こいけあきら書くかったりぃ記 このページをアンテナに追加

プロフィール
東京生まれ育ち。現在東京と四国の往復生活です。

過去ログpick up
*宮崎駿の矛盾 *バブルと開高健 *主婦を責める人々を責める *悪意の善行 *サービス業とクレーマー
*お人形年表 *SM論 *取り返しのつかない失恋 *退行催眠体験記 *断食のすすめと方法
 

2015-12-12 納得の行く肉の食べ方 このエントリーを含むブックマーク

koikeakira2015-12-12

2年ほど続けていたベジタリアン(ノンミート)は止めてしまって。最近の食肉はもっぱら鹿肉です。

ここ備前市は市役所に「シカ・イノシシ係」がある、鹿パラダイスです。

近くの猟師さんが駆除したものを、友達が引取り解体し、私は肉と内蔵をもらい料理して、料理を友達にお返しします。

3キロもらって1キロお返し、1キロは他の人に配って、残り1キロは我が家で食べる。

そうすると配ったところから野菜や米のお返しを頂いて次の鹿肉料理の材料になる。世の中まわるまわる。

お金の介入しない経済活動万歳!

ちなみに猟師さんはなぜかみんな鹿は食べません。捨ててしまうのです。

首だけ市役所にもっていって駆除褒賞金をもらっておしまい。

イノシシ肉は人気があって高く売れます。日本人は本当に油の多い肉が好きですね。

鹿肉は脂質含有率は1〜3%と超高たんぱく・低カロリー。ビタミンB、DHA、鉄分も豊富という究極ヘルシー肉です。海外のセレブの間でも大流行…はしてません(笑)きっと知らないのでしょう。

何よりも、日本人がずっと食べてきた肉です。

写真は2歳メスの心臓。よく見るとナタの跡があります。鹿が早く楽になれるように猟師さんはトドメを刺すのです。

鹿の心臓はとても美味しいです。肝臓と合わせてパテ・ド・カンパーニュにすると絶品です。

今だったら柿とか、採れたての季節の野菜や果物も入れて。

「ジビエのパテなんて、東京の西側の店で出したら、ひと皿五千円はくだらないよね〜」

なんて移住仲間に言われますが、タダです。山の神様はお金は取りません。本当にリッチですね。


肉や内蔵をとりわけながら、鹿の人生(鹿生?)について思いを馳せます。

2歳のメスって、人間にしたらちょうど私の娘と同じくらいだなぁとか思うと、少し涙が出ます。

内臓を触っていると、どんな鹿だったかわかるので、生前の姿をイメージしながら感謝と胸いっぱいの供養の気持ちで料理します。

鹿の遺恨を感じる時はお経を唱えるとマジですっきりします。


味も個体ごとに異なりますが、若干の傾向はあります。

大きくて運動量の多いオスの鹿は、鍛えられた素直な腿肉をしているので、かえって筋に対して包丁が入りやすく、ステーキに向いています。

まだ若い鹿は骨の周りの肉が若葉のような匂いでスペアリブが美味。女子は当たり外れなくどの子もそれなりに美味しい。

男子は味の幅が広く、食べるのが面倒になるような雑な肉もあれば、うおおおぉ!と唸るような完成度の高い味もあります。

よくクサイと言われるのは、血抜きをしっかりしてないから。

私は試行錯誤の上、水あり・水なしの2段階で5日間かけて血抜きする方法に至りました。

また、肉はある程度回数を食べて、味と匂いに慣れないと、美味しさがわからないと思います。私も最初はわかりませんでした。食べ続けて体が鹿肉を求めるようになってからが美味しいと思います。

一度きり食べて珍味で終わりにはして欲しくないです。


近くに猟師さんがいる方、いらない鹿ちょうだいって言ったら、くれると思います。

冬のオールマイティなメイン食材として、昔ながらの健康食として。安価で良質、薬剤投与なし、食料問題解決、生態系維持、里山復興、悪いことがいっこもない。現代日本における鹿食文化勃興を願わずにいられません。


