210021148j:image

<script type="text/javascript" encoding="UTF-8" src="http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/paste?id=1f879bc5b2a67a5ad80c4918dfb22db8&width=480&height=640&mapstyle=map&graph=true&maponly=false"></script>

akiaki 2017/02/11 23:04 サロマ湖完走、お疲れさまでした!
すばらしいタイム&ペースですね(^^)100キロを余裕をもって走りきれるなんて、羨ましいです。

今回もたくさんの写真を載せていただき、大会の様子がよくわかり、とても参考になりました。
サロマンブルー目指してがんばってくださいね!応援しています。

一つ一つの記事をとても丁寧に書かれているので書くのに時間もかかるかと思いますし、お仕事とブログ更新の両立は大変だと思いますが、これからもご自身のペースで続けていただけると嬉しいです。
一読者として楽しみにしております(^^)
わたしも100キロを完走できたら、必ずご報告させてもらいますねー!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160710

2016-07-07 サロマ湖100kmウルトラマラソン:毎年恒例、サロマ湖に向けて出発

[] サロマ湖100kmウルトラマラソン:毎年恒例、サロマ湖に向けて出発 04:45

6月25日土曜日

今年もサロマ湖100kmウルトラマラソンに出場する為に、サロマ湖に向けて出発する日がやって来た。3年連続だ。

昨年は大阪からサロマ湖に向かうとなると、前日便では前夜祭に出る事が出来なかったので、金曜日有給を取って3泊4日のツアーだったのだが、今年は土曜日の朝移動での2泊3日のツアーになった。

でも、ツアー代は昨年とほぼ同じの約13万円。

サロマ湖は、交通の便が悪くて宿泊施設が少ないので、この額になってしまうのは已む無し。

でも、年に1回、それだけの時間お金をかけて出場する価値がこの大会にはある。自分はそう信じている。この価値観を分かってくれる人は少ないが。

今年は伊丹空港発もしくは関西空港発の女満別空港への直行便ではなく、羽田空港経由。

ここのところ、出張がほとんど無くなった事もあって、久し振りに行った羽田空港では、伊丹空港関西空港では見た事がない無人荷物預かり機が稼働していて驚いた。そうか、今はこれが最先端なんだ。

f:id:kohki3103609:20170128034131j:image

f:id:kohki3103609:20170128034120j:image

羽田空港女満別空港行の便を待つ乗客達のほとんどはスポーツウェアに派手なデザインのシューズを履いていて、ひと目でランナーだと分かった。

みんな、自分と同じでフルマラソンではもの足らず、100kmという常人では考えられない距離明日走ろうとする強者ばかり。自分ウルトラランナーのひとりとして負けていられない。

今年も女満別空港に到着。

荷物の受取場にはウルトラランナーに向けてのたくさんの応援メッセージが掲示されていて大歓迎。

このおもてなしは、過去2年には無かった。嬉しい想いと共に、今年もこの勝負の時がやって来た事を実感。

f:id:kohki3103609:20170128035904j:image

f:id:kohki3103609:20170128035854j:image

f:id:kohki3103609:20170128035843j:image

f:id:kohki3103609:20170128035833j:image

f:id:kohki3103609:20170128035822j:image

f:id:kohki3103609:20170128035811j:image

f:id:kohki3103609:20170128035802j:image

今年もこのポスターにある昨年のように、天気が良い中に気持ち良く80km以降のワッカ原生花園を走りたいなぁと思って、女満別空港の外に出てみると、外はどんよりとした雲に覆われ、雨が降っていてかなり寒い

これは当日は雨か・・・

2014年猛暑2015年は涼しくて快晴2016年は雨。

毎年、様々なコンディションで楽しませてくれるものだ。

雨なら雨で燃えるし、今年はまた違ったサロマ湖が見られて楽しそうだ。

f:id:kohki3103609:20170128040441j:image

女満別空港からツアーバスに乗って、一路、スタート地点のある女満別空港からサロマ湖の向こう側にある湧別町の前日受付会場へ。

お馴染みの「サロマ湖100kmはドラマだ」の横断幕を今年も見られた。

f:id:kohki3103609:20170128040804j:image

受付完了後、前夜祭会場へ。

たくさんのウルトラランナーと共に、今年も無事この場に来れられた幸せを嚙みしめた。

f:id:kohki3103609:20170128042800j:image

f:id:kohki3103609:20170128042741j:image

自分が目指しているサロマンブルー(10回完走)に今年なった方々が壇上に並ぶ。あのサロマンブルーを示す青いポロシャツが我々には眩しい。一生の宝物だろうな、羨ましい。

f:id:kohki3103609:20170128043201j:image

海上では、昨年同室であったTさんと再会。小江戸大江戸200kで一緒に200kmを走って以来だった。

それ以降も自分以上にたくさんの会場に出場されている強者なので、近況を語り合って楽しいひと時だった。やはり価値観が同じ方と話すと、話は尽きない。

そして、用意された料理を舌鼓。

サロマ湖名物ホタテ貝はもちろん美味しかったけど、

f:id:kohki3103609:20170128043523j:image

何気に地味なこのまんじゅうみたいな餅が素朴な味で美味しくて、ホタテ貝よりもたくさん食べた。見た目とのギャップかな。

f:id:kohki3103609:20170128043458j:image

前夜祭終了後は、宿泊ホテルツアーバスで移動し、翌日朝5時スタートに向けて早めの就寝。

2014年2015年宿泊して御用達でお気に入りだった「ルートイングランティサロマ湖」は2016年内は休業中とのことで、今年はサロマ湖から離れた北見町にある「ノーザンアークリゾート」というホテルだった。

冬はスキーリゾートになるようだ。温泉もあって良かったのだが、ホテルから少し離れたペンションでの宿泊であったため、少し不便だった。

やっぱりサロマ湖沿いにあるルートイングランティサロマ湖で、サロマ湖に沈む美しい夕陽を拝みたかった。この天候ではどうせ見る事はできないか。来年こそは・・・

そして、いよいよ3年連続3回目のサロマ湖100kmウルトラマラソンのスタートが迫ってきた。

f:id:kohki3103609:20170128044344j:image

akiaki 2017/01/31 14:40 はじめまして。以前からこっそり読ませていただいていた者です。

わたしも今年、初100キロに挑戦しようと思っており(サロマ湖ではないのですが…)、こちらのブログを参考にさせていただいてます。
いつも写真がたくさんで、詳しく大会のことを載せていただいているので、楽しく拝見しております(^^)

サロマ湖の当日の様子の記事も、楽しみにしております!
これからも更新がんばってください(^^)

kohki3103609kohki3103609 2017/02/03 01:10 私のブログをご覧頂いておりましてありがとうございます!価値観が同じ方に見て頂けていて、とても嬉しいです。しかしながら、ここのところ仕事が多忙で余裕が無く、ブログの更新が滞っております。やはり、仕事あってのマラソンなので、已む無しなのですが、細々と更新して参りますので、今後共、宜しくお願い致します。ウルトラ初挑戦、頑張ってください!ウルトラは、スピードではなく、完走が目的になりますので、ゆっくりずっと走り続けられる走力さえあれば、こんな楽しい旅はありません。是非、頑張ってきてください!よろしければ、完走の吉報をお待ちしております!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160707

2016-07-05 全仏オープンテニス:ジョコヴィッチ、キャリアグランドスラム達成!

[] 全仏オープンテニス:ジョコヴィッチ、キャリアグランドスラム達成! 03:09

全仏オープンテニス2016。

2005年から2014年までの10年間、ラファエル・ナダルの独壇場で、2009年大会を除いて負けなしの9回優勝という信じられない大記録。

2015年からは残念ながら怪我などで調子を落とし、今年も自分の庭でもある全仏オープンテニスで無念の棄権

彼の復活にはまだまだ時間がかかりそうだ。

そんな中、昨年、キャリアグランドスラム(全豪・全仏・全英(ウィンブルドン)・全米で優勝)に王手をかけた決勝でワウリンカに負けたジョコヴィッチが念願の優勝を遂に果たし、キャリアグランドスラムを達成!

大会では何度も優勝していて無敵の強さを誇るのに、クレーコートのここだけはずっと勝てなかった事もあって、その喜びはひとしお。赤土の上で大の字になって喜んでいる姿が印象的だった。

f:id:kohki3103609:20170128025026j:image

f:id:kohki3103609:20170128025015j:image

ナダルがここで台頭する前の1997年2000年2001年に3度優勝した実績を持つブラジルのグスタボ・クエルテンさんが観客席でジョコヴィッチを祝福。

自分テニスを観始めた頃に活躍していたアフロヘアの印象的な選手。久し振りに観て懐かしかった。笑顔がとても素敵だ。

f:id:kohki3103609:20170128025527j:image

全仏オープンテニスと同時期にやっていたNBAファイナルも、普段NBAは観ておらず、毎月NHK放送しているNBAマガジンを観ているくらいなのだが、感動した。

満を持して地元であるクリーブランドに帰ってきたレブロン・ジェームズ所属するキャバリアーズが優勝!

優勝が決まった瞬間、地面に伏して泣いて喜ぶ姿が印象的だった。

f:id:kohki3103609:20170128030258j:image

そして、最後に、優勝杯を手にして、

Cleveland, this is for you!

と叫んだ姿には感動を覚えた。

f:id:kohki3103609:20170128030823j:image

f:id:kohki3103609:20170128030812j:image

選手同士が勝ち負けを競って本気でぶつかり合うからこそ生まれる感動がスポーツにはある。

そのスポーツルールやこれまでの歴史選手達の背景や実績、努力などを把握した上でそれを観ると、その感動は倍増する。

スポーツって素晴らしい。興味があるスポーツがたくさんあると、平凡で無為毎日に活力を与えてくれる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160705

2016-07-03 サロマ湖100kmウルトラマラソンに向けて

[] サロマ湖100kmウルトラマラソンに向けて 23:21

6月23日仕事で後輩に同行してのまさか岩手県盛岡市への出張

2週間前に「いわて銀河100kmウルトラマラソン」出場の為に立ち寄った盛岡市に、また来ることになるとは何たる奇遇。しかも、同じ月に。今度はスーツで。

しかも、前日に仕事が終わらなかった事もあって、今回は飛行機ではなく、東海道新幹線東北新幹線に揺られて新大阪駅から約5時間かけてやってくることになるとは思わなかった。

東京駅ホームでは、久し振りに東北新幹線はやぶさ秋田新幹線こまちの連結部分を見物。目的地の盛岡駅で別れるハズだ。

f:id:kohki3103609:20170121230840j:image

f:id:kohki3103609:20170121230829j:image

22時過ぎにひっそりとした盛岡駅に着いた後、2週間前に行けなかった駅前の有名店・ぴょんぴょん亭にて、盛岡三大麺のひとつである盛岡冷麺を食べて、少しだけ盛岡にいる気分を味わえて良かった。

f:id:kohki3103609:20170121231131j:image

f:id:kohki3103609:20170121231117j:image

盛岡駅から少し離れたところにある繁華街大通商店街にあるホテルに到着した後は、コンビニで買った、こちらも盛岡三大麺のひとつであるじゃじゃ麺を食べながら、EURO2016の予選リーグポルトガルvsハンガリーの点取り合戦を観て興奮した。

f:id:kohki3103609:20170121231450j:image

f:id:kohki3103609:20170121230433j:image

ただ、やはり、翌日の仕事が気になってしまい、オフで来る時とはその楽しさの度合いが違ってつまらなかった。やはり出張なんて大嫌いだ。

午前中に盛岡仕事を済ませて帰阪し、会社に戻って仕事を終えた後は、サロマ湖100kmウルトラマラソン前の最後大阪城ナイトランニング

この日も中之島公園迄走って行き、大阪市役所で折り返して約11km、気持ち良く走ることができた。

5月になってからというもの、毎年楽しみにしているサロマに向けて、今年はイマイチ練習が出来なかったが、五体満足で当日を迎える事が出来るだけで十分。

サロマに向けて揃えた装備品も準備万端だ。

来週のサロマで履く今年のサロマレーサー。ウルトラを走り終わった後、爪が死ぬ事が多いので、今回はサイズを1cm大きくして29cmにしたところ、かなり走りやすかった。さすがasics。これでシューズ心配はなさそうだ。デザインは相変わらず派手だけど。

f:id:kohki3103609:20170121231644j:image

そして、RUNNETが大会前に発売するサロマの記念Tシャツ

今年のデザインは迷彩色・・・と思ったら、この模様は全てサロマ湖の形だ。

まり無いデザインなので、当日、そして他大会で着用したらかなり目立ちそうだ。今年も後半はこれを着て走ろう。

f:id:kohki3103609:20170121231850j:image

f:id:kohki3103609:20170121231837j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160703

2016-07-01 EURO2016:12年前の屈辱を同じ形で晴らしたポルトガル

[] EURO2016:12年前の屈辱を同じ形で晴らしたポルトガル 22:40

6月10日に開幕したサッカーのEURO2016。

4年前のEURO2012をWOWOWで観戦してとても面白かったのを今でも覚えているので、今回も楽しみにしていたのだが、予想を超えて楽しかった。

グループリーグでは強豪国がほぼ順当に決勝トーナメントに勝ち上がったものの、大好きなズラタン・イブラヒモヴィッチエーススウェーデンが敗退し、代表引退を表明しているズラタン代表では見られない事を思うと寂しい限り。こんなエースらしいエースはいない。

f:id:kohki3103609:20170121212302j:image

f:id:kohki3103609:20170121212300j:image

また、応援していて優勝予想をしていたポルトガルまさかグループリーグで大苦戦。

3戦全てで引き分け勝ち点3で、ギリギリの3位通過。

試合からクリスティアーノ・ロナウドCR7だけのワンマンチームと言われていて、それも一理あったので、やっぱりダメなのかなと思っていた。

f:id:kohki3103609:20170121212807j:image

そして、何よりも驚いたのは、グループリーグから好調であった、ウェールズアイスランドという小国の大活躍

ウェールズは、大好きなギャレス・ベイルが大活躍して、グループリーグトップ通過、決勝トーナメントでも優勝候補ベルギーを倒してベスト4進出

この野性的な顔とピッチ上での突進力とスピード。かっこいい。

f:id:kohki3103609:20170121213804j:image

f:id:kohki3103609:20170121213743j:image

f:id:kohki3103609:20170121213732j:image

そして、アイスランドは、国内リーグ活躍する無名選手ばかりのチームなのに、決勝トーナメントで強豪のイングランドを倒してベスト8進出するというアップセットジャイアントキリングを成し遂げた。

試合勝利した後に、選手達がサポーターと一体感を感じるために、頭上で一緒に拍手する「バイキング・クラップ」もこの大会名物になった。

この活躍振りが印象的に過ぎて、忘れないようにするためにも大会終了後、アイスランドブルーユニフォームを購入するくらい好きになった。

f:id:kohki3103609:20170121214519j:image

f:id:kohki3103609:20170121214506j:image

ベスト4の国は、だれも予想しなかったであろう、この4ヵ国。

f:id:kohki3103609:20170121214735j:image

ポルトガル決勝トーナメントに入ってようやく目覚めたようで、クロアチアポーランドに辛勝。ポルトガルの方々は、こんな薄氷勝利ばかりで心中察するものがあった。

そして、準決勝という最高の舞台で、CR7ポルトガルベイルウェールズというレアル・マドリードエース対決が実現!

結局、ベイルと共に活躍していたラムジーイエローカード累積による出場停止で、本来の強さを示す事が出来なかったウェールズが破れてしまい、両国、万全の状態で闘えなかったのが残念だった。

試合終了後、CR7ベイルがお互いの健闘を讃え合うシーンが印象的だった。

f:id:kohki3103609:20170121215438j:image

片や、開催国フランスドイツの強豪国対決は、フランスエースとなったアントーワヌ・グリーズマン活躍勝利。アトレティコ・マドリードでの活躍をそのままにさすが。ゴールした後の仕草が印象的。

f:id:kohki3103609:20170121220402j:image

f:id:kohki3103609:20170121215725j:image

勝利した後、この大会話題になったアイスランドの「バイキング・クラップ」を真似してサポーターと一体になるなんて、何でもありだ。

f:id:kohki3103609:20170121215709j:image

そして、決勝はフランスvsポルトガル

この一戦を楽しみにしていたのに、試合序盤でCR7が負傷退場という残念な展開。

フランス開催国ポルトガルは完全アウェーな上に、CR7がいないとなっては完全不利かと思いきや、フランスが点を取れないまま、延長戦へ。

その延長戦で、ポルトガルの期待の若手のレナトサンチェスまさかの先制ゴール!

延長戦終了直前には、負傷退場したCR7が足を引きずりながら、ピッチ際で監督と共に選手に死に物狂いで指示を出す、「ロナウド監督」振りが印象的だった。

f:id:kohki3103609:20170121221910j:image

f:id:kohki3103609:20170121221858j:image

千金のこの1点を最後まで守りきり、まさかポルトガルが優勝!

