ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

kojitakenの日記

2015-04-17 おい「リテラ」の田部祥太氏よ、孫引きしたならリンクを張れよ

近藤麻理恵『人生がときめく片づけの魔法』は「新・『「超」整理法』」か?

朝日新聞(4/17)朝刊より。

お探しのコンテンツは見つかりませんでした:朝日新聞デジタル

近藤麻理恵さん、「世界で最も影響力のある100人」に

 米タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」が16日発表され、「片づけコンサルタント」として活動し、「ときめく片づけ」シリーズで知られる近藤麻理恵さん(30)が選ばれた。

 近藤さんは物に感謝しながら片づける方法を紹介してきた。著作を多く刊行するサンマーク出版によると、昨年10月に米国で出版した「人生がときめく片づけの魔法」が67万部超のベストセラーに。「kondo」を近藤さん流に片づける意味の動詞として使う人もいるという。イタリアフランスでも刊行され、世界でシリーズ累計300万部の人気になっている。

 サンマーク出版の担当者は「片づける姿勢に踏み込んだ処分方法が受けている。これまでの消費文明への反省もあり、物を擬人化して、感謝を込めて捨てる精神が受けているのだと思います」と話した。

 日本からはほかに、作家の村上春樹さんも選ばれた。

朝日新聞デジタル 2015年4月16日23時47分)


人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法


へえ、近藤麻理恵さんという人もその著書も知らなかった。5年前の2010年に出た本なんだね。当時近藤さんは25歳だったことになる。

ネット検索をかけてみたら、昨年10月の『週刊朝日』の記事が引っかかった。

捨てられない人の共通点は「自分に対する自信のなさ」? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

捨てられない人の共通点は「自分に対する自信のなさ」?

(更新 2014/10/14 07:00)


『「超」整理法』から『人生がときめく片づけの魔法』まで、寄せては返す、かたづけブーム。だが胸の内で「わかっちゃいるけど捨てられない!」とつぶやく人も少なくないのでは。

 そもそも、なぜ私たちはこんなにも「捨てる捨てない」にとらわれるのか。思い起こせばバブル崩壊以降、さまざまなかたづけ術が唱えられてはブームを巻き起こしてきた。

 1990年代は『「超」整理法』(野口悠紀雄著)。書類を封筒に入れて最近使った順に並べるだけだが、記者は今も取材資料の整理に活用する。2000年代に入ると辰巳渚さんが『「捨てる!」技術』を出版。「見ないで捨てる」という大胆さは新鮮だった。そして「断捨離」。さらに10年出版の『人生がときめく片づけの魔法』(近藤麻理恵著)もベストセラーだ。

 こうしたかたづけブーム盛衰の背景を、人間の消費行動を心理学の面からとらえる「行動経済学」に詳しい立正大学の林康史教授(金融論)に読み解いてもらった。

「ひとつの整理法で限界になるころ、新しい方法が提唱されてブームになる。裏付けデータはないが、景気低迷でモノを買えなくなった状況を『物欲から離れた生活をしている』と自分を納得させようとする。ブームには、そうした心理が働いている可能性もある」

 一方、普段から「家をかたづけられない」と悩む人と向き合う心理カウンセラー大門昌代さん(48)は「『見捨てられ不安』かもしれない」と分析する。

 家族との関係や複雑な過去、トラウマ(心的外傷)など相談者が抱える事情は実に幅広いのに、かたづけられない理由を「もったいない」「かわいそう」「思い入れがある」と訴える人に共通するのは自分に対する自信のなさだという。

「モノに自分を投影し、捨てる対象が、まるで自分であるかのように錯覚する。無意識の不安を抱えています」(大門さん)

 混乱した内面を悟られたくなくて誰かにかたづけを頼むこともできず、部屋にはますますモノがあふれて自己嫌悪、という悪循環に陥りやすいそうだ。

「プロでも友達でも、一度、人の手を借りてかたづけ始めれば、『こんな散らかっていても嫌われなかった』という自信につながる。それを機に捨てられるようになることは多いです」

週刊朝日  2014年10月17日号より抜粋

懐かしい話題。未明に書いた「リテラ」のライター・田部祥太氏を批判する記事*1でもほのめかしておいたように、私にも本や雑誌を捨てられずに溜め込む悪癖がある。たとえば、月刊『現代』はブログ記事に引用する目的もあって、2006年のある時期から休刊となった2009年1月号まで毎月買い込んでいたのだが、それらのうち「捨てても惜しくない」と思った号は処分したものの、もしかしたら再び参照したくなるかも知れないと思った記事が載っている号は、未だに押し入れに眠っている。

