藤子不二雄ファンはここにいる/koikesanの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-06-28 イチロー展示ルームでドラえもんや怪物くんを見つけた このエントリーを含むブックマーク

 今月15日(日本時間16日)、大リーグマイアミ・マリーンズのイチロー選手が、日米通算4257安打を達成し、ピート・ローズ氏がもつ大リーグ最多安打記録を更新しました。それを記念して、18、19日の2日間、イチロー展示ルーム「I-fain(アイ・ファイン)」で、入場者に記念グッズがプレゼントされると知りました。

「I-fain」は、愛知県豊山町のイチロー選手の実家に隣接する施設で、私の家からまあまあ近いこともあって足を運んでみました。

 イチロー選手の4257安打という記録は日米通算でして、大リーグの公式記録にはなりません。ピート・ローズ氏の記録と比べるのはナンセンスという声もありますが、イチロー選手の地元であるこの地において世界記録達成を手放しで祝福するのは掛け値なしにまっとうな行いでしょう。

 f:id:koikesan:20160619113623j:image

 f:id:koikesan:20160619113246j:image

「I-fain」に到着。受付で入場料を払うと、記念品を手渡されました。

 f:id:koikesan:20160619130802j:image

 ・入場券です。


 f:id:koikesan:20160619130645j:image

 ・「鈴木家のチチローカレー」は、イチロー選手が少年時代に食べた家庭の味を再現したレトルトカレーです。祝・4257安のシールが貼ってあるのがポイントです♪


 f:id:koikesan:20160619130934j:image

 ・記念のボールペンも!


 受付からエレベーターで3階に上がると、イチロー選手の使っていたバットやグローブ、ユニフォームをはじめ、ゆかりの品々が所狭しと展示されていました。少年野球から甲子園、日本のプロ野球、大リーグなど各時代の品々をたっぷりと見られます。現在イチロー選手が使用しているバットを実際に持てるコーナーもありました。イチロー選手のことを報道する新聞記事やネット記事、雑誌、関連の書籍などもたくさん揃えられており、閲覧できたりもします。

 2階は、イチロー選手が受けた賞に関する品々がぎっしりと並んでいました。賞状、トロフィー、楯、記念品などなど。いったいどれだけ賞をとっているんだ!と驚かされる量です。1994年、イチロー選手が200安打を達成したとき塁上で掲げた円形の記念プレートの実物を見られたのは特に嬉しかったです。この年、私はグリーンスタジアム神戸でイチロー選手の出場試合を観戦したので、それを懐かしく思い出したりも。

 

 藤子ファン的にちょっとした見どころがありました。3階に、イチロー選手が小学生から高校生まで12年間使った学習机が展示されており、その机にドラえもんや怪物くんのシールが貼ってあったのです。同じ箇所に、あさりちゃん、とどろけ!一番、金メダルマンなどのシールも貼ってあったので、1980年の月刊コロコロコミックに付いていたシールと思われます。私が小学生時代にリアルタイムで読んでいた号でもあります。

 イチロー選手に親近感がわいた瞬間でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20160628

2016-06-26 「OSマンガ茶話」第20回配信スタート! このエントリーを含むブックマーク

「OSマンガ茶話」第20回の配信がスタートしました!

 https://youtu.be/7CDjdRSQqxY

 

 f:id:koikesan:20160625011352j:image

 今回は、『笑ゥせぇるすまん』の話の内容に踏み込みます。もともとは『黒ィせぇるすまん』という題名だった昭和40年代発表の各話を中心に語っています。

 喪黒福造の客たちは、喪黒によって不幸になったのか幸せになったのか!?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20160626

2016-06-25 てんとう虫コミックス『パーマン』新装版刊行開始! このエントリーを含むブックマーク

 6月24日(金)、祝・誕生50周年【新装版】てんとう虫コミックス『パーマン』1巻・2巻が同時発売されました!

 f:id:koikesan:20160624171716j:image

 表紙が明快なまでに鮮やかで躍動感にあふれ、ワクワク感を誘います♪

 1巻は「ロボット・ゴリアテ」、2巻は「怪人火の玉男」のトビラ絵を使用しています。前者は「小学二年生」、後者は「小学一年生」で発表されており、どちらも低学年児向けに描かれたものです。今回のコミックスに収録されていない話から、パンチのあるトビラ絵を選んで、表紙のデザインに用いているのです。

 f:id:koikesan:20160624174054j:image

 1巻には「パーマン新聞」1号が挟み込まれていました♪

 この【新装版】は、これまでのてんとう虫コミックス『パーマン』と同様、全7巻です。3巻以降からは毎月1冊ずつ28日ごろに発売されます。

塁 2016/06/25 18:30 お邪魔いたします。

パーマン届きました。
近所の書店ですませようとしましたが、売っていませんでしたので、楽天ブックスで買いました。

本を見ての第一印象は、「薄い」です。
オバQが、わりと厚かったせいかもしれませんが、あまり収録数は多くはなりそうにないですね。

予想はしていましたが、5号のパー坊の話は、収録されないようですね。
残念です。

もうかなり前ですが、藤子作品と縁の深い、ある声優さんのファンサイトで、このパー坊の事が話題となり、盛り上がりました。

koikesankoikesan 2016/06/26 00:32 >塁さん

収録作品は、既存のてんとう虫コミックス『パーマン』全7巻と同じになりそうですね。

削除されていた「怪獣さがし」 と「くるわせ屋」は再収録されるようです。(1巻に「怪獣さがし」が収録されました)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20160625