開催国フランスはこのまさかの結果に落胆。フランス国民歓喜を与えられなかった不甲斐なさを考えれば、この姿は頷ける。

f:id:kohki3103609:20170121222506j:image

この空気の読まなさ、12年前のEURO2004開催国ポルトガルが決勝でギリシアに負けた歴史を思い出した。

ポルトガルは、12年前に地元経験したあの屈辱12年後になって、フランスの地でリベンジした、というこの巡り合わせ。

12年前にその屈辱を味わってピッチ上で泣き、「crying boy」と言われた若かりし頃のCR7が、12年後に成長して歓喜の瞬間を味わるこの展開には震える程、感動。今回も面白かったEURO2016だった。

f:id:kohki3103609:20170121223425j:image

f:id:kohki3103609:20170121223413j:image

f:id:kohki3103609:20170121223402j:image

f:id:kohki3103609:20170121223351j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160701

2016-06-28 いわて銀河100kmチャレンジマラソン:絶不調ながらも無事完走!

[] いわて銀河100kmチャレンジマラソン:絶不調ながらも無事完走! 00:43

2016年6月12日開催の「いわて銀河100kmチャレンジマラソン」当日。

午前4時30分のスタートに向けて、深夜1時過ぎに起きて準備をして、北上駅前のバス乗り場に集合。

ド深夜にウルトラランナーがぞろぞろ集結する光景はだいぶ見慣れてきた。

スタート地点の岩手県北上市北上運動総合公園に到着。

バスに預けておいた自分荷物を他のランナーが誤って持っていってしまトラブルもあったが、早めに向かっていた事もあって焦らずに大会事務局対応をお願いして、無事、荷物が返ってきて、スタート地点には問題無く、並ぶことができた。

f:id:kohki3103609:20170104231101j:image

f:id:kohki3103609:20170104231035j:image

スタートの午前4時30分が近づいてくると、空が明るみ始め、いわて銀河100kmチャレンジマラソンがいよいよスタート。こんな時間にこれだけのランナーが一斉にスタートし始めるのは異様な光景

f:id:kohki3103609:20170105000545j:image

北上運動総合公園を1周した後は、北上市の何にもない田園をずーっと走る。

20kmを過ぎた辺りで花巻市へ。

f:id:kohki3103609:20170105001359j:image

f:id:kohki3103609:20170105001338j:image

30kmを過ぎると、花巻温泉郷に通ずる銀河なめとこラインに到着。ここから登り坂が始まる事を覚悟する。

f:id:kohki3103609:20170105001621j:image

f:id:kohki3103609:20170105001554j:image

なだらかな登り坂を走り続けて40km。

登り坂が多い為か、たった40kmなのにかなり疲れてしまった。

その上、ここまでずっと変わりない景色である田園と林道コースに気分が少々ウンザリ

そして、ここのところ、練習などで全力で10km走ったり、長距離を走ると、左臀部に違和感を感じ、強く押すとしこりがあるようになり、「左足裏の足底筋膜炎の痛みが無くなったかと思えば次はコレか」と呆れていたのだが、案の定、ここに来てその症状が現れてしまった。

それにより、どんどんストライドが狭くなってペースダウン。序盤からかなり苦しい展開になってしまった。

f:id:kohki3103609:20170105002231j:image

40kmを過ぎて、完全に人家が無くなり、峠越えの登り坂になった。これは豊沢ダムだ。まだまだ登り坂は終わらない。

f:id:kohki3103609:20170105002515j:image

f:id:kohki3103609:20170105002455j:image

f:id:kohki3103609:20170105002432j:image

そして、ここに来て、日が照り始めで気温が上がり始めた。

気温が高くて汗だくになりながら、この峠越えでの登り坂。かなりキツイ中盤だった。

急な登り坂では已む無く歩きも入り始めた。エイドではしっかり水分補給。お米のミルクなる初めて飲む飲料も。

f:id:kohki3103609:20170105003003j:image

f:id:kohki3103609:20170105002942j:image

50km過ぎて、57.5kmの最高点迄に続く登り坂とトンネルがこのレースの中での最難関。

噂には聞いていたが、中盤に来て、あの延々と続く登り坂は確かに辛かった。

f:id:kohki3103609:20170105003825j:image

f:id:kohki3103609:20170105003802j:image

「最高点迄、あとちょっと、あとちょっと」を連呼しながら、トンネルが終わるのを耐え続けて走り、57.5km地点のエイステーションに到着した時にはほっとひと息。

このレースでの最難関の箇所を無事走りきる事が出来た。

とにかく暑かったので、被り水をして、コーラを飲んでひと休み疲れた時のコーラは最高だ。

f:id:kohki3103609:20170105003958j:image

f:id:kohki3103609:20170105003931j:image

ここから66.5kmのレストステーションまでは下りである事は知っていたので、快調に下りを走った。

f:id:kohki3103609:20170105004433j:image

f:id:kohki3103609:20170105004412j:image

レストステーション手前の西和賀町の高下集落に到着した時には、気温が30度に達する暑さ。これはキツイ

f:id:kohki3103609:20170105004821j:image

レストステーションに到着。

この暑さ及びここまでの登り坂で疲労困憊だったので、通常のウルトラよりも長めの休憩をとり、着替えて気分転換をした後、臀部の違和感が相変わらずだったので、鎮痛薬を服用して、残り34kmに臨む事にした。

f:id:kohki3103609:20170105004755j:image

この後は下り基調であったこともあって、前半よりも俄然調子が上がってきた。

前半、登り坂や臀部の違和感で満足に走る事が出来なかった事もあって後半で巻き返しだ。

f:id:kohki3103609:20170105010603j:image

70kmから90kmまでは待っていたランナーズハイがようやく訪れ、ペースをアップして下り坂を駆け下りた。

暑さもあったが、暑さには慣れているし、雫石町に行くための峠越えの林道コースに入れば木陰が多くて涼しかったので、エイド毎に被り水をすれば、それ程気にならずに走る事が出来た。

f:id:kohki3103609:20170105010542j:image

雫石町の手前のエイドでは、氷で冷やされたコーラ1缶がランナーに振る舞われて、とても嬉しかった。コーラを飲むと腹が膨れてゲップが出るのだが、炭酸飲料の喉越しの誘惑に負けて、思わず1缶飲んでしまった。

f:id:kohki3103609:20170105011147j:image

f:id:kohki3103609:20170105011127j:image

ゴールがある雫石町に入って、あと10km。アップダウンが多い林道コースが終わって、最後はフラットな市街地コースだ。

f:id:kohki3103609:20170105011323j:image

f:id:kohki3103609:20170105011258j:image

雫石町住宅には、6月代表する花として大好きな「アリウム・ギガンチウム」が咲いていた。紫色ボール状の形をしている面白い花だ。今年もこの花を見られて良かった。

f:id:kohki3103609:20170105011937j:image

町民の方々やボランティアの方々も沿道で「おかえりさなさーい」の嬉しい応援

ボランティアの方から笑顔での放水を受けた。

f:id:kohki3103609:20170105012213j:image

序盤と同じような田園地帯の中を走りながら、ようやくゴールの雫石総合運動公園に到着。

f:id:kohki3103609:20170105012408j:image

f:id:kohki3103609:20170105012347j:image

そして、いわて銀河100kmチャレンジマラソン、無事、ゴール!

f:id:kohki3103609:20170105012609j:image

f:id:kohki3103609:20170105012549j:image

タイムは、12時間24分もかかってしまった。

ウルトラ自己ベスト10時間25分なのに、2時間も多くかかってしまった。

これも、アップダウンが多いコースに、暑さと臀部の違和感というコンディションの悪さが相まってのものだろう。

そにれ、100kmを通して景色は田園もしくは林道コースという単調さ。

今回もカメラを片手に写真を撮りながら走っていたのだが、ほとんど被写体が無かった。

「新緑溢れる大自然の中を走る事ができるなんて何て楽しくて非日常なんだろう」と今になっては思うのだが、レース時は不調であった事もあって、心にそんな余裕が無かった。

こういうコースの特徴を知らない初出場者にはとても厳しい大会だった。

後半に少し盛り返したが、全般を通して低調で苦しい内容だったので、サロマやOSAKA淀川ウルトラマラソンのようなフラットなコースの100kmとは全く勝手が異なり、こういうアップダウンが多い100kmはまだまだ攻略が難しい事を痛感。

f:id:kohki3103609:20170105013352j:image

無事、100km完走して、岩手県名物である南部鉄器製の完走メダルをゲット!

f:id:kohki3103609:20170105013426j:image

f:id:kohki3103609:20170105013524j:image

日月曜日有給休暇が取得できず、朝からいつも通り出勤なので、日曜日中に帰阪するために、雫石総合運動公園17時に出発するバスいわて花巻空港へ向かって帰阪した。

16時20分過ぎにゴールして、100km完走の余韻に浸るヒマもなかった。

もし、もう少し遅かったら、盛岡から新幹線で帰阪しなくてはいけないところだった。

早得で伊丹空港行の最終便を予約していて、キャンセル不可であったので、走りながらヒヤヒヤしていた。

平日だけではなく、休日もこんな無茶な事をしていたら、疲れが溜まってサロマにも影響が出るので、しばらく休足。

5月に入って、炎上中のプロジェクトに異動になった事で仕事が一気に激務になり、満足に走る事が出来ていない状況の中で、予想通り、散々なレースであったが、何とか11回目となる100kmを完走出来て良かった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160628

2016-06-27 いわて銀河100kmチャレンジマラソン:前日岩手観光

[] いわて銀河100kmチャレンジマラソン:前日に岩手観光 00:42

6月11日土曜日、2週間後に迫ったサロマ湖100kmウルトラマラソン前哨戦となる「いわて銀河100kmチャレンジマラソン」への出場の為に、前日岩手観光伊丹空港発の朝一のJAL便でいわて花巻空港へ向かった。

いわて花巻空港からバスしか公共交通機関が無い為、バスJR東北本線花巻空港駅へ。とても小さな駅で本数が少ない為、しばらく待ちぼうけして、ホテルチェックインや前日受付開始まで時間があるので、人生で2回目となる岩手県観光を少しだけすることにした。

f:id:kohki3103609:20170101234513j:image

まずは、岩手県県庁所在地である盛岡市に向かう前に花巻駅途中下車

f:id:kohki3103609:20170101235748j:image

この駅では、是非、有名な「SL銀河」を見てみたかった。

1日1本、花巻駅から釜石駅への釜石線運行しており、花巻駅10時37分に出発するので、それを見越して朝一の便でここまでやって来た。

f:id:kohki3103609:20170102000223j:image

f:id:kohki3103609:20170102000156j:image

多くの観光客と共に花巻駅で待っていると、「SL銀河」がやって来た。

f:id:kohki3103609:20170101234149j:image

f:id:kohki3103609:20170101234129j:image

この辺りを舞台に描かれた宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をイメージした星座のデザインが列車全体に施されている。とても魅力的なデザインだ。他の観光客と同様に写真を撮りまくった。一度乗ってみて内装も見てみたかったが、今回はガマン

f:id:kohki3103609:20170101235630j:image

f:id:kohki3103609:20170101235604j:image

f:id:kohki3103609:20170101235539j:image

SL銀河」を堪能した後は、盛岡市へ。

初めて降り立ったが、さすが岩手県県庁所在地東北新幹線の停車駅。駅の大きさと駅前の賑やかさに驚いた。

f:id:kohki3103609:20170102001149j:image

岩手駅周辺をブラブラ。この日はかなりの暑さで、明日レース本番での暑さが思いやられるような陽気だった。

北上川に架かる開運橋の上からの眺め。良い景色だ。

f:id:kohki3103609:20170102001554j:image

そして、盛岡市内ではちょうどこの日、「チャグチャグ馬コ」という農耕馬感謝する伝統行事が開催されていて、盛岡駅前に色鮮やかな装束で着飾った数頭の馬とその馬主が、警察官が警備する道路を闊歩していた。すごい、グッドタイミング。1年に1回の盛岡伝統行事を見られて幸運だった。

f:id:kohki3103609:20170102003406j:image

そして、ここらで腹ごしらえ。盛岡と言えば、盛岡三大麺(盛岡冷麺じゃじゃ麺わんこそばを食すしかない!と思っていて、盛岡駅周辺で探してみた結果、盛岡冷麺は「ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店」、じゃじゃ麺は「HOT JaJa」という盛岡駅地下道を抜けてすぐの場所にある店で食べた。観光客を中心とした行列ができていてスゴイ人気だった。

盛岡冷麺は、つるつるでかなりコシがある麺だった。スイカが入っているのがスタイルらしくてびっくり。

f:id:kohki3103609:20170102010826j:image

じゃじゃ麺は、おいしかったけど、地元子供の頃に食べた八丁味噌ベースで作られた肉味噌の方が自分は好みだった。

f:id:kohki3103609:20170102010806j:image

〆に食べ終えた器に生卵を入れ、麺の茹で汁でといた「チータンスープ」という食べ方があるらしく、試してみた。これはうまい

f:id:kohki3103609:20170102010746j:image

わんこそばは1人で入る事ができそうな店が無かったので、今回は諦めた。というか、腹いっぱいでこれ以上食べるのは無理だった。わんこそばは、また次の機会だ。

盛岡での目的を果たしたので、宿泊ホテル及び前日受付会場のある北上駅に向かうために盛岡駅に戻ると、改札の前でお隣の山形名産佐藤錦が安く販売されていたので、思わず購入。

昨年の6月には山形県東根市で開催された「果樹王国ひがしね さくらんぼマラソン大会」に出場した際に、お土産として佐藤錦をたくさん購入したのを思い出した。

今年もこのおいしい佐藤錦をこの旬の時期に食べられることが出来て嬉しかった。「赤いルビー」と言われているのが納得な程に美しい。

f:id:kohki3103609:20170102012612j:image

盛岡市から南下して、明日のスタート地点でもある北上駅へ。

f:id:kohki3103609:20170102013158j:image

北上駅近くの北上勤労者体育センターで前日受付を済ませ、宿泊先のアパホテルに到着。

ウルトラマラソンでは他のランナーとの相部屋が多いのだが、今回は1人部屋。気を遣わなくても良いので助かった。

北上市では特にやるべき事は何もない上に、「いわて銀河100kmチャレンジマラソン」は普通ウルトラマラソンよりも早い朝4時のスタートの為、早めの就寝。

f:id:kohki3103609:20170102014307j:image

参加記念Tシャツ誤植が(「BRAIN」が「BARIN」になっている)。これは残念・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160627

2016-06-25 大阪マラソン、4年連続当選す!!

[] 大阪マラソン、4年連続当選す! 01:25

6月8日水曜日

仕事が激務の中に、何とか今週も毎週水曜日仕事終わりの大阪城ナイトランニング

疲れとストレスを発散できた。

翌日の6月9日水曜日

そんな仕事ばかりの日々の中で、2016年10月30日開催の大阪マラソン当選の通知がやってきた!

