Hatena::ブログ(Diary)

【駒ヶ根に想う】 駒ヶ根から社会を理解する RSSフィード

2009-04-15

[][]・賭博が栄える、ふるさと駒ヶ根へ

駒ヶ根市HP ふるさと寄付金webサイトより駒ヶ根市に建設が計画されている賭博施設は競輪場の場外車券売り場ですが、須坂市高梨町では地方競馬の場外馬券売り場建設を横浜市の業者が計画を進めている。

駒ヶ根市の場合は、報道されているところによると松川町で建材製造・販売などを手がける竹村工業。

どういう業者なのかググッてみた。


主力業務は木毛セメント板などの建材。

関連に住宅建設を手がけるかたわら、賭博施設の胴元でもあるようだ。

パチンコですが、これだって立派?な賭博(ギャンブル)場には違いない。

だから延長線上にある競輪の車券だけを扱う賭博場を開設しようと考えたのだろうと思います。


良い業者なのか、悪い業者なのかは、消費者が自分の良識にしたがって考えれば分かる。

自分の住み暮らす家を作った業者の別の顔が賭博で稼いでいると知ったら、購入者の気持ちはいかがなものでしょうか。

賭博の上前をはねて金を儲けることを日本の法律が認めているからといって、良い仕事と思う人がどの程度いるのか。

そもそも、ギャンブル界からの多額の献金で政界に鎮座する政治家の方々が作っている法律で認められているのですから、手前味噌の合法という側面があることは確かですよね。


この竹村工業のすごいところは、堂々とギャンブルに手を染めていることも公開しているあたりにある。

本社のwebサイトに、関連会社として運営するパチンコ店がしっかりと掲載されている。

信念を持ってギャンブルとかかわっているようだから、地域の消費者は正面からそれを受け止めてやろうではないですか。


ギャンブル会社が住宅を作っている。

受け入れる人がいるから事業が成り立っているんでしょう。

八十二銀行、飯田信用金庫、アルプス中央信用金庫も信頼できる業者だと思っているから資金を提供しているのでしょう。


長野県駒ヶ根市に県内初の賭博施設ができることは、これらすべてにかかわる人たちが合法の賭博施設の良し悪しにどんな物差しをあてがうかが問われます。

市の財政に寄与するから、地域住民から金を巻き上げる施設があってもいいじゃないかとする、県議会議員や地元の区長たちの考え方がある。

一方で、住民のふところに媚薬を放り込んで生活崩壊をも促してしまう、この種の施設が持つ悪の側面が地域社会を蝕むとする考え方がある。


地域住民の生き方、理念が問われていると思う。

魂を売り払ってでも快楽におぼれたいとは思わない、良識ある住民が多数を占めればこの計画は頓挫するだろう。

しかし、金に目がくらんだ権力者たちが力で押さえ込むことに成功すれば、駒ヶ根の価値は変貌してしまう。

金の亡者たちの考える地域の価値は上がるかもしれないが、駒ヶ根市が持っている本来の美点とは相容れない。


駒ヶ根市では、ふるさと寄付金を募っている。

うたい文句はこうだ。


ご寄附を通じて、懐かしい山、川、豊かな自然とともに生きるあなたのふるさと「アルプスがふたつ映えるまち」駒ヶ根づくりを応援してください。

これが「ギャンブルが栄えるまち」として、ふるさと駒ヶ根を想う寄付が集まるだろうか。

ぽちおぽちお 2009/04/15 11:40 この間の地区役員によるサテライト見学では、多くの役員が、”サテライトの環境は静かで清潔である。これなら、パチンコより、はるかに健善である。”といっていたそうです。この人たちは、ギャンブルを何だと思っているのでしょう。ギャンブルの怖さは、例えば、人はともかく、自分はうまくすれば、一儲けできるかもしれないと手を染める。だんだん深みにはまってくると、パチンコ店の前を通りかかると、思わず入ってしまう。財布の中にお金があれば、たとえ、それが、家族の生活費であろうと、子供の学費であろうと、使ってしまう。まさに、麻薬のような存在です。世の中、心の強い人ばかりではありません。ちょっとのつもりが、深みにはまって、地獄に、転落してゆく。世間では、よくあるケースです。パチンコでは、1日10万円もすってしまうことはまずないでしょう。しかし、競馬や競輪、競艇などでは、掛け金の上限はありませんし、一日10−12レースあれば、結構の金額が動きます。深みにはまってしまった人たちは、闇の金融屋から金を借りても、一発逆転を狙って、そして、地獄に堕ちてゆくのです。間違っても、健善なギャンブルなどと言うものはありません。

