Hatena::ブログ(Diary)

小松日記

2011-09-22

9月連休前半 乗鞍ツアー

9月の連休前半は友人たちと乗鞍へサイクリングにいってきました。

初めての乗鞍!
2年前に実業団岐阜側で上ったことがありますが長野側は初めて!
シマノ鈴鹿と並ぶイベント乗鞍ヒルクライムのコースはどんなもんなんでしょう?

一日目
金曜昼過ぎに自宅を出発。なるたけ高速代を浮かそうと岐阜から飛騨高山を超え長野へ。
仮眠をとる塩尻健康ランドへ向かいまずガクさんと合流。
ブルベをよく走ってるガクさんが
「この健康ランドはめっちゃいい!」という。
そうなの?と思って風呂に行ったらこれがまぁ…

なんでもある!ヒゲソリも歯ブラシもちょっと硬めのボディタオルもあるし温泉の設備も充実、マッサージも完備。
何これ?知ってたらもっと早く来たのに…
風呂上がってガクさんと飲んでたら残りのメンバー、ウメさん・きーさん・隊長も到着。
しかしもういい時間なのでさっさと就寝。
ちなみに仮眠部屋は雑魚寝ですが気にならない人はぐっすり休めますよ。

二日目
7時に乗鞍へ出発!
塩尻から結構走るんですね、食事含めて2時間近くかかって乗鞍観光センターへ。
バイクと明日の準備。
上った後岐阜に抜け上高地へ行くため荷物を背負って上らないといけなかったんです。
そんなわけで今回は自分との戦いと言うよりも完全にサイクリングモードでした。

10時ごろスタート!
f:id:komachiyo:20110918100019j:image


早速FDの調子が悪くちと調整。ついでに少し低すぎたハンドルの角度もちょいとしゃくる。
これで数分遅れてしまったので取り戻すためちょっと頑張り、追いついたとき遊びでアタック!
そしたらあっちゅうまに息があがってしまいました(笑)
やっぱ空気薄いんですね(^^;
反省して心拍が160を超えないように走りました。

三本滝を超えゲレンデの上に。
f:id:komachiyo:20110918105210j:image
(写真はきーさん)
ここまで来るとすごく景色がいい!以前上った岐阜側はこんなに開けてなかった。
スタート地点は遥か下になってるけどまだまだのぼるのね〜〜〜。

この辺からメンバーはバラバラ。上りもどんどんきつくなる。

でもつづら折れにさしかかったあたりからキツイんだけど楽。矛盾した言い方ですけどねw

理由はFUJIアルタミラにやっと慣れ始めたのから。
乗れてる感覚がやっと出てきました。
やっぱこのフレームの軽さは上りで武器になりますね。ペダルの下死点あたりからくいっと戻る感じ。
カヨだと低ケイデンスでは踏んでいく感じだったんですが低ケイデンスでも回せるような気がします。
ダンシングで振っても軽い!軽量バイクってのは正義ですねぇ
(こないだまでバイクに軽さは関係ねぇとかいってましたスイマセン)

15キロ地点の位ヶ原山荘
ここでまたみんなを待つ。
集合に30分ほどかかったうえまったりしちゃったので結局一時間休憩(笑)

残りの5キロは楽しかった。

森林限界を超えて一気に視界が開け、ずっと写真でみた乗鞍のイメージがそのまま!
f:id:komachiyo:20110918130424j:image
f:id:komachiyo:20110918125731j:image
晴天の乗鞍畳平にゴール!
タイムは1時間30分強ほど。
まぁリュック背負ったし、何度も待ったり写真撮ったりしたし、もともとサイクリングモードでしたから(^^;

走ってて思ったのが「本当にツール・ド・フランスの山岳みたいだな」と。
極端な坂もないし景色もいい。距離が長く達成感もある。
これはハマる方が多いのもわかります。
上りあんま好きじゃない僕だけどけど
「また行きたい!今度は思いっきり攻めたい!」
って思いましたからね。

逆に岐阜側は過酷激坂、景色?何それ?な感じ。
どっちかって言うとジロですかね?
こっちはもう走りたくないです(笑)












思ったより長くなったのでここできります。

泊まった上高地もよかったんですよね。

2011-09-05

FUJI アルタミラ シェイクダウン!

今日(9/5)は稲刈り野つもりで年休をとっていたのですが、
前日までの台風の影響で田んぼがぬかるみコンバインも使えないという状況で稲刈りは中止。

なので午後から雨が上がったすきをつき、昨日組みあがったアルタミラの初乗りに出かけてきました。

FUJI公式サイト アルタミラ
http://www.fujibikes.jp/2011/products/race/altamira_10/index.html

チームメイトが使用しているのSSTとは同じFUJIブランドの双璧をなすトップグレードではあるものの
SSTクリテリウム、平坦
アルタミラはロード、ヒルクライムグランフォンド
とそれぞれ全く違う味付け。