なんと、これで2013年から4年連続当選

こんな事ってあるのか、信じられない・・・

仕事最中に、Yahoo!メール当選を知ってかなり驚いて、しばし呆然

今年も例年通り5倍くらいの倍率はあるので、まさか4年連続当選するとは思っていなかった。

なので、同日開催の茨城県水戸市で今年初開催されることになった水戸黄門漫遊マラソンエントリーしてしまった。

こちらは記念すべき第1回大会だし、茨城県はこれでフルマラソンが5大会も開催されている全国一のマラソン県なのに大阪から行き難い場所である事もあって未踏の地だし、何よりも完走メダル水戸黄門の印籠型!と聞いて、是非出場したいと思っていた。

大阪マラソン水戸黄門漫遊マラソン、どちらに出場するか・・・

大変悩ましい事態になってしまった。

大阪マラソンとりあえずエントリーだけしておいて、大阪マラソンEXPOだけ行って参加賞だけもらい、すぐに水戸へ移動する事にしようか。

大阪マラソン落選されたランナーの方々には大変失礼なことだけど。

それしても、スタート地点の大阪城公園まで徒歩5分程度のところに住んでいる、大阪市にとって全く経済効果をもたらさない自分を4年連続で選ぶなんて、大阪マラソン事務局はどうかしている笑

大阪マラソンにせっかく当選したのに勿体ないなぁ。身体が2つ欲しい。

f:id:kohki3103609:20160924043033j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160625

2016-06-24 中之島公園ランニングで意外な発見

[] 中之島公園ランニングで意外な発見 01:04

6月5日日曜。

毎週日曜日は早朝ランニングのはずだが、朝から雨だったので、来週のレースに向けてムリはせず、控えることにした。

というか、今週、平日は仕事土曜日も朝から用事があって丸一日の休み今日しかなかったので、朝はゆっくり休みたかったのが本音

レース1週間前にがっつり走ったところでもう遅いので、今週末は思い切って休む事にした。

ただ、定期的に走って脚力を維持するためにも、軽めに大阪城ナイトランニング

今夜は、お馴染みの大阪城の周りを1周した後、そこから天満橋方面に行き、天神橋から螺旋状の通路下り中之島公園を走り、大阪市役所まで行って折り返して戻ってくる約10kmのコースを初めて走った。

19時にランニングをスタートしたので、天満橋大川沿いから眺める日が沈む前の梅田高層ビル群がとても美しくて、思わず途中で立ち止まって写真を撮ってしまった。

日没間際の西の空の自然が作り出すグラデーション、圧巻だった。

「あれ、ここから風景って、この時間だとこんなに綺麗だったんだ・・・

大阪に住んで10年以上経つが、またひとつ、自宅近くに良い場所を新発見した。

f:id:kohki3103609:20160924040539j:image

f:id:kohki3103609:20160924040526j:image

そして、大阪市役所を折り返して戻ってくる時、中之島にある観光スポットひとつ中之島公会堂ライトアップを改めて見てみると、とても綺麗だった。

f:id:kohki3103609:20160924040910j:image

夜の中之島公園を走っていると、そこは家族連れやカップル恰好の憩いの場。

芝生に寝転んで、または川沿いのベンチでカップルが愛を語り合ったり、大川沿いの開放的レストランでは外で賑やかに飲んだりしていて、過ぎ行く日曜日恋人と、仲間達と憂えている傍を自分だけ黙々と走っている姿は何だか滑稽だった。

でも、このコース信号が無いので、がっつり走ることができて良い練習になった。

大阪城公園を2周するよりも、ここまで走りに来た方が楽しいかも。今後も度々走りに来よう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160624

2016-06-21 大阪城ナイトランニングで良い学びを得る

[] 大阪城ナイトランニングで良い学びを得る 11:13

6月1日水曜日

毎週水曜日仕事終わりに恒例になりつつある大阪城ナイトランニングを決行したものの、翌日、仕事外国人の重役との面談があり、その準備が不十分なため、気が休まらず、走っていても全然リラックス出来ないので、1周を全力で走ってこの日のランニングは終了。

やっぱり身体モチロン、心も穏やかで落ち着いていないと何をやっていても楽しくないことを実感。

6月2日木曜日

無事、仕事での今週の山場を乗り越えて、2日連続大阪城ナイトランニング

今日も夜は風があって、涼しいというより寒いくらいの気候で走りやすかった。

昨日は1周しか走られなかった上に、金曜日は飲みに行かなければならないため、今日はどうしても走りたかった。やはり、気持ちが落ち着いていたので、ランニングはより楽しかった。

5月ジムに行った回数を見ると、5月に入って平日は仕事で忙しくなった事もあって、ここ最近で最小の1回。

たった1回のジムに月額1万円超えか…なのに、月間走行距離は250km超え。如何に自主的に走っているのかが伺える。

「走ることが習慣化した自分にはジム通いは不要かな・・・

というジム不要論を感じ始めた。

でも、筋トレをして均整のとれた身体を維持したいし、悩ましいものだ。

ランニングを終えてコンビニに寄って自宅に向かう途中で、今日は0時前だったので、堺筋本町谷町四丁目の間にあるたこ焼き屋が閉店間際だった。

せっかくなので、「まだありますか?」と聞いたら、「自分が食べようとして取っていた余ったたこ焼きがあるので、それでいいなら100円で売りますよ」という粋な計らい。

そんなお兄さんの親切に感銘を受け、500円を置いてきた。

深夜にとても気持ちの良いやり取り。大阪も捨てたもんじゃない。

目先の利益度外視してお客様サービスを施して感動を与え、「また来たいな」と思わせて顧客を作り、中長期的な利益を生む。

お客様相手にする仕事には必須姿勢だ。

今の仕事BtoBだけど、将来、BtoCの仕事をしてお客様と直接触れ合うことになった時は、このたこ焼き屋さんのようなスタンスで臨むとしようと木曜日の深夜に再認識

f:id:kohki3103609:20160924035004j:image

しかし、ここのところ、仕事が激務で平日に全く走ることが出来ていない。勝負レースであるサロマまで1ヵ月を切ったのに、こんな体たらく自己ベスト更新なんてムリだなと心配になった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160621

2016-06-20 チャンピオンズリーグ決勝の興奮冷めあらぬ中に早朝ランニング

[] チャンピオンズリーグ決勝の興奮冷めあらぬ中に早朝ランニング 11:12

5月29日日曜日

午前3時45分キックオフチャンピオンズリーグ決勝戦レアル・マドリードvsアトレティコマドリードを観守った。

マドリード対決となった熱戦は120分戦っても決せず、1−1のまま、PK戦に雪崩れ込む息詰まる展開。

レアルが誇るBBC一角であるギャレス・ベイルも、セルヒオラオスも一発も外しない緊張のPK戦

f:id:kohki3103609:20160924030336j:image

f:id:kohki3103609:20160924030324j:image

マドリスタも祈りながらPK戦を見守る。

f:id:kohki3103609:20160924030712j:image

結局、アトレティコファンフランが4発目を外し、レアルの5人目は大好きなクリスティアーノ・ロナウドCR7

試合中、レアル・マドリードは攻められっぱなしで、CR7全然活躍していなかったが、最後最後で見せ場がやって来た。

5発目を見事決めて、優勝が決定。

PKを決めたら脱ぐかな〜」と思ったら、やっぱり脱いだ。もはや恒例だ。今回は脱ぐというか、ユニフォームを裂いていた笑

f:id:kohki3103609:20160924031150j:image

f:id:kohki3103609:20160924031137j:image

f:id:kohki3103609:20160924031124j:image

ジダン監督と抱き合って喜ぶ。

f:id:kohki3103609:20160924031107j:image

逆にアトレティコ選手ファンは、試合内容だけで言えば攻めていて勝っていたのに、負けてしまって呆然

フェルナンド・トーレスも無念。

f:id:kohki3103609:20160924031721j:image

王者レアル大金星が目前だったので、泣いているファンも印象的だった。

f:id:kohki3103609:20160924031758j:image

f:id:kohki3103609:20160924031748j:image

かなり面白い試合だった。そんな熱戦の興奮が冷めあらむ中に毎週日曜日の早朝ランニングスタート。

平日の仕事が大変で、鯖街道ウルトラマラソンから1週間振りのランニングになってしまった。

この日は暑さも本格的になってきて、6月勝負レースに向けて良い暑熱馴化になった。

f:id:kohki3103609:20160924032236j:image

中間地点の大阪港中央突堤で見上げた空。夏らしい空だ。

f:id:kohki3103609:20160924032225j:image

大阪港中央突堤からの復路で、この日もなみはや大橋激坂を往復して走って坂道練習

f:id:kohki3103609:20160924032914j:image

このなみはや大橋の最高点からの眺める大阪市内景色は最高。

天気が良い日曜日朝はここに来るべきだと再認識

f:id:kohki3103609:20160924033052j:image

f:id:kohki3103609:20160924033039j:image

5月になって新しいプロジェクトに配属になって以来、仕事が一気に大変になり、平日は23時近くまで仕事をしてジムに行けなくなり、忙しくてストレスフルな日々になってしまった。

しばらくはこんな生活が続きそうなので、ランニングに費やせる時間が少なくなりそうだ。

でも、そんな中でも5月の月間走行距離は257kmで、250kmを超えた。6月勝負に向けて、良い1ヵ月を過ごすことができて大満足。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160620

2016-06-15 鯖街道ウルトラマラソン:福井・小浜市から京都・出町柳まで無事完走

[] 鯖街道ウルトラマラソン福井小浜市から京都出町柳まで無事完走 02:08

5月22日日曜日鯖街道ウルトラマラソン当日。

朝6時スタート前、鯖街道の起点でこの日のスタート地点となる福井県小浜市のいづみ町商店街テンションの高いトレイルランナーでごった返していた。

自分も他ランナーと同様に、事前に77kmの行程中、3分の1はトレイル山道)で3つの峠を越えて、ここから京都府出町柳まで走る珍しいコースである事を聞いていたので、トレイルランニング用のザックにハイレーションを積んだ完全防備で臨む事にした。

f:id:kohki3103609:20160922214708j:image

朝6時、鯖街道ウルトラマラソン商店街の中からスタート!

f:id:kohki3103609:20160922221408j:image

スタート直後は小浜市内をゆっくり走る。山には朝靄がかかっている。早朝はとても気持ち良い。今日も絶好調だ。

f:id:kohki3103609:20160922221954j:image

眼前に山が見え始め、徐々に人家が少なくなってきた。いよいよ最初の峠越えが始まると覚悟した。

f:id:kohki3103609:20160922222117j:image

有名な都市型マラソンなどとは異なり、沿道の応援は少ないものの、少ないだけあってその有難み・貴重さが身に染みる。日曜日の朝早くから有り難いことだ。

f:id:kohki3103609:20160922222308j:image

人家がなくなり、ロードだけど上り坂が始まる。最初の峠である根来(ねごり)峠に向かう根来坂の始まりだ。

f:id:kohki3103609:20160922222752j:image

f:id:kohki3103609:20160922222613j:image

10km走って最初エイステーションに到着。

鯖街道象徴しているこの壁画、事前に写真で見てました!

f:id:kohki3103609:20160922223129j:image

f:id:kohki3103609:20160922223108j:image

f:id:kohki3103609:20160922223048j:image

このエイドを越えると、いよいよ本格的な上り坂。とても走っていられないくらい急峻な坂だったので、歩きもいれながら前に進んだ。

f:id:kohki3103609:20160922224215j:image

坂道上りきり、15km地点の上根来集落に到着。

f:id:kohki3103609:20160922223621j:image

f:id:kohki3103609:20160922223600j:image

この後、少し下り坂になったので、ほっとひと息ついて、「これで終わりなら最初の根来峠は大した事ないな」と思ったら大間違い。

徐々に舗装道路ではなくなり、本格的なトレイルコースに変わり、ここからが根来峠の本番だった。やはりそう甘くはない。

f:id:kohki3103609:20160922224653j:image

古過ぎて鯖移動の文字が見えないが鯖の形をした、根来峠入口のこの看板がこの大会の案内の写真になっていた。

f:id:kohki3103609:20160922224550j:image

f:id:kohki3103609:20160922224529j:image

トレイル上りを快調に上って、根来峠の最高点に到着。まだまだスタートしたばかりなので余裕。

山道上り坂は確かに辛いが、その辛さの先には絶景というご褒美が待っている。これがあるからトレッキングトレイルランニング趣味とされている方々はどれだけ辛くても止められないのがよく分かる。

この日は天気が良くて、景色がとてもきれいだった。

f:id:kohki3103609:20160922230133j:image

f:id:kohki3103609:20160922230105j:image

そして、上り坂があれば必ずその先に待っている下り坂という楽しみが待っている。自分も含めて多くのトレイルランナー下り坂を走るのは得意としているので、上り坂で歩いて体力を温存した分、ここで取り戻そうとペースをアップして下る。ただ、まだ序盤なので、ここで脚を使ってしまわないように控えめに。

f:id:kohki3103609:20160922230558j:image

下った後は、再び舗装路に出た。家がちらほらあって、キャンプなどをしたら楽しそうなのどかな村のようだ。

緑が多くて時間が止まったようにのんびりしており、横には川が流れ、普段、都会の喧騒の中で暮らしている自分にとっては、この風景の中で走る事だけで新鮮で、とても気持ち良くて楽しかった。

f:id:kohki3103609:20160922231312j:image

f:id:kohki3103609:20160922231251j:image

コース沿いに住んでおられる方やこの大会存在をご存知の方などが私設エイドを設けてくれていて、自分炭酸飲料を頂いた。走っている時の炭酸飲料の喉越しは最高!

タイムを狙うフルマラソンの時は、腹が膨れてしまって厳禁なのだが、完走を狙うウルトラでは欠かせない飲料だ。自動販売機で買えるように、一応、小銭を持ってきたのだが、要らなかった。

f:id:kohki3103609:20160922231900j:image

35km地点の渓流魚センターに到着。かわいい子犬が我々ランナー応援

f:id:kohki3103609:20160922232101j:image

f:id:kohki3103609:20160922232040j:image

40km地点の久多のエイステーションに到着。

晴天で昼に近づいてきた事もなり、暑さもピーク。でも、木陰を走っている分には涼しくて、あまり気にならなかった。

f:id:kohki3103609:20160922232543j:image

f:id:kohki3103609:20160922232512j:image

15km続いたロードが終わり、ここから2つ目の峠であるグロ坂峠だ。ここにも鯖街道っぽい看板発見

f:id:kohki3103609:20160922232810j:image

どこまで続くの!?ツッコミたくなるつづら折りの山道を前のランナーについて、自分なりの早歩きで登る。この先に待っている下りで走るために体力を温存。焦らない焦らない。

f:id:kohki3103609:20160922233128j:image

よし、オグロ坂峠の最高点到達!ここから先は下り坂だ。

f:id:kohki3103609:20160922233447j:image

ここぞとばかりにペースアップ。

ここの下り坂は広い上にオフロードだけど砂利道でとても走りやすく、とても気持ち良かった。

これこそがトレイルランニング醍醐味だなぁと再認識

f:id:kohki3103609:20160922233725j:image

f:id:kohki3103609:20160922233704j:image

この下り坂を下りた後のエイステーションでは、この大会名物らしい冷やしあめランナーに振る舞われた。

冷やしあめ関西ローカル飲料で、麦芽水飴を湯で溶いて生姜を加えた冷たい飲料だ。疲れた身体にピッタリだった。

f:id:kohki3103609:20160922234355j:image

f:id:kohki3103609:20160922234329j:image

グロ坂峠から5kmもしないうちに、最後の3つめの峠である杉峠上り坂が始まった。

ここは大きな石がゴロゴロしているガレ場で、これまでで一番歩き難かった。

f:id:kohki3103609:20160922234626j:image

そして、56km地点の杉峠の最高点に到達。登りにくかったが、短いので、比較的楽だった。

f:id:kohki3103609:20160922234955j:image

f:id:kohki3103609:20160922234934j:image

もう後は下り坂とフラットな道のみでほっとひと安心

ここからドライブウェイを鞍馬に向かって一気に下る。

最後下り坂と思って一気にペースアップしたら、7kmもこの下り坂が続くとは露知らず、次第に太ももの前側の大腿四頭筋パンパンになってきた。

ここでのペースアップが今回の最大の誤算。この後、ゴールまでペースアップが出来なくなってしまった。初出場者故の大失敗だ。

f:id:kohki3103609:20160923000516j:image

無事、鞍馬に到着。

過去京都東山コースで初めてトレイルランニングに挑戦した時、京都蹴上をスタートして、大文字山比叡山に行き、ここ鞍馬がゴールだった。ゴール後、この近くにあるくらま温泉に入って、疲れを癒したのを思い出す。

ここ鞍馬は、京都代表する観光地ひとつであるため、たくさんの観光客が終盤に迫って疲弊している我々ランナー達を稀有な眼で見ているのが面白かった。

このエイドの少し先にある叡山電鉄鞍馬線の終着である鞍馬駅の前には、鞍馬天狗の大きなお面が飾ってあって写真に撮っておきたかったのだが、今回は諦めた。

f:id:kohki3103609:20160923001753j:image

f:id:kohki3103609:20160923001733j:image

これまでのトレイルから一転、住宅街の道を鞍馬から貴船口を過ぎて走り、最後賀茂川沿いに入る手前で、24時間リレーマラソンや他大会で度々見掛ける鴨川走友会の方々が私設エイドを設けてくれていて、自分かき氷をいただいた。この日は暑かったので、とても有り難かった。

f:id:kohki3103609:20160923002206j:image

f:id:kohki3103609:20160923002146j:image

そして、最後賀茂川沿いのコース。フラットで走りやすい道が延々と続く。

ここは家族若者達が集まる京都市民の憩いの場であり、ランナーにとっては格好の練習場だ。

f:id:kohki3103609:20160923002621j:image

さっきの7kmの下り坂で脚を使ってしまってペースアップができない苦しい中に走り、「ゴールゲートはどこだ!」と先の先を見ながら走り続けた。

f:id:kohki3103609:20160923003105j:image

「おつかれさま」ならぬ「おつかれさば」。なるほど。

賀茂川沿いではたくさんの応援をいただけた。

f:id:kohki3103609:20160923003039j:image

f:id:kohki3103609:20160923003014j:image

そして、ようやく、眼前に賀茂川高野川が交わって鴨川になる場所鴨川デルタ」とゴールゲートが見えてきた。

ゴール前のスタッフの方々とハイタッチして、無事ゴール!

f:id:kohki3103609:20160923003718j:image

f:id:kohki3103609:20160923003653j:image

77kmを無事完走できた。

これまでもこの大会に出場したかったのだが、毎年、地元岐阜県で開催される「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」と同じ日にこの大会が開催されるために断念していたのだが、今年は1週ズレてくれたおかげで、念願の出場を果たせ、完走できた。長年走りたかった大会だけに感慨深いものがあった。

でも、最後にペースアップ出来なかった事が残念。上り坂が以前よりは早く登る事が出来るようになった感があり、抜かれる回数も減ったような気がしたが、まだまだだった。

ゴール地点は、たくさんの完走者や完走者達が所属するランニングチームの仲間達や家族でごった返しており、この日の奮闘を共有できる知り合いがまるでいない自分何だか寂しい気分。

