ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

kojitakenの日記

2013-02-15 辻元清美曰く「小沢一郎に政策の理念があったかどうか疑問」

辻元清美曰く「小沢一郎に政策の理念があったかどうか疑問」

『世界』2013年3月別冊「政治を立て直す」より。巻頭に山口二郎論文が置かれていることに別冊の性格が象徴されていて、要するに『世界』編集部による、政権交代を後押ししてきた立場からの民主党政権3年3か月と先の衆院選の総括だ。ただ、タイトルの「政治を立て直す」は政権を奪回した安倍自民党スローガン「日本を取り戻す」とどことなく似ている。

この号には辻元清美のインタビューが載っていて、そこで辻元は「『民主党そのもの』が争点になってしまった」と言っている。辻元はかつて、2007年7月の参院選の時、『週刊金曜日』に「争点はアベシンゾー」と、「きっこ」風の表記で書いたことがあるが、安倍晋三が争点になった2007年参院選自民党が争点になった2009年衆院選の両者と、民主党が争点になった2012年の衆院選は似ているかもしれない。

さて、インタビューで辻元は小沢一郎に言及している。その部分を抜粋する。


 −− 小沢一郎さんについてはどう思われますか。民主党政権小沢さんなしでは樹立できませんでした。

 辻元 政権交代には、自民党のやり方を熟知する小沢さんの力が不可欠でした。しかし、小沢さんに政策の理念があったかといえばやっぱり疑問です。彼が代表に就いたとき、小泉政権の後の自民党に勝つために、新自由主義的な方向へのアンチテーゼとして社民主義的な政策を旗印にしました。〇九年の民主党マニフェストも、小沢さんが代表時代に作成したものが元になっていますが、結局小沢さんにとっては、選挙に勝つための「手段」だったのでは。だから大盤振る舞いだった。「実現できるかしら?」と聞くと、「政権とったら何でもできる」と小沢さんは言うばかり。理念があって心からこれを実現したい、実現すべきだと思っていたら、もっとしぶとく粘るはずですが……。3.11後も、あの非常時に小沢さんは「菅おろし」に走りました。そういう小沢さん政局的仕掛けに党内は振り回されて、反小沢・親小沢という対立軸で動いたようなところがあり、政治がゆがめられてしまいました。

 −− 小沢さんが仕掛けた未来の党についてはどうでしょう。

 辻元 嘉田さんたちは本気で卒原発をやろうとしたのならば、もっと入念な準備が必要です。私は彼女に直接、そうアドバイスもしました。しかし、「卒原発と言っている、本気だ」と小沢さんの政治手法にナイーブに乗ってしまったのでしょうか。嘉田さんは小沢さんから「一〇〇人通ると言われた」と言ったらしいですが、そんな簡単な話ではないというのが、壁にぶつかり続けた私の実感です。小沢さんは嘉田さんというイチゴショートケーキに乗せて、おいしそうにデコレーションしたわけですが、勝つための手段が今回は卒原発だった、と見透かされてしまったのではないでしょうか。

 −− 未来の党に投票した人にすれば、裏切られた思いでしょうね。

 辻元 ただ、私はそこに、市民運動のある種のナイーブさもあったと思います。脱原発で、格差を縮めていこう、平和主義を貫こう、そういう政治勢力をつくらなければいけないわけですが、それはそう簡単に即席でできるものではない。時間をかけて、しんどいことも引き受けてねばり強くやらないと、できないと思います。忍耐力が必要なんです。スローガンを叫び、すぐに結果を求めるだけでは実質的に政治を動かし、社会を変えることはできません。今回の結果だけをもって切り捨て続けたら、政党は育たない。

(『世界』2013年3月別冊「政治を立て直す」54-55頁)


小沢一郎と旧「日本未来の党」についての辻元清美の分析は、非常に説得力がある。特に、赤字ボールドで強調した部分は、私が指にたこができるほど繰り返し当ダイアリーや『きまぐれな日々』に書いてきた(かつ「小沢信者」の激しい憤激を買っている)こととほぼ同趣旨であり、意を強くした。

