藤子不二雄ファンはここにいる/koikesanの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-12-16 藤子不二雄A先生の結婚を報じた週刊誌 このエントリーを含むブックマーク

koikesan2005-12-16

「週刊平凡」(平凡出版)1966年6月23日号に「オバQも舌をまいた恋愛隠密作戦」という2ページのモノクロ記事が掲載されている。この当時ブームの真っ只中にあった『オバケのQ太郎』の作者である藤子不二雄の半分、安孫子(藤子A)先生の結婚を報じる記事である。安孫子先生が後年になってインタビューや文章などでご自分の結婚について振り返った記事はいくつかあるが、「週刊平凡」のこの記事は、犧週の話題瓩箸靴謄螢▲襯織ぅ爐念詑校卆萓犬侶觝Г鬚箸蠅△欧燭發里任△蝓△修琉嫐でホットな感覚を味わえる貴重な資料といえそうだ。

 安孫子先生と新婦の和代さんがウェディングケーキに入刀する写真が添えられているのも嬉しい。


 記事の本文はこのように始まる。

マンガの人気者『オバケのQ太郎』の作者の一人、安孫子素雄氏の結婚式は、5月24日東京ヒルトンホテルで彼らの尊敬する先輩、手塚治虫氏の媒酌で行なわれた。

新婦は、ことし27歳になる猪目和代さん。共立女子大学英文科卒という才媛であり、また、吉以登(きいと)の名まえをもつ若柳流の日本舞踊の名取りでもある。

「3年くらい前に、絵の仕事を手伝ってもらっていらいのつきあいです」と安孫子氏はいうが、彼のいるスタジオ・ゼロの仕事場では2人の交際をだれも気づかなかったというくらいの隠密作戦(?)であったらしい。

 安孫子先生が和代さんとの交際をスタジオ・ゼロの仲間たちに内緒にしつづけていた一件が、この記事の見出し「オバQも舌をまいた恋愛隠密作戦」につながっていくのである。


 安孫子先生と和代さんの馴れ初めについて、この記事では「3年くらい前に、絵の仕事を手伝ってもらっていらいのつきあい」としか触れられていないが、他の資料によると、安孫子先生は和代さんの顔を初めて見たとたん、それまで周囲に喧伝していた独身主義をあっさりと撤回し「彼女と結婚したい」と思ったそうだ。

 当時、仕事が忙しくなってきた安孫子先生はアシスタントの必要性を感じ、挿絵画家・小林秀美画伯のもとに頼みに行った。安孫子先生と小林画伯は草野球を通じて知り合った仲だが、その小林画伯のところには女子大生やOL、ホステスなど若い女性が集まるサロンのようなものがあり、そこから手の空いた人を1人紹介してもらおうと考えたのだ。そのとき小林画伯が紹介してくれた女性が和代さんで、安孫子先生は中野の喫茶店で初めて彼女と対面した瞬間、「結婚したい」と思ったという。

 そうして、安孫子先生の願いどおり、出会いから3年の交際を経て、めでたく結婚へと至ったわけである。


 念願かなって一目惚れの相手と結婚することになった安孫子先生だが、結婚式の前日まで海外に滞在するという実にあわただしい日程を組んでいる。5月7日から、不二家のキャンペーン企画「オバQといっしょにケニアへ行こう!」で藤本先生やオバQファンの子どもたちとアフリカ旅行に出かけ、さらに藤本先生や子どもたちが帰国したのちも単独でヨーロッパへ行ったため、安孫子先生が帰国したのは結婚式前日の午後5時というギリギリの頃合になったのだ。結婚式の案内状も海外旅行中に届くよう手配してあったという。

「週刊平凡」の記事で安孫子先生は、そういう日程を組んだ理由としてこんな弁を残している。

「友だちにひやかされるのがいやなので、帰国もギリギリに、式の前日にした」

 それにしても、友達に冷やかされるのを避けるため、和代さんとの交際を3年間も隠しつづけ、結婚式の前日まで海外旅行に出かけてしまう安孫子先生の照れ屋さんぶりは並大抵ではない。大人になって社交的な遊び人に変身した安孫子先生だが、こうした極端な行動からは、赤面症で「電熱器」とからかわれていた幼少期の名残が感じられる。


「週刊平凡」の記事はその後、「藤本氏は、安孫子氏よりひとあし先の昭和37年にお見合いで結婚して、いまでは匡美ちゃん(生後10ヶ月)というかわいい子供も生まれた」とか「『オバQ』は藤本氏がQちゃんをかき、安孫子氏が正ちゃんをかくという分担作業」などと相棒の藤本先生との関係に言及し、最後に、安孫子先生には恐妻家の素質があるという話題を展開している。

 そこでは、恐妻家の素質を感じさせる安孫子先生の発言として、こんなものが紹介されている。

「結婚を機会になにかひとついいことをしようと一念発起して女房に禁酒を誓いました」

 また、その話題のなかで藤本先生はこんなことを言っている。

「結婚してからは、帰りもボクより早く帰って抜けがけするんですから」

 新婚ホヤホヤの安孫子先生は、新妻に禁酒を誓い、藤本先生より早く帰宅するという絵に描いたような理想の夫であろうとしたみたいだが、それも長続きしなかったようで、夜の酒場で遊ぶ行為はその後さらに頻度と規模を増し、長年のあいだずっと続いていったのだった。

 別の資料で安孫子先生は、結婚するとき奥様に「結婚後はどんなに遅くなっても必ず毎日家へ帰る」と約束したのに、新婚旅行から帰った翌日から10日間仕事場で泊まってしまったので、いまだに頭が上がらない、と述べている。この当時の安孫子先生は、オバQブームの真っ只中だったうえ、『怪物くん』『忍者ハットリくん』『フータくん』などヒット作の連載をいくつも抱えていて、猛烈に忙しかったのである。