ちなみに、鹿肉が手に入らない東京などで暮らしていて、一番食べたいと思える肉は、アイスランドの羊肉です。アイスランドは完全放牧、薬剤投与禁止。オーガニックな食肉なのです。だって岩場が多くて餌はコケがメインで放牧するしかないから。だって寒くて菌が繁殖しないから薬いらないから。サイコーですね。

日本で取り扱っているのは一社だけです。

http://www15.plala.or.jp/fujiwara-sangyou/

通販に積極的な会社ではないので、顧客サービスなんていうものは求めずに、卸の片手間に送ってもらうという気持ちが必要ですが、絶品です。

それにしても、顔も性別もわからない動物の肉を切り身で買うのは、あまり気持ちのいいものじゃないですね。

東京を抜け出して、やっと肉を食べる時に感じていた違和感や罪悪感の正体が、鹿肉を食べるという体験を通して理解することができました。

2014-12-19 憲法をおさらいしよう! このエントリーを含むブックマーク

koikeakira2014-12-19

憲法をおさらいしよう!

小学生の娘のために書いたものですが、いまさらな人にも、これからの人にも、何度読んでも日本の憲法はいい憲法なんです。

--------------------------------------------------------------------

10章とおまけの1章からなる日本のルールは、すっごい噛み砕くと、こんな感じだよ。

1・日本のご当地ゆるキャラ天皇

2・戦争は絶対しないよ、武器もいらないよ、何がなんでも絶対にしないよ。

3・みんなが自由で平等で、一人一人に権利があるよ

4・新しい決まりは国会で相談して決めようね

5・税金の使い道は内閣で相談して決めようね

6・なにか揉めた時は裁判所で相談して決めようね

7・税金は変なことに使っちゃだめ!

8・地方ごとに小さな法律を作っていいよ

9・この憲法を変える時は、国民投票で過半数の賛成が必要だよ

10・この憲法はみんなの永遠の権利だから、ほかのどんな決まりよりも大事に守らないといけないよ

11・(おまけ)1946年からこの憲法を使いますよ

--------------------------------------------------------------------

一人一人を大事にして、何事も相談して決めて、暴力は絶対にふるわないのが日本の決まりです。

こんな素晴らしい法律を、昔の人たちが私たちのために決めておいてくれたんだ。

安倍さんが変えようとしているのは、2章と10章だよ。

2章(憲法9条とも呼ばれています)は変更するって。戦争がしたいのかな?

10章は削除するんだって。

2章の原文だよ:

「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持し国の交戦権は、これを認めない。 」

10章の原文だよ:

「この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。 」

天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。 」

戦争でたくさんの犠牲者の上にできた9条と、

暴走する政治から国民を守る10章。

実は民主主義の国ではどこでもそうなんだけれど、

なにかの間違いでちょっと変な人が政権を握っちゃっても、独裁者が自分の趣味で突っ走って国をめちゃめちゃにしないように、

国民を守るために、政治家を規制するルールが必ずあるんだよ。

安倍さんみたいな人が出てくることは、昔の人はお見通しだってこと。

さて今どうするかは、今を生きている私たちがちゃんとしなくちゃね。

きみたち、子供たちのためにも。

2013-10-16 アンパンマンの憂鬱 このエントリーを含むブックマーク

やなせたかし氏亡き後のアンパンマンについて。

サザエさんの作者の長谷川町子氏は、生前サザエさんのキャラクターが広告に使われることをキャラクターのイメージを損なうとして拒み続けてきました。

しかし氏の死去後、磯野家一族は保険やらJAやらさまざまな広告媒体に登場。

権利運営を任された人たちが、氏の意図にそぐわぬ形で使用許可を出してしまっています。

演出についても、ほとんどいやらしいと言っていいほどの家族イデオロギーの押し付け的な広告表現を目にします。

死後直後からこうした使われ方が始まったのを見ていて、作者は可哀想だなと思っていました。

やなせたかし氏もアンパンマンを起用する広告媒体は入念に選んでその演出方法にも関わっているのは、想像に難くありません。

現にアンパンマンを起用する商品は、子供向けの衣類・文具や、鉄道のラッピングなど、すくなからず公共性・公益性のあるものに限定されているものと思われます。

アンパンマンというイコンの公共性を作者は強く意識していたでしょう。

アンパンマンやバイキンマンが保険や健康食品や不動産やパチンコの画面に登場することなど、やなせたかし氏は絶対に許可しないと思います。

長谷川町子氏に関して、生前、氏の意図にそぐわない形での磯野家一族への出演を求める声が大変に多く、断るのも精査するのも大変だったと言う発言が残っていますが、アンパンマンも言わずもがなと思います。