私は辻元清美に対しては、賛同できる部分とそうでない部分があるが、氏が日本の政治において今後も存在感を放つ有力なプレーヤーであり続けることは間違いないだろう。

kokuminshudoukokuminshudou 2013/02/15 17:53 民主党は、「国民から重税を取って国家がバラマキを行い、国家が雇用を作り、国家が経済を主導して規制を強化する」という、「反市場・反勤労・反金儲け・反格差」という「悪平等の統制経済論者」(党内左翼や左翼ブレーン学者・宮本太郎や神野直彦ら)に騙され、

政権交代の原動力となった「改革」(小さな政府・所得減税・自助自立・機会均等・既得権益廃止・身分制度廃止・反役人・官僚主権打破・民間手動・活力のために行革と経済改革、無駄撲滅、利権・談合・癒着・汚職の打破)を求める国民大衆を裏切り、

既得権者の・既得権者による・既得権者のための国家社会主義 を目指してしまった。

これでは、極悪自民党左派と同じだ!!!!!(怒

kokuminshudoukokuminshudou 2013/02/15 17:56 辻元は、役人に魂を売った「反動政治家」であり、共産主義者くずれ にすぎない。

元共産主義者の西部といい、転向者はちょっとおかしいね。結局は、「左の共産主義」から「右の共産主義=既得権益に基づく身分制」に変わっただけ。

tarari1036tarari1036 2013/02/16 23:48 民主党を誤らせた責任は小沢が第一だと私も思います。

一方、kokuminshudoさんの主張は本コラムとほとんど関係ないことですね。
コラムに何が書いてあるのか読めない人なのかな。

>民主党は、「国民から重税を取って国家がバラマキを行い、国家が雇用を作り、国家が経済を主導して規制を強化する」という、

あまり正確な認識ではないですね。
安倍自民にしたところが消費税導入を予定している上に、富裕層の所得税累進の強化、
相続税の税率アップを行い、増税路線です。総額13.1兆円の補正予算という、
民主党もしたことのない規模のバラマキをしようとしています。
日銀に自党の政策を押し付け、国家主導の経済成長を実行しようとしています。

kokuminshudoさんは安倍内閣に大いに反対していただきたいものです。

>「反市場・反勤労・反金儲け・反格差」という「悪平等の統制経済論者」(党内左翼や左翼ブレーン学者・宮本太郎や神野直彦ら)に騙され、

「反市場・反勤労・反金儲け」と言うのはわからないですね。
民主党のだれも市場経済に反対したひとはいないし、働いたら負けと言ったひともいない、
金儲けしたらいけないと言ったひともいません。
民主党は格差解消を訴えていましたが、実行はしませんでした。

>既得権者の・既得権者による・既得権者のための国家社会主義 を目指してしまった。

爆笑!!

tarari1036tarari1036 2013/02/17 00:40 辻元清美はあまり信用していない。社民党では奮闘していたが、社民党が政権離脱する際のごたごたの余波なのか、なんと民主党に移籍してしまった。政治家にとって所属する政党というのはそんなに簡単に変えられるものなのか。その上、前原と仲良くなってしまうとは。
社民党は女性優位の党になってからおかしくなった。女性が首脳部に多数いたからといって悪くはないはずだが、今回の阿部の離脱といい、出処進退が美しくない。

辻元の小沢批判は妥当だが、これくらいは辻元に語らせなくても常識である。

kokuminshudoukokuminshudou 2013/02/17 12:06 >tarari1036

僕は「反自民」の一点で民主党支持者なんですが。ただ支持と言っても是々非々なのでダメな政策はダメと言います。

そして民主党は、「小さな政府・改革・競争」と「大きな政府・規制・結果平等」という2つの顔を持っていると思います(これは自民にも言えるし、みんなの党でさえ飯田のような平等サヨクが居る)。

僕は競争論者・機会均等論者なので、後者には反対します。そして相続税増税は良いとしても所得税増税は反対します(所得税は、不利な条件から奮起して成り上がった元貧乏人にも重課なので、機会格差是正に反するし、公平でもない)。

