ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

kojitakenの日記

2007-04-14 虚偽に基づいて読売新聞を誹謗中傷する悪質ブログ 「博士の独り言」

虚偽に基づいて読売新聞を誹謗中傷する悪質ブログ 「博士の独り言」

いやはや、呆れた。

「博士の独り言」というネットウヨブログの記事である。

404 Error - FC2ブログ

記事の初めの方を見てほしい。

731部隊衛生兵が証言「泣く子どもの前で慰安婦を解剖」

 第2次大戦当時、生体実験で悪名をとどろかせた旧日本軍の「731部隊」が、「従軍慰安婦」の女性を、泣いている子どもの前で解剖することもあったという衝撃的な証言が出てきた。 読売新聞は、「731部隊」の衛生兵だった大川福松氏(88)が、今月8日に大阪で開かれた国際シンポジウム「戦争と医療倫理」に出席し、「子どもを持つ慰安婦を解剖したこともある。子どもが泣いている前で母親が死に、子どもは凍傷を負わせる実験に使われた」と証言した、と9日付で報じた。 小川氏は「間違っていたことを社会にきちんと知らしめようという思いから、証言することを決めた」と話した。 早稲田大で細菌学を専攻した小川氏は、1941年に旧日本軍に召集された後、44年8月に満州(現・中国東北部)にあった関東軍防疫給水部本部(731部隊)で衛生兵として勤務した。ペストコレラ梅毒などの病原体を人体に注射して感染の実態を調べたり、人為的に凍傷状態を作り出したりする任務を行っていた。 小川氏は「最初のころは本当に大変なところに来てしまったと思ったが、次第に感覚がマヒし、毎日2、3人を解剖しなければ任務が終わらないという考えにとらわれた。多い時は1日に5人を解剖した」と証言した。朝鮮日報 4月11日 ソースとなった読売新聞記事 4月11日付

----------

「大川福松」氏なのか、「小川」氏なのか?!

 有志ブログであつかわれている事項と思う。真実言及に敬意を捧げ、また、読者よりいただく協力に感謝し、小ブログからも小稿を呈する。

 表題は不審な記事に映る。先ず、「「従軍慰安婦」の女性を、泣いている子どもの前で解剖」と証言したとされる「大川福松氏」が、記事の途中から「小川氏」に変わっている。ここぞとばかりに同記事(読売新聞)を引用した朝鮮日報の記事でも同様である。十分な確認もせずに、「使えそうなネタ」を転写した。その愚かしい焦りが観られる。

これを読むと、あたかも読売新聞の記事が、途中から証言者の名前が変わっているかのように読める。

しかし、これは朝鮮日報が誤記したものに過ぎない。読売新聞の記事には「大川福松さん」「大川さん」という記述しかなく、「小川氏」などと書かれた箇所はないのだ。

Yomiuri OnlineのURLを下記に示す。

no title

以下再掲する。今回の引用では、読売新聞本紙にあってオンライン記事にはない部分は、復活させていない。

「病原体の生体実験 毎日2〜3人解剖」

731部隊元隊員証言

 戦時中に中国大陸で、捕虜などに人体実験を重ねた旧日本陸軍731部隊衛生兵だった三重県尾鷲市の大川福松さん(88)が8日、大阪市で開かれた国際シンポジウム「戦争と医の倫理」に出席、「毎日2〜3体、生きた人を解剖した」と証言した。当時の体験を人前で明かしたのは初めてで、「不正なことは、社会に、はっきり示さなあかんと思うようになったから」と語った。

 大川さん早稲田大で細菌学を学び、1941年に召集。44年8月から旧満州(現中国東北部)にあった関東軍防疫給水部本部(通称731部隊)の「ロ号棟」で、衛生伍長をしていたという。所属した班は、ペストコレラ梅毒などの病原体を人体に注射して感染の状態を調べたり、人為的に凍傷を作ったりしていた。最初は「大変な所に来た」と思ったが、次第に感覚がまひし、「そのうち、毎日2〜3体解剖しないと仕事が終わらん気になっていった。多い時は1日5体を解剖した」と証言した。

 子持ちの慰安婦を解剖したこともあった。「子どもが泣いている前で、母親が死んでいった。子どもは凍傷の実験台になった」と語った。

(2007年4月9日 読売新聞, "Yomiuri Online" より)

私は、早い段階でこの記事をネットで紹介した人間だから、決して読売新聞が途中で訂正したものなどではないことは断言できる。疑うなら、読売新聞中部支社か読売新聞大阪本社に問い合わせるなり、読売新聞の現物(4月9日付紙面)を中部・近畿・中国・四国地方などの図書館で調べてみればすぐにわかる話だ。