キャラクターのイメージを守るには、見えない努力がたくさんあることと思います。


アンパンマンの広告使用に関して、もしガイドラインが残されていなかったり、権利者が恣意的な運用をするのであれば、きっとまずフッ素入りの子供向け歯磨き粉のCMに使われるかなと思います。

フッ素が人の体にとって害毒が認められているにもかかわらず製薬会社がそれを押し隠している悪魔の商品であることを考えると、もう胸が痛いです。

アンパンマン大好きな私の2才の姪っ子が、アンパンマンがテレビで警備会社のCMに出てきて不審者をアンパンチする様子や、飲料のCMで子供たちと一緒にペットボトル入りのお茶を飲んだりしている様子を見たら、きっとアンパンマンに対する夢や憧れが少し違ったものになってきてしまうと思います。

キャラクターのイメージってごくごく繊細なものだと思います。

どのような形でアンパンマンに関する権利が残されたかはこれから知ることになると思いますが、子供にとって憧れであり続けて欲しいと強く願います。

公共性・公益性の高いキャラクターは国が管理するくらいのことがあってもいいと思いますし、あるいは著者の遺志を守るための法整備が明らかに足らないと思います。

2013-03-31 結末を求めて このエントリーを含むブックマーク

koikeakira2013-03-31

映画の話をしますが、レビューなどではありません。

レビューはもう書くまいと思っています。この映画のことを書かずにいられなくなっただけです。

タミル映画、「3」。

愛のために死ぬ男の話です。しかし、誰かにこの映画を薦めようという気は全くありません。

これはレビューではありません。

前半は純愛で、主人公とヒロインの拙い恋のやりとりが可愛らしくて感動的です。おそらく誰の記憶の中にもイデアとして存在しているだろう、そして二度と現実には具現化しないであろう青春の風景が描かれています。もう絶対に先進国では味わえない恋と言えばわかりやすいでしょうか。

後半にはヒロインと結婚したのち、狂気と戦う男の様子が書かれます。精神を病んだ主人公は、愛を失うことを恐れて自死し、ラストに夫の真意が妻へと伝わります。

これに近いというかほとんど同じ話形の映画に、フランスの「妻への恋文」があることが思い出されます。この映画も前半にロマンス、後半に愛を永遠たらしめるための自死、ラストに夫の真意が妻に伝わるという構成になっています。

前者は泥臭いほどシリアスでセンチなのに対し、後者は軽快でフランスらしいエスプリの全く異なる雰囲気で、構成は驚くほど一致しますが、創作に関連性があるとは考えにくいです。しかし双方とも私の魂に響く作品で、特に妻への恋文を見たのは小学生の時でしたが、その時から私の血肉となっていました。

ところで私がなぜレビューを書かなくなったかというと、レビューを書きたくなった時は、レビューと冠しても結局いつも自分のことを書こうとしていることに気づき、キーボードを打つ手が止まってしまうからです。

誰しも自分の願望や、欲望や悔恨や郷愁が映し出されたような作品に心を捉えられると思いますが、レビューを書いているうちに具体的対象のことを思い出し、それが何であったのか明らかになります。レビューを書くということは、その作品で描かれていた何かと自分の知っている何かを、なぜ同一視してしまっていたかを次々と露にする、内的な解体作業たりえます。

私の場合、レビューを書きたいと思う時は決まってその解体を必要としている心の未整理の部分の混乱から客観性を失っているので、それを人に読ませようとしていた自分の浅ましさに恥ずかしくなります。