2016-06-22 鈴木伸一先生と高峰至先生の再会 このエントリーを含むブックマーク

 さる6月18日(土)、杉並アニメーションミュージアムにて、鈴木伸一先生と高峰至先生の、およそ35年(〜40年?)ぶりの再会に立ちあうことができました。

 鈴木伸一先生は、現在同ミュージアムの館長をつとめ、アニメ界の重鎮、トキワ荘レジェンド、ラーメン大好き小池さんのモデルとしても知られる人物です。かたや高峰至先生は、藤子スタジオの出身者で、総合マンガ制作「スタジオ・ネコマンマ」を主宰するコミック・プロデューサーとして活躍されています。

 お二人のご縁は、1970年代にさかのぼります。高峰先生は、スタジオゼロへの入社を希望し、鈴木先生のもとを訪れてご自分のマンガ原稿を見てもらったそうです。鈴木先生は「マンガを描くのならスタジオゼロよりこちらのほうが…」と藤子スタジオを紹介し、高峰先生は藤子先生のアシスタントとしてお仕事をすることになったのです。高峰先生が描かれた背景は、藤子作品のなかでもとりわけ緻密で情感漂う景色が多く、たとえば、『愛ぬすびと』の室生寺、『ノスタル爺』の土蔵、『みどりの守り神』のジャングルと化した新宿などを手がけておられます。


 そんな高峰先生が鈴木先生と久しぶりに会いたいと希望されたことから、今回の再会が実現しました。

 お二人が長い年月を経て再会される瞬間、その場にいられるなんて、なんたる光栄でしょう!

 

 f:id:koikesan:20160618153858j:image

 杉並アニメーションミュージアムの会議室のような部屋に入れていただき、鈴木先生がその部屋へやってこられるのを今か今かと待ちます。

 そうして、ついに鈴木先生のお姿が!!

 

 f:id:koikesan:20160618170947j:image

 鈴木先生と高峰先生のご対面! お二人のあいだで、長い年月を埋めるように言葉が交わされました。


 f:id:koikesan:20160618171116j:image

 鈴木先生と高峰先生の談笑が続きます。そのまぶしすぎる光景に震えました。


 鈴木先生の口から、寺田ヒロオ先生、森安なおや先生、坂本三郎先生といったトキワ荘時代のお仲間の話や、ラーメン大好き小池さんのモデルになった経緯など、いろいろと貴重なエピソードをうかがいました。森安先生が漫画家を事実上廃業されて以降も、藤子スタジオを訪れて「今度こんなマンガを描いたんだよ」と藤子先生に作品を見せていた…というお話は実に興味深かったです。

 鈴木先生が、これこそ日本初のカラーアニメでないかと思われる作品名を挙げられ、その作品の上映会を手塚治虫先生も観に来られていた、というお話にもワクワクしました。


 鈴木先生と高峰先生の再会を演出したのはNさんです。高峰先生の「鈴木先生と再会したい」との希望を実現させるべく、杉並アニメーションミュージアムスタッフのFさんの協力を得、お二人の再会をとりもったのです。Nさん、Fさん、参加された皆さん、感動のひとときをありがとうございました。 

 そして、鈴木先生、高峰先生に深く感謝申し上げ、お二人のご健康を心よりお祈りいたします。


 東京に滞在した時間より移動時間のほうが長いんじゃないかというくらいのとんぼ返りの日程でしたが、その短い時間のなかに感動のエキスが濃縮されていた感じです。


 ※杉並アニメーションミュージアムでは企画展「SHOTARO Square 〜石ノ森章太郎について語ろう!〜」を開催中でした。

 f:id:koikesan:20160618154442j:image

 f:id:koikesan:20160618154003j:image

 

 f:id:koikesan:20160618161719j:image

 ・ライダーキックで退治されました(笑)

nobunobu 2016/06/24 12:46  自分ひとりだったら、あんなに盛り上がらなかったと思います。
 本当に楽しかったですー!!!
 高峰先生も喜んでいましたよ。
 ありがとうございました!

koikesankoikesan 2016/06/24 17:57 >nobuさん

声をかけてくださって本当にありがとうございました!
おかげさまで貴重な場に立ちあうことができました。

その後の飲み会なども合わせて、この日はたいへんお世話になりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20160622

2016-06-21 『ウエスト・サイド物語』 このエントリーを含むブックマーク

 スティーヴン・スピルバーグ監督が『ウエスト・サイド物語』をリメイク!とのニュースがありました。

 http://www.cinematoday.jp/page/N0083834

 このニュースに触れて藤子ファンとしてまず思い出したのは、テレビ朝日版アニメ『ドラえもん』の記念すべき第1話「ゆめの町ノビタランド」です♪

 この話に出てくる『ウエスト・サイド物語』のパロディシーンがとても印象深いのです。

「ゆめの町ノビタランド」が初放送されたのが、1979年4月2日(月)でした。テレ朝版『ドラえもん』は、毎週月曜から土曜まで、18時50分〜19時00分の10分番組としてスタートしたのです。が、当初10分番組として放送されたのは関東地方だけでして、私の住む愛知県では、4月8日(日)の30分番組がテレ朝版『ドラえもん』の初放送でした。私が初めて「ゆめの町ノビタランド」を観たのも、その4月8日放送の30分番組内でした。

 当時の私は小学5年生。すでに原作の「ゆめの町、ノビタランド」を読んでいておなじみの話だっただけに、ガリバートンネルをくぐり抜けミニチュアの町ノビタランドへ入っていったのび太と友人たちが、横一列で足並みをそろえ指を打ち鳴らしながら町を練り歩くシーンに新鮮な驚きを感じたのでした。それが『ウエスト・サイド物語』のパロディだと知ったのは、もっと後年のことです。  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20160621