ぽちおぽちお 2009/04/15 11:59 追記。先ほどのコメントに、関連して、ギャンブルと切っても切れないものに、広域暴力団の存在があります。ギャンブルの下地が出来ると、必ずと言っていいほど、広域暴力団が、進出してきます。彼らにとっては、ギャンブルに関連した”のみ行為や闇の金融業”などは、まさに、おいしいお仕事でしょう。もちろん、これらの仕事は、違法行為なので、おおっぴらにはやらないでしょうが。知らない間に、駒ヶ根の町の中に、暴力団事務所ができていたなどということも十分考えられることです。それでも、地区役員は、ギャンブル場を誘致したいのでしょうか。なにか、うらがあると思ってしまうのは、私だけでしょうか。駒ヶ根市の皆さん、よーく、今、駒ヶ根市の置かれている現状をお考えください。

komachankomachan 2009/04/16 09:02 悪者ほど善人を装うといいますからね。
すねに傷ある施設ほど、静かで清潔に努力するとも考えられます。
周辺に危害が及ばないように警備員が配置されていることが、それを裏付けているということにぼんくらの区長たちの視察では気がつかないでしょうよ。
何のために、誰の利益のために賭博場を作るのか?
作りたい人たちには、それなりのメリットがあるんでしょうが、作られてしまったメリットのない我々にとっては、迷惑だけが残ります。

ぽちおぽちお 2009/04/16 15:50 ギャンブルの子供たちに与える影響について、少しかきます。  人間の心理現象に”すりこみ”というのがあります。テレビコマーシャルでおなじみです。企業名や商品の名前を繰り返し流すあれです。繰り返し聞くことで、知らず知らずのうちに私たちの心の中にその名前や印象が染み込み、買い物をしている時、思わず、その商品を手にとってしまう。これが、”すりこみ”です。      ところで、ギャンブルの子供たちに与える影響というと、一般的には、すごく抽象的に思われています。ギャンブル場に子供たちが出入りしている訳でもあるまいにと。でも、先ほど書きました”すりこみ”を思い出してください。家の近所、学校への通学道路沿いにギャンブル場がある環境。父親、母親がギャンブルにのめり込んでいるそのうしろ姿。子供たちが、小さい時から、その光景を目にし、知らず知らずのうちに、心の奥底に”すりこまれてゆく”ギャンブル。考えただけでも、恐ろしいことです。ギャンブルというのは、あるルールに従って、集まった金を勝者が手にする。つまり、得をする者と、損をする者が必ずある。他人はともかく、自分さえ儲かればそれでいい。自分は一発あてて大儲けするのだ。このギャンブルが子供たちの心のなかに、知らず知らずのうちに”すりこまれて”いく。子供たちの将来に決していい訳がありません。駒ヶ根の市民の皆さん、子供たちのお父さん、お母さん、よく考えてください。駒ヶ根市に、いや、長野県に、絶対にギャンブル場をつくらせてはなりません。長野県民の誇りにかけても。

パチンコより車券場パチンコより車券場 2009/04/18 00:33 今のデジタルパチンコ(パチスロも)は、1日中打ち続けて一度も当たらなければ、軽く10万円以上は負けますよ。
本当に夢中になれば、パチンコ玉なんて直ぐに無くなるからです。
玉が無くなれば当然玉を買いますが、今の主流はカード式のCR機なので、玉を買うのも千円以上単位が普通ですよ。
その結果、財布は、あっという間にスッカラカンとなり、生活費などにも手を付ける人間は数多いです。
競輪は確かに賭け金に上限はありませんが、レースとレースの間にインターバルがあるので、そこで自制心を持ち冷静になる人もいますよ。
レースの時間も大概は午前11時頃に始まり、最終レースは午後4時半頃には終わる(午後9時前までやるナイター競輪も一部ありますが、始まるのは午後4時過ぎから)ので、朝10時から夜10時まで12時間も打ち続けられるパチンコよりは、遊べる時間は半分程で短いですよ。
そして長野県は「教育県」と言う話も昔の事で、今は大学進学率は全国でも下から数えた方が早いぐらい、年々転落の一途を辿っています。
まぁ、これには優秀な私立高校が県内に少ない事もありますが、長野県が「教育県」と言う昔話は忘れた方がいいですね。
そんなに場外車券場を敵対視しないで下さい。
タバコの煙が充満していてで、音楽などがうるさいパチンコ屋より、よっぽど環境はいいですよ。
パチンコ屋がこれ以上増えるよりは、場外車券場が新しく出来た方が、山梨や新潟に行くガソリン代、高速道路代(慣れない道を走るので交通事故の危険性も有り)などを考えても悪くないと思いますけどねぇ…。

