藤子不二雄ファンはここにいる/koikesanの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-01-16 ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』放映開始 このエントリーを含むブックマーク

 ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』の第1話が1月14日(土)に放送されました。ゴールデンタイムに自宅の部屋で視聴するドラマとして気軽にゆるりと楽しめました。そこに小ネタやパロディ、アドリブ的なやりとりがスパイスのようにまぶしてあって、今後も視聴しようと意欲がわきました。

 そのうえで藤子ファンとしてどう感じたかといえば、藤子F先生の原作を材料に、福田雄一演出で自由に料理し色濃く味付けした作品だな、ということです。F節が後退して福田節が全体を覆っている…。これがアニメ作品ならもう少し藤子っぽく(見えるように)演出してよ…と感じていたかもしれませんが、実写となるとそういう欲求ははじめから持たないようにしているので、この調子で自由にやっていただき、いっそのことさらに弾けてほしいくらいです。


 観ていて強く感じたのは、ドラマでは周りの人たち(とくに家族)の左江内氏に対する当たりがキツイことです。原作でも左江内氏が軽んじられている印象はあるけれど、それよりずっとキツイのです。左江内氏に毒を吐いているときの嫁役・小泉今日子さんと娘役・島崎遥香さんがリアルに生き生きとして見えます(笑)

 でも、普段はキツイけれど根っこのところでは自分の夫・父である左江内氏のことを大切に思っているんだよ…という家族愛的なメッセージをほのめかし気味に描いていくのが、このドラマのひとつの眼目なのだろう、と思います。


 左江内氏の役に、原作とは歴然とイメージの違うイケメンの堤真一さんが起用されました。これはゴールデンタイムのドラマであるがゆえの大人の事情か…とも思ったのですが、というよりは従来からの福田さん流の手法なのですね。原作とは違うタイプの役者に演じてもらって、そのキャラクターに見事にハマる面白さを狙うという。

 福田さんはマンガを実写化する意味についてこう書いています。

「え?この役者があのキャラクターを演じるの?」という違和感や不安をはねのけ、「この役者が演じているからこそおもしろい!」と視聴者に感じてもらいたい。

ドラマで左江内氏を演じるのは堤真一さん。原作の左江内氏に比べると、ずいぶん見た目がかっこいいサラリーマンです。だからこそギャップが生まれておもしろくなるのです。原作ファンの皆さんにも、そこを楽しんでもらえたらうれしいですね。

 原作の左江内氏に慣れ親しんだ私からすると、ドラマ版に違和感をおぼえてしまうところはあるのですが、ドラマを観続けるうちにその違和感が「堤さんだから面白かった」「堤さんが左江内氏にしか見えない」というふうに変化していけば、私は見事にこのドラマの術中にハマったことになります(笑)


 そうやって福田節を炸裂させながらも根柢のところでは原作のスピリットを尊重してくれるのだろう、という信頼感のようなものは持っています。福田さんご自身も、自由に脚本を書いたけれど原作の大切な部分は守ろうとした、と書いておられます。表面的には福田カラーに染め上げられそうなドラマ版左江内氏ですが、それは原作クラッシュではなく、原作リスペクトのうえでの自由な作品アレンジなのだ、と今のところ好意的にとらえています。


 ドラマ放映スタート前の宣伝番組で福田さんが藤子F先生のことを「藤本先生」と呼んでいました(福田さんのその発言を文字化した字幕テロップでは「藤子・F・不二雄先生」と記されましたが)。たったそれだけのことですが、福田さんは私と同じ時代に少年期をすごし藤子体験を経た人なんだなあ、と勝手に共感を抱いてしまいました。なにしろ同じ年生まれですから(笑)そんなところも、私がドラマ版左江内氏に好意的な心情を持った理由です。

 ちなみに私は、体験的・感覚的には「藤本先生」というほうがしっくりとくるのですが、ネット上では、「藤子・F・不二雄先生」「藤子F先生」「F先生」といった語を使うことが多いです。現在の公式ペンネームを尊重しようという思いと、そう呼んだほうが多くの人に誰のことを呼んでいるのか伝わりやすい、という実感があるからです。

 コンビ解消直後からしばらくは、ペンネームに「F」という記号が入っていることをすんなりとは受け入れられなかったのですが、今となっては、「F先生」という言い方にすっかり慣れており、自然と「F先生」と言えるのです。