ちなみに僕が自民党撲滅論者なのは、同党が国家社会主義でロマン派保守で官僚・農民・土建屋に依拠した「大きな政府」再分配バラマキ重税派だからです。

RASEN-KAIDANRASEN-KAIDAN 2013/02/17 19:35 tarari1036さん、辻元清美が前原誠司と近いのは彼が外国人参政権や夫婦別姓に肯定的だからだと思います。辻元議員が国交副大臣で残っていれば2011年の尖閣問題も加藤紘一の中国人脈を使い前原の暴走を抑えられたかもしれません。
私も山ほど不満がありますがゼロから新たな社民政党を作ることは不可能です。文句を言いつつ(余裕のある人には献金でもして頂いて)民主党をもう少し左派の方向へ引っ張る努力を優先すべきだと考える私は、辻元・阿部知子の両議員の離党を批判する気にはならず、むしろ普天間問題ごときで政権を離脱した福島党首の無策ぶりに怒りを覚えます。後付けになりますが、あの局面は大臣と党首は辞任しても所得税や脱原発を進めるために衆議院の任期中は政権に残るべきでした。

kokuminshudouさん、所得税にいくら不満でも先進国では廃止した国はありません。
税と社会保障を合わせた国民負担率では日本は既に米・韓・豪と並ぶ低い負担の小さな政府です。更に公務員の数も先進国最下位です。
http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/238.htm
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5190.html

tarari1036tarari1036 2013/02/17 23:24 前原誠司が外国人参政権や夫婦別姓に肯定的というのは初耳です。事実そうだったとしても私の耳には届かないほどの小声で言っていたのでしょうね。そんなことより、前原は民主党内で改憲賛成・軍事的タカ派の旗頭です。維新に最も近く、合流をささやかれる民主党員です。そういうものと仲がよいというだけで私は駄目。

普天間問題こそは民主党・社民党の真価を問われた問題だったであり、脱落した辻元に弁護の余地はありません。

それから、お示しになったデータはまことに説得的ですが、kokuminshudo君は事実を突きつけますと、逆上して「パチンコしながら酒飲んでいるナマポだろ、お前」と言うしか能のない男なので本気で相手をなさらぬよう。ご用心。

RASEN-KAIDANRASEN-KAIDAN 2013/02/18 00:35 tarari1036さん返信ありがとうございます。前原誠司は民法改正を求める議員集会に社民党議員と同席したりしています。再婚禁止期間の廃止も賛成しているので、維新よりも河野太郎やみんなの党に近いタイプでしょう。在日韓国人からの献金があったのも人権問題の偏見がない証かもしれません。

社民党が離脱して得た成果は何もありません。沖縄の基地負担は減らず、所得増税の手柄は自民・公明に取られ、労働者保護は進まず、差別的な民法は温存されました。むしろ『普天間で譲ったから民法や原発では要求を聞け!』と民主党と取引する図太さが欲しかったと考えています。一度は紙の上で辺野古を容認しつつも、国内の代替地(出来れば九州)を探す二枚腰の姿勢も必要でした。私も情けないですが地元の奈良県で引き受ける覚悟がありません。

kokuminshudoukokuminshudou 2013/02/18 10:57 >RASEN-KAIDAN

>所得増税の手柄は
4000万円超の努力して稼いだ高所得者を狙い撃ちにした「五公五民以上の封建時代以上の搾取」でしかない庶民の溜飲下げパフォーマンスを手柄と思っているのは極左だけです。

サヨク経済学者の井手は、「財源にならなくても庶民を納得させるために金持ちを叩くべきだ」とのたまったそうですが、まさしくその通りになりました。

これで出る財源は300〜600億にすぎず、デメリットは「世界一高い社会主義的最高税率」という大きすぎる不名誉です。

そもそも日本の最高税率は世界一高い。何を根拠に「金持ち優遇」と言っているのでしょうか?

日本は、中間層の痛税感も最高税率も公務員天国にしても、世界一「大きな政府」です。悪平等の大きな政府で、役人が好き放題やって、市場で稼いだ人から搾取し、「民間地獄、役人天国」になってます。サヨクなら、税を搾取される可哀想な民間労働者を助けたらどうですか? 官僚に媚びる左翼って恥ずかしくないんですか?