この日の目的は果たしたので、完走の余韻もままならないうちに、早々に帰路に着いた。

鴨川に架かる鴨川大橋の上から眺めたゴール地点と鴨川デルタ光景

f:id:kohki3103609:20160923004749j:image

f:id:kohki3103609:20160923004723j:image

帰りは、ゴール地点最寄りの京阪電車の始発駅である出町柳駅から特急に乗って、自宅近くの北浜駅まで1本で行く便利さ。始発で確実に座る事が出来たので、北浜までは爆睡だった。北浜から1駅の堺筋本町に住んでいる自分にとって、帰りはかなり便利だった。

自宅に戻って、大会参加賞を見ると、定番Tシャツではなく、迷彩色トートバッグ。これは珍しい。鯖街道を示す鯖のタグが付いていた。

f:id:kohki3103609:20160923010829j:image

f:id:kohki3103609:20160923010809j:image

そして、せっかく鯖街道を走った縁なので、エントリー時に申し込んでいた鯖関連のお土産

寿司鯖缶。おいしかった。

f:id:kohki3103609:20160923011206j:image

f:id:kohki3103609:20160923011147j:image

そして、完走者に配られる鯖の丸焼き

これはかなりのインパクト。これこそがこの大会の完走メダルみたいなものだ。

とても肉厚で、1人で食べる贅沢さ。鯖の塩焼きが大好きな自分にとって、これがあれば、ご飯を何杯でも食べられる程に美味だった。

f:id:kohki3103609:20160923011628j:image

トレイル込みの77kmであっただけあって、ロードの100kmマラソン完走後よりも筋肉痛や靴擦れなどのダメージが大きかった。でも、トレイルアップダウンにより相当に足が鍛えられ、6月サロマ湖100kmウルトラマラソンに向けてとても良い練習になった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160615

2016-06-13 鯖街道ウルトラマラソン:企業対抗駅伝終わりで福井県・小浜市へ

[] 鯖街道ウルトラマラソン企業対抗駅伝終わりで福井県小浜市01:56

5月21日土曜日、午前中に西中島南方駅最寄りの淀川沿いで開催された「企業対抗駅伝」を終えた後、すぐそばの新大阪駅から新幹線京都駅に向かい、バスで翌日に開催される「鯖街道ウルトラマラソン」のスタート地点である福井県小浜市ツアーバスで向かった。

午前中に炎天下ゴレンジャー恰好で5km走った事もあって、社内では爆睡。あっという間に小浜市に到着。

宿泊予定のホテル「せくみや」は、出場ランナーで大混雑。自分も3人のランナーと相部屋だった。

f:id:kohki3103609:20160904152119j:image

ホテルの前やホテル内は、かつて就任時に小浜市と同じ名前話題となった頃に作ったと思われるオバマ大統領アピールが凄かった。

f:id:kohki3103609:20160904154307j:image

f:id:kohki3103609:20160904154245j:image

荷物を部屋に置いた後、初めて来た小浜市散策

f:id:kohki3103609:20160904152336j:image

明日のスタート地点になる「鯖街道」の起点となる商店街に行ってみた。

鯖街道」は、かつて若狭国などの小浜藩領内と京都を結ぶ街道総称であり、主に若狭湾で採れた魚介類京都へ運搬するための物流ルートであったが、特に鯖が多かったことから鯖街道と呼ばれるようになったそうだ。当時、冷凍技術は無いので、ここから徒歩で京都に運ぶ時に生サバを塩でしめいたのだが、京都まで輸送する間にちょうど良い塩加減になっており、京都庶民の間では重宝されていたそうだ。

商店街通路には、鯖街道起点の印が。

f:id:kohki3103609:20160904154849j:image

f:id:kohki3103609:20160904154828j:image

明日に向けて、土曜日で閑散とした商店街にたくさんのランナーテンションを上げて集まっていた。

自分もこのスタート地点に立つと、テンションが上がる。

f:id:kohki3103609:20160904155421j:image

f:id:kohki3103609:20160923015806j:image

ホテル前の広場では、昔の大変さが分かるように、鯖を積んだ籠を天秤棒で担ぐ体験が出来た。こんなものを担いで山道を70km近く歩いて運んだなんで、とてもじゃないが信じられない。

f:id:kohki3103609:20160923020251j:image

束の間の散策をした後、若狭湾に沈む夕陽を眺めながらのんびり。

f:id:kohki3103609:20160923020347j:image

ホテルに戻って、出場ランナー達と豪華な夕食で、明日のための腹ごしらえ。

f:id:kohki3103609:20160923020127j:image

そして、翌日の事を考えるとテンションが上がったまま、就寝。

f:id:kohki3103609:20160923020020j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160613

2016-06-10 企業対抗駅伝:今年は5人で仮装ラン!

[] 企業対抗駅伝:今年は5人で仮装ラン! 03:14

5月21日土曜日

今年も会社ランニングに造詣がある有志と造詣は無いものの、土曜日に参加してくれた後輩達と、大阪淀川沿いで開催される「企業対抗駅伝」に出場した。

今年で数えること4回目の出場で、毎年恒例になってきた。

最初に出場した時は、ランニング趣味にしていたり、過去陸上部だった同僚だけで5人のチームを作って出場していたが、後輩の人望もあって、昨年と今年は後輩達が土曜日なのにたくさん来てくれて、普段ランニングをしていなくても気軽に出場できるファンランの部(3人1チーム、1人2km)に出場した後、我々を応援してくれた。

今年も自分が出場する5人1チーム(1人5km)とは別にファンランの部に4チームも出場。

無愛想で人付き合いが悪い自分の人望ではここまで人は集められないと再認識

http://www.sportsone.jp/ed/kekka_osk_2016.html

この日は、5月なのに、29℃に及ぶ炎天下

日陰がまるでない淀川土手なのに、ぞくぞくと人が集まって来た。

f:id:kohki3103609:20160813010552j:image

f:id:kohki3103609:20160813010525j:image

今回は4回目ということもあり、趣向を変えて出場する事にした。

こういう大会ガチで走ったところで上には上がいて、速いチームはたくさんいるので、他のチームと同様にただ真面目に走るのではつまらない。

自分達も、そして沿道で応援してくれる方々も楽しんでもらおうと、事前に仮装ランを4人に提案したところ、快諾してくれた。

昨年は自分だけスパイダーマン仮装で走ったのだが、1人だけではなく、今回は5人で仮装をして走る。

5人で仮装をするとなると何が良いかをいろいろ悩んだ挙句、何も良い案が出てこず、大会まで日が無かった事もあって、結局は定番ゴレンジャー仮装をすることにした(今が旬の桃太郎金太郎浦島太郎、鬼ちゃん、かぐや姫っていう手があったが、auCMみたいなコスチューム楽天市場で見つからずに却下)。

他の4人にゴレンジャーコスチュームを買い取ってもらって、それぞれが持っていても使い道はこの先無いであろうから提案者の自分が5人分のコスチュームを負担することにした(他の4人はレンタル料を払ってくれたのだが・・・)。

当日迄にギリギリ届いて5人分のコスチュームを持っていたものの、この日の暑さは想定外

げんなりしながらも、5人で着用。

せっかく5人でこの恰好をしたのだから、記念にスタート&ゴールゲートの前でヒーローポーズをしての記念撮影

何度見ても笑える良い思い出になった。

一度はしてみたかったこの恰好に付き合ってくれた他の4人に感謝

ちなみに、フリーサイズ全身タイツの足丈が明らかに合っていないブルー自分。180?の自分にとって、サイズは合って着る事が出来たものの、股下が短過ぎたようだ笑

f:id:kohki3103609:20160813014737j:image

本当は、このDRAGON BALLギニュー特戦隊のポーズをしようかと思っていたが、直前で思いついたために練習必要、且つ、グルド(チビデブ緑色キャラクター)のポーズが地味という事で却下・・・

f:id:kohki3103609:20160813015320j:image

そして、第一走者のブルー自分)がスタート!

f:id:kohki3103609:20160813015756j:image

f:id:kohki3103609:20160813015751j:image

たった5kmなのに、この炎天下に、全身タイツマスクで走るなんて自殺行為

全身タイツの下は汗だくになり、マスクの下は口を開けっ放しで走っているので口渇がきつかったが、沿道の方々が笑いながら声を掛けて応援をしてくれ、ハイタッチに応える楽しさに比べたらへっちゃら。

f:id:kohki3103609:20160813020356j:image

続いて、後輩のイエローにタッチ

フルマラソンに1回出場した事があるだけと聞いていたのに、意外に速くてびっくり。

f:id:kohki3103609:20160813020920j:image

f:id:kohki3103609:20160813020914j:image

続くブラック

本来は、ピンクなのだが、女性サイズスカート付きだったので、地味だがブラックになった。

「仮にもヒーローなんだから、極力、マスクは脱がないように!」と事前に伝えていたが、この暑さは想定外で、2周目での給水でマスクを取ってしまっていた。止むを得ないだろうが、他の4人はこの暑さでも決してマスクを取らなかったので、後からイジられていた。

f:id:kohki3103609:20160813023349j:image

f:id:kohki3103609:20160813023342j:image

自分の同期のグリーンも奮闘。

f:id:kohki3103609:20160813023509j:image

そして、アンカーで、この大会への出場の発起人でリーダーレッド

怪我をしてしばらく走っていなかったようだが、彼も無事この恰好で走り切り、無事、ゴール!

5人でこの姿でそれぞれ5kmを走り、無事、タスキを繋いでゴール出来た。

f:id:kohki3103609:20160813024422j:image

f:id:kohki3103609:20160813024417j:image

完走証を見ると、自分は5kmを22分。この暑さ・この恰好で、約4分/kmで走られれば上々だ。

f:id:kohki3103609:20160813024816j:image

f:id:kohki3103609:20160813024752j:image

この日は想定外の暑さで、大会司会者が何度も暑さに気を付けるようにとアナウンスするので、自分自身はこれまでの経験から暑い中で走るのには慣れているので大丈夫だろうと思っていたが、自分以外の4人に至ってはさすがに心配だった。

タイムなんて気にしなくていいから、とにかくゆっくり走ってタスキを繋ごう!」と伝えていたものの、あまりに無謀な挑戦で大会側に止められるかと思ったが、みんな無事に完走し、心配杞憂に終わった。

みんな、自分程、走っていない連中なのに、正直スゴイと思った。

他の4人は仮装ランが初体験で、走り終えた後、マスクを取った時は汗だくで疲れた表情をしていたが、みんな、沿道の応援に十二分に応える事ができて、一様にその楽しさが顔に滲み出ていた。

このメンバーで良い思い出が作られて良かった。

f:id:kohki3103609:20160813025400j:image

13時近くになって、自分はこの後、翌日の「鯖街道ウルトラマラソン」に出場するために、早々に会場を後にして、最寄りの西中島南方駅の隣の新大阪駅に向かい、14時にスタート地点の福井県小浜市行きのバスに乗る為に、集合場所京都駅に向かった。

JR東海道線京都駅に向かっても待ち合わせ時間に間に合ったものの、ギリギリだったので、ここはリッチ新大阪駅から新幹線京都駅に向かった。

乗車時間15分、1,400円。こんな贅沢な移動をする人間はなかなかいないだろう、と笑えた。

f:id:kohki3103609:20160813025937j:image

前週は「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」でスパイダーマン、今回はゴレンジャー仮装ランを2週連続して、5月はまさにおふざけの月になってしまったが、そのおふざけもこの企業対抗駅伝まで。

翌日の「鯖街道ウルトラマラソン」では、コース3分の1がトレイルと言われる76kmのレースを真面目にしっかり走って楽しみたい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160610

2016-06-09 久し振りのトレイルランニングに向けて

[] 久し振りのトレイルランニングに向けて 03:10

5月18日水曜日

5月になって仕事環境が変わって大忙しになったため、毎週水曜日仕事終わりの大阪城ナイトランニングも23時過ぎに辛うじてスタートしての日跨ぎランニングになってしまった。

5月15日日曜日の「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」は、仮装ランでゆっくり走ったこともあってノーダメージであったにも関わらず、仕事が忙しくて仕事終わりにジムに行けず、環境が変わった事で溜まったストレスを発散する事が出来た。

仕事は程々にして、趣味も充実させたいのに・・・

5月20日金曜日も、水曜日に続いて、仕事終わりの23時頃から大阪城ナイトランニングで、大阪城公園の周りを大周りで1周。平日にジムで走れなかった分を少しだけ取り返した。

この日は、日曜日に出場する「鯖街道ウルトラマラソン」で、1月生駒山縦走以来、約4ヵ月振りにトレイルランニングで山の中を走るので、久し振りにトレイルシューズの「LA SPORTIVA(ラ・スポルティバ)」で試走してみた。

2012年NHK放送されていた、日本アルプス縦断する「トランスジャパンアルプスレース」(富山湾をスタートし、北アルプス中央アルプス南アルプスの3000m級の山々を縦断し、駿河湾までを8日以内で駆け抜ける、距離は420Km、登りの累積27000m)でトップでゴールした選手がこの特徴的なシューズを履いていたので、このシューズを選んだ事に間違いはない!と判断したのを思い出す。

トレイル用に自分の足にピッタリなシューズを選び、ちょっとキツめなのだが、痛みなど問題なく走られたので、日曜日はこのシューズで闘えそうだ。

f:id:kohki3103609:20160812220932j:image

f:id:kohki3103609:20160812220921j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160609

2016-06-07 高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン:今年も仮装ランで完走!

[] 高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン:今年も仮装ランで完走! 02:54

5月15日日曜日、6年連続となる地元岐阜開催の第6回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン当日。

昨年と同様に仮装して走ると思うと、緊張して寝つきが悪かったが、せっかくの1年に1回の機会で後悔はしたくないので、予定通りの決行を決断

昨年と同様に、実家からスパイダーマン全身タイツマスク以外)を着込み、上に上着とズボンを着て実家を出発。

岐阜メモリアルセンターの人気のいないところで、緊張により挙動不振にそわそわして整列完了時間の直前まで待機して、意を決して服を脱ぎ、いざスタート地点へ。

昨年と同様に、スパイダーマン仮装をして、整列場所である長良川競技場へ向かった。

今回は、ハーフマラソン初挑戦の中学時代同級生に合わせてゆっくり走る事にしたために、Bブロックなのに最後方のIブロックからスタートする事にした。

この姿でBブロックに並ぶと、自己ベストを狙っているガチランナーからウザそうな目で見られるのは昨年で経験済みなので、この姿でふざけて走るのであれば後方がピッタリだ。

Iブロックに行くと、目立つ格好をしている自分を友人が見つけてくれて、無事合流。スタートしてしまえばいいのだが、この姿でひとりで待っている時が辛いのだが、喋り相手がいると、その辛さは無くなる事を実感。

スタートの9時5分が近づき、競技場内のスクリーンを見ながらスタート地点でのイベントを見守る。

前方に並んでいれば、隣の小陸上競技場川内優輝などの有名トップランナーのアップを見られるのだが、後方のブロックではそれが見られないのが残念。

主催者高橋尚子さんがご挨拶

f:id:kohki3103609:20160611012434j:image

そして、今回も豪華メンバーが揃い踏み。

さすが、国際陸上競技連盟IAAF)がシルバーベルと認めた日本で2つ目のハーフマラソンなだけあって、アフリカからも高速ランナーが出場。

毎年の川内優輝選手に加え、今年は8月オリンピックを控えている福士加代子選手も。

さすが、金メダリスト高橋尚子さんの顔の広さだ。岐阜にこんな有名な選手が集結するとはスゴイ。

f:id:kohki3103609:20160611013052j:image

f:id:kohki3103609:20160611013026j:image

最後ブロックの為、スタートの号砲が聞こえても、15分くらいスタート地点に辿り着けなかった。

これは、序盤の折り返しでトップランナーとすれ違う楽しみのひとつが今年は難しそうだ。

f:id:kohki3103609:20160611014252j:image

スタート直後、沿道には岐阜ゆるキャラ達とハイタッチ

自分の大好きな岐阜マスコットみなも」ともハイタッチ。清流・長良川の水面(みなも)を意味する名前なのだが、実家薬局名前を反対から読んだ名前でもあるので、とても愛着がある。

f:id:kohki3103609:20160611015016j:image

f:id:kohki3103609:20160611014956j:image

序盤、友人のペースに合わせて沿道側をゆっくり走って、沿道の方々の応援「ありがとう」と応えたり、「暑いのによくやるねぇ」呆れて笑っていたり、驚いたりしている姿を見て面白がったり、賑やかな子供達の応援を独占してしまったり、楽しんで走った。

同じペースで、ヤッターマンドロンジョ様、ボヤッキートンズラーご一行様が走っていた。

面白い仮装だ。ランニングポリスが彼らの後ろを走っていると、悪者の彼らを警察マークしているようで笑えた。

f:id:kohki3103609:20160611020044j:image

f:id:kohki3103609:20160611020023j:image

川原町を越えて金華山トンネルの手前のエイステーションでは恒例のイチゴ濃姫」がランナーに振る舞われる。美味しそうだけど、マスクをしているので食べずに友人に譲った。

f:id:kohki3103609:20160611020520j:image

鵜飼大橋の下で10km、その後、堤防を走って折り返しとなる千鳥橋の手前では、例年と同じ場所高校時代の友人家族がヴィダーインゼリーを準備して待っていてくれた。今年はゆっくり走っているので、だいぶ待たせてしまったようだ。

彼らの家に遊びに行っても、人見知りで寄り付いてくれない娘も、今日は一緒に写真を撮ろうと言ったら、すぐに近くに来てくれた。こんな姿の人間を怖がらないとは、なかなか根性がある子だ。昨年、お兄ちゃんの方はビビッて顔が引きつっていたハズだ。お兄ちゃんはお父さん、娘はお母さんに似たのかな。

f:id:kohki3103609:20160611021046j:image

いつも通り、カメラを持って走ったのだが、さすがに6回目で地元となると新鮮味が無いので写真はほとんど撮らなかった。

でも、大会側に撮影して頂いた写真を後から数点購入。

スタート直後のスパイダーマン

後ろにまだ笑顔の友人がいる。この後、汗だくになり、みるみるうちに表情と言葉を失っていく。

f:id:kohki3103609:20160611021334j:image

序盤、金華橋を走るスパイダーマン

f:id:kohki3103609:20160611021333j:image

昔ながらの造りの家が残る川原町の中を走るスパイダーマン

f:id:kohki3103609:20160611021332j:image

後半、みやこホテルの裏の堤防の上を走るスパイダーマン

千鳥橋を渡って、14km辺りの古津エイステーションまで友人と一緒に走り、「ここまで来たら、あとは根性があれば完走できるからな!」という言葉を残して、残り約7kmを有り余った力を発揮して一気にペースアップして疾走している時の写真

こんな輩に抜かれたら、みんな驚くだろう。

f:id:kohki3103609:20160611021331j:image

金華橋を曲がってラストスパートしているスパイダーマン

f:id:kohki3103609:20160611021330j:image

ゴールの競技場の入り口前では、走り終えた川内優輝選手ランナーハイタッチしてくれていた。しまった、気づかなかった。

f:id:kohki3103609:20160611022252j:image

今年も無事、この姿で競技場に戻ってくることが出来た。

f:id:kohki3103609:20160611022526j:image

この大会お馴染みのゴール手前での2人の金メダリストによるハイタッチ

大会でこんな事は経験できず、市民ランナーにとって、かつて世界の一線で活躍された金メダリストと触れ合えるなんて、こんなに嬉しい事は無い。これだけでもこの大会に出る価値はある。我が地元開催の大会はいえ、あっぱれ。

f:id:kohki3103609:20160611023022j:image

f:id:kohki3103609:20160611022957j:image

そして、無事、ゴール!

