Hatena::ブログ(Diary)

【駒ヶ根に想う】 駒ヶ根から社会を理解する RSSフィード

2016-09-29

[]電気自動車は今がお買い得



充電インフラが拡充された割には世の中を走っているEVが少ない現状は、EVユーザーにとって恵まれた環境だ。
確かに、黎明期の自動車だからバッテリーの劣化など扱いづらい側面はあるが、不足する機能をユーザーが補って乗りこなす楽しみがある。

EVを乗りこなせなければPHV(PHEV)という選択肢もあるが、でかいガソリンエンジンを積んだ車をEVというのは無理がある。
BMW i3(レンジエクステンダー)は補充電専用の小さなエンジンを積んでいるだけだからEVの仲間と言えるが、エンジンの出力で直接間接を問わず走行可能な車はEVではないというのが日本のお役所(国土交通省)の認識だ。
でも、統計上は混ぜこぜにされてしまうところがおかしいと思う。

そんなEVは事業者にとっては、違う使い道があるという。
リンク先は高級車のテスラを会社の経費で乗ればお得感が出るという話。

「電気自動車が実は今こそ買い時と言える理由」

零細な自営業者にはできない芸当だが、リーフに乗ってからEV関連の調査事業を請け負うことがある関係で、これまで乗っていた車(ガソリン車)以上に経費へ計上できる比率が増えて、やっぱりお得になっている。

出来の悪いEVでもお得感があるのだから、これから世に出る優れたEVを買わない理由は無くなってくる。

2016-09-27

[]SP851(AZ851)のピストンリング固着修理



クランクケースを割るところまで到達。

一部に手持ちの工具を改造して取り外さなければならない部品があり、思いの外てこずった。
ピストンを取りだしてみると予想通りピストンリングが固着している。

次は、リングを折らないように外して、リング溝を綺麗にして再組立できるかどうか。
通常はリングの交換ですが、もったいないから再生に挑戦

2016-09-23

[]駒ヶ根市内で水道事故が発生



市内の約8割に影響が出ている。
切石浄水場から配水されている上水(水道水)に灯油が混入している模様。
対象地域では水道水が使えず、給水車等による給水活動が行われている。

飲食店の一部では臨時休業に追い込まれている店舗もある。
(回転寿司屋のはま寿司など)

スーパーのボトル水は売り切れ状態。
給水所も長蛇の列になっているところがあり、水道事故地域外でも臨時に給水所を設けている。

明日から週末で家にいる機会が多い家庭では、かなり困る事態。
早期の復旧を願う。

[]駒ヶ根市のたるんだ危機管理


信州南部が大雨に見舞われている最中、駒ヶ根市の対応はあまりにもずさんだ。
気象庁から大雨警報が発っせられて、駒ヶ根市の危機管理係が市民にメール配信するまでに50分もの遅れがある。

駒ヶ根市の危機管理係がのんびりとしている間に、大雨警報の後に気象レーダーによる解析では一部で瞬間的だが一時間にあたりにすると80ミリを超える猛烈な雨が降った可能性がある。
危機管理の資格が全くない。

駒ヶ根市役所のやることだからだから仕方がないとあきらめるしかないところが残念だ。

2016-09-22

[]30kWhバッテリーの交換サービス始まってます

日産では、すでに30kWhバッテリーの交換に応じている。
ただし、30kWh仕様のリーフに限っての話だが。

読者から寄せられた情報によると、リース契約の場合、36か月が月額23,300円で総額838,800円、60か月が月額14,700円で総額882,000円(税別)
24kWhの場合よりも微妙に安いが、ほぼ同程度になっている。

現金一括なら約81.3万円(税別75.3万円)だと思われる。
問題なのは、「24kWhから30kWhへの交換はできません」との但し書き(Q&Aに記載されている)

今でも24kWhなら新品のバッテリーに約66万円(税別61万円)で交換できる。
いつ始まるか判らず、約15万円高い30kWhバッテリーへのレトロフィット交換サービスが始まるまで待たないという選択もありだ。

30kWhバッテリーが理想的な性能であって、24kWhバッテリーに比べて格段に優れているなら待ちたくなる。
しかし、30kWhリーフの初期ロットで、そろそろセグ欠けしそうな車もあるというから、過大な期待はしない方が良さそうだ。

24kWhリーフと同様に短距離用途だと劣化が早まる欠陥は改善されていないのかもしれない。
ゴーンの認識で30kWhリーフは「航続距離拡大に向けた最初のステップ」に過ぎない。
ステップが何段階で、最上階はどこになるのか、早めにイメージさせてくれると車の買い替えサイクルの目途が立て易いのだが。

2016-09-19

[]30年以内に仕事をAIに奪われる

2045年には労働人口は一割に減少するといわれている。
すでに現象は始まっている。

「30年以内に仕事をAIに奪われる」会社員6割が危機感 R25 8月15日

生活の糧を得ることができない人口が確実に増えていく。
労働の機会を与えられない者が生きていくためにはベーシックインカムの導入が必須になる。

政治家にはベーシックインカムの知識が求められ、有権者はベーシックインカムに精通する政治家に投票することで自らの生活保証を得られることを自覚する必要がある。

ベーシックインカムで金銭的には保証されても労働の機会を与えられなければ「やることがない」状況に陥ってしまう。
生きる意義に真剣に向き合う社会になるだろう。

金のために雇われて働いている人たちは、自分の将来を危惧した方がいいと思う。