>所得税にいくら不満でも先進国では廃止した国はありません。

所得税が「節税できないサラリーマンを不当に搾取する”差別税”」であることは日本人なら皆知っています。外国人も知っています。

であるから、新興国・中進国、ブリックスのような将来の”新先進国”は、今までの失敗を顧みて、「所得から消費へ」と消費税・間接税中心の税制を作っています。ロシア・中国は、ほとんどの税収を間接税で得ています。これは、格差を無くして成長も無くなった共産主義への反省から、努力した人を大切にする国柄になったのです。

翻ってわが国では、稼いだ人に嫉妬して、重税を取って悪平等の共産圏に入ろうとしています。阻止しなければなりません。

先進国でも、「所得課税から、VAT(付加価値税・消費税)へ」という流れは、常識です。

所得税をサラリーマン差別、脱税自営業者優遇と知りながら推進するのは、差別主義者です。職業差別です。

かつて皮革業や屠畜業を「えた」といって差別した輩と同罪なんですよ。サラリーマン差別を止め、差別所得税を撲滅するのは、差別を憎みリベラル・左翼なら、当たり前の義務です。

kokuminshudoukokuminshudou 2013/02/18 11:03 >RASEN-KAIDAN

公務員数や税搾取が小さいなら、誇るべき名誉じゃないですか。

「わが国は、先進国で最も、「働いたら取られるカネ」や「税金で食ってる奴」が少ない。わが国は、世界一勤労を尊ぶ素晴らしい国だ」と言うべきです。

日本国憲法は、先進国で唯一、「勤労の義務」を定め、勤労を基本とした国であることを、名言しております。

これは、「大きな政府」の病弊たる「英国病」に苦しむ先進国にとって、見習うべき模範となるのではないでしょうか。

すなわち、わが国は権利と義務、勤労と福祉、負担と受益を、常に両方の視点から考えてきたと言えます。

まだまだ小さな政府にする必要があり、直接税も徐々に廃止していかねばなりませんが、この精神に則って改革していくべきですね。

kokuminshudoukokuminshudou 2013/02/18 11:10 >tarari1036

他人から搾り取った税金で食う飯は美味いか?

tarari1036tarari1036 2013/02/18 11:29 kokuminshudoくん

あいにくと私は安部内閣閣僚クラスの資産を保有しており、税金も払えない貧乏人kokuminshudoくんを飼ってやっている身分なのだ。気をつけてものを言え!

tarari1036tarari1036 2013/02/18 13:42 >4000万円超の努力して稼いだ高所得者を狙い撃ちにした「五公五民以上の封建時代以上の搾取」でしかない庶民の溜飲下げパフォーマンスを手柄と思っているのは極左だけです。

現行の最高税率が40%と言っても基礎控除があるから実効税率は24%しかない。利子・配当などの所得(いわゆる不労所得!!)は源泉分離課税で20%だから、富裕層の実質的負担はもっと低い。

イギリスの所得税最高税率は50%、しかも基礎控除額は87万円がベースで高額所得の場合はさらに減額されるので実効税率は日本よりずっと高い。フランスはこれよりさらに高率の75%を表明した。

「五公五民」だとか「日本の税率は世界一高い」とかは大嘘だ。


歴史的には間接税中心、所得税中心、間接税重視と見直しが行なわれてきた。先進国はすべて間接税重視の時代を過ぎて、所得税の割合を大きくしようとしている。間接税は重税感が少ないように見えるが低所得者ほど税負担の割合が大きくなりこれ以上引き上げが難しくなっているからだ。なぜ増税が必要かと言えば、各国とも財政状況が悪化しているからだ。

>ロシア・中国は、ほとんどの税収を間接税で得ています。これは、格差を無くして成長も無くなった共産主義への反省から、努力した人を大切にする国柄になったのです。

間接税中心にしたのは非合法あるいは非合法すれすれの脱税が蔓延し、所得税中心では税収が確保できないからだ。その結果、権力と癒着した企業家だけが大儲けする、官僚が税金をふところに入れるという発展途上国の欠陥を克服しきれていない国なのだ。また中国では国税のほかに地方政府が勝手に税を創設し取りやすいところから税を取るという構造がある。そのために高度成長を何年しても、格差が広がるばかりで働くものは決して楽になっていない。

>「わが国は、先進国で最も、「働いたら取られるカネ」や「税金で食ってる奴」が少ない。わが国は、世界一勤労を尊ぶ素晴らしい国だ」と言うべきです。

さっき世界一税金が高いと言ったばかりのはずが何を言っているんだか、バカか。

kokuminshudoukokuminshudou 2013/02/18 15:01 >イギリスの所得税最高税率は50%

英は住民税がありません。つまり日本の所得課税55%のほうが圧倒的に重税なんですね。
はい論破ー

日本は、英国より働いたら負けの重税国家。これはデータから明らか。
ちなみに、経済発展著しい独国は、500万円以下の給与は無税。
アメリカは最高税率40%、ロシアはフラットで13%、シンガポールは15%。

