Hatena::ブログ(Diary)

Anyway Goes!

2017-06-25

[]今週の結果

  • グレナディアーズ 6/21(水) 船橋11R 京成盃グランドマイラーズ(S3)(ダート1600m) 真島大輔騎手 13着

南関東への転入初戦。仕上げも手探りなのか+12kgで余裕があるように見えました。

田んぼのような不良馬場のせいか、スタート直後に脚を滑らして前へ行けず中団から。

道中から力んだ感じで走っていて心配していたところ、3角あたりで早くも手応え無し。

そのまま馬群に付いていけなくなり、ずるずる下がって13着と惨敗。

ブリンカーが効き過ぎたのか、余裕残しに造り過ぎたからか、3角でもうガス欠になってしまいました。

不良馬場も苦手なので度外視できると思いますが、それにしても内容が無くてこの先に不安が残りました。


  • フレンチフローラル 6/22(木) 船橋3R C3特選(一)(ダート1600m) 藤井勘一郎騎手 6着

連闘。珍しくスタートを決めて、最内枠だったのもあって出鞭を入れてハナへ。

4角まで先頭をキープはしたが、勝負所から追っ付け気味で手応えはいまいち。

案の定、直線へ入って早々につかまり、ゴール前では馬群に飲み込まれて6着に終わった。

惨敗でしたが、この距離なら逃げる競馬もやろうと思えばできるんだなと思いました。

湿った馬場は不得意なタイプなので、機会があれば良馬場で逃げるところを見たい気はします。


  • インヘリットデール 6/24(土) 阪神6R 3歳未勝利(芝1800m) 川田将雅騎手 2着

4戦目にして目の前で見るの初めてでした。

6kg減ですっきりと仕上がり、きびきびとした周回で出来は良さそうに感じました。

ぽんと好スタートを切るも、前に壁を作りたいのか控えて3列目ぐらいの位置取り。

勝負所から外へ馬群が広がる中、2列目に上がって差すスペースを探る。

一瞬、内へ行こうかと迷いが見えたが、すぐに馬場の中ほどにスペースが開いてそこを突いて伸びてくる。

しかし、外から伸びた勝ち馬に抜け出され、こちらも最後まで渋太く伸びたが2着まで。

加速の速い方ではないので、追い出しがほんの少し遅れたのが痛かったです。

今日は着差からしてスムーズでも2着止まりとは思いますが、同じことを繰り返すと今後も勝ち損ねそう。

もうこの時期の3歳未勝利馬だし、欲しいのは1着だけなんで次で決めて欲しいです。


  • ルートヴィヒコード 6/24(土) 東京8R 東京ジャンプS(JG3)(芝3110m) 小坂忠士騎手 9着

スタートはこの馬としてはまずまずだったけど、二の脚がつかずに後方から。

道中は後方のままで差を詰めることもできず。

2周目3角手前から徐々に上がって7番手ぐらいまではポジションを上げる。

しかし、直線へ向く頃には余力がなくなっていて、最後は並んだ最下位争いをしながらゴール。

前走のように酷い飛越の乱れはなかったけど、重賞レベルでは飛越で差を詰めるのは難しい感じ。

今回は少頭数だったから最下位でも奨励金出るのでまだ良いけど、重賞へ挑戦するのはまだ早い気がします。

まずは平場オープンで一つ勝たせて欲しいです。

まぁ、今回は予定を早めての出走だった分、急仕上げ気味だったのもあるかもしれませんが。

2017-06-18

[]今週の結果

  • ステップオブダンス 6/14(水) 川崎11R 関東オークス(G2)(ダート2100m) 3着

前走で減っていた馬体が+8kgと戻っていました。

最内枠からスタート良く、スムーズに3.4番手の内につける。

2周目3角からJRAの2頭が勝ちに動いていく中、こちらは内にいたためワンテンポ遅れて外へ出して追いかける。

直線入り口では外から2頭に並びかけそうなところを見せるも、直線では脚色一杯になり突き離されて3着まで。

4頭参戦したJRA勢の内2頭には先着し、地方馬としては最先着の3着と大健闘でした。

状態が戻っていたことと、内で脚を溜められたのが良かったのだと思います。

入着賞金に加えて地方馬最先着の報奨金(100万円)を手にすることが出来て良かったと思っていたら、

グランダムジャパン3歳シーズンのポイントでもトップにたって賞金400万円貰えるようです。

シリーズのレースを1勝もせずに優勝で少し複雑な気持ちもありますが、賞金を貰えるのは当然嬉しいですね。

距離もこなせそうなのが分かったので、同じ舞台で地元馬同士で行われるロジータ記念は十分チャンスがありそうです。


  • フレンチフローラル 6/16(金) 川崎4R C3(一)(二)(ダート1500m) 藤井勘一郎騎手 2着

五分のスタートから4番手の内につける。

勝ち馬が勝負所から楽々と後続を引き離して行き、こちらも外へ出されて追われるが差は開く一方。

大差をつけられた2着争いでは、なんとか粘りを見せて2着を確保した。

勝ち馬の力が抜け過ぎていてどうにもならず。

距離延長してレースぶりは安定しているので、あとは相手関係とか展開に恵まれるのを待つしかない感じです。


  • ヴィグラスファイア 6/17(土) 阪神5R 2歳新馬戦(ダート1200m) M.デムーロ騎手 2着

東京の新馬を除外になり、枠に空きのあったこのレースへ再投票して出走。

