ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

kojitakenの日記

2016-08-10 現天皇を「非常に厳しい状況下に置」いた「重い殯(もがり)」とは

現天皇を「非常に厳しい状況下に置」いた「重い殯(もがり)」とは

天皇のビデオメッセージについては、正直言ってあまり書きたくはなく、書こうかどうか少し迷ったが、やはり書いた方が良いと思い、記事を公開することにする。

今回の天皇のメッセージで印象に残ったのは下記のくだりだ。

 天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き、その後喪儀に関連する行事が、1年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。

この中で、特に「重い殯」という言葉が耳を引いた。そこでネット検索して、下記の記事を見つけた。

お探しのページは見つかりませんでした。 - はてなブログ2016年8月8日)より

殯(もがり)の驚きのしきたり

この殯(もがり)、wikipediaで調べるとすぐにでてきます。

ネットってすごい。でも読むと驚きます。

殯(もがり)とは、日本の古代に行われていた葬儀儀礼で、死者を本葬するまでのかなり長い期間、棺に遺体を仮安置し、別れを惜しみ、死者の霊魂を畏れ、かつ慰め、死者の復活を願いつつも遺体の腐敗・白骨化などの物理的変化を確認することにより、死者の最終的な「死」を確認すること。

  出典:殯 - Wikipedia


読むとわかりますが、亡くなった後、遺体をかなり長い間、置いておく。

安置と言えば言葉はよいですが、これを読む限り遺体が腐敗して白骨化するまで、埋葬せずに置いておく、というわけです。

・・・なんでまた??

要は、死を悼み、別れを惜しみ、復活を祈念する期間。

で、遺体がもうどうしようもない状態になってはじめて、本埋葬をする。

この間の期間をどうやら殯(もがり)というらしい。

これは確かに厳しいし、残された遺族にとっては、現代の感覚で言えば酷いことこの上無し、という感じがしますよね。


また、殯に長い期間をかけるの理由としては、上とは別の説明の仕方もあるようです。

昔は亡くなった人が怨霊になることをたいへん恐れていた。

それで、そうならないように霊魂を慰めつつ、復活しないことを完全に確認する、という意味合いもあったらしい・・・。

同じ長い期間をかけていても、一方では復活を願い、もう一方では復活しないことを確認する、という具合に正反対。

実際には死を恐れる心の裏表という感じで、双方の意味合いが複雑に絡んでいたのかも知れません。

単刀直入に書くと、現天皇は、1989年に自身が体験したこんな儀式が嫌で嫌でたまらなかったということだ。さらに言えば、自分が死んだあとの死体がそんな目に遭わされるのも嫌だ、さっさと葬ってくれという気持ちもあるだろう。

以下少し追記しておく。

この記事で引用したブログ記事に書かれた殯の記述に関して、『きまぐれな日々』へのコメント*1で教えていただいたところによると、作家の中沢けい氏が「殯は決して白骨になるのを見守る儀式ではありません」「遺体の防腐処理がされる」等の指摘をしているとのことだが、死体が腐乱して猛烈な悪臭を発するのを何もしないで放置するとは信じ難いとは私も思っていた。ただ、遺体の防腐処理云々はともかく、天皇自身が「重い殯」と、誰が聞いてもネガティブな意味合いを込めているとしか思えないであろう強い表現をしていることが、ここでの論点だ。

もちろん、(昭和)天皇の死に先立つ「自粛騒動」についても、自分が死ぬ時にはそんなことをやってくれるな、という思いが強いに違いない。

要するに、天皇は1988年から1990年にかけて体験した父の死と自らの即位の前後の日々を苦々しく思いつつ、80歳を過ぎても天皇を辞められないなんて真っ平御免だと思っている、といったところが本音なのではないか。

このビデオメッセージが発表される数日前、右翼月刊誌が一斉に発売されたのでちらっと眺めてみたが、右翼論客は一様に天皇生前退位否定的だった。

つまり、上記の儀式類なども含めて、下々の手の届かない存在としての天皇(制)、それは今回のビデオメッセージで明らかになったように、象徴天皇制の現在もその性格があると言わざるを得ないのだが、それをさらに強化し、明治憲法時代のような「天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」の時代に戻したいという意図を彼らは持っている。もちろん、神聖不可侵の天皇の名のもとに自分たちが好き勝手をしたいがための彼らの野望である。天皇生前退位意向はそんな彼らにとって迷惑以外のなにものでもなかったということだ。

