ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

kojitakenの日記

2017-03-12 「大震災で『格差』を忘れた日本人」(橋本健二、現代ビジネス)

「大震災で『格差』を忘れた日本人〜いったい何が起こったのか」(橋本健二、現代ビジネス)

今日の一本はこれだ!と思った。昨日(3/11)付の記事なので1日遅れではあるけれど。著者の橋本健二教授はマルクス主義系の社会学者と記憶する。

大震災で「格差」を忘れた日本人?いったい何が起こったのか(橋本 健二) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)2017年3月11日

震災で「格差」を忘れた日本人〜いったい何が起こったのか

この国が直面する喫緊の課題

橋本 健二早稲田大学教授・格差社会研究)


東日本大震災から、6年が過ぎた。この震災の前後で、日本の社会は大きく変わった。それとともに、人々の関心も大きく変わった。災害原発の問題に人々の関心が集まるようになった反面、忘れられがちになった問題も少なくない。

そのひとつが「格差」の問題である。

思えば震災前は「格差社会」が流行語となり、「格差社会論」と呼ばれる言説が世に満ちあふれていた。毎月何冊もの本が出版され、中身は玉石混淆だったとはいえ、それぞれに一定の読者を獲得していた。格差と貧困現代日本解決すべき課題だということが、共通認識となりかけていた。

ところが震災の後になると、さっと潮が引いたように、「格差社会」という文字を見かけなくなった。どうでもいいことだが、震災前には私のもとにも格差社会に関する本を書いてくれという依頼が続々と舞い込んだのに、最近ではさっぱりで、こちらから提案しても渋い顔をされることが多い。


震災で格差を忘れた日本人

人々の意識に大きな変化があったことは、世論調査の結果からも明らかだ。一例として、内閣府が毎年行っている「国民生活に関する世論調査」の結果を見てみよう。

この調査は、「お宅の生活の程度は世間一般からみてどうですか」という設問を設けていることでよく知られている。回答は「上」「中の上」「中の中」「中の下」「下」の5つから選ぶことになっていて、マスコミなどでは「中の上」「中の中」「中の下」の合計が「中流意識」と呼ばれることが多い。

真ん中3つを合計するのだから比率が高くなるのはあたりまえで、これを「中流」とみなすのは問題だが、それでも人々の意識の変化をみるのには役に立つ。

たとえば「上」「中の上」と回答するのは自分を「人並み以上」、「中の下」「下」と回答するのは自分を「人並み以下」と考えているわけだから、その比率は格差の動向を反映する。実際、1990年代後半以降には、「中の中」が減少して、「人並み以上」と「人並み以下」がともに増加した。格差拡大が人々の意識にも表われたのである。

ところが震災後になると、「中の中」の比率が跳ね上がり、その分「人並み以下」が減少した。もちろん、震災後に格差拡大が縮小して低所得者が減ったわけではない。

2014年夏に行われた「所得再分配調査」によると、日本の経済格差震災前の2008年に比べ、年金の支給額が増えたことなどから中高齢者の一部でやや縮小したものの、非正規労働者失業者の増加を反映して若年層で明らかに拡大したため、全体としては高水準のまま横ばい状態にある。

それでは、何が起こったのか。

国民生活に関する世論調査によると、現在の生活について「満足」と答える人の比率は、21世紀に入ってから低迷を続けていたが、震災のあった2011年から顕著な上昇傾向を示し、2013年には70%を越えた。

震災があり、不景気も続いているのに、人々の生活満足度が上がったというのか。人々の政府への要望をみると、「防災」が大幅に増えた反面、「高齢社会対策」「雇用・労働問題への対応」が大幅に減っている。

どうやら震災は、日本人の意識に次のような変化をもたらしたらしい。

震災で命を落としたり、家を失ったり、避難生活を余儀なくされている人々に比べれば、自分たちはまだまだマシだ。自分を「下」だなどとは考えないようにしよう。老後の生活や雇用、そして格差の問題などは、震災復興と防災に比べれば二の次だ、と。

