Hatena::ブログ(Diary)

【駒ヶ根に想う】 駒ヶ根から社会を理解する RSSフィード

2016-12-27

[]電気自動車の燃料(電気)代が毎月2000円のみ


電気自動車の燃料(電気)代が毎月2000円のみ。
全国5600基以上の急速充電器が利用し放題、
日産自動車の画期的なEVライフサポートが登場



間違いではないけれど、勘違いを生みやすい記事だ。
自宅充電の利便性と費用について全く触れていない。

ZESP2カードは、それ単独で機能することは少数派だと思う。
多くのリーフユーザーは自宅の充電器と併用しているはず。

自宅充電なら寝ている間に充電が終わっているが、急速充電している時間は拘束される。
慣れれば、ながら充電という方法もあるが、初心者EV乗りは律儀に30分充電してしまうから出先の充電は時間を無駄にしてしまう。

単純な金額比較ではなく、時間と金額の比較も必要だろう。
加えてEVを使いこなすことによって、その比較が変化していくこともEVの楽しみであるところまで取材して切り込んでほしい。

日産から依頼されて執筆した可能性が高いこうした記事の場合は、「良い所どり」のつもりが返って魅力を伝え切れていない典型例だろう。

2016-11-07

[]日本工業大学の学生の無知が原因で5歳の子供が焼死



素材の本質を知らずにアートの材料としてか捉えられない芸術家が起こした悲惨な事故。
薄く削られた木材を加熱すれば低温でも酸化が進んで発火することを知らなかった。
展示中の作品を見ればその危険性は明らかだが、製作者や主催者には危険と察する知見が欠けていた。
無知が原因だが、結果は最悪。

2016-10-20

[]2016〜17年冬の薪



とりあえず薪積み完了。
たくさんあるように見えて信州の薪ストーブユーザーの平均的な薪の量に比べたら半分にも満たない。

全館暖房しても例年並みの冬なら2/3くらいの消費。
寒波が来ても安心な余裕を加味してある。

さらに、大寒波が来ても困らないように別の場所にもうちょっと積む予定。
全部積むと例年並みなら二年分に相当する。

余裕があると寒さを我慢しないから快適な冬になります。

<iframe src="//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=komaganeniomo-22&o=9&p=12&l=ur1&category=amazonrotate&f=ifr" width="300" height="250" scrolling="no" border="0" marginwidth="0" style="border:none;max-width:800px;max-height:600px;" frameborder="0"></iframe>

2016-10-18

[]麦茶を煎る


芳ばしい香りが作業場に充満する。
前回は深煎りしたら苦みが出やすくなったので、少し浅めに煎ってみる。
秋から冬にかけて美味しい麦茶とは。
煎り時間と火力で好みの味にする楽しみがある。

2016-10-12

[][]2030年で内燃機関エンジン車は淘汰

ドイツ、2030年までに内燃エンジンを搭載したクルマの販売禁止を要求

2030年以降、ドイツではEVかFCV以外の自動車は販売できなくなる。
EU全体に広がると予想されることから、日本の自動車メーカーも対応を余儀なくされるだろう。

14年も余裕があると考えるのは浅はかで、日産リーフを除くすべての国産メーカー車が欧州販売できない状況が14年後に迫っていると捉えるべき。

EVに後ろ向きだった国産車メーカーの開発姿勢が急変すると予想される。
ユーザーとしては選択肢が増えることは大歓迎だが、悲惨なのはガソリンスタンドの経営者だろう。
EV充電では採算が取れるとは思えないし、水素ステーションになるには莫大な資金が必要になる。

日本政府はエネルギーインフラの革新に向けて本気で取り組む必要に迫られる。
歴史に自動車革命と記されるであろう2030年をどうやって迎えるか。
エネルギー産業の変貌に注目だ。