藤子不二雄ファンはここにいる/koikesanの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-03-06 ついに藤子・F・不二雄全集が刊行!!! このエントリーを含むブックマーク

 藤子不二雄ファンサークル「ネオ・ユートピア」のメール情報などで、本日発売の『映画ドラえ本』で「サプライズな大ニュースが発表される!」と聞いていたので、「いったい何が発表されるのか」と非常に気になっていました。


 その大ニュースとは、これでした!!


藤子・F・不二雄大全集」(小学館)が2009年7月より刊行!!!

 http://www.shogakukan.co.jp/fzenshu/

f:id:koikesan:20090307182435j:image

『映画ドラえ本』(小学館、2009年3月7日発売、122ページより)

 

 すごいことになりました!

 興奮して、手先が震えて、うまく文字を入力できないくらいです。


「藤子・F・不二雄先生の生み出された漫画作品完全網羅を目指す」「あますところなく網羅した究極の大全集」とのことなので、今まで埋もれていた初期作品や単行本未収録作品がついに陽の目を見ることになりそうです。

 A5判、並製、1冊300〜600ページ、価格とページ数は作品によってまちまち。


 第1期は2009年7月下旬から2010年6月にかけて刊行。その第1期収録作品を見ると、『ドラえもん』や『パーマン』『キテレツ大百科』『エスパー魔美』といった馴染み深いタイトルをはじめ、なんと、『オバケのQ太郎』や『海の王子』まであるのです。

 長く封印状態にされてきた『オバケのQ太郎』をはじめ、『海の王子』のような藤子不二雄A先生との合作も刊行されるということですよ!


 かつて中央公論社から「藤子不二雄ランド」という全301巻の藤子不二雄全集が刊行されましたが、藤子F作品に限って言えば、その「藤子不二雄ランド」よりもずっと究極的な内容の全集になりそうな予感がします。

  

 2011年開館予定の藤子・F・不二雄ミュージアムが追い風になったのかなあ。


 どれほど完全性にこわだわった収録方法をとってくれるのか、資料性や装丁などいかに高めてくれるのか、いろいろ期待するところはあるけれど、とにかくもう、藤子・F・不二雄先生の本格的全集の刊行が決まったというのは、掛け値なしの大ニュースです。

 すばらしい!!

並平満夫並平満夫 2009/03/07 11:33 はじめまして!!この春大学生になる満夫です。
いきなりのコメントで失礼かとおもいましたがもうそんなのそっちのけでコメントさせてもらいます!
やりましたね〜全集。長い受験を乗り切ったかいがあるというもんです。
出来ればセリフもそのままで出して貰いたいですがやはり難しいですかね。
パーマンの「狂わせ屋」などがどういう扱いになるのかも見ものですね。

キヨキヨ 2009/03/07 14:04 狂喜乱舞の思いです。
でも近年書店に出回ってる「ドラえもん」などは言葉狩りが実に酷い。
果たしてこの大全集、当時の、オリジナルのまま収録してくれるのか、気になる。
これが最大にして最後のチャンスだと思います、ぜひ原本を大事にしてそのまま収録してほしい!

koikesankoikesan 2009/03/07 17:48 >並平満夫さん

はじめまして!
コメントはいつでも好きなときにくださって結構ですよ^^

受験を乗り切り、入学する大学も決まったところでこの吉報に遭遇できて、まさに春爛漫なご気分でしょうね!
私も、今日はずっとそわそわした気分でいます。単純に嬉しいです。

現在から見て「不適切」とされるセリフや絵がどう対処されるのか、非常に気になるところですよね。F先生がすでに故人で、ご自分で修正作業ができない以上、第三者の手で原稿をいじるのは回避してほしいです。
しかし、これまでの状況を見てくると、セリフなどは改変される可能性も十分にありそうですね。
「ジャングル黒ベえ」を出してくれるかどうかも一つの試金石になりそうです。