格差社会論が広く受け入れられる素地は、こうして失われたのである。


一刻の猶予も許されない

しかし、格差の問題を忘れ去ってしまうわけにはいかない。なぜかというと、ひと言でいえば、「格差は末代まで祟る」からである。悪い冗談ではない。ひとつの調査結果を紹介しよう。

1965年に「社会階層と移動全国調査」という調査が行われた。実はこの調査は、1955年から10年おきに行われているのだが、この年だけは調査の項目が他の年よりも詳しく、調査対象者の祖父父親・本人の職業、子ども学歴を尋ねている。

つまりこの調査データを用いれば、格差が3世代後の子孫にどのような影響を与えているかを確認できるのである。しかも家が農家の場合は、地主・自作・小作の別まで尋ねている。

調査当時は技術的な問題もあって、さほど詳しい分析が行われなかったのだが、改めてデータを詳しく分析した結果、次のようなことが分かった。

(グラフの引用を省略しました。グラフは元記事をご覧下さい=引用者註)

父親学歴は、祖父が地主だと高く、小作だと低い。本人の学歴は、父親が地主だと高く、小作だと低い。ここまでは、まあ当然だろう。

それでは祖父学歴は、3世代後にあたる本人の子ども(つまり曾孫)にどのような影響を与えているか。

地主の曾孫の大学進学率(短大を含む)は、男性が35.7%、女性が36.4%だった。自作だと、男性が17.0%、女性が14.6%。そして小作だと、男性が11.1%、女性が4.3%である。大学進学率には、男性で3.2倍、女性で8.5倍もの差がある。

格差社会論」の重要な論点のひとつに、「格差の固定化」があった。親の格差は子どもの進学や進路選択に影響し、子ども世代に機会の不平等が生まれる。こうして富裕層子ども富裕層に、貧困層子ども貧困層になりやすくなる、という問題である。

こうした問題があるとすれば、「機会の平等が保証されていれば、競争の結果として格差が生まれても問題ない」と単純にはいえなくなる。なぜなら、親世代の結果の格差は、子ども世代の機会の格差を生み出すからである。

そして上の分析結果は、こうした機会の格差が、子ども世代のみならず孫、曾孫の世代にまで影響すること、つまりいったん拡大した格差は、数世代後にまで影響することを示している。文字通り、格差は末代まで祟るのである。

いま格差拡大が深刻なのは、20歳代と30歳代である。

家族形成の時期を迎えつつあるこれらの世代の内部の格差は、今まさに、子ども世代の格差を生み出しつつある。10年もすれば、これが進学機会の格差となって表われる。さらに10年もすれば、経済格差となって表われる。

こうして今日の格差拡大は、以後数十年にもわたって日本社会に影を落とし続けるだろう。

格差是正は、日本社会が直面する緊急の課題である。震災原発に気を取られている間に、手遅れになりかけている。一刻の猶予も許されない。

(現代ビジネスより)

震災原発」に加えて、森友学園(アッキード)事件もあり、はてなブログ有料オプションを使って(=身銭を切って)下記共用ブログを開設している私自身もブログを放置しているていたらくだ

上記リンク先のトップページをご覧いただければわかる通り、2017年に入ってから記事の更新が一本もない。それというのも、ブログ管理人の私が放置しているのが最大の原因だが、人々の間で格差や貧困の問題が意識の後景に退きつつあることもしばしば感じる。たとえば2008年には、東京都知事になる前に麻生内閣厚労相をやっていた頃の舛添要一が「私は高福祉高負担の方が良いと思う」と発言したことがあったが、その後東京都知事になって舛添の姿勢が後退したとはいえ、昨年にはそれとは関係ない件で(私の推測では官邸安倍晋三一派=の意を受けて)マスコミが舛添を追い落とす「劇場」に人々が拍手喝采したうえ、あろうことか自らも極右にして過激新自由主義者であり、手下の「都民ファ□ストの会」の代表に安倍晋三も真っ青の極右中の極右野田数(かずさ)を持つ小池百合子都知事に選んで熱狂するという惨状を呈している。