自分自身の混沌を整理しきれない時は、レビューを書く行為は内的思索の手段にとどめるべきです。

というわけで、今書いているのはレビューなどでなく、私の内的思索の記録です。

なぜこの2つの映画に、こんなに惹かれてしまうんだろう?問いを立てずにいられないほど全く雰囲気が違う映画だったから、疑問を持った時に点と点が補助線を描き、その原因である私の潜在的な願望が何であるか気づくことができました。「妻への恋文」と「3」の二つは、私の潜在的な願望を描いたものであること。そして私は、私のために死んでくれる人を探しているのだと、強く実感しました。少なくとも、そう思わされました。その演繹が面白かったので、今回久々にここに書いています。

もちろん、愛する人を失うなんていう想像もできない苦しみを味わうのは嫌に決まっていますが、無意識レベルの願望として、多分、私は本当に恋人に死んで欲しいのだと思います。

私はいつも恋人を愛し過ぎ、また、過剰に愛させようとしてしまいます。

恋人という一つの具体的な対象を通して世界を見て、客観性を失うことをむしろ嗜好します。

傷を晒し慰め合いながら相互依存性を深めることを愛の成長とみなし、

私を愛し続けることで彼が支払わなければならない代償の大きさは愛の深さの主な指標です。

そのような恋愛をしていて苦しむのは自分自身であるにもかかわらず、そうせざるを得なくなるのは、究極的には自死という形での私への愛の証明を、潜在的にしかし強烈に求めているからです。

我ながらなんて恐ろしい女だろうと思いますが、そういったことが、この2つの映画を見たことでやっと自覚できたのです。この生まれ持ったカルマと言っていいほどの歪みは、消失させることはすぐには難しく、どうコントロールするかが問題です。

私の中には、愛の贄を欲する餓鬼がいます。そう自覚したことで、恋人に対しての立ち振る舞いが早速変わりました。このことに気が付いて、本当によかったと思います。

実のところ、この2つの映画を見なければ、私は一人を殺めることになったかもしれません。今私の傍に、恋人というべきか虜というべきか、一人の少年が身を寄せています。

彼とは一年ほど前、変わった出会い方をしました。彼は、私が彼の命を救ったと思っています。私が彼の自殺を非常識な方法で制止したのは事実です。それから彼は、私が望んでいなかったにも関わらず、彼の生殺与奪を社会的にも肉体的にも好んで私に差し出し、私との同一化を目指し、今や生理的な性質として私が同席しなければ一切の食物を摂取しないなど(実際に私が出張の際にたびたび栄養失調になっています)私以上に強烈な依存志向を発揮して生きています。彼は私の歪みの形に嵌るピースとして出現したのかもしれません。

私が死ねと言えば喜んで実行すると、むしろその命令を今か今かと待っているようなこの子供を、私は自立へ、開放へと向かわせたいと思っています。

しかし時に、彼の自己犠牲的愛情表現や、もう壊れた方が自然であるような痩せこけた傷だらけの躰を見ていると、私は彼を望み通りの形にしてあげたくなることがあるのです。

危うすぎて恋と呼ぶことができるのかどうかすらわからない剥き出しの命のやりとりの中で、私は無意識に彼をふたたび自死へと向かわせていました。

今度は、私への愛ゆえに死ぬように。

そうでなければ説明できないような非合理的な愛情表現を彼に強いるごとく、彼の心理に政治的な誘導をかけている自分がいることを、自分でもどこか不思議に思っていましたが、抑えることができませんでした。

今、私は彼をどう開放してあげればいいのか、自分がどうしたいのか、やっとわかったような気がしています。

いままで私が愛した人たちについても、私はどうして彼らとの破滅を目指したのか、本当は何をして欲しかったのか、もはや弁明の機会はなくとも、長年胸につかえていた絡まりが解けたように感じています。