日本がいかに「働く者を迫害し、怠け者を甘やかしてきたか」が分かる。



>フランスはこれよりさらに高率の75%

極左オランドはこれを宣言して、国内外のエスタブリッシュメントから轟轟たる非難を受けて恥を晒しましたね。

ちなみに、憲法裁判所はこれを違憲と判定しました。護憲派のみなさん、どう思いますか? 憲法をないがしろにしる共産主義者ですよコイツは。

まあ、その左翼の星・オランド氏も、公約破って消費税率を20%に増税しましたね。諸君ら日本の左翼もこれを見習って消費税をもっと増税すべきですよね。

フランスは伝統的に間接税中心の国なんですね。左翼はフランスが大好きらしいですから、もっと勉強して消費税上げたらいいんです。

RASEN-KAIDANRASEN-KAIDAN 2013/02/18 18:14 kokuminshudouさんの立ち位置が面白い、課税対象を捕捉しづらい自営業者への憎悪とともに海外脱出可能な富裕層には妙なリスペクトがかかっている。

私は非正規雇用しか出来ない人間ですのでkokuminshudouさん以上に自営業者への怒りを持っています。ですがサラリーマンに減税をしても問題は解決しません。自営業者の所得を捕捉しにくいなら課税対象を拡大するべきです。所得控除の縮小と企業の社会保険負担を拡大して(事務作業が複雑なら法人増税でも可)失業した労働者も会社を倒産させた自営業者も飢えることのない社会保障を作るべきというのが私の立場です。
その程度の負担に耐えられない自営業者は大小を問わず淘汰されなければブラックな企業が残り市場の競争が歪められます。ブラックな企業は公務員を増やしてでも労働基準監督署の権限で潰さないとkokuminshudouさんのような勤勉な方が浮かばれませんよね。企業への課税が甘い部分をサラリーマン減税で誤魔化すことは出来ないのです。

私ぐらいの所得しかない非正規雇用も給与・基礎の所得控除を縮小すれば月に数千円くらいで負担の余地はあります。例えば65万円の控除を10万円単位で引き下げても全ての労働者に雇用保険や最低補償年金が行きわたれば不景気・デフレの下でも生活保護は増えません。単純に所得から税金を多く取られることと、疾病・災害などで所得や仕事を失い自分の望む人生を過ごせないことのどちらが“不自由”でしょうか? 103万円以下の所得の人、または病気の家族を抱えているが所得の少ない人に『貴方は気の毒だから減税します』といっても何の足しにもなりません。そんな危機に陥った人に必要なのはお金とサービスの給付であり、誰にでも発生する危機のための備えとして負担が必要なのです。
http://www.youtube.com/watch?v=b6Wq1pMNTgg
(神野直彦氏の出演番組です。60分あたりから日本の福祉が給付主義ではなく控除主義になっていると話されています。)
ここはkojitakenさんのブログなので私と話して頂けるならこちらにいらしてください。
http://h.hatena.ne.jp/RASEN-KAIDAN/

kokuminshudoukokuminshudou 2013/02/18 18:51 >RASEN-KAIDAN

キチガイですか?
給与所得控除廃止したら経費が認められない現代の被差別部落民であるサラリーマンと、経費使い放題の脱税自営業者との「課税格差(捕捉率格差)」がますます広がる。

そもそも控除は稼いだ人を守る制度。稼がないと控除されない。給付は、一切労働しない怠け者にばら撒く制度。これじゃあ、キリギリスのほうが得だ。差別だ。

だいたい、何で自営業者の所得捕捉ができないからサラリーマンを増税するんですか? さらに社会保険負担まで増やせばますます「サラリーマン差別」が悪化する。

はっきり言って所得税を自営業者から取ることはできず、それゆえ所得税はサラリーマン差別税(現代の部落差別)だから所得税は一切認めないし許さない。

給与所得控除廃止は、サラリーマンの納税者としての権利を認めず、所得でない収入を所得と偽って重税を搾取している差別事件なので、経費使い放題の自営業者との「法の下の平等」に反し、サラリーマンが適正に課税される(経費を申告する)権利を剥奪しているので、違憲であることは確実です。