komachankomachan 2009/04/18 07:45 ギャンブルに染まってしまったら、こういう考え方になるんだと教えていただきまして、大変に参考になります。
「きれいなものには棘がある」
昔からの戒めを肝に銘じて、騙されないようにしたいものです。
外見はきれいでも、中身は悪い。
悪い中身を悟られぬように、外見を美しく飾ってごまかす。
価値観の相違があって、お互いに理解し合える環境にはないと思います。

「この程度の賭博に何を目くじら立てて・・・」というのはギャンブラーの考え方だと、読者の多く、地域住民の多くが良識ある分別を持ってくれると信じます。

ぽちおぽちお 2009/04/18 10:13 ”パチンコより車検場”さんに一言申し上げます。私、ぽちおは、パチンコと車検場の優劣を言っているのではありません。ギャンブル場の環境のどちらが良いのかなどと言っているのでもありません。ギャンブルの子供たちへの影響を心配しているのです。恥ずかしながら、私も、今から40年くらい前、賭け事に手を染めたことがありました。大学へ進学して、東京に下宿していた時、下宿の友人に誘われて、パチンコや賭けマージャンをやりました。大学を卒業して、いよいよ明日は下宿を出てゆくという夜、下宿で友人たちと一杯やっていると、友人の一人が、じつは、皆と賭けマージャンをやっている時,いかさまをして、皆から儲けさせてもらった。気が引けるから、少し返してやるといいました。もちろん、皆、受け取りませんでした。病気の時には、病院まで連れていってやったり、金がない時には、ひとつのパンを分け合ったりした仲間だったのに。じつに情けなかった。その時以来、私はギャンブル(賭け事)は一切やっておりません。最近まで、日本では、勝ち組、負け組といわれる格差社会を良しとする風潮がありました。うまくやった者が勝ち組となり、だめなやつは負け組。これって、マフィヤの作ったギャンブル都市ラスベガスをも認知してしまう、アメリカ文化のうけうりでしょう。結果は、皆様、ご存知のとうりです。アメリカ文化といえば、私、ぽちおが、先に書きました”すりこみ”の具体的な例として、西部劇映画があります。白人の一家が幌馬車で西部の土地を旅していると、凶悪なインディアンの一団が突如あらわれ、白人の一家に襲い掛かる。今まさに、一家の命運が尽きようとする時、ラッパが鳴り響き、ジョンウエイン率いる騎兵隊が到着、インディアン達を蹴散らし、白人一家は救われる。これです。見ていた私は、インディアンを凶悪で無慈悲な人種と子供心にもおもいました。なんて酷いやつらだと。でも、今、想うとこれは、ひどい間違い。インディアンは1万年以上も平和に暮らしてきた温厚な人々。そのインディアンの土地をライフルとウイスキーで無理やり奪ったのは、ヨーロッパから来た白人のほう。さらに、アフリカで静かに暮らしていた人々を、家畜として(奴隷として)むりやりつれてきて、わずかな食べ物(えさ)を与えて、こき使った。あげくには、戦争の終結のためと称して、日本に原爆を落として、その威力を実験した。これが、アメリカの実態です。今、日本人の大部分は、政府の、”アメリカ合衆国は日本国の最大の友人”ということばを信じて、アメリカ式の競争原理の導入をよしとし、結果、世界的な大恐慌に巻き込まれている。これが”すりこみ”の怖さです。子供たちの周りにギャンブル場ができ、他人を蹴落としても、一発当てて一儲けしようとするギャンブルの精神が、子供たちの心の中に、知らず知らずのうちに”すりこまれて”いく。これが、ギャンブルの子供たちへの影響を心配するということです。私、ぽちおのことを、めめしい青臭いやつと想うなら、想われても、結構。だけど、そう想われる方。宮沢賢治の”雨にもまけず”を読んで
みてください。私は、他人のいたみを、自分の痛みとして分かち合うことが出来るようになりたい。そう、思っています。