この「博士の独り言」というブログは、悪質なデマブログであるとして、ここに非難、告発したいと思う。

みにちゃんみにちゃん 2007/04/14 09:52 あまりのでたらめさに絶句です。こんな暴力団真っ青なデマをとばしているブログがランキングでも一位になっているんだから、日本人って本当にだまされやすい人が多いですね。特に学歴の低いネトウヨは右翼系の「博士」とか「教授」とか高学歴の人の言うことに騙され易い傾向があるようです。こんな奴が博士だなんて笑っちゃいますね。

hagakurekakugohagakurekakugo 2007/04/14 18:07 ネット右翼はよくこういう悪質なデマを飛ばしますね。私もたまに指摘してますが、追いつかない事もしばしばです。

森兵男森兵男 2007/04/15 11:55 ネット右翼の程度の低さは、無知であるだけでなく、論理的な思考力がないこと。ステレオタイプ的に同じことを言っている。戦後生まれの若い人が多いようだが、慰安婦強制は認めないし、日本人慰安婦は皆商売のため慰安婦になったと思っている奴も少なくない。あなたの記事に同感です。
(「千葉県の戦争遺跡」、「海鷲よ甦れ」http://blogs.yahoo.co.jp/mori_takeo1sou/ の森兵男)

愛子様の弟愛子様の弟 2007/04/15 23:53 読売の元記事がでたらめでないという保障はどこに?あのナベツネが君臨してる会社を絶対的に信用するのかい?左翼は朝鮮人と思考回路が一緒だね。ただ「右翼の発言」が「妄言だ!怪しからん」というばかりで反論になってないケースだらけ。ここもそう。
だいたいこの731部隊の話はタダの殺人犯と違って政治がらみであるから、日本人全体、ここに来てるみんなの名誉を損なう話なんだ。これがもし嘘八百だったらどうする?嘘話で自分達の立場が悪くなって嬉しいか?ちゃんとした検証を求めるのは日本人として当たり前、なりすましでなければ。

kojitakenkojitaken 2007/04/16 02:33 愛子様の弟さん、
議論をすり替えないで下さい。私は、「博士の独り言」が、『読売新聞が「大川福松さん」の姓を「小川氏」と誤記した』としか読めない文章を書いたことを、でたらめだと主張しているのです。読売新聞の記事の真偽については、何も言ってません。

森兵男森兵男 2007/04/16 06:51 何が「愛子様の弟」?幼稚園児の弟になって、何が嬉しいの?しかも、民族差別までしてやがる。貴様こそ日本人の恥、まさに国際感覚ゼロだね、「愛子様の弟」さん。そもそも、731部隊は天皇を大元帥とする大日本陸軍命令で設置されたんでっせ。そもそも他国を侵略し、多くの人々を殺傷して、あまつさえ無辜の婦女子を強姦してきた旧陸海軍の頂点にいたのは天皇である。軍人ばかりに罪をなすりつけ、戦後のうのうと生きてきて、一切の謝罪を日本国民に対しても、勿論アジアの犠牲になった人々にもしてこなかった、そんな連中をありがたがってどうするの?アホちゃうか。読売新聞の記事が全面的に正しいなんて、わしも思っとらん。しかし、それをさもありなんと思わせる別の証拠や証言もある。それらを総合して、どう見るか、そこが文書でのエビデンスが証拠隠滅でなくなってしまった、本件のポイントだと思います。

多分ネトウヨ多分ネトウヨ 2007/04/16 19:20 では、仮に「大川福松さん」の言っていることが真実だとして、日本は中国に土下座をし続ける必要があるの?
核兵器を作り、周辺諸民族を弾圧し続け、自国民の虐殺を現在進行形で行っている国に…土下座し続けて、何が得られるの?
残酷な圧政者に頭下げてお許し願いたいわけ?

サヨクのマゾヒズムになぜ日本が付き合う必要あるの?

sadatajpsadatajp 2007/04/18 00:13 名前の間違いは十分な確認もせずに転写したのだろうという推測の根拠にしてるだけでしょ。こんな単純な間違いを見逃す程にいい加減だということで。つまり端から間違い承知の嫌味。「途中から証言者の名前が変わっているかのように読める」なんてこんな読み方する方が悪い。

kojitakenkojitaken 2007/04/18 06:09 結局「博士の独り言」はさりげなく記述を訂正してますね。間違いを認めてるじゃん(笑)。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。