 最後に、今回のドラマ内で見られた藤子F関連小ネタを挙げておきます。

 ・左江内氏が勤める会社がⒻマークのフジコ建設

 ・左江内氏のご近所さんの名が木手さん

 ・ムロツヨシ演じる刑事がモジャモジャヘアの小池さん

 ・小池刑事の相方の警官が刈野さん

 ・はね子の通う学校名が源高校(しずちゃんの苗字だ!と思ったのですが、星野源さんを意識した面もあるかもしれません)

 ・左江内氏の背中に乗って飛ぶもや夫とはね子がのび太・ドラえもんの話をする。

コンスケコンスケ 2017/01/17 10:38 福田監督作品をわりと多く観てきたからか、わりとスムーズに受け入れられて自分も楽しく観ることが出来ました。

変身シーンも原作ではパッと着替えるのに対して、ウルトラマン風になっていたこともコロコロ世代の自分にとっては爆笑ポイントです。(「忘」という文字が周りに広がる、忘却光線が発動するシークエンスも分かりやすくて面白かったです)

演者さんたちのちょっとエキセントリックな芝居のつけ方がマンガチックでF先生作品でありながら、なぜか不思議とA作品のような雰囲気も自分は感じてしまいました。

koikesankoikesan 2017/01/17 20:09 >コンスケさん

福田作品に親しんできた人は、このドラマにも入りこみやすそうですね。福田さんがゴールデンタイムのドラマでどんなことをやってくれるか楽しみです。

変身シーンがウルトラマンのパロディになっているのは、私も笑いました。
画面に「忘」を出す演出も、SF的なアイデアになじみのないファミリー層などに親切だなあと思いましたし、画面がああいうふうになること自体楽しいですね♪

塁 2017/01/17 20:18 この佐江内氏に限らず、漫画がドラマになった場合、完全にキャラの印象は別人になってしまう場合が多いですね。

NHKで放送された「まんが道」も、主人公の満賀道雄を演じたのは、竹本孝之さんでしたし、これは「主人公はかっこよくなくては」が理由だそうですが・・・
(これは、A先生に対して、失礼と思いましたが・・・)

同じA先生作品の、笑ゥせぇるすまんがドラマ化された時、演じたのは、伊東四朗さんでしたし、まあ喪黒に似た役者はいませんので、当然なんですが・・・(伊東さんは演じるのが大変だったそうですが・・・)

佐江内氏の奥さんはキョンキョンが演じているのは、ご存知の通りですが、鬼嫁ではありますが、毒嫁ではありませんね。これは救いでしょう。

私も福田さんと同世代ですが、この世代で藤子作品を見て育たなかった方は、あまりいませんね。漫画やアニメに興味のない方でも、藤子作品だけは、見たことはあると思います。

佐江内氏の脚本家の福田さんは、演劇も好きでしたが、もともとはプロゴルファー志望でしたが挫折をし、今の世界に入られたそうです。

今は、趣味でもゴルフはやられていないそうです。ちなみに、煙草も酒もやらないそうで・・・

このドラマを見た1番の感想は、「独身でよかった」と思いました。(笑)

koikesankoikesan 2017/01/17 20:37 >塁さん

二次元の絵であるマンガを実写ドラマにする場合は、どうしても原作のイメージから遠ざかることが多くなり、それが原作ファンから批判を浴びる原因になったりもしますが、数々の藤子マンガ原作の実写作品を観てきた身として、そういう点に本気で目くじらを立てることはほぼなくなりました。
原作から離れるなら離れるで、そのドラマなり映画なりがよくできていて面白ければ、とりあえずはそれでいい、と思うようになっています。

そんななか、生身の人間が演じるには何かとハードルが高そうな喪黒福造を演じた伊東四朗さんは、原作に寄せようとよく頑張っておられたほうだと個人的には感じています(^^)

福田さんの趣味のお話など、ありがとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20170116

2017-01-15 マイナビ2018の広告にドラえもん このエントリーを含むブックマーク

 ドラえもんがイメージキャラクターとして起用された「マイナビ2018」の広告がJR名古屋駅で展開されていました。

 f:id:koikesan:20170114172303j:image

 f:id:koikesan:20170114172334j:image

 f:id:koikesan:20170114171748j:image

 ドラえもんの横にいるのは、女優の黒島結菜さんです。

 この二人が登場する広告は昨年10月より展開されているようですが、名古屋駅でもやってくれてよかった!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20170115