この日は、昨日の暑さから例年のような猛暑心配されたが、意外にも曇りで涼しく、絶好のマラソン日和

全身タイツマスクで走っても、ゆっくりファンランをしたし、この涼しいコンディションなら全く余裕だった。

f:id:kohki3103609:20160611023414j:image

タイムは2時間20分。昨年同じ格好で走った時より、20分程遅いが、ゆっくり走ったからこんなものだ。

f:id:kohki3103609:20160611023824j:image

今回分かったのは、ゆっくり走るとランナー通過のピークが過ぎてしまって、沿道で応援してくれている方々が帰ってしまっている感があり、楽しみにしていた沿道の応援は昨年程楽しめず、ちょっと残念だった。

ただ、ゆっくり走っていると、周りはガチタイムを狙うよりも、楽しんでの完走を目的としているランナーが多い為に、お互いで声を掛け合う事があって楽しい事もあった。

14km辺りで別れた友人は、家族心配でスタンドで待っている中、制限時間3時間ギリギリの2時間55分で無事完走。

途中、10kmを満たない地点で相当疲弊して話をする余裕もなかったために心配していたが、完走出来て良かった。

ただ、ゴール出来たものの、疲労困憊で、ベンチに座ったまま立てないというので、ベンチに座って記念撮影自分も初ハーフの時はこんなカンジだったのを思い出した。ハーフマラソン洗礼を受けてくれたようだ。

f:id:kohki3103609:20160611024327j:image

今回、最後からゆっくりペースで走る事によるメリットデメリット認識したので、来年仮装ランを継続の上、自分のペースで走る事にしよう。

ただ、スパイダーマンは今回も自分以外にいたようで、沿道からスパイダーマン、4人目!」と言われてしまう始末…。

来年は、違う仮装で走らないといけないなぁ。悩ましい。

何はともあれ、今年も馴染み深い地元を走って堪能し、地元の良さを再認識しながら、6年連続で完走できた。

来年は、4月末、つまりG.W.前に開催時期が変更されるとのことで、走った後はそのまま地元ゆっくりできそうだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160607

2016-05-14 高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン:前日受付

[] 高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン:前日受付、今年も金メダリスト2人が揃い踏み 03:19

5月14日土曜日

今年も我が地元岐阜市出身世界的な有名人である高橋尚子さんの名前が冠となった、「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」の日がやって来た。

2010年の初開催から数えて、今年で6大会連続の出場になる。

通常、マラソンに出場する日は始発で現地に行けるように早起きするのだが、今回は地元なので、朝はゆっくり起きて、11時30分に岐阜駅に到着。

1週間前のG.W.にも帰省して、また今週も戻って来た。我ながら呆れる。2週連続JR岐阜駅前の金色織田信長像が我々出場ランナーを出迎えてくれた。

f:id:kohki3103609:20160605235009j:image

岐阜駅から明日のスタート・ゴール地点になる岐阜メモリアルセンター距離が離れているのだが、バスがたくさん出ているので、ほとんどストレス無し。

12時過ぎに明日共に走るハーフマラソン初挑戦の中学時代の友人と再会して、前日受付会場の岐阜メモリアルセンター内を散策

ただ、暑い。かなり暑い。この日は夏のような暑さで大阪からやって来た荷物の多い自分は汗だくだった。

明日もこの暑さだったら大変そうだ。

それにしても、この大会は毎年好天で、雨だった事が無い。6年連続でこのコンディションは信じられない。高橋尚子さんが晴れ女だからだろうか。

f:id:kohki3103609:20160605235412j:image

芝生広場特設ステージでは、主催者高橋尚子さんに、昨年に引き続きゲストランナーとして来てくれた、先日引退発表をされた野口みずきさんが今年も来てくれていた。

日本人女性で2人しかいないオリンピックメダリストがこの岐阜に揃っているなんてスゴイ事だ。

野口さんは、先日の現役引退発表後、ここが初の公の場だそうだ。

引退発表後、朝食前に走らなくて良いなどの生活スタイルの激変振りに慣れずに戸惑っているそう。そして、今までレースで勝つためだけに走り続けて来た事もあって、それが不要になった今、一種燃え尽き症候群のように、楽しみや健康維持目的で走る気にはどうしてもなれず、ほとんど走っていないそうだ。

2人のトークから、現役のマラソンランナー普段生活の厳しさを垣間見ることができた。

また、お互い辛い練習などを乗り越えて金メダルという栄冠を手に入れた者同士、本当に仲が良くて、見ていて微笑ましかった。

先日の引退発表後、

今まで口に出したらその人を超えられなくなるから言わないようにしていたけど、実はずっと高橋尚子さんを尊敬して目指していました。

と言って、2人で泣きながら抱き合っている感動的なシーンを思い出した。

俄然、翌日のゴール時に2人にハイタッチで迎えてもらうのが楽しみになってきた。

f:id:kohki3103609:20160606000857j:image

f:id:kohki3103609:20160606000843j:image

f:id:kohki3103609:20160606000828j:image

トークを聞いた後は、長良川競技場長良川球場の間の通路にこの週末できている屋台楽市楽座コーナーで腹ごしらえ。

長良川で獲れたであろう、お馴染みの鮎の塩焼きを久し振りに食べた。やっぱりこれが地元の味だ。

f:id:kohki3103609:20160606001918j:image

f:id:kohki3103609:20160606001858j:image

大垣名物水まんじゅうも久し振りに食べた。

水の中で冷やされており、こういう暑い日にピッタリのひんやりしたスイーツだ。

f:id:kohki3103609:20160606002147j:image

前日受付では、大会参加記念Tシャツに加え、エントリー代の他、追加でお金寄付した事でもらえるチャリティーTシャツももらえた。この寄付金は、先日発生した熊本地震復興金に充てられるそうだ。そういうことであれば、どんどん使って欲しい。

今年のチャリティーTシャツ女性向けのかわいらしいデザインだ。

f:id:kohki3103609:20160606002801j:image

f:id:kohki3103609:20160606002740j:image

前日受付終了後は、会場近くにマイホームがある友人宅にお邪魔して、3人の子供達が賑やかに騒いでいる中で、不安になっている友人にいろいろとアドバイスしてあげて、中学校教師をしている関係上、部活の引率をするために学校へ向かうついでに実家まで送ってもらった。週末も部活の引率なんて、中学校教師って公務員なのに結構大変だ。

実家に帰った後、明日普通スタイルで走るか、仮装をして走るかを直前まで迷う事にした。

昨年は、スパイダーマン恰好をして、仮装ランデビューを果たした。

地元レースなので、タイムではなく、仮装して楽しむ事にしたため、今年は何を着て走ろうかをここのところずっと悩んでいたのだが、結局、目ぼしい仮装が見当たらず、昨年と同じスパイダーマンで走る事にして、一応持ってきたのだが、やはりこれを着て走る前日は昨年と同様にかなり緊張して寝つきが悪かった。

f:id:kohki3103609:20160606003701j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160514

2016-05-11 完走メダルの形を投票で決める北海道マラソン

[] 完走メダルの形を投票で決める北海道マラソン 02:17

5月11日水曜日

ここのところ毎週になってきた、水曜日夜の仕事終わりの大阪城ナイトランニング、10km。

初夏ではあるものの、夜になるととても涼しくて走りやすかった。

この日の前日、出場を予定している、8月28日開催の日本で唯一の真夏フルマラソン北海道マラソンの完走メダルのデザインが発表された。

なんと、今年は30回大会を記念して、3つのデザインからエントリーランナー投票で決定するそうだ。

f:id:kohki3103609:20160605185616j:image

しかし、この3つだったら、明らかにCの北海道の形だろうと思うのは自分だけか。

北海道らしくて思い出になるし、他の形は他大会でもありそうだし・・・

f:id:kohki3103609:20160605185615j:image

まぁ、何よりもこういう企画は類を見ないし、面白い試みだ。どれになるか、楽しみだ。

それに、今年から北海道マラソンのメインスポンサーSVOLMEに変更になった。

SVOLMEといえばフットサル用品のメーカーとして有名で、最近ランニングにも進出してきた。

フットサルは一切しないのに、このメーカーのデザインが以前から好きで、Tシャツを1枚持っているくらいなので、北海道マラソンの参加Tシャツがどんなデザインになるのかも楽しみだ。

f:id:kohki3103609:20160606001556j:image

f:id:kohki3103609:20160606001555j:image

北海道とは言っても8月は暑く、4年前にこの北海道マラソンを走った時は、暑さにより中盤以降、胃をやられてしまった事で吐き気がひどく、中盤から35kmまでは歩きが入ってしまい、35km過ぎでガマンできず、コースを外れて草むらで吐いてしまった。

吐いたことで胃がスッキリしてコースに戻ると、後尾車ランナー最後尾を走る車で抜かれたらリタイア)が目前まで迫っていたため、吐き気が無くなって完全回復した自分は残り7kmを全速力で走って、制限時間の5時間ギリギリで何とか完走できた。

フルマラソンで初のDNFリタイア)になるところで、まさに九死に一生の想いをした苦い思い出がある大会だ。

この経験自分は疲れると胃が機能しなくなり、吐き気を催す自分の身体の特徴を知れたので、以降、対策を講じられて、とても良い経験だったのだが、あれからかなり成長したので、過去の苦い思い出を払拭したいものだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160511

2016-05-09 ツツジを見るために生駒山へランニング

[] ツツジを見るために生駒山ランニング 01:41

5月9日日曜日

実家でのダラダラ不摂生生活から有給休暇をもらっていた6日に帰阪。

溜まったカロリーを消費するために、6日に帰阪した流れで大阪城ナイトランニングをして10km。

G.W.最終日の9日日曜日朝には、生駒山へ向かってランニング

前日の夜、Bluetoothイヤホンスマホ音楽を聴きながら寝落ちしてしまったため、アラームに気付かず、予定していた時間に起きられず、朝遅めのスタート。仕事レース前で同様の失態をしないように気をつけねば…

玉造駅迄のほんの数?で朝から意識高く走っている同志達と6人もすれ違った。自分と同様にG.W.で溜め込んだカロリーを消費するためか、昨今のブームのためか。自分も負けていられない。

布施駅辺りから県道24号線に入って、ずっと東へ走る。

15km走って近鉄奈良線瓢箪山駅辺りから生駒山に行くための登り坂がスタート。

登り坂を他のトレッカーの方々と同様に歩いていては練習にならないので、ここは苦しいけど走って登った。

そうして、生駒山登山道入り口である、らくらくセンターハウスに到着。

f:id:kohki3103609:20160605161646j:image

ここから眺める東大阪市の眺めは素晴らしい。坂道を走って登って来たご褒美だ。息が上がった呼吸を整えながら、しばし景色に見とれる。

f:id:kohki3103609:20160605161728j:image

f:id:kohki3103609:20160605161716j:image

標高600mを超える程度しかない生駒山トレッキング開始。

さすがにここは走っては登れないが、早歩きで登って、目的としていたツツジが咲き誇るつづら折りの道にやって来た。

昨年もG.W.明けに来ているので、道は覚えていてすんなり来る事が出来た。

日曜日なだけあって、たくさんのトレッカーや自分と同じように走ってここまで来ているランナーでたくさん。

両側がツツジで囲まれた道を登って見晴台へ。

f:id:kohki3103609:20160605163513j:image

この場所が一番きれいにツツジが見られるので、ここでひと休みしている方々がたくさん。

昨年と同様に素晴らしい景色だ。こんな光景は全国でも珍しいのではないだろうか。

f:id:kohki3103609:20160605164101j:image

f:id:kohki3103609:20160605164050j:image

しかし、近くまで行ってよく見ると、茶色くなって萎んだ姿が多々見られたし、見晴台から見ると、緑色のところもちらほら。どうやら見頃はG.W.前半だったみたいだ。

ツツジには桜のような散り際の美しさは無く、どちらかと言えば醜い。それが桜ほど人気がない所以かな。

ツツジ風景を十分に楽しんで、この日の目標を果たした後、大阪府民の森を走って国道308号線に出て、暗峠にやって来た。

f:id:kohki3103609:20160605165117j:image

この日は日射しが強くて暑く、登りで大量に汗をかいたので、峠の茶屋すえひろに寄って、今年初のかき氷、ミルク金時をいただいた。疲れが無くなって生き返った。走った後のかき氷は本当に美味しい。今年の夏は、ここでのかき氷目当てに、国(酷)道308号線を登って、脚を鍛えるのもいいかも。日曜日は朝9時30分開店らしいので問題無い。

f:id:kohki3103609:20160605165636j:image

f:id:kohki3103609:20160605165624j:image

ひと休みした後は、国道308号線東大阪市側に駆け降りた。

暗峠辺りには小さな集落があるのだが、この辺りで獲れたのであろう、大きく育ったタケノコが置いてあった。デカい!

f:id:kohki3103609:20160605165855j:image

相変わらず国道酷道)308号線の激坂っぷりはスゴイ。

激坂を物語るこのS字カーブには、自動車タイヤ痕がたくさん。自動車でここに来るのは無謀だ。

今回は下って走っているのだが、スピードが出過ぎるのを抑えるのが大変で、太腿がパンパンになった。

f:id:kohki3103609:20160605170228j:image

f:id:kohki3103609:20160605170211j:image

激坂が終わって住宅街に入ると、国道308号線沿いの道端に、白い松葉菊がびっしり。白い花で緑色の部分がほぼ見えない。恐らくここを通る人は何とも思わないのであろうが、自分はかなり驚いた。

f:id:kohki3103609:20160605171131j:image

f:id:kohki3103609:20160605171008j:image

f:id:kohki3103609:20160605170953j:image

近くで見ると、確かに菊みたい。

f:id:kohki3103609:20160605171328j:image

葉が多肉質なのが特徴的。

f:id:kohki3103609:20160605171714j:image

隣には、虞美人草(別名:ひなげしも咲いていた。かつて虞美人自決したときの血がこの花になったという伝説があるが、確かに血の色だ。中央が黒い花も、開花前の姿もどこかグロテスク。とても妖艶な花だ。

f:id:kohki3103609:20160605172105j:image

f:id:kohki3103609:20160605172051j:image

その後、せっかくここまで来たので、石切神社に参拝。この日も熱心にたくさんの方がお百度参りをされていた。

f:id:kohki3103609:20160605172619j:image

f:id:kohki3103609:20160605172605j:image

そして、新石切駅日曜日の早朝ランニング終了。約26km走った。

f:id:kohki3103609:20160605172956j:image

f:id:kohki3103609:20160605172945j:image

地下鉄中央線帰宅した後、昨晩のムチュアマドリードオープン準決勝錦織vsジョコヴィッチを観戦。

今年3度目になる対戦は、錦織が負けたものの、これまでの中で一番世界1位に肉薄した熱戦で、第2セットでマッチポイントを握られながらブレイクバックした粘りには興奮した。