震災で格差論が後景に退いたことには、他に当時の政権与党・民主党内の反主流派だった小沢一郎が、震災原発を時の菅直人政権への攻撃材料として利用しようとして、それに少なからぬ「リベラル」たちが乗ってしまったことも理由として挙げられる*1。このプロジェクトは、当初小沢が橋下徹との連携を模索したものの失敗し、立場的には社民党あたりに近い嘉田由紀子を担いで「日本未来の党」を立ち上げ、それに東京新聞までもが丸々乗っかって大騒ぎしたものの結局衆院選民主党ともども惨敗し(民主党日本未来の党とは、絵に描いたようにみごとな「共倒れ」だった)、自民党政権をトリモロして第2次(2014年衆院選以降は第3次)安倍内閣が発足するという最悪の流れにつながった。さらに悪いことには、下野した民主党右派新自由主義政党である維新の党と合流して民進党となり、昨年の代表選で選ばれた蓮舫幹事長野田佳彦を任命して「安倍政権より(経済政策的には)右」の財政再建至上主義経済極右政党色をますます強めてしまった。その必然的帰結として、現在蓮舫や野ダメ(野田佳彦)は小池百合子にすり寄っている(当然ながら小池に冷たくあしらわれているが)。いくら安倍政権森友学園(アッキード)事件で躓いても、野党第一党がこのていたらくであればすぐには再々政権交代は予想できず、夏の都議選、これには公明党と組んだ「都民ファ□ストの会」が間違いなく圧勝するだろうが、この「ファ□ストの会」が国政政党化した政党シンシンシン党、いや新・新進党。ジンジンジン・松原仁あたりもこれに加わりそうな悪寒がする)が再々政権交代で生まれる政権与党になりかねない。いや、地方では自民党が強いだろうからそう簡単にはいかないだろうし、それを思うと小池百合子による自民党乗っ取りの線も考えられるが、この「崩壊の時代」の真っ只中にあっては何が起こるかわからない。いずれにせよ一つだけ確かなのは、格差や貧困の問題を後景に退かせる社会的圧力震災後ずっとかかっていて、この国の民はそれに押し流されて今まできてしまったことだ。

そんな中、6年目の「震災の日」を選んで書かれた橋本健二教授のコラムは、私にも耳の痛い内容だった。つまり、上記社会的圧力が作った流れに押し流された人間には私自身も含まれる。それはわかっているのだが、なかなか思うように時間を割けないというのが正直なところだ。

なお、私はかつて橋本教授の書いたちくま新書『階級都市―格差が街を侵食する』を読み、この日記で取り上げたことがある。

*1もともと小沢一郎新自由主義者として格差の拡大に寄与してきた政治家だったから、自らの過去を否定するかのような格差論よりは、1991年の青森県知事選で核燃サイクル推進派の応援に「剛腕」をふるった以外には自らの関与が比較的少なかった「原発」論で騒ぐ方が心地良かったのではないかと私は推測している。また、問題は何も当の小沢本人に限らず、小沢を応援した「リベラル」たちにとっても、脱原発とは彼らの逃げ場に過ぎなかったのではなかったかと考えている。

suterakusosuterakuso 2017/03/12 11:08 年末に記事を書きたいと言ったのに、放置状態で申し訳ありません。実行のためにも、いつか必ず投稿しますと再度、言わせていただきます。

私の主観では、「日本人」の主流が、その末代までも祟る格差の最前線である20〜30代の貧困層に対して、自分たちとは別の世界に生きる、自分たちの世界に対する脅威であると意識・無意識に認識していると思います。その子どもたちも含めて。「みんな平等で働くわけがない」「そんなことでは社会が成り立たない」「頑張っても自分の子どもになにも残してあげられないなんて、頑張る意味がない」 きわめてナチュラルに、それに否を言えば自分たちとは違う、それこそあやしい「左翼」だとか、行き過ぎた人権教育に染まった人だとか、終いには「中韓の回し者」朝日に洗脳された人だとかみなされる雰囲気をもって、これらの言葉が発せられると感じられます。そして、その雰囲気をもった、「堅実」な「ふつう」の人たちが、増えている、いや、それを以前より無防備にさらけ出してよいだけでしょうか、そういう状況なのではないでしょうか。