正直乗る前はSSTの方が僕の好みかな?アルタミラは上りに特化しすぎてるんじゃないか?
なんて思ってたんですが、


誤解でした。



カタログ重量を信じるなら僕のフレームはおそらく800g強

やはり最初に感じたのは『軽さ』

その軽さのおかげか踏みだしがとても軽い。
そしてただでさえ軽いのにフレームの下側にボリュームがあり、僕のサイズは素ローピングもキツめなので重心が低いからダンシングで振りやすい。
平坦巡航も高回転気味のペダリングをするとスムーズで滑るようにスルスル進むような感じ。
今までのフォーカスやこの間監督から借りていたMBKは少しトルクをかけてやったらグイグイ進む感じだったので逆ですね。
このバイクは最近流行のテーパーヘッド。
コレも以前は「プロは必要でもアマチュアレベルの僕では意味が無いんじゃ?」
ど思ってました。
しかし、がっしりしたフォークと相まってすごくヘッド周りが硬い。
なので下りはバイク任せでもちゃんとコーナリングするし、多少でたらめにダンシングしてもちゃんと進んでくれました。
f:id:komachiyo:20110905220921j:image:medium

逆にBBまわりはさほど硬さを感じずあまり脚にはかえって来ない感じ。
でもスプリントでかけてみてもよく進むし、むしろ以前よりトップスピードで走ってる距離は延びてるような?
ウィップで走ってるんでしょうか?
f:id:komachiyo:20110905220858j:image:medium

あとチェーンステイが不安になるくらい細いんですがその分振動吸収がいいんでしょう。とってもシルキー。疲れにくそうです。

今日は雨も降ったりやんだりで距離も乗れず、本格的な長い上りもいけなかったけどこのバイクの特性はなんとなくつかめた気がします。
今度の連休に乗鞍へ行くのでその時が楽しみです。

2011-08-30

シマノ鈴鹿

年に一度の自転車夏フェスシマノ鈴鹿に今年も行ってまいりました!
今回エントリーは一日目 チームTTB、二日目 マスター30+、エリートの3レース。

ではまず一日目のチームTTBから。

今年はいつものメンバーから平野さんが抜け平坦最強男、機関車東選手の加入。
昨年1周半で千切れましたからね、内心ビクビクで本番を迎えましたよ。

そんなわけで本番。

アップの脚合わせでは結構心拍が上がってしまい不安でしたがなんとかなる。
苦しいけど走れる。ペースもよい感じで保ってるしプロをはじめとする有力チーム以外には抜かれることもない。

ラスト1周、デグナーから先頭に出たので残りの下り区間で再び先頭になることもないだろうし3人に託そうと下りの入口までペースアップ。
でもコレが分解仕掛けになったようでやらん方がよかったですね…
スイマセン来年は普通にやります(^^;

結果は15位

なかなかどうして、個人的には満足です。
このメンバーで来年もチャレンジしたらもっと順位上げられるんではないでしょうか?

そして二日目

マスター30+は8時スタートと早いので僕だけ先に現地入り。
駐車場で準備してるとタイヤがパンク
隣のオッサンはスキンヘッドにグラサンのヤクザ…(のちにメルカトールウノのジャージにメルカトールウノカラーのビアンキパンターニコスプレと判明)
幸先悪いぞチクショー!

アップを済ませ30+の収集へ。
このカテゴリーは初心者から勝ちあぐねている登録選手まで実力の振り幅が大きいことが予想される。
スタートラインにつくまでにうまく動いて最前列へ。スタートのごちゃごちゃはなるべく避けたい。

そして30+3周回がスタート。

意外と速かったのと昨日の疲れか、アップ不足か脚が重い。集団中ほどに待機。最終周回までチャンスを待ちヘアピンの下りからデグナーにかけて前にいたデカイ人の勢いを利用して集団前のへ向かったが位置どりが微妙。
集団中ほどに閉じ込められスプリントでだいぶかわすも17位。

ちょっと残念だが結構手ごたえもあったし満足。

そして12時エリートスタート。

今回も最前列スタート。飛びだして自分の前に8人ほどが一列。この集団がちょっと早めで、僕もまだ脚が重かったので下がりました。
そしたらこの人たちそのまま逃げになってしまいました(笑)

レース序盤から終盤にかけて僕は集団の中でおとなしく。しかし走ってると脚が楽になってくる。
一時1分近く空いていた差も詰まり始める、集団もペースが上がる。

そして最終周回。

今回も前回と同じくヘアピンからの下りでペースアップ。デグナーをアウト→アウト→アウトの最速ラインで一気に追走集団前夫へ!

しかし…これがあかんかった…

早すぎた。下りの前に先頭が回ってきてしまい下りで勢いのついた集団に一気にぶち抜かれる。

「やってもーたーーー!!!!」

そんなわけで先頭からやや遅れてゴール。思いっきり抜かれて55位です。
まぁコレもロードレースあるあるさ…(遠い目

あの時もう少し中ほどでまてばもっといい結果なんだろうけどなぁ…残念でございます。

そして国際ロード。
注目はFDJの選手たち。

やっぱプロツアーチーム、とんでもないスピードで走ります。怖ろしい。
それでも大きなアタックは中盤まで決まらず。僕はシケインダンロップのあたりでフカタマジリング仲井さん親子や、ツイともウメさんと観戦。
プロ選手の貫録を見せつけられました。
がそのプロに勝ったシマノ畑中はすごいし、やはり終盤アシストで重要な役目を果たした西薗はすごい。
ほんと西薗が今後どれほど行くか楽しみ。

今年のロードレースMVP
西薗か、ブリッツェン増田かな?

そんなわけで今年も祭は終了。
コレが終わると秋の気配、シクロの準備。

シクロクロス、今年はカテゴリー2シード権を目指し頑張ろう。
そして来年のシマノ鈴鹿では念願のレース入賞を!

2011-08-25

2011-08-24

テスト

テスト。

アプリ連携するかな?