ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

kojitakenの日記

2015-05-18 祝! 「大阪都構想」否決! 橋下、政界引退へ!!

86年ブロハードの逆転2ランを思わせる? 「大阪都構想」の開票速報の大激戦/ヤクルト、読売に勝って連敗を止める

昨日は朝早くから遊びに出かけて夕方帰宅。一風呂浴びて夕食をとり、夜9時半頃ネットにアクセスして、大阪都構想の是非を問う住民投票出口調査が賛成・反対が拮抗、しかも三世がわずかに多かったらしいことを知って凍り付いた。NHK開票速報を開くと、開票率2%で賛成、反対が同数だった。そのあたりで襲ってきた猛烈な眠気に逆らえず、起きたのは2時半だった。住民投票の結果は反対が賛成をわずかに上回っていた。

開票速報はハラハラドキドキの展開だったらしい。いただいたコメントを紹介する。

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20150518/1431884454#c1431888408

id:axfxzo 2015/05/18 03:46

野球でたとえるなら、一回のみ一点差で反対派がリード。二回からひたすら二点差で賛成派のリードが続くって展開でしたよ。私はNHKで見ていたが、七回辺りで一点差で反対派が追い付いてきたので

もしかしたら、これは開票が遅れていた辺境の人口が多い区で、ひょっとしたらと期待していたら…。

NHK臨時ニューステロップが出て、武田アナウンサーがやおら動き出したので

、あっ、橋下の勝ちかと胸糞悪くなったその刹那…。

まさかの逆転勝ち!

あなたならご理解できると思われるのであえてディープなたとえをしますけれど(笑)、さしずめ、86年の神宮球場、まさかのブロハードのヒトフリみたい!劇的なアナウンスでした。

このケース、八回ってところですね。

賛成派のリードは浮動という画面投票数の中での、臨時ニューステロップ!

スゴいドラマでした。

私の大嫌いな、ニヘラ笑いの新自由主義者江田憲司も代表辞任しました。

これで壊憲運動の出鼻を挫けた!

無論、国会議員の数も何ら変わっていないけれど、政治には数の大小だけではない、流れという面もある。

護憲運動にゲストに招かれて、たかだか共産党と握手すらできないガキ親父みたいなのが民主党のリーダー格にいる、腐りきった現実もありますが、政治家どもをどやしつけて修正させるのは、今回の都構想拒否みたいな、私たち、有権者の決意にもあると思います。

橋下、ざまみやがれ!

極右のピエロ、破れたり!

なんと、86年のブロハードの2ランですか。あの「神が打たせた正義の一発」ですね。

下記は、以前にも引用したことがあるが、「ブロハード」でググるWikipediaの次に表示されるサイトの記事。

no title

■1986年10月7日 神宮球場 ヤクルト読売最終戦

読  売 000 002 000…2

ヤクルト 010 002 00X…3


 6回裏のヤクルトの攻撃は、ワンアウトから4番のレオンがフォアボールを選んだ。5番はマイク=ブロハードだ。

 ブロハードはシーズン中、たまにホームランを打つものの、打率2割5分の選手である。しかも相手は、当時球界随一の投手・槙原。「スライダー、フォークの切れもいい槙原なら,変化球にもろいブロハードを簡単に仕留めるだろう。」と、正直私はブロハードに全く期待していなかった。

 ところがである。0−1から槙原の149kmの剛速球を捕らえたブロハードの打球は神宮球場の左中間スタンドに消えた。まさか、ここでクビ濃厚のブロハードがあの剛腕槙原からホームランとは…。

 その後、リリーフに出た荒木が読売の反撃を絶ち、開幕戦のリベンジを果たした。ここに読売は痛恨の一敗を喫したのだった。

 このヤクルトの死に馬キックは読売ファンにも大きな衝撃を与えた。翌日の「ズームイン朝のプロ野球いれこみ情報」での徳光和夫アナの落ち込みと解説の青田昇の激怒はすごかった。まさに、「読売ファンに天誅あれ」である。

 結局、この敗戦は読売にとって致命傷となった。(後略)

あのブロハードの「神が打たせた正義の一発」の試合は、このシーズンでそれまで読売戦3勝3敗(だったと思う)と頼みの綱の先発・故高野光が、にっくきクロマティに逆転2ランを打たれ、ああ、またも読売の勝ちかと誰もが思ったその裏に飛び出した。引用文にもあるように、ヤクルトは7回から先発ローテーションに入っていた荒木大輔リリーフに立ち、読売打線を抑えた。勝利投手高野、セーブ荒木とは、当時のヤクルトにとってこんな継投でもなければ読売には勝てないと思わせるものだったが、それを可能にしたのがブロハードの偉大な2ランだった。この試合で読売は1986年のリーグ優勝を逃したといえる。

あのブロハードの2ランを思わせる開票速報だったとは。起きてみていれば良かったとも思うし、そんな心臓に悪いものは見なくて良かったとも思う。少し前にも書いたが、実は「神が打たせた正義の一発」の試合も私はテレビの生中継を見ていない。当時テレビを持っていなかった私は、遅く帰宅してミニコンポのチューナーでプロ野球ニュースの音声を聞いて知った。

なお、昨日は夜9時半頃までネットにアクセスしなかっただけではなく、プロ野球速報にもアクセスしていなかった。読売3タテを食らって合計10連敗などという不愉快なニュースには接したくなかったのである。