ツアー準決勝まで当たり前のように勝ち上がる強さ、地上波グランドスラムだけではなく、ATPツアーまでもこうして中継される現状に変えてくれた影響力に尊敬を覚えた。

同じくスペインで前週に開催されたバルセロナオープンでも決勝まで勝ち進み、ラファエル・ナダル敗戦して準優勝。

f:id:kohki3103609:20160605173850j:image

1年のうちに何度もビッグ4と対戦して良い経験をしているので、ビッグ4に勝てる日が来るのもそう遠くないように思える。

f:id:kohki3103609:20160605173411j:image

それにしても、ムチュアマドリードオープンボールパーソンに他大会で見られるような少年少女ではなく、露出度の高いウェアを着たスタイルの良い女性モデルを起用しているため、真剣に戦っている両選手よりもそっちに目が行ってしまう。選手達も男だから気が散ってしまうのではないかと余計な心配をする。

f:id:kohki3103609:20160605174241j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160509

2016-05-06 馬籠・妻籠観光

[] 馬籠妻籠観光 01:23

5月5日木曜日

G.W.の2つめのイベントとして、岐阜県長野県県境にある馬籠妻籠ドライブに行ってきた。

馬籠(まごめ)とは、岐阜県中津川市国道19号線中山道)の宿場ひとつ石畳の敷かれた坂に沿って、昔ながらの家が保全されているため、観光地として有名だ。

岐阜市を出て約2時間半、中津川市の外れの山の中腹にある馬籠宿に到着すると、そこには日本原風景とも言える、水田が広がる風景が広がっていた。

あぁ、自分は休暇中にこういう光景を求めていた。馬籠宿に行くのをそっちのけで、しばし見とれる。

f:id:kohki3103609:20160605002954j:image

馬籠宿石畳の道を登りながら散策。この登り坂は高齢者にはちとキツイ

子供の頃、両親に連れられてやって来た事があったハズだが、全然覚えていない。

それにしても観光客が多くて賑やかだった。しか外国人もたくさん。よく交通の便が必ずしも良くないこの場所を見つけて観光に来るなぁと驚くばかり。

f:id:kohki3103609:20160605004021j:image

f:id:kohki3103609:20160605004220j:image

名物五平餅を食べながら歩いた。五平餅と言えば、飛騨高山方面の「ぞうり型」をイメージしていたが、ここら辺の五平餅は「団子状」だった。へぇ、初めて見た。味は同じ。

f:id:kohki3103609:20160605004608j:image

かの島崎藤村は、ここ馬籠宿の生まれであり、代表作のひとつ夜明け前」は馬籠宿舞台にした歴史小説だ。馬籠宿島崎藤村生家跡には藤村記念館があった。

坂道を登って、馬籠宿の登り坂を登って、見晴台に到着。

おぉ、あれが日本百名山ひとつ恵那山だ。

ここに来るまでの間に恵那山に向かう道があって、トレッカーも見掛けた。いつか行ってみたいものだ。

f:id:kohki3103609:20160605005137j:image

f:id:kohki3103609:20160605005123j:image

中津川市の街並みも見られた。

f:id:kohki3103609:20160605005110j:image

せっかく馬籠宿に来たので、馬籠峠を越えて長野県に入ったところにある、長野県木曽郡妻籠(つまご)宿にも行ってみた。

ここまで来ると、馬籠峠を越えないといけない事もあって、馬籠宿よりは観光客が少なくてひっそり。山中宿場町という雰囲気で、自分としてはこちらの方が好み。

f:id:kohki3103609:20160605010508j:image

ここのところ、マラソン出場の前日にしか観光していないので、たまにはこうやってのんびりと翌日に走る事を考えずに観光するのも面白いものだ。

自然に溢れた日本原風景を見る事ができて、良いリフレッシュが出来た。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160506

2016-05-05 G.W.恒例のBBQ

[] G.W.恒例のBBQ 01:17

5月4日水曜日実家岐阜で過ごすG.W.後半が始まった。

5月3日午前中に大阪環状線1周ランをした後、帰省

G.W.のイベントひとつめは、高校時代の友人宅でG.W.恒例のBBQだった。

ところが、このBBQの声掛け人だった男がインフルエンザでダウンで今年は不参加。

そのため、今年は3人だけだった。全く、G.W.にインフルエンザなんて、ついていないヤツもいるものだ。

BBQ会場となる友人宅の家で、牛肉海産物を食べて近況報告をしながら、例年の如く、自分と同様に独身の友人と2人でお子様が2人いて賑やかな友人一家幸せなひとときを見せつけられた。

昨年と変わらないこの状況。

インフルエンザでダウンしていたもうひとりと共に、独身をかなりこじらせている3人の中から誰が最初に抜け出すかが楽しみだ。

地元に帰ると、両親や友人から仕事や結婚などの将来のことをいろいろ言われ、自分の年齢における本来あるべき姿を見せつけられて、自分の現況が何年経っても変わっていないことに大いに悩ませられる。悩んでも何も解決されず、行動する勇気が無い自分は、結局、現状維持という一番楽な道を選んでしまい、自分の趣味という目下の快楽にのめり込み、中長期的な目標は棚の上に上げて現実逃避してしまう悪いクセが出てしまう。

来年のG.W.では、自分が抜け出しているといいな・・・

f:id:kohki3103609:20160604234413j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160505

2016-05-03 大阪環状線1周ランを敢行

[] 大阪環状線1周ランを敢行 02:23

5月3日火曜日

月曜日だけ会社に出勤して、G.W.後半が始まった。

午後から帰省してG.W.後半をダラダラと不摂生に過ごすために、久し振りにJR大阪環状線1周を走って、来月に向けての練習の一環となる30km走をすることにした。

G.W.中に開催されている萩往還などのウルトラマラソンに出場されているウルトラランナーの方々に感化されて、「自分もダラダラしていられない。G.W.中に一度はロング走をしておかないと!」と思い立ったのもひとつ理由

朝7時前に堺筋本町の自宅を出発。

大阪城最寄りの森ノ宮駅から大阪環状線1周ランのスタート。最近大阪環状線の各駅が改修されて綺麗になった。森ノ宮駅は外壁に緑が多くなって、特にそれが感じられる。

f:id:kohki3103609:20160529214037j:image

大阪マラソン大阪ハーフマラソンコースとしてお馴染みの玉造筋を南下して、玉造駅

f:id:kohki3103609:20160529214717j:image

玉造と言えば、三光神社がある。

今のNHK大河ドラマ真田丸」の真田信繁(幸村)が大阪城の出城「真田丸」をこの神社がある真田山に置いた。三光神社には、大坂の陣のときには掘ったといわれる大坂城へ繋がる抜け穴が社殿の下に残っている。三光神社に走って行った事があった際に、その穴のそばに真田幸村の像があり、社殿にはお馴染みの六文銭家紋がある赤い鎧甲冑があるのを見掛けたのを思い出した。

駅前商店街の狭い通路は「幸村ロード」と言われ、真田幸村やその家臣・真田十勇士イラスト看板があった。

f:id:kohki3103609:20160529220336j:image

3駅目の鶴橋駅。朝だけど、焼き肉のにおいがしそう。

f:id:kohki3103609:20160529220758j:image

4駅目の桃谷駅

f:id:kohki3103609:20160529221318j:image

ここに住んでいなければまず下りない駅だけど、かつて付き合っていた彼女桃谷駅前のこのマックで待ち合わせをして、桃谷駅鶴橋駅の間にある韓国系の店が立ち並ぶ御幸通デートに行った苦い思い出を思い出した。

f:id:kohki3103609:20160529221737j:image

5駅目の寺田町駅。ここも住んでいなければまず下りない。

f:id:kohki3103609:20160529222000j:image

難波より更に南にある繁華街である、6駅目の天王寺駅に到着。人がたくさん。

f:id:kohki3103609:20160529223732j:image

天王寺といえば、あべのハルカスだ。何度見ても大きいわ。

f:id:kohki3103609:20160531002951j:image

天王寺駅から天王寺動物園の間にある天王寺公園は、以前、何もない芝生広場であったハズだが、いつのまにか、「てんしば」 というオシャレな店が立ち並ぶ公園に生まれ変わっており、若者がたくさん集まっていた。今度ゆっくり来てみたい場所だ。

f:id:kohki3103609:20160531010445j:image

f:id:kohki3103609:20160531010434j:image

天王寺公園天王寺動物園の間から通天閣がよく見える。

f:id:kohki3103609:20160531010330j:image

天王寺動物園通天閣の下にある新世界を走って、7駅目の新今宮駅へ。

f:id:kohki3103609:20160531011110j:image

f:id:kohki3103609:20160531011057j:image

f:id:kohki3103609:20160531011043j:image

f:id:kohki3103609:20160531011029j:image

ここは西成区なので、足早に走り去った。住宅街にひっそりとある8駅目の今宮駅大阪環状線の駅の中でも最も小さい駅のような気がする。

f:id:kohki3103609:20160531011854j:image

一部、大阪マラソンコースを走って、9駅目の芦原橋駅に到着。

ここに来るまでに、この時期が見頃のツツジが満開になっていた。見事な咲きっぷり。

ツツジ道路沿いや公園などの植え込みによく植生されているので、この時期は花がびっしりでとても華やかだ。

f:id:kohki3103609:20160531013250j:image

浪速区から大正区に入って、10駅目の大正駅

f:id:kohki3103609:20160531013941j:image

大正駅最寄りの京セラドーム大阪の横を走って、港区へ。毎週日曜日の早朝ランの復路で走るお馴染みのみなと通りを一部走る。

f:id:kohki3103609:20160531014716j:image

同じく日曜日の早朝ランの往路で走る中央大通沿いにある11駅目の弁天町駅に到着。この中央大通を東に行けば、スタート地点の森ノ宮駅なので、ちょうどこの駅が中間点だ。

f:id:kohki3103609:20160531014950j:image

この港区から此花区へ行くためには安治川を渡らないといけないのだが、この安治川には橋が無く、今日び珍しい歩行者自転車専用の地下トンネル安治川トンネル」がある。ここら辺の住民には当たり前の光景だが、我々にとってはレアだ。

トンネル内では24時間警備員が待機して、このトンネルを利用する住民を守っている。本当にご苦労様なことだ。

f:id:kohki3103609:20160531020056j:image

f:id:kohki3103609:20160531020046j:image

安治川トンネルを通って此花区に入ると、12駅目の西九条駅はすぐそば。USJに行く人達は必ずこの駅で乗り換える。

f:id:kohki3103609:20160531020741j:image

西九条駅からは東へ走って梅田へ向かう。途中で13駅目の野田駅を過ぎる。

f:id:kohki3103609:20160531021126j:image

国道2号線に出て、14駅目の福島駅。昔、この駅の近くにお世話になっている会社があって、よく来た事があって懐かしかった。

f:id:kohki3103609:20160531021310j:image

梅田を直前にして、ここらで大好きなソルティライチを飲んで、初めての水分補給。約20km走って初めて水分補給とは、まだまだ走りやすい環境だ。

f:id:kohki3103609:20160531022040j:image

そして、大阪環状線の中で一番大きな駅である大阪駅梅田)に到着。人がたくさんいるので、足早に走り去った。

f:id:kohki3103609:20160531022227j:image

f:id:kohki3103609:20160531022241j:image

太融寺前の道路から扇町方面に走って、関西テレビ扇町公園前にある16駅目の天満駅に到着。

f:id:kohki3103609:20160601013241j:image

f:id:kohki3103609:20160601013448j:image

日本一長い商店街で知られる天神橋筋商店街を横切って、東へ走り、大川に出た。

大川に架かるこの橋から帝国ホテルが綺麗に見える。

f:id:kohki3103609:20160601014056j:image

この橋を渡れば、目指す17駅目の桜ノ宮駅だ。

f:id:kohki3103609:20160601014242j:image

桜ノ宮駅から都島区役所を通って18駅目の京橋駅大阪環状線の中でも、大阪駅天王寺駅に次ぐ大きさの駅だ。

f:id:kohki3103609:20160601015256j:image

ここから次の駅まで走って行っても良かったのだが、少し疲れたので、京橋駅で下車したビジネスマンが隣接する大阪ビジネスパークOBPへ向かうための通勤路を初めて歩いてみた。平日の朝はこの通路は通勤者でいっぱいなんだろうと推測する。

f:id:kohki3103609:20160601015738j:image

この通路からOBPクリスタルタワーを眺めるのは初めて。スゴイ建物だ。

f:id:kohki3103609:20160601020051j:image

昨年、今年と出場した1月末開催の大阪ハーフマラソンでは序盤にここOBPも走るのだが、その時、この通路から下を走る我々を応援してくれる方々がいる。上から見下ろすとこういう光景なのか。

f:id:kohki3103609:20160601020337j:image

そして、ここのところ、毎週水曜日夜に走っているお馴染みの大阪城公園周りのコースに入って、最後の19駅目、大阪城公園駅に到着。

f:id:kohki3103609:20160601020752j:image

この後、再び朝、スタートした森ノ宮駅に戻って、大阪環状線1周ランが完遂。

よし、自主的に34kmを走った。これで残りのG.W.はダラダラできる!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160503

2016-05-01 真夏の陽気の朝に早朝ランニング

[] 真夏の陽気の朝に早朝ランニング 07:00

5月1日日曜日。G.W.真っ最中の日曜日2016年になって早くも半年が経とうとしている。

G.W.に入って以来、連日の行楽日和で、毎週日曜日の早朝ランニングも朝から暑くて、夏場のランニングに向けた思わぬ暑熱馴化練習になった。

とはいっても、この日は心地良い風があって、23km走ってもスタート時に飲んだ500mlのヘルシアウォーターだけで水分補給はせずに走りきる事が出来た。夏の暑さの中でのランニングはまだまだこんなもんじゃない。

中間地点の大阪港中央突堤では、こんな陽気なこともあって、釣りを嗜む人、早くも寝転んで日光浴をしている人もいた。

何度もこの場所に走りに来ているが、この日の夏を感じさせる青空はここ最近特に美しく、感動してしまった。

何度も来ていれば飽きてしまうであろう風景が、四季の移り変わりや時間帯を変えるだけでまた違った風に見られ、新鮮さを感じられる。日本は素晴らしい国だ。

f:id:kohki3103609:20160521030450j:image

f:id:kohki3103609:20160521030439j:image

f:id:kohki3103609:20160521030423j:image

風が強い日であった事もあって、大きなカイト(凧)を空に揚げて楽しんでいる人も。

澄んだ青空に凧が泳いでいる姿に非日常が感じられてとても良かった。ハートの形、そして天女の形をした凧があるんだね。

f:id:kohki3103609:20160521031633j:image

f:id:kohki3103609:20160521031621j:image

f:id:kohki3103609:20160521031609j:image

復路では、この天候であればさぞかし景色キレイだろうということで、なみはや大橋の往復をランニングコースに盛り込んで坂道走。緩やかで長い坂を走って上り練習になったし、良い景色を眺めて癒された。

f:id:kohki3103609:20160521032233j:image

f:id:kohki3103609:20160521032224j:image

f:id:kohki3103609:20160521032214j:image

f:id:kohki3103609:20160521032204j:image

帰りには、いつも通り、九条にある住吉神社に立ち寄って、5月以降のマラソンでの健闘と仕事プライベート(主に結婚)の充実を祈念。

f:id:kohki3103609:20160521032918j:image

ただ、この時期にここに立ち寄る理由は、お祈りだけにあらず。

入り口にある手水舎の冷たい水で、本来の手と口元の他、汗だくの顔を洗うためだ。夏のランニングでこのクールダウン癒しは欠かせない。

手水で洗った後、右の拭物(ぬぐいもの)で手を拭き、左の撫物(なでもの)で胸を撫でるそうだ。ここには何度も来ているが、こういったものがあるのは初めてだった。

f:id:kohki3103609:20160521033058j:image

f:id:kohki3103609:20160521033046j:image

5月1日でG.W.前半は終わり。5月2日月曜日を働いて、5月3日からG.W.後半の開始だ。

実家でダラダラする予定の後半に向けて、前半の4月29日、30日、5月1日用事があったものの、走ってカロリーを消費できた。

しかし、G.W.後半は萩往還長崎橘湾岸スーパーマラニックなどといった有名な超ウルトラマラソンが開催され、出場されるランナーの方々が羨ましい限り。

これまでのようにのんびり過ごすG.W.もいいが、来年4月末にチャレンジ富士五湖118km、G.W.は萩往還140kmに出場したいな・・・バカな事を目論んでいた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160501

2016-04-30 サロマに向けてサロマレーサーを今年も購入

[] サロマに向けてサロマレーサーを今年も購入 09:12

4月27日水曜日は、ここのところ毎週になって来た、仕事終わりの23時過ぎから大阪城ナイトランニング

多少雨が降っていようが、お構い無し。風も吹いていて肌寒く、走りやすかった。

また、走ると必ず靴擦れを起こす、HOKA ONE ONEのClifton2を履いて、懲りずにじゃじゃ馬ならしランニング

今回は、両脚の小指に魚の目ガードのクッションを貼って走ってみた。

10kmしか走っていないのに、靴擦れまではいかないものの、やはり痛みが。これは10km以上走ったらどうなることやら。クッションだと逆にそれだけ圧迫されるのでダメだったかも。今度は絆創膏でガードだけにしてみるか…世話が焼けるヤツだ、全く。ただ、そこまでしなくては履けないシューズって危なかっしくて、果たして使い道はあるのかな。

