kojihashiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-07-31

[]最終出勤日 00:06 最終出勤日を含むブックマーク

今日は、現在の勤務先への最後の出勤日でした。

勤務先では、様々な分野の優れた研究者とお会いすることができ、素晴らしい研究環境と素晴らしい仲間に恵まれ、幸せな研究生活を送ることができました。職場の皆様には公私ともにご指導いただき、大変お世話になりました。心から御礼申し上げます。

f:id:kojihashi:20080717195814j:image

この写真は2週間程前に、私が所属する課のみなさんが開いてくれた私の壮行会においていただいた花束です。みなさんには心温まる激励の言葉をいただき感激しました。本当にありがとうございます!

今後は地理的に遠くなってしまいますが、このブログを通じて引き続きお付き合いいただきたく、どうぞよろしくお願いします!

ゆーじゆーじ 2008/08/08 00:12 どーも、こんばんは。もうお仕事おえたんですねぇ。
はじめて会ったのは・・・トミヨの勉強会でしたっけ。しみじみ(笑)
たまにのぞかせてもらいまーす。

kojihashikojihashi 2008/08/08 12:11 ゆーじさん、コメントありがとうございます。
勉強会の数年後、研修で再会できたときはうれしかったです。
たまにと言わず、RSSリーダーに登録してもらって常時監視してください!
留学記ブログの方もよろしくです。

よしむよしむ 2008/08/10 15:50 もうすぐ出発でしょうか。
立ち上げ時期は大変だと思いますが、頑張ってください。
応援しています!

kojihashikojihashi 2008/08/10 18:11 (ヨシム)さん、コメントありがとうございます。
ただ今荷物をパッキング中です!
応援ありがとうございます!海外生活についてご指導いただけると幸いです。今後ともよろしくお願いします!

2008-07-29

[]珠玉のプログラミング 09:34 珠玉のプログラミングを含むブックマーク

この本は本当に面白いです!取り上げられる問題は興味深いものが多いし、その解決方法となるアルゴリズムとデータ構造もいろいろと紹介されていきます。また、章末に練習問題がたくさん掲載され、どの問題も面白くうならせるものばかりです。残念ながらそれらの練習問題を解く時間がなかったので、時間があるときに実際にコーディングして確かめながらじっくりと解きたいものです。

この本の良いところは、単にアルゴリズムとデータ構造を紹介していくだけでなく、実装もきちっと考察されている点です。2つのアルゴリズムA,Bについて理論上(漸近的計算量)はAの方が優れていると結論付けることができても、キャッシュメモリ等の存在により必ずしもAの方が優れているとは限らないことについて、実測値を示しながら論じられています。

たとえば、単なる数列を実現する場合、配列を用いる方法とリンクトリストを用いる方法があります。要素の挿入や削除を考えると一般にリンクトリストの方がその処理量やメモリ使用量の観点から、リンクトリストを用いる方法の方が優れていると考えられます。しかし、要素の挿入や削除の頻度が低いアプリケーションだった場合、配列の要素はメモリ上に連続して配置されるため、キャッシュメモリの効果によって要素の参照の性能が非常に高くなります。その結果、そのアプリケーションには配列を用いる方法の方が優れていると結論づけることができる場合もあります。

この本は非常に良い頭の体操になり楽しめますし、プログラミングに必須の基礎知識を得ることができ、お勧めです。

2008-07-19

[]留学記ブログを開設 22:00 留学記ブログを開設を含むブックマーク

出願手続きから始まり出国準備、講義の様子、Research Assistantとしての研究状況、米国バージニア州における日常生活等、George Mason Universityにおける大学院生活について書く、留学記ブログを新たに開設しました。

http://kojihashi-mason.blogspot.com/

Eclipse等の技術的な内容については引き続きこちらのブログで書いていくつもりです。今後ともよろしくお願いします。

ぐっちーぐっちー 2008/07/21 02:41 あれ?留学するの?すげえな。頑張ってねヽ(´―`)ノ

kojihashikojihashi 2008/07/21 21:22 そうなんです。お互いに頑張りましょう!

junmykjunmyk 2008/07/25 11:41 ども、体に気をつけて頑張ってください。

以下は、わしらが、この話を聞いたシーン

        /つ_∧
  /つ_,∧ 〈( ゜д゜)
  |( ゜д゜) ヽ ⊂ニ) まじっすか!
  ヽ__と/ ̄ ̄ ̄/ |
   ̄\/___/

kojihashikojihashi 2008/07/26 00:07 junmykさん、突然のことで驚かせてしまってごめんなさい!
地理的には遠く離れてしまいますが、オンラインにて今後ともよろしくお願いします。m(_~_)m