2017-01-14 左江内氏、ドラマスタート前に原作を軽く再読 このエントリーを含むブックマーク

 今晩(1/14・土)9時からドラマがスタートする前に、原作の『中年スーパーマン左江内氏』を読み返そうか迷っていましたが、少し読みだしたら面白くて止まらなくなりました。このマンガを中学生のころ初めて読んで、とっくに面白いと知っているのに、その面白さにあらためて魅了されました。

 f:id:koikesan:20161228182251j:image

 冴えない中年会社員が超人的な力を得るのですから、その立場・能力の差によるコントラストを楽しめるわけですが、かといって“普段はダメなのに対しスーパーマンのときは強くてかっこいい!”という鮮やかな二極性を描いているわけでもありません。冴えない中年の日常とスーパーマンとしての活動に実直な地続き感があって、そこが滋味深いのです。

 目立たない平凡な中年サラリーマンが超人力を得たことで生起する事象・事件のほどよい匙加減(たいていは、それほどの大事件ではない)、超人であること・正義を行使する者であることをめぐる思考と会社員・家庭人としての日常的感覚の兼ね合い、シリアスとコメディの配合具合など、いろいろなバランスが絶妙です。

 この完成度の高い原作を素材にして、ドラマでは福田演出が炸裂しそうですかね(^^)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20170114

2017-01-11 萩の月 このエントリーを含むブックマーク

 仙台銘菓「萩の月」!

 f:id:koikesan:20170106190227j:image

 名古屋の百貨店で東北物産展のような催事があると、これを求めたくなります。何度食べても盤石のおいしさです。

 萩の月というと、その語呂から『大長編ドラえもん のび太とアニマル惑星』に出てくるひみつ道具「ツキの月」を思い出します。これを飲むと3時間だけ信じられないほど運がツキまくります。ふだん運の悪い人ほど効き目が強い、ということでのび太が飲んで、さらわれていたロミちゃんを単独で救出することに成功するのです。

 「ツキの月」の原料は「ゴツゴーシュンギク」という薬草です。初読のときは「なぜここで春菊?」と一瞬思ったのですが、「ああ、ご都合主義のもじりか!」と気づいてニヤリとしました。今からご都合主義的展開が始まりますよ〜というエクスキューズを、こういう言葉遊びでやっちゃうところが愛すべきFセンスです(笑)

 「ツキの月」と「ゴツゴーシュンギク」によって“ここからご都合主義的な場面が続きます”と洒落っぽく告知されたおかげで、いったいどんなふうにご都合主義が起こるんだろうと妙な期待感が生じました(笑)


 『のび太とアニマル惑星』といえば、今年は舞台版の再演がありますね(初演は2008年)。愛知にも巡回してくれるのでなんとか観に行きたいなあ。

 http://news.mynavi.jp/news/2016/12/27/251/


舞台版「ドラえもん のび太とアニマル惑星(プラネット)」


日程:2017年3月26日(日)〜4月2日(日)  

会場:東京・サンシャイン劇場


日程:2017年4月7日(金)〜9日(日)

会場:福岡・キャナルシティ劇場


日程:2017年4月14日(金)〜4月16日(日)

会場:愛知・刈谷市総合文化センター 大ホール


日程:2017年4月21日(金)〜23日(日)

会場:宮城・多賀城市民会館 


日程:2017年4月29日(土)・30日(日)

会場:大阪・森ノ宮ピロティホール


原作:藤子・F・不二雄

脚本・演出:鴻上尚史

作詞・音楽プロデュース:森雪之丞

協力:藤子プロ

企画協力:ネルケプランニング

企画製作:サードステージ

野球とMSX野球とMSX 2017/01/14 08:22 1月14日(土)付スポーツ報知14面「ニュースセンター」に、「トキワ荘復元」として、東京・豊島区が計画している「マンガ・アニメミュージアム」の特集記事が掲載されていました。

koikesankoikesan 2017/01/14 19:08 >野球とMSXさん

情報をありがとうございます!
おかげさまで記事を見ることができました。
大きな記事ですね♪

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20170111

2017-01-10 ドラえもん LOVE ITS’DEMO このエントリーを含むブックマーク

 「ITS'DEMO/イッツデモ」というお店でいろいろなドラえもんグッズが発売中です。「ドラえもん LOVE ITS’DEMO」というシリーズです。そのなかの、ミニハンドクリームとダイカットふせんをいただきました!

 f:id:koikesan:20170107182540j:image

 f:id:koikesan:20170107182559j:image

 f:id:koikesan:20170107182415j:image

 このお店、女性向けの雑貨・コスメ・ファッション・文房具などを売っており、私は一度も入ったことがありません(^^)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20170110