それでも彼らに、「いや、本当に働かなくても努力しなくてもおそろしく贅沢ができる人が、現実にいるのが今ですよね?」「生まれた時からなんの理由もなくおそろしい環境に置かれている子どもたちがいますよね?」と返すと、さりげない沈黙というのが一番多いパターンではないでしょうか。これは、それらに手をつけようとすれば、自分が「頑張って」築こうとした生活や自分の子どもたちのために築きたい生活が脅かされる、だから、それは言わない、そういうことだと解釈しています。民主党政権のくだらないドタバタ劇が、そのドタバタに拍車をかける動きをしたのは自民党側であったりもするのに、力のない勢力に、「実行力」のない勢力にまかせると、自分たちの生活が脅かされるというように、ねじ曲がって、以前よりまして、強固な保守支持へと変わっていますよね。

一昨日のグローバルインテリについてしたコメント↓

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20170310/1489080268#c

も、そういう雰囲気を踏まえてのものでした。

mtcedarmtcedar 2017/03/12 11:18 "鍋党"に関わっている身分の自分が言うのも何を況やってとこでしょうけど、日本には、ピケティ言うところの「コスモポリタニズムな左派」ばかりかバーニー=サンダースやマイケル=コービン的な左派・いわば「左派3.0」 http://matsuo-tadasu.ptu.jp/essay__170101.html http://matsuo-tadasu.ptu.jp/essay__170107.html が殆どいない、極端なハナシ不在といっても過言ではないのだと思いますよ。日本で左派・リベラルと言えば、何処までも脱原発や安保・人権など"意識の高い"問題には熱中するけど例えば生活に身近な格差や福祉・社会政策の問題には余り関心を抱かない・下手すれば自分たちの利害得失に関ろうものなら兎に角「増税するなら無駄を省け」「公助から共助へ」流の言説へと流れてしまうのが常だったりする訳で。その意味では上野千鶴子が「平等に貧しくなろう」と言ってる http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/hiroba/CK2017021102000006.html のに共感してしまうとこがあるし、さとうしゅういち氏言うところの「グローバル=インテリ」的なとこから脱却できない「体制内左派」(by ピケティ)なのです。この上野のお説に対しては北田暁大が「内なるトランプを見据えよ」 と批判の俎上に乗せてました http://synodos.jp/politics/19136 が、「グローバル=インテリ」的な民進党や「体制内左派」と化している様に思える共産党がそれこそ"トランプ革命" http://ryosekigo.blogspot.com/2017/03/blog-post_3.html?spref=tw 的な小池百合子に靡いているのを見ていると、日本では「左派3.0」への途遠しって気分にさせられますなぁ・・・・・・

まぁ、そういう自分も岡田一郎『革新自治体』 http://amzn.to/2gnFMkN を買って途中まで読み進んでいたのですけど、私事都合があまりにも多忙でゆっくり読書が出来る状況でもないのですよね(爆 ただ"鍋党"的には示唆深い本でもあるので、読了次第この本について取り上げようかと思っています。

suterakusosuterakuso 2017/03/12 11:28 id:mtcedarさんのコメントを見て、あ、そうだ、そのこともあったと思い出したのですが、実は私は、共助なくして、健全に自由が確保された安心できる社会はない、というふうにシフトしています。それは、ふだん感じていた社会の難しさと、年末に、ソーシャル・コミュニティ・ワーカーの勝部さんの記事を読んだことにより、はっきりとしたものになりました。これだけでは、たんに物議をかもすだけなので、議論ははやく「いつか」を実行して、鍋パーティの方に投稿できた時にと思います。べつに「公助」を否定するものではありません。その拡充は絶対です。あと、「左派」「リベラル」には、地域の地道な「保守」の人たちが積み重ねていた望ましい「共助」が不足していたのでは、という話でしょうか。あとは、共産党などは、それが弱くなってないかなと。

mtcedarmtcedar 2017/03/12 11:35 id:suterakuso
それは生活保守"って言葉で表現できるものだと思いますよ。ある意味高度経済成長から80年代に至る成長時代を生きて『革新自治体』 http://amzn.to/2gnFMkN の支持基盤だったりしたものの、ある程度致富を果たし生活が安定すればそれこそ「自分が"頑張って"築こうとした生活や自分の子どもたちのために築きたい生活が脅かされる」ことに敏感となって税金の無駄ガー・福祉の不正ガーって騒いだりして、その実"共助"や"新しい公共"ってのには好意的だったりする訳だったり。