控除廃止なら組合の仲間と集団訴訟を起こします。

さらに、控除廃止論者のバカ左翼学者に家に、仲間といっしょに押しかけて正義の糾弾を行って吊し上げます。

あなたは「サラリーマンに不利な差別税(所得税)を維持し、増税する」という、部落差別主義者ですね。職業差別を煽るような人非人とは一切妥協しないし、今後、口をききません。

あなたの理屈は、「もしものリスクのために、毎月給与の半分を保険にかけて、普段は貧乏生活をしよう。これで安心だ」とか言ってる馬鹿です。

リスク回避のために、普段の生活が貧しいものになってしまえば、何の意味もない。いわば、幸福になるための保険で、毎日が貧しくつらく不幸な生活になっている。愚かしく、無残ですらある。

あなたはそれでいいかもしれないが、「バカ高い凶悪な保険制度」とも言うべき、あなたの唱える「控除廃止の凶悪所得大増税・重税」を、他のつつましく暮らしている労働者の押し付けるな。

毎日働いて、ささやかな幸福を味わっている我々労働者は、減税つーか無税を望んでいる。リスク回避のためと称して、サラリーマン(労働者)からだけ所得税重税を搾取し、自営業者は節税脱税・経費で税負担回避の特権を持ち、サラリーマンが差別され、地獄の部落差別体制の被害を受けている。

私は平等主義者なので、脱税自営業者”貴族”も平等に払う素晴らしい消費税を30%に増税すべきと確信する。

kokuminshudoukokuminshudou 2013/02/18 18:58 >RASEN-KAIDAN

怠け者からもっと税を獲ったらいい。

勤勉な労働者だけを搾取する所得税は道徳的にも悪だし差別だから違憲。

社会契約論を提唱したホッブズは、「勤勉な倹約者より、怠惰の浪費家を優遇する必要がどこにあろうか? (=所得税は勤勉な者を搾取するが、消費税は浪費家ほど多くとることができる)」と言って、消費税の道徳的正当性を確立しました。

僕の理想は平等な人頭税だが、それだと可哀想だから消費税で許してやる。ありがたいべ?

kokuminshudoukokuminshudou 2013/02/18 20:51 所得税を廃止すべき10の理由
・所得税は労働に対する罰金。勤労の美徳に反する反道徳的な税
・所得税は働いてない奴には課税されない。怠け者が無税で勤労者が重税なのは不公平だし不道徳
・努力や才能によって稼いだ人に重税を課して足を引っ張るのは悪平等。嫉妬するのではなく成功した人を称える風潮が必要だ
・頑張って働くほど重税になるのでは、頑張ったら損・働いたら負けになって、勤労意欲が低下し、経済成長を阻害する
・自由主義市場経済なのだから、個人の才能・運・努力の違いによって格差があるのは当たり前で無問題。結果の平等は悪平等
・そもそも労働に課税する合理的または倫理的理由がない
・個人直接税は非効率・複雑・不公平
・所得が100%捕捉され家族間の所得分割や経費が認められないサラリーマンだけが重税を搾取され、自営業者貴族は節税・脱税・私的経費計上し放題で捕捉率も低く税金払ってない。サラリーマンを差別・搾取・迫害する職業差別所得税は現代の部落差別制度である。非人道的で人権侵害だから廃止すべき
・労働者が労働の成果を完全に享受できず国家に搾取されるのは、マルクス的に言えば、労働者が労働から疎外されている
・経済成長と自立の精神を呼び起こすには、所得税で労働に罰金をかけるのではなく、むしろ「働いたら得、稼いだら得」という制度が必要



その代わりに、「最も優れた税」である 消費税 を

25%程度に増税するのが正しい政策です。

tarari1036tarari1036 2013/02/19 00:06 >英は住民税がありません。つまり日本の所得課税55%のほうが圧倒的に重税なんですね。

日本の地方税は県民税、市町村税合わせて所得の10%ですから課税所得18000万円超の富裕層で地方税合わせても34.5%にしかなりません。

>ちなみに、経済発展著しい独国は、500万円以下の給与は無税。

それはいいですね。日本もそういうのを目指せばワーキングプアとか非正規とか救われますよね。
ところで課税所得160000ユーロ(20800万円)の富裕層の税率は37.05%(独身者)、32.11%(家族持ち)ですから、日本と同等です。

