ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

kojitakenの日記

2016-10-13 小沢一郎、10個目の政党「自由党」 生活が党名変更(朝日)

スマホで将棋ソフト使い不正か 三浦九段「ぬれぎぬ」(朝日)

本当かね、この話。

スマホで将棋ソフト使い不正か 三浦九段「ぬれぎぬ」:朝日新聞デジタル

スマホ将棋ソフト使い不正か 三浦九段「ぬれぎぬ」

村瀬信也、深松真司

2016年10月13日00時23分

 日本将棋連盟は12日、15日に開幕する第29期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)で、挑戦者の三浦弘行九段(42)が出場しないことになったと発表した。対局中、スマートフォンなどに搭載の将棋ソフトを使って不正をした疑いもあるとして、説明を求めたという。連盟は、期日までに休場届が出されなかったため、12月31日まで公式戦の出場停止処分とした。

 三浦九段朝日新聞取材に「不正はしていません。ぬれぎぬです」と話し、今後の対応は弁護士と相談中という。

 七番勝負には挑戦者決定戦で敗れた丸山忠久九段(46)が出場し、渡辺明竜王(32)と対戦する。読売新聞社も了承しているという。同社から正式なコメントはなかった。竜王戦将棋の七大タイトル戦の一つで、タイトル戦の挑戦者の変更は極めて異例。

 対局中は持ち時間の範囲で対局室から出られるが、連盟によると、三浦九段は今夏以降、離席が目立っていたという。連盟側が11日の常務会で聞き取りをしたところ、対局中のスマホなどの使用を否定。「別室で休んでいただけ。疑念を持たれたままでは対局できない。休場したい」と話したという。期日の翌12日までに休場届が提出されず、連盟は処分を決めた。

 三浦九段は1992年に四段に…

朝日新聞デジタルより)

竜王戦といえば読売が金の力にものをいわせて将棋界でもっとも権威のあるタイトルにでっち上げ、もとい仕立て上げてしまったタイトルだ*1。そのタイトルの挑戦者が、こともあろうに「コンピュータアシスト九段」だったとは……

ま、カンニング疑惑が嘘かまことかは存じ上げませんけど。

*1そんなこと(=読売への屈従)をしているせいもあって、私には将棋囲碁の下に見てしまう偏見がある(笑)。

suterakusosuterakuso 2017/01/01 10:30 うーん…。『きまぐれな日々』の方に「何らかの対応」を求める書き込み

http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-1459.html#comment20027

があったので、あらためて見ましたが、判断留保の姿勢で書かれていますよね。趣旨は、なんとまあという話だけど本当かね?っていうことではないかと。

ま、追記だとか新記事で続報にリンクをはった方がていねいだとは思いますが、興味をもっていた人はすぐに知ったでしょうからね。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20161013/1476312505