自分は、さとう氏言う処の「グローバル=インテリ」ってのはそうした"生活保守"に加えて人権や安保・脱原発など"意識の高い"問題には妙に関心が高いけどその実自分たちに身近な生活の課題・社会政策には何処か冷淡というのか性善説的に解決できるものを指しているんじゃないかと思うのですよね。その意味では民進党は元より社民党・自由党さえも「グローバル=インテリ」なんだろうし、共産党は流石に違ってもピケティ言う処の「体制内左派」にすらなっている感があるのですよ。そして、そうした「グローバル=インテリ」が"トランプ革命"的な小池百合子への支持のうねりに浮足立っているのではないかと。

suterakusosuterakuso 2017/03/12 12:53 id:mtcedar

私も、その生活保守とグローバル・インテリはそうとう被ると思います。そして、彼らのはたしかに、「共助」への「理解」「期待」はとても示すと思うのですよね。では、実際には、行動としてはどうか。彼らは美しいことを語ったり、ポイント的に承認欲求が満たされる「ボランティア」をしたりはするけれども、日常的には、「個人主義」を尊重し、今一番救済されるべきであり、かつ、「安心な生活」への脅威でもある層への対応を、その層と隣接している層である、劣悪な労働条件のケアワーカーたちに丸投げしたり、スケープゴート的行政の所為にしていると感じますね。それが私の苛立ちです。

mtcedarmtcedar 2017/03/12 16:34 id:suterakuso
自分はその辺り認識が違ってて、「共助」に関してはある意味保守の”暴力装置”と表裏一体となっているとこがあったり、例えば企業内福祉や厚生年金制度など「共助」が身贔屓的な形で少なからず役割を負っていたと思うんですよ。「左派3.0」以前の「左派2.0」にその辺りの「共助」への過大な期待が大きかったりして、そうした面から保守に対し妥協的になっていたり「共助」を支える土台が崩れている中で「公助」を削る意図で「共助」が薦められたりして、その反動が今のアメリカの"トランプ革命"とか欧州での右派ポピュリズムとかの跳梁に繋がっている気がするんですよね。

suterakusosuterakuso 2017/03/12 21:11 id:mtcedar

私は、公的機関だけによる家庭生活の介入こそ、公権力による暴力の危険性が高いと考えます。そして、それども、他者による家庭生活の介入がどうしても必要な人たちがいるという認識が、一方ではあります。そこで、人びとの(ゲマインシャフト的なともいえる)つながり、共助がどうしても必要になってくると考えるようになったのですね。最近の政府のプロパガンダでいえば共生社会でしょうか。癪に障るけれどもそれは求められると思いますね。もちろんそれは福祉の削減であってはなりません。

suterakusosuterakuso 2017/03/12 23:53 スレちで失礼します。

今しがた下関で元安倍秘書の前田晋太郎(←晋太郎なんですよね…)が林芳正系の中尾を破って当選というニュースがでましたが、いちおう、この中尾ってのも、下関市大に自分の「業績」の自慢話みたいなのを修士論文として提出して、落とされたことについて情報公開請求をしたなんていう恥ずかしいことをして話題になった人ですので。江島もですけど、もう、下関、最悪。

suterakusosuterakuso 2017/03/13 00:02 連投すみません。結局、批判されまくって、情報公開請求しなかったような感じですね。でも、東亜大という私大に出そうとして、どうなんたんでしょうね?