これほどの開放は、人生において何度も訪れるものではなさそうです。

これはレビューではありません。

映画「3」は、今私が滞在しているモルディブのココアというインド洋の島で見た一昔前のタミル映画ですので、おそらく日本で探しても見れないと思います。

それなりに美しいですが完成度は低く、矛盾だらけで感傷的で俗気の強い映画です。字幕の英語も拙く見辛いです。誰かにおすすめしようとは全く思いません。

ただ、そんな映画が、出会い方によっては大きく自分を見つめ直すきっかけになることと、時期を見計らって必要な時に必要な人のところへ出現するということが、私の身に起きたということ、そして私がこのことをなんとなく予兆してモルディヴに来たように小さくも大きな奇跡が、きっとすべての人に起こり得るのだということを嬉しく思います。

2012-01-11 output device このエントリーを含むブックマーク

koikeakira2012-01-11

(ひょっとするとツイッターから流れてきてくれた読者さんがいらっしゃるかもしれません。その方達のために書いておくと、このブログは、私が文芸が好きだった頃から書いている趣味のブログです。現在私の活動とは趣を全く異にします)

最近、自分のやっていることで、寄付を募っています。原発避難民の子供たちのための個人的なボランティアだったんですが、支援してほしい人がたくさんおり、また、支援したい人からの申し出もたくさん頂いたので、活動の幅を広げるため、思い切って寄付を集めてみました。

最初は本当にドキドキでした。見ず知らずの方にお金を出して、というのは浅草にいるホームレスみたいなものですからね。そういえば浅草で煙草が欲しいから10円ちょうだい、と話しかけてきたホームレスのおじちゃんに100円あげたら、おいおい泣いて喜んでくれたのを思い出します。今は私がそのおじちゃんというわけです。冗談抜きに、知らない人に寄付をお願いするするというのは、本当に胆力が要ります。浅草のおじちゃんも努力をしていたんだということに気がついたわけです。

また、お金の取り扱いも大変です。お金というのは、様々なカルマを背負って、様々な気を運んでくるものです。善意の寄付がほとんどではあるのですが、中には原発メーカーで仕事をしていた方から、贖罪のための寄付なんていうのもお受けしました。これはね、もう、お祓いですよ。私がシャーマンとしてこのお金を浄化せねばならないのです。これは大変な仕事です。これの扱いを間違えてしまったら、大変なことになる気がしています。もちろん、決して間違えない覚悟ではありますが。

そのお金は早く正しく使ってしまいたいです。次の活動に備えて手元にプールしておくことにも抵抗を感じます。私は装置としてこのお金を摩耗なしで変換しストレートに出力しなければなりません。さもなくば私は呪殺される。くらいに考えています。

寄付をもらうための労力以上に、もらった後の労力も結構なもので、お礼状、報告、等々でしばらく休日というものはありません。正直、寄付というものは頂かない方が、私自身は楽でいられます。でも自分が楽をしたいわけではないので、そこはほどほどにがんばりたいと思います。


そんなこんなで頑張っているうちに、スケールの大きい善意に巡り合い、活動に関しては資金の不安はほとんど無くなりました。(私自身の生活は相変わらず不安だらけですが)ですので、広く一般の方々に寄付を募ることをやめようかとも、一瞬頭をよぎりました。たった一人にお礼と報告をしていればいいのですから、私自身はとても楽です。でもそれは何か違う気がしています。

私は、たくさんの方々からの入力(お金)を受けて、変換して出力したいと思うのです。私は再分配する係にすぎないのですが、偉そうな言い方をすれば、たくさんの人に善意を発揮する機会を提供したい、と思うのです。本当に何様だという言い分ですけれども。そしてそれは本当にお祓いのような仕事であるのです。

昔からシャーマンに憧れているとともに強いシンパシーを抱えていました。いよいよ念願の職業に就いたわけです。どうするどうなる私。

まあ、今まで通り、直感を頼りに、生きていきます。

 
<ご指定のscriptタグは許可されていません。詳しくははてなダイアリーで使えるブログパーツをご覧ください> (function () { var tagjs = document.createElement("script"); var s = document.getElementsByTagName("script")[0]; tagjs.async = true; tagjs.src = "//s.yjtag.jp/tag.js#site=WdSUoDC"; s.parentNode.insertBefore(tagjs, s); }()); <ご指定のscriptタグは許可されていません。詳しくははてなダイアリーで使えるブログパーツをご覧ください>