ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

kojitakenの日記

2017-10-23 衆院選に敗れた「野党共闘」陣営は「二大政党制式思考」から脱却せよ

kemoukemou 2017/10/24 00:16 反省の弁もなく「今頃気付いたのか」と言いたくもなりますが、山口二郎のこのスタンスの変更は山口と比較的近い関係にある立憲民主党の選挙制度に対する考え方に影響を与える可能性はありますね。一方小沢はいまだに「結集しかない」とtwitterで主張しているという・・・。日本における小選挙区制が生み出した最大の汚物と言っていい「希望の党」の有様を見ても小沢はやはり小沢ですね。

山口二郎
https://twitter.com/260yamaguchi/status/922298600985583617
今まで、小選挙区制を箍にして、大きな野党を作るというプロジェクトを追求してきたが、それが破綻したというのが今回の民進党分裂の意味。すぐに実現できないとしても、選挙制度を再改革する議論は広げなければならないと思う。選挙制度で政党を作るというのは無理筋の議論だった。

redkittyredkitty 2017/10/24 07:04 上記コメント中の山口二郎の言、怒りを通り越して、脱力です。

 「小選挙区制を箍にして、大きな野党を作るというプロジェクト」って、今現在ここにいたるまでそんなこと信じてやってたのか!? 考え直す契機となる事象はいくつもいくつもあったのに。

 もし野党が政権についたとしても、こういう学者が中枢に入ることのないように。

breakwater3breakwater3 2017/10/25 19:59 >立憲民主党は規模を大きくすることを目指すよりは、
>今回の衆院選でなぜ一定の評価を受け、
>議席を伸ばすことができたのかをよく考えるべきだ。
まったくです。

今回の選挙では、個人的には流れていた政党CMをめずらしくじっくりと見ましたが、政治家ってのは選挙前は皆かっこいいこというんだけど、CMで言ってたことをちゃんと実行してほしいものですね。

kemoukemou 2017/10/29 03:24 山口が選挙制度についていくつか具体的な発言をしてますね

https://twitter.com/260yamaguchi/status/923725909898571777
https://twitter.com/260yamaguchi/status/923726370403860480
現在の選挙制度の下では穏健な多党制は困難。ゆえに選挙制度を変えることとセットで議論しなければならない。改革案としては、実現可能性が大きい順に、1.比例を全国1本にして小選挙区と1対1の割合に(先日の細川護熙氏の朝日インタビューの案)

2.小選挙区比例代表連用制。比例のドント式の割り算の時に、小選挙区での獲得議席数から割り始める。ゆえに小選挙区でたくさん議席を取ったら比例では不利になる。3.ドイツ式比例代表小選挙区併用制。これだと基本は比例代表なので、単独過半数は難しい。今から議論だけは始めるべきだと思う。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。