しかし昨日はヤクルト読売に勝ち、連敗を9で止めていたのだった。ヤクルトは既に最下位に落ちているが、読売戦の成績も4勝5敗として、今後に望みをつないだ。

2015年5月17日 東京ドーム 9回戦 読売5勝4敗

ヤクルト 001 000 100…2

読  売 000 000 000…0

(ヤ)○石山(3-3)−中沢−ロマン−オンドルセク−Sバーネット(1-0-9S)

(読)●高木勇(5-2)−戸根

まことに、昨日は良い一日だった。

axfxzoaxfxzo 2015/05/19 03:47 浮動は、不動が正しいですね。スマホなので特にミスをしてしまう(笑)。今回は特にダラダラと書いてみる(笑)。

そうですか、あの血を血で洗う、地獄のペナントレースのクライマックスを音声でというのは、残念でしたね。
私は克明に覚えている。
あの軽薄で傲慢な王貞治監督に怒り狂っていた横浜大洋ファンの一人としては85年の『遠藤さえいなけりゃ、こっちのもの』と小バカにされた三連戦で、見事にサンタテをかました時の、爽快感に
匹敵、いや、それ以上の痛快だった。
因みに王貞治は、たしか日航機墜落事件の機長をもじって、『もうダメかもしれないね』と、近藤大洋に三タテ後にコメントしたはずだ(笑)。王憎しとはいえ、
ここらが昨今のプロ野球の監督などとは
違う、風雅さというか、楽しさはあったなあ。
ブロハードのヒトフリ、あれはネット上で視聴できるのだろうか?
クロウがまるでゲーリックかルースみたいな、超人的な(事故からの)カムバック、グラントスラムをかまして、もう、絶対に王巨人のV奪還は確実と、言い様のない、どす黒い不快なものに染められた挙げ句の、フジテレビ中継。
マッキーからまさかのヒトフリってシーンは無論、神がかっていた(デススター爆破、スターウォーズの一作目をその時は想起させられた)のだが、あの時のフジテレビ中継は、どこぞの劇空間何とかとは月とすっぽんだった!
チャチャチャチャチャチャチャ、チャンチャン…と、86年の開幕戦、大洋vs阪神から変わった、あのオープニングエンディングミュージックと共に、罵声を浴びせられながらも、腕時計をいじくりながら球場を引き上げる貞治のざまをクローズアップして締めくくるって終わらせ方、あれには痺れた。
理屈の上では、阿南さんだって負ける可能性もかなりあるわけだが、あのブロハードのヒトフリは、そんな紙の上の話を通用させないものがあった。これはプロ野球にはまった者にならわかる話。あまつさえ、死闘を演じる現場なら、だ。
同様なことは82年の近藤ドラゴンズと藤田巨人のデッドヒートでもあった。ガンじいが、全日程を終えた時に、何とも言えない顔で中日の結果を待つ様、あれも十分に巨人の優勝は有りうる展開なのだが、まあ、流れは近藤さんだな。ヤクルトがちょっと怖いけど
まずいけるだろ。俺はあえて大洋ファンを止めるぞと、そう、アンチ巨人の王道に腹を括ったわけでして(笑)。
ヤクルトファンでも大洋ファンでも、弱小チームを贔屓にもった人ならば、秋の消化試合の意義が分からないなんてあり得ない(笑)。一年間の怨念を、大巨人にブツケルこと!プロ野球の発展のためには
奴らのV逸に万難を排して、残りの一戦、一戦に遺恨の一太刀を浴びせることが使命であるって感じですかね。
思えば、近藤ドラゴンズの猛反撃も夏休みのお仕舞いの、山下大輔のまさかのヒトフリ(江川からだったはずだ!)からだったと記憶する。
こんな話を書きなぐったのも、世の中というのは、些細なことから動き出すものだということを言いたかったから。
なるほど圧倒的な議席を安倍晋三は持っているし、維新の奴らが橋下の敗北と共に国会から消えたわけでもない。長島だの松原だの、自民党と変わらぬ右翼野郎を抱えた民主党も同じく!
しかし、大阪の維新府議会、市議会議員たちも、もはや死に体だ。安倍晋三の野望も根本からやり直しに等しくなった。
たとえ、護憲集会で共産党委員長と握手すらできないガキ親父がいたとしても、
安保法制論争で、維新的な妥協モードは
これでまさますやりにくくなった。それでなくても嫌われ者の民主党が、橋下や江田憲司に色目を使おうにも、二人とも政治家生命は絶たれてしまった。
維新は崩壊する。たとえそれが我欲からでも、より喧嘩モードでないと議員としては生き残れない。たとえ泥船でも民主党にしか奴らの大抵は乗れそうにない。
立ち上がれ系は、死神状態。たとえ安倍晋三が好きでも、自民党は満室状態。
こうして、当人たちの本音とは裏腹に、少しずつだが、シナリオは狂っていく。
あとは、私たちがこの愚かな選良どもをどやしつけていけばよいのだ。
世に何とかばかりしていても、何にもなりません。厳しい批判の眼と、希望を捨てぬ楽観さも必要。
橋下の自爆的な敗北から、こんな長話でご免なさい。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20150518/1431901232