ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

kojitakenの日記

2016-01-23 一般市民には「いかなる政治家をも批判する」在野精神が求められる

一般市民には「いかなる政治家をも批判する」在野精神が求められる

定期的に下記のコメントを書くような頭の悪い人間が現れるので、ここで私の基本方針を明らかにしておく。

きまぐれな日々 「共産党の国会開会式出席」に物言えぬ「政権批判者」たち2016年1月18日)のコメント欄より。

http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-1423.html#comment19279

kojitakenはどの政党を支持しているのか、またどの政治家を支持しているのか明示せよ。

2016.01.23 00:45 一般

前々から書いているように私は支持政党なしの無党派層の人間だ。以前にも書いたと思うが、かつての日本社会党のような政党を(同党がかつて抱えていた問題点をクリアしてという必要条件はあるが)再興する必要があると考えている。「きまぐれな日々」の記事に関連していえば、私は「民主集中制」を認めないので日本共産党を支持することはないし、かといって財政極右の保守政党としか言いようのない民主党や、小沢一郎衛星政党に成り下がったあげくにいまや「絶滅危惧種」の社民党なんかは論外だ。

それから政治家に対するスタンスだが、一般論として国会議員地方議会の議員もそうだが)は権力者であり、一般市民とは非対称的な関係にあるのだから、権力の行使を受ける側にいるわれわれ一般市民には、いかなる政治家に対しても批判をする在野精神が求められるというのが私の持論だ。一般にはジャーナリズムに本来求められる、などとされる「権力のチェック機能」を、ジャーナリストならぬ一般市民であっても、誰しも持たなければならないと考えている。

上記「一般」と名乗る人物は、もしかしたら「小沢信者」か、さもなくば特定の政治家または特定の政党に「帰依」してしまっている人間に違いないと私は想像するのだけれど、もしそうであったなら、そういうあり方こそ「立憲主義」に反する「人治主義」にほかならない。

「きまぐれな日々」の上記記事のコメント欄に、共産党民主集中制立憲主義に反する人治主義だという指摘があったけれども、それこそ水島朝穂氏が「マルクス主義法学」の問題点として指摘していたことだ。水島氏によると「マルクス主義法学」は立憲主義を認めない。確かに民主集中制とは人治主義だ。いつの頃からか「立憲主義」を党是にしたらしい共産党が、「民主集中制」をいつまでも保ち続けているのは大問題であって、「国民連合政府」を言うようになってからの共産党のあっという間の急激な右傾化は、人治主義の問題点を露呈したものだ。

同じ欠陥を共産党よりもっとひどい形で示しているのが「小沢信者」であって、信者の頭の中にあるのは「民主集中制」ならぬ「小沢集中制」といえる。人治主義者の極北ともいえる「小沢信者」こそ「立憲主義の敵」の最たるものだ。

こうやって親切に書いてやっても、「一般」と称する頭の悪い人間には理解できず、何か月か後にはまた同じようなことを書いて寄越すんだろうけどね。

mtcedarmtcedar 2016/01/24 10:12 というのか、「参加民主主義」「協働」とか「批判じゃなくて対案・提案」とかが言われる様になって、その手の"野党精神"的なものが貶められた・否定的なモノとされた感は強かったりしますね。海外だと白票も棄権も正当な行為として扱われたりするのに、日本だと「棄権は危険」とか言われたり・・・・・

一昔前の「観客民主主義」「政治への無関心」ってのをあまりに無責任なモノとしてしか捉えず、其処に潜む批判的な意図を汲み取れなかった政治・更にはジャーナリズムや何鱈運動の問題って気もします。

badgebadgebadgebadge 2016/01/24 11:24 安部たちのような没論理のウヨが野党に要求しているのは、「オレは近代兵器で人を殺そうと提案しているんだから、もしオレに反対するのなら他の殺人方法を対置してみろよ!」と、開き直るようなものでしかないんですよ!

問題の枠組みに拘束・拘泥させられる対案要求には、枠組みそれ自体に対する撤廃要求が「対案」になるんですねw

badgebadgebadgebadge 2016/01/24 12:00 「民主集中制」を民主と集中という対立する2者の統一だと自己弁護する20世紀マルクス主義は、「対立物の統一」という弁証法(正しくは、「事物の対立性と同一性の統一」だが)における「統一のされ方」についてもマルクスとヘーゲルの弁証法理解の違いを理解していないのですね。ヘーゲルの国家論に顕著なように、ヘーゲルの「統一」とは、現状聖化論に帰結してしまう予定調和的統一でしかありませんが、マルクスの「統一」は「現存する矛盾」「矛盾の運動構造」を直視するものです。
だから、20世紀マルクス主義の言う「民主と集中」の「統一」論も、現状肯定の説明理論でしかなく、ヘーゲルの国家論同様、未来において達成される「概念的統一」があたかも現存しているかのように主張する、現状を美化する議論でしょう。
20世紀左翼の「民主と集中の統一」論は、アトムとホロンが現実において分裂している現在の人類社会やその反映である意識の分裂構造を無視して、共産主義社会がすでに完成し現存しているかのように主張する幻想かデマでしかありません。
資本の巨大な分裂構造である現代社会においては、民主と集中、個人と全体の無限の統一運動や統一要求は存在しても、統一が完遂されることなんてあり得ないのです。
したがって水島の言う「人治主義」も、民による人治ではなく、最高幹部への権力集中=最高幹部による人治・支配にしか帰結しない。その具体例が、構成員の承認無き代行主義であり人事システムの現状です。この点では、20世紀左翼型諸党は、マルクス時代のインターナショナル組織からさえ後退している。
民主集中制とは、普段の自己改革無くして存立し得ないシステムなのです(もっとも、資本主義も、その点では同様なのですがねw)

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20160123/1453504711