2008-07-16

[]George Mason Universityに行きます 23:43 George Mason Universityに行きますを含むブックマーク

今年の7月末日に現在勤めている会社を退職し、8月から米国バージニア州にある州立大学George Mason Universityのマスターコースに自費留学することになりました。前回のエントリにも書いたように、今年は僕の人生にとって大きな節目の年になりそうです。

Masters of Software Engineering, Dept. of Computer Science, George Mason University:

http://www.cs.gmu.edu/programs/masters/swe/

上記Dept. of Computer Scienceの教授でありChair(学部長)でもあるHassan Gomaa先生のResearch Assistantとして働かせていただきながら、上記コースを履修することになっています。順調に行けば2年弱で卒業できるはずです。

http://www.ise.gmu.edu/~hgomaa/

Hassan Gomaa先生は、構造化分析設計法やオブジェクト指向分析設計法といったソフトウェア工学分野で世界的に有名な先生で、近年はソフトウェアプロダクトライン工学分野においても有名です。

Hassan Gomaa先生の著書:

実はGomaa先生とは以前からお知り合いで、今回留学を希望している旨をお伝えしたところ、Research Assistant(奨学金)をオファーくださいました。もちろん私のパフォーマンス次第では来年度も引き続きオファーいただけるかどうかわかりません。誠意を持って最大限努力してGomaa先生の研究活動に貢献していきたいと思っています。その中でEMFやGMF、OCL、openArchitectureWareといったEclipseベースのDSL Toolkit関係のスキルを活かせるといいなと思います。

kompirokompiro 2008/07/22 10:00 遅くなりましたが、おめでとうございます。
僕個人はUMLやOCLは好みではないんです。道具として使ったときに、ソースコードをそのまま使う利点の方が僕にはあっているからなんです。が、これらの図技術は興味深いとは思っています。なのでぜひ論文等を紹介していただけたらと思います。頑張ってください。

kojihashikojihashi 2008/07/22 21:46 どうもありがとうございます。
あ、わかります。結局ソースコード(テキスト)を書いた方がよっぽど効率的ですよね。UMLは単なる表記法で、技術者間のコミュニケーションの際に(必要であれば)使えば良いと思います。

一方で、EMFを中心としたモデリング技術は単なる表記ではなく、”モデル”であってDSL(Domain Specific Language)を開発するための道具として利用できます。そのDSLによって抽象度の高い(ただし特定のドメインに特化しますが)プログラミングが可能になり、その結果ソフトウェア開発効率を上げることができます。以下のブログエントリが僕を代弁してくれています。

”Models are code!”
http://effi-blog.blogspot.com/2008/07/mdsd-and-dsls.html

Gomaa先生の下でどんな研究をするか具体的にはまだ決めていませんが、ソフトウェアプロダクトライン関係やモデリング関係になると思います。新設したブログの方で状況報告をしていきますね。もちろん、Eclipse関係の開発も続けていきますので、地理的に離れますが今後ともよろしくです!

2008-07-01

[]35歳になりました 22:38 35歳になりましたを含むブックマーク

f:id:kojihashi:20080701201618j:image

今日でとうとう35歳になりました*1。このブログを開設してちょうど1年。34歳だったこの1年はとても良い年だったと思います。このブログの開設に始まって、Reflective Ecore Model Diagram Editorも公開することができ、Eclipseプラグイン開発勉強会にも参加し出会いもありました。

そして35歳の年が始まりました。35歳プログラマ定年説などがあるように、世間では「35歳」というのは節目の年のような扱いをされていると思います。

偶然かもしれませんが、私にとっても今年は人生の節目の年になりそうです。迷うことなく突き進みたいと思います!

*1:写真は、妻が誕生日ケーキに作ってくれたフルーツタルト。どうもありがとう!

kompirokompiro 2008/07/01 23:15 おめでとうございます!

うまそうなタルトですね。うらやまし。

kojihashikojihashi 2008/07/01 23:28 kompiroさん、お久しぶり!

ありがとうございます。プログラマ定年説に負けずに、これからもプログラミングを楽しみたいと思います。これからもよろしくお願いします。

mimamima 2008/07/03 19:09 はじめまして。ではないのですが(笑)。十数年ぶりですか。覚えていらっしゃらないかも知れませんが、あまりにも懐かしくてコメントさせていただきました。35歳おめでとうございます。お元気そうで何よりです。今後もより一層ご活躍されることをお祈りしております。

ぐっちーぐっちー 2008/07/03 23:12 おめでとう。
君なら35歳プログラマ定年説なぞ覆してくれることだろう。

junmykjunmyk 2008/07/26 16:07 これすごいですね。
なかなかこーはできんのですよ。
奥さんプロ級ですね。

kojihashikojihashi 2008/07/26 22:52 妻からの伝言です。
「それはどーも!」
失礼いたしました。。。

Connection: close