Hatena::ブログ(Diary)

K’s Station HATENA ver. このページをアンテナに追加 Twitter

2010-10-10

田村ゆかりLOVE LIVE 2010 *STARRY☆CANDY☆STRIPE* in パシフィコ横浜1日目

行って来ましたゆかり王国。行って来ました田村ゆかりのLOVE LIVE!


相変わらず意味わからんけど何か甘そうなツアータイトルですが、実は今回、ライブ前に初めてコール本をもらったんですよ。ライブ前に有志が配ってると聞いたのですが、今までなぜかもらう機会がなくて。一体どんなものかと中身をみますと、

f:id:koma-chi:20101011154639j:image

フルカラーですよフルカラー!

どこかのコンビニでコピーしたようなものかと思ってましたが、めちゃめちゃ本格的じゃないですか。内容も最新アルバムから昔の曲まで全17曲。イラストや用語解説まであり、ツアーパンフの横に売ってたらお金出して買いますよ僕。その出来の良さに、王国民の本気を見た気がします。


オープニング〜「Heavenly Stars」「チェルシーガール」「おしえてA to Z」

頭のちっちゃな赤い帽子が可愛い、赤い服に白フリルの青のスカートで中央から登場。開始早々の「チェルシーガール」に、会場も一気にヒートアップ。パシフィコ横浜は3年ぶりとなるゆかりん。その時も来た人を確認すると、会場からはかなりの人が。「会社や学校より出席率いいよね? 日本は大丈夫かなあ…」と日本を気遣うゆかりんでした。

「神様Rescue me!!」「Goody&Happy」〜バックバンド、ダンサー紹介〜「Little wish 〜first step〜」「Shooting star」「砂に落ちる水の宮殿」

ダンサーとのフラフープを使ったダンスが可愛い「神様Rescue me!!」。「Goody&Happy」では、くすんだNECOくすんでないNECOが登場し、ゆかりんも青のワンピースに衣装チェンジ。「Little wish」は何度もライブで聞いてますが、サックスのアレンジがすごく印象的でしたね。その後はしっとりした2曲を続け、澄んだ歌声を披露してました。

「裸足のプリンセス」「Tomorrow」〜バンドパフォーマンス

MCでは横浜でAPECが開催中であることに触れるゆかりん。APECのAが「アジア」であることは当てたものの、その後はPay、Expensive、Coinと続き「アジアに高いコインを払うってこと?」とボケまくり。「ゆかりもAPECされたいなあー」という発言まで飛び出してました。その後も「APECで今、強い車(人員輸送車)が止まってんじゃん。それを見ながら、みんながつかまったらどうしよう…」と、ファン想いな一面(?)も。

「Sweet Darlin'」「Love sick」〜VTR(眠り姫ゆかりん)〜「上弦の月」

VTRは、眠りから醒めないゆかりんをNECOたちがあの手この手で起こすというもの。「上弦の月」で見事な歌声を披露した後、MCで「夢のない話してもいい?」と切り出し、「お辞儀した瞬間に鼻がじゅるっと…」と、衝撃の悩みを告白するゆかりん。「鼻水出ても本当に可愛い?」「とりあえず…『ゆかりんの鼻水ぺろぺろ』って言ってる人がいなくて良かったです」。

「シュガー・チューン」「メタウサ姫〜黒ゆかり王国ミサ」〜VTR(ゲーマーズ訪問)〜「恋のタイムマシン」

「シュガー・チューン」は「恋せよ女の子」に続くパペットを使った曲。会場からもパペットを高くあげる姿が見られました。その後はまさかの「メタウサ姫」。「ゆかり、ヒメタル、神!神!神!神!」の掛け声後の土下座は、いつ見ても衝撃ですね。VTRは横浜のゲーマーズで販促活動を行うゆかりん。「サイリュームは数時間しかもたないけど、王国製のペンライトは電池があればずっともつよー!」と、王国の宣伝を欠かさないゆかりんでした。

「You&Me」「fancy baby doll」〜バックバンド、ダンサー紹介〜「ラブラブベイビーハッピースター」「Candy smile」「Gratitude」「LOVE ME NOW!」

めろめろステッキ登場。バックバンドのみならず、裏にいるキングレコードの社員を次々とステージに呼び出し、「めろ〜ん」とさせるゆかりん。「You&Me」から「LOVE ME NOW!」と、6曲続けてのアップ曲に、会場の盛り上がりも最高潮。ポンポンを使ったダンスも見事でした。バックバンド紹介では、サックスに合わせてゆかりんがおしりを振るシーンもあり、恥ずかしそうに「私の曲以外でこんなに盛り上がるなんて…」。

アンコール〜「童話迷宮」「Super Special Smiling Shy girl」「My wish My love」

MCでは、受け身を披露し、ステージを駆け回るNECOたちに「チャック開けるよ!」と凄むシーンも。会場と一体となって歌った「Super Special Smiling Shy girl」に続き、ラストは劇場版なのはの主題歌「My wish My love」。歌が終わり、鳴りやまない拍手と歓声の中、会場向かって一心に手を振り続けるゆかりんの姿は、いつ見ても本当に感動しますね。

ファンの間からあがる三連締め。

号令かけてらっしゃる方、お疲れ様です。



いやあ、もう…ゆかりんは最高や!!


歌は盛り上がるし、MCは面白いし、ファンとの掛け合いも見事。最高のアトラクションでした! 「ちょっとでも夢とか魔法とかに浸ってほしい」と本人も言ってましたが、毎回本当に素晴らしい魔法を見せてくれますね。ファンを楽しませる努力を、田村ゆかりもスタッフも決して欠かさず、最高のパフォーマンスを見せてくれる。そんなライブは、現実をちょっと離れてめいっぱい楽しむ、ディズニーランド的な存在なんじゃないかと思います。

僕も最初はその奇抜さをネタにしてましたが、ライブに行き続け、曲を聞くうちに、その魅力が気になりだして、最近では、FCに入会してもいいかも…とまで思い始めてますからね。僕もいつの間にやら田村ゆかりの悪い魔法にかかったみたいです。

でも、同じ声優ファンなら、一度はこの魔法にかからないと損ですよ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証