ミネルバの森ミネルバの森 2009/04/18 16:49 ぽちおさんと同じく場外車券売り場の建設に反対です。長野県が教育県であろうとなかろうと、無いほうが青少年の健全な育成には良いに決まっています。地域の治安への悪影響も懸念されます。2、3年前に塩尻市北小野に建設計画が持ち上がり、地域住民の反対で計画中止になったことは記憶に新しいです。

駒ヶ根、上伊那の皆さん、関東甲信越で競輪場も場外車券売り場も無いのはこの長野県だけです。そのことに誇りを持ちましょう。もし駒ヶ根に出来てしまったら、県内各地区で運動をされてきた方に申し訳ないではありませんか。

教育や治安だけでなく環境上の問題も予想されます。
すでにあるパチンコ屋だけでも十分、信州のイメージをぶち壊しています。国道バイパス沿いに乱立した大型パチンコ店の広告塔は最悪です(おまけに箕輪町ではこの広告塔に公共文字放送を流すという訳のわからないことをやっている)パチンコを経営される方も、楽しまれる方も環境に優しく静かにやっていただきたい。広告塔は出来るだけ輝度を下げ、点灯時間も短くしていただきたい。電気代の節約にもなるでしょう。

ということで、素晴らしい伊那谷の環境に期待して訪れる観光客をがっかりさせることになる場外車券場の建設についても、伊那谷全体、長野県のためにならないと思います。

パチンコ屋より車券場パチンコ屋より車券場 2009/04/18 23:45 車券場はダメでパチンコ店ならば、どんどん出店していいんですかねぇ…。
パチンコにのめり込む親の姿や様子を見れば、子供の頭(記憶)にも「パチンコ」の事が嫌でも刷り込まれますよ。
私も子供の頃、親父が毎週日曜日になればパチンコ屋に行ってました。
まぁ、大抵は長時間打ち続けて負けるパターンでしたから、私の頭の中には「パチンコ=儲からない」の印象がに残っています。
また、パチンコ屋の経営者は在日の韓国や北朝鮮の2、3世の方が多く、特に北朝鮮出身の方は売り上げを祖国へ少なからず送金しています。
あの「ならず者国家」の北朝鮮に金を送る人間に、私は加担したくありません。だからパチンコは一切やりません。
ギャンブルを全て否定する方も当然いるでしょう。
そんなことをする暇や金があれば、スポーツやアウトドア、囲碁・将棋、読書などの有益な趣味を持てと思うでしょう。
でも、今の世知辛い世の中で、給料を増やす合法的な手段としてギャンブルは「必要悪」なのかなとも思います。
まぁ、この問題も駒ヶ根市に出来るから議論になる訳で、他の場所に出来るならば、このサイトで論議がこれだけ盛り上がらないでしょう。
私は競輪ファンですが、全てのレースなんて買いませんよ。
せいぜい2、3レースで、資金は5千円ぐらいです。
今のデジタルパチンコならば、5千円なんて直ぐに無くなりますよ。
どっちがいいんですかねぇ。
それともギャンブルは一切ダメなんですかねぇ…。
清廉潔白な方の方が珍しいと思いますけど。

komachankomachan 2009/04/19 09:55 パチンコと競輪の優越をくらべても、所詮は「目くそか鼻くそ」の低次元の話なので、どちらもいらないというのが、ギャンブルに洗脳されていない見識だと思います。
逆に、何らかのギャンブルに洗脳されていると「自分が好きなのは良くて、そうじゃないのはだめだと。わけの分からない屁理屈で自己防衛するようになってしまうことも、皆さんのコメントから見えてきました。
ギャンブルは本当に恐ろしい影響があることを再認識させられました。
地元区が誘致反対を明確に打ち出したことで、急展開を見せましたから、賭博に洗脳された方々の思いは遠のくようです。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/komachan/20090415/p1