RASEN-KAIDANさんも指摘されていますが、富裕層の所得税率と中間層の所得税率を一緒くたにして高いというのはナンセンスですよ。Kokuminshudoさんの書いていることを見たら、ご自身はどう見ても中間層。もしかすると中間層の下。富裕層から税金を取るのを反対したら、Kokuminshudoさんの税金はどうしたって高くなりますよ。ほんとにいいんですね。

富裕層の税金もまけて中間層の税金もまけるという税制はありえないんですよ。
日本は財政状況が世界一厳しいので、どこかから税金はとってこなくてはなりませんから。

消費税25%だけにするという主張ですが、
税務署ではないので違っているかも知れませんが、おおまかな試算では

平均1家族3.42人の年間消費支出310万円。14.8万が消費税。
30台後半の平均年収は430万円。所得税+地方税は64万円。
消費税25%では74万円が消費税となる。30%で89万円が消費税。
うれしいでしょう、Kokuminshudoさん。

富裕層の私としては消費税25%、個人的にはおおいに結構。
kokuminshudoさんは勤労大好き青年のようですから、週80時間働いて富裕層を目指してください。

kokuminshudoukokuminshudou 2013/02/19 10:53 >tarari1036

1800万円が富裕層だってさ。どんだけ心が狭く、結果平等に固執してるんだろうか?

たかだか2000万未満の庶民まで金持ち認定されてバッシングされたら、努力して医学部に入って、過労寸前の貢献をしてくださる勤務医が撲滅されてしまう。

そもそも、年収2000万未満は中間層というのが先進国の常識です。左翼のオバマも2000万円未満の中間層は無条件で減税せよと言っておりましたね


>富裕層の税金もまけて中間層の税金もまけるという税制はありえないんですよ

逆でしょ。累進課税レジーム(貧乏人は無税)やってるかぎり、富裕層から取れなくなったら次は中間層ね、てなるだけ。実際に、大きな政府の社会民主主義左翼国では中間層の怒りが問題になってる

つまり富裕層増税で財源を出すって思想がまったく現実的には不可能なんですよ

貧乏人も含めて広く薄く間接税取るか、中間層をぶっ殺して所得税搾取するか、しかないね、この2択

tonybenn1973tonybenn1973 2013/02/19 18:53 イギリスにもカウンシルタックス(住民税)あるよ。

kokuminshudoukokuminshudou 2013/02/19 20:12 サヨクのオバマですら年収2000万円未満は中間層だと言ってるのだから、

年収2000万円未満は全員、所得税廃止すべきなんですよ。

中間層を守ろう。努力した働いた方が、「働いてよかった、もっと生活が良くなる」という喜びと希望を持つためには、「労働税=働いたら負け税」を廃止するしかないですね。

努力して稼いでも、2割、3割、4割、もカツアゲされたら、意欲がなくなる。

さっさと消費税30%に上げないと日本は破綻する。

tarari1036tarari1036 2013/02/19 23:35 まず、私の前投稿ですが、
>30台後半の平均年収は430万円。所得税+地方税は64万円。
三人家族を想定していますが、これには扶養控除が入っていませんでしたから、
それを計算に入れると56万円程度の負担(子どもの扶養控除はすでに廃止されています)。

平均的家族・年収で数万円の増税になります。
所帯数の55-60%が増税となり、しかも低所得者ほど割を食らう逆累進となります。
日本で年収200万円以下のひとたちは1100万人います。年収195万円の人は23万円、
年収100万円のひとは12万円の所得税がなくなる代わりに74万円とかの消費税を負担。
生活保護基準を満たしながら支給を受けずに頑張っている800万人は残らず、
受給申請せざるをえなくなるでしょう。新たに生保基準に落ち込む人も数百万人出る
でしょう。

kokuminshudouさんはこれをどう考えるのでしょうか。

働いたら負けになる?―所得税があるからと言っても働かないでいる人はなんかいません。
累進課税だからといって働かない金持ちはいません。
所得税があっても、累進があっても多く働いたら税引き後の収入はやはり多くなるのですから。
kokuminshudouさんだって働いているでしょう?