スタートは五分に出たものの、二の脚で見劣って先行集団に加われず。

少し離れた中団の前めの位置になり、勝負所から追い上げつつ外へ出して直線へ。

直線へ向く時点で前とは差があり過ぎたが、直線では外から目立つ脚を見せる。

それでも、楽に勝ち馬には逃げ切られてしまい、ゴール前でぎりぎり2着に上がるところまで。

勝ち馬とは3馬身つけられて惜しい内容ではなかったけど、1頭だけ抜けた末脚は見せてくれました。

レースを覚えてもっと楽に追走できるようになれば。すぐに勝ってくれそうに思います。

2017-06-13

[]明日の出走予定

  • ステップオブダンス 6/14(水) 川崎11R 関東オークス(G2)(ダート2100m) 森泰斗騎手

関東オークスには去年のブライトリビング(JRA所属で5着)に続いて2年連続で出資馬が出走です。

正直、JRAの馬たちは皆手強そうだし、上位争いは期待しにくいように思います。

地方馬最先着と掲示板に載るぐらいが目標ですかね。

[]先週の結果

  • エジステンツァ 6/10(土) 東京8R 3歳以上500万下(芝2400m) 蛯名正義騎手

先週は社台のツアーに参加してました。

久々に芝のレースに出走でしたが、この条件だと大逃げでもうたない限り切れ負けするだろうと諦めていました。

実際にハナを切るものの道中ペースを落としてしまい、勝ち馬にぴたりと直後につけられる。

直線でヨーイドンの競馬になって、切れ負けして10着に惨敗でした。

それほどレベルの高いと思えないメンバーでこの結果ですから、芝への適性の無さを再確認した結果でした。

確認するまでもなく分かりきっていたので、無駄な一戦と言って良いと思います。

ダートの長い距離で逃げるような形が良いんじゃないですかね。

2017-06-04

[]今週の結果

  • セドゥラマジー 6/3(土) 阪神5R 2歳新馬戦(芝1600m) 川田将雅騎手 9着

初戦の馬体重は496kg。太め感はあまりないけど、馬体の張りは他の上位人気馬と比べても一息でした。

落ち着いて周回していたものの、むしろ気合い不足という風にも見えました。

まずまずのスタートから3頭で先行し、外の2番手の位置に。

道中はふわふわと言うかばたばたと言うかフォームが定まらない感じの走り。

そのままの位置で直線へ向くと、早々に頭が上がってしまって失速し2.2秒差の9着に沈んだ。

期待していただけに良いところ無しの惨敗はショックでした。

鞍上によると道中は外へ逃げ気味でそれの修正し通しだったとのこと。

仕上がり不足と初出走での戸惑いで競馬にならなかった感じですかね。

まぁまだ先は長いので、使って変わってくることを期待します。

f:id:kokuo:20170603123215j:image:h180f:id:kokuo:20170603123604j:image:h180

2017-06-02

[]今週の出走予定

  • セドゥラマジー 6/3(土) 阪神5R 2歳新馬戦(芝1600m) 川田将雅騎手

今週から2歳戦が開始。その最初の新馬戦に出資馬が出走します。

セドゥラマジーは育成時から評判良く、入厩後の調教も水準以上には動けています。

2歳のスタートが幸先の良いものとなるよう好結果を期待しています。

ただ、ここは他にも好調教馬や血統馬が複数そろっており、簡単には勝たせてくれなさそうですね。

[]先週の結果

  • インヘリットデール 5/27(土) 京都3R 3歳未勝利(牝)(芝1800m) 川田将雅騎手 3着

五分のスタートから馬群の中の3列目あたりの位置を追走。

4角で馬群の中を内へ進路を取ったが、直線で手応えほど伸びず。

外から伸びた2頭に切れ負けしたような形で0.4秒差の3着どまり。

外回りの直線の長い競馬だと切れ負けしてしまうのか、単純に通ったコースの馬場状態の差なら良いのですが。

これで夏競馬に突入して、だんだんと後がなくなってきてしまいます。


  • エジステンツァ 5/27(土) 京都5R 3歳500万下(ダート1800m) 北村友一騎手 8着

最内枠から出していくけど、外からハナを叩きに行く馬がおり、控えて内の3,4番手の位置取り。

道中でまくって行く馬もいたりで息の入らない流れに。

追走で脚を使ってしまった感じで、直線では伸びは見られず8着に沈んだ。

ペースが厳しかったのもあるけど、先行した2頭はある程度残っているので単純に力不足の感。

好走するにはもう少し展開に恵まれる必要がありそうです。


  • ジオラマ 5/28(日) 京都12R 與杼特別(1000万下)(ダート1800m) 酒井学騎手 10着

前が引っ張る中、離れた3,4番手を追走。

徐々に差を詰めて、4角では一旦先頭へ並び出る場面も。

しかし、直線ではあっさり後続に捉えられ、その後はずぶずぶに沈んで1.5秒差の10着。

休み明けの分で息がもたなかったのか、レース後コメントもそういう内容でした。

ただ、あまりに止まり過ぎなので、本質的に距離が長くて合っていない気もしています。

個人的には芝の短距離馬だと思っているんですよね。

f:id:kokuo:20170528165732j:image:h180