>キヨさん

狂喜乱舞というお気持ち、よくわかります!
私も、このニュースに酔って、めくるめく思いでいます^^

おっしゃるように、セリフや絵などの第三者による改変はとても心配です。F先生がすでにいらっしゃらないなか、F先生の作品を別の人がいじるのは避けてほしいところです。
私も、オリジナル重視、そして「ドラえもん」でも「オバQ」でも全話完全収録を目指した全集を出してほしいです。もちろん、厳密な意味で「全話収録」は不可能だと思いますが、可能な限り完全版を標榜してほしいです。
私が生きているうちに藤子F全集が出るなんて、これが最後かもしれないので、宣伝文句にあるように、本当に「究極」の仕事をやっていただきたいです。

修魑修魑 2009/03/07 20:23 春空を飛び回るような気分です!!
新開拓史の映画を観た余韻にひたってじっくりストーリーなど振り返ろうかと思っていましたが、その後本屋で買ったドラえ本の告知ページを読んで、興奮のあまり映画の余韻はどっかに行ってしまいましたw(スミマセン)
いや、それほど衝撃のニュースでしたので…この興奮を誰かと共有したく、きっとkoikesanなら分かっていただけるのではと思いコメントした次第です。
さらにサイトで気になるのは左下にある「Fプロジェクト」の内容ですね。
もしかしたらF作品でなにか新アニメが始まるのでは!?と気が早い期待をしています。

koikesankoikesan 2009/03/07 23:47 >修魑さん

空を飛べそうなウキウキ気分になる朗報でしたね!

修魑さん、「新宇宙開拓史」をご覧になったんですね。私は1週間後に観る予定です。
今日は、本来なら映画ドラ公開初日ということが最大のトピックになるはずだったんですが、それを大幅に上回ってしまうような大ニュースが舞い込んで、私の頭もF全集のことで染まってしまいました^^
ただ、テレ朝チャンネルで24時間「ドラえもん」集中放送をつけっぱなしにしていたので、ドラえもん祭り的な気分も同時に味わってはいたのです。

全国の藤子ファンが待ち焦がれていた藤子F全集刊行のニュース!その喜びは誰かと分かち合いたくなりますよね。興奮を共有する相手に選んでもらえて光栄です。

「海の王子」や「オバケのQ太郎」といったA先生との合作もラインナップに含まれているのが、個人的には大きな驚きであり喜びでした。

Fプロジェクトっていい響きですよね〜! ミュージアムや全集と連動して、アニメやWebやグッズの展開もあるようで、このあたりの今後の情報からも目が離せません。

gryphongryphon 2009/03/07 23:47 はてなキーワードとウィキペディアに情報を追加してきました。
ぬか喜びにならないようあとは待ちます。
くるわせ屋云々は、なんだかんだで漫画側も「この作品には現在の観点から見てふさわしくない記述がありますが、当時の雰囲気のためにあえて収録・・・」とかいくつかの手法をその後編み出したので、これを活用してもらうことになるのでしょうか。

koikesankoikesan 2009/03/08 00:01 >gryphonさん

はてなキーワードとウィキペディアの追加作業、お疲れ様でした。

第1期のラインナップに「海の王子」や「オバケのQ太郎」といったA先生との合作があることで、この全集の本気モードを感じとることができました。「藤子・F・不二雄先生の生み出された漫画作品完全網羅を目指す」という頼もしい謳い文句のとおりの全集になるのなら、かなり満足度の高いものになりそうな気がします。逆に、これだけの宣言をしておいて内容的に中途半端なものだったら失望の深さは計り知れません^^

藤子マンガおよび小学館は、差別表現系の自主規制が厳しいというイメージがあるので、手塚マンガなどで見られる例の手法でやってくれるかどうか気になるところです。

gryphongryphon 2009/03/08 00:08 2時間後には(関東地方では?)これも放送されます
=============================
当然テレビ朝日で
朝までドラえもん!!放送30周年!!今夜は大人のための傑作選
63790137
録画予約 3/8(日) 02:25 〜 05:05