 安孫子先生の奥様・和代さんは、1985年の大晦日に脳内出血で倒れ、左半身麻痺と失語症になってしまった。安孫子先生は、その当時の様子を日記形式にして本にまとめている。

『たのむよ 和代氏、もう一度しゃべって』(中央公論社/1997年3月発行)

『妻たおれ 夫オロオロ日記』(中公文庫/2000年5月発行/『たのむよ和代氏、もう一度しゃべって』を改題して文庫化)


 和代さんは、根気のよいリハビリによって言葉を取り戻し、安孫子先生の弁当をつくれるくらいに回復している。今年6月、岐阜県の大垣女子短大で特別講義を行なった安孫子先生は、和代さんを大垣に連れていらしていた。そんな遠出ができるのだから、お元気な証拠である。

あわてんぼのうすぼんあわてんぼのうすぼん 2005/12/17 00:43 こんばんわ。こういった昔の雑誌の記事は私は読む機会がほとんどないので、koikesanさんのブログで、公開されるのを毎回楽しみにしています。今回もとても面白かったです。また、楽しい記事を聞かせて下さい(^▽^)/

大正ロマ子大正ロマ子 2005/12/17 04:13 こんばんわ。1966年とはすごい年代物ですね!
koikesanさんもご存知かも知れませんが、私も「鳩よ!」という雑誌で安孫子先生のご結婚のエピソードを読んだことがあります。
この号はドラえもん特集号だったのですが、別枠で安孫子先生のインタビュー記事があったのですよね。
一目見た時から、結婚するなら彼女しかいないと思った・・とあって、素敵だなぁと思ってしまいました(照)

マカマカ 2005/12/17 11:23 こんにちは。
いつもながらなかなか見ることのできない記事を
公開いただき、嬉しい限りです。

オロオロ日記、大好きな本の一つです。
胸にじんわりするような感動が湧き上がる本ですよね。

rmalrmal 2005/12/17 21:46 こんにちは。今回も、安孫子先生の結婚ネタ楽しく読ませていただきました。藤子先生はケニアに行ったんですね。面白い話を聞きました。

koikesankoikesan 2005/12/19 01:52 ●あわてんぼのうすぼんさん、こんにちは。
楽しんでいただけて幸いです。今後も、埋もれがちな昔の雑誌記事をいろいろ紹介していけたら、と思います。

●大正ロマ子さん、こんにちは。
「鳩よ!」1998年7月号の「プロポーズ」という記事ですね。安孫子先生と和代さんの出会いから結婚までが詳しく語られており、その折々の安孫子先生の想いも伝わってきて、とても心に染み入る記事です。安孫子先生が和代さんと結婚する以前に交際していた女性から「結婚しよう」とプロポーズされたことがある、という話は驚きでした。

●マカさん、こんにちは。
「妻たおれ 夫オロオロ日記」で書かれた時代は、ちょうど藤子アニメブームの只中でした。漫画家・藤子不二雄にとって人気面ではたいへん華やかな時代だったわけですが、その裏で、安孫子先生は奥様の病気と、藤本先生はご自分の病気と闘っていたのかと思うと、この時代の印象がまた違って感じられます。

●rmalさん、こんにちは。
藤子先生は、同じ年の8月に、不二家のキャンペーン第2弾として、デンマーク旅行にも出かけています。藤子先生と一緒にケニア、デンマークへ行った子どもたち(とその家族)は、懸賞で当選した人々です。

nagataninagatani 2005/12/19 13:58 大垣女子短期大学で講師を務めていますが、年1回の我孫子さん
の講演は、本当に楽しみです。奥さん同行でいらっしゃって、
本当に良かったなと思います。
15日刊行しました拙著『赤塚不二夫天才ニャロメ伝』
(マガジンハウス・1300円+税)はマンガですので
藤子両先生にも登場していただいております。
F先生に怒られてしまった場面も!

koikesankoikesan 2005/12/20 18:49 ●長谷先生の『赤塚不二夫 天才ニャロメ伝』は、発売日の翌日に購入し拝読しました。
赤塚先生の生い立ちから、トキワ荘、スタジオ・ゼロ時代、漫画家としての全盛期、近年の状況までをマンガで読み進めることができ、活字の評伝とは一味も二味も違う読み味がありました。
藤子ファン的には、スタジオ・ゼロのクリスマスパーティーでの藤子両先生の仮装や、フジオ・プロの面々による銀玉鉄砲遊びにキレる藤本先生のシーンが嬉しいです。藤本先生ご逝去のシーンも印象的でした。

nagataninagatani 2005/12/20 22:47 >koikesan
ご購読ありがとう御座います。あのF先生お怒りのときは
本当にびっくり。考えてみれば、ぼくらが余りにも騒がしい
連中だったのです。一生忘れません。
反省せず、家に帰っても撃ち続けた赤塚も、困ったもんですが。
そんな勢いが厳しいスケジュールの苦しさを、吹き飛ばして
いたのかとも思います。
先輩方の死のイメージを描くのはなかなかむずかしいものですが、
ファンの方からそう言っていただけて、光栄です。
ありがとう御座いました。

koikesankoikesan 2005/12/21 21:40 >長谷先生
スタジオ・ゼロの前の広場で藤本先生が竹とんぼをつかんで空高く飛んでいく場面と、藤本先生ご逝去にさいして紙と鉛筆が合体しタケコプターになって舞い上がっていく場面のイメージが、ページを隔てながら連結しているような印象を受けました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20051216