かつては職場でも机上に書類の山を作っていた。現在は職場の机の上だけはきれいである。なぜなら、というわけでもないが、私も『週刊朝日』の記者氏同様、私も野口悠紀雄氏から学んだ『「超」整理法』を活用しているのだ。


「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)


また、辰巳渚氏の『「捨てる!」技術』も読んだ。


「捨てる!」技術 (宝島社新書)

「捨てる!」技術 (宝島社新書)


この本は、電車の車内で読み終えたのだが、下車するや否や駅のプラットフォームにあったゴミ箱に捨てた。それが著者の教えの実践だったかどうかは、本の中身を覚えていないのでわからない(笑)。ちなみに、『「超」整理法』は押し入れにあるプラスチックケースの中に眠っているはずだ。

その私が『人生がときめく片づけの魔法』は全く知らなかった。思わず買ってしまいそうだ。そうなるとますます本が増えてしまう。困ったものだ。

なにしろ私は、仲間内の雑談であの孫崎享トンデモ本戦後史の正体』をブックオフに10円で売り飛ばすと公言しておきながら、未だに実行していない人間なのである。矢部宏治のトンデモ本『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』も、必ずや同じ運命をたどるであろう。困ったものである(笑)。


戦後史の正体 (「戦後再発見」双書1)

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書1)


おい「リテラ」の田部祥太氏よ、孫引きしたならリンクを張れよ

最近、8年前に書いた下記の記事がTwitterでたまに引用されるので不思議に思っていた。

元テレビ朝日政治部長・末延吉正と岸−安倍一族とのつながり - kojitakenの日記(2007年10月6日)

そしたら、さっき「リテラ」の下記記事を見つけた。

『報ステ』転向?「安倍首相とテレ朝のパイプ役」の姪のバイオリン演奏を延々放映|LITERA/リテラ

その2ページ目から引用する。

http://lite-ra.com/2015/04/post-998_2.html

 末延氏と安倍首相の関係は古い。末延氏の実家は安倍氏の地元・山口県で、岸信介の時代から安倍家の有力な後援者だった。そして、テレ朝政治記者になった後、末延氏はその出自を最大限に活かすかたちで安倍氏に食い込んでいく。そして、安倍氏との関係をテコにテレ朝政治部で出世街道を歩んでいった。

 末延氏自身もそれを隠そうとはせず、第一次安倍政権が崩壊した直後、「月刊現代」(講談社)2007年11月号に、「わが友・安倍晋三の「苦悩の350日」」と題して、その深い関係をこうつづっている。

「私の亡くなった父は山口で家業の建設業を営む傍ら、青年団運動に携わっていた。A級戦犯容疑者として巣鴨拘置所に収監されていた安部の祖父である岸信介出所したのは、そんな青年団運動を熱心にやっていた折りだった。「自主憲法制定」を掲げて日本再建連盟設立した岸は、地元・山口に帰るたびに啓蒙運動を展開し、家が近所だった私の父も、その教えを受けた一人だ。

 だから私も子供の頃から、岸と面識があった。夏休みに東京から山口にやってくる晋三兄弟の存在も知っていた。」

「上京して、高校・大学を出ると、私はテレビ朝日に勤めた。それまでも同郷で、かつ父親が知己である関係で岸信介安倍晋太郎とも会っていたが、放送記者の仕事が始まると接する機会は増えた。」

「それを機に付き合いは深まった。思い出深いのは、04年の参院選敗北の責任を取らされ、幹事長から幹事長代理に降格させられた日のことだ。いつも人の批判をしない男が、私の前では不快感を露(あらわ)にした。私には素の姿を見せた。同郷で同じ年齢。そんな気安さがあったのかもしれない。そのことがまた、関係を密にした。」

 末延氏は政治部長在職当時、部下への暴力事件を起こして、テレビ朝日を退職せざるをえなくなったが、その後も、安倍首相との関係をテコにテレビ朝日との関係はきれなかった。

この月刊『現代』からの引用部分だが、2007年10月6日に私が『現代』から手打ちして引用した記事からの孫引きではないか。以下、私の8年前の記事から引用する。

月刊「現代」11月号に、元テレビ朝日政治部長末延吉正が "わが友・安倍晋三の「苦悩の350日」" なるトンデモ記事を書いている。

内容は、改革者・安倍を「抵抗勢力」が潰した、福田康夫擁立で時計の針は「逆回転」を始めた、とするもので、コイズミをも「抵抗勢力」と称している。つまり、末延はきわめて安倍と近いマスコミ人だということだ。