koikesankoikesan 2009/03/08 00:15 >gryphonさん

情報ありがとうございます。
こちらではその時間、映画とプロレスなので、ドラえもん特番は放送されないみたいです。残念。

gryphongryphon 2009/03/08 02:33 WBCの影響で放送時間がずれています

キトキト 2009/03/08 19:04 はじめまして!藤子作品を愛読している高校生のキトです。
「藤子・F・不二雄大全集」、とても楽しみですね!
ただ、僕はファンになって間もないので、他の藤子ファンの皆さんがずぅーっと待ち望んでいた全集を、こんなに早く読めるなんて、なんとなく申し訳ないというか、そんな気分になっています。あとAランドも収集途中なので、これからサイフが大変なことになりそうです(汗)。

koikesankoikesan 2009/03/08 19:25 >キトさん

はじめまして!
藤子F先生の本格的全集の刊行は、ほんとうに待ちに待ったものでして、長く待ち焦がれすぎて「実現したとしても何十年先のことか…」などと絶望的な気分になったりもしてきたので、今回のニュースはまことに感慨深いのです。
キトさんは、藤子ファンになって間もない時期に、こんなに本格的なF全集の刊行に巡りあえて幸運でしたね。この幸運をかみしめながら、一冊一冊を堪能していってくださいね^^

財布と置く場所の問題で頭を悩ますことになりそうですね。うれしい悲鳴ですが^^

rinaemonrinaemon 2009/03/09 14:11 はじめまして!よく拝見させていただいています。

私もF先生が大好きで、私の本名に「藤」が入っていることを誇りに思っているくらいのF馬鹿です。

大全集出ますね!私も装丁がいかなる仕上がりになるのかが気になります。
「海の王子」のキーワードを見て、これは初期の作品も入るのか!?と期待せずにはいられません。
ユートピア〜最後の世界大戦〜が出るなら鼻でスパゲッティ食べます!

来年から社会人。明日から研修合宿が始まりますが、今からドラえ本を買ってきますです!

オドオドくんオドオドくん 2009/03/09 17:48 こんにちは。この騒ぎを聞いて朝から興奮が冷めないオドオドくんです。
私も、藤子ランドの時には生まれておらず、ここ何年も藤子作品に恵まれなかっただけに、うれしくて仕方ありません。
ただ、せっかちではありますが「第一期」。
FFランドのように1期で終了、なんてことが無い事を祈ります。
「大全集」の名にふさわしいような内容の物ができることを、心から願います。

Q 2009/03/10 19:29 『オバケのQ太郎』が楽しみで仕方ありません。
初期の『オバケのQ太郎』のDVD化を、今回出来た藤子Fプロジェクトでお願いしたいです。

ワントナック辺境伯ワントナック辺境伯 2009/03/11 00:00 管理人様にはもう久しく御無沙汰しており、このブログにも初めて書き込ませていただきます。(ブログは開設時より拝見してました)
それにしても全集出版、慶賀ですね。

この手の話ではファンの関心事としてオバQの存在があったとおもいます。
ところが管理人さんが仰るように、オバQはもとより『海の王子』などの合作分もこの全集で出るようですね。

これは年寄の繰言なので大目に見て欲しいのですが、心のどこかで「藤子不二雄全集」が出て欲しいとおもい続けていました。
無論、両先生の作品をごちゃまぜにした全集というのではなく、両先生合作分についての全集、ということですが。

koikesankoikesan 2009/03/11 18:10 >rinaemonさん

はじめまして!
F先生が好きすぎて本名に「藤」の字が入っていることを誇らしく感じられるその感性、F先生が大好きな私にはかなり理解できますよ。残念ながら私の本名は、両藤子先生のお名前に使われた文字と一つも一致していないのでうらやましいです^^

「海の王子」が入っているのは本当に大きなポイントですね。
この作品が出るということは、A先生との合作が他にもいろいろと刊行される可能性が高いということですし、昭和30年代の初期作品が他にも出るのではという期待値が上がることにもなりますからね。
ですから「海の王子」が出るということは、たいへん意味深いことだと思うのです。
「最後の世界大戦」は最初期の代表作と言えるので、この大全集が順当に刊行されていけば出るんじゃないかと期待しています。