天皇制差別の根源になっている等の問題は確かにあるが、そうは言っても現に天皇制は存在し、生身の人間が天皇を務めている。死ぬまで退位できず、自らの死の前後には思い出したくもないような儀式や国民の「自粛」が繰り返される。そんなのは嫌だ、止めてほしいという生身の人間の訴えとして、白状するが多少心を動かされたのだった。

極右メディアである産経は、早速こんな世論調査を発表しやがった。

【産経・FNN世論調査】天皇陛下の生前退位「制度改正急ぐべき」70・7% 「必要なら憲法改正してもよい」84・7% - 産経ニュース

2016.8.8 12:15更新

産経・FNN世論調査

天皇陛下生前退位「制度改正急ぐべき」70・7% 「必要なら憲法改正してもよい」84・7%

 6、7両日に実施した産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、天皇陛下天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」について、政府がどう対応すべきか尋ねたところ、「生前退位が可能となるように制度改正を急ぐべきだ」と答えた人が70・7%に達し、「慎重に対応すべきだ」の27・0%を大きく上回った。

 また、「生前退位」が可能となるように「憲法を改正してもよい」と思う人は84・7%に達した。「思わない」と答えた人は11・0%にとどまった。

生前退位をするためには憲法改正が必要」などと言っているのは右翼だけだ。何より、産経FNNのこの世論調査は、天皇に対する嫌がらせとしか私には思えなかった。もちろん、悪質な「天皇の政治利用」でもあることはいうまでもない。右翼とは、かくも下劣な存在なのである。

私は、長期的には天皇制はなくした方が良いと思うが、そうはいってもそれが国民の総意となる日が近いとは思われない一方で、生身の人間が天皇を務めている以上、天皇人権も考慮し、天皇の定年制を(たとえば80歳)を皇室典範で定めてはどうかと思う。80歳では高齢に過ぎるというなら、次の天皇からは75歳あるいは70歳くらいで退位するようにしても良いかもしれない。

退位の年齢を定めてしまえば、天皇恣意によって退位の時期を決められてしまう弊害もなくせると思うのである。

suterakusosuterakuso 2016/08/10 07:55 現状を考えると、「天皇の国事行為」には「内閣の助言と承認」が必要なので、天皇の恣意よりも時の政権の恣意によって、退位の時期を決められてしまう弊害の方が、実はあるのではないかと思います。

しかし、そうしたこと以前の問題で、kojitakenさんが着目した殯についての天皇の思いなどを考えると、「皇族って大変よね」って言いながら、「でも国のためにはやっぱりあったほうがいいから」なんて言って、天皇制を支持する「穏健でふつうの国民」たちの残酷さに苛立ちを覚えますね。(ついでに言うと、そんな立場に置かれた天皇に「直訴」したり、その言葉を利用したりして自分たちの政治的主張を通そうとする人たちにも。)とはいえ、天皇自身は、天皇制が末永く続くためにみたいな思いも言っていたけど。ま、仮にそこを否定する思いがあったとしても、それは改憲を求めることに他ならなくて、とってもわかりやすい天皇の政治的発言になってしまうから、できるわけがないけど…。

axfxzoaxfxzo 2016/08/10 08:02 右翼のバカどもでも昔の天皇がコロコロと代わっていたことも知らぬわけがわかろう。元号だって明和8年の次に変えたとか、たしかあったはずだ。語呂合わせなどでも変幻自在だったのが明治以前の伝統である。
明仁の『疲れました』宣言をタネに
改憲誘導を仕掛けてくるゴロツキ産経は問題外としても、憲法をいじったり付け足してとする合理性、緊急性はドコにもない。
天皇『制度』の仔細を微調整すれば
事足りる。右翼どもこそ皇室典範を
フマノタイテン(変換不可能だしメンドクサイ)と思い込んでいる。
護憲というより、活憲派たる私には
単なるバカとしか思えない、おためごかしな改憲(加憲)誘導だね。

gogo1960gogo1960 2016/08/10 10:06 死ぬまで家業から足を洗えないで働かされるとか
老人虐待だし。
自分が亡くなった後の異常に多い長期の行事で
高齢の妻はじめ家族が大変な目に合うことが
あまりにも忍びない、というのも当たり前の
感情だし。
それに反対する右翼って、人でなしとしか思えない。
皇室典範じゃなくてここぞとばかり無理矢理
憲法改正を持ち出すところとか、
天皇を敬っているように見せかけて実は
「ダシ」にしようという気満々じゃないですか。