4月29日金曜日のG.W.初日は、G.W.後半に不摂生な食っちゃ寝生活地元で送るためにも、通っている心斎橋ジムにて、筋トレトレッドミルで12km/h(5分/km)で1時間、12km走った。

このペースで走るのは久し振り。やっと元に戻す事ができて良かった。

4月30日土曜日は、1日用事があったものの、夜、気休め程度に大阪城公園を全力で1周。

毎月の目標としている月間200kmを達成して、無事、4月を締めくくれた。

そして、この日、用事の帰りに、梅田グランフロント梅田内にある、ASICSストアにて、6月26日開催のサロマ湖100kmウルトラマラソンに向けてのウルトラマラソン用のシューズを新調した。

今年も、やっぱりサロマレーサー(SAROMARACER ST3)だ。

日本で一番歴史があって有名なウルトラマラソンサロマ湖100kmウルトラマラソン」のサロマの名前が付いたウルトラマラソン用のシューズとして、毎年、ASICSより、サロマレーサー(100kmを10時間以内で完走する事を目指すランナー用)とゲルサロマ(100km完走目標ランナー用)が販売される。

毎年、デザインが変わるのだが、毎年、デザインがかなり奇抜で特徴的。

今年も例に違わず黄色とオレンジ色の組み合わせという滅茶苦茶ハデなデザインだ。

地味な自分にはハデ過ぎるし、「サロマ湖100kmウルトラマラソン」当日、多くのランナーがこのシューズを履いていて、ひとめで同じシューズを履いてしまう事が判別できてしまうので、少しでも他ランナー差別化するために、黄色だったシューズの紐をラメ入りの青色に替えてみた。

f:id:kohki3103609:20160514080559j:image

そして、この「SAROMA」の冠が重要

見る人が見れば、サロマに出場していることがシューズから判る。

自分は主に青色や水色のウェアを着て走るので、シューズと組み合わせが合うかが少し心配

f:id:kohki3103609:20160514081040j:image

前足部の柔らかい素材とシームレス補強により、走行中の足への負担を軽減。

アーチ部のフィッティングは、ベルト調整が可能で、レース中のコンディション(長時間走る事での足のむくみなど)に応じて、随時、調整できる。

踵部分には衝撃緩衝材GELが搭載されていて、足への衝撃を緩和してくれる。

ASICSシューズは、足幅が広い傾向にある日本人ランナー用に作られていて、自分の足にフィットしていて靴擦れなどは発生しない事は、これまでの2回出場したサロマ湖100kmウルトラマラソンなどで使用した歴年のゲルサロマとサロマレーサーで実証済み。前述のシューズとは異なり、安心して履ける。

6月サロマ湖100kmウルトラマラソンに限らず、それ以降の大会でも活躍してくれそうだ。

それに、普通に暮らしていたら、絶対にハデなデザインのウェアやシューズは選ばないが、マラソンの時は何故かハデなデザインのそれらを厭わず、当たり前のように着て走る自分がいる。そんな違った一面の自分が見られるのも、ランニングの楽しみのひとつだ。

f:id:kohki3103609:20160514090541j:image

今週、6月5日熊本県阿蘇市で開催予定の「阿蘇カルデラスーパーマラソン」の中止が発表された。

この大会と言えば、熊本県で開催されるウルトラマラソン(100km)として、阿蘇山周辺の雄大な景色を見ながら、アップダウンが多い難コースを走られる、ウルトラランナーの中では有名な大会だ。

熊本地震被災した南阿蘇村舞台ひとつになっており、4月14日以降の地震の影響で、復興にはまだまだ時間がかかり、ウルトラマラソンどころではないであろうから当たり前だ。

せっかくエントリーしたランナーの方々にとっては大変残念だが、現地の被災者の方々の事を鑑みれば、大会側の英断を支持しないランナーはいないであろう。

来年、無事、復興を遂げて、2年振りの開催が決定した暁には、是非、自分エントリーしてみたいものだ。

そして、細やかながら復興一助となれば幸甚だ。

確実にサロマ湖100kmウルトラマラソン並みの激戦になるであろうことは請け合いだが…

同日には地元岐阜で「飛騨高山ウルトラマラソン」が開催されていて、大会参加記念Tシャツなどのセンスが良いランナーズウェルネス主催大会だけに一度出場してみたかったのだが、来年は諦めよう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160430

2016-04-24 大阪港で一番夕陽がきれいに見られる場所へ

[] 大阪港で一番夕陽がきれいに見られる場所00:39

4月24日日曜日は、朝起きられなったので、大阪港で一番夕陽がきれいにみえるスポットとして知られる、大阪港中央突堤の「ダイヤモンドポイント」で日の入りを見るために17時に大阪港中央突堤へ向かってランニングスタート。

18時近くに大阪港中央突堤に到着するも、空は雲に覆われている上に、日の入りの30分前では早過ぎたようで、景色はイマイチ。

う〜ん、今回もタイミングが悪くて残念だった。

季節が変わる毎に日の入り時刻が異なるので、ちょうど良いタイミングでここに走って来る事はなかなか難しい。また別の機会に来てみよう。

f:id:kohki3103609:20160511020708j:image

f:id:kohki3103609:20160511020655j:image

f:id:kohki3103609:20160511020643j:image

5月中旬迄、マラソンへの出場予定は無い為、この日は3月小江戸大江戸200kでヒドイめに遭ったHOKA ONE ONEのClifton2をもう一度履いて走ってみることにした。

自分の足に合わず、靴擦れを起こす、このじゃじゃ馬を慣らすためだ。

まさに、じゃじゃ馬慣らしランニング

靴紐を十分に緩め、最大限に靴幅を広げて履いて20km走ってみた。

が、案の定、また右足小指には少し痛みが、左足小指は右よりひどく、血豆ができてしまった。

以前よりはまだマシだったが。まったく、コイツはとことん自分の足に合わないようだ。ムカつくなぁ。

ただ、まだ5月中旬まで時間があるので、次は違った対策を講じて走ってみよう。見限るのはまだ早い。クッション性があって、足に負担が無く、走りやすい事は認めるので、日本人用の足幅が広いタイプのシューズも作って欲しいものだ。

f:id:kohki3103609:20160511021118j:image

そして、人通りが多くて信号でも止められる事が多い為、日中の街中はとても走りにくい事を改めて実感。やはり、走るなら早朝に限るな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160424

2016-04-22 熊本地震で亡くなった方々へのレクイエムのような宇多田ヒカルの歌声

[] 熊本地震で亡くなった方々へのレクイエムのような宇多田ヒカル歌声 00:36

4月17日前橋渋川ティマラソン完走後、平日は仕事が忙しくてジムに行けなかったので、4月20日水曜日と22日金曜日仕事終わりの23時過ぎから大阪城ナイトランニングを敢行。

ここのところ、ジムに行けない日は時間を気にせずに走りに行ける大阪城に走りに行く事が習慣となった。

2日共大阪城公園外周を2周して約10km。

信号が無くてがっつり走る事ができるので、ほぼ全力で走って良い練習になった。

この日は、先日配信が開始されたばかりの活動を再開した宇多田ヒカルの「真夏の通り雨」をリピートで聴きながらランニング

2012年の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の主題歌で、大好きな「桜流し」に匹敵する心に染みる素晴らしいバラード

NHK朝の連ドラとと姉ちゃん」の主題歌花束を君に」よりも断然こっちがお気に入り

NEWS ZEROエンディングテーマとしても流れているのだが、タイミングがちょうど熊本地震の直後なだけあって、被災地で亡くなった方々を弔う姿や子供高齢者も含めた全員が懸命に復興に向けて取り組んでいる姿の映像を観ながらこの曲を聴くと、悲しいのか、感動してなのか、何だか涙が出そうになる。

まさにこの唄は、地震で亡くなった方々への鎮魂歌レクイエムだ。

暫くは、宇多田ヒカル哀愁漂う歌声自分の心を癒してくれそうだ。本当に良い歌に出逢えた。

f:id:kohki3103609:20160509004112j:image

f:id:kohki3103609:20160509004101j:image

f:id:kohki3103609:20160509004050j:image

f:id:kohki3103609:20160509004039j:image

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160422

2016-04-17 前橋・渋川シティマラソン:地震の恐怖・不安が無い中で走られる幸せ

[] 前橋渋川ティマラソン地震の恐怖・不安が無い中で走られる幸せを感じて完走 18:46

4月17日日曜日前橋渋川ティマラソン当日。

朝8時スタートという、フルマラソンにしては早いスタート時間に向けて朝6時30分の前橋駅発の無料シャトルバスでスタート地点のヤマダグリーンドーム前橋へ。

f:id:kohki3103609:20160507181211j:image

f:id:kohki3103609:20160507181338j:image

f:id:kohki3103609:20160507183239j:image

スタート前の荷物預けと着替えは、ヤマダグリーンドーム前橋内。

着替えが室外であったり、室内であっても大混雑していたりすることが多い中、スタート前は快適に過ごせた。

荷物預かりも子供達までがボランティアとして頑張っていてくれて、待ち時間はほぼ無しでストレスゼロだった。

f:id:kohki3103609:20160507182746j:image

ただ、今回、大会側が荷物預けをするために、ヤマダグリーンドーム前橋ひとつの大部屋しか貸し切っていなかった事がゴール後に大変なことになる。

スタート前の開会式は、ヤマダグリーンドーム前橋前の広場にて。

前橋氏のマスコットころとん」や、群馬県前橋市本社があるヤマダ電機所属の実業団選手がゲストランナーとして来られていた。

f:id:kohki3103609:20160507183838j:image

f:id:kohki3103609:20160507183817j:image

f:id:kohki3103609:20160507183756j:image

スタート前に、熊本地方で発生した地震により亡くなられた方々に黙祷し、午前8時、前橋渋川ティマラソン、スタート!

スタート地点は、フルマラソンを走る2,000人のランナーが集結。有り難い事に日曜日朝8時に集まって頂けた沿道の方々も盛大に応援をくれた。

f:id:kohki3103609:20160507185616j:image

f:id:kohki3103609:20160507185555j:image

この大会コース利根川を何度か渡るので、その度に橋の上を走る際のアップダウンがきつかった。

f:id:kohki3103609:20160507192010j:image

f:id:kohki3103609:20160507191943j:image

最初の10kmは前橋市内を走るものの、10km以降はシティマラソンとは名ばかりのほぼ利根川沿いのコース

3月末はOSAKA淀川ウルトラマラソン淀川沿いを走ってウンザリしたのに、今月は利根川かぁ・・・

と気が滅入ってしまった。

風景河川敷コースが続くと思ったのだが、河川敷舗装道路沿いには八重桜が咲いていてとてもきれいだった。

f:id:kohki3103609:20160507190809j:image

それに河川敷草原には、菜の花黄色蓮華紫色の共演が見られて楽しませてくれた。

3月淀川はほぼ無色だったが、今回は風景に色があって春が感じられ、全然風景ではなかった。

f:id:kohki3103609:20160507193437j:image

f:id:kohki3103609:20160507193411j:image

20km過ぎでは、高橋尚子さんの「夢は叶う!」というTシャツを着られていたランナーとペースが同じで、吉本興業群馬県住みます芸人パス

f:id:kohki3103609:20160507194404j:image

f:id:kohki3103609:20160507194341j:image

このマラソンで一番遠い場所である渋川市内の折り返し地点では、タヒチアンダンスで我々を応援

f:id:kohki3103609:20160507194606j:image

25km辺りでは、大会名にもある渋川市内を走る。フルマラソンでの25kmを過ぎての緩くて長い登り坂はきつかった。

f:id:kohki3103609:20160507195620j:image

この折り返し地点の手前には、渋川市にある伊香保温泉キャラクター「いしだんくん」とゆるキャラハイタッチして応援してくれた。伊香保温泉には365段の石段があるからだそうだ。

そういえば、学生時代に当時付き合っていた彼女伊香保温泉に行った時にそんな石段があったな・・・と苦い思い出を思い出した。

f:id:kohki3103609:20160507195600j:image

この折り返し地点で登り坂が終わり。

f:id:kohki3103609:20160507195538j:image

ここから下り坂は、登り坂で落ちたペースを取り戻すためにペースを上げて駆け下りた。

f:id:kohki3103609:20160507201338j:image

30km過ぎ。フルマラソンはここから勝負。ここからどれだけこれまでのペースを保って走り続けられるか。これまでの練習の成果が試される。

面白い恰好応援してくれる方やフラダンスによる応援に元気づけられた。

f:id:kohki3103609:20160507202459j:image

f:id:kohki3103609:20160507202438j:image

f:id:kohki3103609:20160507202418j:image

37km手前。終わりが見えてきたものの、37kmでのタイムをみると、既に3時間20分を経過していた。

あいたたた、これはフルマラソンでの目標にしているサブ3.5(3時間半以内での完走)なんて、とてもムリなペースだ。

気分が一気に落ち込んだものの、このたくさんの蓮華が咲き誇る河川敷コースの美しさに感動。

f:id:kohki3103609:20160507203320j:image

そして、ゴール直前の39km地点で、それまで曇天どんよりしていた空から青空が見えて、利根川と共に素晴らしい景色を望めた時には感動を覚えた。もうタイムなんてどうでもいいやと思えた。

f:id:kohki3103609:20160507204156j:image

f:id:kohki3103609:20160507204126j:image

40km地点の最後エイステーション

まえばしシティランナーもりあげ隊という若者達が、笑顔で元気にハイタッチをしてくれてゴールに向けての最後の頑張りを奮起させてくれた。

いくら辛くて苦虫を噛み潰したような顔をしていたとしても、ハイタッチをしてくれる相手笑顔であると、こちらも自然笑顔になるのが人間だ。

f:id:kohki3103609:20160507204443j:image

f:id:kohki3103609:20160507204422j:image

対岸にゴールのヤマダグリーンドーム前橋が見えてきた。あと少し。

f:id:kohki3103609:20160507204720j:image

利根川に架かる中央大橋を渡れば、ゴール。

f:id:kohki3103609:20160507204935j:image

前日に行った群馬県庁右手最後の走り。

f:id:kohki3103609:20160507204914j:image

f:id:kohki3103609:20160507204852j:image

そして、前橋渋川ティマラソン、無事、ゴール!

f:id:kohki3103609:20160507205151j:image

タイムは、3時間51分。

うーん、自己ベストであった今年2月京都マラソンでの自己ベスト、3時間38分からは程遠いタイム。よく2ヵ月前はあのタイムで走る事ができたなぁと不思議になった。

後半になって大きくペースは落ちていなかったものの、全体を通してペースが低調だったようだ。

それもフルマラソンにしてはアップダウンが多いコースに、河川敷コースでの激しい向かい風が原因であり、この大会タイムを狙う事が出来ないコースであったかもしれないが、大きな原因は自分の走力不足であろう。止むを得ない、これが自分の実力だ。

この日は全国的気候条件が大荒れで、日本海側で開催された大会強風により、大きく影響を受けたようだ。この日が第1回の大会であった石川県の「加賀温泉今日マラソン」は中止、2年前に出場した新潟県佐渡島の「佐渡トキマラソン」はスタートしたものの、途中で中止になってしまったそうだ。

日本海側以外でも「長野マラソン」「かすみがうらマラソン」は途中で悪天候に見舞われたようだ。

それに比べたら本大会は少し風が強かったくらいでコンディションには大変恵まれていた。

それに、4月14日からずっと続いている熊本大分を含めた九州地方では、マラソンどころではない。九州地方の多くの大会が中止になったそうだ。当たり前だ。

この地震を受けて、地震による恐怖と不安も無い安寧な日々があってこそ、こうして趣味に興じる余裕が生まれ、楽しむ事ができる幸せを実感した。こうして五体満足で走っていられるだけで幸せだ。

f:id:kohki3103609:20160507211112j:image

f:id:kohki3103609:20160507211052j:image

しかしながら、完走後、完走証を受け取るのに約15分待ち、荷物受け取りに至っては、ヤマダグリーンドーム前橋前に長蛇の列が出来ており、約60分も待つ羽目に。

自分は後ろにおられた10km出場ランナーの方と話をしながら待っていたので待ち時間を感じずに待っていられたのだが、多くのランナーは疲れた身体で長時間待たされて、明らかに不平不満を言いたそうだった。結局、自分も、ここで時間をロスした事で帰りの電車を1本遅らせなければいけない事になってしまった。

これも、10km出場ランナーとゴール後のピークが重なってしまった上に、荷物預け場所がヤマダグリーンドーム前橋内にある大部屋だけであったためと思われる。他の大会と同様に、ヤマダグリーンドーム前橋の全てのスペースを使うくらいにしないとこういう事態になってしまう。他大会を見倣って欲しいものだ。

大会後、RUNNETのレポートでたくさんのランナーが本件をマイナスコメントしていて、来年の全国ランニング大会100撰に選ばれるかどうかが心配になるくらいであるが、大会側もHP正式謝罪しているし、来年改善されると思われる。

