ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

kojitakenの日記

2009-12-15 「天皇の政治利用」の件で、自民党にブーメランか?

「天皇の政治利用」の件で、自民党にブーメランか?

天皇の政治利用」の件が大騒ぎになってきた。

こういう政治思想的な問題になると、『日本がアブナイ!』と私は波長がかなり合う。と言ってももちろん私の方がより「左」ではあるけれども。

no title

 ただ、果たして、この件は、ここまで大騒ぎしたり、問題視

されるべきことかと言えば、そうであるとは思わない!(**)

 むしろ、マスコミがこの件を大きく取り上げたり、羽毛田長官

政治家などがアレコレ言うことによって、中国側だけでなく、

誰より、天皇陛下が、心やすらかに公務ができなくなることを

懸念するところもある。(-"-)

 そして、実は、このニュースを見た時、真っ先に「あ〜あ、

また、何で、ウヨ保守が喜んで攻撃しそうなことを、わざわざ

やってくれちゃったのよ〜」と、ぼやいてしまったのだが。

 今回のことで、ここぞとばかりに自民党保守勢力が、批判を

浴びせて来ていることには、辟易とさせられる部分も大きい。(-"-)

保守勢力が、この件を利用して、鳩山内閣や小沢幹事長

アレコレ批判するのは、逆の意味での、天皇の政治利用だと言える

面があるんだけどな〜。(・・)>

もちろん自民党政治家がこの件を大騒ぎするのは「天皇の政治利用」にほかならない。

 このニュースを見て、mewが、すごく不思議に思ったことは、

何故、羽毛田長官は、11日に緊急会見を開いて、わざわざ、

公の場で、こと細かに経緯を語ったり、鳩山内閣を批判するような

発言をしたりしたのかということだった。(**)

私は「不思議に思った」というより、羽毛田という男は「真正保守」の一派なんだなと直感した。

 そして、案の定、この件に関して、特に保守系メディア

政治家などが、次々と批判を呈して来たのを見て、mewは、

ますますため息をつきたくなってしまった。(-"-)

 中でも超保守系の人たちにしてみれば、天皇国体or国家元首

であるべき最重要な存在であるが。中国は敵視&嫌悪している人

が極めて多いだけに、これは格好の攻撃材料になる。^^;

 しかも、もともと超保守系の人たちは、民主党政権が、中国との

外交関係を重視していることを批判する部分が強いのだけど。

 近時は、外国人参政権への警戒感が強まっている上、たまたま、

羽毛田長官の会見が、民主党の小沢幹事長が、大訪中団と共に、

中国を訪れていた時期と重なったこともあって、まさに「ここぞ」

とばかりに、批判の矛先を向けて来た、(>_<)

 超保守派の代表格である安倍晋三首相も、素早く反応。(・o・)

 12日には、早速、自分のメルマガに批判を載せ、14日には

安倍氏が新会長になった真・保守政策研究会をはじめとする

保守系団体のメンバーを集めて、緊急会合を開き。さらに、記者

団の取材に応えて、次のように述べたという。

安倍元首相は14日朝、「(民主党の)小沢幹事長、あるいは

鳩山首相が自分たちのために、国益ではなく自分たちのために、

今まで守ってきたルールを破った。天皇陛下を政治利用したと、

こう断じざるを得ない」と述べた。

 また、今回の会見は、小沢幹事長が140人以上の国会議員

率いて中国を訪問したことと「セットだと思わざるを得ない」と

主張した。その上で、「今からでも遅くないから、中国側に会見

を取り下げてもらうべきだ」と述べた。<日テレニュース14日

より>』

そもそも、復古的憲法改正を目指す安倍とか城内実*1が、「天皇の政治利用」を批判すること自体どうかしている。安倍や城内はいつから「象徴天皇制」の支持者になったのだろうか。彼らの論法は象徴天皇制支持者の論法にほかならないのだが、その矛盾を突かずに「天皇の政治利用」の批判に同調する「リベラル」たちもどうかしている。

ところで、批判を受けている小沢一郎鳩山由紀夫もまた改憲論者だ。但し、天皇主権への復帰を目指す「復古的改憲論者」ではない。そして、より強烈なタカ派だと見られている前原誠司(やはり復古的改憲論者ではない)が、こんな発言をした。

ページが見つかりません - 毎日新聞

天皇陛下特例会見:元首相自民党も要請…前原国交相発言

 天皇陛下中国習近平国家副主席との会見が特例的に設定された問題で、前原誠司国土交通相は15日、「元首相自民党の方から要請が首相官邸に届いたということで、我々がルールを曲げたということではないと聞いている」と述べ、元首相から会見を実現するよう要請があったとの見方を示した。自民党から「天皇の政治利用」との批判が出ており、けん制する狙いがあるとみられる。

 これに関連し、平野博文官房長官は同日の記者会見で「コメントは差し控えたい」と述べるにとどまった。岡田克也外相は「いろんな人のところにいろんなことを言ってきたと聞いているが、私のところには来ていない。事実かどうか承知していない」(同日の記者会見)と語った。

 一方、自民党谷垣禎一総裁は事実関係は把握していないとしたうえで「前原さんが何のためにそんな発言をしたかつまびらかでないが、まさに『顧みて他を言う』ことではないか」と批判した。

毎日新聞 2009年12月15日 19時44分(最終更新 12月15日 21時12分)

この前原発言で、「2ちゃんねる」は大騒ぎになっているらしく、中には「前原はまた偽メール事件と同じくガセネタをつかまされた」などと言っている人たちもいるそうだ*2。しかし、それはネット右翼の願望に過ぎないだろう。

