Hatena::ブログ(Diary)

国際通信社とシミュレーションゲーム・ボードゲーム・TRPG

2010-02-05

オンラインゲーム

12:30

“無料”と謳ったオンラインゲームを利用したところ、高額な料金を請求されたという相談が国民生活センターに多数寄せられているそうだ。相談者の多くは中高生、もしくはその親たちだという。

この無料ゲーム、実体験からいっても最初から最後まで一切無料というパターンはまずない。運営者もボランティアでない事は明白なので、当たり前といえば当たり前なのだが、ゲームを進める上で「もっとこうしたい」というポイントで必ずお金がかかるようになっていて、ユーザー心理を非常によく理解した仕組みだと思う。

仕事の合間に短い時間でゲームを楽しむ社会人などならともかく、自由に使える時間が多い学生がゲームで遊んだ場合は「もっと」という場面が山程訪れるであろう。

そこで携帯の通話料金請求時に一緒に支払うなど、その場で現金を必要としない料金システムであれば次第に金銭感覚が麻痺するのかもしれない。

オンラインゲームについてはレアアイテムを入手する為に他人のIDを盗んだ中高生が逮捕されるなど、前々からトラブルを耳にする。自身の分身とも言うべきキャラクターが活躍するオンラインゲームは、ユーザーにとってさぞ楽しいものであるだろうし、現実のユーザーが地理上どこにいたとしてもWEBで一箇所に集える事

は、オンラインならではの有益性であると思う。

要は“適度”というものが重要なのだ。ゲーム運営サイドもこうしたトラブルが増えて規制が入る事は望むものではないだろうから、ユーザーが適切にゲームを楽しめるように工夫をしてもらいたいものだ。

ニッポンの夜明け

国際ジャーナルと報道ニッポンと現代画報

評判の国際ジャーナル

発刊が楽しみな報道通信社報道ニッポンへの思い

報道通信社報道ニッポンのVIP・ザ・職人に掲載

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報より

掲載料 取材費 【異業種ネット】株式会社 蒼美堂(月刊経営情報誌『国際ジャーナル』特別 ... 民法 国際ジャーナル 刑法 振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい! 現代画報 国際通信社 国際通信社 東京 大阪 200811 | 国際ジャーナルスタッフ日記 取材商法とは? 国際通信社グループ 報道通信社 タレントがインタビュアーになり取材します 国際通信社って 現代画報社 報道ニッポン 商法 名古屋 今、評判の雑誌って? 取材 発行部数が3万部以上 掲載料

2010-01-12

国際通信社のコマンドマガジン

11:49

wikipediaより

コマンドマガジン日本版は、国際通信社が発行するゲーム雑誌。隔月刊で、主としてアナログゲームとしてのウォーゲームを扱う。1994年12月創刊。

アメリカのXTR社が発行していた「Command Magazine」(廃刊)を本家とし、その形式をなぞっている。本家がそうであったように、毎号付録としてウォーゲームが付属する(打ち抜きカウンターシートと紙製マップの挟み込み)。価格は付録のゲームを含めて3,780円(消費税込み)である。


========================ここまで==============================

実は、毎回購入しております。

この手のものが増えるといいのに・・。