> 努力して稼いでも、2割、3割、4割、もカツアゲされたら、意欲がなくなる。

そりゃ、勤労意識が低すぎるわ。
日本国憲法の精神が行き届いていないkokuminshudouさんにカツだ。

kokuminshudouさんの主張を聞いているとどうも、自分が所属する層以上を減税してほしい、
という一心ではないですか?
私はどの特定の層から多く取ろうとか、まけてもらおうとかいうことは考えていません。
考え方はあくまで平等に、です。そして平等の観点は担税能力を重視してということです。
ひとみな考えはいろいろありますから、すべての層が納得する増税というのはありませんが、
貧乏なひとをより貧乏にしろ、食えなくなってもいい、というのはまず排除します。

tonybenn1973さん、ありがとうございます。イギリスのカウンシルタックスは複雑でとても頭に
入りませんが、論点に影響するところがあれば、簡単に解説してください。

kokuminshudoukokuminshudou 2013/02/20 10:18 >kokuminshudouさんはこれをどう考えるのでしょうか。

だからどうしたと言うのでしょうか?
サヨクは「大きな政府」と「福祉」が大好きなのだから、その負担は左翼支持層が率先して負うべきです。
自由主義経済だから格差はあって当たり前。税金を高所得者から取り上げて格差縮小するのは、結果の平等。共産主義です。能力主義にしないと有能な人の勤労意欲がなくなる。


>所得税があっても、累進があっても多く働いたら税引き後の収入はやはり多くなるのですから。

↑馬鹿すぎwwwwwww
じゃあ、今1000万円稼いでいて、さらに奮起して稼ごうと思ったとする。しかし限界税率99.9999%なので、追加で100万円稼いでも1円しか増えない。働いたら負けですね。限界税率が労働意欲に与える悪影響は経済学では明らかです。

99.999%で勤労意欲が阻害されることが明らかとなった今、なぜ90%では影響がないと言えるんですか? あるいは、7割、8割、さらに5割、4割、3割であっても、勤労意欲が阻害されると推定すべきです。

なぜ、99.999%の搾取が悪で、90%なら善と、言えるんですか? 根拠は?
普通に考えれば、搾取自体が悪と思うはずです。

あなたは、汗水垂らして、物凄い苦痛を強いられ、自給1000円の肉体労働したとき、そのなかから300円を搾取されて、勤労意欲がわきますか? むしろ、「こんなに努力したのに、努力して稼いだ金を政府に掠め取られては、働くのが馬鹿らしい!」と思うはずです。
自分がされて嫌なことは、人にすべきではない。


>自分が所属する層以上を減税してほしい、という一心ではないですか?

違います。現在の税制は中間層以上の労働者のみを搾取して虐め、低所得者と自営業者は税金を払わないという、差別制度です。国民であり、行政サービスを受けているのに、納税の義務で差別されるのはおかしいですよね。不条理だ。


>平等の観点は担税能力を重視してということです。

担税能力による重税は不平等。例えば、僕が金貨を2枚持っている。君が無一文だったとする。君「あなたは金貨の1枚を僕にくれるべきだ。なぜなら僕は能力がなく、君は2枚も持っていて、1枚をくれてももう一枚残るじゃないか」ってこと。

いうまでもなく、「能力がある」というのは、「支払うべき」という理由にはならない。あの子どもはおもちゃをたくさん持っている。だから他の子供が盗んでもよい。あの人は腎臓を2つ持っている。だから片方を移植のために収容すべきだ。

おかしいですよね。有能な人ほど多く搾取されるなら、有能な人の勤労意欲を無くすることになる。

スウェーデンでは、結果を平等にしたところ、大学進学率が下がり、単純労働者が増え、スキルアップは無くなり、医者が減った。あほらし


>貧乏なひとをより貧乏にしろ、食えなくなってもいい、というのはまず排除します。

日本は資本主義です。国が「貧乏になれ」とか「食うな」と命じたわけではありません。人間は貧乏になる自由がある。その自由を満喫したらいいと思います。ただ。努力して稼いだ人の足を引っ張るな。そしてフラットに納税の義務を果たしなさい。いやなら「国籍離脱の自由」があります。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。