「偽メール事件」の頃、「ブーメラン」といえば民主党のお家芸だったが、いまや自民党民主党のお株をすっかり奪った。今回も、谷垣禎一安倍晋三は、いい面の皮だった、ということだろう。

それにしても、もとは「保守本流」の出でありながら「真正保守」路線を走る谷垣はイタい。現在の路線のままだと、自民党にも谷垣自身にも明日はない。

nesskonessko 2009/12/15 22:00 谷垣禎一はたしかに痛々しい。『正論』1月号に寄稿してるのですね。読んでないんですが、タイトル見ただけでイタい。似合ってない。
自民党としては「真性保守」が固定客になってるんだろうか。「真性保守」の数がそんなに多いとは私には思えないのだが。
アレルギー的に社会党が嫌い、左翼が嫌い、みたいな人ならわりといるので、そういう人の支持をつなぎとめたいのでしょうか。
このままでは自民党は産経ロマンの世界にはまり込んでいく。匂いが染み付いてとれなくなるのでは。

Gl17Gl17 2009/12/15 22:48 「訪中団とセットだ」と言い張ると要するに「国と国の外交の一環」であるのを認めることにしかならないと思いますがね。
それって、まさに私的な政治利用ではない、国益そのものに沿った行動じゃないのかと。
毎度、安倍氏の言うことは理屈が転倒しています。

未だ安倍氏にとっては自民党こそが政権党であって、民主政権は何かまがいものと思ってるのかもしれません。
現政権の国交推進を国益じゃないとまで言い張るというのは。

nesskonessko 2009/12/15 23:01 >「訪中団とセットだ」
安倍的には、小沢民主党は中国とつながっている、そう見えてくる、というのもあるのかもしれない。単なる外交の一環とは見られないのかも。

hiho21hiho21 2009/12/16 03:00 これは羽毛田長官という官僚による天皇の政治利用なんですね。はっきり見ましょうよ。記者会見の目的は政治利用にあり、次の2点です。1)中国要人と内閣にいやがらせをする →大使館などにデモがあり、官房長官を困らせ、ペケをつけた。 2)右の側の失業中の人を元気づける →安部KY氏が盛り上がり、サンケイも元気になった。驚いたのは志位さんまで参戦したこと。おいおい過去の天皇制を忘れたの?、公的行為は役人の勝手なの?

puyonyanpuyonyan 2009/12/16 09:10 鳩山は、自著で「天皇は元首」にすべきだといっています。

Gl17Gl17 2009/12/16 22:27 「あの」佐藤優氏が宮内庁批判を上げてました。

>【佐藤優の眼光紙背】羽毛田信吾宮内庁長官は尊皇のまこと心をもっているのだろうか?
> ttp://news.livedoor.com/article/detail/4504076/

そもそも羽毛田長官が会見で大々的に批判を繰り出したことこそ、陛下を政治に巻き込むことそのもので、
まさしく天皇の政治利用である、というのはその通りと思います。
長官の身の処し方への言及もまあ大体首肯できますが、氏ご自身の退官経緯を思うと色々アレです。
かのムネオ氏が与党会派ですので、援護射撃の一環なのかもしれません。

あと、法務の専門らしき方のブログで実に理路整然とした纏めが下記。
小沢氏側の難点にも少しですが触れており、プロらしく実に隙がない完成度で唸らされました。

>憲法秩序に反しているのは宮内庁 ― 天皇の親善外交について憲法学から考える
> ttp://esquire.air-nifty.com/blog/2009/12/post.html

jskybwillcomacjskybwillcomac 2009/12/16 23:07 「真性保守」だと、『それなら「仮性保守」が他にあるのか!?』みたいなツッコミをされそうなので「真正保守」と呼びます。でも「申請保守」もいいな。。

hiho21hiho21 2009/12/17 02:42 教えていただいた「憲法秩序に反しているのは宮内庁」、すごいですね。民主主義のキャリアの違いでしょうか。羽毛田長官は「国の大小によらず、権力関係によらず」一カ月ルールで会見予定を突っ込んでいる、と言いましたが、何と投げやりな、機械的な、日本に損をさせるやり方で天皇を疲れさせるのでしょうか。無益で無理な会見なら、外国にお断りするか、皇太子に代行させてもよいのです。陛下を無益に疲れさせておいて、それをタテに長官の権限を内閣に超然たるものにしようとし、中国嫌悪、内閣軽視、安部翼賛を助長する政治行動に出たのは、民主主義の危機なんですねえ。ああそれなのに、福島社民、志位さんまで安部追随とは、オバカにもほどがありますよね。

hiho21hiho21 2009/12/17 03:07 なお「http://news.livedoor.com/article/detail/4507656/?p=2」
北村隆司氏の意見が抜群。

Gl17Gl17 2009/12/17 21:28 北村氏の記事、私も今朝拝見しました。筋が通った冷静な文章だと思います。

上記に貼り付けた憲法論のほうですが、他所で話題にしたところ「内閣が責任をもてば何でもさせられる」に読めてしまう面があると指摘されました。
まあ確かにそういう解釈も可能で、素人の理解の狭さを少々知りました。
天皇の政治的権能は法的には皆無ですが、実際はとても大きな政治影響力が未だありますから、これを封印するのが現行制度の縛りですね。

そこを社民や共産が懸念するのは当然かもしれません。
ただ、この件ではどうにも「今それを言うか」になってしまいますが。
だって、天皇制のもつ法律外の巨大な政治力を、まさに今最大限に悪用しているのは、宮内庁長官や自民などの批判側ですから。
前々からその方面の政治性を拡大しようと画策し続けてきた勢力でもあるし。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。