「現代」の記事に、末延は次のように書いている。

 私の亡くなった父は山口で家業の建設業を営む傍ら、青年団運動に携わっていた。A級戦犯容疑者として巣鴨拘置所に収監されていた安部の祖父である岸信介出所したのは、そんな青年団運動を熱心にやっていた折りだった。「自主憲法制定」を掲げて日本再建連盟設立した岸は、地元・山口に帰るたびに啓蒙運動を展開し、家が近所だった私の父も、その教えを受けた一人だ。

 だから私も子供の頃から、岸と面識があった。夏休みに東京から山口にやってくる晋三兄弟の存在も知っていた。

 上京して、高校・大学を出ると、私はテレビ朝日に勤めた。それまでも同郷で、かつ父親が知己である関係で岸信介安倍晋太郎とも会っていたが、放送記者の仕事が始まると接する機会は増えた。同い年の安倍を知ってはいたし、安倍が父・晋太郎の秘書になって、さらに会う機会は増えたが、その頃はそれほど親しくなることはなかった。むしろ、互いに「生意気な若造」くらいに思っていたのだと思う。

 安倍が政治家として化けたと感じたのは、小泉政権官房副長官として北朝鮮を訪問した02年9月のことだ。私もテレビ朝日取材デスクとして、急遽、同行取材することになった。訪朝前後、私は安倍にインタビューした。私の目の前にいる男に、少し早口で短気そうなお坊ちゃんの面影はなかった。

 それを機に付き合いは深まった。思い出深いのは、04年の参院選敗北の責任を取らされ、幹事長から幹事長代理に降格させられた日のことだ。いつも人の批判をしない男が、私の前では不快感を露(あらわ)にした。私には素の姿を見せた。同郷で同じ年齢。そんな気安さがあったのかもしれない。そのことがまた、関係を密にした。

(月刊「現代」 2007年11月号掲載 末延吉正 "わが友・安倍晋三の「苦悩の350日」" より)

(『kojitakenの日記』2007年10月6日付記事「元テレビ朝日政治部長末延吉正と岸−安倍一族とのつながり」より)

「リテラ」の文章の著者・田部祥太氏がこのブログから『現代』の記事を孫引きしたに違いないと確信する理由は、上記の2つの記事、特に赤字及び青字ボールドにした部分の対比からおわかりいただけるだろう。

まず、田部氏は私が引用しなかった箇所は『現代』から引用していない。私が引用した箇所のうち、イタリックにした部分を田部氏は省いている。

また、雑誌記事でルビが振られていたのを括弧付きに表記した「露(あらわ)」という表記が田部氏の記事でも同じ表記になっている。

さらに決定的なことがある。今になって初めて気づいたのだが、私は『現代』の記事を手打ちした時、一箇所「安倍」を「安部」とtypoしてしまっていた。一方、「安倍」と正しく打った箇所もある。田部氏が引用した記事にも同じ箇所に「安部」の誤記があり、同じ箇所に誤記でない「安倍」がある。雑誌の現物が私の部屋の押し入れに今も保存してあるか、それとも処分してしまったかはわからないが、おそらく元の雑誌記事には「安部」の誤記はあるまい。

以上から、99.999%の自信を持って、田部氏は私の記事か、さもなくば私の記事を引用したネットの記事から、『現代』の記事を孫引きないし曾孫引き以上の仕方で引用していると断言できる。

私も孫引きはよくやるが、その際には「○○から孫引き」と明記することを原則としている。自分の判断で記事から引用する場合と、一度他の人が引用した記事からさらに引用する場合では、その重みが異なるからだ。

つまり、自分が手打ちなどで引用する時は、自分の判断で引用したい箇所を決める。それに対して、他の人が引用した記事から孫引きした場合、そこには引用した人の価値判断が含まれているわけだ。それを明らかにする意味で、孫引きした場合は原則として引用元URLを明記することにしている。たまに意図的に明記しない場合もあるが、その場合には「某所で拾った」などという表現を用い、信頼性を保証できかねる情報であるとのニュアンスを示している。

私は、自分がそういう原則を持っていることを理由に、孫引きであることを明記しないサイトには全幅の信頼を置けないと考えている。

つまり、「リテラ」及び田部祥太氏に全幅の信頼を置くことは、私にはできないというわけである。

上記の記事に限らず、また「リテラ」や田部祥太氏に限らず、他のサイト経由で孫引きを行う場合は、引用元URLを明記すべきであろう。