私は天皇家に何の興味もないのですが、
なにか気の毒なご老人に少し同情してしまいました。

badgebadgebadgebadge 2016/08/10 10:42 「象徴天皇」は、他の理由をつけてではあるが、天皇を再び戦前のように権力的存在に祭り上げることに道を開く摂政制度の援用にも否定的な見解を示したね。
そう、非権力的な「象徴」には、摂政制度は似つかわしくないんですよ。極論すれば、象徴にとって摂政は背理になる。

また、明治維新以前には生前譲位が行われていたことにも触れて、明治以降・敗戦までの絶対主義的天皇制に婉曲な忌避を示したともみられるね。

だから、中国の「環球時報」などは、「『平和主義者』である陛下が、安倍内閣の歴史の否定、軍事拡張、憲法改正に向けた政策に不満を抱き『生前退位』により『護憲』の態度を表明」との見方も伝えている。またまたちょっと面白いねw

mtcedarmtcedar 2016/08/10 11:40 ところで、東京新聞=中日新聞でさえこの体たらくなんですなぁ。
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2016080902000101.html
「万世一系の天皇家が千五百年、あるいは二千七百年にわたって統治者であり続けた歴史は世界に類がない。誇るべき内実は一系にあり、男系や女系ではないはずだ」

id:suterakuso氏の指摘とも重なりますけど、「天皇から自由になれない日本人」というより「天皇から自由になりたくない日本人」の根深さには辺見庸が言う様な“湿土に隠れた地下茎部分”の表象がここにある、って気もしますね。雁屋哲が『日本人と天皇』の結末で卓袱台返しの如く「“天皇から自由になる”のは答えだよ」なんて気楽なことで済まされる筈もなく、現行憲法が70年近く存在し続けたとしても「天皇から自由になれない日本人」「天皇から自由になりたくない日本人」が目立つのは何故なんだろう?って問うべきなんじゃないかとさえ思いますね。

まぁ、こういう様に天皇の言動で世間が大騒ぎするくらいなら、(辻元清美が主張していました http://amzn.to/2aY7eAM が)天皇を完全に国政の関与から外して一つの称号の形にして、改めて国家元首を民選で選ぶとか・・・・・まぁ、この時期だと諸刃の剣にもなり兼ねませんけどw

badgebadgebadgebadge 2016/08/10 13:59 オレは象徴天皇制にすら賛成する考えはないし、ましてや「万世一系」など到底信じるものではないが、それでも、昨今の天皇が果たしている皇室VS日本会議という「政治的役割」や護憲的立場の表明は、外国メディアでも紹介されているんだから正確にみておくべきだと思うね。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2577.html

MakegumiKyojiMakegumiKyoji 2016/08/10 19:03 今の天皇は、右翼の言いなりになれば天皇制存続自体が危うくなることを自らの体験でいやというほど知り尽くしているからこそ、国政に関わりたいとは思っていないのではないでしょうかね。「万世一系」などオカルトの世界にすぎないことを現天皇は知り尽くしていると思います。ただ、現天皇の思惑はどうであれ、天皇制は差別の階層化の根源として排除されるべきではありますね。

breakwater3breakwater3 2016/08/15 17:26 天皇の生前退位なんて皇室典範とやらを改正すればいいだけのことで簡単なことでしょう。生きていても人間は誰でも老いて引退する時期はあるわけでそれは当然なんだし。

評論家も含めて、天皇の生前退位を、さも難しいことのように主張する人たちは結局、皇室、天皇を政治的に利用したい願望がある人たちなのでしょうね。

もし憲法に触れる問題なら、お得意の解釈改憲でもすればいい。笑

私自身は今の天皇、皇室の存在ということについてどう考えればいいのかわからないのですが。普段の生活の中では日本人だからといって天皇の存在は別に意識しないでしょ?熱心な皇室ファンでもないかぎり。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。