荷物受け取り後、会場でゆっくりできなかったものの、大会側が準備してくれた豚汁を戴いた。

f:id:kohki3103609:20160507212520j:image

f:id:kohki3103609:20160507212459j:image

帰りの新幹線時間まで余裕が無かったので、少しでも群馬県の味を楽しもうと、上州名物トンカツ弁当とんとんかつ重」と上州御用の登利平(とりへい)の「鶏めし」を買って、速攻で前橋駅無料シャトルバスで戻り、高崎駅まで行って、帰りの新幹線の中で、朝から何も食べていなかった事もあって、2つ共、心置きなくたいらげた。

f:id:kohki3103609:20160507213032j:image

f:id:kohki3103609:20160507213016j:image

今回、大会パンフレットの出場者名簿を見ると、ほとんどの出場ランナー群馬県内もしくは関東近郊から来ており、大阪から来ている奇特もの好きなランナーは、フルマラソン出場の2,124名中、たった7名だけ。

30歳代に至っては、396名中、自分だけだった。ローカル大会に出場したものだ。大会会場の売店の方に大阪から来た事を告げたら驚いていた。

でも、これでマラソンでの47都道府県制覇に向けて41県目。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160417

2016-04-16 前橋・渋川シティマラソン前日:世界遺産・富岡製糸場へ

[] 前橋渋川ティマラソン前日:世界遺産富岡製糸場00:36

4月16日土曜日

4月で唯一のイベント群馬県遠征して「前橋渋川ティマラソン」に出場する日がやって来た。

3月上旬小江戸大江戸200kで200km走り、下旬OSAKA淀川ウルトラマラソンで100km走り、プライベートでも100kmを超える距離を走って、初めて月間走行距離が400kmを超える程、活動的だったので、4月は控えめにしていた。

ただ、3月があまりにも非日常で刺激的な1ヵ月であったこともあって、4月は物足りなさを感じていたので、この日が来るのを待ちに待っていた。

マラソンでの47都道府県制覇という目標に向けて、群馬県で目ぼしいマラソンを探していたところ、この前橋渋川ティマラソンの他にも、昨年から開催された「ぐんま県民マラソン」(今年から「ぐんまマラソン」に改名)が11月3日文化の日に開催されている。

大会規模はこちらの方が大きくて魅力的なのだが、祝日開催という事もあって、前日は平日であり、出場するには遠い大阪からだと前日に会社を休まないといけないので、エントリーは諦めて、こちらの大会エントリーした。「県民」という言葉大会名にあるだけあって、群馬県民向けの大会のようだ。それに、「前橋渋川ティマラソン」の略称「前・渋」が何だか響きが良くて、今後、実績を他者に語る際に言いたくなる。

遠征時のお決まりとして、1分1秒でも長く、現地に滞在するために、大阪から行く最も早い時間の便で今回も行った。まずは、新大阪駅発の始発である朝6時発ののぞみ東京駅へ。

f:id:kohki3103609:20160501215817j:image

東京駅に8時30分頃に到着して、東北新幹線ホームに行くと、2016年3月26日から開業した新青森駅 - 新函館北斗駅間の北海道新幹線につながる、東北新幹線E5系はやぶさ」が停車していた。

f:id:kohki3103609:20160501222514j:image

f:id:kohki3103609:20160501222453j:image

自分が乗る便の発車時間まで時間に余裕があったので、「はやぶさ」の先頭まで行って、美しいカモノハシのくちばしのような先頭部分を撮影

f:id:kohki3103609:20160501222956j:image

f:id:kohki3103609:20160501222936j:image

自分北陸新幹線E7系はくたか」で群馬県高崎駅へ。北陸新幹線は既に何度か乗車しているので、先頭まで行っての写真撮影無し。

f:id:kohki3103609:20160501223608j:image

高崎駅に到着。

東北新幹線大宮駅東北新幹線上越新幹線に分かれ、上越新幹線はここ高崎駅上越新幹線北陸新幹線に分かれる。

f:id:kohki3103609:20160501224241j:image

高崎駅からJR高崎線で翌日の舞台となる前橋駅へ、午前10時頃に到着。

前橋駅ホーム内では、前橋市ゆるキャラころとん」がお出迎え。

f:id:kohki3103609:20160501225430j:image

前橋駅は人も少なくてひっそりとしていて、群馬県県庁所在地の駅とは思えない雰囲気。でも、駅前にはケヤキ通りがあって緑が多く、自分みの駅だった。

何よりも宿泊予定のホテルは、前橋駅からすぐだし、予約していたレンタカーの店やスパも周りにあって、かなり快適だった。

f:id:kohki3103609:20160501230513j:image

f:id:kohki3103609:20160501230449j:image

レンタカーを借りて、まずは前橋駅から少し離れたところにある群馬県庁へ行ってみた。

群馬県庁舎は33階建てで高さは153mもあり、都道府県庁舎としては東京都庁舎に次ぐ高さだそうだ。ここの32階から展望からの眺めは絶景と聞いてやって来た。

群馬県庁と言えば、毎年元日に開催される「全日本実業団対抗駅伝競走大会ニューイヤー駅伝」のスタート・ゴール地点としても有名で、毎年元旦に観ていた見覚えある風景を見る事が出来て感激。

県庁舎の周りには昭和庁舎(旧本庁舎)や警察本部などの公共施設レトロ建物が設置されていて、とても良い雰囲気だった。

f:id:kohki3103609:20160501231923j:image

f:id:kohki3103609:20160501231850j:image

群馬県ゆるキャラで、2014年ゆるキャラグランプリで1位になった「ぐんまちゃん」の石像発見

f:id:kohki3103609:20160501231823j:image

早速、展望室がある32階へ。広い展望室は土曜日の午前中である事もあって、人はほとんどおらず、ほぼか知り切り状態

前橋市関東平野の末端であることもあって、雄大に山々に囲まれていて、絶景だった。

南西に妙義山系の山々。

f:id:kohki3103609:20160501233755j:image

北西に榛名山系の山々。

f:id:kohki3103609:20160501233729j:image

北に赤城山系の山々。

f:id:kohki3103609:20160501233704j:image

そして、県庁舎真下には、明日のスタート・ゴール会場になるヤマダグリーンドーム前橋があった。

f:id:kohki3103609:20160501234311j:image

ここにも「ぐんまちゃん」。熊本くまモン並みに、この後も至るところで顔を出す。

f:id:kohki3103609:20160501234457j:image

レンタカーラジオからは16日未明に発生した熊本地震の本震とその後に続く余震による被害を伝える報道ばかり。熊本地方の方々が大変な時に、普段と同様に平和に過ごす事ができ、こうして観光している事が申し訳ないと思うくらい。当たり前の生活の幸せさを再認識して、せっかく群馬県まで来たので、予定通り、あと2箇所の観光スポットへ向かった。

前橋市から車で約30分、高崎市箕郷(みさと)町にある「みさと芝桜公園」にやって来た。

この日はとても良い天気だったので、たくさんの人が来ておられた。

先日、岐阜帰省した際に、実家の庭で芝桜が咲いているのを見て、広い土地に密集している芝桜を一度見てみたいと思っていたら、前橋市から近い場所芝桜の名所があると聞いたので寄ってみることにした。

f:id:kohki3103609:20160502001539j:image

念願の芝桜・・・

凄い!広い公園内に色とりどりの芝桜の絨毯だ。

f:id:kohki3103609:20160503011544j:image

f:id:kohki3103609:20160502002100j:image

f:id:kohki3103609:20160502002025j:image

f:id:kohki3103609:20160502002039j:image

ようやく、人生で初めて広大な土地に咲く芝桜を拝む事が出来た。

でも、よく見ると、芝桜でびっしりというワケではなく、見頃はもうちょっと後なのかもしれない。ちょっと残念。

f:id:kohki3103609:20160502002004j:image

芝桜を満喫した後は、前日観光の一番の目的であるスポットがある富岡市へ車を1時間程走らせて南下。

富岡市と言えば、言わずと知れた富岡製糸場がある。2014年世界遺産登録され、群馬県で一番有名な観光スポットだ。

世界遺産登録されて以来、一度は来てみたかった場所に遂に来る事が出来て、感動。

f:id:kohki3103609:20160502004218j:image

f:id:kohki3103609:20160502004151j:image

この赤レンガの建物が、テレビで観てきた富岡製糸場イメージ

f:id:kohki3103609:20160502004420j:image

f:id:kohki3103609:20160502004409j:image

f:id:kohki3103609:20160502010252j:image

f:id:kohki3103609:20160502010059j:image

富岡製糸場と言えば、明治政府日本近代化のために、近代西洋技術を導入し、日本初の官営機械製糸工場として操業が開始されたことで有名。

繰糸作業を行うために全国から女工が集結し、ヨーロッパ技術者を招いて、世界トップレベルの機械製糸工場に押し上げたそうだ。

生糸の低迷などによって1987年に操業を停止してしまったが、世界最大規模の製糸工場として高い生産能力で良質な生糸生産し、その生糸養蚕(ようさん)技術と共に海外に輸出されて世界的にも注目されていたそうだ。

19世紀後半に作られたこれだけの規模の工場で、戦争などの被害も受けず、ほぼ完全な形で残る工場世界的にも珍しく、それが世界遺産に選ばれた理由ひとつでもあったそうだ。

から生糸を取る作業が行われていた操糸場も、ほぼ当時のままの姿で残っていた。

f:id:kohki3103609:20160502010524j:image

f:id:kohki3103609:20160502010457j:image

f:id:kohki3103609:20160502010432j:image

ひと通り散策して、「ここは当時、日本近代化を支えた重要場所なんだ」という事を再認識

ただ、そのような歴史を知った上でここを訪れないと、その価値が全く分からないまま、あっという間に散策が終わってどっちらけになってしまうので、注意が必要だ。ここに限らず、本来、各地の歴史的建造物とはそういうものである・・・

工場内や工場に向かうまでの道には、製糸場で働く女工の姿をしたゆるキャラお富ちゃん」がいた。富岡市マスコットだそうだ。ぐんまちゃんといい、ころとんといい、群馬県民の発想は面白い

f:id:kohki3103609:20160502010850j:image

奥には西繭倉庫という建物があるのだが、今は改修中。確かに広かった。

f:id:kohki3103609:20160502011053j:image

富岡製糸場を堪能した後は、朝からほとんど何も食べていなかったので、群馬名物で腹ごしらえ。

ひもかわうどん」という極太のうどんを食べた。ちょっと食べにくいので、自分はやっぱり普通うどんがいいな。

f:id:kohki3103609:20160502011349j:image

f:id:kohki3103609:20160502011324j:image

富岡製糸場から前橋市に戻る際、富岡製糸場の最寄り駅である上信電鉄上信線の「上州富岡駅」の前を通った際、その駅舎の姿があまりにも印象的で、思わず引き返して車を留めて立ち寄ってみた。

どこにでもあるローカルな駅かと思っていたが、富岡製糸場の赤レンガとは異なり、白レンガのみで作られたシンプルな駅舎で、かなりオリジナリティが感じられる造り。

気になって調べてみたら、この駅舎は2014年のGOOD DESIGN AWARDのBest 100に選ばれたそうだ。納得。

世界遺産登録されて海外から観光客が訪れるだろうから、その玄関口としてこの駅は日本芸術性の高さを示す存在になりそうだ。富岡市打つ手が早い。

f:id:kohki3103609:20160502012346j:image

f:id:kohki3103609:20160502012321j:image

f:id:kohki3103609:20160502012301j:image

f:id:kohki3103609:20160502012241j:image

富岡市から前橋市に戻って、レンタカーを返した後は、前橋市中心街ブラブラ散策して、ホテルのすぐそばにあるスパで旅の疲れを癒しスパにあったレストラン群馬名物ひとつであるソースカツ丼を食べて、群馬での前日観光終了。

f:id:kohki3103609:20160503003159j:image

群馬県で行きたいところに行けたし、心置きなく「前橋渋川ティマラソン」に臨むことができる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160416

2016-04-14 ベジタリアンカフェを初体験

[] ベジタリアンカフェ初体験 22:20

4月14日木曜日

月曜日火曜日仕事が長引いてジムに行けず、ここのところ毎週の習慣になっていた水曜日夜に走りに行こうと思っていたら珍しく大雨だったので、さすがに今週末にレースを控えているので、無茶は控えた。

今週は会社海外から来ている教育担当者による研修詰めで、木曜日夜は受講者必須の会食になってしまって、今週は走るのを諦めていたが、21時に終わったので、速攻で帰宅して走りに行く事ができた。

会食をしたのは心斎橋にあるATL(アトル)という、ベジタリアンヴィーガン(肉類の他、酪農製品も食べない)専用の食べ物も出してくれる店。先方が宗教上、ベジタリアンであったためにこの店になったのだが、こういった店に行くのは初めて。最近International Touristsが多いし、そういった方々に対してこういった店があるなんて世間グローバル化が進んでいる事を実感。良い経験ができた。

f:id:kohki3103609:20160501151146j:image

帰宅後、スーツを脱いで走りに行く準備をしていたら、21時過ぎに熊本大地震があって、各局(東京テレビ除く)は緊急の地震中継。熊本の模様が心配になりながら、大阪城ナイトランニングを開始。

大阪城公園内は桜が葉桜になってしまって、賑やかさや人気がなくなり、宴の後のような雰囲気

でも、桜の後にはツツジの時期がやって来る。そんなツツジが見頃の5月を前にして、ここのところの暖かさのためか、早くも咲き始めていた。満開の時期が楽しみだ。

f:id:kohki3103609:20160501151813j:image

それにしても、レース直前に何とか1回だけでも走ることが出来て良かった。

レース直前の走り込みとして、今週の走行距離が10kmではちょっと物足りないが、疲れを溜めないためにもこれくらいでちょうど良い。これで思い残すことなく、週末のレースに臨む事ができる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160414

2016-04-10 実家の庭には春の花が真っ盛り

[] 実家の庭には春の花が真っ盛り 09:16

4月9日土曜日

前日に用事があって地元岐阜に帰ったのだが、よく考えたら岐阜を離れて10年以上、4月上旬実家に帰った事が無かった。

そのため、実家の庭にいろんな花が咲いていてビックリ

何よりもの木が1本あった事に驚いた。両親が何年か前に庭に植樹したらしい。桜が咲く短いこの期間に実家にいた事が無かったので、全く知らなかった。

これは今後も残していかないといけないなぁとしみじみ。

f:id:kohki3103609:20160501015522j:image

f:id:kohki3103609:20160501015508j:image

そして、地面には芝桜

芝桜は1本の花というよりも、広い土地に地面が見えないくらい密集して咲いて、人々の目を楽しませてくれるイメージ

日本の各地に芝桜の名所があり、今は見頃なのであろうが、生まれてこの方、一度も見た事が無い。

東京にいた大学時代埼玉県秩父市羊山公園芝桜が有名で一度行ってみたかったのだが、その頃は今程、行動力が無かったので、それが叶わなかった。大阪周辺に芝桜の名所が無いのが残念だ。

f:id:kohki3103609:20160501020545j:image

他にもいろいろな花が咲いていたのだが、両親が大きな鉢に植えて育てた君子が今年も見事に咲いていた。

開花時期は4月から5月にかけて咲く。ゴールデンウィーク帰省した際に、毎年見ていた。

濃い緑色の長く固い葉を放射状に広げた姿が特徴的。まるで孔雀羽根を広げた姿のようだ。そして、橙色の綺麗な花を咲かせる。

君子蘭」という名前のとおり、高貴な姿だ。

f:id:kohki3103609:20160501021146j:image

そして、4月10日日曜日

帰阪したものの、実家焼肉などを食べてしまったので、カロリーを消費するためにも帰阪した流れで大阪城ナイトランニング

最初地元でたらふく食べた事による腹部膨満感で走っていて気持ち悪かったが、後半は消化され始めて快調に気持ち良く走る事ができた。

外周を2周走った後、金曜日から大阪城近くの大川沿いで開催されている「造幣局桜の通り抜け」の賑わいを大川に架かる橋の上から見物。

f:id:kohki3103609:20160501022326j:image

f:id:kohki3103609:20160501022316j:image

f:id:kohki3103609:20160501022305j:image

家族連れやカップルが多い中、1人、ランニングスタイルで明らかに変人だった。

そして、大川から戻る際、いつもとは違う方向から眺める大阪城がとても綺麗だった。

大阪城を見ながら走ることができる、ランナーを飽きさせないランニングコースの魅力と、自分大阪城の近くに住んでいてすぐにここに来る事ができて、ランニング趣味としている人間にとって大変恵まれている環境にいることを再認識

f:id:kohki3103609:20160501022501j:image

家に戻って、大河ドラマ真田丸」を観ると、この日からちょうど大坂編。

小日向文世演じる豊臣秀吉、山本耕史演じる石田三成、竹内結子演じる茶々などがとてもハマリ役で俄然面白くなってきた。そして、江戸時代までは「大坂」と呼んでいた事を初めて知った。

日曜日の夜にギリギリ今週の疲れとストレスリセット

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kohki3103609/20160410