Hatena::ブログ(Diary)

【駒ヶ根に想う】 駒ヶ根から社会を理解する RSSフィード

2009-09-22

[]・草刈の8枚刃を24枚の笹刃に

草刈には再生8枚刃を使っています。

チップソーのチップが飛んで使えなくなった台金を研磨して、8枚刃に形成する。

以前にも紹介したが、その再研磨について新たな方法を考えたので、ふたたび登場です。


8枚刃を草刈機に取り付けたまま正確に研磨するのはかなり難しい。

バランスが崩れて、重心が偏って、振動が増えてしまうからだ。

そこで、8枚刃をディスクグラインダーで、草刈機に取り付けたまま再研磨してもバランスが崩れないし、切れ味も復活する都合のいい方法はないかと試行錯誤してみた。


8枚刃の切れ味は、8枚の刃の先端にある。

石などに当たって先端が丸くなってくると途端に切れが悪くなる。

ならば、刃の先端だけ研磨してみたらどうだろうと考えた。


丸くなった刃の先端を3cmほど長さで研磨してみる。

削った先には小さな刃が新たにできる。(冒頭の画像中央の刃)

この形を見て、ハタッと気がついた。

この小さな刃を全周につけると24枚刃の笹刃になる。


八枚刃は、一枚の刃が大きいので研磨すると誤差も大きくなってバランスが狂う原因になる。

しかし、笹刃は、一枚の刃が小さいので誤差も小さくなってバランスの狂いが最小限に抑えられる。

初めから笹刃を削りだすのは大変だが、八枚刃をディスクグラインダーで研磨すれば出来上がってしまうなら手軽だ。


アサリを付けたり、棒やすりできれいな刃に仕上げるとさらに切れ味は良くなるが、家の周りや田畑の草刈だと石がたくさんあるので、そこまでする必要もない。

ディスクグラインダーで荒く削り出した、なんちゃって笹刃で十分だ。

24枚刃があるといっても、ディスクグラインダーを軽く当てるだけだから、8枚刃を削り込むよりもグンと作業速度が速くなる。


刃の数が多い方が研磨が楽だというのは目から鱗だった。

勘太郎勘太郎 2009/09/22 22:51  貴方のブログ、毎日拝見しております。毎日楽しみにね!
 最初の頃は、なにを言いたいのかな? こ人はと思っていました。
 でも、最近はこの人よく勉強してるし、前向きに人生を考えているなと思った。
 新しい前向きなことをやろうと思うと、「昔からこうやっているんだ、何が文句があるか!お前おかしい!」
 と言われました。あげくの果ては「お前、共産党か?」とまで言われました。古い体質というか、時代遅れというか
 田舎から一歩も出ていない人たちの言う言葉の一つです。貴方のように都会で暮らして外から長野県を見ていた人は
 この気持ちが分ると思います。私も都会生活20年、そして生まれ故郷に帰ってきたうちの一人です。
 これからも頑張ってブログをお願いします。 応援してます。

komachankomachan 2009/09/23 09:24 何を言いたいかといわれると困るのですが、気になった話題に一言言うのがこのブログです。
たくさんの人が見てくれているので、無責任な書き込みができないから結果として情報を集めることになるし、それが勉強していると受け取られているのかもしれません。

田舎はいいところもあるし、古い体質が悪影響を及ぼすこともあるが、都会もその裏返しで功罪相半ばというところですかね。
正しい主張を続けていれば、近いうちに「あいつの言うとおりだった」と周りが納得する時が訪れますよ。
今はまだ、その時間差が広いと感じますがね。
10年くらいの意識の隔たりがあると思います。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/komachan/20090922/p1