kojitakenkojitaken 2017/03/13 08:56 id:suterakusoさん>

下関市長選って木下ちがや氏あたりまで注目してTweetを連発してたようですが、そんなに安倍政権の消長と関連づけるような選挙じゃないですよね。

私はかつて江島潔の件を書きまくったし、今回負けた中尾市長の修士論文の件もこの日記に取り上げたような記憶がありますけど、今回は1件とある記事に「はてなブックマーク」をつけただけでこの日記の記事にはしていないと思います。

自分の修士論文の審査の情報公開請求をしようとしたなんて、市政の私物化丸出しですよね。安倍晋三から市長にいたるまで、下関って本当にすごいところ。安倍事務所には暴力団が火焔瓶を投げ入れるらしいですし。でも私は下関には一度も降り立ったことがないんですよ。関門トンネルも関門橋も何度も使いましたけど。いやもしかしたら1986年に山口県から兵庫県まで山陰大旅行をした時に降りたかも知れないのを忘れているだけかな。そうであったとしても30年以上ごぶさたです。

mtcedarmtcedar 2017/03/14 17:56 id:suterakuso
ことはそう単純な話ではなくて、歴史を紐解いてもまた現在においても「共助」によって「家庭生活の介入」が行われているとこがあるんだよね。昔の五人組も隣組も互助組織であった一方で相互監視によって互いに言動に縛りをかける暴力装置だった訳で、現在の自治会や町内会・区会にしても同様の役割を負っているとこがあるんだし。しかも、そうした「共助」による「家庭生活の介入」を往々にして公権力が利用していたりして、そこへ「共助」特有の身内意識・横並び意識みたいなのが絡んだりすると公権力以上に暴力的にすらなることもあるし、少なくともsuterakuso氏の様に「共助」に対し楽観的になれないんだよ。

そうでなくても、「共助」を支える土壌自体が揺らいでいるばかりか成り立たなくなっている現実も少なからずあって、そんな中で「共生社会」って看板を出されても結果的には福祉自体の削減みたいになってしまうのが落ちって気がするのね。矢張り「他者による家庭生活の介入がどうしても必要な人たちがいる」となると、結果的には公的な形で一定の基準を保障しなければならないのでは。

suterakusosuterakuso 2017/03/14 21:05 id:mtcedar

もちろん、単純な話とは考えていなくてですね。だからこそ、それはどちらの立場についても言えることだと思うのですよね。例えば、共生(「共に生きる」)という意識なしに公的ケアだけで解決しようとすれば、スティグマの問題が大きくなるというようにですね。

suterakusosuterakuso 2017/03/14 21:17 と、言いつつ、単純なそもそも論のようなことも言えば、共助を支える土壌が揺らいでいるのなら、損得をもって人々のインセンティブとせざるを得ず、望ましい「公助」の構築を期待できないでしょう。やはり共生をめざす人たちが公への働きかけと私的な共助との両方を持って、「共助」を支える土壌の再構築を目指さなければならないでしょう。そうでなければ、結局、人間の人間性が、自らのテクノロジーについていけなかった、残念、という話になってしまうのではないでしょうか。

suterakusosuterakuso 2017/03/17 20:12 少し気になる(障る?)ことがあったので、あらためていちおう書きますが、例えば児童虐待案件などは、その解決はいきなり児相が自前で察知して対処すべきものなのか? そういうことがありますよね。公的機関だけでは漏らしてしまったり、逆にそれを過度に防ごうとして公的機関が暴力装置になってしまったりすること

suterakusosuterakuso 2017/03/17 20:17 まちがって投稿してしまいました。失礼しました。

公的機関だけでは漏らしてしまったり、逆にそれを過度に防ごうとして公的機関が暴力装置になってしまったりすることがある。なんにしても単純な話ではないでしょう。

個人の主体的な社会・公両方への働きかけ、それによる公のコーディネート力の向上、その相互作用、やはりそれらが求められると考えます。そうでなければ、厭世者の自己保身になりかねないとも思いますね。

mtcedarmtcedar 2017/03/21 20:09 そういえば、こういう団体が活動しているんですね。
「ひとびとの経済政策研究会」 https://economicpolicy.jp/

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20170312/1489282329