>オドオドくんさん

この大ニュースにはなかなか興奮がおさまりませんね。
少し冷静になってみれば、浮かれた気持ちの奥に、気になることや不安な要素も生じてきます。
「第1期」で終わってしまうとか、中途で頓挫するなんてことがあったら、本当に切ないですからねえ。
そのためには「第1期が営業上成功すること」「第1期が内容的によい評判を獲得すること」が非常に重要になってくるのでしょう。
全集というのは、何年にもわたって多数の本を持続的に刊行していく事業なので、途中で途切れるのは怖いですね。


>Qさん

「オバケのQ太郎」の刊行は、もうそれだけでビッグニュースですね!!
長らく封印されてきた「オバケのQ太郎」がいよいよ解禁されると思うとワクワクしてきます。まあ、厳密にいえば出版が禁止されていたわけじゃないのですが^^
Fプロジェクトでは映像関連の展開もあるようなので、藤子Fアニメがいろいろなかたちで登場するといいなと思います。
今後の情報が楽しみですね。


>ワントナック辺境伯さん

どうも、ご無沙汰しております。
F全集刊行の一報は、まさに我々を祝賀ムードで包んでくれるものでした。
全集云々を除いても、「オバケのQ太郎」や「海の王子」のような合作がこの時代に出版されるというだけで夢のような感覚です。「オバケのQ太郎」は、封印され続けることで憶測が憶測を呼びスキャンダラスなイメージをまといがちで、それがファンとして非常に悲しかったので、そのイメージがこれで払拭されると思うと快哉を叫びたくなります^^

「藤子不二雄全集」は、二人で一人の藤子不二雄時代に深い愛着のある我々には、さらに大きな夢ですね! 今回の「海の王子」などの合作の刊行は、将来的な(数十年単位の長期的スパンになると思いますが)藤子不二雄全集実現にリアリティを与えてくれる要素のように感じます。たとえば、今回のF全集の内容はそのままに、そこにA作品分も加えて、装丁を「藤子不二雄全集」で統一して(もちろん、それがF作品かA作品か合作かを明記して)出版するという手もありそうですし、そんなことが将来的に実現すると最高ですね。

高畑高畑 2009/03/15 14:37 お久しぶりです。一足遅れてこのニュースを知りました。いやはや、大変なことになりましたね〜。今から実に楽しみです!

第一期は今年の夏から一年間の刊行、その後も続くようですから現在私は高三ですので、うまくいけば大学在学中は毎月本屋に通って下宿のほうに本が並ぶことになりそうです。

ただ一点心配なのは手塚治虫先生の全集のように非常に中途半端な形の全集になりはしないかということ。そうならないことを祈ってはいますが…

なにはともあれオバQ・海の王子を刊行するというのはデカイですね!それだけでも十分楽しみです。
あと第一期以降の話になりますが、黒べえに関しては実に気になります。人種差別などと一部で過剰に反応されている方もいらっしゃるようですが、無事刊行されるのでしょうか。

ですが我々ファンにできることは祈るのみ!「網羅を目指す」という言葉を信じてよい春を迎えられますよう、受験勉強に精を出したいと思います。

koikesankoikesan 2009/03/16 18:01 >高畑さん

お久しぶりです。
ほんとうに「大変だ、大変だ〜!」と大騒ぎして町中を駆け回りたくなる気分のニュースですね! もちろん、その「大変」はよい意味での「大変」ですが。

全集の刊行が、第1期、2期、3期と順調に継続していけば、高畑さんの大学生活は藤子F大全集を集めて読んだ思い出で埋まりそうですね^^ それは藤子ファンとして、とても幸せな大学生活だと思います。

私がこの全集が本気モードであることを感じたのは、A先生との合作の「海の王子」がラインナップに入っていたからです。「海の王子」が出るということは、他のA先生との合作も出せるということだし、「新オバQ」だけでなく旧の「オバQ」も出せるということだし、昭和30年代の初期作品が「海の王子」以外にも出るのではと期待が持てるということでもあって、この全集が相当本格的なものになるとの予感に大きく包まれるのです。

「ジャングル黒ベえ」は、現段階の情報では何とも言えませんよね。ただ、この作品はアニメ化されたという意味で全F作品のなかではメジャーな部類に入りますし、本格的な全集には欠かせない重要度の高い作品だと思うので、「網羅」を謳う全集であればぜひとも入れてほしいです。